「隅田の花火」 の関連商品を含む検索結果 6件

アジサイ 隅田の花火(スミダノハナビ) 7号苗

千草園芸

1,944

アジサイ 隅田の花火(スミダノハナビ) 7号苗

※写真は開花時の見本品です。4月22日現在まだ花は咲いておりません。 ※送料はMサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照)アジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。 よって、すぐに植え替えることをお勧めします。また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ■アジサイの状態による販売分け 当店では、アジサイの状態ごとに分けて販売しております。 購入される前には、アジサイの状態一覧表(下表)を参考にしてください。 【アジサイの状態一覧表】 【入荷株】 【秋色】 【花痛み】 【花終わり(春)】 【花終わり(夏...

紫陽花 隅田の花火 15cmポット 【RCP】05P03Dec16

SORA

1,247

紫陽花 隅田の花火 15cmポット 【RCP】05P03Dec16

【商品規格】 紫陽花 隅田の花火 15cmポット 【商品説明】 分類は、アジサイ属です 周囲に八重の大きな白い装飾花が咲き花火のようです 中央の両性花も大きいので花全体が大きく優美です 直射日光を避け、根元が乾燥しないよにしてください 【注意事項】 写真は商品ラベルで花の形状などご参照ください タイトルや商品説明に記載している規格の商品発送となります 植物ですので多少の個体差があります 時期によって画像にある花や実、葉は付いてない場合があります 【送料】 全国一律1,200円となります) 1本での送料となります。 沖縄・離島の場合は別途中継料金がかかる場合があります  アジサイ隅田の花火   ・アジサイ科 アジサイ属 落葉樹 低木 ・周囲に八重の大きな白い装飾花が咲き花火のようです。 ・中央の両性花も大きいので花全体が大きく優美です。                 ラベル     花     葉       隅田の花火のイメージです。 白色から紅色にそして濃紅色に変化します。 葉はやや縮れたようになります。     豆知識   ・夏は日陰に、冬は日なたになる場所が適しています。 ・根元が乾燥しないようにグランドカバーを植えると良いです。 ・毒があるので葉や花を口に入れたりしないでください。 ・苦土石灰をまいてアルカリ性土壌するとアカ系の花になっていきます。 ・ピートモスを混ぜて酸性土壌するとアオ系の花になっていきます。 ・シロ系のアジサイは酸度の影響は受けにくいようです。    ...

【18年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) 隅田の花火(スミダノハナビ) 5号

千草園芸

1,836

【18年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) 隅田の花火(スミダノハナビ) 5号

18年4月13日入荷、撮影しました。 写真は見本品です。 季節によって状態は変化します。 184b ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属の落葉低木(一部に常緑性のものがある) 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■あじさいの特徴 学名のHydrangeaとはアジサイの属名ですが、ラテン語で、水「hydor」と、容器「angeion」を結び合わせたラテン語からきています。 欧米で品種改良された「ハイドランジア」は西洋アジサイと呼ばれ大型の花を咲かせるものをさします。 これらは主に日本国内やヨーロッパ...

花木 庭木の苗/ガクアジサイ:隅田の花火(スミダノハナビ)3~3.5号ポット

園芸ネット プラス

686

花木 庭木の苗/ガクアジサイ:隅田の花火(スミダノハナビ)3~3.5号ポット

白八重咲き額あじさいの銘花花木 庭木の苗/ガクアジサイ:隅田の花火(スミダノハナビ)3~3.5号ポット★この商品は苗木です★隅田の花火は白花八重咲きのガクアジサイの銘花。半日陰でも日当たりのよい場所でも育ちますが、あまり暗い場所では花つきがわるくなりますのでご注意ください。また、寒さには若干弱いので、東北以北では鉢植えにして冬は室内に取り込んでください。タイプ:ユキノシタ(アジサイ)科ハイドランジア(アジサイ)属の耐寒性落葉低木樹高:100~150cm開花期:6月~7月植付け適期:2月~5月用途:庭植え、鉢植え日照:日向~半日陰向き栽培方法:半日陰で、水はけのよい場所なら用土はあまり選びません。十分に水をやり、水を切らさないようにしてください。肥料は春と秋に与えます。剪定は花後の7月~8月の間にします。お届けする苗は、3~3.5号(直径9~10.5cm)ポット入りです。樹高は多少変動することがあります。また開花は来年以降となる場合がございます。写真は成長・開花時のイメージです。アジサイは土壌酸度により花色が変化します。栽培環境によっては写真の花色と異なる開花状況となる場合がありますのでご了承くださいませ。ガクアジサイ:隅田の花火(スミダノハナビ)3~3.5号ポットの栽培ガイド7月の庭木のお手入れアジサイ苗類のお届け形態についてアジサイの花色調整アジサイの分類

こちらの関連商品はいかがですか?

アジサイ(紫陽花・あじさい)プリンセスシャーロット 5号苗e5-7

千草園芸

4,104

アジサイ(紫陽花・あじさい)プリンセスシャーロット 5号苗e5-7

18年4月14日現在、花がまだ付いていない状態です。 本来の開花株より、大幅に値下げして販売しております。 ご了承のうえご購入くださいませ。 翌年も美しく花を咲かせる栽培方法を書いた説明書をお付けします。 ※写真は見本品です。 来年以降は土の酸度により、色が変化します 写真は17年5月16日に撮影しました。季節によって状態は変化します。 ★使用用途 地植え、花壇、品種、花苗、など ※送料はSサイズ(648円~)です。 (商品ページ下部の送料表を参照) ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花アジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。 よって、すぐに植え替えることをお勧めします。また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は...

アジサイ(紫陽花・あじさい) おはよう 6号苗

千草園芸

2,376

アジサイ(紫陽花・あじさい) おはよう 6号苗

※写真は見本品です。 写真は17年6月13日に撮影しました商品です。 18年3月30日現在新芽が出始めた状態です。 季節によって状態は変化します。183d 酸度によって花色は変化します。 ★使用用途 鉢植え、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など ※送料はSサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照) ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがあります...

【あじさい苗】アジサイ(紫陽花) 霧島の恵 3.5号苗 a

千草園芸

1,296

【あじさい苗】アジサイ(紫陽花) 霧島の恵 3.5号苗 a

17年9月12日入荷。植物の状態は季節により変化いたします。179b霧島の恵 学名:Hydrangea macrephylla"Kirishima no megumi" 性状:落葉低木 様式:庭・鉢向き 日照:日向・半日向 開花:5月~11月 耐寒性:強い(0℃以下でも可) 草丈:80~100cm 「霧島の恵」は2011年に松永一氏によって品種登録された四季咲き性のアジサイです。 日本古来の「シキザキヒメアジサイ」や「エンドレスサマー」のように開花期が長く、咲き終わった花をカットすると次々開花する性質のアジサイです。 また、秋に咲いた花は、寒さで葉が紅葉して落葉しはじめる11月までは、花があります。 11月まで紅葉を楽しむことができます。 直射日光下では紅葉が十分に発色されます。 花は咲き終わったものをカットすると次々開花しますが、アキイロアジサイになるまで楽しむと2番花以降に咲く花は少なくなります。 アジサイ"霧島の恵"の育て方 用土は、赤玉土6と腐葉土、またはピートモスを4で混ぜ合わせた用土を使用します。 花色は土壌のPHのわずかな差でブルー(酸性)からピンク(アルカリ性)に変わりやすい性質があります。 1株でピンクやブルーの花が咲くこともよくあります。 水遣りは、水を好むため、植え付け後もたっぷり与えます。 水切れは、早花がしおれるだけでなく、花をいためる最大の原因になります。 鉢植えはとくに気をつけ、表面が乾き始めたらたっぷり与えます。 肥料は、春の生育期から開花中はずっと液肥を1週間に1度やり続けてください。 次々開花しますから、肥料切れは禁物です。 花色は土壌のPHで濃いブルー~ピンクへと変化しやすいです。 "霧島の恵" に良く似たアジサイには "エンドレスサマー"と"シキザキコアジサイ"があります。...

アジサイ(紫陽花・あじさい) ミスサオリ 4号苗 ユーミーシリーズ(a8)

千草園芸

2,268

アジサイ(紫陽花・あじさい) ミスサオリ 4号苗 ユーミーシリーズ(a8)

ミスサオリ 八重咲きの花の白地の花びらには濃いピンク色の覆輪が入り、濃い緑色や赤紫色に変化。 ※写真は見本品です。 花の写真はイメージです。 写真は18年2月8日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。182a 送料はsサイズ~(ページ下部の送料表を参照してください) 土のPH(酸度)により、花の色は、変化いたします。 美しいバラ咲きで、内側まで咲きこんでいきます。PH調整により、花色の変化が楽しめます。 花の色は、土の酸度によってピンク~青・紫色に変化します。 専用肥料【同梱可能】アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ...

アジサイ(紫陽花・あじさい) ユーミー カリッジ 4号苗(a8)

千草園芸

1,944

アジサイ(紫陽花・あじさい) ユーミー カリッジ 4号苗(a8)

※写真は見本となります。 写真は18年8月8日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。182a ★使用用途 鉢植え、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など ※送料はSサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照) ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ■アジサイの状態による販売分け...

ヤマアジサイ苗 青山アジサイ(アオヤマアジサイ)

千草園芸

442

ヤマアジサイ苗 青山アジサイ(アオヤマアジサイ)

こちらの商品は苗の状態で販売しております。 18年4月10日に入荷しました。 状態は季節によって変化いたします。184b 土のPH(酸度)により、花の色は、変化いたします。 ご一緒に専用肥料はいかがでしょうか。 【同梱可能】学名・Hydrangea 属名はラテン語で、水「hydor」と、容器「angeion」を結び合わせたラテン語からきています。 分類 ユキノシタ科 アジサイ属 原産 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 (栽培) :早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。ですから、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 様々な品種がございます。 ↓他のヤマアジサイはお探しの方はこちら↓ ヤマアジサイ苗

アジサイ(紫陽花・あじさい) ポップコーン 4号苗(a9)

千草園芸

1,296

アジサイ(紫陽花・あじさい) ポップコーン 4号苗(a9)

18年3月23日に再入荷しました。季節によって状態は変化します。183d 正式名称は「ホップコーン」です。 ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。 専用肥料はこちらをご覧ください。アジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから...

藤(フジ)苗 紫花 7号苗

千草園芸

3,024

藤(フジ)苗 紫花 7号苗

18年2月17日に入荷・撮影しました。 状態は季節によって変化いたします。182c-uフジ 【分類】マメ科フジ属の落葉つる性樹木 【学名】Wisteria floribunda 【原産】日本、東アジア、北アメリカ 【別名】ノダフジ 【栽培】耐暑性、耐寒性、耐霜性が大変強く、日当たりが良く排水の 良い土壌を好みます。ただ夏場はよく水をほしがりますので 鉢栽培では腰水をして管理します。 【開花期】4月~5月 【栽培適地】北海道南部以南 【特徴】藤棚栽培されることが多いです。 園芸品種が多く、紫のほか、白、ピンクや花の長いものなどがあります。 初夏に花をつけた後、良く葉を茂らせ夏場に涼しい蔭を作ります。鉢植え栽培や、藤棚などで栽培されます。 肥沃な用土と日当たりを好みます。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。 (栽培上の注意)水遣り 水枯れを起こすと、葉が黄色くなって落葉して葉が少なくなり、翌年の花芽もつけにくくなります。 一度乾燥した土は水を与えても浸透しないことが多く、周りに流れたり、下にしみこむ水の道を作って地中に浸透してしまい、必要な地中の用土に水がいきわたらないことが多いので、鉢植えでは植え替えをして根詰まりを無くすようにします。夏場は葉が多くなり、多少の水遣りを増やしてもすぐ乾きますので、鉢を5cmくらいの腰水をして管理するとよいでしょう。1~2ヶ月では根腐れは起こしません。 露地植えの場合は植え込み時に十分な腐葉土などの有機質を土に加えておき、土の保水力を高めておくことが大切です。 保水力の大きい土に植えた木は根の生育も早く水を与えるとすぐに木が吸収して回復...

アジサイ 泉鳥(イズミドリ) 5号苗【18年入荷株】

千草園芸

3,024

アジサイ 泉鳥(イズミドリ) 5号苗【18年入荷株】

18年4月6日に入荷しました。 状態は季節によって変化します。184b 同梱可能数5 翌年も美しく花を咲かせる栽培方法を書いた説明書をお付けします。 ※写真は入荷時の見本品です。 ★使用用途 地植え、花壇、品種、花苗、など ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花ハチジョウチドリ(八丈千鳥)'Hachijouchidori' 近年八丈島で発見された大型のガクアジサイで、関西関東地方では普通のアジサイと同じように落葉しますが、15度以上ある現地では常緑樹となっています。 現地では周年開花し、花期によって額縁咲き、半手マリ咲き、時には手マリ咲きと変化します。 南国の花を思わせる大振りの姿をしています。私の手が小さく見えませんか? (学名)Hydrangea macrophylla 'Hachijochidori' 「アジサイ八丈千鳥」は2009年杉本佳洋氏によって品種登録されています。 泉鳥(イズミドリ) 加茂花菖蒲園さんによって八丈千鳥を基にして露地植えにも向くアジサイとして改良された品種で、八丈千鳥の形質を強く残していますが、花つきがよいとされています。 ガクアジサイに分類されますが、一般的なガクアジサイは中央に両性花の塊があり、 その周りを装飾花が囲んでいますが、両性花と回りの装飾花が、混ざり合うように咲くことが多いようです。 花は咲き始めは純白ですが、土の酸度によって 咲き進むと淡い青色がかった色になることがあります。 花びらは少し先端がとがって反り返り、すっきりとした形が好まれます。 中央の青い両性花は湖、周りの白い八重咲きの装飾花を水鳥に見立てて、 泉鳥という名前がつけられたそうです。 鉢植えではコンパクトに仕立てられていますが...

アジサイ マジカル グリーンファイヤー 3.5号苗(a8)

千草園芸

1,242

アジサイ マジカル グリーンファイヤー 3.5号苗(a8)

18年2月17日に入荷しました。 状態は季節によって変化します。182c ※写真は見本品です。 ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます...

【あじさい苗】アジサイ 紫峰(シホウ) 4号苗【18年入荷株】

千草園芸

972

【あじさい苗】アジサイ 紫峰(シホウ) 4号苗【18年入荷株】

※写真は見本品です。 18年4月20日に入荷。 こちらは苗として販売しております。 季節によって状態は変化します。184c ※送料はSサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照) ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 ★使用用途 鉢植え、地植え、花苗(花壇、寄せ植え)、など ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。...

アジサイ(紫陽花・あじさい) LKパープル 5号苗 e4-5

千草園芸

2,700

アジサイ(紫陽花・あじさい) LKパープル 5号苗 e4-5

※写真は開花時の見本品です。4月22日現在まだ花は咲いておりません。 写真は17年6月20日に撮影しました。 こちらの品種は特に秋色になりやすい品種です。 ↓秋色の写真。↓ 季節によって状態は変化します。176d ※送料はMサイズ(756円)です。 (商品ページ下部の送料表を参照) ★使用用途 鉢植え、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など ★HITワード 17年入荷株、Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ...

【花終わり】アジサイ(紫陽花・あじさい) ミュージックシリーズ ブルーバラード6号苗(e8)

千草園芸

3,240

【花終わり】アジサイ(紫陽花・あじさい) ミュージックシリーズ ブルーバラード6号苗(e8)

※こちらは花終わり苗です。 ★今年の入荷から咲き進み 観賞時期が終わったため、 カットして苗として販売しております。 できる限り新芽が吹いてきているものからお送りします。 (少し古葉が焼けているものもありますが、 新葉がふきますのでご了承ください。 ) (8月21日更新 178c) ※写真は見本品です。 写真は17年7月22日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。177c ※送料はMサイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照) ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法...

【花終わり】【あじさい苗】ピラミッドアジサイ苗(ノリウツギ) ピンキーウィンキー 4.5号 (a6)

千草園芸

1,728

【花終わり】【あじさい苗】ピラミッドアジサイ苗(ノリウツギ) ピンキーウィンキー 4.5号 (a6)

こちらは花期が終わり、苗として販売となります。 ※写真は見本品です。 写真は17年5月30日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。 冬場は落葉しております。 175d 176a ノリウツギ ピンキーウィンキー 咲き始めは白色ですが、咲き進むと赤色(詳しくはダークピンク)に変わる ベルギーから導入された最新品種です。 初夏からカラフルな豪華な花を咲かせます。 背丈は1.8m位になります。開花期は8~10月。 剪定は秋の落葉後または春の3月に行います。 日当たりのよい場所と水はけのよい肥沃な土壌を好みます。 ★使用用途 鉢植え、ギフト、プレゼント、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など 送料 648より(運送会社により異なります。) 1個の荷物で送れる数量 4個 同送可能商品 5号くらいの大きさの苗の場合は約3個 備考 ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属...

アジサイ(紫陽花・あじさい) エンドレスサマー ポット苗

千草園芸

540

アジサイ(紫陽花・あじさい) エンドレスサマー ポット苗

写真は4月13日。木の状態は季節により変化いたします。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ■アジサイの状態による販売分け 当店では、アジサイの状態ごとに分けて販売しております。 購入される前には、アジサイの状態一覧表(下表)を参考にしてください。 【アジサイの状態一覧表】 【入荷株】 【秋色】 【花痛み】 【花終わり(春)】 【花終わり(夏)】 【花終わり(冬)】 開花前または開花している状態 最盛期を過ぎ...

アジサイ(紫陽花・あじさい) コンペイトウ ブルー 5号苗【18年入荷株】24日入荷予定

千草園芸

3,024

アジサイ(紫陽花・あじさい) コンペイトウ ブルー 5号苗【18年入荷株】24日入荷予定

こちらは苗ですので、来年開花する花色は酸度によって変わります。 翌年も美しく花を咲かせる栽培方法を書いた説明書をお付けします。 ※写真は入荷時の見本品です。 18年4月24日に撮影に入荷。 季節によって状態は変化します。184d ★使用用途 地植え、花壇、品種、花苗、など ※送料はSサイズ(648円~)です。 (商品ページ下部の送料表を参照) ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花アジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。 よって、すぐに植え替えることをお勧めします。また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状...

【早期予約品】アジサイ(紫陽花・あじさい) 華あられ 5号苗【18年入荷株】★発送日でお選びください。

千草園芸

5,400

【早期予約品】アジサイ(紫陽花・あじさい) 華あられ 5号苗【18年入荷株】★発送日でお選びください。

写真は見本品です。 こちらの商品は、4月後半~5月上旬に一番きれいな状態になるように生育されたアジサイです。 一番良い状態で入荷いたしますので、すぐに発送させていただくことで、 良い状態でお楽しみいただくことができます。 上記の理由から発送日が決まっている商品となりますので、発送日の変更は一切行っておりません。 ご了承いただきますようお願いいたします。 母の日前は、運送会社が大変混雑いたします。 基本的には最短で到着するよう努めておりますが、 遅延等が発生する場合がございます。ご理解の程よろしくお願いいたします。 写真は17年6月27日に入荷時の物です。 植物の状態は季節によって変化いたします。 送料はmサイズです。(ページ下の送料表をご参照ください。) ◆濃いピンク(赤に近い)花弁が小ぶりでかわいらしい。「ポップコーン」に近い紫陽花 新品種 長くお花を楽しんでいただくための管理方法と、翌年も美しく花を咲かせる栽培方法を書いた説明書をお付けします。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから...

花木 庭木の苗/モチツツジ:花火4号ポット

園芸ネット プラス

744

花木 庭木の苗/モチツツジ:花火4号ポット

ハナビ 花弁が細い切り弁咲き花木 庭木の苗/モチツツジ:花火4号ポットモチツツジ系の品種で花火はその名の通り、細長い花弁で咲いた姿はまるで花火のよう。明るい桃色花で華やかな印象です。庭植えやコンテナで寄せ植えなどの花木として。強健で育てやすい花木なので、毎年花を咲かせ、和洋いずれの庭にもマッチします。タイプ:耐寒性常緑低木樹高:約1m開花期:4~5月栽培適地:日本全国(沖縄を除く)植え付け適期:9~11月、2~4月栽培方法日当たり、水はけのよい場所に腐葉土をたっぷり施して植えてください。やや盛り土気味に植え付け、根元はピートモスなどで覆って乾燥防止してください。剪定は可能ですが、自然樹形のままのほうがきれいにまとまります。花芽分化は7~8月なので、この頃以降はなるべく枝を切らないようにしてください。肥料は、1~3月に寒肥として根元に腐葉土などを施し、花後の5月、7月下旬から8月上旬、10月にそれぞれ追肥として緩効性化成肥料を施してください。高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日が強くあたる場所はさけてください。お届けする苗は4号(直径12cm)ポット入り、樹高約20~30cmです。樹高につきましては入荷時期により多少変動する場合があります。写真は成長時(開花時)のイメージです。4月以降は開花後のお届けとなる場合がございます。モチツツジ:花火4号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

イロハモミジ小苗 3.5号苗 (a7)r

千草園芸

594

イロハモミジ小苗 3.5号苗 (a7)r

17年9月12日入荷。植物の状態は季節により変化いたします。179b 送料はSサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)モミジ(紅葉)カエデ(楓) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum 【別名】カエデ、イロハモミジ、タカオカエデ 【語源】葉がカエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれ、それが変化したようです。 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】10~15m 【開花期】4月~5月 一般的にモミジとカエデの呼び分けは、カエデ属の中で紅葉の美しいものをモミジと呼んでいるそうです。 また、葉と葉の切れ込みの間が深い方がモミジで、葉と葉の切れ込みが浅い方がカエデと区別されることもあるようで、はっきりした基準はありません。 園芸品種は約300種類あると言われ、非常に多いです。 大きく分け「ヤマモミジ」「イロハモミジ」「オオモミジ」の3種があります。 しかし、それらの中にも色々な品種(原種)があり、それらの原種のほかにも多くの園芸品種(選抜品種や改良品種)もあります。 上の左が春野芽出し時、右が夏の状態です。 モミジの分類は地方変異が大きい、学者によって意見が異なるなど、非常にむずかしいようで「ヤマモミジ」と「イロハモミジ」は混同して扱われている事が多いので当方でも区別することなく、取り扱っております。 下は滋賀県湖東三山のひとつ金剛輪寺のヤマモミジ2015.11.29 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので、一日中日の当たる場所は避けたほうが良いでしょう。 夏に乾燥させると葉の周りが枯れ込んだり...

アジサイ HBAティファニ- 5号苗

千草園芸

3,024

アジサイ HBAティファニ- 5号苗

※写真は見本品です。 18年3月30日現在は芽が出始めた状態です。。 酸度によって花色は変化します。 ★使用用途 鉢植え、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など ※送料はSサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照) ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ■アジサイの状態による販売分け 当店では...

【18年入荷株】アジサイ ハワイアンジュピター(ブルー) 5号

千草園芸

3,456

【18年入荷株】アジサイ ハワイアンジュピター(ブルー) 5号

※写真は見本品です。 写真は18年4月13日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。184b ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずで...

アジサイ(紫陽花・あじさい) マーレ 5号【18年入荷株】

千草園芸

3,024

アジサイ(紫陽花・あじさい) マーレ 5号【18年入荷株】

18年4月3日に入荷しました。 季節によって状態は変化します。184a 同梱可能数4 ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。 専用肥料はこちらをご覧ください。 またご自宅用のアジサイはこちらになります。 木/の状態は季節により変化いたします。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので...

アジサイ 三河千鳥(ミカワチドリ)ピンク 5号 「18年入荷株」

千草園芸

2,484

アジサイ 三河千鳥(ミカワチドリ)ピンク 5号 「18年入荷株」

写真は見本品です。18年4月20日入荷。木の状態は季節により変化いたします。184c 送料 648より(運送会社により異なります。) 備考 写真は見本の商品です。アジサイ 学名・Hydrangea 属名はラテン語で、水「hydor」と、容器「angeion」を結び合わせたラテン語からきています。 分類 ユキノシタ科 アジサイ属 原産 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 (栽培) :早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。ですから、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 アジサイ 三河千鳥 学名・Hydrangea'Mikawa-chidori' 装飾花は無く、両性化のガク片が大きくなった花で、咲き進むとガク片が垂れ下がり千鳥を連想させることから名づけられました。 静岡春野町旧家で畑で見つけられたものですが、以前の来歴は不明とされています。 てまり型で、ポップコーンのような両性花のガク片は小振...

椿(ツバキ)おひなさま 4号苗

千草園芸

1,296

椿(ツバキ)おひなさま 4号苗

※写真は見本品です。 写真は18年1月12日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 181a 送料はM サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺す...

アジサイ(紫陽花・あじさい) ポップコーン ピンク  5号【18年入荷株】

千草園芸

2,592

アジサイ(紫陽花・あじさい) ポップコーン ピンク 5号【18年入荷株】

18年4月13日に入荷しました。 状態は季節によって変化いたします。184b 送料はmサイズです。(ページ下の送料表をご確認ください。) ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。 専用肥料はこちらをご覧ください。 またご自宅用のアジサイはこちらになります。 木/の状態は季節により変化いたします。アジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。...

アジサイ(紫陽花・あじさい) ディープパープル 5号 【18年入荷株】

千草園芸

4,536

アジサイ(紫陽花・あじさい) ディープパープル 5号 【18年入荷株】

※写真は見本品です。 写真は18年4月3日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。184a-u ※送料はMサイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照) ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。...

ピラミッドアジサイ リトルライム 5号苗(a3)

千草園芸

2,700

ピラミッドアジサイ リトルライム 5号苗(a3)

※写真は開花時の見本品です。4月22日現在まだ花は咲いておりません。 写真は17年10月13日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1710b ※送料はMサイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照)ノリウツギ(糊空木・ピラミッドアジサイ) 分類: アジサイ科アジサイ属の落葉低木 学名: Hydrangea paniculata 原産: 北海道、本州、四国、九州、千島から樺太、中国 開花期: 7月~9月 樹高: 2~5m 栽培敵地: 日本全国 ノリウツギは全国の山地に分布する落葉低木ですが、軸を長く伸ばして他の木により掛かり、つる植物のようにも見えます。 花期は7月から9月で、小さな両性花が円錐状に多数つき、その中に花弁4枚の装飾花をつけます。 基本種は一重ですが、園芸品種の改良元になり、数多くの園芸種が作られています。 和名は樹液を和紙をすくときの糊に利用したことからつれられたものです。 ピラミッドアジサイ ライムライト 学名: Hydrangea paniculata `Limelight' 「ピラミッドアジサイ ミナズキ」と似ていますが、 名前のとうり、咲き始めはきれいなライムグリーンです。 花の色はライムグリーンから次第にクリーム色に変わり、色の変化が楽しめます。 肥料は好みますから路地植えにするか鉢植えで管理する場合は大きい鉢に植え替えをして肥料を与えておく事が大切です。 耐寒性の強いアジサイですからよほどの寒地以外での路地植えが出来ます。 ノリウツギ リトルライム ノリウツギ"ライムライト"のワイ性品種です。 グリーンから咲き始めた花は、白く開花し、夏にはソフトグリーンに、秋にはピンクからワイン色へと変化します。

椿(ツバキ) 玉之浦(タマノウラ)1.2mポット苗

千草園芸

2,646

椿(ツバキ) 玉之浦(タマノウラ)1.2mポット苗

写真は16年11月10日。 季節によって状態は変化します。1611b-u 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 花期:1月~4月ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことがで...

ギボウシ リトルオーロラ 4号苗(e15)

千草園芸

864

ギボウシ リトルオーロラ 4号苗(e15)

18年4月3日に入荷しました。木の状態は季節により変化いたします。184a 花の写真は6月上旬のものです。 冬場は地上部がない状態でのお届けとなります。 送料 648より(運送会社により異なります。) 1個の荷物で送れる数量 8個 同送可能商品 5号苗の場合は約3個 備考 写真は見本品です ※上記用土1個と肥料1個及び同サイズの花苗約15個までは同じ送料で同梱できます。 (九州~東北まではヤマト以外で648円です。)ギボウシ (分類)リュウゼツラン科ギボウシ属の宿根草 (学名)Hosta sieboldiana (原産)北海道、本州、四国、九州 (別名)トウギボウシ、ハヤザキオオバギボウシ、ウノハナギボウシ、ウツリギボウシ、アツバギボウシ (開花期)7~8月 (利用)庭の下草、鉢植え、生け花、春の新芽を山菜として食用します。 春の5月ころから芽を出して葉を展開し7~8月に花を咲かせ、11月ころには葉が枯れて3月ころまでは休眠期になります。 庭の片隅にきれいな葉を茂らせる丈夫な宿根草です。 日当たりでも日陰でも良く育ち、若葉はウルイと呼ばれ、山菜として利用されます。 ギボウシの育て方 (春の管理) 日当たりや日陰でも適応する植物で肥沃な用土を好みます。株は良く育ちますので、余り大きくなるとスコップなどでグサッと切って株分けをします。 鉢植えでは根詰まりしやすいのでその場合は植え替えを行います。季節は晩秋から春まで可能です。葉が出てからの植え替えも株分けもできる丈夫さです。 (夏の管理) 日当たりでは葉やけを起こすことがありますので、鉢植えでは日陰に置きます。 特に管理は必要ありません。ただ、斑入り葉などは夏なると春の色とは違ったものになります。 (秋の管理) 夏の後半から秋にかけて薄紫(基本種)の花を咲かせます...

花木 庭木の苗/アジサイ:アナベル4号ポット5株セット

園芸ネット プラス

5,437

花木 庭木の苗/アジサイ:アナベル4号ポット5株セット

花木 庭木の苗/アジサイ:アナベル4号ポット5株セットお得なまとめ植え5株セットです。直立した繊細な茎に大きな手毬状になる真っ白な花が美しい注目品種。一つ一つの花は小さいのですが、全体では直径25cmもの大きな花となり見ごたえがあります。花色は咲き進むにつれ、淡いグリーンに変わっていきます。ハイドランジア(西洋アジサイ)の中でも耐寒性が強い品種です。日向を好みますが、半日陰にも植えられます。庭植え、大きな鉢やコンテナ植えでお楽しみください。タイプ:ユキノシタ科の耐寒性落葉低木植付け適期:2月~4月、7月~9月開花期:6~7月樹高:約1.5m日照:日向~半日陰向き栽培方法:日当たりと水はけのよい、肥えた土を好みます。真夏の直射日光には日よけをしてあげてください。花の後、8月の終わりごろまでには、新芽のついた節のすぐ上を剪定します。また、ほかのアジサイとは異なり今年伸びた枝に花芽をつけるので、春先に前年枝を強く剪定しても大丈夫です。冬越しがラクなタイプで、室内に取り込む必要はありません。落葉後は軒下に移動したり、寒冷紗をかぶせておけば安心です。庭木としても鉢植えでも楽しめますが、鉢植えの場合は水切れに注意しましょう。乾燥しすぎると翌年の花が咲かないことがあります。花がらは秋口まで楽しめます。秋には剪定して樹勢を保ってください。お届けする苗は4号(直径12cm)ポット入りの苗です。樹高はお届け時期により変動します。お届け時期や苗の生育状況により翌年からの開花となる場合があります。夏~秋は花後の状態や、葉に多少の虫食いがあったり、葉が汚い場合があります。また剪定後となる場合があります。冬季は落葉状態でのお届けです。写真は成長・開花時のイメージです。アジサイ:アナベル4号ポット5株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態についてアジサイの花色調整

カラタチ 苗 香のけむり (コウノケムリ) 雲竜型 ポット苗 柑橘類 枳殻 からたち キコク

花ひろばオンライン

2,786

カラタチ 苗 香のけむり (コウノケムリ) 雲竜型 ポット苗 柑橘類 枳殻 からたち キコク

花ひろばオンラインの配送料金についてこちらの商品の送料区分は・・・小梱包です。(80サイズ ) この商品の1梱包に収まる 同梱可能本数は・・・ 9 本 まで。 10本以上 のご注文の場合、送料は 複数梱包 になります。 こちらの商品のまとめ買い時の送料は上記本数でも1本でも同じです。 ※当店の配送料金は1箱 (1梱包あたり) 単位になります。他の商品と複数ごこ購入の際は、商品それぞれに同梱可能本数を設けておりますので、購入時の送料とご請求時の送料が異なる場合がございますので、詳しくはご注文後、当店からの「受付確認メール」を必ずご確認くださいませ。送料についてはこちら同梱可能本数の目安(一覧)はこちらご注文からお届けまでの流れはこちら お届けする商品について 商品について 苗木はポット苗です。ポット部分を含めて約0.1m前後くらい。基本的に花も果実も付いていません。植えるときはビニールポットを外して植えてください。 こちらの苗は鉢植え栽培も可能です。 柑橘類の木の育て方 苗木の性質 家庭果樹の入門として、おすすめ、人気果樹です。 秋から6月頃まで販売しております苗木は、冬の低温時期は休眠期になり、ほとんど生長がありません。 1~3月頃にお求めの苗木は、植え付け後も冬の寒さで徐々に落葉したりしてます。 春になってから新芽を出すために、接木時点からついていたような古い葉を樹が自ら落として、株の負担を減らそうとしている生理現象です。 葉がすべて落ちて丸坊主になったとしても、株に力があれば、芽が吹き育ちますので、心配をかけますが、見守ってやってください。その時期は水は控えめに管理し、土が乾いてからたっぷり与えます。 柚子の事例ですが、冬に葉を落としましたが春に花はバンバン咲いています。 柑橘類は葉を落葉させると、...

アジサイ(紫陽花・あじさい)伊豆物語(イズモノガタリ)5号鉢【18年入荷株】

千草園芸

3,564

アジサイ(紫陽花・あじさい)伊豆物語(イズモノガタリ)5号鉢【18年入荷株】

写真は18年4月20日に撮影しました。 状態は季節によって変化いたします。184c 写真は見本品です。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ■アジサイの状態による販売分け 当店では、アジサイの状態ごとに分けて販売しております。 購入される前には、アジサイの状態一覧表(下表)を参考にしてください。 【アジサイの状態一覧表】 【入荷株】 【秋色】 【花痛み】 【花終わり(春)】 【花終わり(夏)】 【花終わり(冬)...

アジサイ(紫陽花・あじさい)  雨に唄えば(ピンク) 4号【18年入荷株】

千草園芸

1,080

アジサイ(紫陽花・あじさい) 雨に唄えば(ピンク) 4号【18年入荷株】

※写真は見本品です。 写真は18年4月17日に撮影しました。季節によって状態は変化します。184c ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 ★使用用途 鉢植え、地植え、花苗(花壇、寄せ植え)、など ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してくだ...

【5本セット】 アジサイ(白) 樹高0.3m前後 15cmポット 白花 シロ あじさい 紫陽花 西洋アジサイ 苗木 植木 苗 庭木 生け垣 花を楽しむ木 初夏に花を咲かせる植木特集

植木通販 季の香

2,880

【5本セット】 アジサイ(白) 樹高0.3m前後 15cmポット 白花 シロ あじさい 紫陽花 西洋アジサイ 苗木 植木 苗 庭木 生け垣 花を楽しむ木 初夏に花を咲かせる植木特集

【送料について】九州・中国:1,500円関西・四国:1,590円中部・北陸:1,590円関東・信越:1,690円東 北:2,300円北海道:2,600円沖縄:2,800円【お届けについて】ゆうパックまたはヤマト運輸での発送となります。ご注文を頂きましてから、2~3営業日での発送となります。休業日が重なる場合は出荷までお時間を頂く場合がございます。予めご理解の程宜しくお願い致します。発送後、お届けまでの日数は下記をご確認ください。九州・中国・関西・四国・中部発送日+1日北陸・関東・信越・東 北・北海道・沖縄発送日+2日【商品詳細】サイズ: 樹高0.3m前後セット数: 5本花を楽しむ木 花を楽しむ木初夏に花を咲かせる植木特集 全国有数の植木の里「福岡県田主丸町」から、植木の産地ならではの、自慢の商品をお届け致します。 激安 安い お得 アジサイ(白)(5本セット) 樹高0.3m前後 15cmポット 白花 シロ あじさい 紫陽花 西洋アジサイ 苗木 植木 苗 庭木 生け垣 アジサイ(白)(5本セット) 樹高0.3m前後 15cmポット 白花 シロ あじさい 紫陽花 西洋アジサイ 苗木 植木 苗 庭木 生け垣●楽しみ・特徴鑑賞ポイント・特徴白色の花がきれい、洋風・和風・自然風な庭に合わせやすい花つき開花期 5-7月ごろ花色 白実なり10-11月ごろ葉葉色 緑葉の形 広い樹形樹形 広がる最終樹高 2m程度用途中低木シンボルツリー、並木、など●育て方・性質など性質常緑低木適応地域東北~九州耐寒性強い成長速度0.2m/年※環境により異なります日当たり日向~半日陰を好む推奨植え付け間隔40cm以上この商品はお得なセット商品がございますアジサイ(白) 樹高0.3m前後 15cmポット…¥880【5本セット】 アジサイ(白) 樹高0.3m前後…¥2...

【5本セット】 アジサイ(赤) 樹高0.3m前後 15cmポット 赤花 アカ あじさい 紫陽花 西洋アジサイ 苗木 植木 苗 庭木 生け垣 花を楽しむ木 初夏に花を咲かせる植木特集

全2商品

2,880

【5本セット】 アジサイ(赤) 樹高0.3m前後 15cmポット 赤花 アカ あじさい 紫陽花 西洋アジサイ 苗木 植木 苗 庭木 生け垣 花を楽しむ木 初夏に花を咲かせる植木特集

【送料について】九州・中国:1,500円関西・四国:1,590円中部・北陸:1,590円関東・信越:1,690円東 北:2,300円北海道:2,600円沖縄:2,800円【お届けについて】ヤマト運輸での発送となります。ご注文を頂きましてから、2~3営業日での発送となります。休業日が重なる場合は出荷までお時間を頂く場合がございます。予めご理解の程宜しくお願い致します。発送後、お届けまでの日数は下記をご確認ください。九州・中国・関西・四国・中部発送日+1日北陸・関東・信越・東 北・北海道・沖縄発送日+2日●楽しみ・特徴鑑賞ポイント・特徴赤色の花がきれい、洋風・和風・自然風な庭に合わせやすい花つき開花期 5-7月ごろ花色 赤色実なり10-11月ごろ葉葉色 緑葉の形 広い樹形樹形 広がる最終樹高 2m程度用途中低木シンボルツリー、並木、など●育て方・性質など性質常緑低木適応地域東北~九州耐寒性強い成長速度0.2m/年※環境により異なります日当たり日向~半日陰を好む推奨植え付け間隔40cm以上この商品はお得なセット商品がございますアジサイ(赤) 樹高0.3m前後 15cmポット…¥880【5本セット】 アジサイ(赤) 樹高0.3m前後…¥2,880■送料無料■【10本セット】 アジサイ(赤) 樹…¥6,680■送料無料■【15本セット】 アジサイ(赤) 樹…¥10,380■送料無料■【20本セット】 アジサイ(赤) 樹…¥12,880他のサイズ、種類をもっと見る

【5本セット】 アジサイ(白) 樹高0.3m前後 15cmポット 白花 シロ あじさい 紫陽花 西洋アジサイ 苗木 植木 苗 庭木 生け垣 花を楽しむ木 初夏に花を咲かせる植木特集

KINOKA green life

2,880

【5本セット】 アジサイ(白) 樹高0.3m前後 15cmポット 白花 シロ あじさい 紫陽花 西洋アジサイ 苗木 植木 苗 庭木 生け垣 花を楽しむ木 初夏に花を咲かせる植木特集

【送料について】九州・中国:1,500円関西・四国:1,590円中部・北陸:1,590円関東・信越:1,690円東 北:2,300円北海道:2,600円沖縄:2,800円【お届けについて】ヤマト運輸での発送となります。ご注文を頂きましてから、2~3営業日での発送となります。休業日が重なる場合は出荷までお時間を頂く場合がございます。予めご理解の程宜しくお願い致します。発送後、お届けまでの日数は下記をご確認ください。九州・中国・関西・四国・中部発送日+1日北陸・関東・信越・東 北・北海道・沖縄発送日+2日●楽しみ・特徴鑑賞ポイント・特徴白色の花がきれい、洋風・和風・自然風な庭に合わせやすい花つき開花期 5-7月ごろ花色 白実なり10-11月ごろ葉葉色 緑葉の形 広い樹形樹形 広がる最終樹高 2m程度用途中低木シンボルツリー、並木、など●育て方・性質など性質常緑低木適応地域東北~九州耐寒性強い成長速度0.2m/年※環境により異なります日当たり日向~半日陰を好む推奨植え付け間隔40cm以上この商品はお得なセット商品がございますアジサイ(白) 樹高0.3m前後 15cmポット…¥880【5本セット】 アジサイ(白) 樹高0.3m前後…¥2,880■送料無料■【10本セット】 アジサイ(白) 樹…¥6,680■送料無料■【15本セット】 アジサイ(白) 樹…¥10,380■送料無料■【20本セット】 アジサイ(白) 樹…¥12,880他のサイズ、種類をもっと見る

【5本セット】 アジサイ(青) 樹高0.3m前後 15cmポット 青花 アオ あじさい 紫陽花 西洋アジサイ 苗木 植木 苗 庭木 生け垣 花を楽しむ木 初夏に花を咲かせる植木特集

植木通販 季の香

2,880

【5本セット】 アジサイ(青) 樹高0.3m前後 15cmポット 青花 アオ あじさい 紫陽花 西洋アジサイ 苗木 植木 苗 庭木 生け垣 花を楽しむ木 初夏に花を咲かせる植木特集

【送料について】九州・中国:1,500円関西・四国:1,590円中部・北陸:1,590円関東・信越:1,690円東 北:2,300円北海道:2,600円沖縄:2,800円【お届けについて】ゆうパックまたはヤマト運輸での発送となります。ご注文を頂きましてから、2~3営業日での発送となります。休業日が重なる場合は出荷までお時間を頂く場合がございます。予めご理解の程宜しくお願い致します。発送後、お届けまでの日数は下記をご確認ください。九州・中国・関西・四国・中部発送日+1日北陸・関東・信越・東 北・北海道・沖縄発送日+2日【商品詳細】サイズ: 樹高0.3m前後セット数: 5本花を楽しむ木 花を楽しむ木初夏に花を咲かせる植木特集 全国有数の植木の里「福岡県田主丸町」から、植木の産地ならではの、自慢の商品をお届け致します。 激安 安い お得 アジサイ(青)(5本セット) 樹高0.3m前後 15cmポット 青花 アオ あじさい 紫陽花 西洋アジサイ 苗木 植木 苗 庭木 生け垣 アジサイ(青)(5本セット) 樹高0.3m前後 15cmポット 青花 アオ あじさい 紫陽花 西洋アジサイ 苗木 植木 苗 庭木 生け垣●楽しみ・特徴鑑賞ポイント・特徴青色の花がきれい、洋風・和風・自然風な庭に合わせやすい花つき開花期 5-7月ごろ花色 青色実なり10-11月ごろ葉葉色 緑葉の形 広い樹形樹形 広がる最終樹高 2m程度用途中低木シンボルツリー、並木、など●育て方・性質など性質常緑低木適応地域東北~九州耐寒性強い成長速度0.2m/年※環境により異なります日当たり日向~半日陰を好む推奨植え付け間隔40cm以上この商品はお得なセット商品がございますアジサイ(青) 樹高0.3m前後 15cmポット…¥880【5本セット】 アジサイ(青) 樹高0.3m前後…¥2...

アジサイ 樹高0.3m前後 15cmポット 造園用 あじさい 紫陽花 西洋アジサイ 苗木 植木 苗 庭木 生け垣 花を楽しむ木 初夏に花を咲かせる植木特集(お得なセット販売もございます)

植木通販 季の香

880

アジサイ 樹高0.3m前後 15cmポット 造園用 あじさい 紫陽花 西洋アジサイ 苗木 植木 苗 庭木 生け垣 花を楽しむ木 初夏に花を咲かせる植木特集(お得なセット販売もございます)

【送料について】九州・中国:1,500円関西・四国:1,590円中部・北陸:1,590円関東・信越:1,690円東 北:2,300円北海道:2,600円沖縄:2,800円【お届けについて】ゆうパックまたはヤマト運輸での発送となります。ご注文を頂きましてから、2~3営業日での発送となります。休業日が重なる場合は出荷までお時間を頂く場合がございます。予めご理解の程宜しくお願い致します。発送後、お届けまでの日数は下記をご確認ください。九州・中国・関西・四国・中部発送日+1日北陸・関東・信越・東 北・北海道・沖縄発送日+2日【商品詳細】サイズ: 樹高0.3m前後花を楽しむ木 花を楽しむ木初夏に花を咲かせる植木特集 全国有数の植木の里「福岡県田主丸町」から、植木の産地ならではの、自慢の商品をお届け致します。 激安 安い お得 アジサイ 樹高0.3m前後 15cmポット 造園用 あじさい 紫陽花 西洋アジサイ 苗木 植木 苗 庭木 生け垣 アジサイ 樹高0.3m前後 15cmポット 造園用 あじさい 紫陽花 西洋アジサイ 苗木 植木 苗 庭木 生け垣●楽しみ・特徴鑑賞ポイント・特徴白・赤・青色の花がきれい、洋風・和風・自然風な庭に合わせやすい花つき開花期 5-7月ごろ花色 白・赤・青実なり10-11月ごろ葉葉色 緑葉の形 広い樹形樹形 広がる最終樹高 2m程度用途中低木シンボルツリー、並木、など●育て方・性質など性質常緑低木適応地域東北~九州耐寒性強い成長速度0.2m/年※環境により異なります日当たり日向~半日陰を好む推奨植え付け間隔40cm以上この商品はお得なセット商品がございますアジサイ 樹高0.3m前後 15cmポット 造園…¥880【5本セット】 アジサイ 樹高0.3m前後 15…¥2,880■送料無料■【10本セット】 アジサイ...

椿(ツバキ)寒紅華(カンコウカ) 4号苗(g10)

千草園芸

1,296

椿(ツバキ)寒紅華(カンコウカ) 4号苗(g10)

※写真は見本品です。 花の写真はラベルです。 実際の色とラベルの色が 多少異なる場合がございます。 18年2月22日に入荷しました。 木の状態は季節によって変化いたします 182d ●寒紅華(カンコウカ) 花は、紅色、八重~唐子咲き、中輪。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害し...

椿(ツバキ)プリンセス雅子(プリンセスマサコ) 4号苗(g6)

千草園芸

864

椿(ツバキ)プリンセス雅子(プリンセスマサコ) 4号苗(g6)

18年2月16日に入荷しました。木の状態は季節により変化いたします。182cツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります。...

人気の花・ガーデニング用品の隅田の花火、発売中!当社自慢の一品を比較して下さい!素敵な庭を演出する花・ガーデニング用品。ガーデニングが素敵になる隅田の花火が見つかる!素敵なお庭作りに必須なアイテムをそろえましょう♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、花・ガーデニング用品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい花・ガーデニング用品が充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「隅田の花火」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ