「常緑庭木低木」 の検索結果 537件

【現品】 フェイジョア 「マンモス」1.3m 08213 果樹 植木 庭木 r

千草園芸

9,720

【現品】 フェイジョア 「マンモス」1.3m 08213 果樹 植木 庭木 r

※写真の商品をお送り致します。 写真は18年8月21日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 188c-u 送料はL-2 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください)フェイジョア 分類: フトモモ科フェイジョア属の常緑低木、 学名: Feijoa sellowiana 原産: 南米ウルグアイ、パラグアイ、ブラジル南部 別名: パイナップルグアバ 開花期: 5月~7月(果実の収穫は晩秋) 耐寒温度: -10℃ 樹高: 3~5m 栽培敵地: 東北地方中部以南 常緑性の樹木で葉も美しく花も咲き果実も食用にできる樹木として家庭の庭によく植えられるようになりました。 亜熱帯性の果樹に分類されますが、寒さにも比較的強く、関東地方以南の地域での露地栽培は問題ありません。 日当たりのよい水はけのよく肥沃な土壌を好みます。日当たりが悪いと新芽は垂れ下がりがちになりだらしなく成長しますから、下のほうまでよく日が差し込むように剪定をします。 生育は非常に早く、よく新芽を伸ばしますので、樹形を整えるためにも毎年剪定が必要です。夏の終わりか秋に本年伸張した枝を半分くらいに切り詰めます。 寒さに強く-10℃近くの低温にも耐えると言われていますが、寒風の当たる場所では落葉しやすいです。 寒風の当たらない場所が適していますが、当たる場合は藁などで覆って防風対策が必要です。 多少落葉しても春には回復しますが、しないに越したことはありません。 また、積雪の多い地方では積雪対策が必要です。枝はしなることは無く、非常に折れやすいので、剪定をしたりコモなどで覆うなどの対策を行ってください。 果実を収穫するには他品種との交配が必要ですから、2品種植えることをお勧めします。肥料は好みますので、多めに与えるとよく成長しますが...

【現品】 フェイジョア 「マンモス」 1.2m 06131 食べれる実を付ける苗木 庭木植木 r

千草園芸

10,800

【現品】 フェイジョア 「マンモス」 1.2m 06131 食べれる実を付ける苗木 庭木植木 r

※写真の商品をお送りします。 写真は18年6月13日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。186a-u 送料はL-2 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください)フェイジョア 分類: フトモモ科フェイジョア属の常緑低木、 学名: Feijoa sellowiana 原産: 南米ウルグアイ、パラグアイ、ブラジル南部 別名: パイナップルグアバ 開花期: 5月~7月(果実の収穫は晩秋) 耐寒温度: -10℃ 樹高: 3~5m 栽培敵地: 東北地方中部以南 常緑性の樹木で葉も美しく花も咲き果実も食用にできる樹木として家庭の庭によく植えられるようになりました。 亜熱帯性の果樹に分類されますが、寒さにも比較的強く、関東地方以南の地域での露地栽培は問題ありません。 日当たりのよい水はけのよく肥沃な土壌を好みます。日当たりが悪いと新芽は垂れ下がりがちになりだらしなく成長しますから、下のほうまでよく日が差し込むように剪定をします。 生育は非常に早く、よく新芽を伸ばしますので、樹形を整えるためにも毎年剪定が必要です。夏の終わりか秋に本年伸張した枝を半分くらいに切り詰めます。 寒さに強く-10℃近くの低温にも耐えると言われていますが、寒風の当たる場所では落葉しやすいです。 寒風の当たらない場所が適していますが、当たる場合は藁などで覆って防風対策が必要です。 多少落葉しても春には回復しますが、しないに越したことはありません。 また、積雪の多い地方では積雪対策が必要です。枝はしなることは無く、非常に折れやすいので、剪定をしたりコモなどで覆うなどの対策を行ってください。 果実を収穫するには他品種との交配が必要ですから、2品種植えることをお勧めします。肥料は好みますので、多めに与えるとよく成長しますが...

【現品】サザンカ 大和富士 1.2m 100952

千草園芸

5,184

【現品】サザンカ 大和富士 1.2m 100952

※写真の商品をお送りします。 写真は18年10月9日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1810a-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 富士の峰 立寒 根岸紅 富士の峰 今川絞り 朝倉 乙女サザンカ 丁子車 近江衣 秋月 大和富士 紅乙女 春雨錦 豊麗 大錦 立寒 根岸紅サザンカ(山茶花) (分類)ツバキ科ツバキ属の常緑広葉中低木。 (学名) Camellia sasanqua (原産)山口県、四国南部~九州中南部、南西諸島、台湾、中国、インドネシア (栽培適地)関東地方以南 (利用)庭木、生垣、目隠し ■特徴 花の少ない季節に開花する常緑樹で、生垣や庭の脇役によく植えられます。 多少の日陰でも育ちますので、場所を選ばず植えることができます。 ツバキ科の植物は主に暖地性の植物でサザンカ、チャは温帯に適応した珍しい種であり、 日本は自生地としては北限になります ■植え付け、水遣り 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 水遣りなどは、水切れを起こすと葉が黄色くなって落葉し、葉の数が少なくなります。 それを起こさないように、十分な腐葉土を加えておき、保水力を高めていくことが大切です。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるほうが効果的です ...

送料無料
お多福南天(オタフクナンテン) 5本セット 【送料無料】

千草園芸

4,320

送料無料

お多福南天(オタフクナンテン) 5本セット 【送料無料】

樹形にバラつきがあるため、お安く販売させて頂いております。春になると新しい葉が茂り、剪定をすることでまとまりのあるの樹形に整えることが可能です。 写真は見本品です。 写真は18年9月25日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。189d-u 北海道や沖縄、船賃の要る離島は別途送料が必要です。オタフクナンテン(お多福南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】東アジア 【別名】ゴシキナンテン 【利用】庭木、グランドカバー ●オタフク南天の特徴● オタフクナンテンは、ナンテンの矮性種で背丈は低く葉はやや丸みを帯びた樹形が特徴です。 晩秋には紅葉も楽しめることが魅力の一つで、庭の名脇役としてよく植えられている人気の庭木です。草丈が低いのでグランドカバーにも最適です。 常緑ですが、霜に当たると紅葉します。実が付きにくいのも特徴です。 ●育て方のポイント● 植える場所は日当たりでも半日陰でも育ちます。少々の日陰ならば問題にしませんが、日当たりが悪い場所ですと紅葉が出にくくなります。 定期的な剪定は特に必要ありません。極端に伸びた葉をカットし、形を整える程度でよいでしょう。病害虫などもほとんどありません。 ↓その他の種類はこちら↓ 南天 ササバ南天 ヒイラギ南天 イワ南天

送料無料
お多福南天(オタフクナンテン) 大株 5本【送料無料】

千草園芸

7,452

送料無料

お多福南天(オタフクナンテン) 大株 5本【送料無料】

写真は見本となります。 18年10月2日再入荷しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 189e-u 北海道や沖縄、船賃の要る離島は別途送料が必要です。オタフクナンテン(お多福南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】東アジア 【別名】ゴシキナンテン 【利用】庭木、グランドカバー ●オタフク南天の特徴● オタフクナンテンは、ナンテンの矮性種で背丈は低く葉はやや丸みを帯びた樹形が特徴です。 晩秋には紅葉も楽しめることが魅力の一つで、庭の名脇役としてよく植えられている人気の庭木です。草丈が低いのでグランドカバーにも最適です。 常緑ですが、霜に当たると紅葉します。実が付きにくいのも特徴です。 ●育て方のポイント● 植える場所は日当たりでも半日陰でも育ちます。少々の日陰ならば問題にしませんが、日当たりが悪い場所ですと紅葉が出にくくなります。 定期的な剪定は特に必要ありません。極端に伸びた葉をカットし、形を整える程度でよいでしょう。病害虫などもほとんどありません。 ↓その他の種類はこちら↓ 南天 ササバ南天 ヒイラギ南天 イワ南天

アズマ(吾妻)シャクナゲ 5号苗

千草園芸

1,944

アズマ(吾妻)シャクナゲ 5号苗

写真は見本品です。 18年10月12日に入荷しました。木の状態は季節により変化いたします。1810c日本石楠花 ニホンシャクナゲ 日本シャクナゲ 分類: ツツジ科ツツジ属シャクナゲ亜属の常緑低木 学名: Rhododendron 原産: 日本の山岳地帯 開花期: 5月~7月 用途: 庭木、鉢植え 樹高: 3~5m 栽培敵地: 九州以北 日本や中国原産のシャクナゲを西洋で改良されたものを「西洋シャクナゲ」、日本原産のシャクナゲを「二ホンシャクナゲ」と呼びます。 ツツジ属Rhododendronシャクナゲ亜属の中の日本原産の種を指し、以下のように 分類されます。 キバナシャクナゲ R. aureum Georgi 本州~北海道の高山地帯、シベリアから千島列島・カムチャツカ など東アジアの寒冷地に広く分布し、クリーム色の花を咲かせる。 ハクサンシャクナゲ R. brachycarpum G. Don 北海道・本州・四国と朝鮮半島北部の亜高山帯から一部はハイマツ帯 まで分布する。 楕円の形の葉で淡い色の花を咲かせる。 アズマシャクナゲ Rhododendron degronianum Carriere 東北地方から中部地方までの山地・亜高山帯に分布する。花はまとま りのある淡い紅色。 変種に静岡県伊豆半島の山地に分布するアマギシャクナゲ Rhododendron degronianum Carriere var. amagianum があります。 ツクシシャクナゲ Rhododendron japonoheptamerum Kitam....

シャクナゲ 細美 5号苗

千草園芸

1,944

シャクナゲ 細美 5号苗

写真は見本品です。 18年10月12日に入荷しました。木の状態は季節により変化いたします。1810c日本石楠花 ニホンシャクナゲ 日本シャクナゲ 分類: ツツジ科ツツジ属シャクナゲ亜属の常緑低木 学名: Rhododendron 原産: 日本の山岳地帯 開花期: 5月~7月 用途: 庭木、鉢植え 樹高: 3~5m 栽培敵地: 九州以北 日本や中国原産のシャクナゲを西洋で改良されたものを「西洋シャクナゲ」、日本原産のシャクナゲを「二ホンシャクナゲ」と呼びます。 ツツジ属Rhododendronシャクナゲ亜属の中の日本原産の種を指し、以下のように 分類されます。 キバナシャクナゲ R. aureum Georgi 本州~北海道の高山地帯、シベリアから千島列島・カムチャツカ など東アジアの寒冷地に広く分布し、クリーム色の花を咲かせる。 ハクサンシャクナゲ R. brachycarpum G. Don 北海道・本州・四国と朝鮮半島北部の亜高山帯から一部はハイマツ帯 まで分布する。 楕円の形の葉で淡い色の花を咲かせる。 アズマシャクナゲ Rhododendron degronianum Carriere 東北地方から中部地方までの山地・亜高山帯に分布する。花はまとま りのある淡い紅色。 変種に静岡県伊豆半島の山地に分布するアマギシャクナゲ Rhododendron degronianum Carriere var. amagianum があります。 ツクシシャクナゲ Rhododendron japonoheptamerum Kitam....

【現品】山茶花(サザンカ) 赤花 1.7m 31251

千草園芸

7,344

【現品】山茶花(サザンカ) 赤花 1.7m 31251

※写真の商品を御送りします。 写真は18年3月12日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183b-u 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)サザンカ(山茶花) (分類)ツバキ科ツバキ属の常緑広葉中低木。 (学名) Camellia sasanqua (原産)山口県、四国南部~九州中南部、南西諸島、台湾、中国、インドネシア (栽培適地)関東地方以南 (利用)庭木、生垣、目隠し ■特徴 花の少ない季節に開花する常緑樹で、生垣や庭の脇役によく植えられます。 多少の日陰でも育ちますので、場所を選ばず植えることができます。 ツバキ科の植物は主に暖地性の植物でサザンカ、チャは温帯に適応した珍しい種であり、 日本は自生地としては北限になります ■植え付け、水遣り 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 水遣りなどは、水切れを起こすと葉が黄色くなって落葉し、葉の数が少なくなります。 それを起こさないように、十分な腐葉土を加えておき、保水力を高めていくことが大切です。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるほうが効果的です 夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。植えおえた後は支柱を3本立てて固定してください。 ■移植 春または秋、冬と移植可能な季節も多く移植しやすい樹木です。 一度移植してあるものは細かな根が出ていますので、夏でも移植は可能です。 ■剪定 新梢の頂部に蕾ををつけますので、むやみに剪定すると蕾を落としてしまいます。した 花期が終わりの頃が剪定の目安になります。 生垣などに利用する場合、花芽を気にすることなく目的の形までなるまで刈り込むと良いで...

【現品】笹葉南天(ササバナンテン)1.4m 92405

千草園芸

9,720

【現品】笹葉南天(ササバナンテン)1.4m 92405

写真の商品をお送りします。 写真は18年9月27日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。189c-u 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 3~5月中旬までは葉の入れ替わり時期のため、葉が少ない状態でのお届けとなります。あらかじめご了承よろしくお願いいたします。笹葉南天(ササバナンテン) 【分類】メギ科ナンテン属の常緑低木 南天の変種 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【分布】東北以南 【利用】庭木、正月の飾り、鉢植え 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 南天の変種(園芸品種)で葉の形が笹のようにとがっているところから付けられたようです。 南天よりも生育が遅く、葉の広がりも小さめです。 新芽は赤くてよく目立ちます。 実付きも悪いので、たくさんの実は付きません。 しかし、葉は艶があり、こじんまりとまとまりがよく、美しく紅葉します。 ≪栽培方法≫ 普通の南天に準じます。日陰から日当たりと大変適応して生育します。 性質は南天よりも弱めで成長も遅めです。 剪定はほとんど必要ありません。 おたふく南天は、こちら ヒイラギナンテンは、こちら イワナンテン(苗)は、こちら ササバナンテンの花

紅白南天(コウハクナンテン)10号

千草園芸

5,400

紅白南天(コウハクナンテン)10号

鉢の色をお選びください 【ブラウン】 【グリーン】 写真は見本品です。 鉢を含めた高さは、約90~110cm程度です。 季節によって状態は変化します。163b-u 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 12号サイズはこちら 他の南天はこちら 3~5月中旬までは葉の入れ替わり時期のため、葉が少ない状態でのお届けとなります。あらかじめご了承よろしくお願いいたします。ナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植え 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 【栽培適地】東北以南 ●南天の特徴● 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。日本では正月の縁起物として葉や実を飾る習慣があり、料理の飾りつけなどにも利用されます。 大きな剪定も必要なく半日陰でも育つため、初心者の方にも育てやすい樹木です。 南天は、暖地性の樹木であまり寒さには強くありません。寒風の当たる場所では冬は落葉し、積雪が多い地方では葉茎が折れやすくなります。 2月から5月上旬までは葉が少なくなる時期がありますが、初夏には新芽を出して元気に生育します。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たりから日陰まで適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 葉を緑色にしておくには、木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行わ...

平戸ツツジ(ヒラドツツジ)紫 40cm×5本セット

千草園芸

5,724

平戸ツツジ(ヒラドツツジ)紫 40cm×5本セット

写真は見本品です。 写真は9月下旬に撮影しました。 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)季節によって状態は変化します。 幅は約40cm、根鉢を除く高さは約40cmです。葉の生え変わりの時期は、葉が少ない状態でのお送りとなります。 ※常時在庫がございませんので、お送りするまで1週間くらいかかる場合がございます。ヒラドツツジ 【分類】ツツジ科ツツジ属の常緑低木 【学名】Rhododendron × pulchrum 【原産】 園芸種 【開花期】5月~6月 【樹高】2-3m ケラマツツジ、モチツツジ、キシツツジなどの交配種。 ヒラドツツジはツツジの園芸品種で、街路樹や公園など広く植栽されている高さは1m~3mになり、大型の花を咲かせるツツジです。 古くから主に長崎県平戸市で栽培されてきたことからヒラドツツジとよばれ、多くの品種があります。 大型の花を咲かせる沖縄産のケラマツツジ、日本の自生種のモチツツジ、キシツツジが主な交配元で、古くから交配が繰り返され系統分類は簡単ではありません。寒さに強く丈夫なため、庭木、街路樹、公園木、生け垣などに利用されます。紫色の「オオムラサキ」などが有名です。 生垣にも使用されます。

平戸ツツジ(ヒラドツツジ) ピンク 40cm×2本セット

千草園芸

2,970

平戸ツツジ(ヒラドツツジ) ピンク 40cm×2本セット

写真は見本品です。 写真は16年9月30日に撮影しました。 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 季節によって状態は変化します。 幅は約40cm、根鉢を除く高さは約40cmです。葉の生え変わりの時期は、葉が少ない状態でのお送りとなります。 ※常時在庫がございませんので、お送りするまで1週間くらいかかる場合がございます。ヒラドツツジ 【分類】ツツジ科ツツジ属の常緑低木 【学名】Rhododendron × pulchrum 【原産】 園芸種 【開花期】5月~6月 【樹高】2-3m ケラマツツジ、モチツツジ、キシツツジなどの交配種。 ヒラドツツジはツツジの園芸品種で、街路樹や公園など広く植栽されている高さは1m~3mになり、大型の花を咲かせるツツジです。 古くから主に長崎県平戸市で栽培されてきたことからヒラドツツジとよばれ、多くの品種があります。 大型の花を咲かせる沖縄産のケラマツツジ、日本の自生種のモチツツジ、キシツツジが主な交配元で、古くから交配が繰り返され系統分類は簡単ではありません。寒さに強く丈夫なため、庭木、街路樹、公園木、生け垣などに利用されます。紫色の「オオムラサキ」などが有名です。 生垣にも使用されます。

平戸ツツジ(ヒラドツツジ)紫 40cm×2本セット

千草園芸

2,754

平戸ツツジ(ヒラドツツジ)紫 40cm×2本セット

写真は見本品です。 写真は16年9月30日に撮影しました。 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 季節によって状態は変化します。 幅は約40cm、根鉢を除く高さは約40cmです。葉の生え変わりの時期は、葉が少ない状態でのお送りとなります。 ※常時在庫がございませんので、お送りするまで1週間くらいかかる場合がございます。ヒラドツツジ 【分類】ツツジ科ツツジ属の常緑低木 【学名】Rhododendron × pulchrum 【原産】 園芸種 【開花期】5月~6月 【樹高】2-3m ケラマツツジ、モチツツジ、キシツツジなどの交配種。 ヒラドツツジはツツジの園芸品種で、街路樹や公園など広く植栽されている高さは1m~3mになり、大型の花を咲かせるツツジです。 古くから主に長崎県平戸市で栽培されてきたことからヒラドツツジとよばれ、多くの品種があります。 大型の花を咲かせる沖縄産のケラマツツジ、日本の自生種のモチツツジ、キシツツジが主な交配元で、古くから交配が繰り返され系統分類は簡単ではありません。寒さに強く丈夫なため、庭木、街路樹、公園木、生け垣などに利用されます。紫色の「オオムラサキ」などが有名です。 生垣にも使用されます。

あす楽
ビバーナム シナモミフォリューム ポット苗 生垣 目隠し 低木 庭木 常緑樹

花ひろばオンライン

1,382

あす楽

ビバーナム シナモミフォリューム ポット苗 生垣 目隠し 低木 庭木 常緑樹

【販売時期について】 この規格の苗木は例年11月ごろに入荷します。春ごろまで入荷を繰り返して補充して、4月中旬ごろからは売切れ次第終了です。 【お届けする商品の状態です】 ●商品は高さ0.3~0.4m前後のポット苗です。冬場は、寒さや寒風で黄色に葉が痛みます。 ●肥料や剪定など、詳しい育て方のコツはページ最下部をご覧ください。商品には簡単な植え付け方法を書いたプリントを同封しております。 ●この商品の同梱可能本数は・・・・ 小梱包でのお届けはできません。 >>送料についてはこちら >>同梱可能本数の目安(一覧)はこちら >>ご注文からお届けまでの流れはこちら ビバーナムの育て方 ビバーナムの育て方 植え付け時期 基本的に植え付けは10月~入梅までに行います。寒冷地では真冬の植え付けは避けます。 植え付け用土 暑さ、寒さに強く、ほこりや風、大気汚染にも強く、乾燥にも強く、土質は選びません。堆肥をすき込んだ土に植えつけてください。日当たりを好みますが、日陰にも強い木です。 水管理 雨が当たる環境で地植え(露地栽培)の場合、よほど乾く場所でなければ水やりは必要ありません。鉢植えでは土が乾いたらたっぷりと与えます。 剪定方法 ビバーナムはどっちかと言うと横張り気味に育ちます。剪定をすると分岐が盛んになり、花つきが良くなります。 卵型の樹形にできるように仕立てていく剪定をしていただくと良い樹形になります。花は枝先につきますので、剪定は花後に行い、古い枝を剪定し、若い枝を残すようにしていきます。 剪定をすると分岐が盛んになり、花つきが良くなります。 どの植物もいえることですが、枝数が多くなる=花が多く咲きます。 剪定は分岐している枝の1cmくらい上で中心の枝を切ります。あるいは...

南天(ナンテン) 10号鉢植え

千草園芸

4,104

南天(ナンテン) 10号鉢植え

鉢の色をお選びください 【ブラウン】 【グリーン】 写真は見本品です。 鉢を含めた高さは、約90~110cm程度です。 季節によって状態は変化します。163b-u 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 12号サイズはこちら 他の南天はこちら 3~5月中旬までは葉の入れ替わり時期のため、葉が少ない状態でのお届けとなります。あらかじめご了承よろしくお願いいたします。ナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植え 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 【栽培適地】東北以南 ●南天の特徴● 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。日本では正月の縁起物として葉や実を飾る習慣があり、料理の飾りつけなどにも利用されます。 大きな剪定も必要なく半日陰でも育つため、初心者の方にも育てやすい樹木です。 南天は、暖地性の樹木であまり寒さには強くありません。寒風の当たる場所では冬は落葉し、積雪が多い地方では葉茎が折れやすくなります。 2月から5月上旬までは葉が少なくなる時期がありますが、初夏には新芽を出して元気に生育します。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たりから日陰まで適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 葉を緑色にしておくには、木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行わ...

南天(ナンテン) 紅白 M

千草園芸

2,700

南天(ナンテン) 紅白 M

写真は見本品です。 写真は15年9月15日に撮影しました。 季節によって状態は変化しいたします。 通常、冬季には実が付きますが、このサイズは実が付いていない事が多いです。 実付きをご希望の場合は、Lサイズの南天をお求めの上、備考欄に実付き希望と記載をお願いいたします。 樹高は40~50cmです。 159b-u 送料はMサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 赤南天と白南天の混植です。 他のサイズ商品はこちら ※各1袋ずつでしたら、同梱できます。 3~5月中旬までは葉の入れ替わり時期のため、葉が少ない状態でのお届けとなります。あらかじめご了承よろしくお願いいたします。ナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植え 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 【栽培適地】東北以南 ●南天の特徴● 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。日本では正月の縁起物として葉や実を飾る習慣があり、料理の飾りつけなどにも利用されます。 大きな剪定も必要なく半日陰でも育つため、初心者の方にも育てやすい樹木です。 南天は、暖地性の樹木であまり寒さには強くありません。寒風の当たる場所では冬は落葉し、積雪が多い地方では葉茎が折れやすくなります。 2月から5月上旬までは葉が少なくなる時期がありますが、初夏には新芽を出して元気に生育します。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たりから日陰まで適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 葉を緑色にしておくには、木漏れ日の当たるような半日陰で...

南天(ナンテン)レモンライム 5号苗(k7)

千草園芸

2,592

南天(ナンテン)レモンライム 5号苗(k7)

※写真は見本品です。 18年9月7日入荷。 木の状態は季節によって変化いたします 189a-u 送料はM サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 他のサイズのナンテンはこちらナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植え 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 【栽培適地】東北以南 ●南天の特徴● 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。日本では正月の縁起物として葉や実を飾る習慣があり、料理の飾りつけなどにも利用されます。 大きな剪定も必要なく半日陰でも育つため、初心者の方にも育てやすい樹木です。 南天は、暖地性の樹木であまり寒さには強くありません。寒風の当たる場所では冬は落葉し、積雪が多い地方では葉茎が折れやすくなります。 2月から5月上旬までは葉が少なくなる時期がありますが、初夏には新芽を出して元気に生育します。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たりから日陰まで適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 葉を緑色にしておくには、木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行われずに実付きが悪くなります。 丈夫な樹木で、挿し木、移植は容易です。販売を目的とした増殖の多くは挿し木で行われています。 寒い季節に移植をすると葉を落とすことがありますが、春には新たに芽を出して元気に生育します。 ...

【現品】ツツジ 本霧島(ホンキリシマ)1m 10156

千草園芸

7,560

【現品】ツツジ 本霧島(ホンキリシマ)1m 10156

写真の商品をお送りします。 写真は18年10月15日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1810b-u 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ホンキリシマツツジ 分類: ツツジ科ツツジ属の常緑低木 学名: Rhododendron obtusum`Honkirishima' 原産: 九州に自生するヤマツツジ(山躑躅)とミヤマキリシマ(深山霧島)との交配種 開花期: 4~5月 樹高: 1-2m 利用: 庭木、鉢植え 性質: 栽培しやすい。水はけのよい酸性土壌を好む。 栽培敵地: 関東地方以南。 霧島ツツジは鹿児島県の霧島山中に自生するツツジではなく、ヤマツツジと雲仙地方に自生するミヤマキリシマとの交配で作られた園芸品種です。 真っ赤な花を木一面に咲かせるホンキリシマは霧島ツツジの代表品種です。 一番赤いツツジとして知られ、古くから日本庭園などで植えられてきました。 花を観賞するほか、独特の雰囲気を持った自然樹形を形成する性質から、庭の脇役として、植栽されます。 開花後の小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋の黄葉と季節の変化を感じさせます。 (植え付け) 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。 水はけの悪い場所では深植えするのは禁物で。上からは見えなくても雨が降ると地下水位が上昇して根ぐされをおこします。 下の根が根腐れを起こすと根が少なくなり、乾燥に耐えられなくなってそのまま立ち枯れたり...

尖閣躑躅(センカクツツジ) 5号苗(a2)

千草園芸

1,512

尖閣躑躅(センカクツツジ) 5号苗(a2)

※写真は見本品です。 写真は18年6月29日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。186d-u尖閣躑躅(センカクツツジ) 【分類】ツツジ科ツツジ属の常緑低木 【学名】Rhododendron mucronulatum var. ciliatum 【原産】沖縄県尖閣諸島の山頂付近の岩地 【用途】庭木、鉢植え 【開花】3月~4月 【植え替え】花後~6月中旬まで 【肥料】花後と、枝の充実期に 【剪定】開花後なるべく早い時期に。(6月上旬ごろまでに) 尖閣諸島の魚釣島に自生すると固有種のツツジ。 絶滅危惧種に指定されている希少なツツジです。 矮性で自然と横に広がり、小さな淡い紫紅色の花を咲かせます。 ゆっくりと成長性し、寒さに強く育てやすい品種です。 尖閣躑躅(センカクツツジ)の育て方 日当たり、また半日陰の水はけのよい酸性土壌を好みます。 植えこみ時に、腐葉土をよく混ぜ、土づくりをしておきましょう。 過湿と乾燥を嫌うので、傾斜地では夏の乾燥に気をつけ保水性の良い土を使用し、平地ではやや高めに 植え付け、根元に堆肥やピートモスを敷いて保護しましょう。 病害虫は特にありませんが、初夏にグンバイ虫がつく事があります。 葉の色が悪くなるので、5月上旬ころに「オルトラン粒剤」などの浸透移行性殺虫剤を根元にばらまいておきます。

【現品】ツツジ 本霧島(ホンキリシマ)1.1m 10154

千草園芸

10,044

【現品】ツツジ 本霧島(ホンキリシマ)1.1m 10154

写真の商品をお送りします。 写真は18年10月15日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1810b-u 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) こちらはヤマト便でのお送りとなりますので、日付の指定はできますが、 時間帯の指定ができません。ホンキリシマツツジ 分類: ツツジ科ツツジ属の常緑低木 学名: Rhododendron obtusum`Honkirishima' 原産: 九州に自生するヤマツツジ(山躑躅)とミヤマキリシマ(深山霧島)との交配種 開花期: 4~5月 樹高: 1-2m 利用: 庭木、鉢植え 性質: 栽培しやすい。水はけのよい酸性土壌を好む。 栽培敵地: 関東地方以南。 霧島ツツジは鹿児島県の霧島山中に自生するツツジではなく、ヤマツツジと雲仙地方に自生するミヤマキリシマとの交配で作られた園芸品種です。 真っ赤な花を木一面に咲かせるホンキリシマは霧島ツツジの代表品種です。 一番赤いツツジとして知られ、古くから日本庭園などで植えられてきました。 花を観賞するほか、独特の雰囲気を持った自然樹形を形成する性質から、庭の脇役として、植栽されます。 開花後の小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋の黄葉と季節の変化を感じさせます。 (植え付け) 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。 水はけの悪い場所では深植えするのは禁物で。上からは見えなくても雨が降ると地下水位が上昇して根ぐされをおこします...

送料無料
【カラタネオガタマセット】 カラタネオガタマ・ポートワイン/アメリカリョウブ・ピンクスパイアー/カシワバアジサイ/マホニアコンフーサ/レンギョウ 庭木・植栽セット

Garden Shop OHANA

22,356

送料無料

【カラタネオガタマセット】 カラタネオガタマ・ポートワイン/アメリカリョウブ・ピンクスパイアー/カシワバアジサイ/マホニアコンフーサ/レンギョウ 庭木・植栽セット

甘い香りが漂うカラタネオガタマ・ポートワインをメインにしたセット。 カラタネオガタマ・ポートワインはモクレンの一種です。その香りから「バナナツリー」とも呼ばれます。ポートワインは紅花品種で花弁の縁が赤く染まって可愛らしいです。シンボルツリーや庭木に適しています。 アメリカリョウブ・ピンクスパイアーは夏の一番暑い時期に爽やかな花を咲かせる落葉低木です。枝先に穂状のピンクの花を咲かせ、株は根元近くから枝分かれてブッシュ状になり、比較的コンパクトにまとまります。 カシワバアジサイは6月から7月に白い装飾花を円すい形にまとめて咲かせます。紅葉も楽しめるアジサイで、晩秋になるとカシワに似た葉っぱは深みのある赤色に色づきます。 マホニアコンフーサはメギ科の常緑低木で、ヒイラギナンテンよりトゲが少ないです。庭に花が減ってくる10月・11月あたりに黄色い花を咲かせ、害虫も少なく、丈夫です。 レンギョウは落葉性の低木です。細長い枝を地際からたくさん伸ばして茂り、早春に鮮やかな黄色い花を枝いっぱいに咲かせます。 個性的な樹木の紅葉と花が四季を彩ってくれます。 洋風な庭にピッタリな植栽セットです。甘い香りが漂うカラタネオガタマ・ポートワインをメインにしたセット。 個性的な樹木の紅葉と花が四季を彩ってくれます。 洋風な庭にピッタリな植栽セットです。

【現品】赤南天(アカナンテン) 1.5m 09273

千草園芸

11,880

【現品】赤南天(アカナンテン) 1.5m 09273

※写真の商品をお送り致します。 写真は18年9月27日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。189c-u 送料はL-2サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) 3~5月中旬までは葉の入れ替わり時期のため、葉が少ない状態でのお届けとなります。あらかじめご了承よろしくお願いいたします。ナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植え 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 【栽培適地】東北以南 ●南天の特徴● 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。日本では正月の縁起物として葉や実を飾る習慣があり、料理の飾りつけなどにも利用されます。 大きな剪定も必要なく半日陰でも育つため、初心者の方にも育てやすい樹木です。 南天は、暖地性の樹木であまり寒さには強くありません。寒風の当たる場所では冬は落葉し、積雪が多い地方では葉茎が折れやすくなります。 2月から5月上旬までは葉が少なくなる時期がありますが、初夏には新芽を出して元気に生育します。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たりから日陰まで適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 葉を緑色にしておくには、木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行われずに実付きが悪くなります。 丈夫な樹木で、挿し木、移植は容易です。販売を目的とした増殖の多くは挿し木で行われてい...

南天(ナンテン)  Lサイズ 苗木

千草園芸

3,024

南天(ナンテン) Lサイズ 苗木

写真は見本品です。 できるだけ実つきのものをお送りいたしますが年明けからお届けする商品には鳥に食べられてしまいますので実つきのものはお送りできなくなると思います。 ※送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 他のサイズ商品はこちら ※各1袋ずつでしたら、同梱できます。 3~5月中旬までは葉の入れ替わり時期のため、葉が少ない状態でのお届けとなります。あらかじめご了承よろしくお願いいたします。 【正月】ナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植え 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 【栽培適地】東北以南 ●南天の特徴● 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。日本では正月の縁起物として葉や実を飾る習慣があり、料理の飾りつけなどにも利用されます。 大きな剪定も必要なく半日陰でも育つため、初心者の方にも育てやすい樹木です。 南天は、暖地性の樹木であまり寒さには強くありません。寒風の当たる場所では冬は落葉し、積雪が多い地方では葉茎が折れやすくなります。 2月から5月上旬までは葉が少なくなる時期がありますが、初夏には新芽を出して元気に生育します。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たりから日陰まで適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 葉を緑色にしておくには、木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。ただ...

白南天(シロナンテン) 12号鉢植え

千草園芸

6,696

白南天(シロナンテン) 12号鉢植え

鉢の色をお選びください 【ブラウン】 【グリーン】 写真は見本品です。 鉢を含めた高さは約1.2~1.3mです。 季節によって状態は変化します。163b-u 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 10号サイズはこちら 他の南天はこちら 3~5月中旬までは葉の入れ替わり時期のため、葉が少ない状態でのお届けとなります。あらかじめご了承よろしくお願いいたします。ナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植え 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 【栽培適地】東北以南 ●南天の特徴● 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。日本では正月の縁起物として葉や実を飾る習慣があり、料理の飾りつけなどにも利用されます。 大きな剪定も必要なく半日陰でも育つため、初心者の方にも育てやすい樹木です。 南天は、暖地性の樹木であまり寒さには強くありません。寒風の当たる場所では冬は落葉し、積雪が多い地方では葉茎が折れやすくなります。 2月から5月上旬までは葉が少なくなる時期がありますが、初夏には新芽を出して元気に生育します。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たりから日陰まで適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 葉を緑色にしておくには、木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行われ...

【現品】紅白南天(アカナンテン) 1.3m 01051

千草園芸

10,260

【現品】紅白南天(アカナンテン) 1.3m 01051

※写真の商品をお送り致します。 写真は18年10月5日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。187c-u 送料はL-2サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) 3~5月中旬までは葉の入れ替わり時期のため、葉が少ない状態でのお届けとなります。あらかじめご了承よろしくお願いいたします。ナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植え 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 【栽培適地】東北以南 ●南天の特徴● 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。日本では正月の縁起物として葉や実を飾る習慣があり、料理の飾りつけなどにも利用されます。 大きな剪定も必要なく半日陰でも育つため、初心者の方にも育てやすい樹木です。 南天は、暖地性の樹木であまり寒さには強くありません。寒風の当たる場所では冬は落葉し、積雪が多い地方では葉茎が折れやすくなります。 2月から5月上旬までは葉が少なくなる時期がありますが、初夏には新芽を出して元気に生育します。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たりから日陰まで適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 葉を緑色にしておくには、木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行われずに実付きが悪くなります。 丈夫な樹木で、挿し木、移植は容易です。販売を目的とした増殖の多くは挿し木で行われてい...

【現品】赤南天(アカナンテン) 1.0m 07262

千草園芸

5,400

【現品】赤南天(アカナンテン) 1.0m 07262

※写真の商品をお送り致します。 写真は18年7月26日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。187c-u 送料はLサイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) 3~5月中旬までは葉の入れ替わり時期のため、葉が少ない状態でのお届けとなります。あらかじめご了承よろしくお願いいたします。ナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植え 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 【栽培適地】東北以南 ●南天の特徴● 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。日本では正月の縁起物として葉や実を飾る習慣があり、料理の飾りつけなどにも利用されます。 大きな剪定も必要なく半日陰でも育つため、初心者の方にも育てやすい樹木です。 南天は、暖地性の樹木であまり寒さには強くありません。寒風の当たる場所では冬は落葉し、積雪が多い地方では葉茎が折れやすくなります。 2月から5月上旬までは葉が少なくなる時期がありますが、初夏には新芽を出して元気に生育します。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たりから日陰まで適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 葉を緑色にしておくには、木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行われずに実付きが悪くなります。 丈夫な樹木で、挿し木、移植は容易です。販売を目的とした増殖の多くは挿し木で行われています...

伊勢日陰ツツジ(イセヒカゲツツジ)5号 (a2)

全2商品

1,566

伊勢日陰ツツジ(イセヒカゲツツジ)5号 (a2)

写真は見本品です。 写真は18年9月18日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。189c-u 多少の日陰でも育ちます。ヒカゲツツジ 【分類】ツツジ科ツツジ属の常緑低木(雌雄異株) 【学名】Rhododendron keiskei 【原産】関東以西の本州~九州 【別名】サワテラシ 【用途】庭木(日陰の庭でも可) 【開花】4月~5月 【成木】1m~2m 【栽培敵地】関東以南 春にクリーム色の花を咲かせる珍しい色のツツジです。多少の日陰でも育ちますが、日が当たる場所のほうが花つきはよくなります。 花の無い季節も趣きのある木で、革質の葉にも魅力があります。 日本各地の限られた山地に自生する日本固有種で、山地の崖や岩の上など非常に水はけの良い場所に自生します。 産地により、個性があります。 特に個性の強いヒカゲツツジは、「伊勢ヒカゲツツジ」「屋久島ヒカゲツツジ」などと産地の名前が付けられています。 イセヒカゲツツジは矮性品種で、葉が密に茂りやすい性質のものです。 屋久島ヒカゲツツジは極めて生育が遅く、節間がつまってして鉢植えに向く這い性品種です。 また、ツツジの名で知られていますが、実はシャクナゲの仲間で、4月ころに淡い黄色の花を咲かせます。花は枝先に集まってつく性質があります。 自然とコンパクトな樹形を作ることや葉の姿から気品のある植物として庭木に利用されています。 ■栽培方法 日当たり、また半日陰の水はけのよい酸性土壌を好みます。 植えこみ時に、腐葉土をよく混ぜ、土づくりをしておきましょう。 過湿と乾燥を嫌うので、傾斜地では夏の乾燥に気をつけ保水性の良い土を使用し、平地ではやや高めに植え付け、根元に堆肥やピートモスを敷いて保護しましょう。 鉢植えでは鹿沼土を使用し、根詰まりを起こさないように毎年植え替えます。...

【現品】 赤南天(アカナンテン) 1.1m 07262 r

千草園芸

6,480

【現品】 赤南天(アカナンテン) 1.1m 07262 r

※写真の商品をお送りします。 写真は18年10月5日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1810a-u 送料はL-1サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください)ナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植え 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 【栽培適地】東北以南 ●南天の特徴● 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。日本では正月の縁起物として葉や実を飾る習慣があり、料理の飾りつけなどにも利用されます。 大きな剪定も必要なく半日陰でも育つため、初心者の方にも育てやすい樹木です。 南天は、暖地性の樹木であまり寒さには強くありません。寒風の当たる場所では冬は落葉し、積雪が多い地方では葉茎が折れやすくなります。 2月から5月上旬までは葉が少なくなる時期がありますが、初夏には新芽を出して元気に生育します。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たりから日陰まで適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 葉を緑色にしておくには、木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行われずに実付きが悪くなります。 丈夫な樹木で、挿し木、移植は容易です。販売を目的とした増殖の多くは挿し木で行われています。 寒い季節に移植をすると葉を落とすことがありますが、春には新たに芽を出して元気に生育します。 ●剪定と病害虫対策●...

南天(ナンテン)フルート 6号(k7)

千草園芸

3,240

南天(ナンテン)フルート 6号(k7)

写真は見本品です。 写真は18年7月27日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。187c-u 送料はSサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) オブセスは新芽や若芽が赤く、秋には紅葉して1年を通して楽しめます。 他のサイズのナンテンはこちらナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植え 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 【栽培適地】東北以南 ●南天の特徴● 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。日本では正月の縁起物として葉や実を飾る習慣があり、料理の飾りつけなどにも利用されます。 大きな剪定も必要なく半日陰でも育つため、初心者の方にも育てやすい樹木です。 南天は、暖地性の樹木であまり寒さには強くありません。寒風の当たる場所では冬は落葉し、積雪が多い地方では葉茎が折れやすくなります。 2月から5月上旬までは葉が少なくなる時期がありますが、初夏には新芽を出して元気に生育します。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たりから日陰まで適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 葉を緑色にしておくには、木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行われずに実付きが悪くなります。 丈夫な樹木で、挿し木、移植は容易です。販売を目的とした増殖の多くは挿し木で行われています。...

【現品】白南天(シロナンテン) 1.2m 30851

千草園芸

5,184

【現品】白南天(シロナンテン) 1.2m 30851

※写真の商品をお送りします。 写真は18年9月25日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。189d-u 送料はL-1サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) 3~5月中旬までは葉の入れ替わり時期のため、葉が少ない状態でのお届けとなります。あらかじめご了承よろしくお願いいたします。ナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植え 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 【栽培適地】東北以南 ●南天の特徴● 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。日本では正月の縁起物として葉や実を飾る習慣があり、料理の飾りつけなどにも利用されます。 大きな剪定も必要なく半日陰でも育つため、初心者の方にも育てやすい樹木です。 南天は、暖地性の樹木であまり寒さには強くありません。寒風の当たる場所では冬は落葉し、積雪が多い地方では葉茎が折れやすくなります。 2月から5月上旬までは葉が少なくなる時期がありますが、初夏には新芽を出して元気に生育します。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たりから日陰まで適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 葉を緑色にしておくには、木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行われずに実付きが悪くなります。 丈夫な樹木で、挿し木、移植は容易です。販売を目的とした増殖の多くは挿し木で行われていま...

南天(ナンテン)  Mサイズ 苗木

千草園芸

1,836

南天(ナンテン) Mサイズ 苗木

写真は見本品です。 ■樹高は50~60cm、株立ちは2本~3本程度です。 通常、冬季には実が付きますが、このサイズは実が付いていない事が多いです。 実付きをご希望の場合は、Lサイズの南天をお求めの上、備考欄に実付き希望と記載をお願いいたします。 ※送料はMサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 他のサイズ商品はこちら ※各1袋ずつでしたら、同梱できます。 3~5月中旬までは葉の入れ替わり時期のため、葉が少ない状態でのお届けとなります。あらかじめご了承よろしくお願いいたします。 【正月】ナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植え 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 【栽培適地】東北以南 ●南天の特徴● 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。日本では正月の縁起物として葉や実を飾る習慣があり、料理の飾りつけなどにも利用されます。 大きな剪定も必要なく半日陰でも育つため、初心者の方にも育てやすい樹木です。 南天は、暖地性の樹木であまり寒さには強くありません。寒風の当たる場所では冬は落葉し、積雪が多い地方では葉茎が折れやすくなります。 2月から5月上旬までは葉が少なくなる時期がありますが、初夏には新芽を出して元気に生育します。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たりから日陰まで適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 葉を緑色にしておくには、木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また...

西洋イワナンテン 苗 【トリカラー】 ポット苗 庭木 常緑樹 低木 生垣 グランドカバー

総合植物プロショップ花ひろば

1,069

西洋イワナンテン 苗 【トリカラー】 ポット苗 庭木 常緑樹 低木 生垣 グランドカバー

お届けする商品について苗木ポット含め高さ0.3m前後でビニールポットに仮植してあります。※画像は商品の一例です。お届けする商品は植物なので個体差があります。この商品2本までの送料は80cmサイズです。関東・信越・東海・北陸・関西…980円南東北・中国…1080円北東北・四国・九州…1180円北海道…1480円沖縄…1920円まとめ買いは送料がお得この商品3~20本までの送料は160cmサイズです。関東・信越・東海・北陸・関西…1780円南東北・中国…1880円北東北・四国・九州…1980円北海道…2480円沖縄…4260円※21本以上はプラス1箱~送料が追加となります。商品の注文個数によって送料が変更となる場合は、個別にご案内させていただきますので、当店から送信される受注確認メールを必ずご確認ください。サイズが異なる他の商品を注文した場合、その中の最大サイズの送料になります。できる限り送料のご負担が少なくなるよう梱包を工夫いたしますが、内容が複雑でわかりづらい場合は、ご注文前でもお気軽にお問い合わせくださいませ。トリカラー西洋イワナンテン西洋イワナンテンってどんな庭木?西洋イワナンテンはつやのある葉が年間を通して美しく、グランドカバーとして利用される常緑低木です。生育旺盛で、花は赤、クリーム、緑の3色です。緑葉種と異なり、あまり日当たりのよすぎる乾燥した場所では葉が焼ける場合がありますのでご注意ください。春には白い花を咲かせます。グランドカバーや植え込みの前面、土手や石垣の上から下に垂らすのに適しています。建物の北側や半日陰地でよく育ち、明るい葉色が周囲の印象を明るくしてくれます。特に刈り込む必要もなく、一度植えれば手がかかりません。栽培適地:北海道南部以南 樹高:60~100cm 開花期:4~5月 日照:日向~半日陰むき

人気の植木の常緑庭木低木、発売中!当社自慢の一品を比較して下さい!素敵なお庭を演出してくれる植木。ガーデニングが素敵になる常緑庭木低木が見つかる!素敵なお庭作りに必須なアイテムをそろえましょう♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、花・ガーデニング用品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい植木が充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「常緑庭木低木」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

関連カテゴリ