「備前焼湯呑」 の関連商品を含む検索結果 5件

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
萩焼 波多野 善蔵 波多野指月窯 湯呑

Amazon

64,800

萩焼 波多野 善蔵 波多野指月窯 湯呑

波多野善蔵 唐津の出身で幼少のころより中里無庵の一家と親しく陶土とも身近にふれあい、その後唐津、伊万里で修行後萩焼窯元指月窯の養子となり萩焼名工の吉賀大眉からも指導を受けるようになります 制作当初は山口県展や日展に出品・入選を重ねていましたが1977年に日本伝統工芸展に初入選となり以降、同展を中心に出品、81年には日本工芸会賞を受賞など活躍を示し2002年には山口県指定無形文化財の認定を受けます。 伝統の萩焼の技法を用いた茶陶から現代的な雰囲気の花器類など幅広く製作し特に釉薬の発色に優れた井戸茶碗などに祐作を残しました。 略歴 師匠:波多野指月 吉賀大眉 昭和17年 唐津に生れ 昭和47年 山口県美術展知事賞 昭和48年 日展入選(3回) 昭和49年 現代工芸展入選(3回) 昭和50年 九州・山口陶磁展で第一席を受賞 昭和52年 日本伝統工芸展入選(以後25回) 昭和53年 日本工芸会山口支部展で支部長賞を受賞 昭和56年 日本伝統工芸展日本工芸会賞 昭和57年 山口県芸術文化振興奨励賞受賞 昭和61年 田部美術館茶の湯造形展優秀賞 平成 4年 山口県選奨を受ける 日本の陶芸今100選展出品 平成 9年 ぎゃらりい栗本にて個展 平成14年 山口県指定無形文化祭保持者認定 平成15年 ぎゃらりい栗本にて個展

送料無料
平清水焼 青龍窯 残雪 夫婦湯呑

Amazon

25,920

平清水焼 青龍窯 残雪 夫婦湯呑

平清水焼の歴史 平清水焼は山形市の東南、全山を松の木で覆われた千歳山の南麗に位置する平清水で興りました。 文化年間(1804~1818年)に同村の人丹羽治左衛門が他の土地から陶工を招き、千歳山の土をもって窯業を行ったのが始まりとされています。 青龍窯の歴史 丹羽治左衛門の流れを汲む青龍窯は、明治初期に丹羽丈助を初代に開窯しました。 時代の変化の中で、磁器・陶器を造りつづける事で、昭和20年千歳山の原土に含まれている鉄分を活かした青瓷を創り出し「梨青瓷」と命名しました。 現在は、四代目丹羽良知がこの伝統を受け継ぎ、今日では梨青瓷のみにとらわれず、「残雪」等を創り自由な釉調と土味を活かした作陶に精進しております。 特色 地元の原土を用い、主に轆轤(ろくろ)成形による手作業によって製造を行っております。 釉薬は山形の雪景色を思わせる白色の《残雪》と、原土の鉄分を活かし梨地の様な風合いに仕上げた《梨青瓷》を特徴としております。 商品について全体に焼成時に生じたと思われる貫入が少々あります。 商品としては、損傷ではなく元々あったものです。 貫入(カンニュウ・甘入・磁貫・ヘアライン) 釉薬のガラス質に入った浅いヒビのこと。 おもに陶磁器を焼き上げたあとの冷却過程で、陶土と釉薬の収縮率のちがいから生じます。 作品を寝かせているあいだ、ピン、ピン、と風鈴のように澄んだ音をたてて貫入がうまれていくようすは、静謐なうつくしさを感じさせます。

優れものキッチン雑貨の備前焼湯呑、発売中!上質で素敵なデザインたくさんあります♪毎日の料理を楽しくするキッチン雑貨。オシャレで機能的な備前焼湯呑が見つかる!毎日の食事を楽しく華やかにしませんか?

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、キッチン雑貨をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいキッチン雑貨が充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「備前焼湯呑」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ