「日本万国博覧会」 の検索結果 549件

仏像■ 日蓮上人像 ■青銅(ブロンズ)製 紙箱入り【高岡銅器】

仏具徳

17,799

仏像■ 日蓮上人像 ■青銅(ブロンズ)製 紙箱入り【高岡銅器】

高岡銅器 仏像 日蓮聖人 幾多の有為転変を経て、法華経をもって日蓮宗を開いた祖、立正大師・日蓮上人。 安房の漁師の子として、1222年に生誕、12歳で出家する。 法華経により、国家の安泰をはかるという説で、佐渡流罪となるが後に赦免、身延山に入る。妙法蓮華経をもって、社会・国家全体をも救うという教義を広く説く。 素材 青銅(ブロンズ)製 サイズ(センチ) 高さ:約23.0×幅:約9.5×奥行:約8.0 高岡銅器 高岡銅器は、1611年二代目加賀藩主前田利長が、高岡築城に際し、城下の繁栄をはかる産業政策として鋳物師を招き、鋳物工場を開設した事が始まりです。 花器、仏具等の鋳物に彫金を主体とする唐金鋳物を作り出したことにより発展し、明治期にはパリ万国博覧会などで世界的に名を馳せました。 昭和50年には、日本で最初に国の伝統工芸品産地の指定を受け、新商品の開発・需要の開発・人材の養成に努めています。製品は卓上置物から、ブロンズ像、大仏にまで及び全国の生産量の90%以上を占めています。※ 日蓮上人仏像 日蓮上人像 日蓮仏像 日蓮像 日蓮聖人像 日蓮聖人仏像 立正大師日蓮像 立正大師日蓮仏像 法華経 大曼茶羅 立正安国論 身延山久遠寺 法華曼荼羅 南無妙法蓮華経妙法蓮華経をもって日蓮宗を開く【仏心】 仏教における最も大切なことは"慈悲"すなわちすべての人々に対する思いやりの心です。 私達、日本人の心の糧として古来より学び、祀られてきた仏像・・・・。 仏教文化は私達すべての日本人に大きな影響を与え、また仏教芸術を源として、伝統工芸を育み、その深い味わいが今も多くの人々を魅きつけています。 心に安らぎをもたらし、穏やかな気持ちにさせてくれる仏教芸術品をより多くの人に味わって戴きたいと願います。 繁栄と福徳を招く招福の神々を是非、床の間に

茶器・茶道具■ 大笹カニ蓋置 ■金森竜泉作 銅製 桐箱入り【高岡銅器】

仏具徳

22,799

茶器・茶道具■ 大笹カニ蓋置 ■金森竜泉作 銅製 桐箱入り【高岡銅器】

高岡銅器 茶器・茶道具 素材 銅製 サイズ(センチ) 高さ約3.3×幅:約6.3×奥行:約6.3 高岡銅器 高岡銅器は、1611年二代目加賀藩主前田利長が、高岡築城に際し、城下の繁栄をはかる産業政策として鋳物師を招き、鋳物工場を開設した事が始まりです。 花器、仏具等の鋳物に彫金を主体とする唐金鋳物を作り出したことにより発展し、明治期にはパリ万国博覧会などで世界的に名を馳せました。 昭和50年には、日本で最初に国の伝統工芸品産地の指定を受け、新商品の開発・需要の開発・人材の養成に努めています。 製品は卓上置物から、ブロンズ像、大仏にまで及び全国の生産量の90%以上を占めています。 ※ 高岡 銅器 銅製 ブロンズ 青銅 茶碗 釜 茶釜 風炉 炭十能 火起こし 風炉先屏風 柄杓 盆 千歳盆 花形盆 山道盆 水指 水注薬缶 茶筅 茶巾 茶巾筒 巾筒 茶器 茶入 棗 薄茶器 茶壷 茶筒 茶杓 蓋置 建水 台子 茶室 名物茶器 薄茶器 茶筒 茶托 湯冷まし 涼炉 土瓶 花瓶 茶量 水注 水指 急須 薬缶 茶こし 茶櫃 提籃 器局 茶筅 小茶巾 サモワール ティーバッグ ティーカップ マグカップ ソーサー ティースプーン デミタス デミタススプーン金森竜泉作銅製桐箱入り

仏像■ 阿弥陀如来 お東用御本尊 純金メッキ 23.5■合金製 【高岡銅器】

仏具徳

19,799

仏像■ 阿弥陀如来 お東用御本尊 純金メッキ 23.5■合金製 【高岡銅器】

  高岡銅器 仏像 阿弥陀如来 お東用御本尊 西方十万億土をへだてたところにある極楽浄土の主尊、阿弥陀如来。 無量光仏・無量寿仏とも呼称され、菩薩業で四十八の行業を成し如来として、四十八の大願を持つ。 一心に阿弥陀の名号を唱え、誓願する衆生は必ず救済され。極楽での往生が約束されているといわれる。 素材 合金製 純金メッキ仕立 サイズ(センチ) 高さ:約23.5×幅:約9.5×奥行:約6.5×身丈:約9.5 高岡銅器 高岡銅器は、1611年二代目加賀藩主前田利長が、高岡築城に際し、城下の繁栄をはかる産業政策として鋳物師を招き、鋳物工場を開設した事が始まりです。 花器、仏具等の鋳物に彫金を主体とする唐金鋳物を作り出したことにより発展し、明治期にはパリ万国博覧会などで世界的に名を馳せました。 昭和50年には、日本で最初に国の伝統工芸品産地の指定を受け、新商品の開発・需要の開発・人材の養成に努めています。製品は卓上置物から、ブロンズ像、大仏にまで及び全国の生産量の90%以上を占めています。※ 御本尊 御本尊仏像 ご本尊 ご本尊仏像 浄土真宗仏像 真宗大谷派仏像 浄土真宗御本尊 真宗大谷派御本尊 浄土真宗ご本尊 真宗大谷派ご本尊 十二支仏像 お守り仏像 十二支本尊 お守り本尊 御守仏像 御守本尊 十二支仏 お守り仏 御守仏 干支御守 干支お守り 干支仏像 干支本尊 干支仏 守護尊 守護仏 八体仏 八体本尊 八体仏像 八体仏御守 八体仏お守り 八体仏本尊 十三体仏 十三本尊 十三仏像 十三仏御守 十三仏お守り 十三仏本尊 開運十二支 開運干支 開運八体仏 開運十三仏 開運仏 開運仏像 如来仏像 如来像 阿弥陀仏 弥陀仏 あみだくじ像 無量光仏 無量寿仏 阿弥陀三尊 佛説無量寿経 佛説阿弥陀経 浄土真宗仏像 浄土宗仏像 天台宗仏像...

茶器・茶道具■ 五徳 虫喰 風炉用 ■菊地政光作 鉄製【高岡銅器】u85-09

仏具徳

15,800

茶器・茶道具■ 五徳 虫喰 風炉用 ■菊地政光作 鉄製【高岡銅器】u85-09

高岡銅器 茶器・茶道具 素材 鉄製 サイズ(センチ) 高さ約11.0×幅:約21.0×奥行:約21.0 高岡銅器 高岡銅器は、1611年二代目加賀藩主前田利長が、高岡築城に際し、城下の繁栄をはかる産業政策として鋳物師を招き、鋳物工場を開設した事が始まりです。 花器、仏具等の鋳物に彫金を主体とする唐金鋳物を作り出したことにより発展し、明治期にはパリ万国博覧会などで世界的に名を馳せました。 昭和50年には、日本で最初に国の伝統工芸品産地の指定を受け、新商品の開発・需要の開発・人材の養成に努めています。 製品は卓上置物から、ブロンズ像、大仏にまで及び全国の生産量の90%以上を占めています。 ※ 高岡 銅器 銅製 ブロンズ 青銅 茶碗 釜 茶釜 風炉 炭十能 火起こし 風炉先屏風 柄杓 盆 千歳盆 花形盆 山道盆 水指 水注薬缶 茶筅 茶巾 茶巾筒 巾筒 茶器 茶入 棗 薄茶器 茶壷 茶筒 茶杓 蓋置 建水 台子 茶室 名物茶器 薄茶器 茶筒 茶托 湯冷まし 涼炉 土瓶 花瓶 茶量 水注 水指 急須 薬缶 茶こし 茶櫃 提籃 器局 茶筅 小茶巾 サモワール ティーバッグ ティーカップ マグカップ ソーサー ティースプーン デミタス デミタススプーン菊地政光作鉄製

仏像■ 日蓮上人座像 小 彩色 5.8■合金製 【高岡銅器】

仏具徳

4,299

仏像■ 日蓮上人座像 小 彩色 5.8■合金製 【高岡銅器】

高岡銅器 仏像 日蓮聖人座像 幾多の有為転変を経て、法華経をもって日蓮宗を開いた祖、立正大師・日蓮上人。 安房の漁師の子として、1222年に生誕、12歳で出家する。 法華経により、国家の安泰をはかるという説で、佐渡流罪となるが後に赦免、身延山に入る。妙法蓮華経をもって、社会・国家全体をも救うという教義を広く説く。 素材 合金製 色 彩色 サイズ(センチ) 高さ:約5.8×幅:約3.7×奥行:約2.3×身丈:3.2 高岡銅器 高岡銅器は、1611年二代目加賀藩主前田利長が、高岡築城に際し、城下の繁栄をはかる産業政策として鋳物師を招き、鋳物工場を開設した事が始まりです。 花器、仏具等の鋳物に彫金を主体とする唐金鋳物を作り出したことにより発展し、明治期にはパリ万国博覧会などで世界的に名を馳せました。 昭和50年には、日本で最初に国の伝統工芸品産地の指定を受け、新商品の開発・需要の開発・人材の養成に努めています。製品は卓上置物から、ブロンズ像、大仏にまで及び全国の生産量の90%以上を占めています。※ 日蓮上人仏像 日蓮上人像 日蓮仏像 日蓮像 日蓮聖人像 日蓮聖人仏像 立正大師日蓮像 立正大師日蓮仏像 法華経 大曼茶羅 立正安国論 身延山久遠寺 法華曼荼羅 南無妙法蓮華経妙法蓮華経をもって日蓮宗を開く 【仏心】 仏教における最も大切なことは"慈悲"すなわちすべての人々に対する思いやりの心です。 私達、日本人の心の糧として古来より学び、祀られてきた仏像・・・・。 仏教文化は私達すべての日本人に大きな影響を与え、また仏教芸術を源として、伝統工芸を育み、その深い味わいが今も多くの人々を魅きつけています。 心に安らぎをもたらし、穏やかな気持ちにさせてくれる仏教芸術品をより多くの人に味わって戴きたいと願います。 繁栄と福徳を招く招福の神々を是非...

置物 香炉■ 無心(六心)地蔵 合掌 蓮台付 ■合金製 紙箱入り【高岡銅器】

仏具徳

5,500

置物 香炉■ 無心(六心)地蔵 合掌 蓮台付 ■合金製 紙箱入り【高岡銅器】

高岡銅器 置物無心(六心)地蔵 ※商品の色は金色になります。 合掌 手に手を合わせて合掌。祈り、無心、感謝の気持ち 素材 合金製 蓮台付 香炉としてお使い頂けます。 サイズ(センチ) 高さ:約8.6×幅:約5.5×奥行約5.2蓮台:高さ:約3.9×幅:約7.9 高岡銅器 高岡銅器は、1611年二代目加賀藩主前田利長が、高岡築城に際し、城下の繁栄をはかる産業政策として鋳物師を招き、鋳物工場を開設した事が始まりです。 花器、仏具等の鋳物に彫金を主体とする唐金鋳物を作り出したことにより発展し、明治期にはパリ万国博覧会などで世界的に名を馳せました。 昭和50年には、日本で最初に国の伝統工芸品産地の指定を受け、新商品の開発・需要の開発・人材の養成に努めています。製品は卓上置物から、ブロンズ像、大仏にまで及び全国の生産量の90%以上を占めています。 ※ 菩薩仏像 菩薩像 お地蔵さん仏像 お地蔵様仏像 六道輪廻 胎蔵曼荼羅地蔵院 水子供養 道祖神 とげ抜き地蔵 イボ取り地蔵 子育て地蔵 子安地蔵 安産(腹帯)地蔵 田植え地蔵 裸地蔵 身代わり地蔵 縛り地蔵 延命地蔵 勝軍地蔵 閻魔大王 無邪気 子供の姿 観音様 童観音 人間としての願い 祈り 純粋な無邪気感昨今の社会不安の多い世の中で、心が少しでも癒されるように、六つの心をそれぞれ童地蔵の姿に託して表現しました。あどけない表情とひたむきな姿は、人の心を和ませ、疲れた心を癒してくれるでしょう。

置物 小物■ 招福 健康パートナー ■錫(すず)製 紙箱入り【高岡銅器】

仏具徳

3,240

置物 小物■ 招福 健康パートナー ■錫(すず)製 紙箱入り【高岡銅器】

高岡銅器 置物 小物 素材 錫(すず)製 サイズ(センチ) 大黒:高さ約3.5×幅約3.5×奥行約3.0恵比寿:高さ約3.7×幅約3.5×奥行約3.0 高岡銅器 高岡銅器は、1611年二代目加賀藩主前田利長が、高岡築城に際し、城下の繁栄をはかる産業政策として鋳物師を招き、鋳物工場を開設した事が始まりです。 花器、仏具等の鋳物に彫金を主体とする唐金鋳物を作り出したことにより発展し、明治期にはパリ万国博覧会などで世界的に名を馳せました。 昭和50年には、日本で最初に国の伝統工芸品産地の指定を受け、新商品の開発・需要の開発・人材の養成に努めています。 製品は卓上置物から、ブロンズ像、大仏にまで及び全国の生産量の90%以上を占めています。東洋医学では、掌には体の総ゆる部分のツボが集約されており、それらのつぼを刺激することや、手を動かすことが健康に良いとされてきました。片手で二つの球を持ち、回転させると、脳の中枢神経を調節して、握力はもとより全身の瞬発力を増強し、体のあらゆる機能の老化を防止し、健康に良いと言われています。このたび、その二個の球に純錫を使用し、大黒と恵比寿を可愛らしい姿に仕上げました。七福神のうち、出世財徳と豊作の神「大黒」と、商売繁盛の神「恵比寿」を一対とした健康パートナー。福々しい姿を握りしめることで、健康と福運が舞い込んでくるでしょう。守り本尊としてもお手元に置かれてご愛用ください。錫(すず)製 紙箱入り

茶器・茶道具■ 皆具 鐶付筋入 ■一佳作 青銅(ブロンズ)製 桐箱入【高岡銅器】

仏具徳

103,799

茶器・茶道具■ 皆具 鐶付筋入 ■一佳作 青銅(ブロンズ)製 桐箱入【高岡銅器】

高岡銅器 茶器・茶道具 素材 青銅(ブロンズ)製 作者 一佳 サイズ(センチ) 水指:高さ:約21.5×径:約18.5 高岡銅器 高岡銅器は、1611年二代目加賀藩主前田利長が、高岡築城に際し、城下の繁栄をはかる産業政策として鋳物師を招き、鋳物工場を開設した事が始まりです。 花器、仏具等の鋳物に彫金を主体とする唐金鋳物を作り出したことにより発展し、明治期にはパリ万国博覧会などで世界的に名を馳せました。 昭和50年には、日本で最初に国の伝統工芸品産地の指定を受け、新商品の開発・需要の開発・人材の養成に努めています。 製品は卓上置物から、ブロンズ像、大仏にまで及び全国の生産量の90%以上を占めています。 ※ 高岡 銅器 銅製 ブロンズ 青銅 茶碗 釜 茶釜 風炉 炭十能 火起こし 風炉先屏風 柄杓 盆 千歳盆 花形盆 山道盆 水指 水注薬缶 茶筅 茶巾 茶巾筒 巾筒 茶器 茶入 棗 薄茶器 茶壷 茶筒 茶杓 蓋置 建水 台子 茶室 名物茶器 薄茶器 茶筒 茶托 湯冷まし 涼炉 土瓶 花瓶 茶量 水注 水指 急須 薬缶 茶こし 茶櫃 提籃 器局 茶筅 小茶巾 サモワール ティーバッグ ティーカップ マグカップ ソーサー ティースプーン デミタス デミタススプーン一佳作青銅(ブロンズ)製桐箱入り

送料無料
縁起物 宝船■ 2尺 宝舟 ■青銅(ブロンズ)製【高岡銅器】

仏具徳

293,799

送料無料

縁起物 宝船■ 2尺 宝舟 ■青銅(ブロンズ)製【高岡銅器】

  高岡銅器 縁起物 2尺 宝舟 七福神が乗る宝物を積み込んだ帆船。宝船には珊瑚・金銀・宝石など、様々な宝物が積み込まれているという。そのため宝船はおめでたい船とされています。 素材 青銅(ブロンズ)製 サイズ(センチ) 高さ:約66.0×幅:約52.0 高岡銅器 高岡銅器は、1611年二代目加賀藩主前田利長が、高岡築城に際し、城下の繁栄をはかる産業政策として鋳物師を招き、鋳物工場を開設した事が始まりです。 花器、仏具等の鋳物に彫金を主体とする唐金鋳物を作り出したことにより発展し、明治期にはパリ万国博覧会などで世界的に名を馳せました。 昭和50年には、日本で最初に国の伝統工芸品産地の指定を受け、新商品の開発・需要の開発・人材の養成に努めています。製品は卓上置物から、ブロンズ像、大仏にまで及び全国の生産量の90%以上を占めています。 ※ 招福置物 おたから置物 吉祥置物 吉夢置物 七福神置物 正月置物 新年置物 元旦置物 大黒天置物 恵比須置物 えびす置物 毘沙門天置物 びしゃもんてん置物 弁天置物 福禄寿置物 ふくろくじゅ置物 寿老人置物 布袋和尚置物 布袋置物  宝船の由来は室町時代に始まり、当時の宝船は宝絵として、正月2日は枕の下に敷いて寝れば、1年の願いが叶うという、素朴な人々の願望から生まれ伝えられてきました。京都・五条天神社にみられます宝船には、稲穂が描かれ、又嬉遊笑覧には相阿弥の筆になるとされています宝船には、米俵が積込まれた宝船が描かれ、人々の豊作や福を願った心が宝船に象徴されているのです。

仏像■ 地蔵菩薩 純金メッキ仕上 21■合金製 紙箱入【高岡銅器】

仏具徳

15,799

仏像■ 地蔵菩薩 純金メッキ仕上 21■合金製 紙箱入【高岡銅器】

高岡銅器 仏像地蔵菩薩地蔵の字の如く天の虚空蔵菩薩に対し、大地の恵みを信仰化したという説もある。 地蔵菩薩で知られていることに、未来の仏とされる弥勒菩薩が出現するまでの五十六億七千万年もの間、この世に仏がいなくなるので釈迦がその間に人々の救済を地蔵菩薩に頼まれた。地蔵の姿ははじめ菩薩の衣装だったが、中国で僧形という姿で仏像が作られるようになった。人間の僧と同じ僧衣をつけ、それに如意宝珠という玉を左手に、錫丈という法具を右手に持って、人々の救済をかなえている。 素材 合金製 純金メッキ仕上 サイズ(センチ) 高さ:約21.0×幅:約7.8×奥行:約7.8×身丈:約14.0 高岡銅器 高岡銅器は、1611年二代目加賀藩主前田利長が、高岡築城に際し、城下の繁栄をはかる産業政策として鋳物師を招き、鋳物工場を開設した事が始まりです。 花器、仏具等の鋳物に彫金を主体とする唐金鋳物を作り出したことにより発展し、明治期にはパリ万国博覧会などで世界的に名を馳せました。 昭和50年には、日本で最初に国の伝統工芸品産地の指定を受け、新商品の開発・需要の開発・人材の養成に努めています。 製品は卓上置物から、ブロンズ像、大仏にまで及び全国の生産量の90%以上を占めています。 ※ 菩薩仏像 菩薩像 お地蔵さん仏像 お地蔵様仏像 六道輪廻 胎蔵曼荼羅地蔵院 水子供養 道祖神 とげ抜き地蔵 イボ取り地蔵 子育て地蔵 子安地蔵 安産(腹帯)地蔵 田植え地蔵 裸地蔵 身代わり地蔵 縛り地蔵 延命地蔵 勝軍地蔵 閻魔大王【仏心】仏教における最も大切なことは"慈悲"すなわちすべての人々に対する思いやりの心です。私達、日本人の心の糧として古来より学び、祀られてきた仏像・・・・。仏教文化は私達すべての日本人に大きな影響を与え、また仏教芸術を源として、伝統工芸を育み...

送料無料
仏像■ 不動明王 ■和雲作 銅製 桐箱入【高岡銅器】

仏具徳

142,799

送料無料

仏像■ 不動明王 ■和雲作 銅製 桐箱入【高岡銅器】

高岡銅器 仏像 不動明王 けがれを焚き清めるという火焔を光背とし、見開いた両眼、時にはすが目に牙をもって唇をかむ、不動の忿怒王・・・不動明王 一切の魔性を打ち砕くため大日如来が化身した忿怒相の仏とされる。 あるいはその使者として存在し、全ての魔を降ろして衆生を守り、また如来の救い切れない衆生には、恐れをも与えて教えを喩すともいわれる。 素材 銅製 作者 和雲 サイズ(センチ) 高さ:約40.0 ×幅:約17.0×奥行:約13.0 高岡銅器 高岡銅器は、1611年二代目加賀藩主前田利長が、高岡築城に際し、城下の繁栄をはかる産業政策として鋳物師を招き、鋳物工場を開設した事が始まりです。 花器、仏具等の鋳物に彫金を主体とする唐金鋳物を作り出したことにより発展し、明治期にはパリ万国博覧会などで世界的に名を馳せました。 昭和50年には、日本で最初に国の伝統工芸品産地の指定を受け、新商品の開発・需要の開発・人材の養成に努めています。製品は卓上置物から、ブロンズ像、大仏にまで及び全国の生産量の90%以上を占めています。※ 菩薩仏像 菩薩像 お不動さん仏像 お不動さま仏像 お不動様仏像 天部仏像 真言宗仏像 天台宗仏像 五大明王仏像 無動明王仏像 無動尊仏像 不動尊仏像 聖無動尊大威怒王秘密陀羅尼経 仏説聖不動経 稽首聖無動尊祕密陀羅尼経 御守本尊 御守仏像 守護本尊 御守仏 とり年守り本尊 酉年守り本尊 とり年仏像 酉年仏像 十二支守り本尊 真言密教【仏心】仏教における最も大切なことは"慈悲"すなわちすべての人々に対する思いやりの心です。私達、日本人の心の糧として古来より学び、祀られてきた仏像・・・・。仏教文化は私達すべての日本人に大きな影響を与え、また仏教芸術を源として、伝統工芸を育み、その深い味わいが今も多くの人々を魅きつけています...

仏像■ 聖観音菩薩像 尺三■芳山作 青銅製 古手色【高岡銅器】

仏具徳

103,799

仏像■ 聖観音菩薩像 尺三■芳山作 青銅製 古手色【高岡銅器】

高岡銅器 仏像聖観音像一心に済度を誓願する民衆の声。その誓願を観じ、救いに応じた三十三の自在の化身で苦悩を除き、願望をかなえる大慈大願の観世音菩薩・観自在菩薩。西方は、十万億土をへだてた極楽浄土に住むといわれ、阿弥陀如来の教えを守り、伝える、脇侍菩薩としても存在する。すべての観音のみなもととして、正観音ともあらわされ、また南海太士、補陀太士とも呼称される。 素材 青銅製 作者 芳山 サイズ(センチ) 高さ:約39 高岡銅器 高岡銅器は、1611年二代目加賀藩主前田利長が、高岡築城に際し、城下の繁栄をはかる産業政策として鋳物師を招き、鋳物工場を開設した事が始まりです。 花器、仏具等の鋳物に彫金を主体とする唐金鋳物を作り出したことにより発展し、明治期にはパリ万国博覧会などで世界的に名を馳せました。 昭和50年には、日本で最初に国の伝統工芸品産地の指定を受け、新商品の開発・需要の開発・人材の養成に努めています。 製品は卓上置物から、ブロンズ像、大仏にまで及び全国の生産量の90%以上を占めています。※ 十三体仏 十三本尊 十三仏像 十三仏御守 十三仏お守り 十三仏本尊 菩薩仏像 菩薩像 聖観音立像 正観音 観世音菩薩 観自在菩薩 救世菩薩 六観音 七観音 十五尊観音 三十三観音 正法妙如来 法華経 無量寿経 華厳経 浄土教 観無量寿経 阿弥陀如来 釈尊救世大士衆生を救う自在の三十三の変幻・・・聖観音菩薩

仏像■ 童子不動明王 青銅彩色 16■合金製 紙箱入【高岡銅器】

仏具徳

15,799

仏像■ 童子不動明王 青銅彩色 16■合金製 紙箱入【高岡銅器】

  高岡銅器 仏像 童子不動明王 けがれを焚き清めるという火焔を光背とし、見開いた両眼、時にはすが目に牙をもって唇をかむ、不動の忿怒王・・・不動明王 一切の魔性を打ち砕くため大日如来が化身した忿怒相の仏とされる。 あるいはその使者として存在し、全ての魔を降ろして衆生を守り、また如来の救い切れない衆生には、恐れをも与えて教えを喩すともいうわれる。 素材 合金製 色 青銅彩色 サイズ(センチ) 高さ約16.0×幅約12.7×奥行約4.5×身丈約9.5 高岡銅器 高岡銅器は、1611年二代目加賀藩主前田利長が、高岡築城に際し、城下の繁栄をはかる産業政策として鋳物師を招き、鋳物工場を開設した事が始まりです。 花器、仏具等の鋳物に彫金を主体とする唐金鋳物を作り出したことにより発展し、明治期にはパリ万国博覧会などで世界的に名を馳せました。 昭和50年には、日本で最初に国の伝統工芸品産地の指定を受け、新商品の開発・需要の開発・人材の養成に努めています。製品は卓上置物から、ブロンズ像、大仏にまで及び全国の生産量の90%以上を占めています。※ 菩薩仏像 菩薩像 お不動さん仏像 お不動さま仏像 お不動様仏像 天部仏像 真言宗仏像 天台宗仏像 五大明王仏像 無動明王仏像 無動尊仏像 不動尊仏像 聖無動尊大威怒王秘密陀羅尼経 仏説聖不動経 稽首聖無動尊祕密陀羅尼経 御守本尊 御守仏像 守護本尊 御守仏 とり年守り本尊 酉年守り本尊 とり年仏像 酉年仏像 十二支守り本尊 真言密教  魔障をを打ち砕く 憤怒王の光明

送料無料
仏像 十三仏■ 聖観音像 ■和雲作 銅製 桐箱入【高岡銅器】

仏具徳

125,799

送料無料

仏像 十三仏■ 聖観音像 ■和雲作 銅製 桐箱入【高岡銅器】

高岡銅器 仏像聖観音一心に済度を誓願する民衆の声。その誓願を観じ、救いに応じた三十三の自在の化身で苦悩を除き、願望をかなえる大慈大願の観世音菩薩・観自在菩薩。西方は、十万億土をへだてた極楽浄土に住むといわれ、阿弥陀如来の教えを守り、伝える、脇侍菩薩としても存在する。すべての観音のみなもととして、正観音ともあらわされ、また南海太士、補陀太士とも呼称される。 素材 銅製 作者 和雲 サイズ(センチ) 高さ:約39.0×巾:約14.0×奥行:約14.0 高岡銅器 高岡銅器は、1611年二代目加賀藩主前田利長が、高岡築城に際し、城下の繁栄をはかる産業政策として鋳物師を招き、鋳物工場を開設した事が始まりです。 花器、仏具等の鋳物に彫金を主体とする唐金鋳物を作り出したことにより発展し、明治期にはパリ万国博覧会などで世界的に名を馳せました。 昭和50年には、日本で最初に国の伝統工芸品産地の指定を受け、新商品の開発・需要の開発・人材の養成に努めています。 製品は卓上置物から、ブロンズ像、大仏にまで及び全国の生産量の90%以上を占めています。※ 十三体仏 十三本尊 十三仏像 十三仏御守 十三仏お守り 十三仏本尊 菩薩仏像 菩薩像 聖観音立像 正観音 観世音菩薩 観自在菩薩 救世菩薩 六観音 七観音 十五尊観音 三十三観音 正法妙如来 法華経 無量寿経 華厳経 浄土教 観無量寿経 阿弥陀如来 釈尊救世大士衆生を救う自在の三十三の変幻・・・聖観音菩薩

仏像■ 日蓮上人座像 小 純金メッキ 厨子入り■合金製 【高岡銅器】

仏具徳

12,799

仏像■ 日蓮上人座像 小 純金メッキ 厨子入り■合金製 【高岡銅器】

高岡銅器 仏像 日蓮聖人座像 厨子入り 幾多の有為転変を経て、法華経をもって日蓮宗を開いた祖、立正大師・日蓮上人。 安房の漁師の子として、1222年に生誕、12歳で出家する。 法華経により、国家の安泰をはかるという説で、佐渡流罪となるが後に赦免、身延山に入る。妙法蓮華経をもって、社会・国家全体をも救うという教義を広く説く。 素材 合金製 色 純金メッキ サイズ(センチ) 高さ:約9.0×幅:約7.8×奥行:約5.3×身丈:5.7 厨子:高さ:約9.7×幅:約6.5×奥行:約4.3 高岡銅器 高岡銅器は、1611年二代目加賀藩主前田利長が、高岡築城に際し、城下の繁栄をはかる産業政策として鋳物師を招き、鋳物工場を開設した事が始まりです。 花器、仏具等の鋳物に彫金を主体とする唐金鋳物を作り出したことにより発展し、明治期にはパリ万国博覧会などで世界的に名を馳せました。 昭和50年には、日本で最初に国の伝統工芸品産地の指定を受け、新商品の開発・需要の開発・人材の養成に努めています。製品は卓上置物から、ブロンズ像、大仏にまで及び全国の生産量の90%以上を占めています。※ 日蓮上人仏像 日蓮上人像 日蓮仏像 日蓮像 日蓮聖人像 日蓮聖人仏像 立正大師日蓮像 立正大師日蓮仏像 法華経 大曼茶羅 立正安国論 身延山久遠寺 法華曼荼羅 南無妙法蓮華経妙法蓮華経をもって日蓮宗を開く【仏心】 仏教における最も大切なことは"慈悲"すなわちすべての人々に対する思いやりの心です。 私達、日本人の心の糧として古来より学び、祀られてきた仏像・・・・。 仏教文化は私達すべての日本人に大きな影響を与え、また仏教芸術を源として、伝統工芸を育み、その深い味わいが今も多くの人々を魅きつけています。 心に安らぎをもたらし、穏やかな気持ちにさせてくれる仏教芸術品をより多くの人に味わ...

茶器・茶道具■ 菊頭四方透し火箸 ■木村清五郎作 銅製 桐箱入り【高岡銅器】

仏具徳

22,799

茶器・茶道具■ 菊頭四方透し火箸 ■木村清五郎作 銅製 桐箱入り【高岡銅器】

高岡銅器 茶器・茶道具 素材 銅製 サイズ(センチ) 29.0 高岡銅器 高岡銅器は、1611年二代目加賀藩主前田利長が、高岡築城に際し、城下の繁栄をはかる産業政策として鋳物師を招き、鋳物工場を開設した事が始まりです。 花器、仏具等の鋳物に彫金を主体とする唐金鋳物を作り出したことにより発展し、明治期にはパリ万国博覧会などで世界的に名を馳せました。 昭和50年には、日本で最初に国の伝統工芸品産地の指定を受け、新商品の開発・需要の開発・人材の養成に努めています。 製品は卓上置物から、ブロンズ像、大仏にまで及び全国の生産量の90%以上を占めています。 ※ 高岡 銅器 銅製 ブロンズ 青銅 茶碗 釜 茶釜 風炉 炭十能 火起こし 風炉先屏風 柄杓 盆 千歳盆 花形盆 山道盆 水指 水注薬缶 茶筅 茶巾 茶巾筒 巾筒 茶器 茶入 棗 薄茶器 茶壷 茶筒 茶杓 蓋置 建水 台子 茶室 名物茶器 薄茶器 茶筒 茶托 湯冷まし 涼炉 土瓶 花瓶 茶量 水注 水指 急須 薬缶 茶こし 茶櫃 提籃 器局 茶筅 小茶巾 サモワール ティーバッグ ティーカップ マグカップ ソーサー ティースプーン デミタス デミタススプーン木村清五郎作銅製桐箱入り

縁起物 宝船■ 七福神宝船(特大) ■合金ダイキャスト製 PC台付 紙箱入り【高岡銅器】

仏具徳

50,799

縁起物 宝船■ 七福神宝船(特大) ■合金ダイキャスト製 PC台付 紙箱入り【高岡銅器】

  高岡銅器 縁起物 七福神宝船 七福神が乗る宝物を積み込んだ帆船。宝船には珊瑚・金銀・宝石など、様々な宝物が積み込まれているという。そのため宝船はおめでたい船とされています。 素材 合金ダイキャスト製 PC台付 紙箱入り サイズ(センチ) 高さ:約38.0×幅:約34.0×奥行:約25.0 高岡銅器 高岡銅器は、1611年二代目加賀藩主前田利長が、高岡築城に際し、城下の繁栄をはかる産業政策として鋳物師を招き、鋳物工場を開設した事が始まりです。 花器、仏具等の鋳物に彫金を主体とする唐金鋳物を作り出したことにより発展し、明治期にはパリ万国博覧会などで世界的に名を馳せました。 昭和50年には、日本で最初に国の伝統工芸品産地の指定を受け、新商品の開発・需要の開発・人材の養成に努めています。製品は卓上置物から、ブロンズ像、大仏にまで及び全国の生産量の90%以上を占めています。 ※ 招福置物 おたから置物 吉祥置物 吉夢置物 七福神置物 正月置物 新年置物 元旦置物 大黒天置物 恵比須置物 えびす置物 毘沙門天置物 びしゃもんてん置物 弁天置物 福禄寿置物 ふくろくじゅ置物 寿老人置物 布袋和尚置物 布袋置物 結納縁起物 結納  宝船の由来は室町時代に始まり、当時の宝船は宝絵として、正月2日は枕の下に敷いて寝れば、1年の願いが叶うという、素朴な人々の願望から生まれ伝えられてきました。京都・五条天神社にみられます宝船には、稲穂が描かれ、又嬉遊笑覧には相阿弥の筆になるとされています宝船には、米俵が積込まれた宝船が描かれ、人々の豊作や福を願った心が宝船に象徴されているのです。

楽しいホビーの日本万国博覧会、発売中!クリスマスや誕生日のプレゼントにもどうぞ♪楽しいコレクションやホビー。大人から子供まで充実した時間を楽しめます。日本万国博覧会に徹底的にハマろう!

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、ホビーアイテムをまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいホビーが充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「日本万国博覧会」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ