「ヒガンバナ球根」 の検索結果 201件

リコリス ラジアータ(ヒガンバナ「彼岸花」) 100球

千草園芸

5,900

リコリス ラジアータ(ヒガンバナ「彼岸花」) 100球

写真は11年10月8日。掘りあげたばかりでまだ土が付いています。 写真のように充実した大きい球根をお届けします。 10月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。ヒガンバナ(彼岸花) 分類: ヒガンバナ科ヒガンバナ属の球根植物 学名: Lycoris radiata原産: 中国華中地方 別名: リコリス、曼珠沙華(マンジュシャゲ) 開花期: 9月中旬~下旬 草丈: 葉20~40cm、花40~60cm 栽培敵地: 北海道から琉球列島 わが国に原産していたものと思われがちですが史前に我が国に人為帰化したものと推定されています。 保護されたり植栽されたりして各地に群落があり、開花期には多くの人が見学に訪れる名所となっています。 日本各地に分布していますが、中国から伝わった1株(雌株)の球根から日本各地に分球して広まったようです。 球根には有毒成分が含まれていますが、水にさらして毒抜きをすると非常用の食料になるため、また穴を掘る小動物を避けるために有毒な鱗茎を畦や土手に植えたとも考えられ、全国の田のあぜなどに植えられたとされています。 このため、主に人間の住む里山付近にのみ自生しています。 近年では観賞用球根として中国から輸入されています。 多くは染色体が3倍体のために彼岸花同士の交配では種はできても発芽しないようです。 他のリコリスと交配させた園芸品種は数多く作られています。 彼岸花の育て方 植えっぱなしで毎年花を咲かせる世話要らずな球根植物です。 9月中旬から10月上旬に花を咲かせます。開花後はすぐに葉が出て冬の間に太陽の光を浴びて養分を球根に蓄えます。 冬に太陽の日が当たる場所なら土地は選びません。葉があるのは4月いっぱいくらいで、5月になると葉は枯れてなくなります。 以後は花の咲く9月中旬まで梅雨から夏の間は休眠期となります。...

お徳用リコリス アルビフローラ(白)「10球」

千草園芸

4,482

お徳用リコリス アルビフローラ(白)「10球」

18年7月10日入荷しました。187b 10月中旬頃からはポット植えでのお届けとなります。 Lycoris radiata f. alba 「白花彼岸花(シロバナヒガンバナ)」「ギントウカ」とも言われ、シュウキズイセンとヒガンバナの雑種とされています。 有史以前に中国から渡来した 植物とされていますが、九州と朝鮮の済州島に自生地があるとも言われています。 美しい白い花を咲かせます。ややクリーム色や薄い桃色を帯びることもあります。 10月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。リコリス アルビフローラ (分類) ヒガンバナ科ヒガンバナ属の球根植物 (学名) Lycoris radiata f. alba (原産) 中国,(シュウキズイセンとヒガンバナの雑種) (開花期)9~10月 (草丈)40~50cm (別名) 白花彼岸花(シロバナヒガンバナ)」「ギントウカ」) 白色のヒガンバナとしても親しまれているもので、美しい白い花を咲かせます。 ややクリーム色や薄い桃色を帯びることもあります。 「白花彼岸花(シロバナヒガンバナ)」「ギントウカ」とも言われ、シュウキズイセンとヒガンバナの雑種とされています。 有史以前に中国から渡来した 植物とされていますが、九州と朝鮮の済州島に自生地があるとも言われています。 開花は赤のヒガンバナと同じくらいの、9月上旬ころから咲き始めます。 植え場所などの条件により、開花時期はずれるものもあります。 球根はヒガンバナと同じくらいの大きさで、花も背丈もヒガンバナと同じくらいの花を咲かせます。 上は9月20日京都府内で 育て方 (植え付け) 球根の植え付けは葉が枯れる6月頃から行えますが、多くは8月頃から販売されたものを9月以降に植えることが多いと思います。...

リコリス オーレア(黄)特大球「2球入り」

千草園芸

1,026

リコリス オーレア(黄)特大球「2球入り」

18年7月10日入荷しました。187b 9月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。リコリス オーレア (分類)ヒガンバナ科ヒガンバナ属の球根植物 (学名)Lycoris africana( = Lycoris aurea ) (原産)中国,台湾,ビルマ (開花期)9~10月(寒地10~11月) (草丈)40~50cm (別名)黄色彼岸花、ショウキラン、ショウキズイセン(ひがんばな) 黄色のヒガンバナとしても親しまれているもので、オレンジがかった濃い黄色の美しい花を咲かせます。 「ショウキラン」「ショウキズイセン」とも呼ばれ、中国から渡来したものです。 彼岸花の名で知られている球根植物で、原種から品種改良が進み、多くの色のリコリスがありますが、 この種は原種で、他のリコリスと同じように植えっぱなしでも毎年良く開花します。 開花は赤のヒガンバナより少し早めで、8月下旬ころから咲き始めます。 植え場所などの条件により、開花時期はずれるものもあります。 球根はヒガンバナより一回り大きく、花も大型、背丈もヒガンバナより高くなり豪華に花を咲かせます。 育て方 (植え付け) 球根の植え付けは葉が枯れる6月頃から行えますが、多くは8月頃から販売されたものを9月以降に植えることが多いと思います。 ですから早咲きの品種は翌年からの開花を楽しむこととなります。 日当たりと水はけのよい肥沃な土壌を好みます。 《花壇植え》 植付け深さ:5~7cm 植付け間隔:10~15cm(球根3個分) 30cm以上深く耕し、有機肥料、苦土石灰などを施して植付けます。(日当たり、水はけのよい土地を好みます) 普通露地植え(滋賀県では積雪の下)で冬を越しますが、土が凍結する寒冷地ではマルチなどをして保温に勤めます。 春になるとさらに葉が長くなります...

お徳用リコリス球根 スクアミゲラ(ピンク)「10球」

千草園芸

3,456

お徳用リコリス球根 スクアミゲラ(ピンク)「10球」

18年7月10日入荷しました。187b 10月中旬頃からは、ポット植えした状態でお届けします。 《花壇植え》 植付け深さ:5~7cm 植付け間隔:10~15cm(球根3個分) 30cm以上深く耕し、有機肥料、苦土石灰などを施して植付けます。(日当たり、水はけのよい土地を好みます) 《鉢植え・プランター植え》 7号鉢:3球 プランター650型:8球 球根の頭が隠れる程度に植え込み、日当たりのよい場所で育てます。 培養土に腐葉土などの有機質をよく混ぜ、球根の頭が隠れる程度に植えつけます。元肥には、マグアンプKなどを施します。開花後も土が乾かないように潅水を続けてください。 『水遣り』 開花後も土が乾かないように潅水を続けます。 追肥は3週間に1回、潅水代わりに薄い液肥を施します。 『堀り上げと貯蔵』 基本的に植えっぱなしにします。 株が混ざり合ってきたら、初夏に葉が黄変したころ、球根をいためないように丁寧に堀上げ、株分けしてすぐに植えつけます。リコリス(ヒガンバナ) (分類)ヒガンバナ科ヒガンバナ属 球根植物 (学名)Lycoris (原産)中国を中心とした周辺地域 (別名)彼岸花(ひがんばな) 曼珠沙華(まんじゅしゃげ) 彼岸花の名で知られている球根植物で、原種から品種改良が進み、多くの色のリコリスがあります。どれも丈夫で植えっぱなしでも毎年良く開花します。日本にあるヒガンバナはお彼岸前後に開花しますが、品種によっては7~8月頃から開花するものがあります。 (植え付け) 球根の植え付けは葉が枯れる6月頃から行えますが、多くは8月頃から販売されたものを9月以降に植えることが多いと思います。ですから早咲きの品種は翌年からの開花を楽しむこととなります。 日当たりと水はけのよい肥沃な土壌を好みます。 (秋から冬の管理)...

リコリス ラジアータ(ヒガンバナ「彼岸花」) 4球入り

千草園芸

410

リコリス ラジアータ(ヒガンバナ「彼岸花」) 4球入り

通常は球根の状態でお送りさせていただいておりますが、10月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。↓↓ヒガンバナ(彼岸花) 分類: ヒガンバナ科ヒガンバナ属の球根植物 学名: Lycoris radiata原産: 中国華中地方 別名: リコリス、曼珠沙華(マンジュシャゲ) 開花期: 9月中旬~下旬 草丈: 葉20~40cm、花40~60cm 栽培敵地: 北海道から琉球列島 わが国に原産していたものと思われがちですが史前に我が国に人為帰化したものと推定されています。 保護されたり植栽されたりして各地に群落があり、開花期には多くの人が見学に訪れる名所となっています。 日本各地に分布していますが、中国から伝わった1株(雌株)の球根から日本各地に分球して広まったようです。 球根には有毒成分が含まれていますが、水にさらして毒抜きをすると非常用の食料になるため、また穴を掘る小動物を避けるために有毒な鱗茎を畦や土手に植えたとも考えられ、全国の田のあぜなどに植えられたとされています。 このため、主に人間の住む里山付近にのみ自生しています。 近年では観賞用球根として中国から輸入されています。 多くは染色体が3倍体のために彼岸花同士の交配では種はできても発芽しないようです。 他のリコリスと交配させた園芸品種は数多く作られています。 彼岸花の育て方 植えっぱなしで毎年花を咲かせる世話要らずな球根植物です。 9月中旬から10月上旬に花を咲かせます。開花後はすぐに葉が出て冬の間に太陽の光を浴びて養分を球根に蓄えます。 冬に太陽の日が当たる場所なら土地は選びません。葉があるのは4月いっぱいくらいで、5月になると葉は枯れてなくなります。 以後は花の咲く9月中旬まで梅雨から夏の間は休眠期となります。 多くの花を咲かせるには葉のある季節に長期間日光に当たるようにす...

【秋植え球根】すいせんラッパ咲き混合サカタのタネ 混合8球入り

花まるマーケット

1,059

【秋植え球根】すいせんラッパ咲き混合サカタのタネ 混合8球入り

早春の花、美少年ナルシストの化身すいせんは、寒さに強く育てやすい秋植え球根です。 花には強い芳香があり、切り花、花壇、プランターや鉢植え、水栽培で花を楽しむことができます。 こちらの商品はラッパ咲き水仙混合の詰め合わせになります。 ■科名:ヒガンバナ科 ■原産地:西部ヨーロッパ ●植え付け時期:9月末~12月頃まで ●開花時期 :3月~5月頃 ●草丈:30~40cm ●植え付けは水はけと日当たりの良い場所 【植える】 9月~11月に土の温度が下がってからが適期です。 日当たりが良く、水はけの良い場所を好みます。 植え付けの深さは5~10cmくらいになるようにします。球根より5cmくらい下に肥料を含んだ土を入れておくとよく育ちます。 【育てる】 冬の間はあまり葉が伸びませんが、土の中で根が成長しているので乾き過ぎないように水やりをして気をつけます。 寒さに十分あわせないと開花しないので、鉢植などの場合でも、1月末までは必ず凍らない程度の低温にあわせてください。 【楽しむ】 強健で数年間植えっ放しのままで、毎年きれいな花を咲かせます。 ≪注意≫ ※食用ではありませんので、絶対に口に入れたり、お子様やペットに与えないでください。 【球根の肥料はこちらから】

【秋植え球根】かほり すいせん混合サカタのタネ 混合8球入り

花まるマーケット

1,059

【秋植え球根】かほり すいせん混合サカタのタネ 混合8球入り

早春の花、美少年ナルシストの化身すいせんは、寒さに強く育てやすい秋植え球根です。 花には強い芳香があります。切り花、花壇、プランターや鉢植え、水栽培で花を楽しむことができます。 こちらのボリュームパックかほりすいせん混合は、特に香りのよい品種の袋詰めになります。 ■科名:ヒガンバナ科 ■原産地:西部ヨーロッパ ●植え付け時期:9月末~12月頃まで ●開花時期 :3月~5月頃 ●草丈:30~40cm ●植え付けは水はけと日当たりの良い場所 【植える】 9月~11月に土の温度が下がってからが適期です。 日当たりが良く、水はけの良い場所を好みます。 植え付けの深さは5~10cmくらいになるようにします。球根より5cmくらい下に肥料を含んだ土を入れておくとよく育ちます。 【育てる】 冬の間はあまり葉が伸びませんが、土の中で根が成長しているので乾き過ぎないように水やりをして気をつけます。 寒さに十分あわせないと開花しないので、鉢植などの場合でも、1月末までは必ず凍らない程度の低温にあわせてください。 【楽しむ】 強健で数年間植えっ放しのままで、毎年きれいな花を咲かせます。 ≪注意≫ ※食用ではありませんので、絶対に口に入れたり、お子様やペットに与えないでください。 ※育てる環境によって、画像の姿と異なる場合があります。画像はイメージです。 【球根の肥料はこちらから】

【秋植え球根】すいせん八重咲き混合サカタのタネ 混合5球入り

花まるマーケット

1,059

【秋植え球根】すいせん八重咲き混合サカタのタネ 混合5球入り

早春の花、美少年ナルシストの化身すいせんは、寒さに強く育てやすい秋植え球根です。 花には強い芳香があり切り花、花壇、プランターや鉢植え、水栽培で花を楽しむことができます。 こちらの商品は八重咲き水仙混合の詰め合わせです。 ■科名:ヒガンバナ科 ■原産地:西部ヨーロッパ ●植え付け時期:9月末~12月頃まで ●開花時期 :3月~5月頃 ●草丈:30~40cm ●植え付けは水はけと日当たりの良い場所 【植える】 9月~11月に土の温度が下がってからが適期です。 日当たりが良く、水はけの良い場所を好みます。 植え付けの深さは5~10cmくらいになるようにします。球根より5cmくらい下に肥料を含んだ土を入れておくとよく育ちます。 【育てる】 冬の間はあまり葉が伸びませんが、土の中で根が成長しているので乾き過ぎないように水やりをして気をつけます。 寒さに十分あわせないと開花しないので、鉢植などの場合でも、1月末までは必ず凍らない程度の低温にあわせてください。 【楽しむ】 強健で数年間植えっ放しのままで、毎年きれいな花を咲かせます。 ≪注意≫ ※食用ではありませんので、絶対に口に入れたり、お子様やペットに与えないでください。 ※育てる環境によって、画像の姿と異なる場合があります。画像はイメージです。 【球根の肥料はこちらから】

【お徳用】黄ラッパ水仙 10球【秋植え球根】

花まるマーケット

1,059

【お徳用】黄ラッパ水仙 10球【秋植え球根】

咲いた姿は、まるで黄金色のトランペット!! 生産地 使用農薬 入数新潟県生産地にて消毒農薬無使用10球 植える時期 開花期 草丈9~12月3~4月30~40cm 科名 用途ヒガンバナ科切り花・鉢植え・花壇・プランター 注意 備考 食用ではありませんので絶対に口に入れたり、ペットに与えないでください。 育てる環境によって写真の姿と異なる場合があります。 ●花言葉:美しい追憶 ●原産:ヨーロッパ~地中海沿岸 -育て方- 水はけがよく、日当たりの良い場所を好みます。腐葉土など有機質の多い土が好きなので、植え付ける場所には腐葉土やピートモスを混ぜましょう。寒い時期だからといって水を控え乾燥させると土の中の球根が弱ります。土の表面が乾いたら水をやるようにしましょう。葉や花に水がかかると病気が発生することがあるのでなるべく土にやります。植え付けはできるだけ早い時期が適します。掘り上げる場合は株が込みだす6月にし、陰干しして乾燥させます。 【花壇で】 深さ30~50cmくらい耕します。径15cm深さ20cmくらいの穴をほり、穴の底10cmくらいに肥料を混ぜた土を入れます。その上に普通の土を5cmくらい入れ、球根を植え付けます。5cmくらい土をかぶせ、十分水をやります。球根と球根の間隔は12cmくらいにします。 【鉢で】 6号(18cm)に3~4球。プランター(65cm)なら10~12球くらい植えるときれいになります。 鉢の穴を網等でふさぎ、ゴロ土や小石を3cmくらい詰めます。肥料を混ぜた土を半分くらい入れ、鹿沼土などを混ぜた土を少しかぶせます。球根を植え付け5cmくらい土をかぶせ、十分水をやります。 ≪注意≫ ※食用ではありませんので絶対に口に入れたり、ペットに与えないでください。 ※育てる環境によって写真の姿と異なる場合があります。 ...

【お徳用】黄房水仙 10球【秋植え球根】

全2商品

1,059

【お徳用】黄房水仙 10球【秋植え球根】

一輪は小さくはかないですが、たくさん咲くと力強いです!! 生産地 使用農薬 入数新潟県生産地にて消毒農薬無使用10球 植える時期 開花期 草丈9~12月2~3月30~50cm 科名 用途ヒガンバナ科切り花・鉢植え・花壇・プランター 注意 備考 食用ではありませんので絶対に口に入れたり、ペットに与えないでください。 育てる環境によって写真の姿と異なる場合があります。 ●花言葉:美しい追憶 ●原産:地中海沿岸 -育て方- 水はけがよく、日当たりの良い場所を好みます。腐葉土など有機質の多い土が好きなので、植え付ける場所には腐葉土やピートモスを混ぜましょう。寒い時期だからといって水を控え乾燥させると土の中の球根が弱ります。土の表面が乾いたら水をやるようにしましょう。葉や花に水がかかると病気が発生することがあるのでなるべく土にやります。植え付けはできるだけ早い時期が適します。掘り上げる場合は株が込みだす5月にし、陰干しして乾燥させます。 【花壇で】 深さ30~50cmくらい耕します。20cmくらいの深さに肥料を混ぜた土を10cmほど入れます。普通の土を5cmくらい入れ、球根を植え付けます。その上に5cmくらい土をかぶせ、十分水をやります。球根と球根の間隔は12cmくらいにします。 【鉢で】 5号(15cm)に3~4球、プランター(65cm)なら10球くらい植えるときれいになります。 鉢の穴を網等でふさぎ、ゴロ土や小石を3cmくらい詰めます。肥料を混ぜた土を半分くらい入れ、鹿沼土などを混ぜた土を少しかぶせます。球根を植え付け5cmくらい土をかぶせ、十分水をやります。 ≪注意≫ ※食用ではありませんので絶対に口に入れたり、ペットに与えないでください。 ※育てる環境によって写真の姿と異なる場合があります。 【球根の肥料はこちらから】

【お徳用】寒咲日本水仙10球【秋植え球根】

花まるマーケット

1,059

【お徳用】寒咲日本水仙10球【秋植え球根】

「和」を充分に漂わせる品種です!! 生産地 使用農薬 入数福井県生産地にて消毒農薬無使用10球 植える時期 開花期 草丈9~12月12~3月30~40cm 科名 用途ヒガンバナ科切り花・鉢植え・花壇・プランター 注意 備考 食用ではありませんので絶対に口に入れたり、ペットに与えないでください。 育てる環境によって写真の姿と異なる場合があります。 ●花言葉:美しい追憶 ●原産:地中海沿岸 -育て方- 水はけがよく、日当たりの良い場所を好みます。腐葉土など有機質の多い土が好きなので、植え付ける場所には腐葉土やピートモスを混ぜましょう。寒い時期だからといって水を控え乾燥させると土の中の球根が弱ります。土の表面が乾いたら水をやるようにしましょう。葉や花に水がかかると病気が発生することがあるのでなるべく土にやります。植え付けはできるだけ早い時期が適します。掘り上げる場合は株が込みだす5月にし、陰干しして乾燥させます。 【花壇で】 深さ30~50cmくらい耕します。20cmくらいの深さに肥料を混ぜた土を10cmほど入れます。普通の土を5cmくらい入れ、球根を植え付けます。その上に5cmくらい土をかぶせ、十分水をやります。球根と球根の間隔は12cmくらいにします。 【鉢で】 5号(15cm)に3~4球。プランター(65cm)なら10球くらい植えるときれいになります。 鉢の穴を網等でふさぎ、ゴロ土や小石を3cmくらい詰めます。肥料を混ぜた土を半分くらい入れ、鹿沼土などを混ぜた土を少しかぶせます。球根を植え付け5cmくらい土をかぶせ、十分水をやります。 ≪注意≫ ※食用ではありませんので絶対に口に入れたり、ペットに与えないでください。 ※育てる環境によって写真の姿と異なる場合があります。 【球根の肥料はこちらから】

オリジナル品種ブランスドンナ`新世界'(開花見込球)球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,600

オリジナル品種ブランスドンナ`新世界'(開花見込球)球根 1球

♀ブランスヴィギア・オリエンタリス X ♂ベラドンナリリー の交配種です。趣のある重厚な色調は切花でも人気があります。葉は照り葉になり、冬も観賞価値があります。ヒガンバナ科のこの属の特徴で、花の咲かない年もあります。 学名 Brunsdonna cv. `Shinsekai' 原産地 南アフリカ冬雨地区 花期 9~10月 草丈 50~70cm 耐寒性 中(0℃ほどになるコールドハウスでも十分生育可能です) 耐暑性 強 日照 日当たりを好みます。 管理 水はけと通気性の良い土壌を好みます。 植え付けは、球根の頭が土から出るように浅植えします。 6~8号の鉢に1球が目安です。 夏場は休眠しますので、 水を切って掘り上げずに鉢で管理します。秋に花茎が立ち上がってきますので、水やりを再開してください。 冬は 無加温のハウスなどで冬越しします。 生育期は土が乾いたらたっぷりと灌水します。 肥料は、寒肥えとして窒素分の少ない化成肥料を適量与えます。花後にはカリ分の多い肥料を与えましょう。 発送状態 1球を容器から掘り上げてお送りします。(写真はお送りする球根のイメージです)お手元に届きましたら、なるべく早く植え付けを行ってください。

リコリス アルビフローラ(白)「2球入り」

千草園芸

928

リコリス アルビフローラ(白)「2球入り」

18年7月10日入荷しました。187b 10月中旬頃からはポット植えでのお届けとなります。 「白花彼岸花(シロバナヒガンバナ)」「ギントウカ」とも言われ、シュウキズイセンとヒガンバナの雑種とされています。 有史以前に中国から渡来した 植物とされていますが、九州と朝鮮の済州島に自生地があるとも言われています。 美しい白い花を咲かせます。クリーム色や薄い桃色を帯びることもあります。 10月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。リコリス アルビフローラ (分類) ヒガンバナ科ヒガンバナ属の球根植物 (学名) Lycoris radiata f. alba (原産) 中国,(シュウキズイセンとヒガンバナの雑種) (開花期)9~10月 (草丈)40~50cm (別名) 白花彼岸花(シロバナヒガンバナ)」「ギントウカ」) 白色のヒガンバナとしても親しまれているもので、美しい白い花を咲かせます。 ややクリーム色や薄い桃色を帯びることもあります。 「白花彼岸花(シロバナヒガンバナ)」「ギントウカ」とも言われ、シュウキズイセンとヒガンバナの雑種とされています。 有史以前に中国から渡来した 植物とされていますが、九州と朝鮮の済州島に自生地があるとも言われています。 開花は赤のヒガンバナと同じくらいの、9月上旬ころから咲き始めます。 植え場所などの条件により、開花時期はずれるものもあります。 球根はヒガンバナと同じくらいの大きさで、花も背丈もヒガンバナと同じくらいの花を咲かせます。 上は9月20日京都府内で 育て方 (植え付け) 球根の植え付けは葉が枯れる6月頃から行えますが、多くは8月頃から販売されたものを9月以降に植えることが多いと思います。 ですから早咲きの品種は翌年からの開花を楽しむこととなります。...

【ご予約商品ご予約区分A】■秋植え球根■寒咲き日本スイセン10球入り

ペットエコ&ザガーデン楽天市場店

1,406

【ご予約商品ご予約区分A】■秋植え球根■寒咲き日本スイセン10球入り

勲章のような形の良い姿。香りがよく、気品あふれる植物です。 ■ ご予約終了後の価格1480 円 送料区分:A2 (送料表はこちら)[20110823] ■ 形状・サイズ他 10球入り ■ お届け予定 *9月中旬~10月上旬頃より入荷次第お届けとなります*ご予約商品です。お届け時期が異なるため、他の商品との同梱包は致しておりません。別途送料がかかりますので予めご了承ください。*生育状況によりお届け出来ない商品が出る場合は、 メールにて事前にご連絡させて頂きます。*離島など一部お届けできない地域がございます。 ■備考 *輸入状況・生育状況などによりお届け出来ない商品が出る場合は、メールにて事前にご連絡させて頂きますので、予めご了承ください。 *実物と花色などが異なる場合がございます。 様々な品種があるスイセン。寒い時期に花を咲かせる日本種と、暖かい時期に花を咲かせる西洋種があります。勲章のような形の良い姿で、気品あふれる植物です。 寒咲き日本スイセンは気品のある香りと姿でとても人気があります。一度植えれば毎年花を咲かせてくれます。 【育て方】 ヒガンバナ科の球根植物 植え付け時期は8~10月 花時期は2~4月 草丈40~50cm ■植え付け 鉢植えの場合、5号鉢(直径15cm)に3~5球くらいが目安です。3~5cmの深さで植えつけましょう。 庭植えの場合、深さ10cm、株間球根2~3個分位で植えつけて下さい。 鉢植えの場合、鉢底の穴をふさぐように(土こぼれ防止とナメクジなどの虫よけのため)鉢底ネットを敷き、その上に鉢の高さの1割ほど、鉢底の石を敷いてください。土は球根の土などの専用の土がおすすめです。 庭植えの場合、30cmほど耕し、掘り出した土にその土の2割くらいの量の腐葉土やたい肥を混ぜ込んでおいてください...

送料無料
秋咲き球根 ひがんばな 発送始めました。秋を彩るリコリス スクワミゲラ(夏水仙)6球セットおしゃれ送料無料本州・四国・九州地区限定(球根の同梱は可能です。)

京都園芸広場

2,894

送料無料

秋咲き球根 ひがんばな 発送始めました。秋を彩るリコリス スクワミゲラ(夏水仙)6球セットおしゃれ送料無料本州・四国・九州地区限定(球根の同梱は可能です。)

科名:ヒガンバナ科 草丈:60~70cm 英名:Cluster Amaryllis 性質:夏植え球根(輪茎) 原産地:日本、中国、東アジア 用土:保水性のよい土 用途:花壇 鉢植え 切り花 【植える】 株元が乾かないような保水性のよい有機質に含んだ場所を選びます。 よく耕し、元肥に緩効性肥料を混ぜ浅めに植えつけます。 【育てる】 病害虫に強く、比較的簡単に育てることができます。 植え替えを嫌う球根なので、植えつけた年は、生育が遅めです。 次年度以降は植えつけたままとし、株が込み合ってくるまで植え替えをしないほうがよく育ちます。 【楽しむ】 真夏にさわやかなピンク色の花を咲かせます。 ほのかな香りを楽しむことが出来ます。 【送料について】送料無料:本州・四国・九州地区限定 球根は同梱可能です。 ※北海道、沖縄、の発送は¥500追加料金がかかります。ご注意ください。一般的なリコリスより早く、8月から開花するため夏水仙とも呼ばれます!リコリスの仲間ではもっとも大輪で美しく、葉はすいせんに似ています

人気の球根のヒガンバナ球根、発売中!当社自慢の一品を比較して下さい!素敵な庭を演出する様々な植物の球根。ガーデニングが素敵になるヒガンバナ球根が見つかる!素敵なお庭作りに必須なアイテムをそろえましょう♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、花・ガーデニング用品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい球根が充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「ヒガンバナ球根」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

関連カテゴリ