「スリム米びつ」 の関連商品を含む検索結果 12件

こちらの関連商品はいかがですか?

桐の米びつ5キロ入箱長の桐工芸品Komebitsu rice bin 5kg Hakocho

Amazon

9,180

桐の米びつ5キロ入箱長の桐工芸品Komebitsu rice bin 5kg Hakocho

東京浅草の桐工芸品製造「箱長」で作られた米びつです。お米をおいしく保存するには、桐の米びつがいちばんです。と言うのも理由があり、桐には虫がつかないと昔から言われているからです。実際に桐材には、パウロニン、セサミン等、虫を寄せ付けない成分が多く含まれていることが現在ではわかっています。また米は精米した後から、時間が経つとともに味が落ちていきます。それは、糠に覆われていた米が、精米することで外気に触れることになるので、温度や湿度の影響を大きく受けるからです。密閉度の高い桐の米びつは、温度や湿度を一定に保ちます。まず温度について。昔から着物をしまうのは桐の箪笥と言われてきました。と言うのも、非常に火事の多かった江戸時代、家が燃えて、桐の箪笥も表面は黒こげ、それでも中の着物は無事だったという話があります。これには理由があり、桐は細かな空洞がたくさんあるので、熱伝導が悪いのです。つまり桐の米びつは、中の温度を一定に保つ働きがあるのです。そして湿度。これは木材全般に言えることですが、湿度が高い時は木は湿気を吸収します。逆に湿度が低い時は、木材が含む水分を空気中に放出します。こうやって米びつの中の湿度は一定になります。浅草の老舗が製作した桐の米びつを使って、毎日のご飯をおいしくお召し上がりください。【箱長】明治7年創業以来、箪笥や小物類を製造してきた、浅草の老舗です。桐木目込み細工という、独自の装飾技法で桐工芸品を作り上げています。木目込みとは、鈴や瓢箪、とんぼ、扇などの縁起物の図案を描き、彫刻刀で彫り、そこに和紙を裏打ちした着物地を木目込む技法です。桐材と着物地の調和を大切にした江戸の技です。仕様サイズ:縦30.5×横23×高25(cm)素材:桐重量:1400g

優れもの米びつのスリム米びつ、発売中!上質で素敵なデザインたくさんあります♪お米を美味しく保存する様々な米びつ。オシャレで機能的なスリム米びつが見つかる!毎日の食事を楽しく華やかにしませんか?

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、キッチン雑貨をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい米びつが充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「スリム米びつ」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

関連カテゴリ