「楽焼」 の検索結果 128件

【茶道具 小茶碗】野点茶碗 黒楽 佐々木松楽作

茶道具専門店 芳香園

5,530

【茶道具 小茶碗】野点茶碗 黒楽 佐々木松楽作

野点用の小さな楽茶碗です。 茶籠におひとついかがですか。 ■ 商品名:野点茶碗 黒楽 ■ 作家: 佐々木松楽 ■ サイズ:9.5cm×6.2cm ■ 梱包:化粧箱 ※一つ一つ手作りのため、景色や形が多少変わります。 松楽作 野点茶碗 赤楽はこちら その他お茶碗一覧はこちら【茶道具 抹茶碗】 野点茶碗 黒楽 佐々木松楽作 商品詳細 ■ 商品名:野点茶碗 黒楽 ■ 作家: 佐々木松楽 ■ サイズ:9.5cm×6.2cm ■ 梱包:化粧箱 ※一つ一つ手作りのため、景色や形が多少変わります。 サイズは、おおよその目安としてお考えください。 小茶碗(こちゃわん) 通常より小さめサイズの抹茶碗で、野点茶碗ともいいます。 野点の時などに替茶碗として用います。 寸法が小さいですので、野点籠に仕組むことが出来ますし、小さなお子様用の抹茶碗としても最適です。 楽焼茶碗 (らくやきちゃわん) 楽焼は天正の初めごろから始まった焼物で、京都で生まれ、京都で育った唯一の焼物です。 釉色から、赤、黒、白色などがあります。 利休の精神が生かされ、轆轤(ろくろ)を使わず手捏ねで成形して箆(へら)で仕上げます。 一般の器とは異なり、お茶を喫する為に作られたまさに茶の湯のための茶碗といえます。 (鋏(ヤットコ)のはさみ跡) 千利休が指導し、長次郎に作らせた楽茶碗は、お茶を喫する為に作られた最初の和物茶碗と云われています。 また楽茶碗の中でも黒楽は、他の焼き物とは、窯及び、焼き方がまったく異なっています。 窯の中を120度近くの高温に保ちながら釉薬を施した茶碗を長いベンチのような鋏で、茶碗の縁を、はさんで窯の中に入れます。 3分から5分焼成後、真っ赤に釉薬が溶けたところで、再び茶碗の縁を鋏ではさんで窯より出します。 その時、溶けた茶碗の縁に『はさみ跡...

送料無料
茶道具 楽茶碗 桜 和楽

千年の香り 千紀園

30,888

茶道具 楽茶碗 桜 和楽

楽天国際配送対象商品(海外配送)詳細はこちらです。 Rakuten International Shipping ItemDetails click here茶道具 さどうぐ 茶道 さどう 道具 茶道道具 お茶道具 通販作家・作品名和楽・楽茶碗 桜詳細 作家について 楽焼窯元 和楽来歴当窯初代が、楽焼窯元「短冊家」を開きましたのは、今から遡ること約百八十年、江戸時代末期文政年間でございます。名を七左衛門と申し、京都祇園八坂神社鳥居前茶屋「短冊楼」の主でございました。当窯二代となる七兵衛は、楽焼の研鑽に努め、「楽焼の短冊家」として名を馳せると共に、その後現在まで続く当窯の礎を築きました。大正七年秋、東郷平八郎元師ご入洛の際、当工房にご来遊賜り、「和楽」なる直筆の号を拝領いたしました。当窯四代川嵜庄七はこの栄誉をたいそう喜び、屋号を「和楽」と改名させていただきました。その後は「楽焼窯元和楽」として今日まで親しんでいただいております。当窯七代(先代)川嵜康男は、昭和四十四年より五十年近くその責を務めました。この間には「眞和楽」印を用いてお茶碗制作に精進するだけでなく、楽焼お茶碗を普及させることにも努め、多くの方々に楽焼お茶碗を身近に使って頂けることになりました。平成二十八年からは、当窯八代にあたる川嵜基生が当主を努めております。京都では楽家に次いで歴史ある窯元として、これからも楽焼の伝統を守り続けて参ります。八代 当主箱桐箱寸法---商品番号103262[stc010-020-31-和楽-013]注意●商品の質感・色は、お客様のご使用のモニターやブラウザなどの環境により、実物と異なる場合がございます。ご了承ください。 ●在庫の状況により、発送までお時間をいただく場合がございます。お急ぎの場合は事前にお問い合わせください。 ●商品の在庫は...

送料無料
茶道具 楽茶碗 菊小紋 和楽

千年の香り 千紀園

30,888

茶道具 楽茶碗 菊小紋 和楽

楽天国際配送対象商品(海外配送)詳細はこちらです。 Rakuten International Shipping ItemDetails click here茶道具 さどうぐ 茶道 さどう 道具 茶道道具 お茶道具 通販作家・作品名和楽・楽茶碗 菊小紋詳細 作家について 楽焼窯元 和楽来歴当窯初代が、楽焼窯元「短冊家」を開きましたのは、今から遡ること約百八十年、江戸時代末期文政年間でございます。名を七左衛門と申し、京都祇園八坂神社鳥居前茶屋「短冊楼」の主でございました。当窯二代となる七兵衛は、楽焼の研鑽に努め、「楽焼の短冊家」として名を馳せると共に、その後現在まで続く当窯の礎を築きました。大正七年秋、東郷平八郎元師ご入洛の際、当工房にご来遊賜り、「和楽」なる直筆の号を拝領いたしました。当窯四代川嵜庄七はこの栄誉をたいそう喜び、屋号を「和楽」と改名させていただきました。その後は「楽焼窯元和楽」として今日まで親しんでいただいております。当窯七代(先代)川嵜康男は、昭和四十四年より五十年近くその責を務めました。この間には「眞和楽」印を用いてお茶碗制作に精進するだけでなく、楽焼お茶碗を普及させることにも努め、多くの方々に楽焼お茶碗を身近に使って頂けることになりました。平成二十八年からは、当窯八代にあたる川嵜基生が当主を努めております。京都では楽家に次いで歴史ある窯元として、これからも楽焼の伝統を守り続けて参ります。八代 当主箱桐箱寸法---商品番号103271[stc010-020-31-和楽-024]注意●商品の質感・色は、お客様のご使用のモニターやブラウザなどの環境により、実物と異なる場合がございます。ご了承ください。 ●在庫の状況により、発送までお時間をいただく場合がございます。お急ぎの場合は事前にお問い合わせください。 ...

送料無料
焼締楽茶碗(抹茶碗) 〔川嵜和楽(川崎和楽)〕

京都の和食器・陶器専門店 銀葉

324,000

焼締楽茶碗(抹茶碗) 〔川嵜和楽(川崎和楽)〕

短冊屋和楽の楽茶碗のうち、最上級の作品に押される窯印が「眞 和楽」の角印。 完全な一品製作によって作り出され、その佇まいは深い造形美を感じさせてくれます。茶の湯文化が花開いた桃山時代の頃より、茶器は「一楽、二萩、三唐津」と謳われ、楽茶碗が最上のものとして重宝されてきました。その当時千利休が好んだお茶碗こそが楽焼で、もともと瓦職人だった樂長次郎に茶碗を作らせたのが楽焼の始まりでした。そのかたちづくり、釉薬の景色の変化、手に持った時の手触りや収まり具合、そして何より抹茶の緑との色映りの良さなど、楽茶碗はまさに一服のお茶のために生み出されたうつわです。楽焼の代表的な二色は黒と赤。 楽焼の持つ侘びた質感に加え、備前焼のような火色の変化を持つこの作品は、窯変によるもの。窯中で起こる炎が生み出した、自然美の景色といえます。かたち作りは下蕪形のどっしりとした腰作りに、緩やかに内側へすぼまるような口作りが、手のひらにぴったりと収まります。ざらっとした外側にひきかえて、内側は白釉が加えられていることで茶筅擦りもなめらか。またその白味によって茶映りがいっそう引き立ちます。 楽焼和楽による名品。こちらの商品は木箱入り、現品限りでございます。 商品サイズ: 直径 13.0cm 高さ 8.5cm ※こちらの商品はひとつひとつ手作りのため、サイズは多少の誤差があります。作:川嵜和楽(川崎和楽)京都・楽焼(日本製) 

送料無料
赤楽湯呑 川崎和楽

Amazon

7,128

赤楽湯呑 川崎和楽

京都の楽焼窯元川嵜(川崎)和楽作の赤楽の湯呑みです。無鉛の釉薬を使ったものです。 写真は一例です。お渡しする物は微妙に色合いが異なります。 楽焼といえば、主に抹茶碗のイメージがありますが、 本作は楽焼の持つ保温性や吸水性を生かした茶の間で使う湯呑みの器です。 1つ1つ手仕事で作るため、同じように作られた湯呑みでもこれだけ違いが出ます。 腰の厚みや口の作りはカンナで削いでいるため、 また黒い部分は素焼きの際、炭の窯変による偶然性の高い技です。 口作りは微妙に内側に入り込んでいるため、熱を逃しにくく、 京都の五山を表す凹凸には手作りの風合いがでています。 高台の景色です。抹茶碗のようにぼそぼそした楽土独特の土味がでています。 真ん中には和楽と名を押されています。 釉の厚みと削り込みによって1つ1つ風格が違います。 あらゆる種類の焼き物が混在する京焼・清水焼にあって 楽焼だけは京都で生まれ、京都で育った唯一の焼き物です。 ◆商品番号 3869 赤楽湯呑 和楽 写真は一例です。お渡しする物は微妙に色合いが異なります。 ■寸法 直径7.5cm 高さ8.5cm 重さ170g 木箱付き ■食器洗浄機 電子レンジ 不可 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。

送料無料
黒楽湯呑 川崎和楽

Amazon

7,998

黒楽湯呑 川崎和楽

京都の楽焼窯元川嵜(川崎)和楽作の黒楽の湯呑みです。 平成22年から完全無鉛になり、風合いが変わりました。 楽焼といえば、主に抹茶碗のイメージがありますが、 本作は楽焼の持つ保温性や吸水性を生かした茶の間で使う湯呑みの器です。 本品は黒楽の湯呑みにあたり、日常茶の間でつかうサイズと全く同じ物です。 胎土を厚めに仕上げ、どっしりと黒楽釉が厚めにかかっています。 特に強い個性が見られるわけではないですが、湯呑みとしても楽茶碗の造作が生かされています。 口作りの柔らかな丸みを帯びた姿は楽茶碗独特の手捏ねの過程で生まれる自然な姿です。 口作りは微妙に内側に入り込んでいるため、熱を逃しにくく、 京都の五山を表す凹凸には手作りの風合いがでています。 高台の景色です。抹茶碗のようにぼそぼそした楽土独特の土味がでています。 真ん中には和楽と名を押されています。 本来黒楽は賀茂川上流の賀茂川石を使っていますが現在では採取しにくくなっています。 楽焼ほど土の柔らかさを主張した焼き物はありません。 使う前にぬるめのお湯に湯通ししておくことでしっとりと水気を吸い込み、 湯の熱を包み込むように逃さず手に伝えてくれます。 ◆商品番号 748 黒楽湯のみ 和楽 平成22年から完全無鉛になり、風合いが変わりました。 ■寸法 約 直径7.5cm 高さ8.5cm 木箱付き ■手洗い ◎ 食洗機 × 電子レンジ × ※手作りですので形や色、大きさ、重さは1つ1つ異なります。 ピンホールと呼ばれる小さな穴や貫入や表面を削った時の筋もございます。 楽焼の性質状、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。 陶歴 楽焼窯元 七世和楽 文政年間祇園八坂神社門前茶屋短冊楼の主。 短冊屋七左衛門の始めた素焼の礎を二代目七兵衛より 「楽焼の短冊屋」として楽焼一筋に研鑽に勤め、 爾来...

優れものキッチン雑貨の楽焼、発売中!上質で素敵なデザインたくさんあります♪毎日の料理を楽しくするキッチン雑貨。オシャレで機能的な楽焼が見つかる!毎日の食事を楽しく華やかにしませんか?

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、キッチン雑貨をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいキッチン雑貨が充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「楽焼」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ