今回のおすすめ人気MONO(モノ)対決は・・・?

レッドウィング(Red Wing)なら、エンジニアブーツ×クラシックワーク?

2010年9月21日
カテゴリー: バッグ・靴・小物 | 投稿者:michael



秋冬に向けてカッコ良いブーツをお探しの方ならレッドウィング(Red Wing)を候補に挙げている人も多いでしょう。レッドウィングは、1905年にアメリカのミネソタ州の街の名前で、ドイツ系移民のチャールズ・ベックマンさんが14人の仲間と一緒に開いた小さな工場から始まりました。アメリカ国内での生産にこだわっており、今ではワークブーツの代表にまでなりました。レッドウィングで最も有名な「アイリッシュセッター」も良いのですが、今回はエンジニアブーツクラシックワークをご紹介します。

鉄道マンや機関士のために作られた、エンジニアブーツ


レッドウィング エンジニアブーツ

作業者のために作られたエンジニアブーツは、作業中に靴紐を引っ掛ける恐れがあるため削除し、代わりにベルトが足の甲からくるぶしあたりについています。ベルトにはバックルがついており、長さを調整することができます。また、つま先を事故から守るために鉄製、またはプラスチック製のカップが内蔵されています。エンジニアブーツとしての機能は完璧!

エンジニアブーツの機能だけではなく、足元のオシャレを決めるにも最適でカッコ良いアイテム。ブーツカットのジーンズにはもちろん、色々なパンツと組み合わせも最高!シルエットがカッコ良く、履けば履くほど革に味わいが出てきます。バイク乗りにも人気のあるエンジニアブーツは、履いていくうちに、どんどん自分の足に馴染んでくるので、安全面も高く、運転しやすいです。

最も定番的なワークブーツ、クラシックワーク


レッドウィング クラシックワーク ワークブーツ

6インチ丈のシンプルなプレーン・トゥのクラシックワーク。レッドウィングの定番と言っても良いでしょう。誰もが一足は持っていたいレッドウィングのクラシックワーク。創業当初からあるモデルで、一枚の腰革で作られたくるぶし部分は、足全体を優しくホールドし、気持ち良い履き心地を実現させています。

キレイなカーブラインの美しさに一目ぼれして購入してしまう方も多いはず。ゆったりとしたラウンド・トゥは、洗練されたオシャレ感を演出してくれます。フラットソールの安定感は、履いた人にしか味わえない履き心地。長く愛用でき、色々なスタイルに合わせやすいブーツですね。

これらの他にも様々なモデルを発売しているレッドウィング。簡単にご紹介します。

履きこむほど自分の足に馴染んで、味わいが出てくるレッドウィングのワークブーツ。あなたの2010年、足元の秋冬オシャレはどっちで決める?

さあ、あなたはどっち派?
投票結果を見る
Loading ... Loading ...

タグ: , , ,

  • はてなブックマークに追加
  • del.icio.usに追加
  • livedoor クリップに追加
  • Google bookmarksに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • CoRichニュースクリップに追加する
  • POOKMARK Airlinesに追加
  • ニフティクリップに追加
  • Buzzurlに追加
  • newsing it!に追加
  • Twit Thisに登録
  • facebookに登録
  • choixに追加
  • みんなのトピックスに追加
  • Windows Live Favoritesに登録

最近のおすすめ人気MONO対決