「保護マスク」 の検索結果 1,376件

シゲマツ TWマスク・防塵マスク用フィルター T4 (#11135)

西谷商店

1,924

シゲマツ TWマスク・防塵マスク用フィルター T4 (#11135)

※表示価格は1個の価格です。 ※ろ過材が2個付いているマスクに使用の場合は2個ご注文ください。 ※各種マークの説明は こちら 重松製作所(シゲマツ)製の防塵マスク用フィルタです。 ナノ粒子(ナノマテリアル用)にも対応した最も高性能フィルター DOP粒子捕集率99.99%の4ナインを取得したシゲマツ製の フィルタで最も高性能なタイプです。 フィルタは目詰まりによって息苦しくなったら交換してください。 ※T4フィルタを使用するマスク一覧のページは こちら ※防じんマスク用フィルタ一覧のページは こちら フィルタの種類メカニカルフィルタ国家検定の区分RL3性能試験粒子:DOP 粒子捕集効率:99.99%以上対応マスク型番DR168T4 DR168T4-1 DR188T4 DR88SFT4 対象粉じんの種類と作業例ナノマテリアルばく露の少ない事が予想◎(注1)ばく露が殆どない事が予想◎イソジウム化合物濃度15μg/m3未満◎(注1)濃度 3μg/m3未満◎放射性粉じん◎石綿作業呼吸用保護具の区分2◎呼吸用保護具の区分3◎呼吸用保護具の区分4 重金属含有粉じん◎金属ヒューム溶接・溶断・溶解作業等 タールミストオイルミスト水ミスト湿式研磨作業等土砂・砂岩掘削・粉砕作業等【マークの見方】 ◎-お勧めします。 ○-適しています。 ×-適していません。 空欄-適していますが国家検定区分の低いフィルタで 十分に対応が可能なことを意味します。(注1)全面形面体の防じんマスクをお使いください。

送料無料
スーパーウッドステイン [ピニー] 4L 屋外用木材保護塗料

Amazon

6,912

スーパーウッドステイン [ピニー] 4L 屋外用木材保護塗料

1.優れた防腐・防虫・防カビ・撥水効果を発揮します。 2.木部に深く浸透し、塗膜のハガレ・フクレ等の発生がありません。 3.油性で作業性が良く簡単に仕上ります。 4.透明性に優れ、色調が鮮明で木目を鮮やかに表現します。 【用途】 ●屋外用木部 ウッドデッキ・ フェンス・ガーデニング用品・木製ドア・羽目板・戸袋・窓枠・窓格子・雨戸・下見板・門扉・外壁・支柱・破風板、ログハウス等。 【使用上の注意】 1. 使用前に缶をよく振り、棒等でかき混ぜてください。 2. 木材の種類、吸い込み等、条件の違いにより色見本と異なることがあります。(塗装前に試し塗りで色を確認してください。) 3. 湿っている木材には適さないので、乾燥した木材に塗装してください。 4. クリヤーは屋外での単独使用は避けてください。 5. 塗装効果を上げる為には、2回以上の重ね塗りをしてください。 6. 使用量は材質、表面の加工により異なることがあります。 7. 使用後のハケ等は塗料うすめ液で洗ってください。 8. 塗装する時は、手袋・マスク・メガネ等を使用してください。 9. 使用時は、缶に記載された注意事項をよくお読みください。 10. 日の良くあたる場所や雨が直接かかる部分は塗料が劣化しやすいので、こまめに塗りなおしてください。

シゲマツ 防毒マスク・防じんマスク TW01SC ブラック L TW01SCBKL 1個

ANZEN未来研究所

2,743

シゲマツ 防毒マスク・防じんマスク TW01SC ブラック L TW01SCBKL 1個

保護具の必要性、義務と関連法規 事業者は「労働安全衛生規則」に基づき、労働者の安全に配慮しなければなりません。 「防毒マスク」は有毒なガス、蒸気等の吸入により生じる人体への影響を防止するために使用されるもの であり、その規格については、防毒マスクの規格(平成2年労働省告示第68号)に定められた規格・区分に適したものを使用するよう「厚生労働省基発第 0207007号」により示されています。 また、事業者は、衛生管理者、作業主任者等の労働衛生に関する知識及び経験を有する者のうちから、 各作業場ごとに防毒マスクを管理する保護具着用管理責任者を指名し、防毒マスクの適正な選択、 着用及び取扱方法について必要な指導を行わせるとともに、防毒マスクの適正な保守管理に当たらせなければなりません。 事業者は有害物が発生する作業場(屋内、屋外に限らず)に置いて、その原因を除去するために必要な措置を講じなければならない。 (第579条有害原因の除去、第577条ガス等の発散の抑制等、第582条粉じんの飛散の防止) 事業者は有害物を取り扱い、発生している作業場には適切な保護具を備え、同時に就業する労働者の人数と同数以上を備え、常時有効かつ清潔に保持しなければならない 保護具は各個人につき一つを備え、サイズや使用状況の把握の観点からも、 使いまわしはできるだけ避けるべきです。 (第593条呼吸用保護具等、第594条皮膚障害防止用の保護具、第595条騒音障害防止用の保護具、第596条保護具の数等) 労働者は事業者から必要な保護具の使用を命じられた時は当該保護具を使用しなければならない 事業者だけでなく、労働者も使用義務が課されています。 (第597条労働者の使用義務) 防毒マスク用吸収缶と適応ガスについて 吸収缶の種類 試験ガス 試験濃度 適応ガス 有機ガス...

シゲマツ 防毒マスク・防じんマスク TW08SF M TW08SFM 1個

ANZEN未来研究所

6,562

シゲマツ 防毒マスク・防じんマスク TW08SF M TW08SFM 1個

保護具の必要性、義務と関連法規 事業者は「労働安全衛生規則」に基づき、労働者の安全に配慮しなければなりません。 「防毒マスク」は有毒なガス、蒸気等の吸入により生じる人体への影響を防止するために使用されるもの であり、その規格については、防毒マスクの規格(平成2年労働省告示第68号)に定められた規格・区分に適したものを使用するよう「厚生労働省基発第 0207007号」により示されています。 また、事業者は、衛生管理者、作業主任者等の労働衛生に関する知識及び経験を有する者のうちから、 各作業場ごとに防毒マスクを管理する保護具着用管理責任者を指名し、防毒マスクの適正な選択、 着用及び取扱方法について必要な指導を行わせるとともに、防毒マスクの適正な保守管理に当たらせなければなりません。 事業者は有害物が発生する作業場(屋内、屋外に限らず)に置いて、その原因を除去するために必要な措置を講じなければならない。 (第579条有害原因の除去、第577条ガス等の発散の抑制等、第582条粉じんの飛散の防止) 事業者は有害物を取り扱い、発生している作業場には適切な保護具を備え、同時に就業する労働者の人数と同数以上を備え、常時有効かつ清潔に保持しなければならない 保護具は各個人につき一つを備え、サイズや使用状況の把握の観点からも、 使いまわしはできるだけ避けるべきです。 (第593条呼吸用保護具等、第594条皮膚障害防止用の保護具、第595条騒音障害防止用の保護具、第596条保護具の数等) 労働者は事業者から必要な保護具の使用を命じられた時は当該保護具を使用しなければならない 事業者だけでなく、労働者も使用義務が課されています。 (第597条労働者の使用義務) 防毒マスク用吸収缶と適応ガスについて 吸収缶の種類 試験ガス 試験濃度 適応ガス 有機ガス...

シゲマツ 防毒マスク・防じんマスク TW02S L TW02SL 1個

ANZEN未来研究所

3,933

シゲマツ 防毒マスク・防じんマスク TW02S L TW02SL 1個

保護具の必要性、義務と関連法規 事業者は「労働安全衛生規則」に基づき、労働者の安全に配慮しなければなりません。 「防毒マスク」は有毒なガス、蒸気等の吸入により生じる人体への影響を防止するために使用されるもの であり、その規格については、防毒マスクの規格(平成2年労働省告示第68号)に定められた規格・区分に適したものを使用するよう「厚生労働省基発第 0207007号」により示されています。 また、事業者は、衛生管理者、作業主任者等の労働衛生に関する知識及び経験を有する者のうちから、 各作業場ごとに防毒マスクを管理する保護具着用管理責任者を指名し、防毒マスクの適正な選択、 着用及び取扱方法について必要な指導を行わせるとともに、防毒マスクの適正な保守管理に当たらせなければなりません。 事業者は有害物が発生する作業場(屋内、屋外に限らず)に置いて、その原因を除去するために必要な措置を講じなければならない。 (第579条有害原因の除去、第577条ガス等の発散の抑制等、第582条粉じんの飛散の防止) 事業者は有害物を取り扱い、発生している作業場には適切な保護具を備え、同時に就業する労働者の人数と同数以上を備え、常時有効かつ清潔に保持しなければならない 保護具は各個人につき一つを備え、サイズや使用状況の把握の観点からも、 使いまわしはできるだけ避けるべきです。 (第593条呼吸用保護具等、第594条皮膚障害防止用の保護具、第595条騒音障害防止用の保護具、第596条保護具の数等) 労働者は事業者から必要な保護具の使用を命じられた時は当該保護具を使用しなければならない 事業者だけでなく、労働者も使用義務が課されています。 (第597条労働者の使用義務) 防毒マスク用吸収缶と適応ガスについて 吸収缶の種類 試験ガス 試験濃度 適応ガス 有機ガス...

シゲマツ 防毒マスク・防じんマスク TW01SC ブラック M TW01SCBKM 1個

全2商品

2,401

シゲマツ 防毒マスク・防じんマスク TW01SC ブラック M TW01SCBKM 1個

保護具の必要性、義務と関連法規 事業者は「労働安全衛生規則」に基づき、労働者の安全に配慮しなければなりません。 「防毒マスク」は有毒なガス、蒸気等の吸入により生じる人体への影響を防止するために使用されるもの であり、その規格については、防毒マスクの規格(平成2年労働省告示第68号)に定められた規格・区分に適したものを使用するよう「厚生労働省基発第 0207007号」により示されています。 また、事業者は、衛生管理者、作業主任者等の労働衛生に関する知識及び経験を有する者のうちから、 各作業場ごとに防毒マスクを管理する保護具着用管理責任者を指名し、防毒マスクの適正な選択、 着用及び取扱方法について必要な指導を行わせるとともに、防毒マスクの適正な保守管理に当たらせなければなりません。 事業者は有害物が発生する作業場(屋内、屋外に限らず)に置いて、その原因を除去するために必要な措置を講じなければならない。 (第579条有害原因の除去、第577条ガス等の発散の抑制等、第582条粉じんの飛散の防止) 事業者は有害物を取り扱い、発生している作業場には適切な保護具を備え、同時に就業する労働者の人数と同数以上を備え、常時有効かつ清潔に保持しなければならない 保護具は各個人につき一つを備え、サイズや使用状況の把握の観点からも、 使いまわしはできるだけ避けるべきです。 (第593条呼吸用保護具等、第594条皮膚障害防止用の保護具、第595条騒音障害防止用の保護具、第596条保護具の数等) 労働者は事業者から必要な保護具の使用を命じられた時は当該保護具を使用しなければならない 事業者だけでなく、労働者も使用義務が課されています。 (第597条労働者の使用義務) 防毒マスク用吸収缶と適応ガスについて 吸収缶の種類 試験ガス 試験濃度 適応ガス 有機ガス...

シゲマツ 防毒マスク・防じんマスク TW08SF L TW08SFL 1個

ANZEN未来研究所

6,562

シゲマツ 防毒マスク・防じんマスク TW08SF L TW08SFL 1個

保護具の必要性、義務と関連法規 事業者は「労働安全衛生規則」に基づき、労働者の安全に配慮しなければなりません。 「防毒マスク」は有毒なガス、蒸気等の吸入により生じる人体への影響を防止するために使用されるもの であり、その規格については、防毒マスクの規格(平成2年労働省告示第68号)に定められた規格・区分に適したものを使用するよう「厚生労働省基発第 0207007号」により示されています。 また、事業者は、衛生管理者、作業主任者等の労働衛生に関する知識及び経験を有する者のうちから、 各作業場ごとに防毒マスクを管理する保護具着用管理責任者を指名し、防毒マスクの適正な選択、 着用及び取扱方法について必要な指導を行わせるとともに、防毒マスクの適正な保守管理に当たらせなければなりません。 事業者は有害物が発生する作業場(屋内、屋外に限らず)に置いて、その原因を除去するために必要な措置を講じなければならない。 (第579条有害原因の除去、第577条ガス等の発散の抑制等、第582条粉じんの飛散の防止) 事業者は有害物を取り扱い、発生している作業場には適切な保護具を備え、同時に就業する労働者の人数と同数以上を備え、常時有効かつ清潔に保持しなければならない 保護具は各個人につき一つを備え、サイズや使用状況の把握の観点からも、 使いまわしはできるだけ避けるべきです。 (第593条呼吸用保護具等、第594条皮膚障害防止用の保護具、第595条騒音障害防止用の保護具、第596条保護具の数等) 労働者は事業者から必要な保護具の使用を命じられた時は当該保護具を使用しなければならない 事業者だけでなく、労働者も使用義務が課されています。 (第597条労働者の使用義務) 防毒マスク用吸収缶と適応ガスについて 吸収缶の種類 試験ガス 試験濃度 適応ガス 有機ガス...

シゲマツ 防毒マスク・防じんマスク TW01SC ホワイト M TW01SCWHM 1個

ANZEN未来研究所

2,743

シゲマツ 防毒マスク・防じんマスク TW01SC ホワイト M TW01SCWHM 1個

保護具の必要性、義務と関連法規 事業者は「労働安全衛生規則」に基づき、労働者の安全に配慮しなければなりません。 「防毒マスク」は有毒なガス、蒸気等の吸入により生じる人体への影響を防止するために使用されるもの であり、その規格については、防毒マスクの規格(平成2年労働省告示第68号)に定められた規格・区分に適したものを使用するよう「厚生労働省基発第 0207007号」により示されています。 また、事業者は、衛生管理者、作業主任者等の労働衛生に関する知識及び経験を有する者のうちから、 各作業場ごとに防毒マスクを管理する保護具着用管理責任者を指名し、防毒マスクの適正な選択、 着用及び取扱方法について必要な指導を行わせるとともに、防毒マスクの適正な保守管理に当たらせなければなりません。 事業者は有害物が発生する作業場(屋内、屋外に限らず)に置いて、その原因を除去するために必要な措置を講じなければならない。 (第579条有害原因の除去、第577条ガス等の発散の抑制等、第582条粉じんの飛散の防止) 事業者は有害物を取り扱い、発生している作業場には適切な保護具を備え、同時に就業する労働者の人数と同数以上を備え、常時有効かつ清潔に保持しなければならない 保護具は各個人につき一つを備え、サイズや使用状況の把握の観点からも、 使いまわしはできるだけ避けるべきです。 (第593条呼吸用保護具等、第594条皮膚障害防止用の保護具、第595条騒音障害防止用の保護具、第596条保護具の数等) 労働者は事業者から必要な保護具の使用を命じられた時は当該保護具を使用しなければならない 事業者だけでなく、労働者も使用義務が課されています。 (第597条労働者の使用義務) 防毒マスク用吸収缶と適応ガスについて 吸収缶の種類 試験ガス 試験濃度 適応ガス 有機ガス...

シゲマツ 防毒マスク・防じんマスク TW01SC イエロー S TW01SCYES 1個

ANZEN未来研究所

2,743

シゲマツ 防毒マスク・防じんマスク TW01SC イエロー S TW01SCYES 1個

保護具の必要性、義務と関連法規 事業者は「労働安全衛生規則」に基づき、労働者の安全に配慮しなければなりません。 「防毒マスク」は有毒なガス、蒸気等の吸入により生じる人体への影響を防止するために使用されるもの であり、その規格については、防毒マスクの規格(平成2年労働省告示第68号)に定められた規格・区分に適したものを使用するよう「厚生労働省基発第 0207007号」により示されています。 また、事業者は、衛生管理者、作業主任者等の労働衛生に関する知識及び経験を有する者のうちから、 各作業場ごとに防毒マスクを管理する保護具着用管理責任者を指名し、防毒マスクの適正な選択、 着用及び取扱方法について必要な指導を行わせるとともに、防毒マスクの適正な保守管理に当たらせなければなりません。 事業者は有害物が発生する作業場(屋内、屋外に限らず)に置いて、その原因を除去するために必要な措置を講じなければならない。 (第579条有害原因の除去、第577条ガス等の発散の抑制等、第582条粉じんの飛散の防止) 事業者は有害物を取り扱い、発生している作業場には適切な保護具を備え、同時に就業する労働者の人数と同数以上を備え、常時有効かつ清潔に保持しなければならない 保護具は各個人につき一つを備え、サイズや使用状況の把握の観点からも、 使いまわしはできるだけ避けるべきです。 (第593条呼吸用保護具等、第594条皮膚障害防止用の保護具、第595条騒音障害防止用の保護具、第596条保護具の数等) 労働者は事業者から必要な保護具の使用を命じられた時は当該保護具を使用しなければならない 事業者だけでなく、労働者も使用義務が課されています。 (第597条労働者の使用義務) 防毒マスク用吸収缶と適応ガスについて 吸収缶の種類 試験ガス 試験濃度 適応ガス 有機ガス...

送料無料
シゲマツ 防毒マスク・防じんマスク TW088 M TW088M 1個

ANZEN未来研究所

20,337

シゲマツ 防毒マスク・防じんマスク TW088 M TW088M 1個

保護具の必要性、義務と関連法規 事業者は「労働安全衛生規則」に基づき、労働者の安全に配慮しなければなりません。 「防毒マスク」は有毒なガス、蒸気等の吸入により生じる人体への影響を防止するために使用されるもの であり、その規格については、防毒マスクの規格(平成2年労働省告示第68号)に定められた規格・区分に適したものを使用するよう「厚生労働省基発第 0207007号」により示されています。 また、事業者は、衛生管理者、作業主任者等の労働衛生に関する知識及び経験を有する者のうちから、 各作業場ごとに防毒マスクを管理する保護具着用管理責任者を指名し、防毒マスクの適正な選択、 着用及び取扱方法について必要な指導を行わせるとともに、防毒マスクの適正な保守管理に当たらせなければなりません。 事業者は有害物が発生する作業場(屋内、屋外に限らず)に置いて、その原因を除去するために必要な措置を講じなければならない。 (第579条有害原因の除去、第577条ガス等の発散の抑制等、第582条粉じんの飛散の防止) 事業者は有害物を取り扱い、発生している作業場には適切な保護具を備え、同時に就業する労働者の人数と同数以上を備え、常時有効かつ清潔に保持しなければならない 保護具は各個人につき一つを備え、サイズや使用状況の把握の観点からも、 使いまわしはできるだけ避けるべきです。 (第593条呼吸用保護具等、第594条皮膚障害防止用の保護具、第595条騒音障害防止用の保護具、第596条保護具の数等) 労働者は事業者から必要な保護具の使用を命じられた時は当該保護具を使用しなければならない 事業者だけでなく、労働者も使用義務が課されています。 (第597条労働者の使用義務) 防毒マスク用吸収缶と適応ガスについて 吸収缶の種類 試験ガス 試験濃度 適応ガス 有機ガス...

送料無料
nineone 自動遮光溶接面 溶接マスク 液晶フィルター 自動感光式 ソーラー充電式溶接マスク 溶接ヘルメット ワイドビュータイプ 保護用品

Amazon

2,549

nineone 自動遮光溶接面 溶接マスク 液晶フィルター 自動感光式 ソーラー充電式溶接マスク 溶接ヘルメット ワイドビュータイプ 保護用品

【機能】:遮光調整、遮光戻り速度調整、感度調整機能付きの溶接マスクです。アーク溶接からTIG溶接まで幅広く適用範囲があります。溶接の火花で自動的にレンズが遮光するので、効率良く溶接作業ができます。ご使用いただける自動遮光溶接面です。 【材質】:本製品は高力の材料と防炎剤を採用します。通用し自動的に変わってひそかにヘルメットを溶接して、十分なマスクの空間と非常に安全な構造があります。 【特徴】:最大遮光速度は0.00003秒です。溶接作業をする際に有害なアーク光、金属の火花、ほこり、UV IRなど有害物質や有害光線を遮断して目を守ります。軽量設計で、首や肩への負担を大幅に軽減します。 【長く使用時間】:ソーラー電池とボタン型リチウム電池で、バッテリー寿命は約5000時間です。いろいろな仕事環境に適応、安心で安全な溶接用マスクです。 【ご注意】:「Yosoo」に販売している製品が正品です。日本語取扱説明書は付属致しません。取り扱いについてのサポートはできません。新品未使用でございますが、輸入商品につき少しの傷・汚ればご了承くださいませ。, 発送重量: 48 100分の1ポンド, メーカー: Yosoo

シゲマツ 防毒マスク・防じんマスク TW01SC イエロー L TW01SCYEL 1個

ANZEN未来研究所

2,743

シゲマツ 防毒マスク・防じんマスク TW01SC イエロー L TW01SCYEL 1個

保護具の必要性、義務と関連法規 事業者は「労働安全衛生規則」に基づき、労働者の安全に配慮しなければなりません。 「防毒マスク」は有毒なガス、蒸気等の吸入により生じる人体への影響を防止するために使用されるもの であり、その規格については、防毒マスクの規格(平成2年労働省告示第68号)に定められた規格・区分に適したものを使用するよう「厚生労働省基発第 0207007号」により示されています。 また、事業者は、衛生管理者、作業主任者等の労働衛生に関する知識及び経験を有する者のうちから、 各作業場ごとに防毒マスクを管理する保護具着用管理責任者を指名し、防毒マスクの適正な選択、 着用及び取扱方法について必要な指導を行わせるとともに、防毒マスクの適正な保守管理に当たらせなければなりません。 事業者は有害物が発生する作業場(屋内、屋外に限らず)に置いて、その原因を除去するために必要な措置を講じなければならない。 (第579条有害原因の除去、第577条ガス等の発散の抑制等、第582条粉じんの飛散の防止) 事業者は有害物を取り扱い、発生している作業場には適切な保護具を備え、同時に就業する労働者の人数と同数以上を備え、常時有効かつ清潔に保持しなければならない 保護具は各個人につき一つを備え、サイズや使用状況の把握の観点からも、 使いまわしはできるだけ避けるべきです。 (第593条呼吸用保護具等、第594条皮膚障害防止用の保護具、第595条騒音障害防止用の保護具、第596条保護具の数等) 労働者は事業者から必要な保護具の使用を命じられた時は当該保護具を使用しなければならない 事業者だけでなく、労働者も使用義務が課されています。 (第597条労働者の使用義務) 防毒マスク用吸収缶と適応ガスについて 吸収缶の種類 試験ガス 試験濃度 適応ガス 有機ガス...

ボディマジック マスク用抗菌・消臭スプレー メントールミント 30mL 3個

Amazon

2,707

ボディマジック マスク用抗菌・消臭スプレー メントールミント 30mL 3個

使用方法 ●マスクの内側と外側から10-15cm離して、1-2回程度プッシュしてください。 ●スプレーの使い始めは数回空押しが必要です。 ●マスクにスプレーした後よく乾かしてから使用してください。 ●色落ち・シミが気になるものは、目立たないところで試してからご使用ください。 ●逆さ向きにスプレーしないでください。 ●マスクを着用したままスプレーしないでください。 ・皮膚に異常がある場合は使用しないでください。 ・使用中に気分が悪くなったり、赤み、はれ、かゆみ、刺激(皮膚、鼻、のど)等の異常が出た場合には使用を中止してください。 ・目に入らないように注意してください。万一目に入った場合はこすらずに、水、またはぬるま湯で十分に洗い流し、医師に相談してください。 ・小児が使用する場合は、保護者の指導監督のもとで使用してください。 ・マスクの使用方法を守り同じマスクを繰り返し使用しないでください。 ・用途以外には使用しないでください。 ・火気の近くでは使用しないでください。 ・使用する際は十分換気を行ってください。 ・吸入しないように気をつけてください。乾燥不十分なマスクを着用しての乗り物や機械類の運転操作又は危険な作業は行わないでください。 ・健材や家具に付着した場合は、すぐにふき取ってください。

シゲマツ 防毒マスク・防じんマスク TW01SC オレンジ M TW01SCORM 1個

ANZEN未来研究所

2,743

シゲマツ 防毒マスク・防じんマスク TW01SC オレンジ M TW01SCORM 1個

保護具の必要性、義務と関連法規 事業者は「労働安全衛生規則」に基づき、労働者の安全に配慮しなければなりません。 「防毒マスク」は有毒なガス、蒸気等の吸入により生じる人体への影響を防止するために使用されるもの であり、その規格については、防毒マスクの規格(平成2年労働省告示第68号)に定められた規格・区分に適したものを使用するよう「厚生労働省基発第 0207007号」により示されています。 また、事業者は、衛生管理者、作業主任者等の労働衛生に関する知識及び経験を有する者のうちから、 各作業場ごとに防毒マスクを管理する保護具着用管理責任者を指名し、防毒マスクの適正な選択、 着用及び取扱方法について必要な指導を行わせるとともに、防毒マスクの適正な保守管理に当たらせなければなりません。 事業者は有害物が発生する作業場(屋内、屋外に限らず)に置いて、その原因を除去するために必要な措置を講じなければならない。 (第579条有害原因の除去、第577条ガス等の発散の抑制等、第582条粉じんの飛散の防止) 事業者は有害物を取り扱い、発生している作業場には適切な保護具を備え、同時に就業する労働者の人数と同数以上を備え、常時有効かつ清潔に保持しなければならない 保護具は各個人につき一つを備え、サイズや使用状況の把握の観点からも、 使いまわしはできるだけ避けるべきです。 (第593条呼吸用保護具等、第594条皮膚障害防止用の保護具、第595条騒音障害防止用の保護具、第596条保護具の数等) 労働者は事業者から必要な保護具の使用を命じられた時は当該保護具を使用しなければならない 事業者だけでなく、労働者も使用義務が課されています。 (第597条労働者の使用義務) 防毒マスク用吸収缶と適応ガスについて 吸収缶の種類 試験ガス 試験濃度 適応ガス 有機ガス...

シゲマツ 防毒マスク・防じんマスク TW01SC ホワイト S TW01SCWHS 1個

ANZEN未来研究所

2,743

シゲマツ 防毒マスク・防じんマスク TW01SC ホワイト S TW01SCWHS 1個

保護具の必要性、義務と関連法規 事業者は「労働安全衛生規則」に基づき、労働者の安全に配慮しなければなりません。 「防毒マスク」は有毒なガス、蒸気等の吸入により生じる人体への影響を防止するために使用されるもの であり、その規格については、防毒マスクの規格(平成2年労働省告示第68号)に定められた規格・区分に適したものを使用するよう「厚生労働省基発第 0207007号」により示されています。 また、事業者は、衛生管理者、作業主任者等の労働衛生に関する知識及び経験を有する者のうちから、 各作業場ごとに防毒マスクを管理する保護具着用管理責任者を指名し、防毒マスクの適正な選択、 着用及び取扱方法について必要な指導を行わせるとともに、防毒マスクの適正な保守管理に当たらせなければなりません。 事業者は有害物が発生する作業場(屋内、屋外に限らず)に置いて、その原因を除去するために必要な措置を講じなければならない。 (第579条有害原因の除去、第577条ガス等の発散の抑制等、第582条粉じんの飛散の防止) 事業者は有害物を取り扱い、発生している作業場には適切な保護具を備え、同時に就業する労働者の人数と同数以上を備え、常時有効かつ清潔に保持しなければならない 保護具は各個人につき一つを備え、サイズや使用状況の把握の観点からも、 使いまわしはできるだけ避けるべきです。 (第593条呼吸用保護具等、第594条皮膚障害防止用の保護具、第595条騒音障害防止用の保護具、第596条保護具の数等) 労働者は事業者から必要な保護具の使用を命じられた時は当該保護具を使用しなければならない 事業者だけでなく、労働者も使用義務が課されています。 (第597条労働者の使用義務) 防毒マスク用吸収缶と適応ガスについて 吸収缶の種類 試験ガス 試験濃度 適応ガス 有機ガス...

シゲマツ 防毒マスク・防じんマスク TW01SC オレンジ S TW01SCORS 1個

ANZEN未来研究所

2,743

シゲマツ 防毒マスク・防じんマスク TW01SC オレンジ S TW01SCORS 1個

保護具の必要性、義務と関連法規 事業者は「労働安全衛生規則」に基づき、労働者の安全に配慮しなければなりません。 「防毒マスク」は有毒なガス、蒸気等の吸入により生じる人体への影響を防止するために使用されるもの であり、その規格については、防毒マスクの規格(平成2年労働省告示第68号)に定められた規格・区分に適したものを使用するよう「厚生労働省基発第 0207007号」により示されています。 また、事業者は、衛生管理者、作業主任者等の労働衛生に関する知識及び経験を有する者のうちから、 各作業場ごとに防毒マスクを管理する保護具着用管理責任者を指名し、防毒マスクの適正な選択、 着用及び取扱方法について必要な指導を行わせるとともに、防毒マスクの適正な保守管理に当たらせなければなりません。 事業者は有害物が発生する作業場(屋内、屋外に限らず)に置いて、その原因を除去するために必要な措置を講じなければならない。 (第579条有害原因の除去、第577条ガス等の発散の抑制等、第582条粉じんの飛散の防止) 事業者は有害物を取り扱い、発生している作業場には適切な保護具を備え、同時に就業する労働者の人数と同数以上を備え、常時有効かつ清潔に保持しなければならない 保護具は各個人につき一つを備え、サイズや使用状況の把握の観点からも、 使いまわしはできるだけ避けるべきです。 (第593条呼吸用保護具等、第594条皮膚障害防止用の保護具、第595条騒音障害防止用の保護具、第596条保護具の数等) 労働者は事業者から必要な保護具の使用を命じられた時は当該保護具を使用しなければならない 事業者だけでなく、労働者も使用義務が課されています。 (第597条労働者の使用義務) 防毒マスク用吸収缶と適応ガスについて 吸収缶の種類 試験ガス 試験濃度 適応ガス 有機ガス...

人気の日用品・文具の保護マスク、発売中!当社自慢の一品を比較して下さい!毎日使う様々な日用品・文具。オフィス・家庭でも大活躍の保護マスクが見つかる!毎日の生活を快適にしませんか♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、日用品・文房具をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい日用品・文具が充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「保護マスク」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ