「佐野せいじ」 の関連商品を含む検索結果 4件

佐野せいじ『根尾淡墨桜』【通販・販売】

東京書芸館

149,040

佐野せいじ『根尾淡墨桜』【通販・販売】

■材質:木版画、25版40度摺り ■寸法(約):(画寸)縦40×横60cm、(額寸)縦60×横80cm ■画伯自筆の「サイン」と「エディションナンバー」入り、画面中に作者「落款」入り。 ■金箔仕上げ木製額縁入り ■お届けは受注から1ヵ月以内。 ■発送手数料は商品1点につき別途648円をお申し受けます。 「絵画・掛軸」商品一覧にもどる佐野せいじ『根尾淡墨桜』 花弁もひとひらごとに表現。画伯 ・彫師・摺師、三者の技の見事な 結晶です。 一斉に咲き誇る桜の荘厳さと、花びらのほのかな墨色がかもしだす神秘さ。夜が朝へと移ろいゆくなかを、桜花が華麗に散り舞うさまをご覧下さい。そして、縦横に枝を延ばす幹の力強さに、はるかな時を生き続ける大樹の、雄渾な生命力が感じられます。 「根尾淡墨桜」は岐阜県本巣市根尾にある樹齢千五百年を数える彼岸桜。幹の周囲は約10m、枝は最大27mにも広がる国の天然記念物です。古墳時代の継体天皇お手植えの伝説を持つ「根尾淡墨桜」。幾度も枯死の危機に遭いながら、238本もの若根を接ぐ大事業を指揮した前田利行氏や作家宇野千代氏らの尽力により、いまなお春には満開の花を咲かせ、悠久の歴史を刻んでいます。 一枚一枚丁寧に描かれた優雅な花びら。天を覆うように花開く桜には優しさが満ちあふれ、舞い散ろうとする桜花の上品な淡墨色は、清楚な印象を与えてやみません。差し込む光の色がゆるやかに移りゆくさまが、新しい一日の訪れを表します。朝の輝きの中に立つ桜の雄渾な生命力を活写したこの名画は、誰の心の中にも、日々を新鮮に過ごす活力を呼び起こすことでしょう。 この淡墨桜の、幻想的で最も美しい瞬間を捉えたのは、昨年2004年に画業20周年を迎えた佐野せいじ画伯。伝統的な木版画の世界に、新しい息吹を吹きこむ俊英です...

佐野せいじ『里山の四季』【絵画・木版画】【通販・販売】

東京書芸館

149,040

佐野せいじ『里山の四季』【絵画・木版画】【通販・販売】

■木版画 4点1組/画寸:縦22.5×横45.5cm ■専用木製額 1点/額寸:縦39.5×横64cm ■佐野せいじ画伯自筆のサインと落款、エディションナンバー入り、 保管用タトウ箱つき。 ■お届けは受注から約1ヵ月後。 ■発送手数料は1点につき別途648円(税込)をお申し受けます。 「絵画・掛軸」商品一覧にもどる佐野せいじ『里山の四季』木版画 ■旅先などで、ふと、心動かされた景色に出会ったことはありませんか。決して有名な観光地ではないのに、懐かしさに胸がしめつけられるような田園風景。ゆるやかな山並みを背景にした茅葺き屋根や、白壁の蔵の佇まい。そして、子供の頃にフナやドジョウ捕りをしたような小川や、かくれんぼをしたような雑木林。《日本の里山》には、人々の思い出があふれています。 ■本作品『里山の四季』は、木版画界の名匠 佐野せいじ画伯が「本当に残したい日本の風景」として、自らの心象風景である《里山》を、見事に描きあげた作品です。 『夏茂る里』、『秋茜の里』、『雪なかの里』、『桜風の里』の木版画四点揃。しばしばスケッチに通う京都の美山町をはじめとして、子供時代を過ごしたふるさと静岡の思い出を重ね合わせ、日本人の心の原点ともいうべき懐かしい風景を表現しています。 ■杉林の影と、鏡のような水田との対照が鮮やかな『夏茂る里』。秋の透明な空気感が伝わる『秋茜の里』。霙まじりの初冬の情趣を描いた『雪なかの里』。麗らかな陽光にあふれた『桜風の里』。日本人の誰もが、いつかその風景を歩いたような、懐かしい世界です。 ■本作品『里山の四季』の作者は、現代木版画界の旗手 佐野せいじ画伯。詩的な情感あふれる画風により、木版画の世界に清新さを吹き込む名匠です。佐野画伯が一貫して追究するモチーフは、古き良き日本の風景。四季の織り成す自然の美しさ、懐かしい...

送料無料
佐野せいじ 木版画 又兵衛桜 送料無料 【複製】【木版画】【日本の風景】【変型特寸】

掛け軸・絵画の専門店 掛軸堂画廊

151,200

佐野せいじ 木版画 又兵衛桜 送料無料 【複製】【木版画】【日本の風景】【変型特寸】

優しげな青空のもと、満開に咲き誇り、はらはらと花弁を散らす枝垂れ桜。戦国武将・後藤基次(又兵衛)ゆかりのこの桜は『又兵衛桜』の名で親しまれ、樹齢300年を数えるとも言われています。奈良県宇陀市にあり、瀧桜とも呼ばれ、桜のシーズンになると多くの観光客で賑わうそうです。 うららかな春の花霞。雄大で、そして華やかでありつつ、儚さも秘めた『又兵衛桜』……。細やかに木版を重ね、繊細に、丁寧に仕上げました。 画 題 又兵衛桜(またべえざくら) 寸 法 【絵寸】縦40.0cm×横60.0cm 【額寸】縦82.0cm×横63.0cm 作 家 佐野せいじ(さの・せいじ) ◆この作家の作品一覧はこちら◆ 特 記 木版画 ※作者直筆サイン入り ※原画を忠実に再現していますが、ウェブ上では色彩が多少違って見える場合がございます。ご了承ください。 特 典 全国送料無料、熨斗(のし)ラッピング無料、壁に取り付けるための『金具フック』(→)もお付けします! 全国送料無料!郡部・離島など、一部地域でも追加料金は頂きません!ご安心ください。 ↑クリックすると、それぞれのコーナーをご覧いただけます!↑ 【MZN】佐野せいじ・木版画 『又兵衛桜』 うららかな春の花霞。雄大で、そして華やかでありつつ、儚さも秘めた『又兵衛桜』……。細やかに木版を重ね、繊細に、丁寧に仕上げました。 ◆佐野せいじ 略歴 -Seiji Sano- 【略歴】 1959年 静岡県磐田市生まれ 1978年 上洛 テキスタイルデザイナー佐野武塾入塾 1984年 木版画家・井堂雅夫に師事、木版画を始める 1994年 岐阜三大桜「荘川桜」発表を皮切りに4年をかけて「淡墨桜」「臥龍桜」完成 以降、各地の名桜をテーマに作品を発表 1996年 NHK大河ドラマ「秀吉」放送記念作品制作 【個展】全国主要都市百貨店...

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
【作家名】田原健二 【作品名】花はきっと咲く

アートギャラリーモトカワ

60,000

【作家名】田原健二 【作品名】花はきっと咲く

●画家名:田原健二 ●作品名:花はきっと咲く ●絵のサイズ:W22×H27cm ●額装サイズ:W41×H51cm ●絵画の技法:アクリル画 ●サイン:作家直筆サイン 田原健二さんがアクリル画の絵画で描いたポップアート「花はきっと咲く」は、2016年に描かれたポップアートの絵画です。 青い建物からニョキっと咲いた花が、とても印象的なポップアートです。 花の背景に描かれた茶色の四角形が、何なのかとても気になります。 田原健二さんという画家さんは、とてもアクティブでチャレンジ精神に溢れた人です。 アートギャラリーモトカワに最初に送られてきた絵画は水彩画でした。 その後アクリル画が送られてきて、つい最近は油絵、そして今回は今までとは全く違う絵柄のポップアートです。 どの作品を見ても、まぎれもなく、そこには田原健二さんの心の宇宙が描かれています。 誰の影響も感じさせないオリジナリティ溢れる素晴らしい作品ばかりです。 これからもどんどんジャンルを広げて、田原健二さんのファンを喜ばせていただきたいと思います。 田原健二さんがアクリル画の絵画で描いたポップアート「花はきっと咲く」をぜひご自宅のインテリアやプレゼントの絵としてご購入ください。

送料無料
【作家名】内藤謙一 【作品名】玉名・高瀬裏川花しょうぶまつり

アートギャラリーモトカワ

180,000

【作家名】内藤謙一 【作品名】玉名・高瀬裏川花しょうぶまつり

●画家名:内藤謙一 ●作品名:玉名・高瀬裏川花しょうぶまつり ●絵のサイズ:W52×H33,5cm ●額装サイズ:W70,5×H55cm ●絵画の技法:水彩画 ●サイン:作家直筆サイン 内藤謙一さんが水彩画の絵画で描いた熊本の絵「玉名・高瀬裏川花しょうぶまつり」は、2017年に描かれた水彩画の絵画です。 「玉名・高瀬裏川花しょうぶまつり」は、熊本市から車で45分ほどの熊本県玉名市の高瀬裏川水際緑地で毎年開催されているお祭りです。 高瀬裏川沿いの700メートルほどに、およそ6万本ほどの見事な花菖蒲が、毎年5月下旬から6月上旬にかけて咲き乱れます。 また高瀬裏川一帯には、高瀬目鏡橋をはじめ江戸時代からの石橋や石垣、古い商家が残っており、毎年多くの観光客がこの地を訪れます。 内藤謙一さんが水彩画の絵画で描いた絵「玉名・高瀬裏川花しょうぶまつり」は、このお祭りの美しさを見事に描きだしています。 当然、現地に足を運び、この場の雰囲気を味わいながら、抜群の描写力で描かれた見事な水彩画の絵画だと思います。 内藤謙一さんが水彩画の絵画で描いた熊本の絵「玉名・高瀬裏川花しょうぶまつり」をぜひご自宅のインテリアやプレゼントの絵としてご購入ください。

送料無料
【作家名】池上壮豊 【作品名】月庭

アートギャラリーモトカワ

126,000

【作家名】池上壮豊 【作品名】月庭

●画家名:池上壮豊 ●作品名:月庭 ●絵のサイズ: W51×H67cm ●額装サイズ:W71×H90cm ●版画の技法:シルクスクリーン ●サイン:作家直筆鉛筆サイン ●シリアルナンバー:36/55 池上壮豊先生がシルクスクリーンの版画で制作した桜の花の絵「月庭」は、1985年に制作された桜の花の絵のシルクスクリーンです。 月の色やその背景の色は、シルクスクリーンの刷りでは一番難しいと言われている金色で描かれています。 普通、シルクスクリーンは専門の工房で刷りの職人さんによって制作されます。 しかし金の色は空気中の僅かなほこりでも付着してしまうので、刷りの職人さんでも制作をいやがります。 また工房にシルクスクリーンの版画を発注すると、かなり高い料金がかかります。 ですからこのクオリティのシルクスクリーンになると、なかなかこの価格では販売できません。 しかし池上壮豊先生は刷りの行程まで全部を自分一人でやられるシルクスクリーンのスペシャリストですから、このような芸当ができるのです。 日本画の画家さんの版画によく金色が使われていますが、金箔を貼った作品がほとんどです。 金箔はきれいですが、傷が付きやすいという欠点がありますので、理想的には池上壮豊先生の桜の花の絵のように金色のインクで刷ることがベストだと思います。 池上壮豊先生がシルクスクリーンの版画で制作された桜の花の絵「月庭」は、アートギャラリーモトカワにご来店されるお客様にも非常に人気があって、何人ものお客様にご購入いただきました。 普通の桜の花の絵と違って、この作品は豪華で金の色にも品があるとよくお客様に褒められます。 まるで錦絵のように美しい桜の花の絵だと言われたお客様もおられました。 池上壮豊先生がシルクスクリーンの版画で制作した桜の花の絵「月庭...

送料無料
【作家名】大場正男【作品名】トラ

アートギャラリーモトカワ

25,000

【作家名】大場正男【作品名】トラ

●画家名:大場正男 ●作品名:トラ ●絵のサイズ:W15×H10,5cm ●額装サイズ:W33×H27cm ●版画の技法:ペーパースクリーン ●サイン:作家直筆鉛筆サイン ●シリアルナンバー:作家保存版 大場正男先生がペーパースクリーンの版画で制作した絵「トラ」は、大場正男先生らしいユニークで愛嬌のあるトラの絵です。 版画のシートには「ToRa」とタイトルが書かれています。 大場正男先生はペーパースクリーンという版画の技法の第一人者で、世界的にも非常に評価が高く、コレクターが数多くいる方です。 しかし2008年に亡くなられて、今現在ではマーケットには、ほとんど売り物はありません。 あったとしても作品の保存状態があまり良くないものが多いようです。 今回ご紹介している大場正男先生のペーパースクリーンの版画「トラ」は、嬉しいことに保存状態は完璧です。 焼けや染み、浪うちなど一切ない美しい宝石を見るようなペーパースクリーンの版画作品です。 大場正男先生のファンやコレクターの方には心からお薦めできる作品です。 大場正男先生がペーパースクリーンの版画で制作した絵「トラ」をぜひご自宅のインテリアやコレクション、プレゼントの絵としてご購入ください。

送料無料
【作家名】南正雄 【作品名】ティーパーティー・6

アートギャラリーモトカワ

19,000

【作家名】南正雄 【作品名】ティーパーティー・6

●画家名:南正雄 ●作品名:ティーパーティー・6 ●絵のサイズ: W20×H20cm ●額装サイズ:W35,5×H35,5cm ●版画の技法:シルクスクリーン ●サイン:作家直筆鉛筆サイン ●シリアルナンバー:41/75 南正雄先生がシルクスクリーンの版画で制作した和モダンの抽象画「ティーパーティー・6」は、1996年に制作された和モダンの抽象画です。 この抽象画のシルクスクリーンの正式なタイトルは「tea party-6」です。 限定枚数が僅か75枚の和モダンの抽象画です。 このティーパーティーのシリーズは6作品あり、南正雄先生の和モダンの抽象画作品の中でも人気シリーズです。 南正雄先生の抽象画のシルクスクリーンは、南正雄先生一人で全ての制作工程を行った本当の意味でのオリジナル作品です。 1986年に自宅に版画の工房を設立し、それ以来1200作以上のシルクスクリーンの版画をリリースしてこられました。 抽象画家としても、シルクスクリーンの版画制作においても、南正雄先生は匠の領域に達した凄い画家さんです。 南正雄先生の素晴らしい抽象画のシルクスクリーンを販売できることを僕はいつも光栄に思っています。 南正雄先生がシルクスクリーンの版画で制作した和モダンの抽象画「ティーパーティー・6」をぜひご自宅のインテリアやプレゼントの絵としてご購入ください。

送料無料
【作家名】石井清【作品名】モネの池の小道・B

アートギャラリーモトカワ

48,000

【作家名】石井清【作品名】モネの池の小道・B

●画家名:石井清 ●作品名:モネの池の小道・B ●絵のサイズ:W29×H37,5cm ●額装サイズ:W46,5×H59cm ●絵画の技法:ジークレー ●サイン:作家直筆鉛筆サイン ●シリアルナンバー:AP(作家保存版) 石井清先生がジークレーの版画で制作した絵「モネの池の小道・B」は、モネの池と、その周りに咲き乱れる花や柳の枝の色彩が、見事なコントラストで描かれたジークレーの版画です。 石井清先生は、モネの池のシリーズを描くために、フランスのジヴェルニーのモネの庭まで、何日も通ってパステル画の絵画を描かれました。 そのパステル画の絵画の中から、特にお気に入りの絵を選んでジークレーの版画を制作しました。 その中の一つが「モネの池の小道・B」です。 ジヴェルニーの明るい太陽の光に照らされたモネの池の美しさが、見事に表現された素晴らしいジークレーの版画です。 石井清先生はジークレーの版画だけでは飽き足らず、その版画の一つ一つにパステルで手彩を加えています。 しかも少しの部分だけに加筆したのではなく、全体にまんべんなくパステルで加筆しています。 絵だけを見るとジークレーの版画ではなく、パステル画の絵画にしか見えません。 アートギャラリーモトカワが絶対の自信を持ってお薦めする石井清先生のジークレーの版画「モネの池の小道・B」をぜひご自宅のインテリアやプレゼントの絵としてご購入ください。

送料無料
【作家名】日比野 克彦 【作品名】ダンスィング・イン・ザ・ムーンライト

アートギャラリーモトカワ

85,000

【作家名】日比野 克彦 【作品名】ダンスィング・イン・ザ・ムーンライト

●画家名:日比野 克彦 ●作品名:ダンスィング・イン・ザ・ムーンライト ●絵のサイズ:W27,5×H54cm ●額装サイズ:W51×H80,5cm ●絵画の技法:リトグラフ ●サイン:直筆鉛筆サイン 日比野克彦さんがリトグラフの版画で制作したポップアート・「ダンスィング・イン・ザ・ムーンライト」はとても日比野克彦さんらしいポッアートの版画作品です。 日比野克彦さんは日本におけるアートの伝道師です。 あらゆる所に自ら出かけて行きアートの素晴らしさや楽しさ、創造することの大切さを子供達の為に伝えようとしています。 この日比野克彦さんのポップアートのリトグラフの版画・「ダンスィング・イン・ザ・ムーンライト」もマチスのJAZZという絵をコラボしたりよく見ると英語で書いてある歌詞は「月が出た出た・・・」の炭坑節です。 日比野克彦さんは天才でありながら見る人に全く肩を凝らせない楽しいポップアートを作り続けています。 どんなイメージのお部屋でも似合ってしまう日比野克彦のポップアートのリトグラフの版画・「ダンスィング・イン・ザ・ムーンライト」をぜひご自宅のインテリアやプレゼントの絵としてご購入ください。

送料無料
【作家名】ホワキン・トレンツ・リャド【作品名】マルパスの入り江

アートギャラリーモトカワ

324,000

【作家名】ホワキン・トレンツ・リャド【作品名】マルパスの入り江

●画家名:ホワキン・トレンツ・リャド ●作品名:マルパスの入り江 ●絵のサイズ: W71×H71cm ●額装サイズ:W84×H84cm ●版画の技法:シルクスクリーン ●サイン:リャド直筆鉛筆サイン ホワキン・トレンツ・リャドがシルクスクリーンの版画で制作した海の絵「マルパスの入り江」は、1992年にリリースされた海の絵のシルクスクリーンです。 ホワキン・トレンツ・リャドらしい大胆で確かな筆さばきにより描かれた素晴らしい海の絵です。 ホワキン・トレンツ・リャドの絵画や版画は花や女性を描いた作品が多いですが流石に海の絵を描いてもホワキン・トレンツ・リャドが描くと天才だなと納得できます。 このシルクスクリーンの版画はホワキン・トレンツ・リャドが、精力的に制作活動をしていた1992年にリリースされ、もちろんホワキン・トレンツ・リャドの直筆鉛筆サインが入っています。 ホワキン・トレンツ・リャドのファンにとってはコレクターズ・アイテムの一つと言ってもいいシルクスクリーンの版画作品です。 ホワキン・トレンツ・リャドがシルクスクリーンの版画で制作した海の絵「マルパスの入り江」をぜひご自宅のインテリアやコレクションの絵としてご購入ください。

送料無料
【作家名】若松愛子【作品名】construction SM-21

アートギャラリーモトカワ

36,750

【作家名】若松愛子【作品名】construction SM-21

●画家名:若松愛子 ●作品名:construction SM-21 ●絵のサイズ:W15,8×H22,7cm ●額装サイズ:W33×H42cm ●版画の技法:水彩画 ●サイン:作家直筆サイン 若松愛子さんが水彩画の絵画で描いた抽象画「construction SM-21」は2014年の8月に描かれた水彩画の絵画です。 この抽象画の絵画のタイトルになっているコンストラクションとは構成や構造という意味です。 絵の上部に四つ、下部に三つ、まるでピラミッドのような、はたまた富士山のようにも見える山が7つも描かれた抽象画の絵画です。 若松愛子さんが水彩画の絵画で描く抽象画はアート・ギャラリー・モトカワにご来店される一般のお客様にはかなり難解な絵に見えるみたいです。 しかし抽象画の絵画がお好きなお客様にはとても人気があり、いつかは購入したいというお声をよく聞きます。 僕は画家としての若松愛子さんも大好きですが、人としての若松愛子さんには尊敬の念さえ感じています。 礼儀正しく親切で何かの折には必ずといっていいほど情のこもったお手紙やメールをいただきます。 そんな時、若松愛子さんの人としての奥深さを改めて感じます。 若松愛子さんの抽象画の絵画の奥深さも、もっと多くのお客様にお伝えできるように日々努力をしていきたいと思っています。 若松愛子さんが水彩画で描いた抽象画の絵画「construction SM-21」をぜひご自宅のインテリアやプレゼントの絵としてご購入ください。

送料無料
【作家名】内藤謙一 【作品名】水前寺成趣園

アートギャラリーモトカワ

180,000

【作家名】内藤謙一 【作品名】水前寺成趣園

●画家名:内藤謙一 ●作品名:水前寺成趣園 ●絵のサイズ:W52×H33,5cm ●額装サイズ:W70,5×H55cm ●絵画の技法:水彩画 ●サイン:作家直筆サインと落款 内藤謙一さんが水彩画の絵画で描いた熊本の絵・「水前寺成趣園」は「すいぜんじじょうじゅえん」と読みます。 水前寺成趣園は熊本市のほぼ中央に位置し、国の名勝・史跡に指定されている見事な大名庭園です。 肥後細川藩初代・細川忠利が鷹狩りの時、渾々と清水が湧くこの地を気に入り御茶屋として作事したのが水前寺成趣園の始まりです。 その後、細川綱利の代に大規模な作庭がされ桃山式の優美な回遊式庭園が完成しました。 華やかな元禄時代には東屋も沢山ありましたが、細川重賢の代に宝暦の改革で建物は酔月亭一つを残して撤去され、樹木も松だけの質素なものとなりました。 細川護久の代には版籍奉還で一時官有地となりましたが、明治11年10月7日、細川藤孝・忠興以下歴代藩主を祀る出水神社が創建され今日に至っています。 僕も毎年、お正月には必ずお参りするのですが「古今伝授の間」でお抹茶をいただいたことはありません。 機会があればぜひ、そんなひと時を楽しんでみたいと思います。 内藤謙一さんが水彩画の絵画で描いた熊本の絵・「水前寺成趣園」をぜひご自宅のインテリアやプレゼントの絵としてご購入ください。

楽しいホビーの佐野せいじ、発売中!クリスマスや誕生日のプレゼントにもどうぞ♪楽しいコレクションやホビー。大人から子供まで充実した時間を楽しめます。佐野せいじに徹底的にハマろう!

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、ホビーアイテムをまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいホビーが充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「佐野せいじ」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ