「有田焼窯元」 の検索結果 246件

有田焼 有名窯元 真右エ門窯 名入れメッセージ 均窯 湯呑 豪華な木箱入り(湯呑大)

記念屋 atelier Ryokuei

7,530

有田焼 有名窯元 真右エ門窯 名入れメッセージ 均窯 湯呑 豪華な木箱入り(湯呑大)

ギフト対応 彫刻内容について 彫刻文字を注文画面備考欄にご入力ください。 彫刻(1)お名前(漢字・ひらがな・カタカナ)5文字以内 彫刻(2)メッセージを選択、またはご入力ください(漢字・ひらがな・カタカナ)7文字以内 フォント(書体) 日本語書体サンプルからお選びください 用途 湯呑茶碗 サイズ 湯呑: φ7.6 × h8.7 素材 陶器 有田焼 真右エ門窯真右ェ門窯とは 有田焼の名窯の一つ「真右エ門窯」 窯入れごとに変化する窯変物(ようへんもの)を得意とする窯元で、辰砂,藍染水滴,天目,金花紋など、一期一会の世界を表現する芸術肌の窯元です。 翡翠のような柔らかいグリーンで、落ち着いた雰囲気です。 毎日手に取りたくなる、和むうつわです。 焼き物は一つずつ仕上がりが違い、世界に一つ【唯一無二】のものとなります。 そんな【唯一無二】の有田焼湯呑に想いを込めたメッセージを彫刻してお贈りしませんか。 お世話になった方や、ご両親、祖父母への贈り物に最適です。 父の日、母の日、敬老の日、退職祝い、特別な記念日に。 豪華な有田焼湯呑をプレゼントされてみてはいかがでしょうか。

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/丼 呉須錆線紋|有田焼

ディノス

3,024

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/丼 呉須錆線紋|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/丼 独楽筋|有田焼

ディノス

3,024

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/丼 独楽筋|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/なぶり多用鉢 hakuji/白磁|有田焼

ディノス

2,160

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/なぶり多用鉢 hakuji/白磁|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/多用鉢 sabi/錆|有田焼

ディノス

2,592

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/多用鉢 sabi/錆|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/丼 sabi/錆|有田焼

ディノス

3,024

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/丼 sabi/錆|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/片口(大)hakuji/白磁|有田焼

ディノス

5,940

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/片口(大)hakuji/白磁|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/片口(中)hakuji/白磁|有田焼

ディノス

3,024

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/片口(中)hakuji/白磁|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/蓋物(大)sabi/錆十草|有田焼

ディノス

3,888

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/蓋物(大)sabi/錆十草|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

有田焼 麟 Lin プラチナ 片口

THE COVER NIPPON

6,480

有田焼 麟 Lin プラチナ 片口

ギフトラッピングについて 【楽ギフ_包装】 【楽ギフ_のし】 【楽ギフ_のし宛書】麟Lin 名前の由来は金属的な音の響きと、明治から昭和にかけて活躍し金照堂の礎を築いた有田焼の赤絵師「金子麟造氏」から一文字を取り、先祖「鱗造氏」へのオマージュを込めたブランド。 磁器に黒の釉薬をかけ表面を加工、雰囲気を出し、更に特殊な上絵具を薄く塗り焼成する事によって、このようなモダンで妖艶な質感と色彩を表現しています。見る角度により色味が変わり、メタリック感あるパールの光が美しい色を発色し、非日常の空間と癒しをもたらせます。 器の外側にプラチナ彩を纏い、内側に上絵を施したクールな片口。 お酒を入れるとまた内側の雰囲気が変わります。 お酒のみならず花器としてお使いになっても絵になります。 Green Purple Blue 金照堂 2016年の創業400年を期に有田焼は世界へ飛躍しようと新しい挑戦を始めています。 複数の窯元の力を借りて数年の試行錯誤を繰り返し、オリジナル磁器の「麟Lin」を発表しました。 麟のみならずいくつもの金照堂オリジナル商品も手掛けています。 商品のお手入れ、詳細情報 サイズ H60×W140×D93(mm) 重さ 160g 容量 200cc カラー Green、Purple、Blue 生産地 佐賀県 生産メーカー 金照堂 原材料 磁器、プラチナ 外箱の有無 箱有 素材/お手入れ方法 手作業の為、表面の凹凸や色あい、筆の刷毛目跡など一つ一つ異なりますのでご了承下さい。 電子レンジ、オーブンでのご使用はおやめください。 食洗器の長時間使用は表面を傷める事になります。洗浄後の乾燥機は使用不可です。 高台は研磨していますが、テーブルやお盆の上で引きずると傷がつく恐れがございます。 ご使用後はお早目に台所用洗剤で柔らかいスポンジや布で洗...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/なぶり鉢(大)sumi/墨ルリ|有田焼

全2商品

1,944

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/なぶり鉢(大)sumi/墨ルリ|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/片口(中)sumi/墨ルリ|有田焼

ディノス

3,240

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/片口(中)sumi/墨ルリ|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/なぶり鉢(小)hakuji/白磁|有田焼

ディノス

1,728

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/なぶり鉢(小)hakuji/白磁|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

あす楽
至高の焼酎グラス「ありがとう(青)」【有田焼】【ギフト 手土産 楽天 プレゼント ギフト 陶器 あす楽】

焼酎のひご屋

2,808

あす楽

至高の焼酎グラス「ありがとう(青)」【有田焼】【ギフト 手土産 楽天 プレゼント ギフト 陶器 あす楽】

【検索キーワード】【あす楽_土曜営業】【あす楽_日曜営業】匠の蔵 有田焼が届ける、至高の焼酎グラス 佐賀県西松浦郡有田町 匠の蔵「至高の焼酎グラス」 “焼酎をもっと愉しむ器を世に送り出したい" その想いで有田焼の職人たちが集結。 200回以上もの試行錯誤を繰り返し、 酒屋にも蔵元にも太鼓判を押された究極の一品が完成しました。 焼酎を愉しむために最も適した器を完成させたい。 そんな思いで集まったのが有田焼6窯元の職人。 機能性に着眼した、今までにない焼酎専用のグラスを。 そのために様々な形の器で焼酎を飲み比べ、 蔵元をまわってヒアリングを重ね、 ひとつのコンセプトが浮かび上がりました。 「焼酎の旨味を引き出すグラス。」 そのこだわり抜いた独特のフォルムをご紹介します。 そして、ここからが有田焼の真骨頂。 このフォルム(型)が決まったところで、 有田焼の各6窯元の腕の見せ所です。 それぞれが独自の仕様を加え、30種類ものデザインが揃いました。 自分のために選ぶマイグラスから、特別な日の贈答品まで、 幅広くお選びください。 ○焼酎とのギフトセットも可能です。 焼酎とグラスを一緒にご注文になり、ご指示ください。 ○ギフトセットに使用する箱の料金は、ご注文後に計上いたします。 ※お選びになる焼酎の種類・サイズにより使用する箱の料金は変わります。

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/垂れない醤油差し 呉須錆線紋|有田焼

ディノス

2,808

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/垂れない醤油差し 呉須錆線紋|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/なぶり多用鉢 sumi/墨ルリ|有田焼

ディノス

2,376

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/なぶり多用鉢 sumi/墨ルリ|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/盛鉢 sabi/錆(錆千段)|有田焼

ディノス

5,400

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/盛鉢 sabi/錆(錆千段)|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/なぶり鉢(大)hakuji/白磁|有田焼

ディノス

4,104

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/なぶり鉢(大)hakuji/白磁|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ギフトにもポット・茶器・酒器の有田焼窯元、発売中!上質で素敵なデザインたくさんあります♪様々な飲物に合うポット・茶器・酒器。オシャレで機能的な有田焼窯元が見つかる!毎日の食事を楽しく華やかにしませんか?

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、キッチン雑貨をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいポット・茶器・酒器が充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「有田焼窯元」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

関連カテゴリ