「めだか高い」 の検索結果 272件

(めだか)オロチメダカ(3匹)

charm 楽天市場店

2,120

(めだか)オロチメダカ(3匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。オロチ販売名オロチ学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細多くの黒系メダカがいる中で、特に黒いとされている品種です。 黒系メダカの多くは黒い容器で飼育することで真っ黒の姿を見せるものの、黒い容器以外では色が抜けてしまう場合がございます。 しかし、オロチは背地反応しない為、どんな容器に入れても色が落ちにくい特徴を持ちます。 また目の周りやヒレなどを含み全身が黒くなる為、まさに真っ黒のメダカと言えるでしょう...

(めだか)幹之メダカ スーパー強光/みゆきめだか(10匹)

charm 楽天市場店

2,120

(めだか)幹之メダカ スーパー強光/みゆきめだか(10匹)

お送りするメダカの個体は体長2〜3cm程度です。メダカの個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。幹之メダカ スーパー強光/みゆきめだか販売名幹之メダカ スーパー強光/みゆきめだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細背の全体がシルバーやブルーに輝く、改良メダカトップクラスの人気を誇るメダカです。 通常の幹之メダカより背の光る範囲が広く、光の入り方によって呼び名が変わります。 頭の先まで光が乗るものが最上級で、鉄仮面と呼ばれます。 ビオトープなどに入れて上から観察することより...

(めだか)サバの極みメダカ/さばのきわみめだか(1ペア)

charm 楽天市場店

2,970

(めだか)サバの極みメダカ/さばのきわみめだか(1ペア)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。明るい環境や低床で飼育すると、保護色機能が働き、体色が飛んでしまう事が御座います。サバの極み販売名サバの極み学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ)Oryzias sakaizumii(キタノメダカ)Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm温度 → 5〜28度水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性餌 → 人工飼料、生餌混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細体内の黒っぽさに青みがかった背の色合いが特徴の独特な表現をしているメダカです飼育のポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で、水質の悪化や低温にも耐えうる強靭な強さを持っています。しかし、急激な水質や水温の変化にはもろい部分もあり、早い水流は好みません。また、スレにも弱いので網ですくう際などは注意が必要です。安定した水質を得ることができ、産卵床としても使用できるマツモ等の水草やホ...

(めだか)王華メダカ 朱砂系/おうかめだか(1匹)

全2商品

1,060

(めだか)王華メダカ 朱砂系/おうかめだか(1匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承ください。王華メダカ 朱砂系/おうかめだか販売名王華メダカ 朱砂系/おうかめだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細紅白柄にラメがちりばめられ、背が体外光によって輝いている王華の朱赤が強い系統です。 朱赤が強いことから朱砂と名付けられ、王華のような体外光は発現していませんが、ラメが大変美しい品種です。 配色にはバラツキがあり、紅白のバランスやラメの入り具合には個体差が見られます。飼育ののポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で...

(めだか)王華メダカ 朱砂系/おうかめだか(5匹)

charm 楽天市場店

4,460

(めだか)王華メダカ 朱砂系/おうかめだか(5匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承ください。王華メダカ 朱砂系/おうかめだか販売名王華メダカ 朱砂系/おうかめだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細紅白柄にラメがちりばめられ、背が体外光によって輝いている王華の朱赤が強い系統です。 朱赤が強いことから朱砂と名付けられ、王華のような体外光は発現していませんが、ラメが大変美しい品種です。 配色にはバラツキがあり、紅白のバランスやラメの入り具合には個体差が見られます。飼育のポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で...

(めだか)シルキー体内光メダカ/小雪めだか(3匹)

charm 楽天市場店

1,590

(めだか)シルキー体内光メダカ/小雪めだか(3匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。シルキー体内光メダカ/小雪めだか販売名シルキー体内光メダカ/小雪めだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。飼育のポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で、水質の悪化や低温にも耐えうる強靭な強さを持っています。 しかし、急激な水質や水温の変化にはもろい部分もあり、早い水流は好みません。 また、スレにも弱いので網ですくう際などは注意が必要です。 安定した水質を得ることができ、産卵床としても使用できるマツモ等の水草やホテイアオイ等の浮草を...

(めだか)紅帝メダカ/紅帝めだか(5匹)

charm 楽天市場店

1,040

(めだか)紅帝メダカ/紅帝めだか(5匹)

帝の名に恥じない赤いメダカです。紅帝メダカは成長と共に体色が赤くなり始め、成魚になると鮮やかな赤味の発色が出ます。お送りする個体は体長1〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。紅帝メダカ/紅帝めだか販売名紅帝メダカ/紅帝めだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細改良メダカの中でもトップクラスに赤くなる品種です。 楊貴妃よりも赤みが強く、ヒレにも朱赤色が入り、胴体には透明感があるのが特徴的です。 幼魚時は薄い体色をしているものの成長と共に色が濃くなり...

(めだか)白メダカ/白めだか(50匹)

charm 楽天市場店

2,810

(めだか)白メダカ/白めだか(50匹)

お送りするメダカの個体は体長1.5〜3.5cm程度です。メダカの個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。白メダカ/白めだか販売名白メダカ/白めだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細淡い白色が美しく、様々な改良メダカのベースとなった品種です。 黒色素胞を欠き、黄色素胞が発達しないことで白色素胞が目立つようになり、体色が白く見えます。 アルビノとは異なり、メラニン色素を欠いているわけでは無いので目は黒の表現となります。 個体によっては黄色素胞が少し発達するものもおり、白...

(めだか)白メダカ/白めだか(100匹)

charm 楽天市場店

5,350

(めだか)白メダカ/白めだか(100匹)

お送りするメダカの個体は体長1.5〜3.5cm程度です。メダカの個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。白メダカ/白めだか販売名白メダカ/白めだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細淡い白色が美しく、様々な改良メダカのベースとなった品種です。 黒色素胞を欠き、黄色素胞が発達しないことで白色素胞が目立つようになり、体色が白く見えます。 アルビノとは異なり、メラニン色素を欠いているわけでは無いので目は黒の表現となります。 個体によっては黄色素胞が少し発達するものもおり、白...

(めだか)歌舞伎メダカブルー/カブキめだかブルー(3匹)

charm 楽天市場店

2,340

(めだか)歌舞伎メダカブルー/カブキめだかブルー(3匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。現在在庫している個体はメスが多くなっております。歌舞伎メダカブルー/カブキめだかブルー販売名歌舞伎メダカブルー/カブキめだかブルー学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細歌舞伎メダカの中でも体外光の青みが強い品種です。 歌舞伎メダカは世界に羽ばたいて欲しいという意味合いを兼ねてその名がつけられたとされています。 黒体色に青みがかった体外光が入るだけでも美しいと言えますが、ヒレに光が入ることでさらに美しくなったと言えます。...

(めだか)松井ヒレ長五式メダカ TypeB(1匹)

charm 楽天市場店

1,280

(めだか)松井ヒレ長五式メダカ TypeB(1匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。松井ヒレ長五式メダカ TypeB販売名松井ヒレ長五式メダカ TypeB学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細五式にヒレ長を掛け合わせた大変美しい品種です。 黒体色でメダカが持つ5ヶ所のヒレが朱赤色になる事から五式と言う名が付いたとされています。 ヒレが特徴的な五式にヒレ長を掛け合わせることで、その華やかさを引き立たせています。 ヒレの伸長具合には個体差が見られます。また、ヒレ長系の品種は成長と共にヒレが伸長するため...

(めだか)サバの極みメダカ/さばのきわみめだか(1匹)

charm 楽天市場店

1,280

(めだか)サバの極みメダカ/さばのきわみめだか(1匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。明るい環境や低床で飼育すると、保護色機能が働き、体色が飛んでしまう事が御座います。サバの極み販売名サバの極み学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細体内の黒っぽさに青みがかった背の色合いが特徴の独特な表現をしているメダカです飼育のポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で、水質の悪化や低温にも耐えうる強靭な強さを持っています。 しかし、急激な水質や水温の変化にはもろい部分もあり、早い水流は好みません。 また、スレにも弱いので網ですくう際などは注意が必要です。 安定した水質を得ることができ...

(めだか)サバの極みメダカ/さばのきわみめだか(3匹)

charm 楽天市場店

3,180

(めだか)サバの極みメダカ/さばのきわみめだか(3匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。明るい環境や低床で飼育すると、保護色機能が働き、体色が飛んでしまう事が御座います。サバの極み販売名サバの極み学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ)Oryzias sakaizumii(キタノメダカ)Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm温度 → 5〜28度水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性餌 → 人工飼料、生餌混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細体内の黒っぽさに青みがかった背の色合いが特徴の独特な表現をしているメダカです飼育のポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で、水質の悪化や低温にも耐えうる強靭な強さを持っています。しかし、急激な水質や水温の変化にはもろい部分もあり、早い水流は好みません。また、スレにも弱いので網ですくう際などは注意が必要です。安定した水質を得ることができ、産卵床としても使用できるマツモ等の水草やホ...

(めだか)白メダカ/白めだか(30匹)

charm 楽天市場店

1,800

(めだか)白メダカ/白めだか(30匹)

お送りするメダカの個体は体長1.5〜3.5cm程度です。メダカの個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。白メダカ/白めだか販売名白メダカ/白めだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細淡い白色が美しく、様々な改良メダカのベースとなった品種です。 黒色素胞を欠き、黄色素胞が発達しないことで白色素胞が目立つようになり、体色が白く見えます。 アルビノとは異なり、メラニン色素を欠いているわけでは無いので目は黒の表現となります。 個体によっては黄色素胞が少し発達するものもおり、白...

送料無料
(めだか)白メダカ/白めだか(200匹) 沖縄別途送料

charm 楽天市場店

10,120

(めだか)白メダカ/白めだか(200匹) 沖縄別途送料

お送りするメダカの個体は体長1.5〜3.5cm程度です。メダカの個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。白メダカ/白めだか販売名白メダカ/白めだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細淡い白色が美しく、様々な改良メダカのベースとなった品種です。 黒色素胞を欠き、黄色素胞が発達しないことで白色素胞が目立つようになり、体色が白く見えます。 アルビノとは異なり、メラニン色素を欠いているわけでは無いので目は黒の表現となります。 個体によっては黄色素胞が少し発達するものもおり、白...

送料無料
メダカ めだかのえさ お試しセット (仔魚・稚魚・成魚用) めだか メダカ 赤ちゃん 稚魚 えさ 餌 赤ちゃんのえさ 稚魚の餌 成魚

P&F ペット・アンド・フィッシュ

1,780

メダカ めだかのえさ お試しセット (仔魚・稚魚・成魚用) めだか メダカ 赤ちゃん 稚魚 えさ 餌 赤ちゃんのえさ 稚魚の餌 成魚

めだかのえさ お試しセット (仔魚・稚魚・成魚用) 当店イチオシのめだかのえさを詰め合わせたお試しセットです。 生まれたばかりの仔魚用のえさから、生後1週間前後のめだかに与えるファーストフード、成魚用のえさをセットにしており、めだかの一生をこの3種類のえさでカバーしております。 当店でも実際に与えており、食いつきは実証済ですので、是非お試しください。 【セット内容】 1.高級めだか育成 めだか成魚のえさ 50g 高級めだかの育成に最適な成魚用高級飼料です。 顆粒状で沈みにくく、嗜好性が非常に高いフードです。 めだか生産者にも愛用されている飼料です。 【使用方法】 1日に2〜3回、5分くらいで食べきれる量を与えてください。 食べ残しは水を腐らせる原因になります。 2.めだか稚魚のためのウォーター・フード 120ml 稚魚、仔魚のような発育段階の初期にあるめだかのための液体フードです。 生まれたばかりのめだかはとても繊細で、水質の変化にも敏感です。 また、えさを自分で食べるようになった後の子めだかの死亡原因で、最も多いものは、えさを詰まらせてしまう事だと言われています。 「めだか稚魚のためのウォーター・フード」は、光合成細菌が飼育水の水質を安定させます。 また、小さな菌自体が仔稚魚のえさとなるため、子めだかの生存率が大幅にアップし、元気で丈夫に育ちます。 金魚などの日本淡水魚にも使用可能で、水草の成長促進にも効果があります。 使いやすいサイズのボトルに入っており、使用する際は容器に注ぐだけの便利なえさです。 ゾウリムシやグリーンウォーターが確保しにくい冬場、室内飼育の稚魚のえさに最適です! 【効果】 ・仔稚魚のエサとなり生存率アップ ・飼育水の水質改善 ・水草などの植物の成長促進 ・めだかの彩色が鮮明に 【使用方法】...

(めだか)清流きりゅうメダカ(1匹)

charm 楽天市場店

1,590

(めだか)清流きりゅうメダカ(1匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。清流きりゅうメダカ販売名 清流きりゅうメダカ学名(※) Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布 改良品種(原種:日本)飼育要件 最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 生餌、人工飼料※飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません。種類詳細 学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細幹之の透明鱗から作出された品種で、体内に黒い表現を持っております。飼育の際は黒色の容器に入れるとより鮮やかに色が出るでしょう。飼育のポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で、水質の悪化や低温にも耐えうる強靭な強さを持っています。しかし、急激な水質や水温の変化にはもろい部分もあり、早い水流は好みません。また、スレにも弱いので網ですくう際などは注意が必要です...

(めだか)モルフォロングフィンメダカ(1匹)

charm 楽天市場店

1,700

(めだか)モルフォロングフィンメダカ(1匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。モルフォロングフィンメダカ販売名モルフォロングフィンメダカ学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細グアニンによりヒレに強い光が入った品種です。飼育のポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で、水質の悪化や低温にも耐えうる強靭な強さを持っています。 しかし、急激な水質や水温の変化にはもろい部分もあり、早い水流は好みません。 また、スレにも弱いので網ですくう際などは注意が必要です。 安定した水質を得ることができ...

(めだか)清流きりゅうメダカ(1ペア)

charm 楽天市場店

4,030

(めだか)清流きりゅうメダカ(1ペア)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。清流きりゅうメダカ販売名 清流きりゅうメダカ学名(※) Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布 改良品種(原種:日本)飼育要件 最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 生餌、人工飼料※飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません。種類詳細 学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細幹之の透明鱗から作出された品種で、体内に黒い表現を持っております。飼育の際は黒色の容器に入れるとより鮮やかに色が出るでしょう。飼育のポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で、水質の悪化や低温にも耐えうる強靭な強さを持っています。しかし、急激な水質や水温の変化にはもろい部分もあり、早い水流は好みません。また、スレにも弱いので網ですくう際などは注意が必要です...

(めだか)月下美人メダカ(1匹)

charm 楽天市場店

1,590

(めだか)月下美人メダカ(1匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。月下美人メダカ/げっかびじんめだか販売名月下美人メダカ/げっかびじんめだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細オーロララメのヒカリ体型に、斑と多色ラメを載せた品種です。 朱赤やオレンジとオーロララメ特有の青色がとても鮮やかで、見る角度によって様々な色を見せてくれます。 オーロラ系メダカの交配によって作出されているので、個体差が大きく体色にはバラツキが見られます。飼育ののポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で...

(めだか)黒メダカ(50匹)

charm 楽天市場店

1,960

(めだか)黒メダカ(50匹)

お送りする個体は体長1.5〜3.5cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。日本の水田で馴染み深い、原種のメダカにもっとも近い品種です。採集個体はもちろん、養殖個体まで幅広く流通されています。黒メダカ/黒めだか販売名黒メダカ/黒めだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細最も原種の「ミナミメダカ」に近い性質を持つ品種です。 現在でこそメダカは「キタノメダカ」「ミナミメダカ」の2種に分類されましたが、改良メダカは「ミナミメダカ」をベースにしたと言われています。 黒メダカという名で呼ばれますが...

(めだか)青メダカ(30匹)

charm 楽天市場店

1,910

(めだか)青メダカ(30匹)

お送りするメダカの個体は体長1.5〜3.5cm程度です。メダカの個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。青メダカ/青めだか販売名青メダカ/青めだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ)Oryzias sakaizumii(キタノメダカ)Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm温度 → 5〜28度水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性餌 → 人工飼料、生餌混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細見る角度や光の当たり方によって体色が青みを帯びたように見える、様々な改良メダカのベースとなった品種です。メダカは青色の色素細胞は持っておらず、野生型から黒色素胞はそのままに黄色素胞を欠いたことで青みを帯びた独特な色に見えています。横見では白っぽい色に見えますが、上見で観察するとより青みが分かりやすくなります。ビオトープなどに入れることで良いアクセン...

(めだか)王鱗メダカ(3匹)

charm 楽天市場店

4,460

(めだか)王鱗メダカ(3匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。王鱗メダカ販売名王鱗メダカ学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ)Oryzias sakaizumii(キタノメダカ)Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 3〜4cm温度 → 5〜28度水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性餌 → 生餌、人工飼料※飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません。種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。飼育のポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で、水質の悪化や低温にも耐えうる強靭な強さを持っています。しかし、急激な水質や水温の変化にはもろい部分もあり、早い水流は好みません。また、スレにも弱いので網ですくう際などは注意が必要です。安定した水質を得ることができ、産卵床としても使用できるマツモ等の水草やホテイアオイ等の浮草を利用するといいでしょう。また、導入直後はスレなどがある可能性があり...

(めだか)清流きりゅうメダカ(3匹)

charm 楽天市場店

4,030

(めだか)清流きりゅうメダカ(3匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。清流きりゅうメダカ販売名 清流きりゅうメダカ学名(※) Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布 改良品種(原種:日本)飼育要件 最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 生餌、人工飼料※飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません。種類詳細 学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細幹之の透明鱗から作出された品種で、体内に黒い表現を持っております。飼育の際は黒色の容器に入れるとより鮮やかに色が出るでしょう。飼育のポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で、水質の悪化や低温にも耐えうる強靭な強さを持っています。しかし、急激な水質や水温の変化にはもろい部分もあり、早い水流は好みません。また、スレにも弱いので網ですくう際などは注意が必要です...

(めだか)行田錦メダカ(1ペア)

charm 楽天市場店

1,590

(めだか)行田錦メダカ(1ペア)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。予めご了承の上、お買い求めください。個体サイズや模様の指定についてはお受け致しかねますのでご了承ください。行田錦メダカ販売名行田錦メダカ学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ)Oryzias sakaizumii(キタノメダカ)Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 3〜4cm温度 → 5〜28度水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性餌 → 生餌、人工飼料※飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません。種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。飼育のポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で、水質の悪化や低温にも耐えうる強靭な強さを持っています。しかし、急激な水質や水温の変化にはもろい部分もあり、早い水流は好みません。また、スレにも弱いので網ですくう際などは注意が必要です。安定した水質を得ることができ、産卵床としても使用できるマツモ等の水草やホテイアオイ等の浮草を利用するといいでしょう。また...

(めだか)烏城三色メダカ/烏城三色めだか(3匹)

charm 楽天市場店

2,970

(めだか)烏城三色メダカ/烏城三色めだか(3匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。明るい環境や低床で飼育すると、保護色機能が働き、体色が飛んでしまう事が御座います。エラの透けていない個体も出荷の対象となります。烏城三色メダカ/烏城三色めだか販売名烏城三色メダカ/烏城三色めだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ)Oryzias sakaizumii(キタノメダカ)Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm温度 → 5〜28度水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性餌 → 人工飼料、生餌混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細頭部に朱赤が強く入り、黒と白がバランスよく入る三色と透明鱗が美しい品種です。錦鯉のような派手さもありつつ、メダカ特有の繊細な美しさをしています。配色にはバラツキがあり、三色のバランスには個体差が見られます。輸送直後や明るい底床で飼育していると、保護色機能が働き、体色が飛んでしまうことがあります...

(めだか)スターラッシュゴールドメダカ(1匹)

charm 楽天市場店

1,490

(めだか)スターラッシュゴールドメダカ(1匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。スターラッシュゴールドメダカ販売名スターラッシュゴールドメダカ学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ)Oryzias sakaizumii(キタノメダカ)Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 3〜4cm温度 → 5〜28度水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性餌 → 生餌、人工飼料※飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません。種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。飼育のポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で、水質の悪化や低温にも耐えうる強靭な強さを持っています。しかし、急激な水質や水温の変化にはもろい部分もあり、早い水流は好みません。また、スレにも弱いので網ですくう際などは注意が必要です。安定した水質を得ることができ、産卵床としても使用できるマツモ等の水草やホテイアオイ等の浮草を利用するといいでしょう。また...

(めだか)スターラッシュゴールドメダカ(3匹)

charm 楽天市場店

4,030

(めだか)スターラッシュゴールドメダカ(3匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。スターラッシュゴールドメダカ販売名スターラッシュゴールドメダカ学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ)Oryzias sakaizumii(キタノメダカ)Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 3〜4cm温度 → 5〜28度水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性餌 → 生餌、人工飼料※飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません。種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。飼育のポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で、水質の悪化や低温にも耐えうる強靭な強さを持っています。しかし、急激な水質や水温の変化にはもろい部分もあり、早い水流は好みません。また、スレにも弱いので網ですくう際などは注意が必要です。安定した水質を得ることができ、産卵床としても使用できるマツモ等の水草やホテイアオイ等の浮草を利用するといいでしょう。また...

(めだか)バタフライメダカ(1匹)

charm 楽天市場店

1,380

(めだか)バタフライメダカ(1匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。予めご了承の上、お買い求めください。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承ください。バタフライメダカ販売名バタフライメダカ学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細ヒカリ体型のヒレ長とスワローの特徴を同時に発現している品種です。 ヒレ長で全体のヒレが伸長するだけにとどまらず、各ヒレが部分的に伸びることで、レースをまとったかのような姿になります。 ラメも持っているので横見だけでなく、上見でも優雅に泳ぐ姿を楽しめます。 ラメの入り具合や、ヒレの伸長具合には個体差が見られます。...

(めだか)行田錦メダカ(10匹)

charm 楽天市場店

3,400

(めだか)行田錦メダカ(10匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。予めご了承の上、お買い求めください。個体サイズや模様の指定についてはお受け致しかねますのでご了承ください。行田錦メダカ販売名行田錦メダカ学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ)Oryzias sakaizumii(キタノメダカ)Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 3〜4cm温度 → 5〜28度水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性餌 → 生餌、人工飼料※飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません。種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。飼育のポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で、水質の悪化や低温にも耐えうる強靭な強さを持っています。しかし、急激な水質や水温の変化にはもろい部分もあり、早い水流は好みません。また、スレにも弱いので網ですくう際などは注意が必要です。安定した水質を得ることができ、産卵床としても使用できるマツモ等の水草やホテイアオイ等の浮草を利用するといいでしょう。また...

(めだか)ヒメダカ(200匹)

charm 楽天市場店

4,290

(めだか)ヒメダカ(200匹)

お送りする個体は体長1.5〜3.5cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。名前の由来である“緋"からもわかるように、緋色を目指して改良されたもっとも一般的な品種です。ヒメダカ販売名ヒメダカ学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細改良メダカの中で最も代表的な品種です。 ヒメダカは緋色をめざして改良されたことから、ヒメダカという名が付いたとされています。 メダカと言えばヒメダカを想像する方も多いほど一般的な品種で、理科の学習教材としてもおなじみです。 黄色みを帯びた優しげな体色は...

(めだか)バタフライメダカ(3匹)

charm 楽天市場店

3,080

(めだか)バタフライメダカ(3匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。予めご了承の上、お買い求めください。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承ください。バタフライメダカ販売名バタフライメダカ学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細ヒカリ体型のヒレ長とスワローの特徴を同時に発現している品種です。 ヒレ長で全体のヒレが伸長するだけにとどまらず、各ヒレが部分的に伸びることで、レースをまとったかのような姿になります。 ラメも持っているので横見だけでなく、上見でも優雅に泳ぐ姿を楽しめます。 ラメの入り具合や、ヒレの伸長具合には個体差が見られます。...

(めだか)ブラックモルフォ 亜種(1ペア)

charm 楽天市場店

4,240

(めだか)ブラックモルフォ 亜種(1ペア)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。ブラックモルフォ 亜種白販売名ブラックモルフォ 亜種学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細モルフォメダカから新しく派生した種類で、ブラックモルフォの特徴プラス鰭にグアニンのラインが入る個体を固定した系統となります。飼育のポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で、水質の悪化や低温にも耐えうる強靭な強さを持っています。 しかし、急激な水質や水温の変化にはもろい部分もあり、早い水流は好みません。 また...

(めだか)ブルースターダストメダカ(1ペア)

charm 楽天市場店

1,060

(めだか)ブルースターダストメダカ(1ペア)

当店では厳密にグレード分けを行っておりませんのでご了承の上御求め下さい。お送りする個体は体長2〜4cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。ブルースターダストメダカ販売名ブルースターダストメダカ学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ)Oryzias sakaizumii(キタノメダカ)Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm温度 → 5〜28度水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性餌 → 人工飼料、生餌混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細背中までびっしりとシルバーやブルーに輝くその姿はその名に恥じない美しさを見せます。青ラメめだかと似た外見を持ちますが、地色のブルーが濃く、より一層ラメの輝きが強調され複雑な発色を見る事ができます。特にビオトープなど上から観察した際には別格な輝きを見せ...

(めだか)小川ブラックメダカ(3匹)

charm 楽天市場店

1,280

(めだか)小川ブラックメダカ(3匹)

暗めの環境で飼育することで本種の魅力をさらに引き出すことができるでしょう。お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。小川ブラックメダカ/小川ブラックめだか販売名小川ブラックメダカ/小川ブラックめだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細黒メダカよりも黒い、まさにブラックと言う名にふさわしい体色をした品種です。 黒メダカはどちらかと言えば茶色に近い色でしたが、本品種はどの角度から見ても綺麗な黒色をしています。 輸送直後や明るい底床で飼育していると、保護色機能が働き...

(めだか)ヒメダカ(100匹)

charm 楽天市場店

2,170

(めだか)ヒメダカ(100匹)

お送りする個体は体長1.5〜3.5cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。名前の由来である“緋"からもわかるように、緋色を目指して改良されたもっとも一般的な品種です。ヒメダカ販売名ヒメダカ学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細改良メダカの中で最も代表的な品種です。 ヒメダカは緋色をめざして改良されたことから、ヒメダカという名が付いたとされています。 メダカと言えばヒメダカを想像する方も多いほど一般的な品種で、理科の学習教材としてもおなじみです。 黄色みを帯びた優しげな体色は...

(めだか)スターラッシュゴールドメダカ(1ペア)

charm 楽天市場店

2,650

(めだか)スターラッシュゴールドメダカ(1ペア)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。スターラッシュゴールドメダカ販売名スターラッシュゴールドメダカ学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ)Oryzias sakaizumii(キタノメダカ)Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 3〜4cm温度 → 5〜28度水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性餌 → 生餌、人工飼料※飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません。種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。飼育のポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で、水質の悪化や低温にも耐えうる強靭な強さを持っています。しかし、急激な水質や水温の変化にはもろい部分もあり、早い水流は好みません。また、スレにも弱いので網ですくう際などは注意が必要です。安定した水質を得ることができ、産卵床としても使用できるマツモ等の水草やホテイアオイ等の浮草を利用するといいでしょう。また...

(めだか)深海メダカ(1ペア)

charm 楽天市場店

2,100

(めだか)深海メダカ(1ペア)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。深海メダカ/深海めだか販売名深海メダカ/深海めだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細青ベースの体色で、上見で腹膜が青く輝いて見える美しい品種です。 マリンブルーから体外光を除いた品種とされ、体内に深い海を連想させる青色が透けて見える幻想的な色合いが魅力です。 本品種は幹之系統としては珍しく、白容器で飼育することで魅力を最大限引き出すことができます。 体色や腹膜の色には個体差が見られます...

(めだか)ブルースターダストメダカ(3匹)

charm 楽天市場店

1,280

(めだか)ブルースターダストメダカ(3匹)

当店では厳密にグレード分けを行っておりませんのでご了承の上御求め下さい。お送りする個体は体長2〜4cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。ブルースターダストメダカ販売名ブルースターダストメダカ学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細背中までびっしりとシルバーやブルーに輝くその姿はその名に恥じない美しさを見せます。 青ラメめだかと似た外見を持ちますが、地色のブルーが濃く、より一層ラメの輝きが強調され複雑な発色を見る事ができます。 特にビオトープなど上から観察した際には別格な輝きを見せ...

(めだか)狼牙メダカ(3匹)

charm 楽天市場店

3,290

(めだか)狼牙メダカ(3匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。狼牙メダカ販売名 狼牙メダカ学名(※) Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布 改良品種(原種:日本)飼育要件 最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 生餌、人工飼料※飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません。種類詳細 学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。飼育のポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で、水質の悪化や低温にも耐えうる強靭な強さを持っています。しかし、急激な水質や水温の変化にはもろい部分もあり、早い水流は好みません。また、スレにも弱いので網ですくう際などは注意が必要です。安定した水質を得ることができ、産卵床としても使用できるマツモ等の水草やホテイアオイ等の浮草を利用するといいでしょう。また...

(めだか)烏城三色メダカ/烏城三色めだか(1匹)

charm 楽天市場店

1,060

(めだか)烏城三色メダカ/烏城三色めだか(1匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。明るい環境や低床で飼育すると、保護色機能が働き、体色が飛んでしまう事が御座います。エラの透けていない個体も出荷の対象となります。烏城三色メダカ/烏城三色めだか販売名烏城三色メダカ/烏城三色めだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ)Oryzias sakaizumii(キタノメダカ)Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm温度 → 5〜28度水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性餌 → 人工飼料、生餌混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細頭部に朱赤が強く入り、黒と白がバランスよく入る三色と透明鱗が美しい品種です。錦鯉のような派手さもありつつ、メダカ特有の繊細な美しさをしています。配色にはバラツキがあり、三色のバランスには個体差が見られます。輸送直後や明るい底床で飼育していると、保護色機能が働き、体色が飛んでしまうことがあります...

(めだか)黄桜メダカ(3匹)

charm 楽天市場店

1,280

(めだか)黄桜メダカ(3匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。【黄桜メダカ】販売名 【黄桜メダカ】学名(※) Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布 改良品種(原種:日本)飼育要件 最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 生餌、人工飼料※飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません。種類詳細 学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細別名「黄幹之」とも呼ばれ、黄色と白の配色が美しい品種です。飼育のポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で、水質の悪化や低温にも耐えうる強靭な強さを持っています。しかし、急激な水質や水温の変化にはもろい部分もあり、早い水流は好みません。また、スレにも弱いので網ですくう際などは注意が必要です。安定した水質を得ることができ、産卵床としても使用できるマツモ等の水草やホテイアオイ等の浮草...

(めだか)ヒメダカ(50匹)

charm 楽天市場店

1,220

(めだか)ヒメダカ(50匹)

お送りする個体は体長1.5〜3.5cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。名前の由来である“緋"からもわかるように、緋色を目指して改良されたもっとも一般的な品種です。ヒメダカ販売名ヒメダカ学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細改良メダカの中で最も代表的な品種です。 ヒメダカは緋色をめざして改良されたことから、ヒメダカという名が付いたとされています。 メダカと言えばヒメダカを想像する方も多いほど一般的な品種で、理科の学習教材としてもおなじみです。 黄色みを帯びた優しげな体色は...

(めだか)小町メダカ(1ペア)

charm 楽天市場店

2,550

(めだか)小町メダカ(1ペア)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。小町メダカ/非透明鱗紅白販売名小町メダカ/非透明鱗紅白学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細どの角度から見ても見てもはっきりと紅白であることが確認できる品種です。 紅白と言えば錦鯉のイメージがありますが、こちらの品種はその錦鯉のような配色をメダカに導入したものです。 緑のあるビオトープなどに入れることで紅白がさらに映え、美しい姿を楽しむことができます。飼育ののポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で...

(めだか)ブラックダイヤメダカ/オロチラメメダカ(1ペア)

charm 楽天市場店

2,650

(めだか)ブラックダイヤメダカ/オロチラメメダカ(1ペア)

ヒレが黄色い個体も出荷対象となります。予めご了承の上お買い求めください。お送りする個体は体長2〜3cm程度です。予めご了承の上、お買い求めください。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承ください。ブラックダイヤメダカ/オロチラメメダカ販売名ブラックダイヤメダカ/オロチラメメダカ学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細オロチと星河の交配によって作出された、黒体色にラメが輝く品種です。 ベースとなったオロチは多くの黒系メダカがいる中で、最も黒いとされている品種です。 黒を極めたオロチの体色に...

(めだか)黒メダカ(30匹)

charm 楽天市場店

1,330

(めだか)黒メダカ(30匹)

お送りする個体は体長1.5〜3.5cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。日本の水田で馴染み深い、原種のメダカにもっとも近い品種です。採集個体はもちろん、養殖個体まで幅広く流通されています。黒メダカ/黒めだか販売名黒メダカ/黒めだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細最も原種の「ミナミメダカ」に近い性質を持つ品種です。 現在でこそメダカは「キタノメダカ」「ミナミメダカ」の2種に分類されましたが、改良メダカは「ミナミメダカ」をベースにしたと言われています。 黒メダカという名で呼ばれますが...

(めだか)ブラックパンダメダカ(3匹)

charm 楽天市場店

1,800

(めだか)ブラックパンダメダカ(3匹)

色の濃さには、個体差があります、また、明るい環境下で飼育すると、保護色機能により色が淡くなる場合がございます。予めご了承の上お買い求めください。お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。ブラックパンダメダカ販売名ブラックパンダメダカ学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細黒体色で腹部や目の周りまでもが黒くなる品種です。目の周りと腹部の虹色素砲が欠如することにより、全身が引き締まった黒色になります。輸送直後や明るい底床で飼育していると...

(めだか)小川ブラックメダカ(10匹)

charm 楽天市場店

3,080

(めだか)小川ブラックメダカ(10匹)

暗めの環境で飼育することで本種の魅力をさらに引き出すことができるでしょう。お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。小川ブラックメダカ/小川ブラックめだか販売名小川ブラックメダカ/小川ブラックめだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細黒メダカよりも黒い、まさにブラックと言う名にふさわしい体色をした品種です。 黒メダカはどちらかと言えば茶色に近い色でしたが、本品種はどの角度から見ても綺麗な黒色をしています。 輸送直後や明るい底床で飼育していると、保護色機能が働き...

(めだか)黄桜メダカ(1ペア)

charm 楽天市場店

1,590

(めだか)黄桜メダカ(1ペア)

お送りする個体は体長2〜3cm程度個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。【黄桜メダカ】販売名 【黄桜メダカ】学名(※) Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布 改良品種(原種:日本)飼育要件 最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 生餌、人工飼料※飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません。種類詳細 学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細別名「黄幹之」とも呼ばれ、黄色と白の配色が美しい品種です。飼育のポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で、水質の悪化や低温にも耐えうる強靭な強さを持っています。しかし、急激な水質や水温の変化にはもろい部分もあり、早い水流は好みません。また、スレにも弱いので網ですくう際などは注意が必要です。安定した水質を得ることができ、産卵床としても使用できるマツモ等の水草やホテイアオイ等の浮草...

(めだか)琥珀ラメメダカ(3匹)

charm 楽天市場店

1,490

(めだか)琥珀ラメメダカ(3匹)

琥珀色の体色に、様々な色のラメが輝く品種です。ラメの入り具合やラメの色には個体差が見られます。お送りする個体は体長2〜3cm程度です。当店では厳密にグレード分けを行っておりません。予めご了承の上お買い求め下さい。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。琥珀ラメメダカ販売名琥珀ラメメダカ学名(※)Oryzias latipes var.Oryzias sakaizumii var.(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布 改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 →約3〜4cm温度 →5〜28度水質 →弱酸性〜弱アルカリ性餌 →生餌、人工飼料※飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません。種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。また、それまで1種とされていましたが、2011年に「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」の2種に分けられました。改良メダカはミナミメダカがベースになっていると言われています。飼育のポイント病気にさえならなければ、水質の悪化や低温にも強く非常に丈夫です。しかし、急激な水質や水温の変化にはもろい部分もあり、強い水流は好みません。また、スレにも弱いので網ですくう際などは注意が必要です。混泳の注意点熱帯魚や日本産淡水魚のどちらもサイズが同程度で、性格が温和な種類であれば問題なく混泳できます...

(めだか)ブロンズメダカ(3匹)

charm 楽天市場店

2,340

(めだか)ブロンズメダカ(3匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。ブロンズメダカ販売名 ブロンズメダカ学名(※) Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布 改良品種(原種:日本)飼育要件 最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 生餌、人工飼料※飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません。種類詳細 学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細体色や各ヒレまでもがブロンズ色に染まる品種です。 体外光とヒレ光の形質も併せ持つことで程よく輝き、横見でも上見でも楽しむことができます。 美しいブロンズ色になる個体同士で繁殖させても、様々な体色の個体が産まれてくることがあるようです。飼育のポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で、水質の悪化や低温にも耐えうる強靭な強さを持っています。しかし...

(めだか)スーパー鏤メダカ(1ペア)

charm 楽天市場店

2,340

(めだか)スーパー鏤メダカ(1ペア)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。スーパー鏤メダカ販売名 スーパー鏤メダカ学名(※) Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布 改良品種(原種:日本)飼育要件 最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 生餌、人工飼料※飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません。種類詳細 学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。飼育のポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で、水質の悪化や低温にも耐えうる強靭な強さを持っています。しかし、急激な水質や水温の変化にはもろい部分もあり、早い水流は好みません。また、スレにも弱いので網ですくう際などは注意が必要です。安定した水質を得ることができ、産卵床としても使用できるマツモ等の水草やホテイアオイ等の浮草を利用するといいでしょう。また...

(めだか)清流きりゅうメダカ(5匹)

charm 楽天市場店

5,830

(めだか)清流きりゅうメダカ(5匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。清流きりゅうメダカ販売名 清流きりゅうメダカ学名(※) Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布 改良品種(原種:日本)飼育要件 最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 生餌、人工飼料※飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません。種類詳細 学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細幹之の透明鱗から作出された品種で、体内に黒い表現を持っております。飼育の際は黒色の容器に入れるとより鮮やかに色が出るでしょう。飼育のポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で、水質の悪化や低温にも耐えうる強靭な強さを持っています。しかし、急激な水質や水温の変化にはもろい部分もあり、早い水流は好みません。また、スレにも弱いので網ですくう際などは注意が必要です...

(めだか)深海メダカ(3匹)

charm 楽天市場店

2,100

(めだか)深海メダカ(3匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。深海メダカ/深海めだか販売名深海メダカ/深海めだか学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細青ベースの体色で、上見で腹膜が青く輝いて見える美しい品種です。 マリンブルーから体外光を除いた品種とされ、体内に深い海を連想させる青色が透けて見える幻想的な色合いが魅力です。 本品種は幹之系統としては珍しく、白容器で飼育することで魅力を最大限引き出すことができます。 体色や腹膜の色には個体差が見られます...

(めだか)黄桜メダカ(10匹)

charm 楽天市場店

3,400

(めだか)黄桜メダカ(10匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。【黄桜メダカ】販売名 【黄桜メダカ】学名(※) Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布 改良品種(原種:日本)飼育要件 最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 生餌、人工飼料※飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません。種類詳細 学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細別名「黄幹之」とも呼ばれ、黄色と白の配色が美しい品種です。飼育のポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で、水質の悪化や低温にも耐えうる強靭な強さを持っています。しかし、急激な水質や水温の変化にはもろい部分もあり、早い水流は好みません。また、スレにも弱いので網ですくう際などは注意が必要です。安定した水質を得ることができ、産卵床としても使用できるマツモ等の水草やホテイアオイ等の浮草...

(めだか)小町メダカ(1匹)

charm 楽天市場店

1,380

(めだか)小町メダカ(1匹)

お送りする個体は体長2〜3cm程度です。個体サイズや模様の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。小町メダカ/非透明鱗紅白販売名小町メダカ/非透明鱗紅白学名(※)Oryzias latipes var.(改良メダカ) Oryzias sakaizumii(キタノメダカ) Oryzias latipes(ミナミメダカ)(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分布改良品種(原種:日本)飼育要件最大体長 → 約3〜4cm 温度 → 5〜28度 水質 → 弱酸性〜弱アルカリ性 餌 → 人工飼料、生餌 混泳 → 可能※…飼育環境は一例です。必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません種類詳細学名のOryziasはイネ属のOryzaiに由来し、原種は日本全国の水田や小川に生息しています。 現在では様々な改良品種が存在し、観賞価値が高いものが多いです。 飼育も容易で、水が凍ってしまわなければ屋外で越冬させることも容易です。 ボウフラを好んで食べるためビオトープで飼育されることも多いです。 また、2013年にそれまで1種と考えられていたメダカには実は2種含まれていたことが正式に発表され、それぞれ「キタノメダカ」と「ミナミメダカ」と名付けられました。 改良メダカはミナミメダカがベースとなっています。品種詳細どの角度から見ても見てもはっきりと紅白であることが確認できる品種です。 紅白と言えば錦鯉のイメージがありますが、こちらの品種はその錦鯉のような配色をメダカに導入したものです。 緑のあるビオトープなどに入れることで紅白がさらに映え、美しい姿を楽しむことができます。飼育ののポイント病気にさえならなければ非常に丈夫で...

人気の魚・水生生物のめだか高い、発売中!プロも愛用の一品です。大切なペットの水槽・餌・掃除用具に魚・水生生物。それぞれのペットに合っためだか高い♪ペットの生活を快適にしましょう。商品説明が記載されてるから安心!

ネットショップから、ペット関連商品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい魚・水生生物が充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:株式会社メタップスワン)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「めだか高い」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

関連カテゴリ