「急須常滑焼」 の検索結果 733件

LOLO/SALIU 手作り常滑急須 凌ーRYOー

ディノス

9,900

LOLO/SALIU 手作り常滑急須 凌ーRYOー

伝統工芸士:梅原廣隆氏によりすべての工程を手作業でつくりあげた繊細な手作り常滑急須。お茶の本来の美味しさが味わえる職人技の一品です。陶号 二代目 玉光 伝統工芸士 梅原廣隆氏によりすべての工程を手作業でつくりあげた繊細な手作り常滑急須。擦り合わせの高い技術により、本体と蓋の密着度が高く、茶葉をしっかり蒸すことができます。セラメッシュ(繊細な陶製の茶こし)同素材のためお茶の味に悪影響を与えず、お茶本来のおいしさを味わうことができます。注ぎ口は切れがよく、最後の一滴まで注ぎきることができます。釉薬をかけず、鉄分が多く含まれた土を高温で焼き締めた朱泥に炭化焼成を施すことで、独特なマットな黒に仕上げています。こだわりの方にお勧めの商品です。急須に最適な素材と技術が揃った愛知県常滑市。繊細な質感の土を選び、炭化焼成を施すことで、釉薬とは違った独特なこだわりの「黒」に。平たく浅めのボディは、茶葉が広がりやすく、洗いやすいかたちです。落ち着いた佇まいで、日本らしい静かな空間を演出をしてくれます。 常滑焼(とこなめ焼)の特徴 陶土に含まれた鉄分と混ぜ込まれた酸化鉄(ベンガラ)が赤く発色し朱色になります。土の鉄分とお茶のタンニンが反応し、渋みを和らげ、味をまろやかにしてくれます。耐水性に長けており、水を吸わないため急須に最適な素材です。【LOLO CO.LTD.】岐阜県土岐市は美濃焼発祥の地として先人の文化遺産が豊かに息づく陶器の里です。志野・織部・黄瀬戸の焼き物産地として知られる美濃は、千有余年の歴史を誇り、現在も陶器製飲食器では我が国を代表する生産地です。私達は、この恵まれた素材や技術をものづくりに活かし、快適で楽しい暮らしにお役に立てるものの提案をしていきたいと思っています。【ブランドコンセプト】『凌』は愛知県常滑市にて伝統工芸士...

あす楽
深蒸し茶用 常滑焼 急須 帯網急須 300cc とこなめ焼

お茶農家木村園

4,851

深蒸し茶用 常滑焼 急須 帯網急須 300cc とこなめ焼

◎ステンレス製の茶漉し網が急須の内側に帯状に付いていますので大変水切れがよく、お茶がおいしく出ます。 深蒸し茶など粉っぽいお茶に最適です。 ◎容量は300ccです。 美味しいお茶をお飲み頂くためには、急須の【茶漉し網がどのような形状をしているか】がとても重要です。 良い急須をお選びいただく際の【ポイントは2つ】 【1.茶葉がお湯の中で伸び伸びと広がることができるかどうか】 ・緑茶の風味は繊細で奥深いものです。その風味を最大限に引き出すためには、乾燥してよられた茶葉が、お湯の中で自然にほどけ、お茶の成分が十分に浸出できるようにすることが、とても大切です。 ・急須の胴の内部の広さに対して、茶葉が広がる広さができるだけ広くなるような、茶漉し網が付いた急須がおすすめです。 ・さらに、お湯の量に関わらす、同様の条件が得られる急須が理想です。少量のお湯でも変わらす美味しく淹れられることも大切です。 【2.茶漉し網が十分に大きいかどうか】 近年は深蒸し茶が多く流通しております。当店も深蒸し茶の専門店です。 深蒸し茶は、茶葉が細かいため、網の大きな急須でないと、目詰まりしてお茶が淹れられません。深蒸し茶をご利用の際は、深蒸し茶用の大きな網の付いた急須をお使いください。 深蒸し茶用の急須なら、深蒸し茶だけでなく、粉茶、玉露、高級煎茶、普通煎茶、番茶、茎茶、ほうじ茶など、全ての日本茶を美味しく淹れることができます。 お茶の上質な風味を十分に引き出せない急須が、多く出回っています。 せっかくご利用いただくお茶なら、出来るだけ美味しく味わっていただきたいと思いますので、ぜひ上記の2点を、急須選びのご参考にしていただけたらと思います。 また当店では、深蒸し茶を美味しくお飲みいただける急須を、ご用意しております。

優れものキッチン雑貨の急須常滑焼、発売中!上質で素敵なデザインたくさんあります♪毎日の料理を楽しくするキッチン雑貨。オシャレで機能的な急須常滑焼が見つかる!毎日の食事を楽しく華やかにしませんか?

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、キッチン雑貨をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいキッチン雑貨が充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:株式会社メタップスワン)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「急須常滑焼」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ