「玉鋼」 の検索結果 152件

藤次郎/Tojiro 出刃包丁 180mm F-903

全2商品

8,399

藤次郎/Tojiro 出刃包丁 180mm F-903

藤次郎/Tojiro 出刃包丁 180mm F-903 日本の伝統を受け継ぐ正統の和包丁世界に誇る日本の刃物技術。はるか昔からハガネを鍛練し切れ味を追求する姿勢は、材料の選別にも活かされ、「玉鋼」という世界でも類を見ない高純度のハガネを生み出しました。この切れ味の追求から生まれた「玉鋼」は現代の刃物に適したヤスキハガネとして日本の刃物文化を支える重要な材料として珍重されています。このヤスキハガネの代名詞ともいえる白紙鋼を丹念に軟鉄と鍛造した合わせ包丁は、切れ味と品質そして価格の面から見ても非常に優れた和包丁といえます。日本刀は現在では「刀匠」といわれる国から認定を受けた職人しか製造ができず、また、材料なども昔ながらのものしか使用できない制約があることから、「現代の技術の粋を集めた日本の包丁こそが世界で最も切れる刃物である」といわしめるほどです。藤次郎では伝統の継承と現代技術の融合を和包丁の分野でも進めており、白紙鋼を用いた包丁が最も切れるための焼き入れ温度や刃角などを研究し尽くし、いまだに手作業で作業する中でも一つの答えとして自信を持ってお勧めする和包丁シリーズです。心のこまやかさが現れた多様なラインナップ日本料理では材料ごとに様々な調理法が用いられます。日本料理の奥ゆかしさや繊細さは調理をする人の食材に対する感謝の心によって受け継がれてきたといえます。この日本料理の奥ゆかしさを支えるのは様々な包丁であり、調理や食材に合わせて専用の包丁が多種存在します。藤次郎ではこの白紙鋼鍛造シリーズのラインナップにおいても、この伝統を正しく継承し、妥協のないラインナップを揃えております。地域性によって違う形状も取り揃え、和包丁の基本としての切れ味や使い心地の追求だけでなく、日本料理の職人の皆さんの心のこまやかさを支えるお手伝いもしてまいります...

藤次郎/Tojiro 柳刃包丁 210mm F-930 1丁

全6商品

4,900

藤次郎/Tojiro 柳刃包丁 210mm F-930 1丁

藤次郎/Tojiro 柳刃包丁 210mm F-930 1丁日本の伝統を受け継ぐ正統の和包丁世界に誇る日本の刃物技術。はるか昔からハガネを鍛練し切れ味を追求する姿勢は、材料の選別にも活かされ、「玉鋼」という世界でも類を見ない高純度のハガネを生み出しました。この切れ味の追求から生まれた「玉鋼」は現代の刃物に適したヤスキハガネとして日本の刃物文化を支える重要な材料として珍重されています。このヤスキハガネの代名詞ともいえる白紙鋼を丹念に軟鉄と鍛造した合わせ包丁は、切れ味と品質そして価格の面から見ても非常に優れた和包丁といえます。日本刀は現在では「刀匠」といわれる国から認定を受けた職人しか製造ができず、また、材料なども昔ながらのものしか使用できない制約があることから、「現代の技術の粋を集めた日本の包丁こそが世界で最も切れる刃物である」といわしめるほどです。藤次郎では伝統の継承と現代技術の融合を和包丁の分野でも進めており、白紙鋼を用いた包丁が最も切れるための焼き入れ温度や刃角などを研究し尽くし、いまだに手作業で作業する中でも一つの答えとして自信を持ってお勧めする和包丁シリーズです。心のこまやかさが現れた多様なラインナップ日本料理では材料ごとに様々な調理法が用いられます。日本料理の奥ゆかしさや繊細さは調理をする人の食材に対する感謝の心によって受け継がれてきたといえます。この日本料理の奥ゆかしさを支えるのは様々な包丁であり、調理や食材に合わせて専用の包丁が多種存在します。藤次郎ではこの白紙鋼鍛造シリーズのラインナップにおいても、この伝統を正しく継承し、妥協のないラインナップを揃えております。地域性によって違う形状も取り揃え、和包丁の基本としての切れ味や使い心地の追求だけでなく、日本料理の職人の皆さんの心のこまやかさを支えるお手伝いもしてまいります...

藤次郎/Tojiro 角型薄刃包丁 180mm F-919

全6商品

7,009

藤次郎/Tojiro 角型薄刃包丁 180mm F-919

藤次郎/Tojiro 角型薄刃包丁 180mm F-919 日本の伝統を受け継ぐ正統の和包丁世界に誇る日本の刃物技術。はるか昔からハガネを鍛練し切れ味を追求する姿勢は、材料の選別にも活かされ、「玉鋼」という世界でも類を見ない高純度のハガネを生み出しました。この切れ味の追求から生まれた「玉鋼」は現代の刃物に適したヤスキハガネとして日本の刃物文化を支える重要な材料として珍重されています。このヤスキハガネの代名詞ともいえる白紙鋼を丹念に軟鉄と鍛造した合わせ包丁は、切れ味と品質そして価格の面から見ても非常に優れた和包丁といえます。日本刀は現在では「刀匠」といわれる国から認定を受けた職人しか製造ができず、また、材料なども昔ながらのものしか使用できない制約があることから、「現代の技術の粋を集めた日本の包丁こそが世界で最も切れる刃物である」といわしめるほどです。藤次郎では伝統の継承と現代技術の融合を和包丁の分野でも進めており、白紙鋼を用いた包丁が最も切れるための焼き入れ温度や刃角などを研究し尽くし、いまだに手作業で作業する中でも一つの答えとして自信を持ってお勧めする和包丁シリーズです。心のこまやかさが現れた多様なラインナップ日本料理では材料ごとに様々な調理法が用いられます。日本料理の奥ゆかしさや繊細さは調理をする人の食材に対する感謝の心によって受け継がれてきたといえます。この日本料理の奥ゆかしさを支えるのは様々な包丁であり、調理や食材に合わせて専用の包丁が多種存在します。藤次郎ではこの白紙鋼鍛造シリーズのラインナップにおいても、この伝統を正しく継承し、妥協のないラインナップを揃えております。地域性によって違う形状も取り揃え、和包丁の基本としての切れ味や使い心地の追求だけでなく、日本料理の職人の皆さんの心のこまやかさを支えるお手伝いもしてまいります...

あす楽
藤次郎/Tojiro 柳刃包丁 240mm F-908

全5商品

6,158

藤次郎/Tojiro 柳刃包丁 240mm F-908

藤次郎/Tojiro 柳刃包丁 240mm F-908 日本の伝統を受け継ぐ正統の和包丁世界に誇る日本の刃物技術。はるか昔からハガネを鍛練し切れ味を追求する姿勢は、材料の選別にも活かされ、「玉鋼」という世界でも類を見ない高純度のハガネを生み出しました。この切れ味の追求から生まれた「玉鋼」は現代の刃物に適したヤスキハガネとして日本の刃物文化を支える重要な材料として珍重されています。このヤスキハガネの代名詞ともいえる白紙鋼を丹念に軟鉄と鍛造した合わせ包丁は、切れ味と品質そして価格の面から見ても非常に優れた和包丁といえます。日本刀は現在では「刀匠」といわれる国から認定を受けた職人しか製造ができず、また、材料なども昔ながらのものしか使用できない制約があることから、「現代の技術の粋を集めた日本の包丁こそが世界で最も切れる刃物である」といわしめるほどです。藤次郎では伝統の継承と現代技術の融合を和包丁の分野でも進めており、白紙鋼を用いた包丁が最も切れるための焼き入れ温度や刃角などを研究し尽くし、いまだに手作業で作業する中でも一つの答えとして自信を持ってお勧めする和包丁シリーズです。心のこまやかさが現れた多様なラインナップ日本料理では材料ごとに様々な調理法が用いられます。日本料理の奥ゆかしさや繊細さは調理をする人の食材に対する感謝の心によって受け継がれてきたといえます。この日本料理の奥ゆかしさを支えるのは様々な包丁であり、調理や食材に合わせて専用の包丁が多種存在します。藤次郎ではこの白紙鋼鍛造シリーズのラインナップにおいても、この伝統を正しく継承し、妥協のないラインナップを揃えております。地域性によって違う形状も取り揃え、和包丁の基本としての切れ味や使い心地の追求だけでなく、日本料理の職人の皆さんの心のこまやかさを支えるお手伝いもしてまいります...

藤次郎/Tojiro 身卸し包丁 180mm F-933

全2商品

6,529

藤次郎/Tojiro 身卸し包丁 180mm F-933

藤次郎/Tojiro 身卸し包丁 180mm F-933 日本の伝統を受け継ぐ正統の和包丁世界に誇る日本の刃物技術。はるか昔からハガネを鍛練し切れ味を追求する姿勢は、材料の選別にも活かされ、「玉鋼」という世界でも類を見ない高純度のハガネを生み出しました。この切れ味の追求から生まれた「玉鋼」は現代の刃物に適したヤスキハガネとして日本の刃物文化を支える重要な材料として珍重されています。このヤスキハガネの代名詞ともいえる白紙鋼を丹念に軟鉄と鍛造した合わせ包丁は、切れ味と品質そして価格の面から見ても非常に優れた和包丁といえます。日本刀は現在では「刀匠」といわれる国から認定を受けた職人しか製造ができず、また、材料なども昔ながらのものしか使用できない制約があることから、「現代の技術の粋を集めた日本の包丁こそが世界で最も切れる刃物である」といわしめるほどです。藤次郎では伝統の継承と現代技術の融合を和包丁の分野でも進めており、白紙鋼を用いた包丁が最も切れるための焼き入れ温度や刃角などを研究し尽くし、いまだに手作業で作業する中でも一つの答えとして自信を持ってお勧めする和包丁シリーズです。心のこまやかさが現れた多様なラインナップ日本料理では材料ごとに様々な調理法が用いられます。日本料理の奥ゆかしさや繊細さは調理をする人の食材に対する感謝の心によって受け継がれてきたといえます。この日本料理の奥ゆかしさを支えるのは様々な包丁であり、調理や食材に合わせて専用の包丁が多種存在します。藤次郎ではこの白紙鋼鍛造シリーズのラインナップにおいても、この伝統を正しく継承し、妥協のないラインナップを揃えております。地域性によって違う形状も取り揃え、和包丁の基本としての切れ味や使い心地の追求だけでなく、日本料理の職人の皆さんの心のこまやかさを支えるお手伝いもしてまいります...

あす楽
藤次郎/Tojiro 小出刃包丁 105mm F-899

全4商品

5,109

藤次郎/Tojiro 小出刃包丁 105mm F-899

藤次郎/Tojiro 小出刃包丁 105mm F-899日本の伝統を受け継ぐ正統の和包丁世界に誇る日本の刃物技術。はるか昔からハガネを鍛練し切れ味を追求する姿勢は、材料の選別にも活かされ、「玉鋼」という世界でも類を見ない高純度のハガネを生み出しました。この切れ味の追求から生まれた「玉鋼」は現代の刃物に適したヤスキハガネとして日本の刃物文化を支える重要な材料として珍重されています。このヤスキハガネの代名詞ともいえる白紙鋼を丹念に軟鉄と鍛造した合わせ包丁は、切れ味と品質そして価格の面から見ても非常に優れた和包丁といえます。日本刀は現在では「刀匠」といわれる国から認定を受けた職人しか製造ができず、また、材料なども昔ながらのものしか使用できない制約があることから、「現代の技術の粋を集めた日本の包丁こそが世界で最も切れる刃物である」といわしめるほどです。藤次郎では伝統の継承と現代技術の融合を和包丁の分野でも進めており、白紙鋼を用いた包丁が最も切れるための焼き入れ温度や刃角などを研究し尽くし、いまだに手作業で作業する中でも一つの答えとして自信を持ってお勧めする和包丁シリーズです。心のこまやかさが現れた多様なラインナップ日本料理では材料ごとに様々な調理法が用いられます。日本料理の奥ゆかしさや繊細さは調理をする人の食材に対する感謝の心によって受け継がれてきたといえます。この日本料理の奥ゆかしさを支えるのは様々な包丁であり、調理や食材に合わせて専用の包丁が多種存在します。藤次郎ではこの白紙鋼鍛造シリーズのラインナップにおいても、この伝統を正しく継承し、妥協のないラインナップを揃えております。地域性によって違う形状も取り揃え、和包丁の基本としての切れ味や使い心地の追求だけでなく、日本料理の職人の皆さんの心のこまやかさを支えるお手伝いもしてまいります...

藤次郎/Tojiro 出刃包丁 165mm F-902 1丁

全6商品

7,339

藤次郎/Tojiro 出刃包丁 165mm F-902 1丁

藤次郎/Tojiro 出刃包丁 165mm F-902 1丁日本の伝統を受け継ぐ正統の和包丁世界に誇る日本の刃物技術。はるか昔からハガネを鍛練し切れ味を追求する姿勢は、材料の選別にも活かされ、「玉鋼」という世界でも類を見ない高純度のハガネを生み出しました。この切れ味の追求から生まれた「玉鋼」は現代の刃物に適したヤスキハガネとして日本の刃物文化を支える重要な材料として珍重されています。このヤスキハガネの代名詞ともいえる白紙鋼を丹念に軟鉄と鍛造した合わせ包丁は、切れ味と品質そして価格の面から見ても非常に優れた和包丁といえます。日本刀は現在では「刀匠」といわれる国から認定を受けた職人しか製造ができず、また、材料なども昔ながらのものしか使用できない制約があることから、「現代の技術の粋を集めた日本の包丁こそが世界で最も切れる刃物である」といわしめるほどです。藤次郎では伝統の継承と現代技術の融合を和包丁の分野でも進めており、白紙鋼を用いた包丁が最も切れるための焼き入れ温度や刃角などを研究し尽くし、いまだに手作業で作業する中でも一つの答えとして自信を持ってお勧めする和包丁シリーズです。心のこまやかさが現れた多様なラインナップ日本料理では材料ごとに様々な調理法が用いられます。日本料理の奥ゆかしさや繊細さは調理をする人の食材に対する感謝の心によって受け継がれてきたといえます。この日本料理の奥ゆかしさを支えるのは様々な包丁であり、調理や食材に合わせて専用の包丁が多種存在します。藤次郎ではこの白紙鋼鍛造シリーズのラインナップにおいても、この伝統を正しく継承し、妥協のないラインナップを揃えております。地域性によって違う形状も取り揃え、和包丁の基本としての切れ味や使い心地の追求だけでなく、日本料理の職人の皆さんの心のこまやかさを支えるお手伝いもしてまいります...

藤次郎(Tojiro) 蛸引包丁 270mm F-913

全2商品

7,317

藤次郎(Tojiro) 蛸引包丁 270mm F-913

藤次郎(Tojiro)(0256)63-7151 藤次郎(Tojiro) 蛸引包丁 270mm (F-913)日本の伝統を受け継ぐ正統の和包丁 世界に誇る日本の刃物技術。はるか昔からハガネを鍛練し切れ味を追求する姿勢は、材料の選別にも活かされ、「玉鋼」という世界でも類を見ない高純度のハガネを生み出しました。この切れ味の追求から生まれた「玉鋼」は現代の刃物に適したヤスキハガネとして日本の刃物文化を支える重要な材料として珍重されています。このヤスキハガネの代名詞ともいえる白紙鋼を丹念に軟鉄と鍛造した合わせ包丁は、切れ味と品質そして価格の面から見ても非常に優れた和包丁といえます。 日本刀は現在では「刀匠」といわれる国から認定を受けた職人しか製造ができず、また、材料なども昔ながらのものしか使用できない制約があることから、「現代の技術の粋を集めた日本の包丁こそが世界で最も切れる刃物である」といわしめるほどです。藤次郎では伝統の継承と現代技術の融合を和包丁の分野でも進めており、白紙鋼を用いた包丁が最も切れるための焼き入れ温度や刃角などを研究し尽くし、いまだに手作業で作業する中でも一つの答えとして自信を持ってお勧めする和包丁シリーズです。 心のこまやかさが現れた多様なラインナップ 日本料理では材料ごとに様々な調理法が用いられます。日本料理の奥ゆかしさや繊細さは調理をする人の食材に対する感謝の心によって受け継がれてきたといえます。この日本料理の奥ゆかしさを支えるのは様々な包丁であり、調理や食材に合わせて専用の包丁が多種存在します。藤次郎ではこの白紙鋼鍛造シリーズのラインナップにおいても、この伝統を正しく継承し、妥協のないラインナップを揃えております。地域性によって違う形状も取り揃え、和包丁の基本としての切れ味や使い心地の追求だけでなく...

送料無料
藤次郎(Tojiro) 出刃包丁 240mm F-905

全5商品

18,143

藤次郎(Tojiro) 出刃包丁 240mm F-905

藤次郎(Tojiro)(0256)63-7151 藤次郎(Tojiro) 出刃包丁 240mm (F-905)日本の伝統を受け継ぐ正統の和包丁 世界に誇る日本の刃物技術。はるか昔からハガネを鍛練し切れ味を追求する姿勢は、材料の選別にも活かされ、「玉鋼」という世界でも類を見ない高純度のハガネを生み出しました。この切れ味の追求から生まれた「玉鋼」は現代の刃物に適したヤスキハガネとして日本の刃物文化を支える重要な材料として珍重されています。このヤスキハガネの代名詞ともいえる白紙鋼を丹念に軟鉄と鍛造した合わせ包丁は、切れ味と品質そして価格の面から見ても非常に優れた和包丁といえます。 日本刀は現在では「刀匠」といわれる国から認定を受けた職人しか製造ができず、また、材料なども昔ながらのものしか使用できない制約があることから、「現代の技術の粋を集めた日本の包丁こそが世界で最も切れる刃物である」といわしめるほどです。藤次郎では伝統の継承と現代技術の融合を和包丁の分野でも進めており、白紙鋼を用いた包丁が最も切れるための焼き入れ温度や刃角などを研究し尽くし、いまだに手作業で作業する中でも一つの答えとして自信を持ってお勧めする和包丁シリーズです。 心のこまやかさが現れた多様なラインナップ 日本料理では材料ごとに様々な調理法が用いられます。日本料理の奥ゆかしさや繊細さは調理をする人の食材に対する感謝の心によって受け継がれてきたといえます。この日本料理の奥ゆかしさを支えるのは様々な包丁であり、調理や食材に合わせて専用の包丁が多種存在します。藤次郎ではこの白紙鋼鍛造シリーズのラインナップにおいても、この伝統を正しく継承し、妥協のないラインナップを揃えております。地域性によって違う形状も取り揃え、和包丁の基本としての切れ味や使い心地の追求だけでなく...

送料無料
【ふるさと納税】島原の定番キッチンツール「森永材木店 イチョウまな板」と「吉光 多用途小包丁」のセット

長崎県南島原市

24,000

【ふるさと納税】島原の定番キッチンツール「森永材木店 イチョウまな板」と「吉光 多用途小包丁」のセット

店主が厳選した樹齢50年以上の銀杏原木を7〜8年乾燥させ、一つひとつ丁寧に造り上げたまな板。木材の中でも抗菌性、耐水性に優れ、弾力があるため包丁の刃当たりがよく、痛めにくい特徴があります。 また、島原の鍛冶屋「吉光」が作る包丁は、日本古来の「たたら製鉄法」で鉄を作り、日本刀と同じ「玉鋼」を使用した刃で、鋭い切れ味としなやかな刃先を兼ね備えています。 どちらも修理しながら永くお使いいただける逸品です。 名称 まな板 原材料名 イチョウ(7〜8年乾燥した原木) 内容量 まな板:長35cm×幅18cm×厚21mm 包丁:全長235mm(刃長125mm) 配送方法 常温 製造者森永材木店(まな板)、 鍛冶屋 吉光(包丁) 提供元森永材木店 ・ふるさと納税よくある質問はこちら・寄附申込みのキャンセル、返礼品の変更・返品はできません。あらかじめご了承ください。【注文内容確認画面の「注文者情報」を寄附者の住民票情報とみなします】 ・必ず氏名・住所が住民票情報と一致するかご確認ください。 ・受領書は住民票の住所に送られます。 ・返礼品を住民票と異なる住所に送付したい場合、注文内容確認画面の「送付先」に返礼品の送付先をご入力ください。寄附者の都合で返礼品が届けられなかった場合、返礼品等の再送はいたしません。 ※「注文者情報」は楽天会員登録情報が表示されますが、正確に反映されているかご自身でご確認ください。

送料無料
堺佑助造 刺身包丁・柳刃240ミリ【送料無料】02P31Aug14

包丁専門店 堺屋

22,880

堺佑助造 刺身包丁・柳刃240ミリ【送料無料】02P31Aug14

●重さ(g)=150 ●全長(ミリ)=380 ●安来白鋼 ●水牛柄材質の説明・・ 安来鋼とは?白鋼とは? ・安来鋼(ヤスキハガネ)とは? 我が国の伝統的技術の代表ともいうべき日本刀は、砂鉄を 原料とした 和鋼でつくられており、その鋭利さは世界中でも 有名です。 その和鋼の原料から日立金属(株)が開発した鋼がヤスキハガネ です。 かつて中国山地で取れる純度の高い砂鉄から『たたら製法』で 玉鋼に 精錬されていたその伝統を受け継いで日立金属(株)が 安来工場を創設し 鋼を造りはじめました。 ・白鋼二号 鋼の材料の全部が良質の砂鉄系の原料です。 とくに白鋼は、砥石で鋭利な刃がつき、最上の物とされてきました。 純度の白紙は焼きいれの効果が出る温度帯が狭く、最適な温度から 急冷しなければ完全な焼入れにならず、硬さがでません。 鍛冶職人の技が問われ、それだけ腕がふるえる鋼といえましょう。 ここに堺の技・伝統600年が生きづいています。 ご安心ください。当店の高級包丁は、確かな技術の職人によって 造られています。決して「堺」の名を汚すような仕事は致しません。 藁の灰で、鋼をじっくり寝かせます 職人の手で一丁一丁仕上げます ・火造り工程・鍛造 軟鉄の角材を赤く熱してハンマーで叩き、接着剤として硼砂と酸化鉄粉 を ふりかけ、鋼の小片をのせ、900度C位の温度帯で加熱します。 これをハンマーで叩くと、溶けた硼砂が飛び出すのと同時に酸化鉄の 皮膜も飛び出し、軟鉄と鋼の新しい肌と肌が圧着されます。 炉で加熱し、先端と中子をのばし、だいたいの包丁の形にしていきます。 ここが当店のこだわり、堺の職人のこだわりです。 多くの鋼は、コークスを使って火造りをし、鉄を急速に熱して打ちます。 ですが、堺佑助造の鋼は炭のみ...

牛刀240ミリ

包丁専門店 堺屋

9,130

牛刀240ミリ

●全長(ミリ)=372 ●重さ(g)=215 ●高炭素鋼●材質の説明 (ヤスキハガネ) (高炭素鋼) ・安来鋼(ヤスキハガネ) 我が国の伝統的技術の代表ともいうべき日本刀は、砂鉄を 原料とした和鋼でつくられており、その鋭利さは世界中でも 有名です。 その和鋼の原料から日立金属(株)が開発した鋼がヤスキハガネ です。 かつて中国山地で取れる純度の高い砂鉄から(たたら製法)で 玉鋼に精錬されていたその伝統を受け継いで日立金属(株)が 安来工場を創設し、鋼を造りはじめました。 ・高炭素鋼 炭素鋼とは鉄に炭素を主成分として、その他調整用元素を混ぜ て造られてもので、切れ味ではバツグンの性能をもっています。 ●製造の説明 ・火造り工程 炭素鋼板を切断し、炉で900度C以下で熱し、ハンマーで、峰を 厚く、刃を薄く形を取り、外形を作り、これを手切りで打ち抜いて います。 ・熱処理工程 和包丁よりいくぶん高めの800度C程度に加熱し、油に入れて 冷やし焼入れします。 140〜180度Cの油で焼き戻しをします。 ・仕上げ工程 水砥ぎ、刃付けをします。 柄は天然木でリベット止めをします。 ●お手入れ 錆びますが、大変よく切れます。 包丁使用後は水洗いし、乾いたフキンで十分水分をふき取り、 包丁がよくかわいてから、しまってください。 特に酸けや塩けのあるものを切ったあとは、よくお手入れして下さい。 少し使わないときは、植物油か刃物専用油を塗ってください。 ●用途 肉・野菜・大変便利な万能用です。 プロ用〜ご家庭用と幅広く御使用になれます。 一般ご家庭用では、210ミリ又は、240ミリが大変人気商品です。 ●お客様の声 錆びるのは、ちょっと気になりますが、バツグンの切れ味に満足して います。 鳥の皮など...

送料無料
堺佑助造 刺身包丁・柳刃330ミリ

包丁専門店 堺屋

41,800

堺佑助造 刺身包丁・柳刃330ミリ

●重さ(g)=270 ●全長(ミリ)=485 ●安来白鋼 ●水牛柄材質の説明・・ 安来鋼とは?白鋼とは? ・安来鋼(ヤスキハガネ)とは? 我が国の伝統的技術の代表ともいうべき日本刀は、砂鉄を 原料とした 和鋼でつくられており、その鋭利さは世界中でも 有名です。 その和鋼の原料から日立金属(株)が開発した鋼がヤスキハガネ です。 かつて中国山地で取れる純度の高い砂鉄から『たたら製法』で 玉鋼に 精錬されていたその伝統を受け継いで日立金属(株)が 安来工場を創設し 鋼を造りはじめました。 ・白鋼二号 鋼の材料の全部が良質の砂鉄系の原料です。 とくに白鋼は、砥石で鋭利な刃がつき、最上の物とされてきました。 純度の白紙は焼きいれの効果が出る温度帯が狭く、最適な温度から 急冷しなければ完全な焼入れにならず、硬さがでません。 鍛冶職人の技が問われ、それだけ腕がふるえる鋼といえましょう。 ここに堺の技・伝統600年が生きづいています。 ご安心ください。当店の高級包丁は、確かな技術の職人によって 造られています。決して「堺」の名を汚すような仕事は致しません。 藁の灰で、鋼をじっくり寝かせます 職人の手で一丁一丁仕上げます ・火造り工程・鍛造 軟鉄の角材を赤く熱してハンマーで叩き、接着剤として硼砂と酸化鉄粉 を ふりかけ、鋼の小片をのせ、900度C位の温度帯で加熱します。 これをハンマーで叩くと、溶けた硼砂が飛び出すのと同時に酸化鉄の 皮膜も飛び出し、軟鉄と鋼の新しい肌と肌が圧着されます。 炉で加熱し、先端と中子をのばし、だいたいの包丁の形にしていきます。 ここが当店のこだわり、堺の職人のこだわりです。 多くの鋼は、コークスを使って火造りをし、鉄を急速に熱して打ちます。 ですが、堺佑助造の鋼は炭のみ...

優れものキッチン雑貨の玉鋼、発売中!上質で素敵なデザインたくさんあります♪毎日の料理を楽しくするキッチン雑貨。オシャレで機能的な玉鋼が見つかる!毎日の食事を楽しく華やかにしませんか?

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、キッチン雑貨をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいキッチン雑貨が充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:株式会社メタップスワン)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「玉鋼」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ