「神棚位置」 の検索結果 244件

神具 御簾2尺用 20号 【約幅53cm・下がり9cm】 [箱宮用] 神前用 神棚用 【上品】

おまかせ工房

4,860

神具 御簾2尺用 20号 【約幅53cm・下がり9cm】 [箱宮用] 神前用 神棚用 【上品】

その他の箱宮用御簾 【神具】御簾一社用[箱宮用] 【神具】御簾1尺6寸用[箱宮用] 【神具】御簾2尺用[箱宮用] 【神具】御簾2尺7寸用[箱宮用] 【神具】神棚 中型サイズ用 神棚ケース専用の御簾[箱宮用] 【神具】神棚 小型サイズ用 神棚ケース専用の御簾[箱宮用] 神棚扉用御簾(小)【お宮・神棚用】【約幅9センチ・下がり16センチ】 【神具】神棚扉用御簾(中)【約幅10.5センチ・下がり17センチ】 【神具】神棚扉用御簾(大)【約幅12.5センチ・下がり19センチ】 神棚の祭り方についてのまとめ(さらに詳しくはコチラ) ■神棚の位置 明るく、家族全員親しみ易い所、拝礼のしやすい場所で南向きに置くのが良いとされています。また神棚を仏壇と同じ部屋に置く場合は向かい合わせにしないのがルールです。 ■神棚の方向 部屋の北側に安置し南方に向けるか西側 に安置して東方にむけるのがよいとされています。 ■神棚を購入するときのポイント ここが気になるところだと思います。同じ形なのに値段がさまざまあり、初めての方にはわかりずらい面があるかと思います。神棚は一般に檜(ひのき)や檜葉(ひば)材の白木製のものが多く、特に柾(まさ)目の物が最上とされています。つまり木のどの部分で製作していくかが価格の差でもあります。また、むやみに大きいものは必要ありませんし、豪華である必要もありません ■しめ縄(注連縄) 神聖な場所を区別する意味のしるしです。 本の太い方 を向かって右にします。 ■お神札 三社宮の場合中央が最上位、次が向かって右、その次が左です。従って大神宮様が中央、氏神様が向かって右、その他の神様を左に奉安いたします。一社宮の場合は一番前が大神宮様その後に氏神様、その後にその他の神様を奉安いたします。 ■神棚を取り替える時期...

神具 御簾1尺6寸用 16号 【約幅44cm・下がり9cm】 [箱宮用] 神前用 神棚用 【上品】

おまかせ工房

4,298

神具 御簾1尺6寸用 16号 【約幅44cm・下がり9cm】 [箱宮用] 神前用 神棚用 【上品】

その他の箱宮用御簾 【神具】御簾一社用[箱宮用] 【神具】御簾1尺6寸用[箱宮用] 【神具】御簾2尺用[箱宮用] 【神具】御簾2尺7寸用[箱宮用] 【神具】神棚 中型サイズ用 神棚ケース専用の御簾[箱宮用] 【神具】神棚 小型サイズ用 神棚ケース専用の御簾[箱宮用] 神棚扉用御簾(小)【お宮・神棚用】【約幅9センチ・下がり16センチ】 【神具】神棚扉用御簾(中)【約幅10.5センチ・下がり17センチ】 【神具】神棚扉用御簾(大)【約幅12.5センチ・下がり19センチ】 神棚の祭り方についてのまとめ(さらに詳しくはコチラ) ■神棚の位置 明るく、家族全員親しみ易い所、拝礼のしやすい場所で南向きに置くのが良いとされています。また神棚を仏壇と同じ部屋に置く場合は向かい合わせにしないのがルールです。 ■神棚の方向 部屋の北側に安置し南方に向けるか西側 に安置して東方にむけるのがよいとされています。 ■神棚を購入するときのポイント ここが気になるところだと思います。同じ形なのに値段がさまざまあり、初めての方にはわかりずらい面があるかと思います。神棚は一般に檜(ひのき)や檜葉(ひば)材の白木製のものが多く、特に柾(まさ)目の物が最上とされています。つまり木のどの部分で製作していくかが価格の差でもあります。また、むやみに大きいものは必要ありませんし、豪華である必要もありません ■しめ縄(注連縄) 神聖な場所を区別する意味のしるしです。 本の太い方 を向かって右にします。 ■お神札 三社宮の場合中央が最上位、次が向かって右、その次が左です。従って大神宮様が中央、氏神様が向かって右、その他の神様を左に奉安いたします。一社宮の場合は一番前が大神宮様その後に氏神様、その後にその他の神様を奉安いたします。 ■神棚を取り替える時期...

送料無料
滝田商店ブランド 祖霊舎 神徒壇 地袋付型40号(山印) 桧材 高さ122cm×巾67cm 神道 霊璽 御霊代 御霊舎 日本製

Amazon

277,560

滝田商店ブランド 祖霊舎 神徒壇 地袋付型40号(山印) 桧材 高さ122cm×巾67cm 神道 霊璽 御霊代 御霊舎 日本製

滝田商店ブランド品質の証である滝田商店発行「証明書」付き。全国どこでも送料無料で配送いたします。神道(しんとう)では、故人や先祖の御霊(みたま)はその家の守護神となり子孫を守るといわれています。故人や先祖の御霊を祀る祖霊舎は、神徒壇、御霊舎、祭壇宮ともいわれ、仏式の仏壇に当たるものです。祖霊舎はその中に故人や先祖の御霊が宿る霊璽(れいじ)を祀りますので、神社のお神札(ふだ)を祀る神棚とは別に安置します。神棚の下や隣に安置することもありますが、祖霊舎の位置が神棚より低くなるよう安置します。南向きか東向きで、家族みんながお参りしやすい場所がよいとされています。祖霊舎は五十日祭を終えた新しい御霊を祀るものですから、五十日祭までに用意して安置されることが多いです。新しい祖霊舎を購入された場合は、五十日祭のときに神社の神職にお願いしてお祓いをして頂き、霊璽を祖霊舎の中に祀ります。祖霊舎には霊璽を祀る奥の内扉がついていますので、その中に霊璽を納めます。祖霊舎の外扉は常に開けておくのが一般的ですが、霊璽を祀る奥の内扉は閉めておきます。祖霊舎のお供えは神棚と同じように、お米・お塩・お水・お酒・榊などをお供えします。他に季節の物や、故人の好物などもお供えします。お参りの仕方も神棚と同じように、2回お辞儀をし、2回拍手(かしわで)を打ち、1回お辞儀をする「二拝(にはい)・二拍手(にはくしゅ)・一拝(いっぱい)」の作法でお参りします。

神棚 三社 富士三社 通し屋根三社 小型サイズ 尾州桧 【上品】

おまかせ工房

38,880

神棚 三社 富士三社 通し屋根三社 小型サイズ 尾州桧 【上品】

屋根違い三社、通し屋根の神棚三社では壁掛けや棚板などと組み合わせて、神前幕、御簾、しめ縄を掛けたりもします。 日本製神棚には一社、三社、五社、七社があり、レトロデザインから箱型、モダンデザインまで豊富です。 神棚セット、神具セットは基本的なものが一通り揃っているので、届いたその日に祭れると思います。 雲板を付けると空が開けると思いますので、桧雲は定番といったところでしょう。 神棚の向き、方角、飾り方などは「神棚について」のページにて詳しく解説をしてあります。 こちらの宮形はサイズが他にもございます 【神具】通し屋根神殿三社富士(大)(神棚) 【神具】通し屋根神殿三社富士(中)(神棚) 【神具】通し屋根神殿三社富士(小)(神棚) 神棚の祭り方についてのまとめ(さらに詳しくはコチラ) ■神棚の位置 明るく、家族全員親しみ易い所、拝礼のしやすい場所で南向きに置くのが良いとされています。また神棚を仏壇と同じ部屋に置く場合は向かい合わせにしないのがルールです。 ■神棚の方向 部屋の北側に安置し南方に向けるか西側 に安置して東方にむけるのがよいとされています。 ■神棚を購入するときのポイント ここが気になるところだと思います。同じ形なのに値段がさまざまあり、初めての方にはわかりずらい面があるかと思います。神棚は一般に檜(ひのき)や檜葉(ひば)材の白木製のものが多く、特に柾(まさ)目の物が最上とされています。つまり木のどの部分で製作していくかが価格の差でもあります。また、むやみに大きいものは必要ありませんし、豪華である必要もありません ■しめ縄(注連縄) 神聖な場所を区別する意味のしるしです。 本の太い方 を向かって右にします。 ■お神札 三社宮の場合中央が最上位、次が向かって右、その次が左です。従って大神宮様が中央、氏神様が向かって右...

送料無料
滝田商店ブランド 祖霊舎 壁掛けモダン 神徒壇 とこしえ 神具セット付 高さ40cm×巾40.5cm 壁に付けられる御霊舎 日本製

Amazon

86,000

滝田商店ブランド 祖霊舎 壁掛けモダン 神徒壇 とこしえ 神具セット付 高さ40cm×巾40.5cm 壁に付けられる御霊舎 日本製

滝田商店ブランド品質の証である滝田商店発行「証明書」付き。全国どこでも送料無料で配送いたします。神道(しんとう)では、故人や先祖の御霊(みたま)はその家の守護神となり子孫を守るといわれています。故人や先祖の御霊を祀る祖霊舎は、神徒壇、御霊舎、祭壇宮ともいわれ、仏式の仏壇に当たるものです。祖霊舎はその中に故人や先祖の御霊が宿る霊璽(れいじ)を祀りますので、神社のお神札(ふだ)を祀る神棚とは別に安置します。神棚の下や隣に安置することもありますが、祖霊舎の位置が神棚より低くなるよう安置します。南向きか東向きで、家族みんながお参りしやすい場所がよいとされています。祖霊舎は五十日祭を終えた新しい御霊を祀るものですから、五十日祭までに用意して安置されることが多いです。新しい祖霊舎を購入された場合は、五十日祭のときに神社の神職にお願いしてお祓いをして頂き、霊璽を祖霊舎の中に祀ります。祖霊舎には霊璽を祀る奥の内扉がついていますので、その中に霊璽を納めます。祖霊舎の外扉は常に開けておくのが一般的ですが、霊璽を祀る奥の内扉は閉めておきます。祖霊舎のお供えは神棚と同じように、お米・お塩・お水・お酒・榊などをお供えします。他に季節の物や、故人の好物などもお供えします。お参りの仕方も神棚と同じように、2回お辞儀をし、2回拍手(かしわで)を打ち、1回お辞儀をする「二拝(にはい)・二拍手(にはくしゅ)・一拝(いっぱい)」の作法でお参りします。

送料無料
滝田商店ブランド 祖霊舎 モダン・家具調 神徒壇 18号 神具セット付 高さ53cm×巾38cm 神道 霊璽 ミニ 御霊舎 日本製

Amazon

59,800

滝田商店ブランド 祖霊舎 モダン・家具調 神徒壇 18号 神具セット付 高さ53cm×巾38cm 神道 霊璽 ミニ 御霊舎 日本製

滝田商店ブランド品質の証である滝田商店発行「証明書」付き。全国どこでも送料無料で配送いたします。神道(しんとう)では、故人や先祖の御霊(みたま)はその家の守護神となり子孫を守るといわれています。故人や先祖の御霊を祀る祖霊舎は、神徒壇、御霊舎、祭壇宮ともいわれ、仏式の仏壇に当たるものです。祖霊舎はその中に故人や先祖の御霊が宿る霊璽(れいじ)を祀りますので、神社のお神札(ふだ)を祀る神棚とは別に安置します。神棚の下や隣に安置することもありますが、祖霊舎の位置が神棚より低くなるよう安置します。南向きか東向きで、家族みんながお参りしやすい場所がよいとされています。祖霊舎は五十日祭を終えた新しい御霊を祀るものですから、五十日祭までに用意して安置されることが多いです。新しい祖霊舎を購入された場合は、五十日祭のときに神社の神職にお願いしてお祓いをして頂き、霊璽を祖霊舎の中に祀ります。祖霊舎には霊璽を祀る奥の内扉がついていますので、その中に霊璽を納めます。祖霊舎の外扉は常に開けておくのが一般的ですが、霊璽を祀る奥の内扉は閉めておきます。祖霊舎のお供えは神棚と同じように、お米・お塩・お水・お酒・榊などをお供えします。他に季節の物や、故人の好物などもお供えします。お参りの仕方も神棚と同じように、2回お辞儀をし、2回拍手(かしわで)を打ち、1回お辞儀をする「二拝(にはい)・二拍手(にはくしゅ)・一拝(いっぱい)」の作法でお参りします。

神具 神棚扉用御簾 (中) 【約幅10.5cm・下がり17cm】 神前用 神棚用 【上品】

おまかせ工房

2,160

神具 神棚扉用御簾 (中) 【約幅10.5cm・下がり17cm】 神前用 神棚用 【上品】

※この大きさの神具についてはメール便でも出荷ができます(単品のみ)→→→コチラ(御簾のメール便) その他の箱宮用御簾 【神具】御簾一社用[箱宮用] 【神具】御簾1尺6寸用[箱宮用] 【神具】御簾2尺用[箱宮用] 【神具】御簾2尺7寸用[箱宮用] 【神具】神棚 中型サイズ用 神棚ケース専用の御簾[箱宮用] 【神具】神棚 小型サイズ用 神棚ケース専用の御簾[箱宮用] 神棚扉用御簾(小)【お宮・神棚用】【約幅9センチ・下がり16センチ】 【神具】神棚扉用御簾(中)【約幅10.5センチ・下がり17センチ】 【神具】神棚扉用御簾(大)【約幅12.5センチ・下がり19センチ】 神棚の祭り方についてのまとめ(さらに詳しくはコチラ) ■神棚の位置 明るく、家族全員親しみ易い所、拝礼のしやすい場所で南向きに置くのが良いとされています。また神棚を仏壇と同じ部屋に置く場合は向かい合わせにしないのがルールです。 ■神棚の方向 部屋の北側に安置し南方に向けるか西側 に安置して東方にむけるのがよいとされています。 ■神棚を購入するときのポイント ここが気になるところだと思います。同じ形なのに値段がさまざまあり、初めての方にはわかりずらい面があるかと思います。神棚は一般に檜(ひのき)や檜葉(ひば)材の白木製のものが多く、特に柾(まさ)目の物が最上とされています。つまり木のどの部分で製作していくかが価格の差でもあります。また、むやみに大きいものは必要ありませんし、豪華である必要もありません ■しめ縄(注連縄) 神聖な場所を区別する意味のしるしです。 本の太い方 を向かって右にします。 ■お神札 三社宮の場合中央が最上位、次が向かって右、その次が左です。従って大神宮様が中央、氏神様が向かって右、その他の神様を左に奉安いたします。一社宮の場合は一番前が大神宮様その後に氏...

送料無料
滝田商店ブランド 祖霊舎 モダン・家具調 神徒壇 ダーク 18号(内欄間) 神具セット付 高さ57cm×巾50cm 御霊舎 日本製

Amazon

132,000

滝田商店ブランド 祖霊舎 モダン・家具調 神徒壇 ダーク 18号(内欄間) 神具セット付 高さ57cm×巾50cm 御霊舎 日本製

滝田商店ブランド品質の証である滝田商店発行「証明書」付き。全国どこでも送料無料で配送いたします。神道(しんとう)では、故人や先祖の御霊(みたま)はその家の守護神となり子孫を守るといわれています。故人や先祖の御霊を祀る祖霊舎は、神徒壇、御霊舎、祭壇宮ともいわれ、仏式の仏壇に当たるものです。祖霊舎はその中に故人や先祖の御霊が宿る霊璽(れいじ)を祀りますので、神社のお神札(ふだ)を祀る神棚とは別に安置します。神棚の下や隣に安置することもありますが、祖霊舎の位置が神棚より低くなるよう安置します。南向きか東向きで、家族みんながお参りしやすい場所がよいとされています。祖霊舎は五十日祭を終えた新しい御霊を祀るものですから、五十日祭までに用意して安置されることが多いです。新しい祖霊舎を購入された場合は、五十日祭のときに神社の神職にお願いしてお祓いをして頂き、霊璽を祖霊舎の中に祀ります。祖霊舎には霊璽を祀る奥の内扉がついていますので、その中に霊璽を納めます。祖霊舎の外扉は常に開けておくのが一般的ですが、霊璽を祀る奥の内扉は閉めておきます。祖霊舎のお供えは神棚と同じように、お米・お塩・お水・お酒・榊などをお供えします。他に季節の物や、故人の好物などもお供えします。お参りの仕方も神棚と同じように、2回お辞儀をし、2回拍手(かしわで)を打ち、1回お辞儀をする「二拝(にはい)・二拍手(にはくしゅ)・一拝(いっぱい)」の作法でお参りします。

送料無料
滝田商店ブランド 祖霊舎 モダン ミニ 神徒壇 ことね 12号 神具セット付き 高さ39cm×巾35cm 霊璽 御霊舎 日本製

Amazon

108,000

滝田商店ブランド 祖霊舎 モダン ミニ 神徒壇 ことね 12号 神具セット付き 高さ39cm×巾35cm 霊璽 御霊舎 日本製

滝田商店ブランド品質の証である滝田商店発行「証明書」付き。全国どこでも送料無料で配送いたします。神道(しんとう)では、故人や先祖の御霊(みたま)はその家の守護神となり子孫を守るといわれています。故人や先祖の御霊を祀る祖霊舎は、神徒壇、御霊舎、祭壇宮ともいわれ、仏式の仏壇に当たるものです。祖霊舎はその中に故人や先祖の御霊が宿る霊璽(れいじ)を祀りますので、神社のお神札(ふだ)を祀る神棚とは別に安置します。神棚の下や隣に安置することもありますが、祖霊舎の位置が神棚より低くなるよう安置します。南向きか東向きで、家族みんながお参りしやすい場所がよいとされています。祖霊舎は五十日祭を終えた新しい御霊を祀るものですから、五十日祭までに用意して安置されることが多いです。新しい祖霊舎を購入された場合は、五十日祭のときに神社の神職にお願いしてお祓いをして頂き、霊璽を祖霊舎の中に祀ります。祖霊舎には霊璽を祀る奥の内扉がついていますので、その中に霊璽を納めます。祖霊舎の外扉は常に開けておくのが一般的ですが、霊璽を祀る奥の内扉は閉めておきます。祖霊舎のお供えは神棚と同じように、お米・お塩・お水・お酒・榊などをお供えします。他に季節の物や、故人の好物などもお供えします。お参りの仕方も神棚と同じように、2回お辞儀をし、2回拍手(かしわで)を打ち、1回お辞儀をする「二拝(にはい)・二拍手(にはくしゅ)・一拝(いっぱい)」の作法でお参りします。

神棚 一社 茅葦神明一社 小型サイズ 【上品】

おまかせ工房

84,240

神棚 一社 茅葦神明一社 小型サイズ 【上品】

画像は拡大できます(極上茅葦屋通し神殿三社がモデル) こちらの品質で製作している神棚は全部で6種類ございます。 【神具】茅葦神明神殿一社(小)(神棚) 【神具】茅葦神明神殿一社(中)(神棚) 【神具】茅葦神明神殿一社(大)(神棚) 【神具】茅葦通し神殿三社(神棚) 【神具】極上茅葦屋通し神殿三社(神棚) 【神具】極上茅葦屋根違い神殿三社(神棚) 神棚の祭り方についてのまとめ(さらに詳しくはコチラ) ■神棚の位置 明るく、家族全員親しみ易い所、拝礼のしやすい場所で南向きに置くのが良いとされています。また神棚を仏壇と同じ部屋に置く場合は向かい合わせにしないのがルールです。 ■神棚の方向 部屋の北側に安置し南方に向けるか西側 に安置して東方にむけるのがよいとされています。 ■神棚を購入するときのポイント ここが気になるところだと思います。同じ形なのに値段がさまざまあり、初めての方にはわかりずらい面があるかと思います。神棚は一般に檜(ひのき)や檜葉(ひば)材の白木製のものが多く、特に柾(まさ)目の物が最上とされています。つまり木のどの部分で製作していくかが価格の差でもあります。また、むやみに大きいものは必要ありませんし、豪華である必要もありません ■しめ縄(注連縄) 神聖な場所を区別する意味のしるしです。 本の太い方 を向かって右にします。 ■お神札 三社宮の場合中央が最上位、次が向かって右、その次が左です。従って大神宮様が中央、氏神様が向かって右、その他の神様を左に奉安いたします。一社宮の場合は一番前が大神宮様その後に氏神様、その後にその他の神様を奉安いたします。 ■神棚を取り替える時期 神棚を取り替える時期もいろいろあり地方では毎年神棚を新しくする場合もあります。一般的には5年~10年が多いようです。 古くなった神棚は...

送料無料
滝田商店ブランド 祖霊舎 モダン・家具調 神徒壇 ダーク 18号 神具セット付き 高さ53cm×巾38cm ミニ 御霊舎 日本製

Amazon

73,800

滝田商店ブランド 祖霊舎 モダン・家具調 神徒壇 ダーク 18号 神具セット付き 高さ53cm×巾38cm ミニ 御霊舎 日本製

滝田商店ブランド品質の証である滝田商店発行「証明書」付き。全国どこでも送料無料で配送いたします。神道(しんとう)では、故人や先祖の御霊(みたま)はその家の守護神となり子孫を守るといわれています。故人や先祖の御霊を祀る祖霊舎は、神徒壇、御霊舎、祭壇宮ともいわれ、仏式の仏壇に当たるものです。祖霊舎はその中に故人や先祖の御霊が宿る霊璽(れいじ)を祀りますので、神社のお神札(ふだ)を祀る神棚とは別に安置します。神棚の下や隣に安置することもありますが、祖霊舎の位置が神棚より低くなるよう安置します。南向きか東向きで、家族みんながお参りしやすい場所がよいとされています。祖霊舎は五十日祭を終えた新しい御霊を祀るものですから、五十日祭までに用意して安置されることが多いです。新しい祖霊舎を購入された場合は、五十日祭のときに神社の神職にお願いしてお祓いをして頂き、霊璽を祖霊舎の中に祀ります。祖霊舎には霊璽を祀る奥の内扉がついていますので、その中に霊璽を納めます。祖霊舎の外扉は常に開けておくのが一般的ですが、霊璽を祀る奥の内扉は閉めておきます。祖霊舎のお供えは神棚と同じように、お米・お塩・お水・お酒・榊などをお供えします。他に季節の物や、故人の好物などもお供えします。お参りの仕方も神棚と同じように、2回お辞儀をし、2回拍手(かしわで)を打ち、1回お辞儀をする「二拝(にはい)・二拍手(にはくしゅ)・一拝(いっぱい)」の作法でお参りします。

送料無料
滝田商店ブランド 祖霊舎 モダン・家具調 神徒壇 ダーク 45号(山印) 神具セット付き 高136cm×巾49cm 御霊舎 日本製

Amazon

213,500

滝田商店ブランド 祖霊舎 モダン・家具調 神徒壇 ダーク 45号(山印) 神具セット付き 高136cm×巾49cm 御霊舎 日本製

滝田商店ブランド品質の証である滝田商店発行「証明書」付き。全国どこでも送料無料で配送いたします。神道(しんとう)では、故人や先祖の御霊(みたま)はその家の守護神となり子孫を守るといわれています。故人や先祖の御霊を祀る祖霊舎は、神徒壇、御霊舎、祭壇宮ともいわれ、仏式の仏壇に当たるものです。祖霊舎はその中に故人や先祖の御霊が宿る霊璽(れいじ)を祀りますので、神社のお神札(ふだ)を祀る神棚とは別に安置します。神棚の下や隣に安置することもありますが、祖霊舎の位置が神棚より低くなるよう安置します。南向きか東向きで、家族みんながお参りしやすい場所がよいとされています。祖霊舎は五十日祭を終えた新しい御霊を祀るものですから、五十日祭までに用意して安置されることが多いです。新しい祖霊舎を購入された場合は、五十日祭のときに神社の神職にお願いしてお祓いをして頂き、霊璽を祖霊舎の中に祀ります。祖霊舎には霊璽を祀る奥の内扉がついていますので、その中に霊璽を納めます。祖霊舎の外扉は常に開けておくのが一般的ですが、霊璽を祀る奥の内扉は閉めておきます。祖霊舎のお供えは神棚と同じように、お米・お塩・お水・お酒・榊などをお供えします。他に季節の物や、故人の好物などもお供えします。お参りの仕方も神棚と同じように、2回お辞儀をし、2回拍手(かしわで)を打ち、1回お辞儀をする「二拝(にはい)・二拍手(にはくしゅ)・一拝(いっぱい)」の作法でお参りします。

神棚 三社 弥栄三社 屋根違い三社 中型サイズ 【上品】

おまかせ工房

30,024

神棚 三社 弥栄三社 屋根違い三社 中型サイズ 【上品】

神棚と同時に購入される方が多いので神殿ケースのご紹介です。 屋根違い三社神殿(中用)ケース サイズが合えば他の神棚でも入ります。 こちらの宮形はサイズが他にもございます 【神具】弥栄屋根違い神殿三社(大)(神棚) 【神具】弥栄屋根違い神殿三社(中)(神棚) 【神具】弥栄屋根違い神殿三社(小)(神棚) 【神具】弥栄屋根違い神殿七社(神棚) 【神具】弥栄屋根違い神殿五社(神棚) 神棚の祭り方についてのまとめ(さらに詳しくはコチラ) ■神棚の位置 明るく、家族全員親しみ易い所、拝礼のしやすい場所で南向きに置くのが良いとされています。また神棚を仏壇と同じ部屋に置く場合は向かい合わせにしないのがルールです。 ■神棚の方向 部屋の北側に安置し南方に向けるか西側 に安置して東方にむけるのがよいとされています。 ■神棚を購入するときのポイント ここが気になるところだと思います。同じ形なのに値段がさまざまあり、初めての方にはわかりずらい面があるかと思います。神棚は一般に檜(ひのき)や檜葉(ひば)材の白木製のものが多く、特に柾(まさ)目の物が最上とされています。つまり木のどの部分で製作していくかが価格の差でもあります。また、むやみに大きいものは必要ありませんし、豪華である必要もありません ■しめ縄(注連縄) 神聖な場所を区別する意味のしるしです。 本の太い方 を向かって右にします。 ■お神札 三社宮の場合中央が最上位、次が向かって右、その次が左です。従って大神宮様が中央、氏神様が向かって右、その他の神様を左に奉安いたします。一社宮の場合は一番前が大神宮様その後に氏神様、その後にその他の神様を奉安いたします。 ■神棚を取り替える時期 神棚を取り替える時期もいろいろあり地方では毎年神棚を新しくする場合もあります。一般的には5年~10年が多いようです。...

送料無料
滝田商店ブランド 祖霊舎 神徒壇 25号(内欄間) 高さ76cm×巾57cm 神道の霊璽(御霊代)を祀る 御霊舎 日本製

Amazon

153,360

滝田商店ブランド 祖霊舎 神徒壇 25号(内欄間) 高さ76cm×巾57cm 神道の霊璽(御霊代)を祀る 御霊舎 日本製

滝田商店ブランド品質の証である滝田商店発行「証明書」付き。全国どこでも送料無料で配送いたします。神道(しんとう)では、故人や先祖の御霊(みたま)はその家の守護神となり子孫を守るといわれています。故人や先祖の御霊を祀る祖霊舎は、神徒壇、御霊舎、祭壇宮ともいわれ、仏式の仏壇に当たるものです。祖霊舎はその中に故人や先祖の御霊が宿る霊璽(れいじ)を祀りますので、神社のお神札(ふだ)を祀る神棚とは別に安置します。神棚の下や隣に安置することもありますが、祖霊舎の位置が神棚より低くなるよう安置します。南向きか東向きで、家族みんながお参りしやすい場所がよいとされています。祖霊舎は五十日祭を終えた新しい御霊を祀るものですから、五十日祭までに用意して安置されることが多いです。新しい祖霊舎を購入された場合は、五十日祭のときに神社の神職にお願いしてお祓いをして頂き、霊璽を祖霊舎の中に祀ります。祖霊舎には霊璽を祀る奥の内扉がついていますので、その中に霊璽を納めます。祖霊舎の外扉は常に開けておくのが一般的ですが、霊璽を祀る奥の内扉は閉めておきます。祖霊舎のお供えは神棚と同じように、お米・お塩・お水・お酒・榊などをお供えします。他に季節の物や、故人の好物などもお供えします。お参りの仕方も神棚と同じように、2回お辞儀をし、2回拍手(かしわで)を打ち、1回お辞儀をする「二拝(にはい)・二拍手(にはくしゅ)・一拝(いっぱい)」の作法でお参りします。※天然の木材のため、木目はそれぞれ異なりますのでご了承願います。

送料無料
滝田商店ブランド 祖霊舎 神徒壇 25号(杜印) 桧材 高さ76cm×巾60cm 神道の霊璽(御霊代)を祀る 御霊舎 日本製

Amazon

277,714

滝田商店ブランド 祖霊舎 神徒壇 25号(杜印) 桧材 高さ76cm×巾60cm 神道の霊璽(御霊代)を祀る 御霊舎 日本製

滝田商店ブランド品質の証である滝田商店発行「証明書」付き。全国どこでも送料無料で配送いたします。神道(しんとう)では、故人や先祖の御霊(みたま)はその家の守護神となり子孫を守るといわれています。故人や先祖の御霊を祀る祖霊舎は、神徒壇、御霊舎、祭壇宮ともいわれ、仏式の仏壇に当たるものです。祖霊舎はその中に故人や先祖の御霊が宿る霊璽(れいじ)を祀りますので、神社のお神札(ふだ)を祀る神棚とは別に安置します。神棚の下や隣に安置することもありますが、祖霊舎の位置が神棚より低くなるよう安置します。南向きか東向きで、家族みんながお参りしやすい場所がよいとされています。祖霊舎は五十日祭を終えた新しい御霊を祀るものですから、五十日祭までに用意して安置されることが多いです。新しい祖霊舎を購入された場合は、五十日祭のときに神社の神職にお願いしてお祓いをして頂き、霊璽を祖霊舎の中に祀ります。祖霊舎には霊璽を祀る奥の内扉がついていますので、その中に霊璽を納めます。祖霊舎の外扉は常に開けておくのが一般的ですが、霊璽を祀る奥の内扉は閉めておきます。祖霊舎のお供えは神棚と同じように、お米・お塩・お水・お酒・榊などをお供えします。他に季節の物や、故人の好物などもお供えします。お参りの仕方も神棚と同じように、2回お辞儀をし、2回拍手(かしわで)を打ち、1回お辞儀をする「二拝(にはい)・二拍手(にはくしゅ)・一拝(いっぱい)」の作法でお参りします。

神棚 三社 明治三社 唐戸 通し屋根三社 尾州桧 中型サイズ 【上品】

おまかせ工房

33,264

神棚 三社 明治三社 唐戸 通し屋根三社 尾州桧 中型サイズ 【上品】

屋根違い三社、通し屋根の神棚三社では壁掛けや棚板などと組み合わせて、神前幕、御簾、しめ縄を掛けたりもします。 日本製神棚には一社、三社、五社、七社があり、レトロデザインから箱型、モダンデザインまで豊富です。 神棚セット、神具セットは基本的なものが一通り揃っているので、届いたその日に祭れると思います。 雲板を付けると空が開けると思いますので、桧雲は定番といったところでしょう。 神棚の向き、方角、飾り方などは「神棚について」のページにて詳しく解説をしてあります。 こちらの宮形はサイズが他にもございます 【神具】明治神殿三社(金具)(大)(神棚) 【神具】明治神殿三社(金具)(中)(神棚) 【神具】明治神殿三社(唐戸)(大)(神棚) 【神具】明治神殿三社(唐戸)(中)(神棚) 神棚の祭り方についてのまとめ(さらに詳しくはコチラ) ■神棚の位置 明るく、家族全員親しみ易い所、拝礼のしやすい場所で南向きに置くのが良いとされています。また神棚を仏壇と同じ部屋に置く場合は向かい合わせにしないのがルールです。 ■神棚の方向 部屋の北側に安置し南方に向けるか西側 に安置して東方にむけるのがよいとされています。 ■神棚を購入するときのポイント ここが気になるところだと思います。同じ形なのに値段がさまざまあり、初めての方にはわかりずらい面があるかと思います。神棚は一般に檜(ひのき)や檜葉(ひば)材の白木製のものが多く、特に柾(まさ)目の物が最上とされています。つまり木のどの部分で製作していくかが価格の差でもあります。また、むやみに大きいものは必要ありませんし、豪華である必要もありません ■しめ縄(注連縄) 神聖な場所を区別する意味のしるしです。 本の太い方 を向かって右にします。 ■お神札 三社宮の場合中央が最上位、次が向かって右、その次が左です...

送料無料
滝田商店ブランド 祖霊舎 モダン・家具調 神徒壇 ダーク 18号 高53cm×巾38cm 神道 霊璽 御霊代 ミニ 御霊舎 日本製

Amazon

68,800

滝田商店ブランド 祖霊舎 モダン・家具調 神徒壇 ダーク 18号 高53cm×巾38cm 神道 霊璽 御霊代 ミニ 御霊舎 日本製

滝田商店ブランド品質の証である滝田商店発行「証明書」付き。全国どこでも送料無料で配送いたします。神道(しんとう)では、故人や先祖の御霊(みたま)はその家の守護神となり子孫を守るといわれています。故人や先祖の御霊を祀る祖霊舎は、神徒壇、御霊舎、祭壇宮ともいわれ、仏式の仏壇に当たるものです。祖霊舎はその中に故人や先祖の御霊が宿る霊璽(れいじ)を祀りますので、神社のお神札(ふだ)を祀る神棚とは別に安置します。神棚の下や隣に安置することもありますが、祖霊舎の位置が神棚より低くなるよう安置します。南向きか東向きで、家族みんながお参りしやすい場所がよいとされています。祖霊舎は五十日祭を終えた新しい御霊を祀るものですから、五十日祭までに用意して安置されることが多いです。新しい祖霊舎を購入された場合は、五十日祭のときに神社の神職にお願いしてお祓いをして頂き、霊璽を祖霊舎の中に祀ります。祖霊舎には霊璽を祀る奥の内扉がついていますので、その中に霊璽を納めます。祖霊舎の外扉は常に開けておくのが一般的ですが、霊璽を祀る奥の内扉は閉めておきます。祖霊舎のお供えは神棚と同じように、お米・お塩・お水・お酒・榊などをお供えします。他に季節の物や、故人の好物などもお供えします。お参りの仕方も神棚と同じように、2回お辞儀をし、2回拍手(かしわで)を打ち、1回お辞儀をする「二拝(にはい)・二拍手(にはくしゅ)・一拝(いっぱい)」の作法でお参りします。

送料無料
滝田商店ブランド 祖霊舎 モダン・家具調 神徒壇 ダーク 18号(内欄間) 高さ57cm×巾50cm 神道 ミニ 御霊舎 日本製

Amazon

129,000

滝田商店ブランド 祖霊舎 モダン・家具調 神徒壇 ダーク 18号(内欄間) 高さ57cm×巾50cm 神道 ミニ 御霊舎 日本製

滝田商店ブランド品質の証である滝田商店発行「証明書」付き。全国どこでも送料無料で配送いたします。神道(しんとう)では、故人や先祖の御霊(みたま)はその家の守護神となり子孫を守るといわれています。故人や先祖の御霊を祀る祖霊舎は、神徒壇、御霊舎、祭壇宮ともいわれ、仏式の仏壇に当たるものです。祖霊舎はその中に故人や先祖の御霊が宿る霊璽(れいじ)を祀りますので、神社のお神札(ふだ)を祀る神棚とは別に安置します。神棚の下や隣に安置することもありますが、祖霊舎の位置が神棚より低くなるよう安置します。南向きか東向きで、家族みんながお参りしやすい場所がよいとされています。祖霊舎は五十日祭を終えた新しい御霊を祀るものですから、五十日祭までに用意して安置されることが多いです。新しい祖霊舎を購入された場合は、五十日祭のときに神社の神職にお願いしてお祓いをして頂き、霊璽を祖霊舎の中に祀ります。祖霊舎には霊璽を祀る奥の内扉がついていますので、その中に霊璽を納めます。祖霊舎の外扉は常に開けておくのが一般的ですが、霊璽を祀る奥の内扉は閉めておきます。祖霊舎のお供えは神棚と同じように、お米・お塩・お水・お酒・榊などをお供えします。他に季節の物や、故人の好物などもお供えします。お参りの仕方も神棚と同じように、2回お辞儀をし、2回拍手(かしわで)を打ち、1回お辞儀をする「二拝(にはい)・二拍手(にはくしゅ)・一拝(いっぱい)」の作法でお参りします。

神棚 三社 極上茅葦屋根違い三社 【上品】

おまかせ工房

462,240

神棚 三社 極上茅葦屋根違い三社 【上品】

画像は拡大できます(極上茅葦屋通し神殿三社がモデル) こちらの品質で製作している神棚は全部で6種類ございます。 【神具】茅葦神明神殿一社(小)(神棚) 【神具】茅葦神明神殿一社(中)(神棚) 【神具】茅葦神明神殿一社(大)(神棚) 【神具】茅葦通し神殿三社(神棚) 【神具】極上茅葦屋通し神殿三社(神棚) 【神具】極上茅葦屋根違い神殿三社(神棚) 神棚の祭り方についてのまとめ(さらに詳しくはコチラ) ■神棚の位置 明るく、家族全員親しみ易い所、拝礼のしやすい場所で南向きに置くのが良いとされています。また神棚を仏壇と同じ部屋に置く場合は向かい合わせにしないのがルールです。 ■神棚の方向 部屋の北側に安置し南方に向けるか西側 に安置して東方にむけるのがよいとされています。 ■神棚を購入するときのポイント ここが気になるところだと思います。同じ形なのに値段がさまざまあり、初めての方にはわかりずらい面があるかと思います。神棚は一般に檜(ひのき)や檜葉(ひば)材の白木製のものが多く、特に柾(まさ)目の物が最上とされています。つまり木のどの部分で製作していくかが価格の差でもあります。また、むやみに大きいものは必要ありませんし、豪華である必要もありません ■しめ縄(注連縄) 神聖な場所を区別する意味のしるしです。 本の太い方 を向かって右にします。 ■お神札 三社宮の場合中央が最上位、次が向かって右、その次が左です。従って大神宮様が中央、氏神様が向かって右、その他の神様を左に奉安いたします。一社宮の場合は一番前が大神宮様その後に氏神様、その後にその他の神様を奉安いたします。 ■神棚を取り替える時期 神棚を取り替える時期もいろいろあり地方では毎年神棚を新しくする場合もあります。一般的には5年~10年が多いようです。 古くなった神棚は...

送料無料
滝田商店ブランド 祖霊舎 モダン・家具調 神徒壇 45号(山印) 神具セット付き 高136cm×巾49cm 神道 御霊舎 日本製

Amazon

184,680

滝田商店ブランド 祖霊舎 モダン・家具調 神徒壇 45号(山印) 神具セット付き 高136cm×巾49cm 神道 御霊舎 日本製

滝田商店ブランド品質の証である滝田商店発行「証明書」付き。全国どこでも送料無料で配送いたします。神道(しんとう)では、故人や先祖の御霊(みたま)はその家の守護神となり子孫を守るといわれています。故人や先祖の御霊を祀る祖霊舎は、神徒壇、御霊舎、祭壇宮ともいわれ、仏式の仏壇に当たるものです。祖霊舎はその中に故人や先祖の御霊が宿る霊璽(れいじ)を祀りますので、神社のお神札(ふだ)を祀る神棚とは別に安置します。神棚の下や隣に安置することもありますが、祖霊舎の位置が神棚より低くなるよう安置します。南向きか東向きで、家族みんながお参りしやすい場所がよいとされています。祖霊舎は五十日祭を終えた新しい御霊を祀るものですから、五十日祭までに用意して安置されることが多いです。新しい祖霊舎を購入された場合は、五十日祭のときに神社の神職にお願いしてお祓いをして頂き、霊璽を祖霊舎の中に祀ります。祖霊舎には霊璽を祀る奥の内扉がついていますので、その中に霊璽を納めます。祖霊舎の外扉は常に開けておくのが一般的ですが、霊璽を祀る奥の内扉は閉めておきます。祖霊舎のお供えは神棚と同じように、お米・お塩・お水・お酒・榊などをお供えします。他に季節の物や、故人の好物などもお供えします。お参りの仕方も神棚と同じように、2回お辞儀をし、2回拍手(かしわで)を打ち、1回お辞儀をする「二拝(にはい)・二拍手(にはくしゅ)・一拝(いっぱい)」の作法でお参りします。

送料無料
滝田商店ブランド 祖霊舎 神徒壇 30号(山印) 高さ91cm×巾66cm 神道の霊璽(御霊代)を祀る 御霊舎 祭壇宮 日本製

Amazon

190,080

滝田商店ブランド 祖霊舎 神徒壇 30号(山印) 高さ91cm×巾66cm 神道の霊璽(御霊代)を祀る 御霊舎 祭壇宮 日本製

滝田商店ブランド品質の証である滝田商店発行「証明書」付き。全国どこでも送料無料で配送いたします。神道(しんとう)では、故人や先祖の御霊(みたま)はその家の守護神となり子孫を守るといわれています。故人や先祖の御霊を祀る祖霊舎は、神徒壇、御霊舎、祭壇宮ともいわれ、仏式の仏壇に当たるものです。祖霊舎はその中に故人や先祖の御霊が宿る霊璽(れいじ)を祀りますので、神社のお神札(ふだ)を祀る神棚とは別に安置します。神棚の下や隣に安置することもありますが、祖霊舎の位置が神棚より低くなるよう安置します。南向きか東向きで、家族みんながお参りしやすい場所がよいとされています。祖霊舎は五十日祭を終えた新しい御霊を祀るものですから、五十日祭までに用意して安置されることが多いです。新しい祖霊舎を購入された場合は、五十日祭のときに神社の神職にお願いしてお祓いをして頂き、霊璽を祖霊舎の中に祀ります。祖霊舎には霊璽を祀る奥の内扉がついていますので、その中に霊璽を納めます。祖霊舎の外扉は常に開けておくのが一般的ですが、霊璽を祀る奥の内扉は閉めておきます。祖霊舎のお供えは神棚と同じように、お米・お塩・お水・お酒・榊などをお供えします。他に季節の物や、故人の好物などもお供えします。お参りの仕方も神棚と同じように、2回お辞儀をし、2回拍手(かしわで)を打ち、1回お辞儀をする「二拝(にはい)・二拍手(にはくしゅ)・一拝(いっぱい)」の作法でお参りします。※天然の木材のため、木目はそれぞれ異なりますのでご了承願います。

神棚 一社 茅葦神明一社 大型サイズ 【上品】

おまかせ工房

127,440

神棚 一社 茅葦神明一社 大型サイズ 【上品】

画像は拡大できます(極上茅葦屋通し神殿三社がモデル) こちらの品質で製作している神棚は全部で6種類ございます。 【神具】茅葦神明神殿一社(小)(神棚) 【神具】茅葦神明神殿一社(中)(神棚) 【神具】茅葦神明神殿一社(大)(神棚) 【神具】茅葦通し神殿三社(神棚) 【神具】極上茅葦屋通し神殿三社(神棚) 【神具】極上茅葦屋根違い神殿三社(神棚) 神棚の祭り方についてのまとめ(さらに詳しくはコチラ) ■神棚の位置 明るく、家族全員親しみ易い所、拝礼のしやすい場所で南向きに置くのが良いとされています。また神棚を仏壇と同じ部屋に置く場合は向かい合わせにしないのがルールです。 ■神棚の方向 部屋の北側に安置し南方に向けるか西側 に安置して東方にむけるのがよいとされています。 ■神棚を購入するときのポイント ここが気になるところだと思います。同じ形なのに値段がさまざまあり、初めての方にはわかりずらい面があるかと思います。神棚は一般に檜(ひのき)や檜葉(ひば)材の白木製のものが多く、特に柾(まさ)目の物が最上とされています。つまり木のどの部分で製作していくかが価格の差でもあります。また、むやみに大きいものは必要ありませんし、豪華である必要もありません ■しめ縄(注連縄) 神聖な場所を区別する意味のしるしです。 本の太い方 を向かって右にします。 ■お神札 三社宮の場合中央が最上位、次が向かって右、その次が左です。従って大神宮様が中央、氏神様が向かって右、その他の神様を左に奉安いたします。一社宮の場合は一番前が大神宮様その後に氏神様、その後にその他の神様を奉安いたします。 ■神棚を取り替える時期 神棚を取り替える時期もいろいろあり地方では毎年神棚を新しくする場合もあります。一般的には5年~10年が多いようです。 古くなった神棚は...

送料無料
滝田商店ブランド 祖霊舎 モダン・家具調 神徒壇 20号 神具セット付 高さ61cm×巾46cm 神道 霊璽 ミニ 御霊舎 日本製

Amazon

69,800

滝田商店ブランド 祖霊舎 モダン・家具調 神徒壇 20号 神具セット付 高さ61cm×巾46cm 神道 霊璽 ミニ 御霊舎 日本製

滝田商店ブランド品質の証である滝田商店発行「証明書」付き。全国どこでも送料無料で配送いたします。神道(しんとう)では、故人や先祖の御霊(みたま)はその家の守護神となり子孫を守るといわれています。故人や先祖の御霊を祀る祖霊舎は、神徒壇、御霊舎、祭壇宮ともいわれ、仏式の仏壇に当たるものです。祖霊舎はその中に故人や先祖の御霊が宿る霊璽(れいじ)を祀りますので、神社のお神札(ふだ)を祀る神棚とは別に安置します。神棚の下や隣に安置することもありますが、祖霊舎の位置が神棚より低くなるよう安置します。南向きか東向きで、家族みんながお参りしやすい場所がよいとされています。祖霊舎は五十日祭を終えた新しい御霊を祀るものですから、五十日祭までに用意して安置されることが多いです。新しい祖霊舎を購入された場合は、五十日祭のときに神社の神職にお願いしてお祓いをして頂き、霊璽を祖霊舎の中に祀ります。祖霊舎には霊璽を祀る奥の内扉がついていますので、その中に霊璽を納めます。祖霊舎の外扉は常に開けておくのが一般的ですが、霊璽を祀る奥の内扉は閉めておきます。祖霊舎のお供えは神棚と同じように、お米・お塩・お水・お酒・榊などをお供えします。他に季節の物や、故人の好物などもお供えします。お参りの仕方も神棚と同じように、2回お辞儀をし、2回拍手(かしわで)を打ち、1回お辞儀をする「二拝(にはい)・二拍手(にはくしゅ)・一拝(いっぱい)」の作法でお参りします。

送料無料
滝田商店ブランド 祖霊舎 モダン・家具調 神徒壇 50号(弦印) 高さ150cm×巾56cm 神道 霊璽 御霊代 御霊舎 日本製

Amazon

185,820

滝田商店ブランド 祖霊舎 モダン・家具調 神徒壇 50号(弦印) 高さ150cm×巾56cm 神道 霊璽 御霊代 御霊舎 日本製

滝田商店ブランド品質の証である滝田商店発行「証明書」付き。全国どこでも送料無料で配送いたします。神道(しんとう)では、故人や先祖の御霊(みたま)はその家の守護神となり子孫を守るといわれています。故人や先祖の御霊を祀る祖霊舎は、神徒壇、御霊舎、祭壇宮ともいわれ、仏式の仏壇に当たるものです。祖霊舎はその中に故人や先祖の御霊が宿る霊璽(れいじ)を祀りますので、神社のお神札(ふだ)を祀る神棚とは別に安置します。神棚の下や隣に安置することもありますが、祖霊舎の位置が神棚より低くなるよう安置します。南向きか東向きで、家族みんながお参りしやすい場所がよいとされています。祖霊舎は五十日祭を終えた新しい御霊を祀るものですから、五十日祭までに用意して安置されることが多いです。新しい祖霊舎を購入された場合は、五十日祭のときに神社の神職にお願いしてお祓いをして頂き、霊璽を祖霊舎の中に祀ります。祖霊舎には霊璽を祀る奥の内扉がついていますので、その中に霊璽を納めます。祖霊舎の外扉は常に開けておくのが一般的ですが、霊璽を祀る奥の内扉は閉めておきます。祖霊舎のお供えは神棚と同じように、お米・お塩・お水・お酒・榊などをお供えします。他に季節の物や、故人の好物などもお供えします。お参りの仕方も神棚と同じように、2回お辞儀をし、2回拍手(かしわで)を打ち、1回お辞儀をする「二拝(にはい)・二拍手(にはくしゅ)・一拝(いっぱい)」の作法でお参りします。

神具 神棚扉用御簾 (大) 【約幅12.5cm・下がり19cm】 神前用 神棚用 【上品】

おまかせ工房

2,160

神具 神棚扉用御簾 (大) 【約幅12.5cm・下がり19cm】 神前用 神棚用 【上品】

※この大きさの神具についてはメール便でも出荷ができます(単品のみ)→→→コチラ(御簾のメール便) その他の箱宮用御簾 【神具】御簾一社用[箱宮用] 【神具】御簾1尺6寸用[箱宮用] 【神具】御簾2尺用[箱宮用] 【神具】御簾2尺7寸用[箱宮用] 【神具】神棚 中型サイズ用 神棚ケース専用の御簾[箱宮用] 【神具】神棚 小型サイズ用 神棚ケース専用の御簾[箱宮用] 神棚扉用御簾(小)【お宮・神棚用】【約幅9センチ・下がり16センチ】 【神具】神棚扉用御簾(中)【約幅10.5センチ・下がり17センチ】 【神具】神棚扉用御簾(大)【約幅12.5センチ・下がり19センチ】 神棚の祭り方についてのまとめ(さらに詳しくはコチラ) ■神棚の位置 明るく、家族全員親しみ易い所、拝礼のしやすい場所で南向きに置くのが良いとされています。また神棚を仏壇と同じ部屋に置く場合は向かい合わせにしないのがルールです。 ■神棚の方向 部屋の北側に安置し南方に向けるか西側 に安置して東方にむけるのがよいとされています。 ■神棚を購入するときのポイント ここが気になるところだと思います。同じ形なのに値段がさまざまあり、初めての方にはわかりずらい面があるかと思います。神棚は一般に檜(ひのき)や檜葉(ひば)材の白木製のものが多く、特に柾(まさ)目の物が最上とされています。つまり木のどの部分で製作していくかが価格の差でもあります。また、むやみに大きいものは必要ありませんし、豪華である必要もありません ■しめ縄(注連縄) 神聖な場所を区別する意味のしるしです。 本の太い方 を向かって右にします。 ■お神札 三社宮の場合中央が最上位、次が向かって右、その次が左です。従って大神宮様が中央、氏神様が向かって右、その他の神様を左に奉安いたします。一社宮の場合は一番前が大神宮様その後に氏...

送料無料
滝田商店ブランド 祖霊舎 神徒壇 18号(内欄間) 高さ56cm×巾51cm 神道の霊璽(御霊代)を祀る 御霊舎 祭壇宮 日本製

Amazon

136,080

滝田商店ブランド 祖霊舎 神徒壇 18号(内欄間) 高さ56cm×巾51cm 神道の霊璽(御霊代)を祀る 御霊舎 祭壇宮 日本製

滝田商店ブランド品質の証である滝田商店発行「証明書」付き。全国どこでも送料無料で配送いたします。神道(しんとう)では、故人や先祖の御霊(みたま)はその家の守護神となり子孫を守るといわれています。故人や先祖の御霊を祀る祖霊舎は、神徒壇、御霊舎、祭壇宮ともいわれ、仏式の仏壇に当たるものです。祖霊舎はその中に故人や先祖の御霊が宿る霊璽(れいじ)を祀りますので、神社のお神札(ふだ)を祀る神棚とは別に安置します。神棚の下や隣に安置することもありますが、祖霊舎の位置が神棚より低くなるよう安置します。南向きか東向きで、家族みんながお参りしやすい場所がよいとされています。祖霊舎は五十日祭を終えた新しい御霊を祀るものですから、五十日祭までに用意して安置されることが多いです。新しい祖霊舎を購入された場合は、五十日祭のときに神社の神職にお願いしてお祓いをして頂き、霊璽を祖霊舎の中に祀ります。祖霊舎には霊璽を祀る奥の内扉がついていますので、その中に霊璽を納めます。祖霊舎の外扉は常に開けておくのが一般的ですが、霊璽を祀る奥の内扉は閉めておきます。祖霊舎のお供えは神棚と同じように、お米・お塩・お水・お酒・榊などをお供えします。他に季節の物や、故人の好物などもお供えします。お参りの仕方も神棚と同じように、2回お辞儀をし、2回拍手(かしわで)を打ち、1回お辞儀をする「二拝(にはい)・二拍手(にはくしゅ)・一拝(いっぱい)」の作法でお参りします。※ 天然の木材のため、木目はそれぞれ異なりますのでご了承願います。※天然の木材のため、木目はそれぞれ異なりますのでご了承願います。

送料無料
滝田商店ブランド 祖霊舎 モダン・家具調 神徒壇 18号 高さ53cm×巾38cm 神道の霊璽(御霊代)を祀る 御霊舎 日本製

Amazon

49,800

滝田商店ブランド 祖霊舎 モダン・家具調 神徒壇 18号 高さ53cm×巾38cm 神道の霊璽(御霊代)を祀る 御霊舎 日本製

滝田商店ブランド品質の証である滝田商店発行「証明書」付き。全国どこでも送料無料で配送いたします。神道(しんとう)では、故人や先祖の御霊(みたま)はその家の守護神となり子孫を守るといわれています。故人や先祖の御霊を祀る祖霊舎は、神徒壇、御霊舎、祭壇宮ともいわれ、仏式の仏壇に当たるものです。祖霊舎はその中に故人や先祖の御霊が宿る霊璽(れいじ)を祀りますので、神社のお神札(ふだ)を祀る神棚とは別に安置します。神棚の下や隣に安置することもありますが、祖霊舎の位置が神棚より低くなるよう安置します。南向きか東向きで、家族みんながお参りしやすい場所がよいとされています。祖霊舎は五十日祭を終えた新しい御霊を祀るものですから、五十日祭までに用意して安置されることが多いです。新しい祖霊舎を購入された場合は、五十日祭のときに神社の神職にお願いしてお祓いをして頂き、霊璽を祖霊舎の中に祀ります。祖霊舎には霊璽を祀る奥の内扉がついていますので、その中に霊璽を納めます。祖霊舎の外扉は常に開けておくのが一般的ですが、霊璽を祀る奥の内扉は閉めておきます。祖霊舎のお供えは神棚と同じように、お米・お塩・お水・お酒・榊などをお供えします。他に季節の物や、故人の好物などもお供えします。お参りの仕方も神棚と同じように、2回お辞儀をし、2回拍手(かしわで)を打ち、1回お辞儀をする「二拝(にはい)・二拍手(にはくしゅ)・一拝(いっぱい)」の作法でお参りします。

神棚 三社 厚屋根三社 通し屋根三社 尾州桧 小型サイズ 御簾付き 【上品】

おまかせ工房

96,984

神棚 三社 厚屋根三社 通し屋根三社 尾州桧 小型サイズ 御簾付き 【上品】

こちらの品質で製作している神棚は全部で4種類ございます。 【神具】通し屋根神殿三社厚屋根(小)(神棚) 【神具】通し屋根神殿三社厚屋根(中)(神棚) 【神具】通し屋根神殿三社厚屋根(大)(神棚)   【神具】通し屋根神殿三社厚屋根(特大)(神棚) 神棚の祭り方についてのまとめ(さらに詳しくはコチラ) ■神棚の位置 明るく、家族全員親しみ易い所、拝礼のしやすい場所で南向きに置くのが良いとされています。また神棚を仏壇と同じ部屋に置く場合は向かい合わせにしないのがルールです。 ■神棚の方向 部屋の北側に安置し南方に向けるか西側 に安置して東方にむけるのがよいとされています。 ■神棚を購入するときのポイント ここが気になるところだと思います。同じ形なのに値段がさまざまあり、初めての方にはわかりずらい面があるかと思います。神棚は一般に檜(ひのき)や檜葉(ひば)材の白木製のものが多く、特に柾(まさ)目の物が最上とされています。つまり木のどの部分で製作していくかが価格の差でもあります。また、むやみに大きいものは必要ありませんし、豪華である必要もありません ■しめ縄(注連縄) 神聖な場所を区別する意味のしるしです。 本の太い方 を向かって右にします。 ■お神札 三社宮の場合中央が最上位、次が向かって右、その次が左です。従って大神宮様が中央、氏神様が向かって右、その他の神様を左に奉安いたします。一社宮の場合は一番前が大神宮様その後に氏神様、その後にその他の神様を奉安いたします。 ■神棚を取り替える時期 神棚を取り替える時期もいろいろあり地方では毎年神棚を新しくする場合もあります。一般的には5年~10年が多いようです。 古くなった神棚は、お近くの神社でお札同様焼納していただけます。汚れてきたら取り替えたほうが良いと思います...

送料無料
滝田商店ブランド 祖霊舎 神徒壇 地袋付型40号(山印) 桧材 神具セット付き 高さ122cm×巾67cm 神道 御霊舎 日本製

Amazon

306,396

滝田商店ブランド 祖霊舎 神徒壇 地袋付型40号(山印) 桧材 神具セット付き 高さ122cm×巾67cm 神道 御霊舎 日本製

滝田商店ブランド品質の証である滝田商店発行「証明書」付き。全国どこでも送料無料で配送いたします。神道(しんとう)では、故人や先祖の御霊(みたま)はその家の守護神となり子孫を守るといわれています。故人や先祖の御霊を祀る祖霊舎は、神徒壇、御霊舎、祭壇宮ともいわれ、仏式の仏壇に当たるものです。祖霊舎はその中に故人や先祖の御霊が宿る霊璽(れいじ)を祀りますので、神社のお神札(ふだ)を祀る神棚とは別に安置します。神棚の下や隣に安置することもありますが、祖霊舎の位置が神棚より低くなるよう安置します。南向きか東向きで、家族みんながお参りしやすい場所がよいとされています。祖霊舎は五十日祭を終えた新しい御霊を祀るものですから、五十日祭までに用意して安置されることが多いです。新しい祖霊舎を購入された場合は、五十日祭のときに神社の神職にお願いしてお祓いをして頂き、霊璽を祖霊舎の中に祀ります。祖霊舎には霊璽を祀る奥の内扉がついていますので、その中に霊璽を納めます。祖霊舎の外扉は常に開けておくのが一般的ですが、霊璽を祀る奥の内扉は閉めておきます。祖霊舎のお供えは神棚と同じように、お米・お塩・お水・お酒・榊などをお供えします。他に季節の物や、故人の好物などもお供えします。お参りの仕方も神棚と同じように、2回お辞儀をし、2回拍手(かしわで)を打ち、1回お辞儀をする「二拝(にはい)・二拍手(にはくしゅ)・一拝(いっぱい)」の作法でお参りします。

送料無料
滝田商店ブランド 祖霊舎 神徒壇 20号(山印) 高さ61cm×巾52cm 神道の霊璽(御霊代)を祀る 御霊舎 祭壇宮 日本製

Amazon

101,314

滝田商店ブランド 祖霊舎 神徒壇 20号(山印) 高さ61cm×巾52cm 神道の霊璽(御霊代)を祀る 御霊舎 祭壇宮 日本製

滝田商店ブランド品質の証である滝田商店発行「証明書」付き。全国どこでも送料無料で配送いたします。神道(しんとう)では、故人や先祖の御霊(みたま)はその家の守護神となり子孫を守るといわれています。故人や先祖の御霊を祀る祖霊舎は、神徒壇、御霊舎、祭壇宮ともいわれ、仏式の仏壇に当たるものです。祖霊舎はその中に故人や先祖の御霊が宿る霊璽(れいじ)を祀りますので、神社のお神札(ふだ)を祀る神棚とは別に安置します。神棚の下や隣に安置することもありますが、祖霊舎の位置が神棚より低くなるよう安置します。南向きか東向きで、家族みんながお参りしやすい場所がよいとされています。祖霊舎は五十日祭を終えた新しい御霊を祀るものですから、五十日祭までに用意して安置されることが多いです。新しい祖霊舎を購入された場合は、五十日祭のときに神社の神職にお願いしてお祓いをして頂き、霊璽を祖霊舎の中に祀ります。祖霊舎には霊璽を祀る奥の内扉がついていますので、その中に霊璽を納めます。祖霊舎の外扉は常に開けておくのが一般的ですが、霊璽を祀る奥の内扉は閉めておきます。祖霊舎のお供えは神棚と同じように、お米・お塩・お水・お酒・榊などをお供えします。他に季節の物や、故人の好物などもお供えします。お参りの仕方も神棚と同じように、2回お辞儀をし、2回拍手(かしわで)を打ち、1回お辞儀をする「二拝(にはい)・二拍手(にはくしゅ)・一拝(いっぱい)」の作法でお参りします。※天然の木材のため、木目はそれぞれ異なりますのでご了承願います。

神棚 三社 神明三社 屋根違い三社 尾州桧 小型サイズ 【上品】

おまかせ工房

25,704

神棚 三社 神明三社 屋根違い三社 尾州桧 小型サイズ 【上品】

こちらの宮形はサイズが他にもございます 【神具】神明神殿三社(大)(神棚) 【神具】神明神殿三社(中)(神棚) 【神具】神明神殿三社(小)(神棚) 【神具】神明神殿七社(神棚) 【神具】神明神殿五社(神棚) 神棚の祭り方についてのまとめ(さらに詳しくはコチラ) ■神棚の位置 明るく、家族全員親しみ易い所、拝礼のしやすい場所で南向きに置くのが良いとされています。また神棚を仏壇と同じ部屋に置く場合は向かい合わせにしないのがルールです。 ■神棚の方向 部屋の北側に安置し南方に向けるか西側 に安置して東方にむけるのがよいとされています。 ■神棚を購入するときのポイント ここが気になるところだと思います。同じ形なのに値段がさまざまあり、初めての方にはわかりずらい面があるかと思います。神棚は一般に檜(ひのき)や檜葉(ひば)材の白木製のものが多く、特に柾(まさ)目の物が最上とされています。つまり木のどの部分で製作していくかが価格の差でもあります。また、むやみに大きいものは必要ありませんし、豪華である必要もありません ■しめ縄(注連縄) 神聖な場所を区別する意味のしるしです。 本の太い方 を向かって右にします。 ■お神札 三社宮の場合中央が最上位、次が向かって右、その次が左です。従って大神宮様が中央、氏神様が向かって右、その他の神様を左に奉安いたします。一社宮の場合は一番前が大神宮様その後に氏神様、その後にその他の神様を奉安いたします。 ■神棚を取り替える時期 神棚を取り替える時期もいろいろあり地方では毎年神棚を新しくする場合もあります。一般的には5年~10年が多いようです。 古くなった神棚は、お近くの神社でお札同様焼納していただけます。汚れてきたら取り替えたほうが良いと思います。神棚は先祖代々受け継ぐというものではありません。 ■神拝の作法...

送料無料
滝田商店ブランド 祖霊舎 神徒壇 23号(山印) 神具セット付き 高さ70cm×巾52cm 神道 霊璽 御霊代 御霊舎 日本製

Amazon

127,415

滝田商店ブランド 祖霊舎 神徒壇 23号(山印) 神具セット付き 高さ70cm×巾52cm 神道 霊璽 御霊代 御霊舎 日本製

滝田商店ブランド品質の証である滝田商店発行「証明書」付き。全国どこでも送料無料で配送いたします。神道(しんとう)では、故人や先祖の御霊(みたま)はその家の守護神となり子孫を守るといわれています。故人や先祖の御霊を祀る祖霊舎は、神徒壇、御霊舎、祭壇宮ともいわれ、仏式の仏壇に当たるものです。祖霊舎はその中に故人や先祖の御霊が宿る霊璽(れいじ)を祀りますので、神社のお神札(ふだ)を祀る神棚とは別に安置します。神棚の下や隣に安置することもありますが、祖霊舎の位置が神棚より低くなるよう安置します。南向きか東向きで、家族みんながお参りしやすい場所がよいとされています。祖霊舎は五十日祭を終えた新しい御霊を祀るものですから、五十日祭までに用意して安置されることが多いです。新しい祖霊舎を購入された場合は、五十日祭のときに神社の神職にお願いしてお祓いをして頂き、霊璽を祖霊舎の中に祀ります。祖霊舎には霊璽を祀る奥の内扉がついていますので、その中に霊璽を納めます。祖霊舎の外扉は常に開けておくのが一般的ですが、霊璽を祀る奥の内扉は閉めておきます。祖霊舎のお供えは神棚と同じように、お米・お塩・お水・お酒・榊などをお供えします。他に季節の物や、故人の好物などもお供えします。お参りの仕方も神棚と同じように、2回お辞儀をし、2回拍手(かしわで)を打ち、1回お辞儀をする「二拝(にはい)・二拍手(にはくしゅ)・一拝(いっぱい)」の作法でお参りします。※天然の木材のため、木目はそれぞれ異なりますのでご了承願います。

送料無料
滝田商店ブランド 祖霊舎 壁掛けモダン 神徒壇 とこしえ 高さ40cm×巾40.5cm 壁に付けられる ミニ 御霊舎 霊璽 日本製

Amazon

81,000

滝田商店ブランド 祖霊舎 壁掛けモダン 神徒壇 とこしえ 高さ40cm×巾40.5cm 壁に付けられる ミニ 御霊舎 霊璽 日本製

滝田商店ブランド品質の証である滝田商店発行「証明書」付き。全国どこでも送料無料で配送いたします。神道(しんとう)では、故人や先祖の御霊(みたま)はその家の守護神となり子孫を守るといわれています。故人や先祖の御霊を祀る祖霊舎は、神徒壇、御霊舎、祭壇宮ともいわれ、仏式の仏壇に当たるものです。祖霊舎はその中に故人や先祖の御霊が宿る霊璽(れいじ)を祀りますので、神社のお神札(ふだ)を祀る神棚とは別に安置します。神棚の下や隣に安置することもありますが、祖霊舎の位置が神棚より低くなるよう安置します。南向きか東向きで、家族みんながお参りしやすい場所がよいとされています。祖霊舎は五十日祭を終えた新しい御霊を祀るものですから、五十日祭までに用意して安置されることが多いです。新しい祖霊舎を購入された場合は、五十日祭のときに神社の神職にお願いしてお祓いをして頂き、霊璽を祖霊舎の中に祀ります。祖霊舎には霊璽を祀る奥の内扉がついていますので、その中に霊璽を納めます。祖霊舎の外扉は常に開けておくのが一般的ですが、霊璽を祀る奥の内扉は閉めておきます。祖霊舎のお供えは神棚と同じように、お米・お塩・お水・お酒・榊などをお供えします。他に季節の物や、故人の好物などもお供えします。お参りの仕方も神棚と同じように、2回お辞儀をし、2回拍手(かしわで)を打ち、1回お辞儀をする「二拝(にはい)・二拍手(にはくしゅ)・一拝(いっぱい)」の作法でお参りします。

神棚 三社 極上本神明三社 屋根違い三社 大型サイズ 【上品】

おまかせ工房

258,120

神棚 三社 極上本神明三社 屋根違い三社 大型サイズ 【上品】

こちらの品質で製作している神棚は全部で4種類ございます。 【神具】極上本神明神殿一社(神棚) 【神具】極上本神明屋根違い神殿三社(小)(神棚) 【神具】極上本神明屋根違い神殿三社(中)(神棚)   【神具】極上本神明屋根違い神殿三社(大)(神棚) 神棚の祭り方についてのまとめ(さらに詳しくはコチラ) ■神棚の位置 明るく、家族全員親しみ易い所、拝礼のしやすい場所で南向きに置くのが良いとされています。また神棚を仏壇と同じ部屋に置く場合は向かい合わせにしないのがルールです。 ■神棚の方向 部屋の北側に安置し南方に向けるか西側 に安置して東方にむけるのがよいとされています。 ■神棚を購入するときのポイント ここが気になるところだと思います。同じ形なのに値段がさまざまあり、初めての方にはわかりずらい面があるかと思います。神棚は一般に檜(ひのき)や檜葉(ひば)材の白木製のものが多く、特に柾(まさ)目の物が最上とされています。つまり木のどの部分で製作していくかが価格の差でもあります。また、むやみに大きいものは必要ありませんし、豪華である必要もありません ■しめ縄(注連縄) 神聖な場所を区別する意味のしるしです。 本の太い方 を向かって右にします。 ■お神札 三社宮の場合中央が最上位、次が向かって右、その次が左です。従って大神宮様が中央、氏神様が向かって右、その他の神様を左に奉安いたします。一社宮の場合は一番前が大神宮様その後に氏神様、その後にその他の神様を奉安いたします。 ■神棚を取り替える時期 神棚を取り替える時期もいろいろあり地方では毎年神棚を新しくする場合もあります。一般的には5年~10年が多いようです。 古くなった神棚は、お近くの神社でお札同様焼納していただけます。汚れてきたら取り替えたほうが良いと思います...

送料無料
滝田商店ブランド 祖霊舎 神徒壇 23号(内欄間) 神具セット付き 高さ70cm×巾53cm 神道 霊璽 御霊代 御霊舎 日本製

Amazon

167,940

滝田商店ブランド 祖霊舎 神徒壇 23号(内欄間) 神具セット付き 高さ70cm×巾53cm 神道 霊璽 御霊代 御霊舎 日本製

滝田商店ブランド品質の証である滝田商店発行「証明書」付き。全国どこでも送料無料で配送いたします。神道(しんとう)では、故人や先祖の御霊(みたま)はその家の守護神となり子孫を守るといわれています。故人や先祖の御霊を祀る祖霊舎は、神徒壇、御霊舎、祭壇宮ともいわれ、仏式の仏壇に当たるものです。祖霊舎はその中に故人や先祖の御霊が宿る霊璽(れいじ)を祀りますので、神社のお神札(ふだ)を祀る神棚とは別に安置します。神棚の下や隣に安置することもありますが、祖霊舎の位置が神棚より低くなるよう安置します。南向きか東向きで、家族みんながお参りしやすい場所がよいとされています。祖霊舎は五十日祭を終えた新しい御霊を祀るものですから、五十日祭までに用意して安置されることが多いです。新しい祖霊舎を購入された場合は、五十日祭のときに神社の神職にお願いしてお祓いをして頂き、霊璽を祖霊舎の中に祀ります。祖霊舎には霊璽を祀る奥の内扉がついていますので、その中に霊璽を納めます。祖霊舎の外扉は常に開けておくのが一般的ですが、霊璽を祀る奥の内扉は閉めておきます。祖霊舎のお供えは神棚と同じように、お米・お塩・お水・お酒・榊などをお供えします。他に季節の物や、故人の好物などもお供えします。お参りの仕方も神棚と同じように、2回お辞儀をし、2回拍手(かしわで)を打ち、1回お辞儀をする「二拝(にはい)・二拍手(にはくしゅ)・一拝(いっぱい)」の作法でお参りします。※天然の木材のため、木目はそれぞれ異なりますのでご了承願います。

送料無料
滝田商店ブランド 祖霊舎 神徒壇 23号(内欄間) 高さ70cm×巾53cm 神道の霊璽(御霊代)を祀る 御霊舎 日本製

Amazon

146,880

滝田商店ブランド 祖霊舎 神徒壇 23号(内欄間) 高さ70cm×巾53cm 神道の霊璽(御霊代)を祀る 御霊舎 日本製

滝田商店ブランド品質の証である滝田商店発行「証明書」付き。全国どこでも送料無料で配送いたします。神道(しんとう)では、故人や先祖の御霊(みたま)はその家の守護神となり子孫を守るといわれています。故人や先祖の御霊を祀る祖霊舎は、神徒壇、御霊舎、祭壇宮ともいわれ、仏式の仏壇に当たるものです。祖霊舎はその中に故人や先祖の御霊が宿る霊璽(れいじ)を祀りますので、神社のお神札(ふだ)を祀る神棚とは別に安置します。神棚の下や隣に安置することもありますが、祖霊舎の位置が神棚より低くなるよう安置します。南向きか東向きで、家族みんながお参りしやすい場所がよいとされています。祖霊舎は五十日祭を終えた新しい御霊を祀るものですから、五十日祭までに用意して安置されることが多いです。新しい祖霊舎を購入された場合は、五十日祭のときに神社の神職にお願いしてお祓いをして頂き、霊璽を祖霊舎の中に祀ります。祖霊舎には霊璽を祀る奥の内扉がついていますので、その中に霊璽を納めます。祖霊舎の外扉は常に開けておくのが一般的ですが、霊璽を祀る奥の内扉は閉めておきます。祖霊舎のお供えは神棚と同じように、お米・お塩・お水・お酒・榊などをお供えします。他に季節の物や、故人の好物などもお供えします。お参りの仕方も神棚と同じように、2回お辞儀をし、2回拍手(かしわで)を打ち、1回お辞儀をする「二拝(にはい)・二拍手(にはくしゅ)・一拝(いっぱい)」の作法でお参りします。※天然の木材のため、木目はそれぞれ異なりますのでご了承願います。

神棚 三社 ガラス箱宮18号三社 御簾付き中型サイズ 壁掛け可能 モダンな箱型 ガラスケース入り ガラス宮 幅1尺8寸サイズ 【上品】

おまかせ工房

29,592

神棚 三社 ガラス箱宮18号三社 御簾付き中型サイズ 壁掛け可能 モダンな箱型 ガラスケース入り ガラス宮 幅1尺8寸サイズ 【上品】

このタイプの箱宮は全部で4タイプ+別格1タイプの計5種類を製作しています。 箱宮の原型 ガラス箱宮本雅神殿(神棚) ガラス箱宮神殿12号(神棚) ガラス箱宮神殿16号(神棚) ガラス箱宮神殿18号(神棚) ガラス箱宮神殿20号(神棚) 神棚の祭り方についてのまとめ(さらに詳しくはコチラ) ■神棚の位置 明るく、家族全員親しみ易い所、拝礼のしやすい場所で南向きに置くのが良いとされています。また神棚を仏壇と同じ部屋に置く場合は向かい合わせにしないのがルールです。 ■神棚の方向 部屋の北側に安置し南方に向けるか西側 に安置して東方にむけるのがよいとされています。 ■神棚を購入するときのポイント ここが気になるところだと思います。同じ形なのに値段がさまざまあり、初めての方にはわかりずらい面があるかと思います。神棚は一般に檜(ひのき)や檜葉(ひば)材の白木製のものが多く、特に柾(まさ)目の物が最上とされています。つまり木のどの部分で製作していくかが価格の差でもあります。また、むやみに大きいものは必要ありませんし、豪華である必要もありません ■しめ縄(注連縄) 神聖な場所を区別する意味のしるしです。 本の太い方 を向かって右にします。 ■お神札 三社宮の場合中央が最上位、次が向かって右、その次が左です。従って大神宮様が中央、氏神様が向かって右、その他の神様を左に奉安いたします。一社宮の場合は一番前が大神宮様その後に氏神様、その後にその他の神様を奉安いたします。 ■神棚を取り替える時期 神棚を取り替える時期もいろいろあり地方では毎年神棚を新しくする場合もあります。一般的には5年~10年が多いようです。 古くなった神棚は、お近くの神社でお札同様焼納していただけます。汚れてきたら取り替えたほうが良いと思います。神棚は先祖代々受け継ぐというものではありま...

送料無料
滝田商店ブランド 祖霊舎 神徒壇 25号(杜印) 桧材 神具セット付き 高さ76cm×巾60cm 神道 霊璽 御霊舎 日本製

Amazon

298,774

滝田商店ブランド 祖霊舎 神徒壇 25号(杜印) 桧材 神具セット付き 高さ76cm×巾60cm 神道 霊璽 御霊舎 日本製

滝田商店ブランド品質の証である滝田商店発行「証明書」付き。全国どこでも送料無料で配送いたします。神道(しんとう)では、故人や先祖の御霊(みたま)はその家の守護神となり子孫を守るといわれています。故人や先祖の御霊を祀る祖霊舎は、神徒壇、御霊舎、祭壇宮ともいわれ、仏式の仏壇に当たるものです。祖霊舎はその中に故人や先祖の御霊が宿る霊璽(れいじ)を祀りますので、神社のお神札(ふだ)を祀る神棚とは別に安置します。神棚の下や隣に安置することもありますが、祖霊舎の位置が神棚より低くなるよう安置します。南向きか東向きで、家族みんながお参りしやすい場所がよいとされています。祖霊舎は五十日祭を終えた新しい御霊を祀るものですから、五十日祭までに用意して安置されることが多いです。新しい祖霊舎を購入された場合は、五十日祭のときに神社の神職にお願いしてお祓いをして頂き、霊璽を祖霊舎の中に祀ります。祖霊舎には霊璽を祀る奥の内扉がついていますので、その中に霊璽を納めます。祖霊舎の外扉は常に開けておくのが一般的ですが、霊璽を祀る奥の内扉は閉めておきます。祖霊舎のお供えは神棚と同じように、お米・お塩・お水・お酒・榊などをお供えします。他に季節の物や、故人の好物などもお供えします。お参りの仕方も神棚と同じように、2回お辞儀をし、2回拍手(かしわで)を打ち、1回お辞儀をする「二拝(にはい)・二拍手(にはくしゅ)・一拝(いっぱい)」の作法でお参りします。

送料無料
滝田商店ブランド 祖霊舎 モダン ミニ 神徒壇 ことね 12号 高さ39cm×巾35cm 神道 霊璽 御霊代 御霊舎 日本製

Amazon

99,360

滝田商店ブランド 祖霊舎 モダン ミニ 神徒壇 ことね 12号 高さ39cm×巾35cm 神道 霊璽 御霊代 御霊舎 日本製

滝田商店ブランド品質の証である滝田商店発行「証明書」付き。全国どこでも送料無料で配送いたします。神道(しんとう)では、故人や先祖の御霊(みたま)はその家の守護神となり子孫を守るといわれています。故人や先祖の御霊を祀る祖霊舎は、神徒壇、御霊舎、祭壇宮ともいわれ、仏式の仏壇に当たるものです。祖霊舎はその中に故人や先祖の御霊が宿る霊璽(れいじ)を祀りますので、神社のお神札(ふだ)を祀る神棚とは別に安置します。神棚の下や隣に安置することもありますが、祖霊舎の位置が神棚より低くなるよう安置します。南向きか東向きで、家族みんながお参りしやすい場所がよいとされています。祖霊舎は五十日祭を終えた新しい御霊を祀るものですから、五十日祭までに用意して安置されることが多いです。新しい祖霊舎を購入された場合は、五十日祭のときに神社の神職にお願いしてお祓いをして頂き、霊璽を祖霊舎の中に祀ります。祖霊舎には霊璽を祀る奥の内扉がついていますので、その中に霊璽を納めます。祖霊舎の外扉は常に開けておくのが一般的ですが、霊璽を祀る奥の内扉は閉めておきます。祖霊舎のお供えは神棚と同じように、お米・お塩・お水・お酒・榊などをお供えします。他に季節の物や、故人の好物などもお供えします。お参りの仕方も神棚と同じように、2回お辞儀をし、2回拍手(かしわで)を打ち、1回お辞儀をする「二拝(にはい)・二拍手(にはくしゅ)・一拝(いっぱい)」の作法でお参りします。

神棚 一社 極上本神明一社 【上品】

おまかせ工房

105,840

神棚 一社 極上本神明一社 【上品】

こちらの品質で製作している神棚は全部で4種類ございます。 【神具】極上本神明神殿一社(神棚) 【神具】極上本神明屋根違い神殿三社(小)(神棚) 【神具】極上本神明屋根違い神殿三社(中)(神棚)   【神具】極上本神明屋根違い神殿三社(大)(神棚) 神棚の祭り方についてのまとめ(さらに詳しくはコチラ) ■神棚の位置 明るく、家族全員親しみ易い所、拝礼のしやすい場所で南向きに置くのが良いとされています。また神棚を仏壇と同じ部屋に置く場合は向かい合わせにしないのがルールです。 ■神棚の方向 部屋の北側に安置し南方に向けるか西側 に安置して東方にむけるのがよいとされています。 ■神棚を購入するときのポイント ここが気になるところだと思います。同じ形なのに値段がさまざまあり、初めての方にはわかりずらい面があるかと思います。神棚は一般に檜(ひのき)や檜葉(ひば)材の白木製のものが多く、特に柾(まさ)目の物が最上とされています。つまり木のどの部分で製作していくかが価格の差でもあります。また、むやみに大きいものは必要ありませんし、豪華である必要もありません ■しめ縄(注連縄) 神聖な場所を区別する意味のしるしです。 本の太い方 を向かって右にします。 ■お神札 三社宮の場合中央が最上位、次が向かって右、その次が左です。従って大神宮様が中央、氏神様が向かって右、その他の神様を左に奉安いたします。一社宮の場合は一番前が大神宮様その後に氏神様、その後にその他の神様を奉安いたします。 ■神棚を取り替える時期 神棚を取り替える時期もいろいろあり地方では毎年神棚を新しくする場合もあります。一般的には5年~10年が多いようです。 古くなった神棚は、お近くの神社でお札同様焼納していただけます。汚れてきたら取り替えたほうが良いと思います...

送料無料
滝田商店ブランド 祖霊舎 神徒壇 20号(山印) 神具セット付き 高さ61cm×巾52cm 神道 霊璽 御霊代 御霊舎 日本製

Amazon

116,100

滝田商店ブランド 祖霊舎 神徒壇 20号(山印) 神具セット付き 高さ61cm×巾52cm 神道 霊璽 御霊代 御霊舎 日本製

滝田商店ブランド品質の証である滝田商店発行「証明書」付き。全国どこでも送料無料で配送いたします。神道(しんとう)では、故人や先祖の御霊(みたま)はその家の守護神となり子孫を守るといわれています。故人や先祖の御霊を祀る祖霊舎は、神徒壇、御霊舎、祭壇宮ともいわれ、仏式の仏壇に当たるものです。祖霊舎はその中に故人や先祖の御霊が宿る霊璽(れいじ)を祀りますので、神社のお神札(ふだ)を祀る神棚とは別に安置します。神棚の下や隣に安置することもありますが、祖霊舎の位置が神棚より低くなるよう安置します。南向きか東向きで、家族みんながお参りしやすい場所がよいとされています。祖霊舎は五十日祭を終えた新しい御霊を祀るものですから、五十日祭までに用意して安置されることが多いです。新しい祖霊舎を購入された場合は、五十日祭のときに神社の神職にお願いしてお祓いをして頂き、霊璽を祖霊舎の中に祀ります。祖霊舎には霊璽を祀る奥の内扉がついていますので、その中に霊璽を納めます。祖霊舎の外扉は常に開けておくのが一般的ですが、霊璽を祀る奥の内扉は閉めておきます。祖霊舎のお供えは神棚と同じように、お米・お塩・お水・お酒・榊などをお供えします。他に季節の物や、故人の好物などもお供えします。お参りの仕方も神棚と同じように、2回お辞儀をし、2回拍手(かしわで)を打ち、1回お辞儀をする「二拝(にはい)・二拍手(にはくしゅ)・一拝(いっぱい)」の作法でお参りします。※天然の木材のため、木目はそれぞれ異なりますのでご了承願います。

送料無料
滝田商店ブランド 祖霊舎 モダン・家具調 神徒壇 45号(弦印) 高さ135cm×巾51cm 神道 霊璽 御霊代 御霊舎 日本製

Amazon

159,840

滝田商店ブランド 祖霊舎 モダン・家具調 神徒壇 45号(弦印) 高さ135cm×巾51cm 神道 霊璽 御霊代 御霊舎 日本製

滝田商店ブランド品質の証である滝田商店発行「証明書」付き。全国どこでも送料無料で配送いたします。神道(しんとう)では、故人や先祖の御霊(みたま)はその家の守護神となり子孫を守るといわれています。故人や先祖の御霊を祀る祖霊舎は、神徒壇、御霊舎、祭壇宮ともいわれ、仏式の仏壇に当たるものです。祖霊舎はその中に故人や先祖の御霊が宿る霊璽(れいじ)を祀りますので、神社のお神札(ふだ)を祀る神棚とは別に安置します。神棚の下や隣に安置することもありますが、祖霊舎の位置が神棚より低くなるよう安置します。南向きか東向きで、家族みんながお参りしやすい場所がよいとされています。祖霊舎は五十日祭を終えた新しい御霊を祀るものですから、五十日祭までに用意して安置されることが多いです。新しい祖霊舎を購入された場合は、五十日祭のときに神社の神職にお願いしてお祓いをして頂き、霊璽を祖霊舎の中に祀ります。祖霊舎には霊璽を祀る奥の内扉がついていますので、その中に霊璽を納めます。祖霊舎の外扉は常に開けておくのが一般的ですが、霊璽を祀る奥の内扉は閉めておきます。祖霊舎のお供えは神棚と同じように、お米・お塩・お水・お酒・榊などをお供えします。他に季節の物や、故人の好物などもお供えします。お参りの仕方も神棚と同じように、2回お辞儀をし、2回拍手(かしわで)を打ち、1回お辞儀をする「二拝(にはい)・二拍手(にはくしゅ)・一拝(いっぱい)」の作法でお参りします。

神棚 三社 ガラス箱宮16号三社 御簾付き小型サイズ 壁掛け可能 モダンな箱型 ガラスケース入り ガラス宮 幅1尺6寸サイズ 【上品】

全2商品

22,140

神棚 三社 ガラス箱宮16号三社 御簾付き小型サイズ 壁掛け可能 モダンな箱型 ガラスケース入り ガラス宮 幅1尺6寸サイズ 【上品】

このタイプの箱宮は全部で4タイプ+別格1タイプの計5種類を製作しています。 箱宮の原型 ガラス箱宮本雅神殿(神棚) ガラス箱宮神殿12号(神棚) ガラス箱宮神殿16号(神棚) ガラス箱宮神殿18号(神棚) ガラス箱宮神殿20号(神棚) 神棚の祭り方についてのまとめ(さらに詳しくはコチラ) ■神棚の位置 明るく、家族全員親しみ易い所、拝礼のしやすい場所で南向きに置くのが良いとされています。また神棚を仏壇と同じ部屋に置く場合は向かい合わせにしないのがルールです。 ■神棚の方向 部屋の北側に安置し南方に向けるか西側 に安置して東方にむけるのがよいとされています。 ■神棚を購入するときのポイント ここが気になるところだと思います。同じ形なのに値段がさまざまあり、初めての方にはわかりずらい面があるかと思います。神棚は一般に檜(ひのき)や檜葉(ひば)材の白木製のものが多く、特に柾(まさ)目の物が最上とされています。つまり木のどの部分で製作していくかが価格の差でもあります。また、むやみに大きいものは必要ありませんし、豪華である必要もありません ■しめ縄(注連縄) 神聖な場所を区別する意味のしるしです。 本の太い方 を向かって右にします。 ■お神札 三社宮の場合中央が最上位、次が向かって右、その次が左です。従って大神宮様が中央、氏神様が向かって右、その他の神様を左に奉安いたします。一社宮の場合は一番前が大神宮様その後に氏神様、その後にその他の神様を奉安いたします。 ■神棚を取り替える時期 神棚を取り替える時期もいろいろあり地方では毎年神棚を新しくする場合もあります。一般的には5年~10年が多いようです。 古くなった神棚は、お近くの神社でお札同様焼納していただけます。汚れてきたら取り替えたほうが良いと思います。神棚は先祖代々受け継ぐというものではありま...

送料無料
滝田商店ブランド 祖霊舎 神徒壇 20号(内欄間) 神具セット付き 高さ62cm×巾51cm 神道 霊璽 御霊代 御霊舎 日本製

Amazon

158,868

滝田商店ブランド 祖霊舎 神徒壇 20号(内欄間) 神具セット付き 高さ62cm×巾51cm 神道 霊璽 御霊代 御霊舎 日本製

滝田商店ブランド品質の証である滝田商店発行「証明書」付き。全国どこでも送料無料で配送いたします。神道(しんとう)では、故人や先祖の御霊(みたま)はその家の守護神となり子孫を守るといわれています。故人や先祖の御霊を祀る祖霊舎は、神徒壇、御霊舎、祭壇宮ともいわれ、仏式の仏壇に当たるものです。祖霊舎はその中に故人や先祖の御霊が宿る霊璽(れいじ)を祀りますので、神社のお神札(ふだ)を祀る神棚とは別に安置します。神棚の下や隣に安置することもありますが、祖霊舎の位置が神棚より低くなるよう安置します。南向きか東向きで、家族みんながお参りしやすい場所がよいとされています。祖霊舎は五十日祭を終えた新しい御霊を祀るものですから、五十日祭までに用意して安置されることが多いです。新しい祖霊舎を購入された場合は、五十日祭のときに神社の神職にお願いしてお祓いをして頂き、霊璽を祖霊舎の中に祀ります。祖霊舎には霊璽を祀る奥の内扉がついていますので、その中に霊璽を納めます。祖霊舎の外扉は常に開けておくのが一般的ですが、霊璽を祀る奥の内扉は閉めておきます。祖霊舎のお供えは神棚と同じように、お米・お塩・お水・お酒・榊などをお供えします。他に季節の物や、故人の好物などもお供えします。お参りの仕方も神棚と同じように、2回お辞儀をし、2回拍手(かしわで)を打ち、1回お辞儀をする「二拝(にはい)・二拍手(にはくしゅ)・一拝(いっぱい)」の作法でお参りします。※天然の木材のため、木目はそれぞれ異なりますのでご了承願います。

送料無料
滝田商店ブランド 祖霊舎 神徒壇 25号(内欄間) 神具セット付き 高さ76cm×巾57cm 神道 霊璽 御霊代 御霊舎 日本製

Amazon

174,420

滝田商店ブランド 祖霊舎 神徒壇 25号(内欄間) 神具セット付き 高さ76cm×巾57cm 神道 霊璽 御霊代 御霊舎 日本製

滝田商店ブランド品質の証である滝田商店発行「証明書」付き。全国どこでも送料無料で配送いたします。神道(しんとう)では、故人や先祖の御霊(みたま)はその家の守護神となり子孫を守るといわれています。故人や先祖の御霊を祀る祖霊舎は、神徒壇、御霊舎、祭壇宮ともいわれ、仏式の仏壇に当たるものです。祖霊舎はその中に故人や先祖の御霊が宿る霊璽(れいじ)を祀りますので、神社のお神札(ふだ)を祀る神棚とは別に安置します。神棚の下や隣に安置することもありますが、祖霊舎の位置が神棚より低くなるよう安置します。南向きか東向きで、家族みんながお参りしやすい場所がよいとされています。祖霊舎は五十日祭を終えた新しい御霊を祀るものですから、五十日祭までに用意して安置されることが多いです。新しい祖霊舎を購入された場合は、五十日祭のときに神社の神職にお願いしてお祓いをして頂き、霊璽を祖霊舎の中に祀ります。祖霊舎には霊璽を祀る奥の内扉がついていますので、その中に霊璽を納めます。祖霊舎の外扉は常に開けておくのが一般的ですが、霊璽を祀る奥の内扉は閉めておきます。祖霊舎のお供えは神棚と同じように、お米・お塩・お水・お酒・榊などをお供えします。他に季節の物や、故人の好物などもお供えします。お参りの仕方も神棚と同じように、2回お辞儀をし、2回拍手(かしわで)を打ち、1回お辞儀をする「二拝(にはい)・二拍手(にはくしゅ)・一拝(いっぱい)」の作法でお参りします。※天然の木材のため、木目はそれぞれ異なりますのでご了承願います。

神棚 三社 ガラス箱宮 本雅 三社 御簾付き 壁掛け可能 モダンな箱型 ガラスケース入り ガラス宮 【上品】

おまかせ工房

77,760

神棚 三社 ガラス箱宮 本雅 三社 御簾付き 壁掛け可能 モダンな箱型 ガラスケース入り ガラス宮 【上品】

本雅まつり例 本雅下部部分の拡大写真 本雅上部部分の拡大写真 このタイプの箱宮は全部で4タイプ+別格1タイプの計5種類を製作しています。 箱宮の原型 ガラス箱宮本雅神殿(神棚) ガラス箱宮神殿12号(神棚) ガラス箱宮神殿16号(神棚) ガラス箱宮神殿18号(神棚) ガラス箱宮神殿20号(神棚) 神棚の祭り方についてのまとめ(さらに詳しくはコチラ) ■神棚の位置 明るく、家族全員親しみ易い所、拝礼のしやすい場所で南向きに置くのが良いとされています。また神棚を仏壇と同じ部屋に置く場合は向かい合わせにしないのがルールです。 ■神棚の方向 部屋の北側に安置し南方に向けるか西側 に安置して東方にむけるのがよいとされています。 ■神棚を購入するときのポイント ここが気になるところだと思います。同じ形なのに値段がさまざまあり、初めての方にはわかりずらい面があるかと思います。神棚は一般に檜(ひのき)や檜葉(ひば)材の白木製のものが多く、特に柾(まさ)目の物が最上とされています。つまり木のどの部分で製作していくかが価格の差でもあります。また、むやみに大きいものは必要ありませんし、豪華である必要もありません ■しめ縄(注連縄) 神聖な場所を区別する意味のしるしです。 本の太い方 を向かって右にします。 ■お神札 三社宮の場合中央が最上位、次が向かって右、その次が左です。従って大神宮様が中央、氏神様が向かって右、その他の神様を左に奉安いたします。一社宮の場合は一番前が大神宮様その後に氏神様、その後にその他の神様を奉安いたします。 ■神棚を取り替える時期 神棚を取り替える時期もいろいろあり地方では毎年神棚を新しくする場合もあります。一般的には5年~10年が多いようです。 古くなった神棚は、お近くの神社でお札同様焼納していただけます...

送料無料
滝田商店ブランド 祖霊舎 スタイリッシュ 神徒壇 35号 神具セット付き 高さ105cm×巾45cm 神道 モダン 御霊舎 日本製

Amazon

180,000

滝田商店ブランド 祖霊舎 スタイリッシュ 神徒壇 35号 神具セット付き 高さ105cm×巾45cm 神道 モダン 御霊舎 日本製

滝田商店ブランド品質の証である滝田商店発行「証明書」付き。全国どこでも送料無料で配送いたします。神道(しんとう)では、故人や先祖の御霊(みたま)はその家の守護神となり子孫を守るといわれています。故人や先祖の御霊を祀る祖霊舎は、神徒壇、御霊舎、祭壇宮ともいわれ、仏式の仏壇に当たるものです。祖霊舎はその中に故人や先祖の御霊が宿る霊璽(れいじ)を祀りますので、神社のお神札(ふだ)を祀る神棚とは別に安置します。神棚の下や隣に安置することもありますが、祖霊舎の位置が神棚より低くなるよう安置します。南向きか東向きで、家族みんながお参りしやすい場所がよいとされています。祖霊舎は五十日祭を終えた新しい御霊を祀るものですから、五十日祭までに用意して安置されることが多いです。新しい祖霊舎を購入された場合は、五十日祭のときに神社の神職にお願いしてお祓いをして頂き、霊璽を祖霊舎の中に祀ります。祖霊舎には霊璽を祀る奥の内扉がついていますので、その中に霊璽を納めます。祖霊舎の外扉は常に開けておくのが一般的ですが、霊璽を祀る奥の内扉は閉めておきます。祖霊舎のお供えは神棚と同じように、お米・お塩・お水・お酒・榊などをお供えします。他に季節の物や、故人の好物などもお供えします。お参りの仕方も神棚と同じように、2回お辞儀をし、2回拍手(かしわで)を打ち、1回お辞儀をする「二拝(にはい)・二拍手(にはくしゅ)・一拝(いっぱい)」の作法でお参りします。

送料無料
滝田商店ブランド 祖霊舎 神徒壇 23号(杜印) 桧材 神具セット付き 高さ70cm×巾56cm 神道 霊璽 御霊舎 日本製

Amazon

270,468

滝田商店ブランド 祖霊舎 神徒壇 23号(杜印) 桧材 神具セット付き 高さ70cm×巾56cm 神道 霊璽 御霊舎 日本製

滝田商店ブランド品質の証である滝田商店発行「証明書」付き。全国どこでも送料無料で配送いたします。神道(しんとう)では、故人や先祖の御霊(みたま)はその家の守護神となり子孫を守るといわれています。故人や先祖の御霊を祀る祖霊舎は、神徒壇、御霊舎、祭壇宮ともいわれ、仏式の仏壇に当たるものです。祖霊舎はその中に故人や先祖の御霊が宿る霊璽(れいじ)を祀りますので、神社のお神札(ふだ)を祀る神棚とは別に安置します。神棚の下や隣に安置することもありますが、祖霊舎の位置が神棚より低くなるよう安置します。南向きか東向きで、家族みんながお参りしやすい場所がよいとされています。祖霊舎は五十日祭を終えた新しい御霊を祀るものですから、五十日祭までに用意して安置されることが多いです。新しい祖霊舎を購入された場合は、五十日祭のときに神社の神職にお願いしてお祓いをして頂き、霊璽を祖霊舎の中に祀ります。祖霊舎には霊璽を祀る奥の内扉がついていますので、その中に霊璽を納めます。祖霊舎の外扉は常に開けておくのが一般的ですが、霊璽を祀る奥の内扉は閉めておきます。祖霊舎のお供えは神棚と同じように、お米・お塩・お水・お酒・榊などをお供えします。他に季節の物や、故人の好物などもお供えします。お参りの仕方も神棚と同じように、2回お辞儀をし、2回拍手(かしわで)を打ち、1回お辞儀をする「二拝(にはい)・二拍手(にはくしゅ)・一拝(いっぱい)」の作法でお参りします。

神棚 七社 弥栄七社 屋根違い七社 尾州桧 【上品】

おまかせ工房

102,600

神棚 七社 弥栄七社 屋根違い七社 尾州桧 【上品】

こちらの宮形はサイズが他にもございます 【神具】弥栄屋根違い神殿三社(大)(神棚) 【神具】弥栄屋根違い神殿三社(中)(神棚) 【神具】弥栄屋根違い神殿三社(小)(神棚) 【神具】弥栄屋根違い神殿七社(神棚) 【神具】弥栄屋根違い神殿五社(神棚) 神棚の祭り方についてのまとめ(さらに詳しくはコチラ) ■神棚の位置 明るく、家族全員親しみ易い所、拝礼のしやすい場所で南向きに置くのが良いとされています。また神棚を仏壇と同じ部屋に置く場合は向かい合わせにしないのがルールです。 ■神棚の方向 部屋の北側に安置し南方に向けるか西側 に安置して東方にむけるのがよいとされています。 ■神棚を購入するときのポイント ここが気になるところだと思います。同じ形なのに値段がさまざまあり、初めての方にはわかりずらい面があるかと思います。神棚は一般に檜(ひのき)や檜葉(ひば)材の白木製のものが多く、特に柾(まさ)目の物が最上とされています。つまり木のどの部分で製作していくかが価格の差でもあります。また、むやみに大きいものは必要ありませんし、豪華である必要もありません ■しめ縄(注連縄) 神聖な場所を区別する意味のしるしです。 本の太い方 を向かって右にします。 ■お神札 三社宮の場合中央が最上位、次が向かって右、その次が左です。従って大神宮様が中央、氏神様が向かって右、その他の神様を左に奉安いたします。一社宮の場合は一番前が大神宮様その後に氏神様、その後にその他の神様を奉安いたします。 ■神棚を取り替える時期 神棚を取り替える時期もいろいろあり地方では毎年神棚を新しくする場合もあります。一般的には5年~10年が多いようです。 古くなった神棚は、お近くの神社でお札同様焼納していただけます。汚れてきたら取り替えたほうが良いと思います...

送料無料
滝田商店ブランド 祖霊舎 モダン・家具調 神徒壇 20号 高さ61cm×巾46cm 神道の霊璽(御霊代)を祀る 御霊舎 日本製

Amazon

59,950

滝田商店ブランド 祖霊舎 モダン・家具調 神徒壇 20号 高さ61cm×巾46cm 神道の霊璽(御霊代)を祀る 御霊舎 日本製

滝田商店ブランド品質の証である滝田商店発行「証明書」付き。全国どこでも送料無料で配送いたします。神道(しんとう)では、故人や先祖の御霊(みたま)はその家の守護神となり子孫を守るといわれています。故人や先祖の御霊を祀る祖霊舎は、神徒壇、御霊舎、祭壇宮ともいわれ、仏式の仏壇に当たるものです。祖霊舎はその中に故人や先祖の御霊が宿る霊璽(れいじ)を祀りますので、神社のお神札(ふだ)を祀る神棚とは別に安置します。神棚の下や隣に安置することもありますが、祖霊舎の位置が神棚より低くなるよう安置します。南向きか東向きで、家族みんながお参りしやすい場所がよいとされています。祖霊舎は五十日祭を終えた新しい御霊を祀るものですから、五十日祭までに用意して安置されることが多いです。新しい祖霊舎を購入された場合は、五十日祭のときに神社の神職にお願いしてお祓いをして頂き、霊璽を祖霊舎の中に祀ります。祖霊舎には霊璽を祀る奥の内扉がついていますので、その中に霊璽を納めます。祖霊舎の外扉は常に開けておくのが一般的ですが、霊璽を祀る奥の内扉は閉めておきます。祖霊舎のお供えは神棚と同じように、お米・お塩・お水・お酒・榊などをお供えします。他に季節の物や、故人の好物などもお供えします。お参りの仕方も神棚と同じように、2回お辞儀をし、2回拍手(かしわで)を打ち、1回お辞儀をする「二拝(にはい)・二拍手(にはくしゅ)・一拝(いっぱい)」の作法でお参りします。

送料無料
滝田商店ブランド 祖霊舎 モダン・家具調 神徒壇 45号(弦印) 神具セット付 高さ135cm×巾51cm 神道 御霊舎 日本製

Amazon

170,000

滝田商店ブランド 祖霊舎 モダン・家具調 神徒壇 45号(弦印) 神具セット付 高さ135cm×巾51cm 神道 御霊舎 日本製

滝田商店ブランド品質の証である滝田商店発行「証明書」付き。全国どこでも送料無料で配送いたします。神道(しんとう)では、故人や先祖の御霊(みたま)はその家の守護神となり子孫を守るといわれています。故人や先祖の御霊を祀る祖霊舎は、神徒壇、御霊舎、祭壇宮ともいわれ、仏式の仏壇に当たるものです。祖霊舎はその中に故人や先祖の御霊が宿る霊璽(れいじ)を祀りますので、神社のお神札(ふだ)を祀る神棚とは別に安置します。神棚の下や隣に安置することもありますが、祖霊舎の位置が神棚より低くなるよう安置します。南向きか東向きで、家族みんながお参りしやすい場所がよいとされています。祖霊舎は五十日祭を終えた新しい御霊を祀るものですから、五十日祭までに用意して安置されることが多いです。新しい祖霊舎を購入された場合は、五十日祭のときに神社の神職にお願いしてお祓いをして頂き、霊璽を祖霊舎の中に祀ります。祖霊舎には霊璽を祀る奥の内扉がついていますので、その中に霊璽を納めます。祖霊舎の外扉は常に開けておくのが一般的ですが、霊璽を祀る奥の内扉は閉めておきます。祖霊舎のお供えは神棚と同じように、お米・お塩・お水・お酒・榊などをお供えします。他に季節の物や、故人の好物などもお供えします。お参りの仕方も神棚と同じように、2回お辞儀をし、2回拍手(かしわで)を打ち、1回お辞儀をする「二拝(にはい)・二拍手(にはくしゅ)・一拝(いっぱい)」の作法でお参りします。

神具 セトモノセット (B) 大 神饌(お供え)皿2枚(3寸) 水玉1個(2.3寸) 平子1対(3.5寸) 榊立1対(5寸) [柔らかい優しい白色] 神前用 神棚用 【上品】

全2商品

3,456

神具 セトモノセット (B) 大 神饌(お供え)皿2枚(3寸) 水玉1個(2.3寸) 平子1対(3.5寸) 榊立1対(5寸) [柔らかい優しい白色] 神前用 神棚用 【上品】

セトモノセットの大きさの比較および個別ページ ↓ セトモノセット(A)小 セトモノセット(A)中 セトモノセット(A)大 セトモノセット(B)豆 セトモノセット(B)小 セトモノセット(B)中 セトモノセット(B)大 セトモノセットの大きさで迷われた場合には 「小さめ」を選ぶことを薦めます。 少し小さかったかな?と思われるぐらいが長く使っていく場合には適しています。 セトモノセットは神殿の前面に置かれると思いますので 目立ちすぎると逆に本殿が隠れてしまいます。 神棚の祭り方についてのまとめ(さらに詳しくはコチラ) ■神棚の位置 明るく 家族全員親しみ易い所 拝礼のしやすい場所で南向きに置くのが良いとされています。また神棚を仏壇と同じ部屋に置く場合は向かい合わせにしないのがルールです。 ■神棚の方向 部屋の北側に安置し南方に向けるか西側 に安置して東方にむけるのがよいとされています。 ■神棚を購入するときのポイント ここが気になるところだと思います。同じ形なのに値段がさまざまあり 初めての方にはわかりずらい面があるかと思います。神棚は一般に檜(ひのき)や檜葉(ひば)材の白木製のものが多く 特に柾(まさ)目の物が最上とされています。つまり木のどの部分で製作していくかが価格の差でもあります。また むやみに大きいものは必要ありませんし 豪華である必要もありません ■しめ縄(注連縄) 神聖な場所を区別する意味のしるしです。 本の太い方 を向かって右にします。 ■お神札 三社宮の場合中央が最上位 次が向かって右 その次が左です。従って大神宮様が中央 氏神様が向かって右 その他の神様を左に奉安いたします。一社宮の場合は一番前が大神宮様その後に氏神様 その後にその他の神様を奉安いたします。 ■神棚を取り替える時期...

送料無料
滝田商店ブランド 祖霊舎 神徒壇 30号(山印) 神具セット付き 高さ91cm×巾66cm 神道 霊璽 御霊代 御霊舎 日本製

Amazon

218,916

滝田商店ブランド 祖霊舎 神徒壇 30号(山印) 神具セット付き 高さ91cm×巾66cm 神道 霊璽 御霊代 御霊舎 日本製

滝田商店ブランド品質の証である滝田商店発行「証明書」付き。全国どこでも送料無料で配送いたします。神道(しんとう)では、故人や先祖の御霊(みたま)はその家の守護神となり子孫を守るといわれています。故人や先祖の御霊を祀る祖霊舎は、神徒壇、御霊舎、祭壇宮ともいわれ、仏式の仏壇に当たるものです。祖霊舎はその中に故人や先祖の御霊が宿る霊璽(れいじ)を祀りますので、神社のお神札(ふだ)を祀る神棚とは別に安置します。神棚の下や隣に安置することもありますが、祖霊舎の位置が神棚より低くなるよう安置します。南向きか東向きで、家族みんながお参りしやすい場所がよいとされています。祖霊舎は五十日祭を終えた新しい御霊を祀るものですから、五十日祭までに用意して安置されることが多いです。新しい祖霊舎を購入された場合は、五十日祭のときに神社の神職にお願いしてお祓いをして頂き、霊璽を祖霊舎の中に祀ります。祖霊舎には霊璽を祀る奥の内扉がついていますので、その中に霊璽を納めます。祖霊舎の外扉は常に開けておくのが一般的ですが、霊璽を祀る奥の内扉は閉めておきます。祖霊舎のお供えは神棚と同じように、お米・お塩・お水・お酒・榊などをお供えします。他に季節の物や、故人の好物などもお供えします。お参りの仕方も神棚と同じように、2回お辞儀をし、2回拍手(かしわで)を打ち、1回お辞儀をする「二拝(にはい)・二拍手(にはくしゅ)・一拝(いっぱい)」の作法でお参りします。※天然の木材のため、木目はそれぞれ異なりますのでご了承願います。

神棚 三社 白鳳三社 金具 尾州桧 【上品】

おまかせ工房

166,320

神棚 三社 白鳳三社 金具 尾州桧 【上品】

画像は拡大できます こちらの品質で製作している神棚は全部で3種類ございます。 【神具】御嶽神殿(神棚) 【神具】白鳳神殿三社(金具)(神棚) 【神具】白鳳神殿三社(唐戸)(神棚) 神棚の祭り方についてのまとめ(さらに詳しくはコチラ) ■神棚の位置 明るく、家族全員親しみ易い所、拝礼のしやすい場所で南向きに置くのが良いとされています。また神棚を仏壇と同じ部屋に置く場合は向かい合わせにしないのがルールです。 ■神棚の方向 部屋の北側に安置し南方に向けるか西側 に安置して東方にむけるのがよいとされています。 ■神棚を購入するときのポイント ここが気になるところだと思います。同じ形なのに値段がさまざまあり、初めての方にはわかりずらい面があるかと思います。神棚は一般に檜(ひのき)や檜葉(ひば)材の白木製のものが多く、特に柾(まさ)目の物が最上とされています。つまり木のどの部分で製作していくかが価格の差でもあります。また、むやみに大きいものは必要ありませんし、豪華である必要もありません ■しめ縄(注連縄) 神聖な場所を区別する意味のしるしです。 本の太い方 を向かって右にします。 ■お神札 三社宮の場合中央が最上位、次が向かって右、その次が左です。従って大神宮様が中央、氏神様が向かって右、その他の神様を左に奉安いたします。一社宮の場合は一番前が大神宮様その後に氏神様、その後にその他の神様を奉安いたします。 ■神棚を取り替える時期 神棚を取り替える時期もいろいろあり地方では毎年神棚を新しくする場合もあります。一般的には5年~10年が多いようです。 古くなった神棚は、お近くの神社でお札同様焼納していただけます。汚れてきたら取り替えたほうが良いと思います。神棚は先祖代々受け継ぐというものではありません。 ■神拝の作法 お供えの前に手と口を清め...

送料無料
滝田商店ブランド 外宮 板宮造り(木印) 1尺(高さ75cm×棟巾67cm)◆屋外に祀る外祭用の神殿・向拝宮・稲荷宮・祠宮・外祭宮【滝田商店発行 証明書付】

Amazon

106,090

滝田商店ブランド 外宮 板宮造り(木印) 1尺(高さ75cm×棟巾67cm)◆屋外に祀る外祭用の神殿・向拝宮・稲荷宮・祠宮・外祭宮【滝田商店発行 証明書付】

滝田商店ブランド品質の証である滝田商店発行「証明書」付き。◆外宮の取付け方法◆1.石台座に外宮をのせて位置を決める。その際、前方はお供物を供えるので後方よりもあけておく。2.付属の「押え木(横木)」を外宮の床下後方より入れ、台座の中央近くに置いてボルトの取付け位置を決める。3.ボルトの取付け位置が決まったら、外宮を一旦降ろし、アンカーボルトを埋め込んでコンクリートで固定する。4.ボルトが固定されたら外宮をのせ、「押え木(横木)」をボルトに通して、上からナットで締めて外宮を固定する。※ 取付け用のアンカーボルトは付属しておりません。ホームセンターなどでご用意願います。※ 取り付けはお客様ご自身でお願い致します。※ こちらの外宮はプラス「58,320円(税込)」で朱塗り仕上げにすることも可能です。ご希望の場合はお気軽にご連絡ください。【適応台座】 人工石台座2段(大)(高さ60cm×天板巾49cm)、人工石台座3段(高さ72cm×天板巾49cm)。家の中に祀る内祭用の神棚に対して、外に祀る祠(ほこら)を外宮(そとみや)といいます。外宮は向拝柱(ごはいばしら)が付いている造りが多く向拝宮(ごはいみや)とも呼ばれます。稲荷神を祀る場合は稲荷宮とも呼ばれています。稲荷神は稲荷大明神ともいい、お稲荷様・お稲荷さんの名で親しまれて、農業神・商業神・屋敷神など福徳開運の万能の神として祀られます。全国で稲荷神を祀る神社寺院は多いですが、京都の伏見稲荷大社と、妙厳寺と称する曹洞宗の寺院である愛知県の豊川稲荷が有名です。どちらも商売繁昌・家内安全・開運出世などの守護神として信仰を集めています。外宮を祀る場所は、南向きか東向きになる場所がよいとされています。

送料無料
滝田商店ブランド 外宮 ひのき流れ屋根造り(木印) 1尺(高さ91cm×棟巾88cm)◆屋外に祀る外祭用の神殿・向拝宮・稲荷宮・祠宮【滝田商店発行 証明書付】

Amazon

245,140

滝田商店ブランド 外宮 ひのき流れ屋根造り(木印) 1尺(高さ91cm×棟巾88cm)◆屋外に祀る外祭用の神殿・向拝宮・稲荷宮・祠宮【滝田商店発行 証明書付】

滝田商店ブランド品質の証である滝田商店発行「証明書」付き。◆外宮の取付け方法◆1.石台座に外宮をのせて位置を決める。その際、前方はお供物を供えるので後方よりもあけておく。2.付属の「押え木(横木)」を外宮の床下後方より入れ、台座の中央近くに置いてボルトの取付け位置を決める。3.ボルトの取付け位置が決まったら、外宮を一旦降ろし、アンカーボルトを埋め込んでコンクリートで固定する。4.ボルトが固定されたら外宮をのせ、「押え木(横木)」をボルトに通して、上からナットで締めて外宮を固定する。※ 取付け用のアンカーボルトは付属しておりません。ホームセンターなどでご用意願います。※ 取り付けはお客様ご自身でお願い致します。※ こちらの外宮はプラス「68,040円(税込)」で朱塗り仕上げにすることも可能です。ご希望の場合はお気軽にご連絡ください。【適応台座】 人工石台座2段(大)(高さ60cm×天板巾49cm)、人工石台座3段(高さ72cm×天板巾49cm)。家の中に祀る内祭用の神棚に対して、外に祀る祠(ほこら)を外宮(そとみや)といいます。外宮は向拝柱(ごはいばしら)が付いている造りが多く向拝宮(ごはいみや)とも呼ばれます。稲荷神を祀る場合は稲荷宮とも呼ばれています。稲荷神は稲荷大明神ともいい、お稲荷様・お稲荷さんの名で親しまれて、農業神・商業神・屋敷神など福徳開運の万能の神として祀られます。全国で稲荷神を祀る神社寺院は多いですが、京都の伏見稲荷大社と、妙厳寺と称する曹洞宗の寺院である愛知県の豊川稲荷が有名です。どちらも商売繁昌・家内安全・開運出世などの守護神として信仰を集めています。外宮を祀る場所は、南向きか東向きになる場所がよいとされています。

神棚 一社 流れ造り八幡宮一社 【上品】

おまかせ工房

86,184

神棚 一社 流れ造り八幡宮一社 【上品】

画像は拡大できます こちらの品質で製作している神棚は全部で3種類ございます。 【神具】流れ造り(八幡)宮神殿一社(神棚) 【神具】極上流れ造り(八幡)宮神殿三社(神棚) 【神具】極上流れ造り(八幡)宮神殿一社(神棚) 神棚の祭り方についてのまとめ(さらに詳しくはコチラ) ■神棚の位置 明るく、家族全員親しみ易い所、拝礼のしやすい場所で南向きに置くのが良いとされています。また神棚を仏壇と同じ部屋に置く場合は向かい合わせにしないのがルールです。 ■神棚の方向 部屋の北側に安置し南方に向けるか西側 に安置して東方にむけるのがよいとされています。 ■神棚を購入するときのポイント ここが気になるところだと思います。同じ形なのに値段がさまざまあり、初めての方にはわかりずらい面があるかと思います。神棚は一般に檜(ひのき)や檜葉(ひば)材の白木製のものが多く、特に柾(まさ)目の物が最上とされています。つまり木のどの部分で製作していくかが価格の差でもあります。また、むやみに大きいものは必要ありませんし、豪華である必要もありません ■しめ縄(注連縄) 神聖な場所を区別する意味のしるしです。 本の太い方 を向かって右にします。 ■お神札 三社宮の場合中央が最上位、次が向かって右、その次が左です。従って大神宮様が中央、氏神様が向かって右、その他の神様を左に奉安いたします。一社宮の場合は一番前が大神宮様その後に氏神様、その後にその他の神様を奉安いたします。 ■神棚を取り替える時期 神棚を取り替える時期もいろいろあり地方では毎年神棚を新しくする場合もあります。一般的には5年~10年が多いようです。 古くなった神棚は、お近くの神社でお札同様焼納していただけます。汚れてきたら取り替えたほうが良いと思います。神棚は先祖代々受け継ぐというものではありません。 ...

送料無料
滝田商店ブランド 外宮 ほこら宮(木印) 1尺(高さ89cm×屋根巾60cm)◆屋外に祀る外祭用の神殿・向拝宮・稲荷宮・祠宮・外祭宮【滝田商店発行 証明書付】

Amazon

226,600

滝田商店ブランド 外宮 ほこら宮(木印) 1尺(高さ89cm×屋根巾60cm)◆屋外に祀る外祭用の神殿・向拝宮・稲荷宮・祠宮・外祭宮【滝田商店発行 証明書付】

滝田商店ブランド品質の証である滝田商店発行「証明書」付き。◆外宮の取付け方法◆1.石台座に外宮をのせて位置を決める。その際、前方はお供物を供えるので後方よりもあけておく。2.付属の「押え木(横木)」を外宮の床下後方より入れ、台座の中央近くに置いてボルトの取付け位置を決める。3.ボルトの取付け位置が決まったら、外宮を一旦降ろし、アンカーボルトを埋め込んでコンクリートで固定する。4.ボルトが固定されたら外宮をのせ、「押え木(横木)」をボルトに通して、上からナットで締めて外宮を固定する。※ 取付け用のアンカーボルトは付属しておりません。ホームセンターなどでご用意願います。※ 取り付けはお客様ご自身でお願い致します。※ こちらの外宮はプラス「58,320円(税込)」で朱塗り仕上げにすることも可能です。ご希望の場合はお気軽にご連絡ください。【適応台座】 人工石台座2段(大)(高さ60cm×天板巾49cm)、人工石台座3段(高さ72cm×天板巾49cm)。家の中に祀る内祭用の神棚に対して、外に祀る祠(ほこら)を外宮(そとみや)といいます。外宮は向拝柱(ごはいばしら)が付いている造りが多く向拝宮(ごはいみや)とも呼ばれます。稲荷神を祀る場合は稲荷宮とも呼ばれています。稲荷神は稲荷大明神ともいい、お稲荷様・お稲荷さんの名で親しまれて、農業神・商業神・屋敷神など福徳開運の万能の神として祀られます。全国で稲荷神を祀る神社寺院は多いですが、京都の伏見稲荷大社と、妙厳寺と称する曹洞宗の寺院である愛知県の豊川稲荷が有名です。どちらも商売繁昌・家内安全・開運出世などの守護神として信仰を集めています。外宮を祀る場所は、南向きか東向きになる場所がよいとされています。

人気の日用品・文具の神棚位置、発売中!当社自慢の一品を比較して下さい!毎日使う様々な日用品・文具。オフィス・家庭でも大活躍の神棚位置が見つかる!毎日の生活を快適にしませんか♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、日用品・文房具をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい日用品・文具が充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「神棚位置」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ