「ツツジ種」 の関連商品を含む検索結果 31件

あす楽
【1年間枯れ保証】【低木】ヒカゲツツジ 0.3m12cmポット 【あす楽対応】

トオヤマグリーン

3,780

あす楽

【1年間枯れ保証】【低木】ヒカゲツツジ 0.3m12cmポット 【あす楽対応】

→送料無料セットはこちらヒカゲツツジ 商品一覧0.3m12cmポット3500円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じツツジ科ツツジ属の商品アセビオンツツジキシツツジサツキサツキ/サツマベニサツキ/ミエサツキシャクナゲツツジチクシシャクナゲドウダンツツジツツジゲンカイツツジレンゲツツジキリシマツツジヒラドツツジヒカゲツツジミツバツツジムラサキヤシオツツジヨシノツツジヤマツツジヨドガワツツジ【ヒカゲツツジ】(日陰躑躅)学名:Rhododendron keiskeiツツジ科ツツジ属常緑低木別名:サワテラシ【名前の由来】日陰に多く生えることに由来します。【商品情報】ヒカゲツツジは1〜2mになる常緑低木です。日本固有種の植物です。葉は細長い楕円形で先が尖り、互生します。花はクリーム色、又は淡黄緑色です。幹は灰褐色です。関東以西の本州、四国及び九州に分布する日本固有のツツジです。山地の崖や岩の上に生育します。ヒカゲツツジと言いますが完全な日陰では育ちません。葉が一般的なツツジよりもやや肉厚で、小型のシャクナゲにも似ています。【育て方】土質はあまり選びませんが、日向または半日陰を好みます。湿気の多い場所を好み、乾燥することの多い環境では生育が難しいです。剪定は他のツツジと同様に、花の直後に行うが成長が遅いため、頻繁に手を入れる必要はありません。暑さが続くと葉が閉じることもあります。適地=関東以西日照り=半日陰樹形=円形最終樹高=2m施肥時期=1〜2月剪定時期=7月開花時期=4〜5月果実=用途=庭木【その他】ヒカゲツツジは花が控え目であることや、黄色系統のツツジが珍しいことから、和風庭園などに利用されています。

【現品】久留米ツツジ(クルメツツジ) 0.8m 赤花 11298

千草園芸

3,672

【現品】久留米ツツジ(クルメツツジ) 0.8m 赤花 11298

写真の商品をお送りします。 写真は18年11月29日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。184d-u 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)久留米ツツジ(クルメツツジ) 【分類】ツツジ科ツツジ属の落葉低木 【学名】Rhododendron Kurume Group 【原産】園芸種 九州久留米地方 【用途】庭木、鉢植え 【開花】4月中旬〜5月中旬 【成木】0.5m〜2m(品種や栽培環境により異なる) 【分類】ツツジ科ツツジ属の落葉低木 【栽培敵地】関東以南 クルメツツジは、小型のツツジの園芸品種で数多くの品種があります。開花時は木一面が花で覆われ見事な景観を作る庭木です。 性質も日本の気候と良く合い、容易に鉢植えでも庭植えでも楽しむことができます。 花色は豊富で鮮やかなものが多く、鉢植えのほか庭木として広く利用されています。 古くは江戸末期から作出され、明治から大正にかけて多くの品種がつくられ、現在300数品種が残っているといわれています。 江戸時代に九州の久留米地方で改良されたものが多く、鹿児島県などを原産とするキリシマツツジと大隅半島や薩摩半島に自生するサタツツジが元になっています。 サタツツジが小輪多花で久留米ツツジはその性質を受け継いでいます。 ●育て方のポイント● 水はけのよい保水性のある酸性土壌を好み、関東地方以北の土の凍てつく寒地での栽培には適していません。 植える場所は、日当たり又は半日陰の水はけのよい酸性土壌を好みます。植えこみ時に、腐葉土をよく混ぜ、土づくりをしておきましょう。 過湿と乾燥を嫌うので、傾斜地では夏の乾燥に気をつけ保水性の良い土を使用し、平地ではやや高めに植え付け、根元に堆肥やピートモスを敷いて保護しましょう。 鉢植えでは鹿沼土を使用し...

アシタカツツジ T183 大きさ80cm 蕾付きです 商品画像は2018年11月撮影です

富士園芸楽天市場店

9,800

アシタカツツジ T183 大きさ80cm 蕾付きです 商品画像は2018年11月撮影です

詳細 ツツジ科 樹高 約80cm 葉張り 花期 4−5月 撮影日 商品画像は2018年11月4日撮影です。 商品説明 静岡県東部の愛鷹山などに自生するツツジです。 花弁、葉、育ち方はヤマツツジなので『アシタカヤマツツジ』や『紫ヤマツツジ』で見かけることもあるようです。 ミツバツツジとの自然交雑種かな?ヤマツツジ系では大変珍しい赤紫色の花を咲かせます。 栽培方法 高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。 ・花芽分化は7〜8月なので、剪定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。画像1枚目/開花イメージ:画像2枚目/商品画像:画像3枚目/枝の様子 【詳細】ツツジ科 【樹高】約80cm(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】 【花期】4−5月 【撮影日】商品画像は2018年11月4日撮影です。 【商品説明】静岡県東部の愛鷹山などに自生するツツジです。 花弁、葉、育ち方はヤマツツジなので『アシタカヤマツツジ』や『紫ヤマツツジ』で見かけることもあるようです。 ミツバツツジとの自然交雑種かな?ヤマツツジ系では大変珍しい赤紫色の花を咲かせます。 この商品は1点物で、写真に載っているものを発送いたします。 時期によって状態が変わりますので撮影日時を確認してから注文してください。

ブルーツツジ 『 黒潮 ( クロシオ ) 』 シャクナゲ 12cmポット苗 ≪ 花芽付き ≫

土っ子倶楽部

1,480

ブルーツツジ 『 黒潮 ( クロシオ ) 』 シャクナゲ 12cmポット苗 ≪ 花芽付き ≫

黒潮(くろしお)は、ツツジ(丹那ゲンカイツツジ)とシャクナゲ(クレーターレイク)の交配種で、花径4cm程の小輪系シャクナゲです。 ツツジの仲間では珍しい青紫色の美しい花で、よく分岐して(花が枝の先にまとまって)たくさん咲きます。 生長がゆっくりで樹高が低くコンパクトにまとまるので庭木、鉢植えとして最適です。 ※2019年 春の開花予定株です。 《お届け時の状態》 ・ポットサイズ:12cmポット ・お届け時高さ:約25〜35cm(容器含む) 《育成地》新潟県 《開花》3〜5月頃(地域差あり) 《花色》淡い紫色 《樹高》0.5〜2m 《科名》ツツジ科 《園芸分類》耐寒性半常緑低木 《用途》鉢、庭 ※寒冷地では落葉することがあります ※写真はイメージです。気温や栽培環境により色形が写真とは多少異なることがあります。 ・日向〜半日陰で、保水性・排水性のよい土に。鉢植えは、5号鉢以上に1株が目安。 ・水やりは、地表面が乾いたらたっぷりと。とくに夏場の乾燥に注意しましょう! ・剪定は花後すぐに、生垣やグラウンドカバーなど、用途に応じて刈り込み、樹形を整えます。遅れると来年の花付きに影響します。 ・生垣にする場合は、30〜50cm間隔植えを目安とします。 ・ツツジ科の植物のため酸性土壌(pH4.5〜5.5弱酸性)を好みます。 ▼この商品にピッタリです▼ おすすめの培養土!森のふかふか培養土【果樹花木用】5リットル おすすめの植木鉢!のびのび育つ【スリット鉢】6号↓鉢植え、庭植え、生け垣に!土っ子倶楽部オススメのツツジ↓ 珍しい青紫色の美しい花を咲かせるミニシャクナゲです。 小型で樹形がまとまりやすく花付きが良いのも魅力です♪ ※2019年 春の開花予定株です。

アワノミツバツツジ(阿波三葉) 苗木 1.1m

千草園芸

3,996

アワノミツバツツジ(阿波三葉) 苗木 1.1m

写真は見本品です。 写真は18年12月17日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。185b-u 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ミツバツツジ 【分類】ツツジ科ツツジ属の落葉低木 【学名】Rhododendron dilatatum 【分布】関東地方から近畿地方東部の太平洋側に分布主にやせた尾根や岩場、里山の雑木林などに生育。トウゴクミツバツツジより、標高の低いところに分布。 【開花期】4〜5月 【性質】栽培しやすい。水はけのよい酸性土壌を好む。 【樹高】 2〜3m 【栽培適地】東北地方中部以南 ●ミツバツツジの特徴● 春を告げる紫の花が印象的な美しいツツジです。秋には紅葉も楽しむことができ、 和風のお庭だけでなく、洋風のお庭も美しく彩ってくれる樹木です。 品種は多岐にわたり、ミツバツツジの白花品種、朱赤色の花が咲くオンツツジなど珍しい品種もあります。 近縁種に トウゴクミツバツツジやサイコクミツバツツジ、コバノミツバツツジ、 ダイセンミツバツツジ、ユキグニミツバツツジ、キヨスミミツバツツジなどがあり、トサノミツバツツジ、ハヤトミツバツツジなどの地方変種もあります。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけのよい酸性土壌が適しています。 夏場は根元に直射日光が当たらないようにマルチなどをして対策を行ってください。 水やりは、土の表面が乾いてきたらたっぷりと与えてください。土が乾燥する季節以外は、 水のやり過ぎにも注意が必要です。特に剪定の必要はありませんが、剪定は開花後に行ってください。 アワノミツバツツジ(阿波三葉) [学名] Rhododendron dilatatum Miq. var. decandrum Makino 阿波(徳島県)に多く自生するツツジでトサノミツバツツジに近い地方変...

アワノミツバツツジ(阿波三葉) 苗木 1.4m 02

千草園芸

6,264

アワノミツバツツジ(阿波三葉) 苗木 1.4m 02

写真の商品をお送りします。 写真は18年12月17日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1812c-u 送料はL−1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) こちらはヤマト便でのお送りとなりますので、日付の指定はできますが、 時間帯の指定ができません。ミツバツツジ 【分類】ツツジ科ツツジ属の落葉低木 【学名】Rhododendron dilatatum 【分布】関東地方から近畿地方東部の太平洋側に分布主にやせた尾根や岩場、里山の雑木林などに生育。トウゴクミツバツツジより、標高の低いところに分布。 【開花期】4〜5月 【性質】栽培しやすい。水はけのよい酸性土壌を好む。 【樹高】 2〜3m 【栽培適地】東北地方中部以南 ●ミツバツツジの特徴● 春を告げる紫の花が印象的な美しいツツジです。秋には紅葉も楽しむことができ、 和風のお庭だけでなく、洋風のお庭も美しく彩ってくれる樹木です。 品種は多岐にわたり、ミツバツツジの白花品種、朱赤色の花が咲くオンツツジなど珍しい品種もあります。 近縁種に トウゴクミツバツツジやサイコクミツバツツジ、コバノミツバツツジ、 ダイセンミツバツツジ、ユキグニミツバツツジ、キヨスミミツバツツジなどがあり、トサノミツバツツジ、ハヤトミツバツツジなどの地方変種もあります。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけのよい酸性土壌が適しています。 夏場は根元に直射日光が当たらないようにマルチなどをして対策を行ってください。 水やりは、土の表面が乾いてきたらたっぷりと与えてください。土が乾燥する季節以外は、 水のやり過ぎにも注意が必要です。特に剪定の必要はありませんが、剪定は開花後に行ってください。 アワノミツバツツジ(阿波三葉) [学名] Rhododendron dilatatum Miq....

アワノミツバツツジ(阿波三葉) 苗木 1.3m 01

千草園芸

6,912

アワノミツバツツジ(阿波三葉) 苗木 1.3m 01

写真の商品をお送りします。 写真は18年12月17日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1812c-u 送料はL−1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) こちらはヤマト便でのお送りとなりますので、日付の指定はできますが、 時間帯の指定ができません。ミツバツツジ 【分類】ツツジ科ツツジ属の落葉低木 【学名】Rhododendron dilatatum 【分布】関東地方から近畿地方東部の太平洋側に分布主にやせた尾根や岩場、里山の雑木林などに生育。トウゴクミツバツツジより、標高の低いところに分布。 【開花期】4〜5月 【性質】栽培しやすい。水はけのよい酸性土壌を好む。 【樹高】 2〜3m 【栽培適地】東北地方中部以南 ●ミツバツツジの特徴● 春を告げる紫の花が印象的な美しいツツジです。秋には紅葉も楽しむことができ、 和風のお庭だけでなく、洋風のお庭も美しく彩ってくれる樹木です。 品種は多岐にわたり、ミツバツツジの白花品種、朱赤色の花が咲くオンツツジなど珍しい品種もあります。 近縁種に トウゴクミツバツツジやサイコクミツバツツジ、コバノミツバツツジ、 ダイセンミツバツツジ、ユキグニミツバツツジ、キヨスミミツバツツジなどがあり、トサノミツバツツジ、ハヤトミツバツツジなどの地方変種もあります。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけのよい酸性土壌が適しています。 夏場は根元に直射日光が当たらないようにマルチなどをして対策を行ってください。 水やりは、土の表面が乾いてきたらたっぷりと与えてください。土が乾燥する季節以外は、 水のやり過ぎにも注意が必要です。特に剪定の必要はありませんが、剪定は開花後に行ってください。 アワノミツバツツジ(阿波三葉) [学名] Rhododendron dilatatum Miq....

ミツバツツジ 苗木 70〜80m

千草園芸

2,916

ミツバツツジ 苗木 70〜80m

写真は見本品です。 写真は18年12月4日に撮影しました。根鉢を除く受講は約70〜80cmです 季節によって状態は変化します。1812a-u 送料はMサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ミツバツツジ 【分類】ツツジ科ツツジ属の落葉低木 【学名】Rhododendron dilatatum 【分布】関東地方から近畿地方東部の太平洋側に分布主にやせた尾根や岩場、里山の雑木林などに生育。トウゴクミツバツツジより、標高の低いところに分布。 【開花期】4〜5月 【性質】栽培しやすい。水はけのよい酸性土壌を好む。 【樹高】 2〜3m 【栽培適地】東北地方中部以南 ●ミツバツツジの特徴● 春を告げる紫の花が印象的な美しいツツジです。秋には紅葉も楽しむことができ、 和風のお庭だけでなく、洋風のお庭も美しく彩ってくれる樹木です。 品種は多岐にわたり、ミツバツツジの白花品種、朱赤色の花が咲くオンツツジなど珍しい品種もあります。 近縁種に トウゴクミツバツツジやサイコクミツバツツジ、コバノミツバツツジ、 ダイセンミツバツツジ、ユキグニミツバツツジ、キヨスミミツバツツジなどがあり、トサノミツバツツジ、ハヤトミツバツツジなどの地方変種もあります。 それぞれの地方変種に花色には個体差があり、ページに載せさせて頂いている花は一例です。下は白花ミツバツツジ ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけのよい酸性土壌が適しています。 夏場は根元に直射日光が当たらないようにマルチなどをして対策を行ってください。 水やりは、土の表面が乾いてきたらたっぷりと与えてください。土が乾燥する季節以外は、 水のやり過ぎにも注意が必要です。特に剪定の必要はありませんが、剪定は開花後に行ってください。

【ラッキーシール対応】花木 庭木の苗/西洋シャクナゲ:太陽(たいよう)樹高50〜60cm根巻き

園芸ネット プラス

4,808

【ラッキーシール対応】花木 庭木の苗/西洋シャクナゲ:太陽(たいよう)樹高50〜60cm根巻き

暖地で育ち多くの花を咲かせるシャクナゲ人気強健種・庭植え向き花木 庭木の苗/西洋シャクナゲ:太陽(たいよう)樹高50〜60cm根巻き太陽は濃いばら色の花で早咲きの選抜優良品種です。暑さに強く真夏の直射日光にも耐え、大きく育つので、暖地でも庭木として育てられます。若木のうちは花付きが安定しない傾向がありますが、ある程度大きくなれば枝いっぱいに花を付け、毎年たくさんの花を楽しむことができます。シャクナゲはツツジと同じく、約800種もあるといわれるロードデンドロン属で、日本には古来から豊富な自生種があります。そのほとんどが高山や寒冷地で育つ品種のため、かつては栽培が難しいとされていました。最近、品種改良により耐暑性が高まり、一挙に強健花木となり、現在は庭園樹、街路樹や公園樹としても多く利用されています。花色が豊富で、開花時には大変豪華な花が楽しめます。タイプ:ツツジ科の耐寒性常緑低木樹高:4m開花期:4月上旬〜中旬栽培適地:東北地方以南栽培方法:日当たり、水はけのよい場所に腐葉土をたっぷり施して植えてください。やや盛り土気味に植え付け、根元はピートモスなどで覆って乾燥防止してください。剪定は可能ですが、自然樹形のままのほうがきれいにまとまります。花芽分化は7〜8月なので、この頃以降はなるべく枝を切らないようにしてください。肥料は、1〜3月に寒肥として根元に腐葉土などを施し、花後の5月、7月下旬から8月上旬、10月にそれぞれ追肥として緩効性化成肥料を施してください。高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日が強くあたる場所はさけてください。樹高につきましては入荷時期により多少変動することがあります。冬季は一部落葉や葉がきれいでない状態の場合がございますので、ご了承ください。お届け後は根を乾かさないように管理し、なるべく早く植えつけてください...

ヤクシマシャクナゲ『小葉性』R1074 接木2年目 蕾なし 大きさ20cm前後 商品画像は2018年8月上旬撮影です。

富士園芸楽天市場店

3,980

ヤクシマシャクナゲ『小葉性』R1074 接木2年目 蕾なし 大きさ20cm前後 商品画像は2018年8月上旬撮影です。

詳細 ツツジ科 樹高 約20cm 葉張り 花期 4−5月 撮影日 商品画像は2018年8月上旬撮影です。 商品説明 鹿児島県屋久島の標高1500m以上の高地にだけ野生するのシャクナゲで、日当たりの良いミズゴケの生える湿原や岩間に点々と群落を形成しています。花色は咲き始めは薄いピンク色で満開になるころには色が抜け白くなります。葉は披針形で光沢のある濃緑色、新葉は両面に淡褐色の綿毛に被われて美しく、表面の毛はやがて脱落し、裏面の毛は厚く密生して残り、葉縁は葉の裏側に反り返ります。 小葉性のヤクシマシャクナゲです。極小葉とのことですが『牛若丸』に比べ葉は大きめです。矮性種でコンパクトに育ちます。蕾の付きも大変良いです。 栽培方法 高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。 ・花芽分化は7〜8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。画像1枚目/葉の様子:画像2枚目/商品画像 【詳細】ツツジ科 【樹高】約20cm(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】 【花期】4−5月 【撮影日】商品画像は2018年8月上旬撮影です。 【商品説明】 鹿児島県屋久島の標高1500m以上の高地にだけ野生するのシャクナゲで、日当たりの良いミズゴケの生える湿原や岩間に点々と群落を形成しています。花色は咲き始めは薄いピンク色で満開になるころには色が抜け白くなります。葉は披針形で光沢のある濃緑色、新葉は両面に淡褐色の綿毛に被われて美しく、表面の毛はやがて脱落し、裏面の毛は厚く密生して残り、葉縁は葉の裏側に反り返ります。...

【ラッキーシール対応】花木 庭木の苗/西洋シャクナゲ:ミセスチャールズEピアソン樹高50〜60cm根巻き

園芸ネット プラス

4,808

【ラッキーシール対応】花木 庭木の苗/西洋シャクナゲ:ミセスチャールズEピアソン樹高50〜60cm根巻き

花木 庭木の苗/西洋シャクナゲ:ミセスチャールズEピアソン樹高50〜60cm根巻きシャクナゲはツツジと同じく、約800種もあるといわれるロードデンドロン属で、日本には古来から豊富な自生種があります。そのほとんどが高山や寒冷地で育つ品種のため、かつては栽培が難しいとされていました。最近、品種改良により耐暑性が高まり、一挙に強健花木となり、現在は庭園樹、街路樹や公園樹としても多く利用されています。花色が豊富で、開花時には大変豪華な花が楽しめます。ミセスチャールズEピアソンは薄いピンク系の花の代表的な品種。丈夫で伸びは早いですが、樹形は自然とまとまるので扱いやすさも魅力です。冬季はやや暖かい場所を好みます。タイプ:ツツジ科の耐寒性常緑中低木樹高:1〜2m開花期:4月〜5月栽培適地:東北地方以南植え付け適期:10〜4月(厳寒期を除く)栽培方法:日当たり、水はけのよい場所に腐葉土をたっぷり施して植えてください。やや盛り土気味に植え付け、根元はピートモスなどで覆って乾燥防止してください。剪定は可能ですが、自然樹形のままのほうがきれいにまとまります。花芽分化は7〜8月なので、この頃以降はなるべく枝を切らないようにしてください。肥料は、1〜3月に寒肥として根元に腐葉土などを施し、花後の5月、7月下旬から8月上旬、10月にそれぞれ追肥として緩効性化成肥料を施してください。西洋シャクナゲの中では強健な性質ですが、夏場に西日が強くあたる場所はできるだけさけてください。樹高につきましては入荷時期により多少変動いたしますので、ご了承ください。お届け後は根を乾かさないように管理し、なるべく早く植えつけてください。冬季は葉がきれいでない状態の場合があります。お届け時期により開花後の状態となる場合があります。写真は成長・開花時のイメージです。...

【ラッキーシール対応】花木 庭木の苗/カルミア:カオーセル根巻き樹高50cm

園芸ネット プラス

3,205

【ラッキーシール対応】花木 庭木の苗/カルミア:カオーセル根巻き樹高50cm

モザイクのような模様が良く目立つ希少種花木 庭木の苗/カルミア:カオーセル根巻き樹高50cmカルミアはアメリカ原産のシャクナゲの仲間で、5〜6月に茎頂に可愛い花を多数咲かせます。開花期が1ヶ月以上と長く、シャクナゲの仲間の中でも丈夫で栽培も容易です。カオーセルはワインレッドのブロッチが入り、モザイクのような模様が良く目立ち、色合いのコントラストが美しい品種です。生産数も少なく希少です。タイプ:ツツジ科カルミア属の耐寒性常緑樹植付け適期: 3月〜4月上旬、9月下旬〜11月栽培適地:北海道南部以南開花期:5〜6月施肥:2月下旬〜3月、6月〜7月剪定:6月栽培方法:日当たり、水はけのよい場所に植えてください。ツツジの仲間でやや酸性の土を好みますので、植付け用土にはピートモスを3〜4割混ぜてください。また、アルカリ性の石灰は避けてください。カルミアは花性で放任しておくと株全体が花で埋め尽くされてしまうほど見事に咲きますが、株が疲れて1年おきにしか花を咲かせません。毎年花を咲かせるには、全部の花を咲かせず、10〜11月頃に2つに1つの割合で花房を付け根から摘んでください。また、花後はできるだけ早く花がらを摘んで、種ができないようにすることも大切です。花後のお礼肥は1株あたり油かすを一握り、株の周りにばらまいて水やりをしておきます。2月〜3月には株の回りに油粕や鶏糞、緩効性肥料を施してください。※冬季は寒さなどの影響で葉に斑点が出る場合がありますが、気温が高くなり生育が始まると自然に消えることが多いです。お届けする苗は、樹高約50cm前後の根巻き苗です。お届け後は根を乾かさないように管理し、なるべく早く植えつけてください。樹高や樹形につきましては入荷時期により多少変動いたします。お届け時期により葉がきれいでない状態の場合がございます。秋...

【ラッキーシール対応】花木 庭木の苗/カルミア:ギャラクシー根巻き樹高50cm

園芸ネット プラス

3,205

【ラッキーシール対応】花木 庭木の苗/カルミア:ギャラクシー根巻き樹高50cm

花弁が星型になる珍しい品種花木 庭木の苗/カルミア:ギャラクシー根巻き樹高50cmカルミアはアメリカ原産のシャクナゲの仲間で、5〜6月に茎頂に可愛い花を多数咲かせます。開花期が1ヶ月以上と長く、シャクナゲの仲間の中でも丈夫で栽培も容易です。ギャラクシーは花弁が星型となる珍しい品種です。タイプ:ツツジ科カルミア属の耐寒性常緑樹植付け適期: 3月〜4月上旬、9月下旬〜11月栽培適地:北海道南部以南開花期:5〜6月施肥:2月下旬〜3月、6月〜7月剪定:6月栽培方法:日当たり、水はけのよい場所に植えてください。ツツジの仲間でやや酸性の土を好みますので、植付け用土にはピートモスを3〜4割混ぜてください。また、アルカリ性の石灰は避けてください。カルミアは花性で放任しておくと株全体が花で埋め尽くされてしまうほど見事に咲きますが、株が疲れて1年おきにしか花を咲かせません。毎年花を咲かせるには、全部の花を咲かせず、10〜11月頃に2つに1つの割合で花房を付け根から摘んでください。また、花後はできるだけ早く花がらを摘んで、種ができないようにすることも大切です。花後のお礼肥は1株あたり油かすを一握り、株の周りにばらまいて水やりをしておきます。2月〜3月には株の回りに油粕や鶏糞、緩効性肥料を施してください。※冬季は寒さなどの影響で葉に斑点が出る場合がありますが、気温が高くなり生育が始まると自然に消えることが多いです。お届けする苗は根巻きまたはポット植え、樹高約50cmです。樹高につきましては入荷時期により多少変動いたしますので、ご了承ください。お届け時期により開花が進んでいたり、開花後の状態となる場合がございます。また、時期により葉に斑点があったりきれいでない状態の場合がございますので、ご了承ください。写真は成長・開花時のイメージです。...

送料無料
◆送料無料◆ さつき 苗 【鈴の誉 (すずのほまれ)】 4号ポット苗×24本セット さつき苗木 ツツジ 苗木 植木 花木 庭木 生垣 目隠し グランドカバー 盆栽 常緑樹 低木 ※北海道...

全3商品

14,990

送料無料

◆送料無料◆ さつき 苗 【鈴の誉 (すずのほまれ)】 4号ポット苗×24本セット さつき苗木 ツツジ 苗木 植木 花木 庭木 生垣 目隠し グランドカバー 盆栽 常緑樹 低木 ※北海道...

お届けする商品について苗木×24本セットポット含め高さ0.4m前後で4号ポット(直径12cm)に仮植してあります。※画像は商品の一例です。お届けする商品は植物なので個体差があります。この商品は、本州から九州まで送料無料です。送料無料適用外の、北海道・沖縄の送料は以下のとおりです。北海道…2480円沖縄…4260円送料無料適用外の地域からのご注文、または商品の注文個数によって複数梱包になり送料が変更となる場合は、個別にご案内させていただきますので、当店から送信される受注確認メールを必ずご確認ください。内容が複雑でわかりづらい場合は、ご注文前でもお気軽にお問い合わせくださいませ。さつき 「鈴の誉(すずのほまれ)」≪さつき「鈴の誉」の特長鮮やかな赤紫で底白、中輪のさつき。貴公子と八咫の鏡の交配種です。≫「さつき」ってどんな植物?日本の気候に適応しやすく、初心者でも扱いやすい庭木です。葉が細かく密生するので、グランドカバーや低めの生垣におすすめです。日本庭園によく使われますが、洋風ガーデンにもよく似合います。品種の系統ツツジ科ツツジ属植 栽 適 地南東北〜沖縄開 花 期5月下旬〜6月上旬樹高と性質0.5m〜1.5m(常緑低木) 用 途 低めの生垣、 グランドカバー、 鉢植え、盆栽栽培ポイント植え付け3月〜6月、10月〜11月 肥 料2月、6月〜7月、9月〜10月 剪 定6月〜7月土質水はけと水もちの良い酸性土壌 (赤玉土+鹿沼土やピートモスなど)さつきは、根が浅く張るので乾燥に弱いです。日当たり〜半日陰を好みますが、西日は避けましょう。根が通気性を好むため、水のやりすぎは根腐れの原因になりますが、春から初夏の生長期はよく水を吸うため、土の乾きが早いので注意してください。また、夏の日中は日射で水が高温になりやすいので...

送料無料
◆送料無料◆ さつき 苗 【海ほたる (うみほたる)】 4号ポット苗×9本セット さつき苗木 ツツジ 苗木 植木 花木 庭木 生垣 目隠し グランドカバー 盆栽 常緑樹 低木 ※北海道...

総合植物プロショップ花ひろば

6,458

送料無料

◆送料無料◆ さつき 苗 【海ほたる (うみほたる)】 4号ポット苗×9本セット さつき苗木 ツツジ 苗木 植木 花木 庭木 生垣 目隠し グランドカバー 盆栽 常緑樹 低木 ※北海道...

お届けする商品について苗木×9本セットポット含め高さ0.4m前後で4号ポット(直径12cm)に仮植してあります。※画像は商品の一例です。お届けする商品は植物なので個体差があります。この商品は、本州から九州まで送料無料です。送料無料適用外の、北海道・沖縄の送料は以下のとおりです。北海道…2480円沖縄…4260円送料無料適用外の地域からのご注文、または商品の注文個数によって複数梱包になり送料が変更となる場合は、個別にご案内させていただきますので、当店から送信される受注確認メールを必ずご確認ください。内容が複雑でわかりづらい場合は、ご注文前でもお気軽にお問い合わせくださいませ。さつき 「海ほたる」≪さつき「海ほたる」の特長白の下地に濃紅の大小絞り、覆輪、玉斑、底白、白・赤の無地。純白の白地に絞りが引き立ちます。きさらずと暁光の交配種です。≫「さつき」ってどんな植物?日本の気候に適応しやすく、初心者でも扱いやすい庭木です。葉が細かく密生するので、グランドカバーや低めの生垣におすすめです。日本庭園によく使われますが、洋風ガーデンにもよく似合います。品種の系統ツツジ科ツツジ属植 栽 適 地南東北〜沖縄開 花 期5月下旬〜6月上旬樹高と性質0.5m〜1.5m(常緑低木) 用 途 低めの生垣、 グランドカバー、 鉢植え、盆栽栽培ポイント植え付け3月〜6月、10月〜11月 肥 料2月、6月〜7月、9月〜10月 剪 定6月〜7月土質水はけと水もちの良い酸性土壌 (赤玉土+鹿沼土やピートモスなど)さつきは、根が浅く張るので乾燥に弱いです。日当たり〜半日陰を好みますが、西日は避けましょう。根が通気性を好むため、水のやりすぎは根腐れの原因になりますが、春から初夏の生長期はよく水を吸うため、土の乾きが早いので注意してください。また...

西洋シャクナゲ 5号鉢植え 各種(e7)

千草園芸

1,296

西洋シャクナゲ 5号鉢植え 各種(e7)

■栽培方法 日当たりと排水のよいところを好みます。定植する場合は、土を崩さないようにします。水遣りは、土の表面が乾いたらたっぷりと与えてください。 ■商品の写真は、17年10月26日撮影。 木の状態は、季節により変化します。1710d 花の写真やラベルの色は印刷や写真の処理の関係で、実際の色とは異なっていることがあります。西洋シャクナゲ ■分類:ツツジ科ロードデン属の常緑中低木 ■学名:Rhododendron ■原産:園芸種 ■樹高:2〜6m ■開花期:4月〜5月 日本や中国南部、東南アジア原産のシャクナゲがイギリスを主としたヨーロッパで品種改良されたものを西洋シャクナゲと呼ばれます。 日本に逆輸入されたものが日本で品種改良されたものもそのように呼ばれます。 日本原産のシャクナゲより、大振りで立ち性、成長も早いもので、性質も強いものです。 ■管理方法 ・日当たりを好みますが、真夏の暑さには弱いので夏は半日陰で管理しましょう。 ・暑さ対策として、株元に腐葉土やバークチップを敷きつめるマルチングをし、西日には当たらないようにします。 ・シャクナゲは酸性土を好みます。鉢植えでは鹿沼土単用で、露地植えでは植え場所を高くして鹿沼土を混ぜた酸性用土に植えてください。 ・鉢植の場合は、根詰まりすると乾燥しやすくなります。根詰まりを起こさないように、毎春一回り大きい鉢への植え替えが必要です。 ・露地植えでは水はけのよい高い位置に植え、用土は鉢植と同じ鹿沼土を多用するとよくできます。 ■肥料 ・寒肥として2月頃、生育期の3月、花後の5月、そして秋に油粕の固形肥料、または緩効性肥料を与えます。 ■水やり ・春と夏は、朝と夕方にたっぷり与えてください。 ・秋、冬は土が乾いたら水を与えます。 ■剪定 花後はしぼんできたら...

こちらの関連商品はいかがですか?

人気の植木のツツジ種、発売中!当社自慢の一品を比較して下さい!素敵なお庭を演出してくれる植木。ガーデニングが素敵になるツツジ種が見つかる!素敵なお庭作りに必須なアイテムをそろえましょう♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、花・ガーデニング用品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい植木が充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「ツツジ種」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

関連カテゴリ