「有田焼窯元」 の検索結果 816件

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/飯碗 sabi/錆|有田焼

ディノス

1,944

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/飯碗 sabi/錆|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/飯碗/茶碗 呉須錆線紋|有田焼

ディノス

1,944

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/飯碗/茶碗 呉須錆線紋|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA JIKI dripper有田焼 利久窯 ドリッパー

KONCENT (デザインshop)

2,592

ARITA JIKI dripper有田焼 利久窯 ドリッパー

■商品説明/ 結晶釉を使うことで、ひとつひとつ表情が違う、深みのある質感をうみ出しました。 ARITA JIKI マグ・ティーマグは無駄のないシンプルな形で、美しくスタッキングすることができます。握りやすいように角度や位置など細部まで設計された把手が特徴です。なめらかでいて艶のない上品な質感の単色と、伝統ある窯元の高い技術による絵付けの数々。ARITA JIKIが有田焼のある生活をより身近にします。 ■製品サイズ/ 約直径108×高さ73 mm ■材質/ 磁器 ■原産国/ 日本 ■窯/ 利久窯 (りきゅうがま 業務用食器の製作で培った高い技術で様々な器を制作している。伝統に捉われない姿勢と卓越した技法を駆使し、他では見られないような色鮮やかで現代的な表現も積極的に取り入れている。o ■ブランド/ ARITA JIKIARITA JIKI 利久窯 dripper 有田磁器 ドリッパー ほっと一息つくいつもの時間に さりげない贅沢を。 なめらかでいて艶のない上品な質感の単色で作られたコーヒードリッパー。結晶釉を使うことで、ひとつひとつ表情が違う、深みのある質感をうみ出しました。 こちらのコーヒードリッパーには、覗き穴が付いているので、中身の量を確認しながら、ドリップする事が可能です。 カラーは5色。マグと同色で合わせるのはもちろん、違ったカラーで自分好みの組み合わせを見つけられるのもポイントです。 利久窯 (りきゅうがま) 業務用食器の製作で培った高い技術で様々な器を制作している。伝統に捉われない姿勢と卓越した技法を駆使し、他では見られないような色鮮やかで現代的な表現も積極的に取り入れている。 for relaxing break time.ほっと一息つくいつもの時間に さりげない贅沢を。 ドリッパー以外にも同じ利久窯のシリーズで...

ARITA JIKI juicer有田焼 利久窯 ジューサー

KONCENT (デザインshop)

1,728

ARITA JIKI juicer有田焼 利久窯 ジューサー

■商品説明/ 結晶釉を使うことで、ひとつひとつ表情が違う、深みのある質感をうみ出しました。 ARITA JIKI マグ・ティーマグは無駄のないシンプルな形で、美しくスタッキングすることができます。握りやすいように角度や位置など細部まで設計された把手が特徴です。なめらかでいて艶のない上品な質感の単色と、伝統ある窯元の高い技術による絵付けの数々。ARITA JIKIが有田焼のある生活をより身近にします。 ■製品サイズ/ 約直径108×高さ73 mm ■材質/ 磁器 ■原産国/ 日本 ■窯/ 利久窯 (りきゅうがま 業務用食器の製作で培った高い技術で様々な器を制作している。伝統に捉われない姿勢と卓越した技法を駆使し、他では見られないような色鮮やかで現代的な表現も積極的に取り入れている。o ■ブランド/ ARITA JIKIARITA JIKI 利久窯 juicer 有田磁器 ジューサー ほっと一息つくいつもの時間に さりげない贅沢を。 なめらかでいて艶のない上品な質感の単色で作られたジューサー。結晶釉を使うことで、ひとつひとつ表情が違う、深みのある質感をうみ出しました。 有田焼の高い成形技術によるシャープなエッジは目詰まりしにくく、しぼりやすい形状です。 利久窯 (りきゅうがま) 業務用食器の製作で培った高い技術で様々な器を制作。伝統に捉われない姿勢と卓越した技法を駆使し、他では見られないような色鮮やかで現代的な表現も積極的に取り入れている窯元。 for relaxing break time. ほっと一息つくいつもの時間にさりげない贅沢を。 ジューサー以外にも同じ利久窯のシリーズで、マグカップ、マグのフタとしても使えるミニプレート、覗き穴が付いているドリッパーなどもご用意。組み合わせてお使い頂くことができます。あなたの一息つく瞬間を...

有田焼 プラチナムバット 飯碗(中)

有田焼や心器

1,890

有田焼 プラチナムバット 飯碗(中)

産地:有田焼 窯元:金善窯 サイズ:径11×高さ7cm 電子レンジ:使用可 食洗機:使用環境によっては、プラチナ部分がはげる可能性がございます。食器用洗剤を使用し、やわらかいスポンジ等で、洗うことをおすすめいたします。 ※商品によって、色、絵柄が多少異なります。※絵柄に染付ならではの、絵具のにじみが見られます。 お得で、プレゼントにも好適な飯碗・コップセットはこちら[プラチナムバット 飯碗(中)] 怪奇的なイメージもありますが、蝙蝠(こうもり)は、その漢字から、福を呼び込む、幸福の象徴とされています。また、多産であることから子孫繁栄のシンボルともされていますし、風水でも縁起が良いとされているようです。 有田の染付技術で描かれた「こうもり」は、クールさのなかにも優雅さがあり、飽きの来ない味わい深さがあります。 また、アクセントのプラチナがスタイリッシュです。 [商品情報] 産地: 有田 窯元: 金善窯 サイズ:径11×高さ7cm 電子レンジ:使用可 食洗機:使用環境によっては、長期間使用すると、プラチナ部分がはげる可能性がございます。食器用洗剤を使用し、やわらかいスポンジ等で、洗うことをおすすめいたします。 【窯元紹介 金善窯】 手書きの染付、色鮮やかな釉薬物、渋い土物など、幅広い技術で、現代にマッチした器を制作させれている窯元さんです。業務用食器、割烹食器も多く制作させており、主に料亭などで使用されています。 

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/フリーカップ 独楽筋|有田焼

ディノス

2,160

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/フリーカップ 独楽筋|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/丼 独楽筋|有田焼

ディノス

3,024

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/丼 独楽筋|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/丼 呉須錆線紋|有田焼

ディノス

3,024

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/丼 呉須錆線紋|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/なぶり多用鉢 hakuji/白磁|有田焼

ディノス

2,160

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/なぶり多用鉢 hakuji/白磁|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/正方皿(特大)|有田焼

ディノス

5,400

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/正方皿(特大)|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/丼 sabi/錆|有田焼

ディノス

3,024

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/丼 sabi/錆|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/正方皿(大)|有田焼

全2商品

3,240

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/正方皿(大)|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/多用鉢 sabi/錆|有田焼

ディノス

2,592

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/多用鉢 sabi/錆|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/長角皿 hakuji/白磁|有田焼

ディノス

1,728

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/長角皿 hakuji/白磁|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/なぶり鉢(大)hakuji/白磁|有田焼

ディノス

4,104

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/なぶり鉢(大)hakuji/白磁|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/蓋物(大)sabi/錆十草|有田焼

ディノス

3,888

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/蓋物(大)sabi/錆十草|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/泡立ちロックカップ(ロックグラス)sabi/錆|有田焼

ディノス

1,944

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/泡立ちロックカップ(ロックグラス)sabi/錆|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/片口(中)hakuji/白磁|有田焼

ディノス

3,024

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/片口(中)hakuji/白磁|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/片口(大)hakuji/白磁|有田焼

ディノス

5,940

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/片口(大)hakuji/白磁|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/なぶり鉢(大)sumi/墨ルリ|有田焼

全2商品

1,944

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/なぶり鉢(大)sumi/墨ルリ|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/泡立ちフリーカップ(タンブラー)sabi/錆|有田焼

ディノス

2,160

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/泡立ちフリーカップ(タンブラー)sabi/錆|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/垂れない醤油差し 独楽筋(朱/赤)|有田焼

全2商品

2,052

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/垂れない醤油差し 独楽筋(朱/赤)|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/楕円皿(中)hakuji/白磁|有田焼

全2商品

2,160

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/楕円皿(中)hakuji/白磁|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/片口(中)sumi/墨ルリ|有田焼

ディノス

3,240

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/片口(中)sumi/墨ルリ|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/盛鉢 sabi/錆(錆千段)|有田焼

ディノス

5,400

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/盛鉢 sabi/錆(錆千段)|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/なぶり多用鉢 sumi/墨ルリ|有田焼

全2商品

1,944

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/なぶり多用鉢 sumi/墨ルリ|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

お洒落な食器・グラスの有田焼窯元、発売中!上質で素敵なデザインたくさんあります♪食卓を華やかにする上質な食器・グラス。オシャレで機能的な有田焼窯元が見つかる!毎日の食事を楽しく華やかにしませんか?

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、キッチン雑貨をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい食器・グラスが充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「有田焼窯元」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

関連カテゴリ