「富士柿苗木」 の関連商品を含む検索結果 1件

【現品】富士柿 フジガキの木 苗木

千草園芸

8,100

【現品】富士柿 フジガキの木 苗木

写真の商品をお送りします。 写真は17年10月16日に撮影。 季節によって状態は変化します。158b-u 送料はL-3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) ※出荷時には実が付いてない場合がございますので御了承ください (植え付け) 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。根に比べて上の方が大きいので植えおえた後は支柱を3本立ててしっかり固定してください。富士柿 【学名】Ebenaceae Diospyros 【種類】カキノキ科カキノキ属 落葉高木 【開花期】5月 【収穫期】10月~11月 【成木の樹高】4月~6m 【栽培敵地】関東地方~九州 日本一の大きい柿とされています。渋柿です。富士山のようにとがった形から名付けられたようです。追熟してゼリーのように果肉が柔らかくなると糖度がさらに増します。贈答にも利用される人気の品種です。 富士柿は愛媛県八幡浜の農園において1927(昭和2)年に発見された蜂屋柿の枝変わり品種です。 実は大型で着色が早く、 樹勢と木の大きさは中位で、樹姿は開張と直立の中位です。 (植え付け) 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えて...

こちらの関連商品はいかがですか?

【現品】椿(ツバキ)さかさ富士 1.5m 31958 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

7,344

【現品】椿(ツバキ)さかさ富士 1.5m 31958 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 ※こちらの商品は写真では鉢に植わっていますが、 お送りするときは根巻きの状態でお送りします。 写真は18年3月23日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183c-u 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し...

【現品4種】柿苗 瑠璃小町(ルリコマチ) 9号

千草園芸

6,480

【現品4種】柿苗 瑠璃小町(ルリコマチ) 9号

※番号の商品をお送りします。 写真は17年9月29日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 179d-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) (植え付け) 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。根に比べて上の方が大きいので植えおえた後は支柱を3本立ててしっかり固定してください。瑠璃小町 (分類) カキ科の落葉高木 (樹高) 2~5m (収穫) 11~12月(開花5月) (利用) 庭植え、鉢植え (栽培敵地) 関東地方以南 関西地方で発見された柿で、フデガキのような形をしていますが、丸みがあり、フデガキよりも実が付きやすいです。 実はフデガキと同じくらいの小型ですが、熟すと真っ赤な色になります。 熟すと甘みが増しますが、緑のうちは渋が残ります。 自家結実しますので1本で実をつけ非常に実がたくさん付く品種です。 春には下記のようなかわいらしい花を咲かせます。

【現品】紅更紗ドウダンツツジ(ベニサラサ) 苗木 1.3m 42302

千草園芸

5,184

【現品】紅更紗ドウダンツツジ(ベニサラサ) 苗木 1.3m 42302

写真の商品をお送りします。 写真は18年4月23日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。184d-u 一部剪定をしております(写真は剪定後) 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) こちらはヤマト便でのお送りとなりますので、日付の指定はできますが、 時間帯の指定ができません。紅更紗ドウダンツツジ 【分類】ツツジ科ドウダンツツジ属の落葉低木 【学名】Enkianthus campanulatus var. rubicundus 【原産】日本固有種で北海道西南部、本州の兵庫県以東、四国の徳島県に分布し、深山の岩地に生育します。 【開花期】5月~6月 【成木】2m~5m ●際立つ大きな紅花「ベニサラサ」● 一般的なサラサドウダンは花の縦縞(たてじま)が更紗模様のように見えるところら名づけられたものです。 紅サラサドウダンは更紗満点星(サラサドウダン)の変種で、花全体が赤みを帯びた大形の花を咲かせる品種です。 比較的広い範囲に分布が見られますが、地方変異が大きいつつじです。 普通のドウダンツツジよりも花が大きく、開花期も半月ほど遅いのが特徴です。 ドウダンツツジの中では大きく、縦縞の入った紅花は、お庭を彩る花の中でも目を引く存在となります。 ●育て方のポイント● ドウダンツツジとは異なり、サラサドウダンはより排水性のよい場所を好み、耐暑性もあまり強くありません。 植え付け場所は水はけの良い日当たりで、直射が根元の土に当たらないようにマルチや下草などを植える等の工夫をしてください。 落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 夏に植える場合は...

オリーブの木 現品 苗木 【極太 原木オリーブ ミッション】 45年生 ナーセリーポット 鉢植え (現品発送) オリーブ の 木 苗 シンボルツリー 生垣 庭木 植木 常緑樹 【配送不可大型樹木...

全2商品

278,640

オリーブの木 現品 苗木 【極太 原木オリーブ ミッション】 45年生 ナーセリーポット 鉢植え (現品発送) オリーブ の 木 苗 シンボルツリー 生垣 庭木 植木 常緑樹 【配送不可大型樹木...

ご購入いただける商品について国産 瀬戸内オリーブの原木です。※画像の商品をご購入いただけます。※運送会社での発送ができないため協力会社の造園業者が配送させて頂きます。※花ひろば店頭でも販売しておりますので、売切れの際はご了承下さいませ。※商品維持・管理のため剪定をしている場合があります。商品写真とイメージが変わる場合があります。ご了承下さいませ。この商品の配送は個別対応となります。ご注文後お電話又は、メールにてご案内させて頂きます。配達、植栽工事も承ります。 【配達/植栽 営業エリア】愛知県 岐阜県 三重県 滋賀県 静岡県※上記以外の地域は配達をお受けできませんのでご了承下さいませ。※三重県桑名市多度町の花ひろば実店舗に、ご来店頂きお引き取りも可能です。 瀬戸内海産 原木オリーブミッション(Olea europaea Mission) 用途:庭木、シンボルツリー難易度:初心者におすすめ。手間がかからない。植栽適地:北関東~沖縄(※寒冷地では鉢植えでの管理をおすすめします。)果実の収穫時期:9月~12月頃果実の大きさ:中果 2.5~3.0g前後受粉樹:他品種があるとよい耐寒性:強い耐暑性:強い日照条件:日なた~半日陰植え付け時期:真夏以外の季節備考:ミッションは、樹形は直立型。自家結実性が少しあり。ピクルス、オイル両用。晩生品種。オイル含有率15~19%。 とにかく太いオリーブをお探しならこちら!品種はミッションと大変育てやすい品種です。オリーブは古くから栽培されてきた果樹・庭木です。南ヨーロッパの各地では樹齢1000年を超える老樹が葉を茂らせて毎年豊かに果実を実らせているそうです。 最近ではシンボルツリーとして常緑樹人気No. 1のオリーブです。樹勢が強く、やせた土地や乾燥した土地でもよく育ち、潮風ににも強いので他の庭木...

【現品】ハクモクレン(白木蓮) 苗木 1.6m 31906

千草園芸

5,400

【現品】ハクモクレン(白木蓮) 苗木 1.6m 31906

写真の商品をお送りします。 写真は18年3月20日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。183c-u 送料はL-2サイズです(商品ページ下部の送料表を参照してください) 開花期の状態です。 学名 Magnolia heptapeta 成木の樹高 15m 開花期 3月下旬~4月上旬モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月~4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3~15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です。 施肥は、主に冬に行います。 ●剪定と病害虫対策● 剪定は、開花後または落葉期におこなってください。落葉期は、蕾がついている枝に注意しましょう。 モクレンは成長の早い樹木です...

【現品】ハクモクレン「スノーホワイト」 1.4m 苗木 31705

千草園芸

5,400

【現品】ハクモクレン「スノーホワイト」 1.4m 苗木 31705

写真の商品をお送りします。 写真は18年3月17日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。183c-u 送料はL-1サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) こちらはヤマト便でのお送りとなりますので、日付の指定はできますが、 時間帯の指定ができません。 成長した場合は剪定をさせていただく場合がございます。モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月~4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3~15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です。 施肥は、主に冬に行います。 ●剪定と病害虫対策● 剪定は、開花後または落葉期におこなってください。落葉期は、蕾がついている枝に注意しましょう。...

【現品】桃太郎椿(モモタロウツバキ)20262《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

全2商品

1,944

【現品】桃太郎椿(モモタロウツバキ)20262《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は18年2月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 181d-u 送料はL サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 関西地方では2月~3月ころから開花します。 ピンクの綺麗な花が咲きます。 ツバキは常緑ですが、花後の春には古い葉を落とします。木の葉は病気のように見えます。 ある種の菌に犯されているわけですが、落葉する葉を雑菌から守る必要が無くなったとも考えられます。落葉後は新芽が出て綺麗になります。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また...

送料無料
【送料無料】【現品】常緑山法師(常緑ヤマボウシ) 苗木 レッドムーン 0.8~0.9m

千草園芸

10,584

【送料無料】【現品】常緑山法師(常緑ヤマボウシ) 苗木 レッドムーン 0.8~0.9m

↓商品番号をお選びください↓ 写真の番号の商品をお送りします。 写真は18年4月20日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。184c-u鉢を除く高さは約0.8~0.9mです 北海道や沖縄、船賃の要る離島は別途送料が必要です。常緑ヤマボウシ 【分類】ミズキ科ミズキ属の常緑中高木 【学名】Cornus hongkongensis 【原産】中国 【開花期】5月~6月 【樹高】4m~5m 【栽培適地】関東地方以南 花付が大変よく、成長すると開花時には木一面が花で覆われます。秋には、実もたくさんつけます。夏の暑さにも強く、病害虫にも強いです。 常緑性の樹木で暖地では落葉しませんが、関東関西地方ではかなり落葉します。 落葉しても翌年には新たに芽を吹き、夏にはよく茂って開花します。丈夫な性質の樹木で、成長も大変早く、年に1m以上伸びることもあります。 品種では、特に花つきの良い月光、実付きの良いサマーグラッシーなどがあります。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけ・日当たりのよい所を好みます。多少の日陰でもよく育ちますが、少し伸び気味になり、花付も悪くなります。 花付は、木一面を覆うくらいに付きますので、水やりも少し少なめのほうがよいかもしれません。 夏の暑さにも強く、葉も大変よく茂ります。秋にはたくさんの花芽をつけて冬をむかえます。 寒さに弱く-5℃の低温にも耐えると言われていますが、関西では冬はかなり落葉しまます。 防寒するほどではありませんが、寒風のよくあたる場所では落葉樹のように落葉することもあります。 しかし、多少落葉しても春の回復力は強く、5月以降は驚くほどの回復を見せて木一面に花を咲かせます。 積雪の多い地方では積雪対策が必要です。 枝は折れやすいので、剪定をしたりコモなどで覆うなどの対策を行ってください。 ...

送料無料
【送料無料】【現品】常緑山法師(常緑ヤマボウシ) 苗木 レッドムーン 0.9m

千草園芸

9,720

【送料無料】【現品】常緑山法師(常緑ヤマボウシ) 苗木 レッドムーン 0.9m

写真の番号の商品をお送りします。 写真は18年4月20日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。184c-u鉢を除く高さは約0.9mです 北海道や沖縄、船賃の要る離島は別途送料が必要です。常緑ヤマボウシ 【分類】ミズキ科ミズキ属の常緑中高木 【学名】Cornus hongkongensis 【原産】中国 【開花期】5月~6月 【樹高】4m~5m 【栽培適地】関東地方以南 花付が大変よく、成長すると開花時には木一面が花で覆われます。秋には、実もたくさんつけます。夏の暑さにも強く、病害虫にも強いです。 常緑性の樹木で暖地では落葉しませんが、関東関西地方ではかなり落葉します。 落葉しても翌年には新たに芽を吹き、夏にはよく茂って開花します。丈夫な性質の樹木で、成長も大変早く、年に1m以上伸びることもあります。 品種では、特に花つきの良い月光、実付きの良いサマーグラッシーなどがあります。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけ・日当たりのよい所を好みます。多少の日陰でもよく育ちますが、少し伸び気味になり、花付も悪くなります。 花付は、木一面を覆うくらいに付きますので、水やりも少し少なめのほうがよいかもしれません。 夏の暑さにも強く、葉も大変よく茂ります。秋にはたくさんの花芽をつけて冬をむかえます。 寒さに弱く-5℃の低温にも耐えると言われていますが、関西では冬はかなり落葉しまます。 防寒するほどではありませんが、寒風のよくあたる場所では落葉樹のように落葉することもあります。 しかし、多少落葉しても春の回復力は強く、5月以降は驚くほどの回復を見せて木一面に花を咲かせます。 積雪の多い地方では積雪対策が必要です。 枝は折れやすいので、剪定をしたりコモなどで覆うなどの対策を行ってください。 ●剪定と病害虫対策● 生育は早く...

【現品】エゴノキピンク 単木 1.8m 32753

全2商品

8,424

【現品】エゴノキピンク 単木 1.8m 32753

※写真の商品を御送りします。 1枚目の写真は17年5月23日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 175c-u 送料はL-3 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) (植え付け) 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。 直射日光が根元に直接当たる場所では土の高温は根を弱らせ、木を枯らす原因になります。必ずバークなどを厚めに敷き詰め地温の上昇をなくしてやることが大切です。 水はけの悪い場所では深植えするのは禁物で。上からは見えなくても雨が降ると地下水位が上昇して根ぐされをおこします。下の根が根腐れを起こすと根が少なくなり、乾燥に耐えられなくなってそのまま立ち枯れたり、徐々に葉枯れを起こして衰退していきます。根鉢は必ず地面よりも高い位置になるように植えてください。植えおえた後は支柱を立てて、しっかりと固定します。 シンボルツリー 落葉エゴノキ 【分類】エゴノキ科エゴノキ属 【学名】Styrax japonica Sieb. et Zucc. 【原産】日本、中国 【別名】チシャノキ、チナイ 【用途】庭木、シンボルツリー 【開花】4月~6月 【結実】10月 【成木】7m~8m 落葉小高木で、エゴノキの花弁は5枚で先が反り返り、鐘形の小花をたくさんつけ、後に種ができます。 常緑エゴノキもあります。 木には エグイ有毒成分を含む事で、エゴノキと呼ばれたようです。 やさしい樹形が好まれ、自然株立ち樹形のものが庭木として利用されます...

【現品】エゴノキピンク 単木 1.7m 32755

千草園芸

8,424

【現品】エゴノキピンク 単木 1.7m 32755

※写真の商品を御送りします。 1枚目の写真は17年5月23日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 175c-u 送料はL-3 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) (植え付け) 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。 直射日光が根元に直接当たる場所では土の高温は根を弱らせ、木を枯らす原因になります。必ずバークなどを厚めに敷き詰め地温の上昇をなくしてやることが大切です。 水はけの悪い場所では深植えするのは禁物で。上からは見えなくても雨が降ると地下水位が上昇して根ぐされをおこします。下の根が根腐れを起こすと根が少なくなり、乾燥に耐えられなくなってそのまま立ち枯れたり、徐々に葉枯れを起こして衰退していきます。根鉢は必ず地面よりも高い位置になるように植えてください。植えおえた後は支柱を立てて、しっかりと固定します。 シンボルツリー 落葉エゴノキ 【分類】エゴノキ科エゴノキ属 【学名】Styrax japonica Sieb. et Zucc. 【原産】日本、中国 【別名】チシャノキ、チナイ 【用途】庭木、シンボルツリー 【開花】4月~6月 【結実】10月 【成木】7m~8m 落葉小高木で、エゴノキの花弁は5枚で先が反り返り、鐘形の小花をたくさんつけ、後に種ができます。 常緑エゴノキもあります。 木には エグイ有毒成分を含む事で、エゴノキと呼ばれたようです。 やさしい樹形が好まれ、自然株立ち樹形のものが庭木として利用されます...

【現品発送】チシオモミジ 1.5m 012012 単木 落葉樹 植木 庭木

千草園芸

9,720

【現品発送】チシオモミジ 1.5m 012012 単木 落葉樹 植木 庭木

※写真の商品をお送り致します。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での発送となります。ご了承ください。 写真は18年4月7日に撮影しました。 落葉写真は17年12月1日に撮影しました。 木の状態は季節により変化いたします。 183d-u 送料はL-3 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) シンボルツリー 落葉 紅葉 植木 庭木 上の写真のように春の芽だしのときは真っ赤な色の新芽が出ます。 6月 葉はやがて青くなり、秋には紅葉します。 葉のある季節に発送する場合は、葉をしごいてお送り致します。活着後にはすぐに新しい葉が出てきます。 チシオモミジ(千染紅葉) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum"Chisio" 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】2~4m 【開花期】4月~5月 品種の特徴 春の新葉を展開する季節は真っ赤な葉を出します。 気温の上昇に伴って葉は次第に青くなり、夏には青い葉になります。。 下は4月下旬の新葉と7月の葉です。 秋には紅葉し、四季の変化を楽しめるモミジです。 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので、一日中日の当たる場所は避けたほうが良いでしょう。 夏に乾燥させると葉の周りが枯れ込んだり、枯れ枝が発生することがあります。 腐葉土などの有機質を含んだ保水力のある土壌に植えることも大切です。 秋に美しく紅葉させるには秋の気温の高低差にもよりますが、初夏のウドンコ病の発生、夏に乾燥させたり、肥料不足などで生育不良にならないようにしておくことが大切です。 病害虫...

【現品】椿(ツバキ)都鳥(ミヤコドリ)1.2m 12955《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

4,104

【現品】椿(ツバキ)都鳥(ミヤコドリ)1.2m 12955《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品をお送りします。 写真は18年1月29日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 181d-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉...

【現品】椿(ツバキ)都鳥(ミヤコドリ)1.2m 40270《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

4,104

【現品】椿(ツバキ)都鳥(ミヤコドリ)1.2m 40270《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品をお送りします。 写真は18年4月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183d-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉と...

【現品】椿(ツバキ)都鳥(ミヤコドリ)1.4m 40269《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

全2商品

4,104

【現品】椿(ツバキ)都鳥(ミヤコドリ)1.4m 40269《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品をお送りします。 写真は18年4月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183d-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉と...

【現品】椿(ツバキ)常満寺(ジョウマンジ)1.5m 31651《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

7,344

【現品】椿(ツバキ)常満寺(ジョウマンジ)1.5m 31651《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は18年3月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183c-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)常満寺椿 (学名) Camellia japonica 'Jômanji's (開花期) 12月~4月 (樹高) 2-4m (栽培敵地) 東北地方以南 桃色一重筒咲き中輪花。 「関戸太郎庵」の椿の実から成長したという有名なピンク椿です。 花形は「関戸太郎庵」より少し開いた椀咲きとなり、花色は母樹より濃いクリーンなピンク色になっています。 愛知県犬山市の日輪山常満寺に原木があります。 2016年1月14日にそのお寺に行ってきました。 カーナビに従って近くまで行くと観光地になっている古い街並の通りに出ました。 観光客が多く、観光地になっているのかと思いきや、そのお寺は通りの裏側の細い道に面していました。 小さいけれど古い風格を感じさせる入り口がありました。 立派な門をくぐると奥のほうに「常満寺椿」はすぐに目に入りました。 説明も書かれていますが、少し剪定しすぎじゃないのかな。 もう少し大きく育ててやればと思うのは私一人でしょうか。 とにかくこれが「常満寺椿」の原木です。 全国にある「常満寺椿」は全てこの木の枝を接木または挿し木されて増やされた元の木なのです。 花はさすがに洗練された美しいピンクで花姿もきれいな花です。 近縁種に「常満寺 ジョウマンジ」の自然実生から生まれた「紅常満寺」があります。

オリーブ(ルッカ)苗木 H2.0~2.4m程度(根鉢含まず)シンボルツリーに最適な常緑樹【現品発送】

植木・庭木販売GG(ジージー)

19,300

オリーブ(ルッカ)苗木 H2.0~2.4m程度(根鉢含まず)シンボルツリーに最適な常緑樹【現品発送】

【現品発送】お好きな現品をお選びいただけます 下の写真をクリックすると拡大写真が表示されます。 お好みの樹形の品番を確認し上のチェックボックスにチェックを入れてご注文下さい。 現品ラインナップ ※木の状態は季節により変化いたします。 【注意】送料が改定されました 2018年2月25日より送料が改定されました。改定後の送料は下記の表よりご確認ください。 ※沖縄・離島は配達不可。 ※一部の地域への配達は別途(遠配料)1000円が発生致します。該当エリアのご注文は後ほど改めて送料のご連絡をさせていただきます。 天候・商品の状態・配送業者の都合により、指定日時の配達が出来ない場合があります。 植栽日が決まっている場合は、植栽日前日のご指定をお願い致します。 オリーブ オリーブの特徴 魅力は銀色に輝く葉と美しい樹姿。 平和の象徴「オリーブの木」は銀色に輝く葉(シルバーリーフ)と自然樹形でも美しい樹姿が魅力な常緑樹です。 南欧風の庭やお洒落な家によく似合う常緑樹です。 若い果実にはオレウロペインという苦み成分が含まれており、生のままでは渋くて食べられません。 熟した果実はオリーブオイルを抽出することも出来ますし、ジャムやピクルスの原料にもなります。 オリーブを使ったお庭 見ごろカレンダー 6月 10月 11月 春 夏 秋 冬 準備中です 準備中です 4月~5月に枝にくっつくようなかたちで、緑色がかった黄白色の小さな花を咲かせます。 花芽自体は前年の秋のうちにできて、肉眼で確認できます。 雄と雌の木があり、雌の木は花後に果実ができ、秋になると熟して黒に近い紫色になります。 育てやすさチャート(推奨エリア:東北以南) アルカリ性土壌を好む! ■植木のプロからのアドバイス 果実を楽しむには異なる品種の受粉樹が必要となります。 植え付けは3~4月か9...

【現品】椿(ツバキ)専徳庵(セントクアン) 1.4m 111654 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

6,264

【現品】椿(ツバキ)専徳庵(セントクアン) 1.4m 111654 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は17年11月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1711c-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。...

【現品】椿(ツバキ) 紅妙蓮寺(ベニミョウレンジ)1.2m 32752《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》r

千草園芸

4,104

【現品】椿(ツバキ) 紅妙蓮寺(ベニミョウレンジ)1.2m 32752《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》r

写真の商品をお送りします。 写真は18年3月27日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。183d-u 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) ツバキは常緑ですが、花後の春には古い葉を落とします。木の葉は病気のように見えます。 ある種の菌に犯されているわけですが、落葉する葉を雑菌から守る必要が無くなったとも考えられます。落葉後は新芽が出て綺麗になります。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないも...

【現品】椿(ツバキ) 五色椿(ゴシキツバキ) 1.4m 32760 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

全2商品

8,424

【現品】椿(ツバキ) 五色椿(ゴシキツバキ) 1.4m 32760 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品をお送りします。 一重の五色椿には小輪で開花期が11~4月と長い「中部五色椿」、開花期は3~4月、筒しべ中輪で横張り性の「千葉五色椿」、開花期は3~4月、多くの色に咲き分ける小輪で立ち性の「牟礼五色椿」などがあります。 この椿は特定されていませんが「牟礼五色椿」と思われます。 写真は18年4月11日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 184b-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また...

【現品】椿(ツバキ)常満寺(ジョウマンジ)1.4m 11671 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

全3商品

5,940

【現品】椿(ツバキ)常満寺(ジョウマンジ)1.4m 11671 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は18年1月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 181b-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)常満寺椿 (学名) Camellia japonica 'Jômanji's (開花期) 12月~4月 (樹高) 2-4m (栽培敵地) 東北地方以南 桃色一重筒咲き中輪花。 「関戸太郎庵」の椿の実から成長したという有名なピンク椿です。 花形は「関戸太郎庵」より少し開いた椀咲きとなり、花色は母樹より濃いクリーンなピンク色になっています。 愛知県犬山市の日輪山常満寺に原木があります。 2016年1月14日にそのお寺に行ってきました。 カーナビに従って近くまで行くと観光地になっている古い街並の通りに出ました。 観光客が多く、観光地になっているのかと思いきや、そのお寺は通りの裏側の細い道に面していました。 小さいけれど古い風格を感じさせる入り口がありました。 立派な門をくぐると奥のほうに「常満寺椿」はすぐに目に入りました。 説明も書かれていますが、少し剪定しすぎじゃないのかな。 もう少し大きく育ててやればと思うのは私一人でしょうか。 とにかくこれが「常満寺椿」の原木です。 全国にある「常満寺椿」は全てこの木の枝を接木または挿し木されて増やされた元の木なのです。 花はさすがに洗練された美しいピンクで花姿もきれいな花です。 近縁種に「常満寺 ジョウマンジ」の自然実生から生まれた「紅常満寺」があります。

【現品】椿(ツバキ) 秀蘭(シュウラン) 1.6m 30252 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

10,584

【現品】椿(ツバキ) 秀蘭(シュウラン) 1.6m 30252 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は18年3月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183a-u 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉と...

【現品】椿(ツバキ) 初嵐(はつあらし)1.4m 21354 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

7,344

【現品】椿(ツバキ) 初嵐(はつあらし)1.4m 21354 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 ※こちらの商品は写真では鉢に植わっていますが、 お送りするときは根巻きの状態でお送りします。 写真は18年2月13日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 182b 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia japonica 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し...

【現品】椿(ツバキ) 乙女椿(オトメツバキ)0.8m 32263 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

4,104

【現品】椿(ツバキ) 乙女椿(オトメツバキ)0.8m 32263 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品をお送りします。 写真は18年3月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183c-u 送料はL サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 花期:12月~4月 ≪特徴≫ 枝葉が蜜に茂り、病害に強い品種で優れた特徴をもちます。 ユキツバッキ系の品種です。 寒さに会うと花びらが痛んできれいに咲きませんが、暖かい季節に咲くときれいに花が咲きます。オトメツバキ 乙女椿 学名: Camellia japonica var. decumbens cv. Otometsubaki 開花期: 2月~4月。 樹高: 5~6m 栽培敵地: 東北南部以南 属名の Camellia はイエズス会の宣教師「カメル(G. J. Kamell)さん」の名から。 種小名の japonica は「日本の」という意味、品種名の otome は「乙女」。 ユキツバキ系の園芸品種で江戸時代から栽培されています。 葉には艶があり藪椿(ヤブツバキ)よりも一回り小さく、花はピンク色の千重咲きの中輪。 気候によっては11月ころからちらほら花を咲かせますが、主な花期は2月から4月です。 枝は密に茂り、樹勢は強健で育てやすく老木では高さ5~6mになります。 古くからある名花であるため、各地で広く栽培されています。 近縁種には「久留米乙女」「淡乙女」「白乙女」「紅乙女」等があります。 「久留米乙女」 「淡乙女」

【現品】椿(ツバキ)紅侘助(ベニワビスケ)1.4m 22057 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

5,184

【現品】椿(ツバキ)紅侘助(ベニワビスケ)1.4m 22057 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 ※こちらの商品は写真では鉢に植わっていますが、 お送りするときは根巻きの状態でお送りします。 写真は18年2月20日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 182d-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 花期:12月~3月 細くて長い花びらは、筒状の形を長く崩さないので茶花として多く利用されているワビスケツバキのひとつです。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫...

【現品4種】椿(ツバキ) 卜伴錦(ボクハンニシキ)1.8m 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

8,424

【現品4種】椿(ツバキ) 卜伴錦(ボクハンニシキ)1.8m 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※番号の商品を御送りします。 写真は18年2月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 181d-u 送料はL-3 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 花期:3月~4月ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。...

【現品】椿(ツバキ)かぎろひ 0.9m 41454 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

4,860

【現品】椿(ツバキ)かぎろひ 0.9m 41454 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品をお送りします。 写真は18年4月14日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 184b-u 送料はL サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とと...

【現品】椿(ツバキ)侘助 ピンク花 1.4m 30263 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

全2商品

6,264

【現品】椿(ツバキ)侘助 ピンク花 1.4m 30263 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は18年3月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183a-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉と...

【現品】椿(ツバキ)日本の誉 (ニホンノホマレ) 1.6m 21352 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

全2商品

10,584

【現品】椿(ツバキ)日本の誉 (ニホンノホマレ) 1.6m 21352 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 ※こちらの商品は写真では鉢に植わっていますが、 お送りするときは根巻きの状態でお送りします。 写真は18年2月13日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 182b 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。...

【現品】椿(ツバキ) 乙女椿(オトメツバキ)0.8m 32262 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

4,104

【現品】椿(ツバキ) 乙女椿(オトメツバキ)0.8m 32262 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品をお送りします。 写真は18年3月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183c-u 送料はL サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 花期:12月~4月 ≪特徴≫ 枝葉が蜜に茂り、病害に強い品種で優れた特徴をもちます。 ユキツバッキ系の品種です。 寒さに会うと花びらが痛んできれいに咲きませんが、暖かい季節に咲くときれいに花が咲きます。オトメツバキ 乙女椿 学名: Camellia japonica var. decumbens cv. Otometsubaki 開花期: 2月~4月。 樹高: 5~6m 栽培敵地: 東北南部以南 属名の Camellia はイエズス会の宣教師「カメル(G. J. Kamell)さん」の名から。 種小名の japonica は「日本の」という意味、品種名の otome は「乙女」。 ユキツバキ系の園芸品種で江戸時代から栽培されています。 葉には艶があり藪椿(ヤブツバキ)よりも一回り小さく、花はピンク色の千重咲きの中輪。 気候によっては11月ころからちらほら花を咲かせますが、主な花期は2月から4月です。 枝は密に茂り、樹勢は強健で育てやすく老木では高さ5~6mになります。 古くからある名花であるため、各地で広く栽培されています。 近縁種には「久留米乙女」「淡乙女」「白乙女」「紅乙女」等があります。 「久留米乙女」 「淡乙女」

【現品】椿(ツバキ) 乙女椿(オトメツバキ)0.8m 32351 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

4,320

【現品】椿(ツバキ) 乙女椿(オトメツバキ)0.8m 32351 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品をお送りします。 写真は18年3月23日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183c-u 送料はL サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 花期:12月~4月 ≪特徴≫ 枝葉が蜜に茂り、病害に強い品種で優れた特徴をもちます。 ユキツバッキ系の品種です。 寒さに会うと花びらが痛んできれいに咲きませんが、暖かい季節に咲くときれいに花が咲きます。オトメツバキ 乙女椿 学名: Camellia japonica var. decumbens cv. Otometsubaki 開花期: 2月~4月。 樹高: 5~6m 栽培敵地: 東北南部以南 属名の Camellia はイエズス会の宣教師「カメル(G. J. Kamell)さん」の名から。 種小名の japonica は「日本の」という意味、品種名の otome は「乙女」。 ユキツバキ系の園芸品種で江戸時代から栽培されています。 葉には艶があり藪椿(ヤブツバキ)よりも一回り小さく、花はピンク色の千重咲きの中輪。 気候によっては11月ころからちらほら花を咲かせますが、主な花期は2月から4月です。 枝は密に茂り、樹勢は強健で育てやすく老木では高さ5~6mになります。 古くからある名花であるため、各地で広く栽培されています。 近縁種には「久留米乙女」「淡乙女」「白乙女」「紅乙女」等があります。 「久留米乙女」 「淡乙女」

【現品】椿(ツバキ)吹上絞り(フキアゲシボリ)1.6m 40258《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

10,584

【現品】椿(ツバキ)吹上絞り(フキアゲシボリ)1.6m 40258《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は18年4月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183d-u 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉と...

【現品】椿(ツバキ) 白芯卜伴(ハクシンボクハン) 1.3m 20254 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

6,264

【現品】椿(ツバキ) 白芯卜伴(ハクシンボクハン) 1.3m 20254 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は18年2月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 181d-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 花期:3月~4月 素朴な赤の花びらに黄色い芯とのコントラストが素晴らしい椿です。葉の付きは荒い性質のツバキです。 ツバキは常緑ですが、花後の春には古い葉を落とします。木の葉は病気のように見えます。 ある種の菌に犯されているわけですが、落葉する葉を雑菌から守る必要が無くなったとも考えられます。落葉後は新芽が出て綺麗になります。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが...

【現品】椿(ツバキ)日本の誉 (ニホンノホマレ) 1.3m 11652 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

10,584

【現品】椿(ツバキ)日本の誉 (ニホンノホマレ) 1.3m 11652 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 ※こちらの商品は写真では鉢に植わっていますが、 お送りするときは根巻きの状態でお送りします。 写真は18年1月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 181b-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。...

【現品】椿(ツバキ) 白芯卜伴(ハクシンボクハン) 1.5m 21658 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

7,020

【現品】椿(ツバキ) 白芯卜伴(ハクシンボクハン) 1.5m 21658 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は18年2月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 182c-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 花期:3月~4月 素朴な赤の花びらに黄色い芯とのコントラストが素晴らしい椿です。葉の付きは荒い性質のツバキです。 ツバキは常緑ですが、花後の春には古い葉を落とします。木の葉は病気のように見えます。 ある種の菌に犯されているわけですが、落葉する葉を雑菌から守る必要が無くなったとも考えられます。落葉後は新芽が出て綺麗になります。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが...

【現品】椿(ツバキ) 乙女椿(オトメツバキ)0.8m 32261 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

4,320

【現品】椿(ツバキ) 乙女椿(オトメツバキ)0.8m 32261 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品をお送りします。 写真は18年3月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183c-u 送料はL サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 花期:12月~4月 ≪特徴≫ 枝葉が蜜に茂り、病害に強い品種で優れた特徴をもちます。 ユキツバッキ系の品種です。 寒さに会うと花びらが痛んできれいに咲きませんが、暖かい季節に咲くときれいに花が咲きます。オトメツバキ 乙女椿 学名: Camellia japonica var. decumbens cv. Otometsubaki 開花期: 2月~4月。 樹高: 5~6m 栽培敵地: 東北南部以南 属名の Camellia はイエズス会の宣教師「カメル(G. J. Kamell)さん」の名から。 種小名の japonica は「日本の」という意味、品種名の otome は「乙女」。 ユキツバキ系の園芸品種で江戸時代から栽培されています。 葉には艶があり藪椿(ヤブツバキ)よりも一回り小さく、花はピンク色の千重咲きの中輪。 気候によっては11月ころからちらほら花を咲かせますが、主な花期は2月から4月です。 枝は密に茂り、樹勢は強健で育てやすく老木では高さ5~6mになります。 古くからある名花であるため、各地で広く栽培されています。 近縁種には「久留米乙女」「淡乙女」「白乙女」「紅乙女」等があります。 「久留米乙女」 「淡乙女」

【現品】椿(ツバキ) 秀蘭(シュウラン) 1.6m 31653 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

8,424

【現品】椿(ツバキ) 秀蘭(シュウラン) 1.6m 31653 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は18年3月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183c-u 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉...

【現品8種】四季咲き アザレア椿(ツバキ)接ぎ木苗 0.6m~ 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木》

全2商品

12,744

【現品8種】四季咲き アザレア椿(ツバキ)接ぎ木苗 0.6m~ 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木》

※番号の商品を御送りします。 写真は18年1月27日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 181d-u 送料はM サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)アザレア椿 学名: Camellia changii 開花期: 7~10月 。(四季咲き性で気温が高いと年中開花する。) 原産: 中国広東省(詳しい産地は公開されていないようです。) 樹高: 2~4m 栽培敵地: 東北南部以南 利用: 庭木、鉢植え(苗木) 最近になって日本に導入された中国産のツバキ属の原種です。 暗くなると花弁を閉じ、明るくなると開くという開閉運動をする植物です。 中国広東省陽春市の自然保護区のごく狭い範囲に生育し、自生株1000本弱と言われる珍種で、1986年に新種として記載されたばかりの植物です。 日本の椿の咲かない夏の7月から10月にかけて開花します。 葉は丸みがあり、一見ツバキとは異なりますがツバキ属の植物で、多くは寒椿に接木したものが流通しています。 寒さに弱いとされていますが、当地滋賀県では屋外で越冬しますので、関東以南での屋外管理ができます。 しかしあまり寒風のあたる場所は落葉したり葉が黒くなる冷害が発生しますので避けたほうが良いでしょう。 樹形は素直な立ち性です。 アザレア椿の育て方 日当たりが良く、肥沃で排水のよい場所を好みます。ただ、夏は半日陰にしてください。 樹形は自然に整う性質がありますから剪定は軽く行います。 肥料は好みますから、切らさないように多めに与えます。

【現品】椿(ツバキ)金魚葉椿(キンギョバツバキ) 彦乃 1.0m 121254 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

3,024

【現品】椿(ツバキ)金魚葉椿(キンギョバツバキ) 彦乃 1.0m 121254 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は17年12月12日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1712a-u 送料はL サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。...

【現品】椿(ツバキ)玉之浦(タマノウラ)1.6m 40261 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》r

全12商品

4,104

【現品】椿(ツバキ)玉之浦(タマノウラ)1.6m 40261 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》r

※写真の商品を御送りします。 写真は18年4月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183d-u 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 花期:1月~4月ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します...

【現品】椿(ツバキ) 秀蘭(シュウラン) 1.6m 30253 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

9,504

【現品】椿(ツバキ) 秀蘭(シュウラン) 1.6m 30253 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は18年3月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183a-u 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉と...

【現品】椿(ツバキ)日本の誉 (ニホンノホマレ) 1.4m 22753 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

6,264

【現品】椿(ツバキ)日本の誉 (ニホンノホマレ) 1.4m 22753 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 ※こちらの商品は写真では鉢に植わっていますが、 お送りするときは根巻きの状態でお送りします。 写真は18年2月27日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 182d-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。...

【現品】椿(ツバキ)関戸太郎庵(セキドタロウアン)1.6m 21351 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

6,264

【現品】椿(ツバキ)関戸太郎庵(セキドタロウアン)1.6m 21351 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 ※こちらの商品は写真では鉢に植わっていますが、 お送りするときは根巻きの状態でお送りします。 写真は18年2月13日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 182b 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し...

【現品】椿(ツバキ)日本の誉 (ニホンノホマレ) 1.5m 22051 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

10,584

【現品】椿(ツバキ)日本の誉 (ニホンノホマレ) 1.5m 22051 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 ※こちらの商品は写真では鉢に植わっていますが、 お送りするときは根巻きの状態でお送りします。 写真は18年2月20日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 182d-u 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。...

【現品】椿(ツバキ) 紅侘助(ベニワビスケ) 1.3m 31660 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》r

千草園芸

4,320

【現品】椿(ツバキ) 紅侘助(ベニワビスケ) 1.3m 31660 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》r

※写真の商品を御送りします。 写真は18年3月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183c-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉...

【現品】椿(ツバキ) 初嵐(はつあらし)1.2m 22054 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

8,424

【現品】椿(ツバキ) 初嵐(はつあらし)1.2m 22054 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 ※こちらの商品は写真では鉢に植わっていますが、 お送りするときは根巻きの状態でお送りします。 写真は18年2月20日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 182d-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia japonica 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生...

【現品】山法師(ヤマボウシ)「ロングデイズ」本株立ち 1.6m  苗木 7号 401

千草園芸

4,536

【現品】山法師(ヤマボウシ)「ロングデイズ」本株立ち 1.6m 苗木 7号 401

写真の商品をお送りします。 写真は18年4月19日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。184c-u 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) こちらはヤマト便でのお送りとなりますので、日付の指定はできますが、 時間帯の指定ができません。 ■ヤマボウシ"ロングデイズ" 『学名』Cornus kousa"Long Days" 『分類』落葉高木 『分布』北海道南部以南 『成木の高さ』約5m 5月頃から咲き始めた花は3ヶ月くらい観賞できる珍しい「100日咲き」の品種です。 わい性で、樹高80cmくらいのうちから開花します。ヤマボウシ ロングデイズ 【分類】ミズキ科ヤマボウシ属の落葉中高木 【学名】Benthamidia japonica 'Long Days' 【用途】庭木等 【開花期】5月~8月 【結実期】10月 【成木】3m~5m 【栽培適地】東北中部以南 開花が長期間あり、長く花を楽しめます。矮性のため、樹高の低い段階から花を楽しめる品種です。 すらっとした樹形で幅をとらないので、狭い場所にも最適なヤマボウシです。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たり・水はけの良い所が適しています。 保水性のある肥沃な土壌を好みます。日照が足りないと、花つきが悪くなります。 夏場や直射のあたる場所では、地温の上昇と乾燥を防ぐことが大切です。 土壌に十分な腐葉土や堆肥等の有機物を入れておくことで、保水力を高め根を温度変化から保護することができます。 また、バークなどのマルチをすることで直射による地温の上昇を防ぎ、乾燥を防止することができます。 移植した年の夏には、特に注意が必要で、乾燥させると枯れ枝ができたり、枯れ死する場合があります。 具体的な対策としては、大きめの穴を掘って土の20...

【現品】椿(ツバキ)岩根絞り(イワネシボリ) 1.8m 21962《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

21,384

【現品】椿(ツバキ)岩根絞り(イワネシボリ) 1.8m 21962《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は18年2月19日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 182c-u 送料はL-3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) ■岩根縛り 絞りの美しい椿の代表種です。 豊満な花容に、白斑の鮮やかな品種。 生長は大変遅く、大きくなるのに年月がかかります。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。...

【現品】椿(ツバキ) 紅妙蓮寺(ベニミョウレンジ)1.3m 121853 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》r

千草園芸

6,264

【現品】椿(ツバキ) 紅妙蓮寺(ベニミョウレンジ)1.3m 121853 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》r

※写真の商品をお送りします。 写真は17年12月18日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1712c-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) ツバキは常緑ですが、花後の春には古い葉を落とします。木の葉は病気のように見えます。 ある種の菌に犯されているわけですが、落葉する葉を雑菌から守る必要が無くなったとも考えられます。落葉後は新芽が出て綺麗になります。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫...

人気の植木の富士柿苗木、発売中!当社自慢の一品を比較して下さい!素敵なお庭を演出してくれる植木。ガーデニングが素敵になる富士柿苗木が見つかる!素敵なお庭作りに必須なアイテムをそろえましょう♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、花・ガーデニング用品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい植木が充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「富士柿苗木」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

関連カテゴリ