「神棚一社」 の検索結果 916件

神棚 一社 茅葦神明一社 大型サイズ 【上品】

おまかせ工房

127,440

神棚 一社 茅葦神明一社 大型サイズ 【上品】

画像は拡大できます(極上茅葦屋通し神殿三社がモデル) こちらの品質で製作している神棚は全部で6種類ございます。 【神具】茅葦神明神殿一社(小)(神棚) 【神具】茅葦神明神殿一社(中)(神棚) 【神具】茅葦神明神殿一社(大)(神棚) 【神具】茅葦通し神殿三社(神棚) 【神具】極上茅葦屋通し神殿三社(神棚) 【神具】極上茅葦屋根違い神殿三社(神棚) 神棚の祭り方についてのまとめ(さらに詳しくはコチラ) ■神棚の位置 明るく、家族全員親しみ易い所、拝礼のしやすい場所で南向きに置くのが良いとされています。また神棚を仏壇と同じ部屋に置く場合は向かい合わせにしないのがルールです。 ■神棚の方向 部屋の北側に安置し南方に向けるか西側 に安置して東方にむけるのがよいとされています。 ■神棚を購入するときのポイント ここが気になるところだと思います。同じ形なのに値段がさまざまあり、初めての方にはわかりずらい面があるかと思います。神棚は一般に檜(ひのき)や檜葉(ひば)材の白木製のものが多く、特に柾(まさ)目の物が最上とされています。つまり木のどの部分で製作していくかが価格の差でもあります。また、むやみに大きいものは必要ありませんし、豪華である必要もありません ■しめ縄(注連縄) 神聖な場所を区別する意味のしるしです。 本の太い方 を向かって右にします。 ■お神札 三社宮の場合中央が最上位、次が向かって右、その次が左です。従って大神宮様が中央、氏神様が向かって右、その他の神様を左に奉安いたします。一社宮の場合は一番前が大神宮様その後に氏神様、その後にその他の神様を奉安いたします。 ■神棚を取り替える時期 神棚を取り替える時期もいろいろあり地方では毎年神棚を新しくする場合もあります。一般的には5年~10年が多いようです。 古くなった神棚は...

神棚 一社 茅葦神明一社 小型サイズ 【上品】

おまかせ工房

84,240

神棚 一社 茅葦神明一社 小型サイズ 【上品】

画像は拡大できます(極上茅葦屋通し神殿三社がモデル) こちらの品質で製作している神棚は全部で6種類ございます。 【神具】茅葦神明神殿一社(小)(神棚) 【神具】茅葦神明神殿一社(中)(神棚) 【神具】茅葦神明神殿一社(大)(神棚) 【神具】茅葦通し神殿三社(神棚) 【神具】極上茅葦屋通し神殿三社(神棚) 【神具】極上茅葦屋根違い神殿三社(神棚) 神棚の祭り方についてのまとめ(さらに詳しくはコチラ) ■神棚の位置 明るく、家族全員親しみ易い所、拝礼のしやすい場所で南向きに置くのが良いとされています。また神棚を仏壇と同じ部屋に置く場合は向かい合わせにしないのがルールです。 ■神棚の方向 部屋の北側に安置し南方に向けるか西側 に安置して東方にむけるのがよいとされています。 ■神棚を購入するときのポイント ここが気になるところだと思います。同じ形なのに値段がさまざまあり、初めての方にはわかりずらい面があるかと思います。神棚は一般に檜(ひのき)や檜葉(ひば)材の白木製のものが多く、特に柾(まさ)目の物が最上とされています。つまり木のどの部分で製作していくかが価格の差でもあります。また、むやみに大きいものは必要ありませんし、豪華である必要もありません ■しめ縄(注連縄) 神聖な場所を区別する意味のしるしです。 本の太い方 を向かって右にします。 ■お神札 三社宮の場合中央が最上位、次が向かって右、その次が左です。従って大神宮様が中央、氏神様が向かって右、その他の神様を左に奉安いたします。一社宮の場合は一番前が大神宮様その後に氏神様、その後にその他の神様を奉安いたします。 ■神棚を取り替える時期 神棚を取り替える時期もいろいろあり地方では毎年神棚を新しくする場合もあります。一般的には5年~10年が多いようです。 古くなった神棚は...

神棚 一社 神代一社 通し屋根一社 尾州桧 中型サイズ 【上品】

おまかせ工房

18,144

神棚 一社 神代一社 通し屋根一社 尾州桧 中型サイズ 【上品】

こちらの宮形はサイズが他にもございます 【神具】通し屋根神殿一社神代(大)(神棚) 【神具】通し屋根神殿一社神代(中)(神棚) 【神具】通し屋根神殿一社神代(小)(神棚) 神棚の祭り方についてのまとめ(さらに詳しくはコチラ) ■神棚の位置 明るく、家族全員親しみ易い所、拝礼のしやすい場所で南向きに置くのが良いとされています。また神棚を仏壇と同じ部屋に置く場合は向かい合わせにしないのがルールです。 ■神棚の方向 部屋の北側に安置し南方に向けるか西側 に安置して東方にむけるのがよいとされています。 ■神棚を購入するときのポイント ここが気になるところだと思います。同じ形なのに値段がさまざまあり、初めての方にはわかりずらい面があるかと思います。神棚は一般に檜(ひのき)や檜葉(ひば)材の白木製のものが多く、特に柾(まさ)目の物が最上とされています。つまり木のどの部分で製作していくかが価格の差でもあります。また、むやみに大きいものは必要ありませんし、豪華である必要もありません ■しめ縄(注連縄) 神聖な場所を区別する意味のしるしです。 本の太い方 を向かって右にします。 ■お神札 三社宮の場合中央が最上位、次が向かって右、その次が左です。従って大神宮様が中央、氏神様が向かって右、その他の神様を左に奉安いたします。一社宮の場合は一番前が大神宮様その後に氏神様、その後にその他の神様を奉安いたします。 ■神棚を取り替える時期 神棚を取り替える時期もいろいろあり地方では毎年神棚を新しくする場合もあります。一般的には5年~10年が多いようです。 古くなった神棚は、お近くの神社でお札同様焼納していただけます。汚れてきたら取り替えたほうが良いと思います。神棚は先祖代々受け継ぐというものではありません。 ■神拝の作法 お供えの前に手と口を清め...

神棚 一社 極上本神明一社 【上品】

おまかせ工房

105,840

神棚 一社 極上本神明一社 【上品】

こちらの品質で製作している神棚は全部で4種類ございます。 【神具】極上本神明神殿一社(神棚) 【神具】極上本神明屋根違い神殿三社(小)(神棚) 【神具】極上本神明屋根違い神殿三社(中)(神棚)   【神具】極上本神明屋根違い神殿三社(大)(神棚) 神棚の祭り方についてのまとめ(さらに詳しくはコチラ) ■神棚の位置 明るく、家族全員親しみ易い所、拝礼のしやすい場所で南向きに置くのが良いとされています。また神棚を仏壇と同じ部屋に置く場合は向かい合わせにしないのがルールです。 ■神棚の方向 部屋の北側に安置し南方に向けるか西側 に安置して東方にむけるのがよいとされています。 ■神棚を購入するときのポイント ここが気になるところだと思います。同じ形なのに値段がさまざまあり、初めての方にはわかりずらい面があるかと思います。神棚は一般に檜(ひのき)や檜葉(ひば)材の白木製のものが多く、特に柾(まさ)目の物が最上とされています。つまり木のどの部分で製作していくかが価格の差でもあります。また、むやみに大きいものは必要ありませんし、豪華である必要もありません ■しめ縄(注連縄) 神聖な場所を区別する意味のしるしです。 本の太い方 を向かって右にします。 ■お神札 三社宮の場合中央が最上位、次が向かって右、その次が左です。従って大神宮様が中央、氏神様が向かって右、その他の神様を左に奉安いたします。一社宮の場合は一番前が大神宮様その後に氏神様、その後にその他の神様を奉安いたします。 ■神棚を取り替える時期 神棚を取り替える時期もいろいろあり地方では毎年神棚を新しくする場合もあります。一般的には5年~10年が多いようです。 古くなった神棚は、お近くの神社でお札同様焼納していただけます。汚れてきたら取り替えたほうが良いと思います...

送料無料
【現役神職監修】神棚 お供え 設置 方角 お札 購入 ひのき 【 神棚 】 中神明

神棚・祖霊舎専門 【神祀り本舗】

7,767

【現役神職監修】神棚 お供え 設置 方角 お札 購入 ひのき 【 神棚 】 中神明

●商品情報 無駄のないすっきりとした社(やしろ)で、場所を気にすることもなくモダンな神祀りコーナーを自宅に作れます。また、コンパクトでありながらも本格的で上質な神棚です。 場所をとらない一社宮です。伊勢神宮の方向に向けて設置されたら良いと思います。 検)コンパクトでシンプルな一社でありながら、お札立てには十分な収納を持っております。神具セット(灯篭、器、しめ縄、真榊、雲、神前幕 等々)と合わせてて設置されると更に存在感が増して、おしゃれな感じになります。モダンな神棚でもあります。 ●サイズ 外寸:巾36×高41×奥行20(cm) 内寸:巾12.5×高31×奥行3.5(cm) ●素材 ひのき ●備考 神棚の選び方 一般的に神棚は「一社宮」「三社宮」とありますが、これは扉が一つのものを一社宮、扉が三つあるものを「三社宮」といいます。また、「木の種類」や「神棚の造り(デザイン)」の組み合わせによって金額は様々です。神棚をお祀りになるスペースと、予算との兼ね合いでお選びになってください。 一社宮の神棚とは 一社宮の神棚とは、扉が一つのものをいいます。御神札(ごしんさつ)は重ねてお祀りいたします。一番手前が最上位となります。 1.天照大御神(あまてらすおおみかみ)のお札「神宮大麻(じんぐうたいま)」 2.氏神神社のお札「氏神様(うじがみさま)」 3.信仰する「崇拝神社」のお札 を重ねてお祀りしてください。 もし、御神札の数が増えて、神棚の中に納められない場合などは棚の上に丁寧に並べて置くようにしてください。 ひのきの一社宮はこちら けやきの一社宮はこちら 三社宮の神棚とは 三社宮の神棚とは、扉が三つのものをいいます。 三社の神棚の場合、神坐の順位によって祀り方が決まっています。 神座の順位は、 1.最上位:中央の神坐...

神棚 一社 神明一社 通し屋根一社 尾州桧 特大型サイズ 【上品】

おまかせ工房

22,464

神棚 一社 神明一社 通し屋根一社 尾州桧 特大型サイズ 【上品】

こちらの宮形はサイズが他にもございます 【神具】通し屋根神殿一社神明(特大)(神棚) 【神具】通し屋根神殿一社神明(大)(神棚) 【神具】通し屋根神殿一社神明(中)(神棚) 神棚の祭り方についてのまとめ(さらに詳しくはコチラ) ■神棚の位置 明るく、家族全員親しみ易い所、拝礼のしやすい場所で南向きに置くのが良いとされています。また神棚を仏壇と同じ部屋に置く場合は向かい合わせにしないのがルールです。 ■神棚の方向 部屋の北側に安置し南方に向けるか西側 に安置して東方にむけるのがよいとされています。 ■神棚を購入するときのポイント ここが気になるところだと思います。同じ形なのに値段がさまざまあり、初めての方にはわかりずらい面があるかと思います。神棚は一般に檜(ひのき)や檜葉(ひば)材の白木製のものが多く、特に柾(まさ)目の物が最上とされています。つまり木のどの部分で製作していくかが価格の差でもあります。また、むやみに大きいものは必要ありませんし、豪華である必要もありません ■しめ縄(注連縄) 神聖な場所を区別する意味のしるしです。 本の太い方 を向かって右にします。 ■お神札 三社宮の場合中央が最上位、次が向かって右、その次が左です。従って大神宮様が中央、氏神様が向かって右、その他の神様を左に奉安いたします。一社宮の場合は一番前が大神宮様その後に氏神様、その後にその他の神様を奉安いたします。 ■神棚を取り替える時期 神棚を取り替える時期もいろいろあり地方では毎年神棚を新しくする場合もあります。一般的には5年~10年が多いようです。 古くなった神棚は、お近くの神社でお札同様焼納していただけます。汚れてきたら取り替えたほうが良いと思います。神棚は先祖代々受け継ぐというものではありません。 ■神拝の作法 お供えの前に手と口を清め...

木曽桧製神棚 板葺き屋根一社神棚 日本製

Amazon

18,144

木曽桧製神棚 板葺き屋根一社神棚 日本製

木曽桧製の一社神棚です。 屋根に大きな特徴があり、中世以降に神社仏閣などで用いられた板葺き屋根となっています。 真鍮製の金具を使用しており自然な輝きを放ちます。 扉内奥行が8.5cmもあります。 ひとつひとつ手作りした高級品。安心してお祀りください。 ■木曽ひのきをおすすめする理由 木曽ひのきは、木曽山系に自生する天然ひのきのことです。この地域は冬の寒さが厳しく、その厳しさが良質のひのきを育てます。江戸幕府の御用地であったことから用意に伐採 する事を禁じられていたため、樹齢300年を迎えるひのきが育ちました。 伊勢神宮で20年に一度行われる式年遷宮(社殿を造り替える大祭)では、木曽ひのきが用いられます。 神事とひのきは深い関係があり、神に一番近い木であるといえます。 ■木曽ひのきのすばらしさ 木曽ひのきは木曽および裏木曽に自生する天然で、樹齢は300年を超えます。 尾州桧ともいわれます。一方、一般の植林されたひのきは、樹齢30~40年で産出されます。 木曽檜は年輪がつまっているため、木目が美しく香気、光沢に優れており非常に価値のある木材です。年数がたつほどに味わい深い深みのある色になります。

神棚 一社 神明一社 通し屋根一社 尾州桧 中型サイズ 【上品】

おまかせ工房

14,904

神棚 一社 神明一社 通し屋根一社 尾州桧 中型サイズ 【上品】

こちらの宮形はサイズが他にもございます 【神具】通し屋根神殿一社神明(特大)(神棚) 【神具】通し屋根神殿一社神明(大)(神棚) 【神具】通し屋根神殿一社神明(中)(神棚) 神棚の祭り方についてのまとめ(さらに詳しくはコチラ) ■神棚の位置 明るく、家族全員親しみ易い所、拝礼のしやすい場所で南向きに置くのが良いとされています。また神棚を仏壇と同じ部屋に置く場合は向かい合わせにしないのがルールです。 ■神棚の方向 部屋の北側に安置し南方に向けるか西側 に安置して東方にむけるのがよいとされています。 ■神棚を購入するときのポイント ここが気になるところだと思います。同じ形なのに値段がさまざまあり、初めての方にはわかりずらい面があるかと思います。神棚は一般に檜(ひのき)や檜葉(ひば)材の白木製のものが多く、特に柾(まさ)目の物が最上とされています。つまり木のどの部分で製作していくかが価格の差でもあります。また、むやみに大きいものは必要ありませんし、豪華である必要もありません ■しめ縄(注連縄) 神聖な場所を区別する意味のしるしです。 本の太い方 を向かって右にします。 ■お神札 三社宮の場合中央が最上位、次が向かって右、その次が左です。従って大神宮様が中央、氏神様が向かって右、その他の神様を左に奉安いたします。一社宮の場合は一番前が大神宮様その後に氏神様、その後にその他の神様を奉安いたします。 ■神棚を取り替える時期 神棚を取り替える時期もいろいろあり地方では毎年神棚を新しくする場合もあります。一般的には5年~10年が多いようです。 古くなった神棚は、お近くの神社でお札同様焼納していただけます。汚れてきたら取り替えたほうが良いと思います。神棚は先祖代々受け継ぐというものではありません。 ■神拝の作法 お供えの前に手と口を清め...

人気の日用品・文具の神棚一社、発売中!当社自慢の一品を比較して下さい!毎日使う様々な日用品・文具。オフィス・家庭でも大活躍の神棚一社が見つかる!毎日の生活を快適にしませんか♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、日用品・文房具をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい日用品・文具が充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「神棚一社」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ