「めだか高い」 の検索結果 259件

(めだか)サタンメダカ/松井ヒレナガオロチめだか(1ペア)

charm 楽天市場店

2,120

(めだか)サタンメダカ/松井ヒレナガオロチめだか(1ペア)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。サタンメダカ/松井ヒレナガオロチめだか販売名サタンメダカ/松井ヒレナガオロチめだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細多くの黒系メダカがいる中で、最も黒いとされている品種であるオロチの、各ヒレが伸長する品種です。 背地反応しない為、どんな容器に入れても色が落ちないので、横見でも大変美しい姿を見ることができます。 目の周りやヒレなどを含み全身が黒くなるので、まさに黒を極めたメダカと言えるでしょう...

(めだか)幹之メダカ/みゆきめだか 体内光タイプ(5匹)

charm 楽天市場店

2,650

(めだか)幹之メダカ/みゆきめだか 体内光タイプ(5匹)

背中のヒカリが弱い個体も出荷対象となります。予めご了承の上、お買い求めください。お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。幹之メダカ/みゆきめだか 体内光タイプ販売名幹之メダカ/みゆきめだか 体内光タイプ学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細背の中が様々な色に光る、体内光という特徴を持つ品種です。 背の外側が光輝く体外光とは異なり、体内光は横からでは光が見えないのも特徴的です。 緑のあるビオトープなどで上見で鑑賞することで、より一層美しい姿を観察できます...

(めだか)黒メダカ/黒めだか(30匹)

charm 楽天市場店

1,330

(めだか)黒メダカ/黒めだか(30匹)

お送りする個体は体長1.5〜3.5cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。日本の水田で馴染み深い、原種のメダカにもっとも近い品種です。採集個体はもちろん、養殖個体まで幅広く流通されています。黒メダカ/黒めだか販売名黒メダカ/黒めだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細最も原種の「ミナミメダカ」に近い性質を持つ品種です。 現在でこそメダカは「キタノメダカ」「ミナミメダカ」の2種に分類されましたが、改良メダカは「ミナミメダカ」をベースにしたと言われています。 黒メダカという名で呼ばれますが...

(めだか)紅帝メダカ/紅帝めだか(5匹)

charm 楽天市場店

1,330

(めだか)紅帝メダカ/紅帝めだか(5匹)

帝の名に恥じない赤いメダカです。紅帝メダカは成長と共に体色が赤くなり始め、成魚になると鮮やかな赤味の発色が出ます。お送りする個体は体長1〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。紅帝メダカ/紅帝めだか販売名紅帝メダカ/紅帝めだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細改良メダカの中でもトップクラスに赤くなる品種です。 楊貴妃よりも赤みが強く、ヒレにも朱赤色が入り、胴体には透明感があるのが特徴的です。 幼魚時は薄い体色をしているものの成長と共に色が濃くなり...

(めだか)女雛メダカ/めびなめだか(1ペア)

charm 楽天市場店

1,700

(めだか)女雛メダカ/めびなめだか(1ペア)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。女雛メダカ/めびなめだか販売名女雛メダカ/めびなめだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細柿色と呼ばれる美しい色と、ブラックリムによる墨が特徴的な品種です。 オーロラ幹之メダカの交配によって作出されたため、様々な配色をしているだけでなく、稀に体外光を持つ個体も出現します。 黒い容器で飼育することでブラックリムが強調され、柿色との配色がさらに美しいものになります。飼育ののポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で...

(めだか)幹之メダカ/みゆきめだか 体内光タイプ(3匹)

charm 楽天市場店

1,910

(めだか)幹之メダカ/みゆきめだか 体内光タイプ(3匹)

背中のヒカリが弱い個体も出荷対象となります。予めご了承の上、お買い求めください。お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。幹之メダカ/みゆきめだか 体内光タイプ販売名幹之メダカ/みゆきめだか 体内光タイプ学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細背の中が様々な色に光る、体内光という特徴を持つ品種です。 背の外側が光輝く体外光とは異なり、体内光は横からでは光が見えないのも特徴的です。 緑のあるビオトープなどで上見で鑑賞することで、より一層美しい姿を観察できます...

(めだか)五式メダカ/ごしきめだか TypeB(1ペア)

charm 楽天市場店

1,810

(めだか)五式メダカ/ごしきめだか TypeB(1ペア)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。体色が赤みの個体も発送の対象となりますので予めご了承の上お買い求め下さい。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。五式メダカ/ごしきめだか TypeB販売名五式メダカ/ごしきめだか TypeB学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細黒ベースの体色に5ヶ所のヒレが朱赤色になる事から「五式」と言う名が付いたとされる品種です。 TypeBはこのうち黒が強い系統を指し、眼の回りまで黒くなることも特徴です。 黒が深く、落ち着いた赤みと合わさることにより渋い魅力を醸し出します。...

(めだか)五式メダカ/ごしきめだか TypeB(1匹)

charm 楽天市場店

1,060

(めだか)五式メダカ/ごしきめだか TypeB(1匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。体色が赤みの個体も発送の対象となりますので予めご了承の上お買い求め下さい。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。五式メダカ/ごしきめだか TypeB販売名五式メダカ/ごしきめだか TypeB学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細黒ベースの体色に5ヶ所のヒレが朱赤色になる事から「五式」と言う名が付いたとされる品種です。 TypeBはこのうち黒が強い系統を指し、眼の回りまで黒くなることも特徴です。 黒が深く、落ち着いた赤みと合わさることにより渋い魅力を醸し出します。...

(めだか)五式メダカ/ごしきめだか TypeB(3匹)

charm 楽天市場店

2,340

(めだか)五式メダカ/ごしきめだか TypeB(3匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。体色が赤みの個体も発送の対象となりますので予めご了承の上お買い求め下さい。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。五式メダカ/ごしきめだか TypeB販売名五式メダカ/ごしきめだか TypeB学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細黒ベースの体色に5ヶ所のヒレが朱赤色になる事から「五式」と言う名が付いたとされる品種です。 TypeBはこのうち黒が強い系統を指し、眼の回りまで黒くなることも特徴です。 黒が深く、落ち着いた赤みと合わさることにより渋い魅力を醸し出します。...

送料無料
(めだか)金色夜叉めだか A〜Sグレード(3匹) 沖縄別途送料

charm 楽天市場店

9,010

(めだか)金色夜叉めだか A〜Sグレード(3匹) 沖縄別途送料

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承ください。当店では厳密にグレード分けを行っておりません。ご了承の上お買い求めください。金色夜叉メダカ/金色夜叉めだか販売名金色夜叉メダカ/金色夜叉めだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細黒幹之に灯を交配させることで誕生した品種です。 黒幹之特有の体外光が輝き、頭部や胴体の一部に灯の特徴を発現する大変美しい品種です。 配色や体外光には個体差があり、同じような個体が産まれてこないのも魅力の一つです...

(めだか)女雛メダカ/めびなめだか(3匹)

charm 楽天市場店

2,650

(めだか)女雛メダカ/めびなめだか(3匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。女雛メダカ/めびなめだか販売名女雛メダカ/めびなめだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細柿色と呼ばれる美しい色と、ブラックリムによる墨が特徴的な品種です。 オーロラ幹之メダカの交配によって作出されたため、様々な配色をしているだけでなく、稀に体外光を持つ個体も出現します。 黒い容器で飼育することでブラックリムが強調され、柿色との配色がさらに美しいものになります。飼育ののポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で...

(めだか)黒メダカ/黒めだか(50匹)

charm 楽天市場店

1,960

(めだか)黒メダカ/黒めだか(50匹)

お送りする個体は体長1.5〜3.5cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。日本の水田で馴染み深い、原種のメダカにもっとも近い品種です。採集個体はもちろん、養殖個体まで幅広く流通されています。黒メダカ/黒めだか販売名黒メダカ/黒めだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細最も原種の「ミナミメダカ」に近い性質を持つ品種です。 現在でこそメダカは「キタノメダカ」「ミナミメダカ」の2種に分類されましたが、改良メダカは「ミナミメダカ」をベースにしたと言われています。 黒メダカという名で呼ばれますが...

送料無料
(めだか)黒メダカ/黒めだか(200匹) 沖縄別途送料

charm 楽天市場店

6,410

(めだか)黒メダカ/黒めだか(200匹) 沖縄別途送料

お送りする個体は体長1.5〜3.5cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。日本の水田で馴染み深い、原種のメダカにもっとも近い品種です。採集個体はもちろん、養殖個体まで幅広く流通されています。黒メダカ/黒めだか販売名黒メダカ/黒めだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細最も原種の「ミナミメダカ」に近い性質を持つ品種です。 現在でこそメダカは「キタノメダカ」「ミナミメダカ」の2種に分類されましたが、改良メダカは「ミナミメダカ」をベースにしたと言われています。 黒メダカという名で呼ばれますが...

(めだか)紅帝メダカ/紅帝めだか(3匹)

charm 楽天市場店

1,010

(めだか)紅帝メダカ/紅帝めだか(3匹)

帝の名に恥じない赤いメダカです。紅帝メダカは成長と共に体色が赤くなり始め、成魚になると鮮やかな赤味の発色が出ます。お送りする個体は体長1〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。紅帝メダカ/紅帝めだか販売名紅帝メダカ/紅帝めだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細改良メダカの中でもトップクラスに赤くなる品種です。 楊貴妃よりも赤みが強く、ヒレにも朱赤色が入り、胴体には透明感があるのが特徴的です。 幼魚時は薄い体色をしているものの成長と共に色が濃くなり...

(めだか)琥珀ヒカリメダカ/琥珀ひかりめだか(1ペア)

charm 楽天市場店

1,490

(めだか)琥珀ヒカリメダカ/琥珀ひかりめだか(1ペア)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。琥珀ヒカリメダカ/琥珀ひかりめだか販売名琥珀ヒカリメダカ/琥珀ひかりめだか学名(※) Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布 改良品種(原種:日本)飼育要件 最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 生餌、人工飼料※飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません。種類詳細 学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。飼育のポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で、水質の悪化や低温にも耐えうる強靭な強さを持っています。しかし、急激な水質や水温の変化にはもろい部分もあり、早い水流は好みません。また、スレにも弱いので網ですくう際などは注意が必要です。安定した水質を得ることができ、産卵床としても使用できるマツモ等の水草やホテイアオイ等の浮草を利用するといいでしょ...

(めだか)ブロンズ紅白メダカ(3匹)

charm 楽天市場店

5,830

(めだか)ブロンズ紅白メダカ(3匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。ブロンズ紅白メダカ販売名 ブロンズ紅白メダカ学名(※) Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布 改良品種(原種:日本)飼育要件 最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 生餌、人工飼料※飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません。種類詳細 学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細ブロンズメダカから出現する紅白柄を選抜し体外光とヒレ光を持つ品種です。 体外光とヒレ光の形質も併せ持つことで程よく輝き、横見でも上見でも楽しむことができます。 美しいブロンズ色になる個体同士で繁殖させても、様々な体色の個体が産まれてくることがあるようです。飼育のポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で、水質の悪化や低温にも耐えうる強靭な強さを持っています。しかし...

(めだか)忘却の翼メダカ/忘却の翼めだか(1匹)

charm 楽天市場店

2,120

(めだか)忘却の翼メダカ/忘却の翼めだか(1匹)

画像の個体よりも色味や表現の弱い個体も出荷対象に含まれる場合がございます。予めご了承の上お買い求めください。お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。忘却の翼メダカ/忘却の翼めだか販売名忘却の翼メダカ/忘却の翼めだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細オレンジと黒の体色に、背の全体に黄ラメが散りばめられた大変美しい品種です。 各ヒレが伸長するヒレ長の形質も持っているものの、明瞭にヒレ長を発現する個体はまだ少ないとされます。 本品種はオーロラ系メダカの交配によって作出さ...

(めだか)青メダカ/青めだか(50匹)

charm 楽天市場店

2,970

(めだか)青メダカ/青めだか(50匹)

お送りするメダカの個体は体長1.5〜3.5cm程度です。メダカの個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。青メダカ/青めだか販売名青メダカ/青めだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細見る角度や光の当たり方によって体色が青みを帯びたように見える、様々な改良メダカのベースとなった品種です。 メダカは青色の色素細胞は持っておらず、野生型から黒色素胞はそのままに黄色素胞を欠いたことで青みを帯びた独特な色に見えています。 横見では白っぽい色に見えますが、上見で観察するとより青みが分かりやすくなります。...

(めだか)青メダカ/青めだか(30匹)

charm 楽天市場店

1,910

(めだか)青メダカ/青めだか(30匹)

お送りするメダカの個体は体長1.5〜3.5cm程度です。メダカの個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。青メダカ/青めだか販売名青メダカ/青めだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細見る角度や光の当たり方によって体色が青みを帯びたように見える、様々な改良メダカのベースとなった品種です。 メダカは青色の色素細胞は持っておらず、野生型から黒色素胞はそのままに黄色素胞を欠いたことで青みを帯びた独特な色に見えています。 横見では白っぽい色に見えますが、上見で観察するとより青みが分かりやすくなります。...

(めだか)琥珀ヒカリメダカ/琥珀ひかりめだか(5匹)

charm 楽天市場店

3,180

(めだか)琥珀ヒカリメダカ/琥珀ひかりめだか(5匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。琥珀ヒカリメダカ/琥珀ひかりめだか販売名琥珀ヒカリメダカ/琥珀ひかりめだか学名(※) Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布 改良品種(原種:日本)飼育要件 最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 生餌、人工飼料※飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません。種類詳細 学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。飼育のポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で、水質の悪化や低温にも耐えうる強靭な強さを持っています。しかし、急激な水質や水温の変化にはもろい部分もあり、早い水流は好みません。また、スレにも弱いので網ですくう際などは注意が必要です。安定した水質を得ることができ、産卵床としても使用できるマツモ等の水草やホテイアオイ等の浮草を利用するといいでしょ...

(めだか)黒メダカ/黒めだか(100匹)

charm 楽天市場店

3,450

(めだか)黒メダカ/黒めだか(100匹)

お送りする個体は体長1.5〜3.5cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。日本の水田で馴染み深い、原種のメダカにもっとも近い品種です。採集個体はもちろん、養殖個体まで幅広く流通されています。黒メダカ/黒めだか販売名黒メダカ/黒めだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細最も原種の「ミナミメダカ」に近い性質を持つ品種です。 現在でこそメダカは「キタノメダカ」「ミナミメダカ」の2種に分類されましたが、改良メダカは「ミナミメダカ」をベースにしたと言われています。 黒メダカという名で呼ばれますが...

(めだか)夜桜メダカ/夜桜めだか(1ペア)

charm 楽天市場店

2,440

(めだか)夜桜メダカ/夜桜めだか(1ペア)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。夜桜メダカ/夜桜めだか販売名夜桜メダカ/夜桜めだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細桜を思わせる頭部のピンク色と、黒ベースの胴体に輝くラメが夜空の星々を連想させる美しい品種です。 黒体色にピンク色が入ることで「夜桜」を連想させ、品種名も相まって人気が高まりつつあります。 オーロラ系の血が入っているため個体差による表現のバラツキが大きいことでも知られます。 頭部のピンク色の表現には個体差があり、黄色みが強い個体も見られます...

(めだか)青メダカ/青めだか(100匹)

charm 楽天市場店

5,620

(めだか)青メダカ/青めだか(100匹)

お送りするメダカの個体は体長1.5〜3.5cm程度です。メダカの個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。青メダカ/青めだか販売名青メダカ/青めだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細見る角度や光の当たり方によって体色が青みを帯びたように見える、様々な改良メダカのベースとなった品種です。 メダカは青色の色素細胞は持っておらず、野生型から黒色素胞はそのままに黄色素胞を欠いたことで青みを帯びた独特な色に見えています。 横見では白っぽい色に見えますが、上見で観察するとより青みが分かりやすくなります。...

(めだか)サタンメダカ/松井ヒレナガオロチめだか(3匹)

charm 楽天市場店

3,020

(めだか)サタンメダカ/松井ヒレナガオロチめだか(3匹)

お送りする個体は体長3〜4cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。サタンメダカ/松井ヒレナガオロチめだか販売名サタンメダカ/松井ヒレナガオロチめだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細多くの黒系メダカがいる中で、最も黒いとされている品種であるオロチの、各ヒレが伸長する品種です。 背地反応しない為、どんな容器に入れても色が落ちないので、横見でも大変美しい姿を見ることができます。 目の周りやヒレなどを含み全身が黒くなるので、まさに黒を極めたメダカと言えるでしょう...

送料無料
(めだか)白メダカ/白めだか(200匹) 沖縄別途送料

charm 楽天市場店

10,120

(めだか)白メダカ/白めだか(200匹) 沖縄別途送料

お送りするメダカの個体は体長1.5〜3.5cm程度です。メダカの個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。白メダカ/白めだか販売名白メダカ/白めだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細淡い白色が美しく、様々な改良メダカのベースとなった品種です。 黒色素胞を欠き、黄色素胞が発達しないことで白色素胞が目立つようになり、体色が白く見えます。 アルビノとは異なり、メラニン色素を欠いているわけでは無いので目は黒の表現となります。 個体によっては黄色素胞が少し発達するものもおり、白...

(めだか)楊貴妃メダカ/楊貴妃めだか(12匹)

charm 楽天市場店

1,010

(めだか)楊貴妃メダカ/楊貴妃めだか(12匹)

お送りする個体は体長1.5〜3.5cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。楊貴妃は朱赤の体色が美しい品種です。幼魚時にはヒメダカより薄い体色ですが、成魚になると赤味の発色が出ます。楊貴妃メダカ/楊貴妃めだか販売名楊貴妃メダカ/楊貴妃めだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細朱赤体色が美しい、古くから人気の根強い品種です。 楊貴妃は現在でも改良メダカトップクラスの人気を誇り、改良メダカブームの火付け役になったとされています。 幼魚時はヒメダカより薄い体色をしていますが...

(めだか)夜桜メダカ/夜桜めだか(3匹)

charm 楽天市場店

3,400

(めだか)夜桜メダカ/夜桜めだか(3匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。夜桜メダカ/夜桜めだか販売名夜桜メダカ/夜桜めだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細桜を思わせる頭部のピンク色と、黒ベースの胴体に輝くラメが夜空の星々を連想させる美しい品種です。 黒体色にピンク色が入ることで「夜桜」を連想させ、品種名も相まって人気が高まりつつあります。 オーロラ系の血が入っているため個体差による表現のバラツキが大きいことでも知られます。 頭部のピンク色の表現には個体差があり、黄色みが強い個体も見られます...

(めだか)夜桜メダカ/夜桜めだか(1匹)

charm 楽天市場店

1,380

(めだか)夜桜メダカ/夜桜めだか(1匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。夜桜メダカ/夜桜めだか販売名夜桜メダカ/夜桜めだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細桜を思わせる頭部のピンク色と、黒ベースの胴体に輝くラメが夜空の星々を連想させる美しい品種です。 黒体色にピンク色が入ることで「夜桜」を連想させ、品種名も相まって人気が高まりつつあります。 オーロラ系の血が入っているため個体差による表現のバラツキが大きいことでも知られます。 頭部のピンク色の表現には個体差があり、黄色みが強い個体も見られます...

(めだか)黒蜂メダカ/黒蜂めだか(3匹)

charm 楽天市場店

1,910

(めだか)黒蜂メダカ/黒蜂めだか(3匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。普通鱗タイプの個体も出荷対象となります。黒色の薄い個体も出荷される場合がございます。予めご了承の上お買い求め下さい。黒蜂メダカ/黒蜂めだか販売名黒蜂メダカ/黒蜂めだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細体色が黒色でヒレに黄色が入るように改良された、シンプルながらまとまった体色の品種です。 黒い体色に黄色が入ることで「黒蜂」と名付けられたとされています。 白い容器で飼育しても黒体色が抜けにくく...

(めだか)白メダカ/白めだか(100匹)

charm 楽天市場店

5,350

(めだか)白メダカ/白めだか(100匹)

お送りするメダカの個体は体長1.5〜3.5cm程度です。メダカの個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。白メダカ/白めだか販売名白メダカ/白めだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細淡い白色が美しく、様々な改良メダカのベースとなった品種です。 黒色素胞を欠き、黄色素胞が発達しないことで白色素胞が目立つようになり、体色が白く見えます。 アルビノとは異なり、メラニン色素を欠いているわけでは無いので目は黒の表現となります。 個体によっては黄色素胞が少し発達するものもおり、白...

(めだか)サタンメダカ/松井ヒレナガオロチめだか(1匹)

charm 楽天市場店

1,220

(めだか)サタンメダカ/松井ヒレナガオロチめだか(1匹)

個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。サタンメダカ/松井ヒレナガオロチめだか販売名サタンメダカ/松井ヒレナガオロチめだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細多くの黒系メダカがいる中で、最も黒いとされている品種であるオロチの、各ヒレが伸長する品種です。 背地反応しない為、どんな容器に入れても色が落ちないので、横見でも大変美しい姿を見ることができます。 目の周りやヒレなどを含み全身が黒くなるので、まさに黒を極めたメダカと言えるでしょう。飼育ののポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で...

(めだか)白メダカ/白めだか(30匹)

charm 楽天市場店

1,800

(めだか)白メダカ/白めだか(30匹)

お送りするメダカの個体は体長1.5〜3.5cm程度です。メダカの個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。白メダカ/白めだか販売名白メダカ/白めだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細淡い白色が美しく、様々な改良メダカのベースとなった品種です。 黒色素胞を欠き、黄色素胞が発達しないことで白色素胞が目立つようになり、体色が白く見えます。 アルビノとは異なり、メラニン色素を欠いているわけでは無いので目は黒の表現となります。 個体によっては黄色素胞が少し発達するものもおり、白...

(めだか)白メダカ/白めだか(50匹)

charm 楽天市場店

2,810

(めだか)白メダカ/白めだか(50匹)

お送りするメダカの個体は体長1.5〜3.5cm程度です。メダカの個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。白メダカ/白めだか販売名白メダカ/白めだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細淡い白色が美しく、様々な改良メダカのベースとなった品種です。 黒色素胞を欠き、黄色素胞が発達しないことで白色素胞が目立つようになり、体色が白く見えます。 アルビノとは異なり、メラニン色素を欠いているわけでは無いので目は黒の表現となります。 個体によっては黄色素胞が少し発達するものもおり、白...

(めだか)琥珀ヒカリメダカ/琥珀ひかりめだか(3匹)

charm 楽天市場店

2,170

(めだか)琥珀ヒカリメダカ/琥珀ひかりめだか(3匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。琥珀ヒカリメダカ/琥珀ひかりめだか販売名琥珀ヒカリメダカ/琥珀ひかりめだか学名(※) Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布 改良品種(原種:日本)飼育要件 最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 生餌、人工飼料※飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません。種類詳細 学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。飼育のポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で、水質の悪化や低温にも耐えうる強靭な強さを持っています。しかし、急激な水質や水温の変化にはもろい部分もあり、早い水流は好みません。また、スレにも弱いので網ですくう際などは注意が必要です。安定した水質を得ることができ、産卵床としても使用できるマツモ等の水草やホテイアオイ等の浮草を利用するといいでしょ...

(めだか)卑弥呼メダカ/卑弥呼めだか(1匹)

charm 楽天市場店

3,180

(めだか)卑弥呼メダカ/卑弥呼めだか(1匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。現在の在庫している個体は若魚の為、掲載画像と比較して色やヒレの伸長が異なる場合がございます。予めご了承ください。卑弥呼メダカ/卑弥呼めだか販売名卑弥呼メダカ/卑弥呼めだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細朱赤体色ヒカリ体型のアルビノで、スワローとヒレ長の特徴を持つ品種です。 アルビノ、ヒレ長、スワローだけでなく、ブドウ眼というアルビノ特有の形質も持っています。 ブドウ眼は見る角度によって眼の色が黒っぽくも見えることを意味しま...

(めだか)黒蜂メダカ/黒蜂めだか(1ペア)

charm 楽天市場店

1,490

(めだか)黒蜂メダカ/黒蜂めだか(1ペア)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。普通鱗タイプの個体も出荷対象となります。黒色の薄い個体も出荷される場合がございます。予めご了承の上お買い求め下さい。黒蜂メダカ/黒蜂めだか販売名黒蜂メダカ/黒蜂めだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細体色が黒色でヒレに黄色が入るように改良された、シンプルながらまとまった体色の品種です。 黒い体色に黄色が入ることで「黒蜂」と名付けられたとされています。 白い容器で飼育しても黒体色が抜けにくく...

送料無料
(めだか)青メダカ/青めだか(200匹) 沖縄別途送料

charm 楽天市場店

10,390

(めだか)青メダカ/青めだか(200匹) 沖縄別途送料

お送りするメダカの個体は体長1.5〜3.5cm程度です。メダカの個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。青メダカ/青めだか販売名青メダカ/青めだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細見る角度や光の当たり方によって体色が青みを帯びたように見える、様々な改良メダカのベースとなった品種です。 メダカは青色の色素細胞は持っておらず、野生型から黒色素胞はそのままに黄色素胞を欠いたことで青みを帯びた独特な色に見えています。 横見では白っぽい色に見えますが、上見で観察するとより青みが分かりやすくなります。...

(めだか)忘却の翼メダカ/忘却の翼めだか(3匹)

charm 楽天市場店

4,770

(めだか)忘却の翼メダカ/忘却の翼めだか(3匹)

画像の個体よりも色味や表現の弱い個体も出荷対象に含まれる場合がございます。予めご了承の上お買い求めください。お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。忘却の翼メダカ/忘却の翼めだか販売名忘却の翼メダカ/忘却の翼めだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細オレンジと黒の体色に、背の全体に黄ラメが散りばめられた大変美しい品種です。各ヒレが伸長するヒレ長の形質も持っているものの、明瞭にヒレ長を発現する個体はまだ少ないとされます。本品種はオーロラ系メダカの交配によって作出された...

(めだか)小町メダカ(1ペア)

charm 楽天市場店

2,230

(めだか)小町メダカ(1ペア)

愛知県在住小野久仁雄氏によって作出された非透明鱗紅白メダカになります。お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。小町メダカ/非透明鱗紅白販売名小町メダカ/非透明鱗紅白学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細どの角度から見ても見てもはっきりと紅白であることが確認できる品種です。 紅白と言えば錦鯉のイメージがありますが、こちらの品種はその錦鯉のような配色をメダカに導入したものです。 緑のあるビオトープなどに入れることで紅白がさらに映え、美しい姿を楽しむことができます...

(めだか)ヒメダカ/ひめだか(50匹)

charm 楽天市場店

1,220

(めだか)ヒメダカ/ひめだか(50匹)

お送りする個体は体長1.5〜3.5cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。名前の由来である“緋"からもわかるように、緋色を目指して改良されたもっとも一般的な品種です。ヒメダカ販売名ヒメダカ学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細改良メダカの中で最も代表的な品種です。 ヒメダカは緋色をめざして改良されたことから、ヒメダカという名が付いたとされています。 メダカと言えばヒメダカを想像する方も多いほど一般的な品種で、理科の学習教材としてもおなじみです。 黄色みを帯びた優しげな体色は...

(めだか)ブラックダイヤメダカ/オロチラメメダカ(1ペア)

charm 楽天市場店

2,760

(めだか)ブラックダイヤメダカ/オロチラメメダカ(1ペア)

ヒレが黄色い個体も出荷対象となります。予めご了承の上お買い求めください。お送りする個体は体長2〜3cm程度です。予めご了承の上、お買い求めください。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承ください。ブラックダイヤメダカ/オロチラメメダカ販売名ブラックダイヤメダカ/オロチラメメダカ学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細オロチと星河の交配によって作出された、黒体色にラメが輝く品種です。 ベースとなったオロチは多くの黒系メダカがいる中で、最も黒いとされている品種です。 黒を極めたオロチの体色に...

(めだか)ブラックパンダメダカ(3匹)

charm 楽天市場店

1,800

(めだか)ブラックパンダメダカ(3匹)

色の濃さには、個体差があります、また、明るい環境下で飼育すると、保護色機能により色が淡くなる場合がございます。予めご了承の上お買い求めください。お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。ブラックパンダメダカ販売名ブラックパンダメダカ学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細黒体色で腹部や目の周りまでもが黒くなる品種です。目の周りと腹部の虹色素砲が欠如することにより、全身が引き締まった黒色になります。輸送直後や明るい底床で飼育していると...

(めだか)オロチ黄金メダカ(1匹)

charm 楽天市場店

1,170

(めだか)オロチ黄金メダカ(1匹)

オロチ黄金販売名オロチ黄金学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細多くの黒系メダカがいる中で、最も黒いとされている品種です。 黒系メダカの多くは黒い容器で飼育することで真っ黒の姿を見せるものの、黒い容器以外では色が抜けてしまい真っ黒のものは見られませんでした。 しかし、オロチは背地反応しない為、どんな容器に入れても色が落ちません。 目の周りやヒレなどを含み全身が黒くなるので、まさに黒を極めたメダカと言えるでしょう。飼育のポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で、水質の悪化や低温にも耐えうる強靭な強さを持っています。 しかし...

(めだか)ブロンズ紅白メダカ(1匹)

charm 楽天市場店

2,120

(めだか)ブロンズ紅白メダカ(1匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。ブロンズ紅白メダカ販売名 ブロンズ紅白メダカ学名(※) Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布 改良品種(原種:日本)飼育要件 最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 生餌、人工飼料※飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません。種類詳細 学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細ブロンズメダカから出現する紅白柄を選抜し体外光とヒレ光を持つ品種です。 体外光とヒレ光の形質も併せ持つことで程よく輝き、横見でも上見でも楽しむことができます。 美しいブロンズ色になる個体同士で繁殖させても、様々な体色の個体が産まれてくることがあるようです。飼育のポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で、水質の悪化や低温にも耐えうる強靭な強さを持っています。しかし...

(めだか)狼牙メダカ(3匹)

charm 楽天市場店

4,460

(めだか)狼牙メダカ(3匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。狼牙メダカ販売名 狼牙メダカ学名(※) Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布 改良品種(原種:日本)飼育要件 最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 生餌、人工飼料※飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません。種類詳細 学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。飼育のポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で、水質の悪化や低温にも耐えうる強靭な強さを持っています。しかし、急激な水質や水温の変化にはもろい部分もあり、早い水流は好みません。また、スレにも弱いので網ですくう際などは注意が必要です。安定した水質を得ることができ、産卵床としても使用できるマツモ等の水草やホテイアオイ等の浮草を利用するといいでしょう。また...

(めだか)黒蜂メダカ/黒蜂めだか(5匹)

charm 楽天市場店

2,340

(めだか)黒蜂メダカ/黒蜂めだか(5匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。普通鱗タイプの個体も出荷対象となります。黒色の薄い個体も出荷される場合がございます。予めご了承の上お買い求め下さい。黒蜂メダカ/黒蜂めだか販売名黒蜂メダカ/黒蜂めだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細体色が黒色でヒレに黄色が入るように改良された、シンプルながらまとまった体色の品種です。 黒い体色に黄色が入ることで「黒蜂」と名付けられたとされています。 白い容器で飼育しても黒体色が抜けにくく...

(めだか)ブルースターダストメダカ(3匹)

charm 楽天市場店

1,280

(めだか)ブルースターダストメダカ(3匹)

当店では厳密にグレード分けを行っておりませんのでご了承の上御求め下さい。お送りする個体は体長2〜4cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。ブルースターダストメダカ販売名ブルースターダストメダカ学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細背中までびっしりとシルバーやブルーに輝くその姿はその名に恥じない美しさを見せます。 青ラメめだかと似た外見を持ちますが、地色のブルーが濃く、より一層ラメの輝きが強調され複雑な発色を見る事ができます。 特にビオトープなど上から観察した際には別格な輝きを見せ...

(めだか)あけの明星メダカ(1匹)

charm 楽天市場店

2,340

(めだか)あけの明星メダカ(1匹)

画像の個体よりも色味や表現の弱い個体も出荷対象に含まれる場合がございます。予めご了承の上お買い求めください。明けの明星メダカ販売名明けの明星メダカ学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細朱赤、白、黒の三色にラメと体外光が光輝き、ヒレが伸長するヒレ長の特徴を持った品種です。 「明けの明星」は明け方に見える金星を意味しており、金星は「一番星」とも呼ばれるほど強い光を放ちます。 そんな金星を連想させるほどラメの密度が高く、背の全体が光輝いて見えます。 体色やラメ、体外光の強さにはバラツキが見られますが、中には頭部の先まで体外光が入る個体もいます。...

(めだか)清流きりゅうメダカ(1匹)

charm 楽天市場店

1,700

(めだか)清流きりゅうメダカ(1匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。清流きりゅうメダカ販売名 清流きりゅうメダカ学名(※) Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布 改良品種(原種:日本)飼育要件 最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 生餌、人工飼料※飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません。種類詳細 学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細幹之の透明鱗から作出された品種で、体内に黒い表現を持っております。飼育の際は黒色の容器に入れるとより鮮やかに色が出るでしょう。飼育のポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で、水質の悪化や低温にも耐えうる強靭な強さを持っています。しかし、急激な水質や水温の変化にはもろい部分もあり、早い水流は好みません。また、スレにも弱いので網ですくう際などは注意が必要です...

(めだか)鱗光メダカ(3匹)

charm 楽天市場店

2,230

(めだか)鱗光メダカ(3匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。鱗光メダカ販売名鱗光メダカ学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ)Oryzias sakaizumii(キタノメダカ)Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 3〜4cm温度 → 5〜28度水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性餌 → 生餌、人工飼料※飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません。種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細"鱗光"という体外光やラメとは異なる光沢表現を持つメダカです。鱗光は鱗そのものが光輝くので、鱗1枚1枚をはっきりと確認することができます。体外光の要素も併せ持つと言われており、横見でも上見でも美しく輝く姿を楽しむことができます。鱗光の入り具合や強さには個体差が見られます。飼育のポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で、水質の悪化や低温にも耐えうる強靭な強さを持っています。しかし...

(めだか)あけぼの紅白オーロララメメダカ(1匹)

charm 楽天市場店

1,590

(めだか)あけぼの紅白オーロララメメダカ(1匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。あけぼの紅白オーロララメメダカ販売名あけぼの紅白オーロララメメダカ学名(※) Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布 改良品種(原種:日本)飼育要件 最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 生餌、人工飼料※飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません。種類詳細 学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。飼育のポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で、水質の悪化や低温にも耐えうる強靭な強さを持っています。しかし、急激な水質や水温の変化にはもろい部分もあり、早い水流は好みません。また、スレにも弱いので網ですくう際などは注意が必要です。安定した水質を得ることができ、産卵床としても使用できるマツモ等の水草やホテイアオイ等の浮草を利用するといいでしょう...

(めだか)女雛ラメメダカ(1匹)

charm 楽天市場店

1,540

(めだか)女雛ラメメダカ(1匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。女雛ラメメダカ販売名女雛ラメメダカ学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細琥珀色の体色にラメが輝く美しい品種です。 各ヒレが伸長するヒレ長の特徴も持っているので、優雅に泳ぐ姿をお楽しみいただけます。 ラメの入り具合や、ヒレの伸長具合には個体差が見られます。 ヒレ長系の品種は成長と共にヒレが伸長するため、若い個体では伸びが十分ではない場合もあります。飼育ののポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で...

(めだか)清流きりゅうメダカ(1ペア)

charm 楽天市場店

3,180

(めだか)清流きりゅうメダカ(1ペア)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。清流きりゅうメダカ販売名 清流きりゅうメダカ学名(※) Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布 改良品種(原種:日本)飼育要件 最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 生餌、人工飼料※飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません。種類詳細 学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細幹之の透明鱗から作出された品種で、体内に黒い表現を持っております。飼育の際は黒色の容器に入れるとより鮮やかに色が出るでしょう。飼育のポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で、水質の悪化や低温にも耐えうる強靭な強さを持っています。しかし、急激な水質や水温の変化にはもろい部分もあり、早い水流は好みません。また、スレにも弱いので網ですくう際などは注意が必要です...

(めだか)スーパー鏤メダカ(3匹)

charm 楽天市場店

4,350

(めだか)スーパー鏤メダカ(3匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。スーパー鏤メダカ販売名 スーパー鏤メダカ学名(※) Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布 改良品種(原種:日本)飼育要件 最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 生餌、人工飼料※飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません。種類詳細 学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。飼育のポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で、水質の悪化や低温にも耐えうる強靭な強さを持っています。しかし、急激な水質や水温の変化にはもろい部分もあり、早い水流は好みません。また、スレにも弱いので網ですくう際などは注意が必要です。安定した水質を得ることができ、産卵床としても使用できるマツモ等の水草やホテイアオイ等の浮草を利用するといいでしょう。また...

人気の魚・水生生物のめだか高い、発売中!プロも愛用の一品です。大切なペットの水槽・餌・掃除用具に魚・水生生物。それぞれのペットに合っためだか高い♪ペットの生活を快適にしましょう。商品説明が記載されてるから安心!

ネットショップから、ペット関連商品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい魚・水生生物が充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:株式会社メタップスワン)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「めだか高い」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

関連カテゴリ