「ハセガワプラモデル」 の検索結果 1,838件

ハセガワ 1/700 日本海軍 重巡洋艦 妙高 スケールプラモデル 333

ポストホビーWEBSHOP

1,901

ハセガワ 1/700 日本海軍 重巡洋艦 妙高 スケールプラモデル 333

■商品説明妙高級重巡洋艦のネームシップである妙高は大正13年(1924年)10月起工、昭和4年(1929年)7月に竣工しています。第1次世界大戦以前から続く世界列強の建艦競争は各国の経済をようやく圧迫し始め、たまりかねた列強はアメリカが音頭をとったワシントン軍縮条約を締結するに至ります。日本海軍は戦艦、空母を対米英7割と主張したのですが入れられず6割に甘んじなければならなくなります。しかしワシントン条約では個艦の性能に上限はあったものの保有制限は加えられなかったため、各国列強就中日本海軍は巡洋艦の建造に力を注ぐことになり、こうして基準排水量1万トン、20.3cm(8インチ)砲搭載の重巡洋艦の建造が世界各国で始まることになります。このためこれらの巡洋艦を条約型巡洋艦と総称します。妙高級はこうした世界情勢の中から平賀譲造船大佐の手により生まれたのですが、昭和4年(1929年)は世界恐慌が始まった年で、予算的な面で厳しいため工事の進捗は極めてゆっくりしたもので完成したのは昭和5年(1930年)9月になってからでした。こうして妙高は就役すると第4艦隊、第2戦隊を同型艦で編成、折しも戦艦が改装工事に入っていたこともあり、主力艦隊となったのです。しかし、日進月歩の造船技術は後に就役した高雄級、最上級より妙高級が若干見劣りするようになったため、昭和8年(1933年)より逐次近代化改装工事を施すことになり、妙高は昭和9年(1934年)9月より一連の改装工事に着手、最終的に昭和11年(1936年)に完了しています。主な改装点は砲戦能力の強化、魚雷兵装の改善、航空兵装の強化、対空兵装の強化などとこれらの改装による重量増加に対応してのバルジの大型化でした。第一次改装工事が完了した妙高は折から始まった日中戦争支援のため第3艦隊...

楽しいおもちゃのハセガワプラモデル、発売中!クリスマスや誕生日のプレゼントにもどうぞ♪欲しいおもちゃ。みんなで楽しめるハセガワプラモデル!家族の時間と思い出を作ろう。

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、おもちゃ・ゲームをまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいおもちゃが充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:株式会社メタップスワン)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「ハセガワプラモデル」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

関連カテゴリ