「備前焼食器」 の検索結果 748件

備前焼 山天窯 棧切り 酒器揃 S‐69 ギフト プレゼント セット 詰合せ

ヨネダさんちのギフト屋さん

9,350

備前焼 山天窯 棧切り 酒器揃 S‐69 ギフト プレゼント セット 詰合せ

商品説明■商品詳細 ●現品(注器)約9.3φ×7.7cm・(ぐい呑)約4.8φ×5.8cm ●陶器(備前焼) ●注器(容量約330ml)1、ぐい呑(容量約70ml)2 ●箱サイズ:約17.0×17.0×11.0 cm ■土のぬくもり、土と炎が作り出す、自然のままの美しさ 片口酒器と酒呑をセットにした酒器揃です。素朴な中にも趣のある片口酒器と酒呑。お一人でも、ご夫婦でもお楽しみいただけます。 ※こちらの商品は商品サイズの都合上、のし・包装のご指定をお受けできない場合がございます。何卒ご了承ください。 ★手作業品の為、色柄の出方が一点ずつ異なります。 ★メーカー都合により予告なくデザイン・内容が変更する場合がございます。何卒ご了承くださいませ。 ■使用用途内祝 内祝い お祝い返し ウェディング ギフト ブライダル 引き出物 引出物 結婚 出産 命名 入園 入学 卒園 卒業 就職 新築 引越し 快気 開店 二次会 披露宴 お祝い 御祝 結婚式 成人 昇進祝い 新築 上棟 引っ越し 開店 退職 快気 全快 還暦 古稀 喜寿 傘寿 米寿 卒寿 白寿 長寿 金婚 銀婚 ダイヤモンド婚 記念日 セット 詰め合わせ 贈答品 お返し お礼 御礼 ごあいさつ ご挨拶 御挨拶 プレゼント お見舞い 御礼 お餞別 誕生日 父の日 母の日 敬老の日 記念品 定年退職記念品 ゴルフコンペ 景品 賞品 粗品 お香典返し 志 満中陰志 弔事 会葬御礼 法要 法事 忌明け 四十九日 七七日 忌明け 一周忌 三回忌 回忌法要 偲び草 粗供養 初盆 供物 お供え 中元 歳暮 年賀 残暑 年始挨拶 話題 のし メッセージカード ラッピング 手提げ袋 無料 大量注文

備前湯呑

日本橋ギャラリー紫苑

3,300

備前湯呑

サイズ 径 約6.7cm 高さ 約9.5cm 付属品 しおり 原産地 日本製 (岡山県) 商品の特徴 新品(在庫品)全て手作り(手捻り)のため、歪みなどがございます。土物の特性上器面がざらついたり、焼成中、炎などの作用により斑(窯変)になったり、灰(灰被り)が付いたりするものがございますが、不良品ではございません。使い込むうち味わいとなり、愛着が湧くのでございます。 数 量 現品限り ギフト対応 可(包装、のし、二重包装でお届け) 注 意 充分注意して撮影等しておりますが、お使いのモニターによっては色が違って見える場合があります。日本工芸会正会員 黒田儀男 作 備前湯呑 日本の古陶磁の中で、名陶といわれる桃山時代の備前の美しさに深く心をひかれ、祖先の残した伝統に、新しい息吹をあたえようと日夜研究作陶に励んでいるという黒田儀男先生。こだわりの登り窯焼成、備前焼人気作家の備前湯呑です。沖縄で陶芸家として修行後、備前焼窯元山麓窯にて備前焼の陶技を習得。大物も得意とするが、食器なども精力的に作陶する。百貨店等の個展でしか入手困難な先生の備前湯呑をぜひ、この機会にご愛蔵下さい。薄くロクロ成形後作品の周りに墨を入れることにより出来る斑文様をサンギリ(桟切)と呼びます。備前焼らしい作品です。軽く持ちやすく、登り窯焼成、こだわりのお湯呑です。 黒田儀男 1949年 北海道生れ 1981年 備前焼窯元山麓窯に入る 1982年 岡山県展入選(以降3回入選) 1986年 中日国際陶芸展入選 1992年 長船市磯上に築窯する 1993年 第3回陶芸ビエンナーレ入選 第31回朝日陶芸展入選 1994年 第2回焼き締め陶展入選 1995年 第13回日本陶芸展入選 第33回朝日陶芸展入選 第42回日本伝統工芸展入選 1996年...

備前焼作家「中居靖」備前の酒器3点セット(ロング・A)

ぎゃらりー濱田

7,150

備前焼作家「中居靖」備前の酒器3点セット(ロング・A)

当店では、お客様に安心してお買い物をして頂けるよう、掲載しております写真の作品その物をお送りしています。 サイズ 【注器】直径:10.0cm×7.0cm 高さ:13.8cm 【平盃】直径:9.0cm 高さ:4.0cm 内容量 【とっくり】200cc 【ぐいのみ】70cc ご注意 ご利用の環境によっては、色合いが実物と若干異なって見える場合がございます。ご理解お願いいたします。 ・備前焼作家「中居靖」氏の酒器3点セットのご紹介。 ・色は備前焼らしい渋いお色。備前焼特有の模様が注器、平盃それぞれに美しく表れています。 ・注器は、片口型。すらっと背の高いロングタイプ。指の当たるあたりには凹みやラインが引いてあり、持ちやすくなっています。 ・平盃は、味のあるかたち。ひらひらと広がった飲み口は薄く作られてあります。 ・細かい構造で出来上がっている備前焼は、ビールの泡を細かくする作用があるなど、飲み物の味をまろやかにすると定評があります。美味しいお酒が飲めそうです。 ・作品の裏面には制作作家「中居靖」氏の印が入っています。 ●かたち違いはコチラから・・・ 【備前焼】備前焼作家「中居靖」酒器セット ●ギフト包装●をご希望の方は、 有料ギフト包装(200円) を商品と一緒にお買い求め下さい。 ご希望の和紙の色をお選び下さい。 【ギフト対応】 ★木箱+ラッピングをご希望の場合は 木箱2000円を商品と一緒にお買い求め下さい★

備前酒注

日本橋ギャラリー紫苑

9,900

備前酒注

サイズ 幅 約 14.5cm 奥行 約 8.7cm 高さ 約 11.2cm容量 約 280cc 付属品 紙箱、しおり 原産地 日本製 (岡山県) 商品の特徴 新品(在庫品)全て手作り(手捻り)のため、歪みなどがございます。土物の特性上器面がざらついたり、焼成中、炎などの作用により斑(窯変)になったり、灰(灰被り)が付いたりするものがございますが、不良品ではございません。使い込むうち味わいとなり、愛着が湧くのでございます。 数 量 現品限り ギフト対応 可(包装、のし、二重包装でお届け) 注 意 充分注意して撮影等しておりますが、お使いのモニターによっては色が違って見える場合があります。日本工芸会正会員 黒田儀男 作 備前酒注 日本の古陶磁の中で、名陶といわれる桃山時代の備前の美しさに深く心をひかれ、祖先の残した伝統に、新しい息吹をあたえようと日夜研究作陶に励んでいるという黒田儀男先生。こだわりの登り窯焼成、備前焼人気作家の備前酒注です。沖縄で陶芸家として修行後、備前焼窯元山麓窯にて備前焼の陶技を習得。大物も得意とするが、食器なども精力的に作陶する。轆轤で成形後、釉薬などを使わず焼成した作品です。しっかりとした手応えと手頃な大きさで持ちやすく使いやすい。登り窯焼成による灰被り、胡麻窯変が見事です。百貨店等の個展でしか入手困難な先生の備前酒注をぜひ、この機会にご愛蔵下さい。 備前長船 黒田窯 黒田儀男 1949年 北海道生れ 1981年 備前焼窯元山麓窯に入る 1982年 岡山県展入選(以降3回入選) 1986年 中日国際陶芸展入選 1992年 長船市磯上に築窯する 1993年 第3回陶芸ビエンナーレ入選 第31回朝日陶芸展入選 1994年 第2回焼き締め陶展入選 1995年 第13回日本陶芸展入選 ...

磨き備前盃

日本橋ギャラリー紫苑

6,600

磨き備前盃

全て手作り(手捻り)のため、歪みなどがございます。土物の特性上器面がざらついたり、焼成中、炎などの作用により斑(窯変)になったり、灰(灰被り)が付いたりするものがございますが、不良品ではございません。使い込むうち味わいとなり、愛着が湧くのでございます。 サイズ 径 約 9.1cm 高さ 約 3.9cm 箱 紙箱 付 属 しおり 注 意 充分注意して撮影等しておりますが、お使いのモニターによっては色が違って見える場合があります。手づくりのため1点づつ少々文様が違います。ご了承願います。備前の中堅実力派作家岸本昭彦先生の磨き備前湯呑です。原土を2〜3回水簸(すいひ)し、キメの細かい粘土を作ります。ロクロ成形後カンナ等で器面をツルツルに磨き上げます。明治の頃盛んに行われた技法で(当時は、今のような備前は売れず、キレイな物が売れた)、大変手間の掛かる技法です。雑器類においては、今日ではほとんど行われていない非常に数少ないお品です。昔ながらので木盃型で、ワラを置いて重ね焼されており、見込みが青備前になっています。陶古先生ゆずりの素晴らしい桟切の景色も見所です。ぜひ、この機会にご愛蔵下さい。 岸本昭彦 昭和30年 備前市穂浪で出生 昭和48年 初釜出し 昭和48年 第16回 日本工芸会 東中国支部展 初入選 昭和49年 第25回 岡山県美術展 入賞 山陽新聞社賞受賞 昭和49年 第17回 日本伝統工芸 東中国展 入賞・山陽新聞社賞 受賞 昭和50年 第 3回 中日国際陶芸展 入選 昭和50年 第22回 日本伝統工芸展 入選 昭和50年 第26回 岡山県美術展 入選(以降6回) 昭和50年 第18回 日本伝統工芸 東中国展 入選(以降5回) 昭和51年 第27回 岡山美術展 入賞 昭和53年 第 6回 中日国際陶芸展 入選(以降3回)...

送料無料
急須 茶器 備前焼 堀江さつき作 ティポット(さつき-08)

器茶房 彩庵

16,500

急須 茶器 備前焼 堀江さつき作 ティポット(さつき-08)

ポット 85×107 木箱 備前焼 堀江さつき作扁壺15,750円 備前焼 堀江さつき作一輪10,500円 備前焼 堀江さつき作ティポット15,750円 備前焼 堀江さつき作三足花鉢10,500円 備前焼 堀江さつき作鉄鉢形小鉢6,300円 備前焼 堀江さつき作片口小鉢5,250円 備前焼 堀江さつき作長角皿6,825円 備前焼 堀江さつき作フリーカップ4,200円 備前焼 堀江さつき作マグカップ5,250円備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重...

黒田儀男 備前酒注

日本橋ギャラリー紫苑

9,680

黒田儀男 備前酒注

サイズ 幅 約 13.7cm 奥行 約 9.3cm 高さ 約 11.7cm容量 約 300cc 付属品 紙箱、しおり 原産地 日本製 (岡山県) 商品の特徴 新品(在庫品)全て手作り(手捻り)のため、歪みなどがございます。土物の特性上器面がざらついたり、焼成中、炎などの作用により斑(窯変)になったり、灰(灰被り)が付いたりするものがございますが、不良品ではございません。使い込むうち味わいとなり、愛着が湧くのでございます。 数 量 現品限り ギフト対応 可(包装、のし、二重包装でお届け) 注 意 充分注意して撮影等しておりますが、お使いのモニターによっては色が違って見える場合があります。日本工芸会正会員 黒田儀男 作 備前酒注 日本の古陶磁の中で、名陶といわれる桃山時代の備前の美しさに深く心をひかれ、祖先の残した伝統に、新しい息吹をあたえようと日夜研究作陶に励んでいるという黒田儀男先生。こだわりの登り窯焼成、備前焼人気作家の備前酒注です。沖縄で陶芸家として修行後、備前焼窯元山麓窯にて備前焼の陶技を習得。大物も得意とするが、食器なども精力的に作陶する。轆轤で成形後、釉薬などを使わず焼成した作品です。しっかりとした手応えと手頃な大きさで持ちやすく使いやすい。登り窯焼成による灰被り、桟切窯変が見事です。百貨店等の個展でしか入手困難な先生の備前酒注をぜひ、この機会にご愛蔵下さい。 備前長船 黒田窯 黒田儀男 1949年 北海道生れ 1981年 備前焼窯元山麓窯に入る 1982年 岡山県展入選(以降3回入選) 1986年 中日国際陶芸展入選 1992年 長船市磯上に築窯する 1993年 第3回陶芸ビエンナーレ入選 第31回朝日陶芸展入選 1994年 第2回焼き締め陶展入選 1995年 第13回日本陶芸展入選 ...

黒田儀男 備前酒注

日本橋ギャラリー紫苑

9,680

黒田儀男 備前酒注

サイズ 幅 約 14.5cm 奥行 約 8.7cm 高さ 約 11.5cm容量 約 320cc 付属品 紙箱、しおり 原産地 日本製 (岡山県) 商品の特徴 新品(在庫品)全て手作り(手捻り)のため、歪みなどがございます。土物の特性上器面がざらついたり、焼成中、炎などの作用により斑(窯変)になったり、灰(灰被り)が付いたりするものがございますが、不良品ではございません。使い込むうち味わいとなり、愛着が湧くのでございます。 数 量 現品限り ギフト対応 可(包装、のし、二重包装でお届け) 注 意 充分注意して撮影等しておりますが、お使いのモニターによっては色が違って見える場合があります。日本工芸会正会員 黒田儀男 作 備前酒注 日本の古陶磁の中で、名陶といわれる桃山時代の備前の美しさに深く心をひかれ、祖先の残した伝統に、新しい息吹をあたえようと日夜研究作陶に励んでいるという黒田儀男先生。こだわりの登り窯焼成、備前焼人気作家の備前酒注です。沖縄で陶芸家として修行後、備前焼窯元山麓窯にて備前焼の陶技を習得。大物も得意とするが、食器なども精力的に作陶する。轆轤で成形後、釉薬などを使わず焼成した作品です。しっかりとした手応えと手頃な大きさで持ちやすく使いやすい。登り窯焼成による灰被り、桟切窯変が見事です。百貨店等の個展でしか入手困難な先生の備前酒注をぜひ、この機会にご愛蔵下さい。 備前長船 黒田窯 黒田儀男 1949年 北海道生れ 1981年 備前焼窯元山麓窯に入る 1982年 岡山県展入選(以降3回入選) 1986年 中日国際陶芸展入選 1992年 長船市磯上に築窯する 1993年 第3回陶芸ビエンナーレ入選 第31回朝日陶芸展入選 1994年 第2回焼き締め陶展入選 1995年 第13回日本陶芸展入選 ...

送料無料
備前手捻印文ぐい呑

日本橋ギャラリー紫苑

11,000

備前手捻印文ぐい呑

サイズ 径 約 6.3cm 高さ 約 5.9cm 付属品 紐付桐共箱、共裂、しおり 原産地 日本製 (岡山県) 商品の特徴 新品(在庫品)全て手作り(手捻り)のため、歪みなどがございます。土物の特性上器面がざらついたり、焼成中、炎などの作用により斑(窯変)になったり、灰(灰被り)が付いたりするものがございますが、不良品ではございません。使い込むうち味わいとなり、愛着が湧くのでございます。 数 量 現品限り ギフト対応 可(包装、のし、二重包装でお届け) 注 意 充分注意して撮影等しておりますが、お使いのモニターによっては色が違って見える場合があります。日本工芸会正会員 黒田儀男 備前手捻印文ぐい呑 日本の古陶磁の中で、名陶といわれる桃山時代の備前の美しさに深く心をひかれ、祖先の残した伝統に、新しい息吹をあたえようと日夜研究作陶に励んでいるという黒田儀男先生。こだわりの登り窯焼成、備前焼人気作家の備前手捻印文ぐい呑です。沖縄で陶芸家として修行後、備前焼窯元山麓窯にて備前焼の陶技を習得。大物も得意とするが、食器なども精力的に作陶する。百貨店等の個展でしか入手困難な先生の備前手捻印文ぐい呑をぜひ、この機会にご愛蔵下さい。 長船の陶土を手捻りと削り出しで成形後、印文を入れて登り窯で焼成しています。土、成形、焼成、重厚な造り、こだわりのぐい呑です。 黒田儀男 1949年 北海道生れ 1981年 備前焼窯元山麓窯に入る 1982年 岡山県展入選(以降3回入選) 1986年 中日国際陶芸展入選 1992年 長船市磯上に築窯する 1993年 第3回陶芸ビエンナーレ入選 第31回朝日陶芸展入選 1994年 第2回焼き締め陶展入選 1995年 第13回日本陶芸展入選 第33回朝日陶芸展入選 第42回日本伝統工芸展入選...

送料無料
備前徳利(四方)

日本橋ギャラリー紫苑

26,400

備前徳利(四方)

サイズ 径 約9cm 高さ 約14.3cm容量 約350cc 付属品 真田紐付桐共箱、共裂、しおり 原産地 日本製 (岡山県) 商品の特徴 新品(在庫品)全て手作り(手捻り)のため、歪みなどがございます。土物の特性上器面がざらついたり、焼成中、炎などの作用により斑(窯変)になったり、灰(灰被り)が付いたりするものがございますが、不良品ではございません。使い込むうち味わいとなり、愛着が湧くのでございます。 数 量 現品限り ギフト対応 可(包装、のし、二重包装でお届け) 注 意 充分注意して撮影等しておりますが、お使いのモニターによっては色が違って見える場合があります。日本工芸会正会員 黒田儀男 作 備前徳利(四方) 日本の古陶磁の中で、名陶といわれる桃山時代の備前の美しさに深く心をひかれ、祖先の残した伝統に、新しい息吹をあたえようと日夜研究作陶に励んでいるという黒田儀男先生。こだわりの登り窯焼成、備前焼人気作家の備前徳利(四方)です。沖縄で陶芸家として修行後、備前焼窯元山麓窯にて備前焼の陶技を習得。大物も得意とするが、食器なども精力的に作陶する。百貨店等の個展でしか入手困難な先生の備前徳利(四方)をぜひ、この機会にご愛蔵下さい。登り窯焼成、ロクロで成形後面取りした大変手間の掛る作品です。 黒田儀男 1949年 北海道生れ 1981年 備前焼窯元山麓窯に入る 1982年 岡山県展入選(以降3回入選) 1986年 中日国際陶芸展入選 1992年 長船市磯上に築窯する 1993年 第3回陶芸ビエンナーレ入選 第31回朝日陶芸展入選 1994年 第2回焼き締め陶展入選 1995年 第13回日本陶芸展入選 第33回朝日陶芸展入選 第42回日本伝統工芸展入選 1996年 第43回日本伝統工芸展入選 1997年...

送料無料
酒器 とっくり 備前焼 柴岡守作 窯変徳利(守-01)

器茶房 彩庵

38,500

酒器 とっくり 備前焼 柴岡守作 窯変徳利(守-01)

徳利 85×113 桐箱 備前焼 柴岡守作 窯変徳利36,750円 備前焼 柴岡守作 窯変酒呑12,600円 備前焼 柴岡守作 酒注15,750円 備前焼 柴岡守作 ビアマグ2客15,750円 備前焼 柴岡守作 横手急須(大)22,050円 > 備前焼 柴岡守作 壷(小)52,500円 備前焼 柴岡守作 壷(中)73,500円 備前焼 柴岡守作 壷(大)105,000円柴岡 守 プロファイル 1951年、備前市伊部生まれ。柴岡一海の次男。 1973年に独立し同年県展に初入選。 伝統工芸展入賞、備前焼、日本工芸会正会員。 壺、花器、酒器、茶器、食器などを手がける。成形はろくろとたたらづくりで、登窯と穴窯を使い分け、焼きに心を配る。 備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようにな...

送料無料
酒器 焼酎サーバー 備前焼 デキャンタ(桟切)

器茶房 彩庵

19,800

酒器 焼酎サーバー 備前焼 デキャンタ(桟切)

デキャンタ 105×240 木箱 120×255×125備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

備前焼作家「中村朝男」酒器2点セット

ぎゃらりー濱田

12,100

備前焼作家「中村朝男」酒器2点セット

当店では、お客様に安心してお買い物をして頂けるよう、備前焼は全て一点もの扱いをしております。掲載しております写真の作品、その物をお送りしています サイズ 【とっくり】直径:9.0cm 高さ:13.0cm 【ぐいのみ】直径:6.0cm 高さ:5.0cm 内容量 【とっくり】300cc 【ぐいのみ】65cc ご注意 ご利用の環境によっては、色合いが実物と若干異なって見える場合がございます。ご理解お願いいたします。 ・備前焼作家「中村朝男」の酒器2点セットのご紹介。 ・色は備前焼らしい渋いお色。正面には円形の綺麗な模様が表れています。対して反対側は灰をかぶりブツブツとした質感です。味わい深い作品に仕上がっています。 ・徳利は三方がへこませてあるデザイン。持ちやすくなっています。 ・細かい構造で出来上がっている備前焼は、ビールの泡を細かくする作用があるなど、飲み物の味をまろやかにすると定評があります。美味しいお酒が飲めそうです。 ・徳利、ぐい呑みそれぞれの底には制作作家「中村朝男」氏の印が入っています。 ●ギフト包装●をご希望の方は、 有料ギフト包装(200円) を商品と一緒にお買い求め下さい。 ご希望の和紙の色をお選び下さい。 【ギフト対応】

送料無料
備前徳利(桟切9)

日本橋ギャラリー紫苑

11,000

備前徳利(桟切9)

サイズ 径 約 8.6cm 高さ 約 14.5cm容量 約 380cc 付属品 紐付桐共箱、しおり 原産地 日本製 (岡山県) 商品の特徴 新品(在庫品)全て手作り(手捻り)のため、歪みなどがございます。土物の特性上器面がざらついたり、焼成中、炎などの作用により斑(窯変)になったり、灰(灰被り)が付いたりするものがございますが、不良品ではございません。使い込むうち味わいとなり、愛着が湧くのでございます。 数 量 現品限り ギフト対応 可(包装、のし、二重包装でお届け) 注 意 充分注意して撮影等しておりますが、お使いのモニターによっては色が違って見える場合があります。日本工芸会正会員 黒田儀男 備前徳利(桟切) 日本の古陶磁の中で、名陶といわれる桃山時代の備前の美しさに深く心をひかれ、祖先の残した伝統に、新しい息吹をあたえようと日夜研究作陶に励んでいるという黒田儀男先生。こだわりの登り窯焼成、備前焼人気作家の備前桟切焼徳利です。沖縄で陶芸家として修行後、備前焼窯元山麓窯にて備前焼の陶技を習得。大物も得意とするが、食器なども精力的に作陶する。百貨店等の個展でしか入手困難な先生の備前徳利(桟切)をぜひ、この機会にご愛蔵下さい。ロクロで成形後、登り窯による見事な炭桟切焼成、いかにも備前焼らしい人気の作品です。 黒田儀男 1949年 北海道生れ 1981年 備前焼窯元山麓窯に入る 1982年 岡山県展入選(以降3回入選) 1986年 中日国際陶芸展入選 1992年 長船市磯上に築窯する 1993年 第3回陶芸ビエンナーレ入選 第31回朝日陶芸展入選 1994年 第2回焼き締め陶展入選 1995年 第13回日本陶芸展入選 第33回朝日陶芸展入選 第42回日本伝統工芸展入選 1996年...

送料無料
備前窯変ぐい呑(小)

日本橋ギャラリー紫苑

4,180

備前窯変ぐい呑(小)

サイズ 径 約 5.5cm 高さ 約 5.4cm 付属品 しおり 原産地 日本製 (岡山県) 商品の特徴 新品(在庫品)全て手作り(手捻り)のため、歪みなどがございます。土物の特性上器面がざらついたり、焼成中、炎などの作用により斑(窯変)になったり、灰(灰被り)が付いたりするものがございますが、不良品ではございません。使い込むうち味わいとなり、愛着が湧くのでございます。 数 量 現品限り ギフト対応 可(包装、のし、二重包装でお届け) 注 意 充分注意して撮影等しておりますが、お使いのモニターによっては色が違って見える場合があります。日本工芸会正会員 黒田儀男 備前窯変ぐい呑 日本の古陶磁の中で、名陶といわれる桃山時代の備前の美しさに深く心をひかれ、祖先の残した伝統に、新しい息吹をあたえようと日夜研究作陶に励んでいるという黒田儀男先生。こだわりの登り窯焼成、備前焼人気作家の備前窯変ぐい呑です。沖縄で陶芸家として修行後、備前焼窯元山麓窯にて備前焼の陶技を習得。大物も得意とするが、食器なども精力的に作陶する。百貨店等の個展でしか入手困難な先生の備前窯変ぐい呑をぜひ、この機会にご愛蔵下さい。 長船の陶土をロクロで成形後、登り窯で焼成しています。土、成形、焼成、見事な灰被り窯変、こだわりのぐい呑です。 黒田儀男 1949年 北海道生れ 1981年 備前焼窯元山麓窯に入る 1982年 岡山県展入選(以降3回入選) 1986年 中日国際陶芸展入選 1992年 長船市磯上に築窯する 1993年 第3回陶芸ビエンナーレ入選 第31回朝日陶芸展入選 1994年 第2回焼き締め陶展入選 1995年 第13回日本陶芸展入選 第33回朝日陶芸展入選 第42回日本伝統工芸展入選 1996年 第43回日本伝統工芸展入選...

ギフトにもポット・茶器・酒器の備前焼食器、発売中!上質で素敵なデザインたくさんあります♪様々な飲物に合うポット・茶器・酒器。オシャレで機能的な備前焼食器が見つかる!毎日の食事を楽しく華やかにしませんか?

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、キッチン雑貨をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいポット・茶器・酒器が充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:株式会社メタップスワン)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「備前焼食器」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

関連カテゴリ