「人形(日本人形・フランス人形)」 カテゴリの商品 11,710件

ドラえもん&ドラミちゃん人形

ディノス

30,800

ドラえもん&ドラミちゃん人形

松崎人形の「ドラえもん・ドラミちゃん 江戸木目込人形」。細部までこだわり、1点1点丁寧に手作りしています。お正月、成人祝い、ひな祭り、お節句、七五三のお祝いにもおすすめです。●節句人形の工房、松崎人形から木目込みの技法を活かした「ドラえもん」飾りが登場しました。●華やかな縮緬を木目込んだ本体と羽織袴で盛装した姿はお祝い事にもピッタリです。●同じく華やかに装った「ドラミちゃん」とのセットでお届けします。●パッケージもデザインにこだわっており、贈り物にもおすすめです。●パッケージの蓋は台座としてもご使用いただけ、届いたらすぐに飾れます。。●おひなさま・雛人形としても。【幸一光とは】伝統的工芸品「江戸木目込人形」、「江戸節句人形」(衣裳着人形)の両方を作る工房です。又、雛人形、五月人形の製造を手がける数少ない人形工房です。製造方法(衣裳の縫製、着付け)も独自の方法を考案し、幸一光ならではの独創的な人形を創作しています。又、色合も、長い間飾っていただいても飽が来ないよう押さえた色調で作ることを心がけています。他の人形師の作った人形と比べると控えめですが、永くお使いいただき、お部屋にも馴染みやすいようにしております。3代目:松崎幸一光(本名 松崎光正)。昭和28年生まれ。 経済産業大臣指定(江戸木目込人形胴体部門)伝統工芸士経済産業大臣指定(江戸節句人形頭部門)伝統工芸士東京都知事指定 東京都伝統工芸士東京都知事認定 東京マイスター日本工芸会 正会員桐彩会会員 ■1体当たり…サイズ 約幅5.5x奥行4.0x高さ6.5cm 重量約17g■材質 本体:ウレタン 表地:絹・レーヨン・ポリエステル■日本製※ドラえもんのひげ・ドラミちゃんのまつ毛は極細のステンレスの糸にナイロンコーティングしたものを使用しています。デリケートなものなので...

手描き軸アート「若冲画・伏見人形図」 万葉舎 ホビー・キッズ 【ライトアップショッピングクラブ】

ライトアップショッピングクラブ

19,580

手描き軸アート「若冲画・伏見人形図」 万葉舎 ホビー・キッズ 【ライトアップショッピングクラブ】

若冲の世界を表現した軸アート 伏見稲荷の土産物として知られる、稲荷山の埴土を用いた愛らしい伏見人形。かつて初午の日に詣で、家内安全と無病息災を願った後、布袋の伏見人形をひとつ買い求める風習がありました。7体揃うと幸福になるといわれていますが、途中で不幸があった場合は厄払いにすべての人形を川に流し、一からやり直しになります。神棚に7体並ぶと縁起がよいといわれました。つまりその間、家に服喪の出来事がなかったことになります。江戸期に活躍し、日本絵画史上、花鳥画の鬼才として讃えられる絵師、伊藤若冲は、この伏見人形をこよなく愛したといいます。そのせいか、伏見人形図と題される作品も数多く残されており、布袋や牛などのモチーフが描かれています。もちろん、7人の布袋像もしかり。現代のインテリアに即した数々の掛物を提案している京都の工房、〈万葉舎〉からご紹介するのは、若冲の「伏見人形図」をもとに、京都の手描き作家・小林徹彩氏が麻生地に生き生きと表現した掛軸風のタペストリー「手描き軸アート」です。小林氏は日本画、水墨画の大家に師事し、1993年には京都彩芸美術展で入賞。実力派として活躍している作家です。金運や勝負運を呼び込むといわれる軍配を手にした7人の布袋がご家庭に福を呼び込んでくれそうな軸アート。床の間はもちろんのこと、ちょっとした壁面のスペースに飾るのもおすすめです。一人一人表情の違う愛らしい布袋像を見ていると自然に笑みがこぼれ、穏やかな気持ちになる逸品です。ご自宅用としてはもちろん、縁起のよい贈り物としても喜ばれそうです。

とのとひめ モダン(桃の節句・ひな人形)

ディノス

31,350

とのとひめ モダン(桃の節句・ひな人形)

ミニサイズの木目込雛人形飾り。リバティプリントの生地を使用したハンドメイドひな人形が新登場!人形は手のひらサイズのコンパクトな大きさで、置き場所を選ばず収納も簡単。小さいながらも、本格的な技術が詰まっており、精巧に作られているおしゃれなおひなさまです。リビングにおいても馴染む、可愛らしいお顔もおすすめポイント。毎年のひな祭りが楽しみになります。昨年も大人気だった「とのとひめ」シリーズ、リバティプリント生地を使用したハンドメイドひな人形が新登場!初節句でなくてもお雛様を飾りたい、ご自身用のお雛様が欲しい、置き場所がない、その様なご要望にお応えして、小さくとも本格的で可愛らしいお雛様を作りました。箱はそのまま飾り台としても使えます。コンパクトで飾る場所を選ばず、贈り物、季節の飾りとしても最適です。幸一光の人形の特徴◆独創的で優しいお顔。◆長年飾っていても飽きのこない抑えた色調。◆可愛らしさのなかにも感じる日本古来の美。頭(かしら)から胴体、衣装まで自ら作り、独創性のある人形を創作しています。◆多様化するライフスタイルや時代の流れの中で「今」を考え、飾り台、屏風、装飾品に至るまで総合的な演出でお人形を彩ります。三代目幸一光 松崎光正 1953年生まれ。「経済産業大臣指定 伝統工芸士(江戸木目込人形、江戸節句人形)」 「東京都知事指定 東京都伝統工芸士」 「日本工芸会 正会員・東京マイスター」 株式会社松崎人形/創業大正9年。伝統工芸品「江戸木目込人形」と「江戸節句人形(衣装着人形)」の両方を手がける数少ない工房です。お人形のお顔は胡粉で彩色されております。手の油が移ることがございますので、素手でお顔をつかむのはお止め下さい。 ■限定数20セット■サイズ:体長6〜10cm×幅6×奥行5〜9cm・重量約18g■材質:ウレタン、絹、綿...

帯ひな五人揃 中屋風音 ホビー・キッズ 【ライトアップショッピングクラブ】

ライトアップショッピングクラブ

93,500

帯ひな五人揃 中屋風音 ホビー・キッズ 【ライトアップショッピングクラブ】

伝統美あふれる帯地を華麗に纏う雛飾り。 着物は日本の民族衣装であり、デザインや意匠には「和の文化」が息づいています。そんな着物の中でも「帯」に着目し、帯地を使った雛人形を手がけているのが、中屋風音氏です。その独特な作品は「帯ひな」として意匠登録され、海外の展覧会でも注目を集め、中屋氏はイギリス王立美術家協会名誉会員にも名を連ねる栄誉に浴しています。「背中を飾る帯は、自分ではなく周りの人に見せるために発達しました。この素晴らしい文化と伝統工芸を残したいと、帯地による創作活動を始めました」と語る中屋氏。また、結納の儀式の目録に「御帯料」という項目があるように「帯には家と家、人と人を結び合わせるという意味があります。家族が大病を患うと帯を新調するという風習もあり、帯は家族の幸せを願う象徴。子どもの健やかな成長を願う雛人形に相応しい素材なのです」とも。こちらの「帯ひな」は、お人形の衣裳すべてに帯地が使われています。男雛と女雛は豪華で格調高い雰囲気が魅力。三人官女は落ち着きのある色調に仕上げられています。制作方法は中屋氏が独自に考案したもの。針や糸は使わず、お人形の大きさに合わせ一枚の帯を何度も折り込み、特殊な接着剤で留めています。「帯は結び方に格式や季節などさまざまな意味合いがあり、結び方で表情も変化。帯ひなは着せ方でそれを表現しています」と中屋氏。本作では「羽衣」という帯結びをアレンジして着せており、羽衣を纏う天女のような優しさと美しさを女の子の成長への願いとして込めました。烏帽子、笏や扇などの持ち物、桜や橘などの飾り物もすべて中屋氏の手によるものです。桜と橘は羽二重を使ったつまみ細工。雪洞は絞りの絹地を木目込みで仕上げており、一つ一つ丁寧につくられています。ご自分のために、また季節の飾り物としても素敵な伝統薫る優雅な名品です。

御貝桶雛人形五人揃 ホビー・キッズ 【ライトアップショッピングクラブ】

ライトアップショッピングクラブ

210,100

御貝桶雛人形五人揃 ホビー・キッズ 【ライトアップショッピングクラブ】

雛人形と三人官女の愛らしく優雅な世界 場所をとらず、しまったときも美しい「御貝桶雛人形五人揃」。雛祭りの際には中の雛具を取り出してコンパクトな雛飾りとして愉しめ、普段は美しい蒔絵の飾り物として使える逸品です。そもそも貝桶とは、平安貴族の間で流行った雅な遊戯、「貝合わせ」に使う蛤をしまうための装飾桶のことです。貴族の持ち物らしく煌びやかな装飾を施したものが多かったといいます。貝は、ひとつの貝殻の雄雌以外は決してかみ合わないことから、昔から夫婦和合の象徴とされていました。江戸時代には婚礼調度品としても珍重されており、この貝桶はまさに女児の成長と幸福な結婚を願う雛祭りにぴったりのお道具なのです。こちらの貝桶は、創業180年を超える老舗〈人形の久月〉が制作。蒔絵の華やかさを引き立てる艶やかな黒色の貝桶は、飾るだけで存在感を漂わせています。雛人形は、木目込み人形の第一人者、二世 金林真多呂氏が作り上げた原型を使用。人形の和やかな表情や、桐の花の蒔絵と色彩の調和を奏でる正絹の衣裳など、細部まで名匠の技が光ります。コンパクトながらも三人官女が加わった五人揃えは、優雅で愉しげな雰囲気。現代生活にマッチした省スペーススタイルのため、贈り物としても喜ばれそうです。

帯ひな十人揃(収納式) 中屋風音 ホビー・キッズ 【ライトアップショッピングクラブ】

ライトアップショッピングクラブ

176,000

帯ひな十人揃(収納式) 中屋風音 ホビー・キッズ 【ライトアップショッピングクラブ】

伝統美あふれる帯地を華麗に纏う雛飾り。 着物は日本の民族衣装であり、デザインや意匠には「和の文化」が息づいています。そんな着物の中でも「帯」に着目し、帯地を使った雛人形を手がけているのが、中屋風音氏です。その独特な作品は「帯ひな」として意匠登録され、海外の展覧会でも注目を集め、中屋氏はイギリス王立美術家協会名誉会員にも名を連ねる栄誉に浴しています。「背中を飾る帯は、自分ではなく周りの人に見せるために発達しました。この素晴らしい文化と伝統工芸を残したいと、帯地による創作活動を始めました」と語る中屋氏。また、結納の儀式の目録に「御帯料」という項目があるように「帯には家と家、人と人を結び合わせるという意味があります。家族が大病を患うと帯を新調するという風習もあり、帯は家族の幸せを願う象徴。子どもの健やかな成長を願う雛人形に相応しい素材なのです」とも。こちらの「帯ひな」は、お人形の衣裳すべてに帯地が使われています。男雛と女雛は豪華で格調高い雰囲気が魅力。三人官女と五人囃子は落ち着きのある色調に仕上げられています。制作方法は中屋氏が独自に考案したもの。針や糸は使わず、お人形の大きさに合わせ一枚の帯を何度も折り込み、特殊な接着剤で留めています。こちらの「十人揃」であれば一本の帯からは7組の内裏雛しかつくれず、非常に稀少なものといえます。「帯は結び方に格式や季節などさまざまな意味合いがあり、結び方で表情も変化。帯ひなは着せ方でそれを表現しています」と中屋氏。本作では「羽衣」という帯結びをアレンジして着せており、羽衣を纏う天女のような優しさと美しさを女の子の成長への願いとして込めました。烏帽子、笏や扇などの持ち物、桜や橘などの飾り物もすべて中屋氏の手によるものです。桜と橘は羽二重を使ったつまみ細工。雪洞は絞りの絹地を木目込みで仕上げており...

木目込人形「七福神」 真多呂人形 ホビー・キッズ 【ライトアップショッピングクラブ】

ライトアップショッピングクラブ

69,300

木目込人形「七福神」 真多呂人形 ホビー・キッズ 【ライトアップショッピングクラブ】

見るほどに心和む、愛らしい人形を目指して 大正8年創業、2019年の今年創業100年を迎えた〈真多呂人形〉。現在、同社を指揮しているのは、三世 金林真多呂氏。上賀茂神社から木目込人形の正統伝承者として認定を受けた二世の跡を継ぎました。人形師の家では先代について修業することが一般的ですが、三世は彫刻家に師事した経歴を持ちます。こちらは、木目込人形のルーツとなった賀茂人形を彷彿とさせる「七福神」。「人形づくりにはデフォルメする場合もあるのですが、そんなときにもまず基本をしっかり押さえておいてから崩すようにと。これは初代から言われてきたことのようです。人間の身体を捉えるには、彫刻を学ぶのがいいのではという、二世の薦めもあって一から始めました。基本ができていれば、後はどう表現してゆくか。二世はあれこれ口を出さず、見て覚えろというほうでしたね」と三世は語ります。〈真多呂人形〉の特徴を一言でいえば平安時代の宮中の雅さを大事にしている、ということ。豪華絢爛な派手さはありませんが、気品に富む面持ちが魅力です。そうした伝統を踏まえつつ、これまで手がけてきた雛人形や五月人形ばかりではなく、新たな木目込人形として提案するのが、「日々愛でることで、心の安らぎを得られるお人形」であるといいます。こちらの七福神も、それぞれの神様の個性を端的に表現した傑作。美しい衣裳、穏やかなお顔を眺めるにつけ、未来への希望が湧いてきます。

東山雛五人揃(収納式) 真多呂人形 ホビー・キッズ 【ライトアップショッピングクラブ】

ライトアップショッピングクラブ

198,000

東山雛五人揃(収納式) 真多呂人形 ホビー・キッズ 【ライトアップショッピングクラブ】

味わいのある桐材の飾り段が収納箱。インテリアに馴染む風雅な逸品。 昨今では住宅事情などから、収納式のコンパクトな雛人形が人気です。こちらもそのシリーズの作品ですが、特徴的なのがシックで落ち着いた雰囲気。雛祭りという華やかな日を考えると、煌びやかになりがちですが、現代のインテリアに馴染む雛人形を、という考えでつくられているのです。手がけたのは木目込人形の老舗〈真多呂人形〉。同店でも人気のこの雛飾りをもとに、お人形を一回り大きくし、正絹の衣裳を木目込んだ、当社限定仕様です。男雛の衣裳の柄は万寿菊。女雛の衣裳は波丸に小花の文様が入り、愛らしく華やかな印象です。三人官女の衣裳は現代的な可愛らしい花柄を、それぞれ異なった色合いに。お人形やお道具は、中心線に沿って並べるのが一般的ですが、三人官女と、駕籠や牛車、重箱、桜、橘をあえて左右に配し、しかも段差をつけることで、コンパクトに飾れつつ、奥行き感を出しています。お道具にも凝っていて、菱餅ではなく巻物にしたり、高台に俵餅を載せるなど、他とはひと味違う演出。桐材の飾り段は、組み立てに釘を使わずホゾをかませる工法で丁寧に仕上げました。桜の花びらを模した切り抜きは裏側から金色の和紙を貼って雅な味わいに。雛祭りが終わったら、お人形もお道具もすべて飾り段として使った箱にしまえます。お子様ばかりではなく、自分自身のために飾りたい、実に風雅な飾りです。

明春雛五人揃 真多呂人形 ホビー・キッズ 【ライトアップショッピングクラブ】

ライトアップショッピングクラブ

187,000

明春雛五人揃 真多呂人形 ホビー・キッズ 【ライトアップショッピングクラブ】

伝統を受け継いだ本格的なつくり。永く愛でるに相応しい雅な五人揃。 雛人形を飾り、春の訪れを祝う桃の節句。家族や友人を招いてささやかな宴を催すのも愉しいもの。そんな時にいっそう宴を盛り上げてくれるのが、男雛、女雛に加え、三人官女も並ぶ「明春雛五人揃」。手がけたのは、江戸木目込人形の名門、〈真多呂人形〉です。木目込人形は、江戸元文年間に京都の上賀茂神社に使える宮大工が、神事に用いる細工物の余り木でつくった賀茂人形が始まり。鴨川のほとりの柳の木を素材に木彫りを施し、神官の衣裳の端布を木目込んだものでした。現在は桐塑が使われていますが、職人の繊細な技の粋を凝らしたもので、日本を代表する人形芸術のひとつとされています。上賀茂神社から木目込人形の高い技術と古典的な美を受け継いだのが、初代 金林真多呂氏。天皇陛下への献上をはじめ、各国首脳への贈り物でも重用され、人形制作の第一人者として賞賛を集めた人物です。その後、二世 金林真多呂氏が上賀茂神社より賀茂人形の正式伝承者として認定。現在は三世が伝統の技術を受け継いでいます。「明春雛五人揃」は〈真多呂人形〉の数ある作品の中でも、伝統的な技術や技法に則り制作されており、「伝統的工芸品」として経済産業大臣に認可を受けたもの。本格的なつくりを存分に堪能できます。 親王飾りとしても愉しめる、気の利いた設計が魅力。 男雛、女雛、そして三人官女は古今調の、格調高いお顔が特徴。衣裳はすべて正絹を贅沢に使用しました。男雛には、婚礼にも用いられる紋様「宝尽くし」を採用。七宝や宝珠、打ち出の小槌などの宝物で構成された吉祥紋様で、淡い地色に金色の糸を使った紋様が映えて気品のある雰囲気となっています。女雛の唐衣や三人官女の袿には"五穀豊穣"を意味する桜紋様が配されおり、上品で華やかな印象。襲の色目も美しく...

桃園雛十人揃/黒塗台(収納式) 真多呂人形 ホビー・キッズ 【ライトアップショッピングクラブ】

全2商品

220,000

桃園雛十人揃/黒塗台(収納式) 真多呂人形 ホビー・キッズ 【ライトアップショッピングクラブ】

平安の宴を典雅に描いた収納式の本格十人飾り。 狭いスペースでも飾れる本格的なお雛様が欲しい。小さくても細部まで丁寧なつくりの、しかも賑々しく十人揃の本格的な雛がいい……。そういったご要望に応え、木目込人形の名門〈真多呂人形〉が手がけたのが、飾り台が収納箱になる便利な仕様の「桃園雛十人揃」。飾り段を黒で引き締め、正面に縁起のよい松や紅白梅、牡丹、そして春を代表する花である桜をあしらいました。小さいながらもお人形をはじめ、お道具のすべてが本格的。お人形本体には桐材を使用し、女雛の袖口や十二単の胸もとの重ねなど、隅々まで精巧忠実に木目込みしています。衣裳はすべて正絹西陣織。男雛は鳳凰唐花文、女雛には鳳凰唐草文、三人官女にはねじ梅文と、上品な柄を着せました。衣裳は一点一点、京都で特別に織らせ、しかも人形のサイズに合わせているため、柄が大変細かく仕上がっています。また、木目込む際には実際の着物と同様の布目になるよう、縦目・横目を選ぶなど、細部にまでこだわりました。二段目には五人囃子ではなく雅楽の楽人と舞のお人形を並べ、さらに雪洞ではなく燭台を配し、平安時代の宮中をイメージ。菱餅など雛道具や楽人の楽器は木製で、琵琶の弦にはしっかりと糸が張られています。雛祭りが終わった後は、お人形やお道具が飾り段の中にすっぽり入り、コンパクトに収納できます。飾ったときにはいいけれど、収納が面倒という方にもおすすめの名品です。

「吉岡一美」九谷焼の兎の節句飾り

ディノス

26,191

「吉岡一美」九谷焼の兎の節句飾り

はずむ心で春を迎える。お節句は幸せを願う大切な行事。素敵な節句飾りでお祝いしましょ!幸せ気分を高めてくれる九谷焼のウサギたち。「わあ、なんて可愛いの!」こんな感嘆の声が聞こえてきそうな、陶器のウサギのお人形。九谷焼の里で、心和らぐ陶人形を作っている吉岡一美さんの作品です。お節句を楽しむウサギたちの愛くるしい仕草と、手作りならではの温かみが魅力的。細部までこだわって手びねりで形を作り出し、九谷焼の特長である鮮やかな色彩で絵付けしています。・お正月の楽しさを表現。獅子の表情がユーモラス。・織姫と彦星。七夕の夜、天の川で会う恋人たち。・端午の節句。柏餅を手に、兜をかぶってご機嫌です。・お茶を出しておもてなし。一年中飾っておける人形です。・人形遊びをしているのかな?お雛様を手に持つウサギ。 ■セット内容:人形6・飾り台(小)4・飾り台(大)1・立て札5■サイズ:人形…約幅3.8〜7奥行3.5〜6高さ5.8〜9.3cm・約50〜120g(1体)、飾り台(小)…約幅8.7奥行7.3高さ0.6cm、飾り台(大)…約幅15.1奥行7.3高さ0.6cm■陶器、飾り台…中質繊維圧縮合板■日本製■今回準備数:30個※手作りのため、サイズや色合い、柄の出方が写真と異なることがございます。ご了承ください。

立雛「Blumen(ブルーメン)」 真多呂人形 ホビー・キッズ 【ライトアップショッピングクラブ】

ライトアップショッピングクラブ

137,500

立雛「Blumen(ブルーメン)」 真多呂人形 ホビー・キッズ 【ライトアップショッピングクラブ】

伝統とモダンが融合した春を思わせる新しい立雛。 平安の昔に始まった雛祭りは、内裏雛だけ、それも立った姿の「立雛」を飾るシンプルなものでした。当時の立雛は、男雛は袖を左右に張り、小袖に袴、頭には烏帽子を被った姿、女雛は両腕を仕舞い、小袖を前に合わせ、裾広の形を取り、細帯を締めた衣裳が基本です。この立雛も古来の姿に則った伝統的な形ですが、特筆すべきは珍しい洋式デザイン。色鮮やかで明るく、つい目を留めてしまうような華やかさがあります。 こちらは、伝統の技術を受け継ぐ木目込人形の名門〈真多呂人形〉が手がけたもの。作品名はドイツ語で「花」を意味する「Blumen」。その名のとおり、色とりどりの花を思わせる彩りに満ちています。雛の衣裳は紗綾形文様の白生地を基調にし、緑、青、赤、黄、オレンジの一越ちりめんをあしらいました。男雛の袴は落ち着いた優美錦を、女雛は帯にピンクの地に本金が映える本金表具を採用。立体的な三角の柄は、高度な技術を要する盛り上げ胡粉で形づくって金箔を貼り、花びらが煌めく様を表現しました。左右には金や銀の葉、パール調の飾りを添えた桜の花を配置。飾り台は白色で軽やかに、屏風はパール箔を用い、明るく温かみのある優しい雰囲気を演出しています。

ひいな遊び親王飾り 久月 ホビー・キッズ 【ライトアップショッピングクラブ】

ライトアップショッピングクラブ

198,000

ひいな遊び親王飾り 久月 ホビー・キッズ 【ライトアップショッピングクラブ】

随所に成長への願いを込めつつ雅やかな平安貴族の遊びを表現。 雛人形の起源は平安時代、貴族の女児が愉しんだままごと「ひいな遊び」にあります。こちらは、そんな雛人形の原点に帰り、お子様と一緒に飾って遊ぶことのできる「ひいな遊び親王飾り」です。手がけたのは、江戸節句人形の伝統工芸士、二世光匠氏。伝統を重んじつつ、新しい作風を取り入れ、高い技術でさまざまな雛人形を生み出してきた名匠です。男雛と女雛の衣裳はともに人形用に細密な柄行きにあつらえ、子孫繁栄を表す唐草文様を使用。別色ながらお揃いの柄行きにすることで仲睦まじい「夫婦円満」の様子を表現しました。また二世光匠氏による着付けは実に見事な美しさ。生地の裏の縫製部分のみ糊をつけて和紙を貼る「袋貼り」の手法により、重ね部分まできっちりとしていながら、ふんわりと自然な着付けを実現しています。そして特に難しいといわれるのが「腕折り」。着付け後に腕を折るこの作業は高度な技術を要しますが、両腕が左右対称に折られ、きれいに揃っているところにも高い職人技が光ります。何と言っても目を引くのが、御所車や簞笥、鏡台などの可愛らしいお道具です。昨今、省略されがちなお道具ですが、もともとは「娘の健やかな成長と幸福な結婚を」との思いから嫁入り道具を表現したもの。そんなお道具を一通り揃え、華やかで愉しい雰囲気を演出しました。お道具は伝統工芸品の駿河雛具。黒地に金の爪唐草牡丹文様をあしらい、さらに三ツ葉盛り上げを施しました。簞笥は引出しが開くなど、本格的なつくりで、すべて木製なのもこだわり。平安時代の子どもたちに倣い、お好きなように並べて雅やかなひいな遊びに興じてみても素敵です。屏風は金を中央に配し、左右には反物の柄部分を切り取った鳳凰文様をあしらいました。飾り台は大小3つのパーツに分かれており、広げれば末広がりの扇形に...

松翠立雛 真多呂人形 ホビー・キッズ 【ライトアップショッピングクラブ】

ライトアップショッピングクラブ

209,000

松翠立雛 真多呂人形 ホビー・キッズ 【ライトアップショッピングクラブ】

古式ゆかしい雅な立雛で、春の訪れを静かに祝う。 雛の節句というと、雛段を作り豪華な衣裳雛を飾るもののように思われがちですが、そのスタイルが一般的になったのは江戸時代に入ってからのこと。平安の昔に始まった頃の雛祭りは、男雛と女雛の二人だけを飾る、実にシンプルなものでした。当時の立雛は、男雛は袖を左右に張り、小袖に袴、頭には冠を被った姿、女雛は両腕を仕舞い、小袖を前に合わせ、裾広の形を取り、細帯を締めた衣裳が基本でした。そんな平安時代の由緒正しい祝い方に倣ったのが、「松翠立雛」。〈真多呂人形〉の正統的な後継者、二世金林真多呂氏の原型桐塑をもとに特別に制作されたもので、ふっくらとした頬に上品な口もと、穏やかさと気高さを湛えた独特の表情は、思わず溜息がもれるほどの美しさです。衣裳は正絹に松竹梅の絵を丹念に手描きし、その松や梅に本金箔押しを豪華にあしらいました。威風堂々としたその気品あふれる立ち姿に、圧倒的な存在感を感じることでしょう。また背景には、抑えた色調の重厚な金屏風に映える苔むした梅の木を配しました。花のひとひらさえもが職人の手づくりで、美しい雛をさらに優美に引き立てる役目を果たしています。しっとりと落ち着いた色調に洗練されたセンスを感じさせつつ、立雛ならではの贅を尽くした現代の雛飾りの傑作といえるでしょう。

カワイイ日本人形・フランス人形発売中!

クリスマスや誕生日のプレゼントにもどうぞ♪人気の日本人形・フランス人形。家族の時間と思い出を作ろう。

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、おもちゃ・ゲーム関連商品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい日本人形・フランス人形が充実品揃え。

注目アイテムは 、ちりめん雛人形ちりめん雛人形手作り人形市松人形雛人形ひな人形手作り鯉のぼりつるし雛飾り手作りこけし雛うさぎ雛つるし雛

注意事項

ビカム(運営:株式会社メタップスワン)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。商品の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

関連カテゴリ