「備前焼皿」 の検索結果 105件

送料無料
備前焼 楕円皿 中皿 取皿 菓子皿 備前焼 伊勢崎創作 だ円皿(小)二枚組(創-05) 送料無料

器茶房 彩庵

12,960

備前焼 楕円皿 中皿 取皿 菓子皿 備前焼 伊勢崎創作 だ円皿(小)二枚組(創-05) 送料無料

皿 160×90 紙箱 備前焼 伊勢崎創 作徳利12,600円 備前焼 伊勢崎創 作酒呑8,400円 備前焼 伊勢崎創 作麦酒呑2個組8,400円 備前焼 伊勢崎創 作だ円皿(小)二枚組12,600円 備前焼 伊勢崎創 作だ円皿(大)二枚組15,750円 備前焼 伊勢崎創 作小鉢 二個組15,750円 備前焼 伊勢崎創 作瓢掛花入15,750円 備前焼 伊勢崎創 作らっきょ花入18,900円 備前焼 伊勢崎創 作花器63,000円伊勢崎 創 プロファイル 昭和43年 伊勢崎 満(岡山県重要無形文化財保持者)の三男としてうまれる 昭和62年 県立岡山工業デザイン科卒業 山下譲治に師事 ろくろ形成が主体で、稜線を生かした花器、扁壺など造形的な作品のほか、水指、茶入などの茶道具も手掛ける。 備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用される...

送料無料
備前焼 楕円皿 中皿 取皿 菓子皿 備前焼 伊勢崎創作 だ円皿(大)二枚組(創-07) 送料無料

器茶房 彩庵

16,200

備前焼 楕円皿 中皿 取皿 菓子皿 備前焼 伊勢崎創作 だ円皿(大)二枚組(創-07) 送料無料

皿 200×120 紙箱 備前焼 伊勢崎創 作徳利12,600円 備前焼 伊勢崎創 作酒呑8,400円 備前焼 伊勢崎創 作麦酒呑2個組8,400円 備前焼 伊勢崎創 作だ円皿(小)二枚組12,600円 備前焼 伊勢崎創 作だ円皿(大)二枚組15,750円 備前焼 伊勢崎創 作小鉢 二個組15,750円 備前焼 伊勢崎創 作瓢掛花入15,750円 備前焼 伊勢崎創 作らっきょ花入18,900円 備前焼 伊勢崎創 作花器63,000円伊勢崎 創 プロファイル 昭和43年 伊勢崎 満(岡山県重要無形文化財保持者)の三男としてうまれる 昭和62年 県立岡山工業デザイン科卒業 山下譲治に師事 ろくろ形成が主体で、稜線を生かした花器、扁壺など造形的な作品のほか、水指、茶入などの茶道具も手掛ける。 備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用され...

送料無料
備前焼 大皿 取皿 銘々皿 盛皿 菓子皿 備前焼 丸皿(胡麻) 送料無料

器茶房 彩庵

12,960

備前焼 大皿 取皿 銘々皿 盛皿 菓子皿 備前焼 丸皿(胡麻) 送料無料

皿 260×35 木箱 295×295×65備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

カサネツギ小皿 5枚組 焼〆 盛り皿 和食器 陶器 [笠間焼/夢現窯 尾崎高行]

美術工芸備前

5,400

カサネツギ小皿 5枚組 焼〆 盛り皿 和食器 陶器 [笠間焼/夢現窯 尾崎高行]

【笠間焼】カサネツギ焼締小皿 尾崎高行作 5400円【サイズ】径7.5~8.5cm・高さ2~3.5cm ・重さ96~106g 【箱は付属しません】 こちらの作品は、灰釉の焼き締めでカサネツギ成形されています。 器もご馳走と言われております、珍味など少量を盛り付けるのに適しています。 カサネツギとは 土を板状にして縁の部分にさらに重ねて成型をしております。ザックリとした風合いが魅力的です。 【 笠間焼こと】 笠間焼の誕生と言えば、江戸時代の安永年間(1772~1781年)。箱田村(現在の笠間市箱田)の久野半右衛門が、信楽の陶工・長石衛門の指導で焼き物を始め築窯したこととされています。伝統を受け継ぎながらも作家の個性をより重じる方向へ作風を転換した笠間焼 夢現窯。いま、自由闊達な空気のなかで多くの陶芸家たちかその感性を磨きつづけています。 表面は布目が施されておりスクエアに窪みを作っております。*笠間焼 夢現窯/尾崎高行*プロフィール ・昭和48年 東京に生まれる ・小学校4年生の時に陶芸と出会う ・小学校6年生に自宅に築窯 ・独学で陶芸を始める ・平成19年年 桜の里陶芸展 奨励賞 ・茨城県鉾田市に穴窯を築窯 現在、笠間焼協同組合員 *主な作品 信楽・織部・粉引・志野

織部カニ文四方皿【和食器】美濃焼き 織部焼 銘々皿取り皿 「早蕨窯 佐藤和次」 陶器

美術工芸備前

3,240

織部カニ文四方皿【和食器】美濃焼き 織部焼 銘々皿取り皿 「早蕨窯 佐藤和次」 陶器

商品詳細商品説明satou183 織部カニ文四方皿 3240円 やさしい土味と奥深い美しさ・・ 使い込むほど味わいがまします・・ サイズ*径16cm 高さ2.5cm窯元/作家*美濃焼/早蕨窯/佐藤和次 昭和23年生まれ 志野の林孝太郎に師事、伝統的な桃山の焼物を経験し、昭和52年早蕨窯を開陶する。信条は料理と酒を楽しみ、食通として知られる芸術家の北大路魯山人の器を、高く評価しています。佐藤氏のこだわりは美濃ならではの土"五斗蒔土を使い,更にこの土に可塑性があって焼締まる信楽の土をブレンドし、釉薬は織部蕨四方皿釉と灰、長石、銅を重ね又、焼成は酸化炎の1230度で焼上し、時間をかけて誕生した陶器はどれも独特の景色を醸し出しています。 美濃陶芸協会 副会長 岐阜県美術展、中日国際陶芸展、日本信工芸展、朝日陶芸展など各展に入選。 発送について*在庫の有る商品 ・12時までのご注文は当日発送 ・12時以降のご注文は翌日発送 *在庫の無い商品 ・お取り寄せ/5日~30日 美濃焼とは岐阜県南部一帯の、かつての美濃国で焼成された陶磁器の総称。狭義には室町後期の15世紀に始まる瀬戸黒(せとぐろ)、黄瀬戸(きせと)、志野焼(しの)、織部蕨四方皿(おりべ)焼などを言います。satou183 織部カニ文四方皿 3240円 [早蕨窯/佐藤和次]「土は陶工の宝、美濃は宝の山、 織部の夢をかなえた山、 美濃の山の中にいて、夢を見ていたい」 美濃ならではの土"五斗蒔土に信楽の土をブレンドし、 織部釉と灰、長石、銅を重ね、1230度で焼き、 時間をかけて誕生した器はどれも独特の 景色を醸し出しています。 千利休の弟子であった大名茶人、古田織部の指導で作られたのが織部焼 織部好みの奇抜で斬新な造形や文様が今も受け継がれています 生活の中に歴史ある織部焼を・・・...

和食器 しのぎ 備前黒モダンブラック13.5cm スクエアプチディッシュ 正角皿 取り皿 シェア うつわ 日本製 おうち 十草 ストライプ

白いごはん器のお店ライスボール

1,430

和食器 しのぎ 備前黒モダンブラック13.5cm スクエアプチディッシュ 正角皿 取り皿 シェア うつわ 日本製 おうち 十草 ストライプ

お買い物の際に必ずお読み下さいませ。ご了承の上、お買い求めいただきますようお願いいたします。 ※破損以外のご返品・ご交換はお受けできませんので予めご了承下さいませ。 素材 磁器 生産国 日本製 サイズ D-13.5 H-2 備考 電子レンジ:○ 食器洗浄機:○ 関連キーワード 和食器 和皿 和風 食器 陶器 磁器 皿 プレート 鎬 しのぎ 器 うつわ 誕生日 記念日 パーティー 新生活 引越し さんま皿 サンマ皿 秋刀魚皿 焼き魚 秋 前菜皿 焼物皿 長い皿 お皿 突出皿 長盛皿 オードブル レストラン風 カフェ風 ロング ロングトレー 楕円皿 楕円プレート オーバル皿 オーバルプレート 美濃焼 梱包 簡易梱包 ギフトラッピング・熨斗承ります。 (有料です。こちらのページよりお選び下さい。)鎬 しのぎ 器 うつわ シリーズです。 器の表面を削って凹凸をつける技法を 「しのぎ」と言います。 しのぎをすることで釉薬を掛けたときに 釉薬の濃淡がストライプにでるのが味わいです。 モダンテイストにもよく似合うというところにあります。 北欧の香りもするので和食、洋食、イタリアンと どんなお料理にもお使いいただけます。 透明感のある美しい色合いのしのぎ あたたかさが伝わってきます♪ 素朴であたたかみのある風合いは いずれも料理を盛ると素材をしっかり引き立ててくれ 普段使いからおもてなしまで幅広くお使いいただけます。 【サイズ(約)】 D-13.5 H-2 【素材】 陶磁器 【原産国】 日本製 【その他】 ○ 食器洗浄機OK ○ オーブンOK ○ 電子レンジOK ※個箱無し簡易梱包 【お取り寄せ商品】 ご注文後発注いたします。 お届け日ご指定のお約束はできかねます。 他の商品とまとめて発送となります。 欠品の場合はメールでご連絡させていただきます。...

和食器 アボカドディップの彩り野菜スティックサラダ ほっけ皿 長角皿 大皿 31.5cm(黒備前 ブラック)おうち ごはん うつわ 陶器 美濃焼 日本製

白いごはん器のお店ライスボール

2,128

和食器 アボカドディップの彩り野菜スティックサラダ ほっけ皿 長角皿 大皿 31.5cm(黒備前 ブラック)おうち ごはん うつわ 陶器 美濃焼 日本製

●お買い物の際に必ずお読み下さいませ。ご了承の上、お買い求めいただきますようお願いいたします。 ※破損以外のご返品・ご交換はお受けできませんのでご了承下さいませ。 素材 磁器 生産国 日本製 サイズ 315×140×高さ20mm 備考 電子レンジ:○ 食器洗浄機:○ 関連キーワード 和食器 和皿 和風 食器 陶器 磁器 皿 プレート お祝い 祝う 祝い 正月 お正月 誕生日 記念日 パーティー 新生活 引越し さんま皿 サンマ皿 秋刀魚皿 ほっけ皿 ホッケ皿 焼き魚 秋 前菜皿 焼物皿 長い皿 お皿 突出皿 長盛皿 オードブル レストラン風 カフェ風 ロング ロングトレー 角 四角 長角 細角皿 美濃焼 梱包 簡易梱包 ギフトラッピング・熨斗承ります。 (有料です。こちらのページよりお選び下さい。)長角皿(又は、長さのある食器)は、サンマ皿のイメージがあり サンマを盛り付ける以外に上手く活用出来ていない方も多いのでは? さんまの季節だけ活用するなんてもったいないです! おしゃれで簡単にレストランやカフェ風演出ができる便利アイテム♪ 1年中、毎日活用できちゃうお料理メニューをご紹介します。 ▼ 丸ごと塩焼魚き 長角皿といえば、秋が旬のサンマ。または、ホッケなんかも良いですね。 長角皿は、焼き魚にはぴったりのアイテムですね。 サンマは、身ばなれもよいので食べやすく、皮も身もワタも美味しい。 7月~11月が旬の、脂ののったふっくらほろほろホッケ♪ どちらもシンプルな塩焼きが一番美味しい!白ごはんにもよく合う! すだちや大根おろし、大葉を添えて。 ▼ ひと口サイズの ピンチョス ひと口サイズに切ったパンの上にトマト、バジル、生ハム、サーモン、アボカドなど 様々な食材を爪楊枝や串に刺してつまんで食べる軽食のこと。...

送料無料
酒器 焼酎サーバー 備前焼 デキャンタ(桟切)

器茶房 彩庵

19,440

酒器 焼酎サーバー 備前焼 デキャンタ(桟切)

デキャンタ 105×240 木箱 120×255×125備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

優れものキッチン雑貨の備前焼皿、発売中!上質で素敵なデザインたくさんあります♪毎日の料理を楽しくするキッチン雑貨。オシャレで機能的な備前焼皿が見つかる!毎日の食事を楽しく華やかにしませんか?

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、キッチン雑貨をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいキッチン雑貨が充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「備前焼皿」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ