「大根」 の検索結果 2,862件

送料無料
三陸ぶり大根(12缶)

日本文化センター 楽天市場店

8,900

送料無料

三陸ぶり大根(12缶)

三陸ぶり大根(12缶)旨みたっぷり、食べごたえ十分! 本格的な味わいのぶり大根を食卓に。三陸産の天然のぶりをたっぷり使った、贅沢なぶり大根の缶詰です。世界3大漁場のひとつに数えられ、良質な魚介の宝庫である三陸沖で漁獲された脂の乗った抜群のぶりを使用。大根には美味しくて引き締まった国産を使い、風味豊かな特選本醸造醤油などの上質な調味料で、自然な旨みとコク引き出して甘みを抑え、上品でコクのある味に仕上げました。脂の乗ったぶりは箸でほぐれるほど柔らかく、大根は調味料の味がしっかり染みて絶妙な味わい。日本料理店の味にも匹敵するような、本格的なぶり大根が缶詰で味わえます。また、ぶりは、体内のめぐりをサラサラにするといわれる成分D H A やEPAが青魚の中でも特に多く含み、生活習慣が気になる中高年の方にはうれしい食材のひとつです。ご飯のおかずはもちろん、お酒の肴にも最適ですので、ぜひお試しください。商品仕様●セット内容=ぶり大根缶詰(約180g)×12●原材料=ぶり(三陸産)、大根(国産)、砂糖、醤油、清酒、昆布エキス、生姜●賞味期間:常温未開封で製造日より3年●サイズ(1缶)=径8.5×高さ4.5cm●日本製 ※原材料の一部に小麦・大豆を含む

西山農園の切干大根 40g×10パック

JAタウン

2,300

西山農園の切干大根 40g×10パック

毎年、とにかく甘い!と「匠すいか」で好評をいただいている西山農園から今回自信を持ってお届けするのは切干大根です。まず見ていただきたいのが、大根本来の色がまだ残っているこの白さ!西山さんのこだわりで、大根の美味しさをギュッと詰め込むために、通常の切干大根よりも短時間で仕上げるからこそ、この色が実現しているんです!天気と相談しながら、最適な日だけを選び、寒風で天日干ししているのだそうです。栽培している大根も切干大根向けの品種ではなく、本来なら生で食べても美味しい品種を使用しているので、大根本来の甘みを強く感じられます。水でもどさなくても、そのまま食べられる程なんですよ♪栽培地域は、愛知県の中でも、潮風漂う渥美半島。一般的に、海の近くは土壌が塩分を多く含んでいるため、甘みの強い大根ができると言われています。大根に適した地域で栽培しているのも美味しさの理由の一つなんです。また、西山農園のもう一つのこだわりは、栽培からパッケージまでを全て西山農園一括で行っていること。安全・安心なものをお届けしたいという強い思いから、一つひとつ手作業で全て行っています。こだわり農家、西山農園さんも産地レポートしてきたので、こちら⇒⇒西山農園を直撃!美味しい切干大根の秘密を探りますも見てね☆☆普通の切干大根とは一味違う!西山農園の切干大根、ぜひ一度食べてみてくださいね★★■切干大根のおいしいもどし方■さっと洗い、約10分水に浸して軽く水気を絞ります(硬さのお好みに応じて浸す時間は調整してください)。※あまり長くつけすぎると、せっかくの風味がそこなわれるので、ご注意ください。原材料表示はこちらをクリックしてください。★代引きではご購入いただけません。★のしは対応できません。

乾物屋の底力 宮崎県産 千切大根 1kg

Amazon

2,980

乾物屋の底力 宮崎県産 千切大根 1kg

宮崎県産の千切大根です。宮崎県が生産量日本一を誇る千切大根は、切干し大根とも呼ばれ毎年寒い時期(12月中旬~3月初旬)に生産されます。乾いた寒風の中で天気が良い日に干さないと美味しい千切大根が出来ないからです。大根を洗って千切りにスライスする作業は、まだ夜が明けないうちから始まります。当然、寒ければ寒いほどよいのですが作業は大変です。日当たりのよい畑に設置した棚には大根を散らすようにうすくまんべんなく干してゆきます。この風景は宮崎県の風物詩になっております。ご利用方法等 10分~15分程度水に浸けて戻してください。あまり長く浸けすぎると味も栄養も水に出てしまいます。30g程度で小鉢に4人前程出来上がります。保存が長くなると茶褐色に変色してきますが、これは異常でありません。千切大根は糖質を多く含みますので、時間が経つと糖分とアミノ酸が反応して黄色っぽく変色しはじめ、やがて茶褐色に変化します。においも強くなっていきます。変色した千切大根でも、水戻しすると普段どおりの白い色になります。おひたしや酢の物、炒め物、ちょっと和風サラダ、おでんの巾着に入れたり、中華肉まんの具となったりと色々とお使い頂けます。

乾物屋の底力 宮崎県産 千切大根 500g

Amazon

1,580

乾物屋の底力 宮崎県産 千切大根 500g

宮崎県産の千切大根です。宮崎県が生産量日本一を誇る千切大根は、切干し大根とも呼ばれ毎年寒い時期(12月中旬~3月初旬)に生産されます。乾いた寒風の中で天気が良い日に干さないと美味しい千切大根が出来ないからです。大根を洗って千切りにスライスする作業は、まだ夜が明けないうちから始まります。当然、寒ければ寒いほどよいのですが作業は大変です。日当たりのよい畑に設置した棚には大根を散らすようにうすくまんべんなく干してゆきます。この風景は宮崎県の風物詩になっております。ご利用方法等 10分~15分程度水に浸けて戻してください。あまり長く浸けすぎると味も栄養も水に出てしまいます。30g程度で小鉢に4人前程出来上がります。保存が長くなると茶褐色に変色してきますが、これは異常でありません。千切大根は糖質を多く含みますので、時間が経つと糖分とアミノ酸が反応して黄色っぽく変色しはじめ、やがて茶褐色に変化します。においも強くなっていきます。変色した千切大根でも、水戻しすると普段どおりの白い色になります。おひたしや酢の物、炒め物、ちょっと和風サラダ、おでんの巾着に入れたり、中華肉まんの具となったりと色々とお使い頂けます。

こだわりの惣菜・食材・加工品の大根、発売中!ご当地商品から海外お土産まで。世界・全国各地の惣菜・食材・加工品惣菜・食材・加工品。世界各国・全国各地の大根をとりよせよう。美味しいものを産地直送で!

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、食品・スイーツをまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい惣菜・食材・加工品が充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「大根」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

関連カテゴリ