「有田焼窯元」 の検索結果 181件

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/正方皿(特大)|有田焼

ディノス

5,400

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/正方皿(特大)|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/長角皿 sumi/墨ルリ|有田焼

全2商品

1,944

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/長角皿 sumi/墨ルリ|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/長角皿 hakuji/白磁|有田焼

ディノス

1,728

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/長角皿 hakuji/白磁|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/正方皿(中)|有田焼

全2商品

3,240

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/正方皿(中)|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/楕円皿(小)hakuji/白磁|有田焼

全2商品

2,160

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/楕円皿(小)hakuji/白磁|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

あす楽
【有田焼 伝平窯】シーラカンス小皿.茶【魚・サカナ】【小皿】【あす楽対応】

有田焼やきものギャラリー つじ信

1,800

あす楽

【有田焼 伝平窯】シーラカンス小皿.茶【魚・サカナ】【小皿】【あす楽対応】

ギフト対応について 製品仕様 窯元 伝平窯 有田焼 サイズ/寸法 115×55×H20mm 素材/材質 磁器 仕様 食洗機 ○ 、電子レンジ ○ 、スタッキング ○ 、直火 × 備考 のし、包装対応いたします。 ******ご注文の前に必ずご確認下さい****** 製造上、下記のような現象が生じる場合がございます。 このような状態は商品の製造工程および品質上のものであり、不良ではございません。 返品・交換の対象となりませんので、予めご了承の上、ご注文下さいませ。 ・器形状のゆがみ ・複数箇所の継ぎ目 ・ブランドマークの濃淡およびズレ、はがれ ・食器表面の極小の凹みや黒点 ・裏底面の高台部分に極小の欠け(削れ) ・色ムラ、釉薬(うわ薬)のかかりのムラ ・小さな突起や傷【有田焼 伝平窯】シーラカンス小皿.茶 関連商品 【有田焼 伝平窯】シーラカンス小皿.水色 【有田焼 伝平窯】シーラカンス小皿.黄 【有田焼 伝平窯】シーラカンス小皿.赤 【有田焼 伝平窯】シーラカンス小皿.墨彩 【有田焼 伝平窯】シーラカンス小皿.藍黒 【有田焼 伝平窯】シーラカンス小皿.黒マット 【有田焼 伝平窯】シーラカンス小皿.白彩 【有田焼 伝平窯】シーラカンス小皿.茶 【有田焼 伝平窯】シーラカンス小皿.銅 同じ窯元の他の商品はこちら→ 伝平窯 同じ用途で他の商品はこちら→ 小皿

DAYS OF KURAWANKA デイズ オブ クラワンカ 波佐見焼 翔芳窯 リーフ (ランチプレート)

Amazon

3,996

DAYS OF KURAWANKA デイズ オブ クラワンカ 波佐見焼 翔芳窯 リーフ (ランチプレート)

DAYS OF KURAWANKA 波佐見焼の窯元20社が同じ型(同形状の食器)を使って、それぞれのデザインを 凝らし、波佐見焼を現代風にアレンジした新シリーズです。 KURAWANKA(くらわんか)とは、「くらわんか碗」のことをさし、波佐見焼の 伝統でもある使いやすい日常使いのスピリットを引き継いでいます。 これまでの和食器では珍しい形ですが、どれも使いやすく(使用頻度が高く)、北欧等の食器 に比べると一回り小さく設計されていて、現代の日本の食卓に沿った器になっています。 このLeaf(リーフ)シリーズは、手描きの器に定評のある翔芳(しょうほう)窯のアイテムで、 一点一点丁寧な仕事がされており、力強く、落ち着きのある仕上がりとなっています。 【波佐見焼(有田焼)】 陶磁器の一大産地である波佐見(長崎)で生産される器です。有田焼としても流通しており、 歴史はその歴史は古く、約400年の歴史があります。 江戸時代以降、日常使いの食器にフォーカスしてきたモノ作りは、伝統に裏打ちされた確かな 技術が息づいています。 また、常に新しい技術やデザインに取り組むことで人気を集めています。 ※素地に鉄子と呼ばれる成分が浮き出た細かな粒があります。

波佐見焼 DAYS OF KURAWANKA デイズ オブ クラワンカ 翔芳窯 オーバルプレート/カレー皿 パスタ皿

Amazon

3,996

波佐見焼 DAYS OF KURAWANKA デイズ オブ クラワンカ 翔芳窯 オーバルプレート/カレー皿 パスタ皿

DAYS OF KURAWANKA 波佐見焼の窯元20社が同じ型(同形状の食器)を使って、それぞれのデザインを 凝らし、波佐見焼を現代風にアレンジした新シリーズです。 KURAWANKA(くらわんか)とは、「くらわんか碗」のことをさし、波佐見焼の 伝統でもある使いやすい日常使いのスピリットを引き継いでいます。 型は、4種類(ランチプレート、オーバルプレート、ボウル、スープカップ)あります。 これまでの和食器では珍しい形ですが、どれも使いやすく(使用頻度が高く)、 また、北欧等の食器に比べると一回り小さく設計されていて、現代の日本の食卓に沿った 器になっています。 オーバルプレートは、カレーやパスタを盛り付けるのに最適です。また、メインの お料理の皿としてもお使い頂けます。 【波佐見焼(有田焼)】 陶磁器の一大産地である波佐見(長崎)で生産される器です。有田焼としても流通しており、 歴史はその歴史は古く、約400年の歴史があります。 江戸時代以降、日常使いの食器にフォーカスしてきたモノ作りは、伝統に裏打ちされた確かな 技術が息づいています。また、常に新しい技術やデザインに取り組むことで人気を集めています。 ※素地に鉄子と呼ばれる成分が浮き出た細かな粒があります。

ギフトにもプレート・皿の有田焼窯元、発売中!上質で素敵なデザインたくさんあります♪食卓を華やかにするプレート・皿。オシャレで機能的な有田焼窯元が見つかる!毎日の食事を楽しく華やかにしませんか?

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、キッチン雑貨をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいプレート・皿が充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「有田焼窯元」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

関連カテゴリ