「斑入り葉」 の検索結果 823件

湿地性植物:斑入りミズバショウ(斑入り水芭蕉) 10.5cmポット苗【紫桜館山の花屋】

Amazon

1,426

湿地性植物:斑入りミズバショウ(斑入り水芭蕉) 10.5cmポット苗【紫桜館山の花屋】

●商品規格:10.5cmポット今季花芽無し苗定植後1年後の開花見込株です●商品説明花後に芭蕉に似た葉を出すことからこの名前がつきました。春に雪解け水の中に咲いている群生は見事。さらに、春から秋まで葉に模様が入るため長く楽しめるのも魅力です。場所を選べば、栽培は容易な植物です。春に花を咲かせた後は急激に葉が大きく広がります。このことを考慮したうえで植える場所(管理場所)を選ぶことをお勧めします。【担当スタッフからアドバイス】寒冷地でしか育たないと思われがちですが、九州阿蘇山麓や岡山県などでも根付き花を咲かせていると購入いただいたお客様より報告を受けております。植え付けは早春3月頃~ゴールデンウィークあたりまでが適期です。こちらの苗は種から栽培しているため、開花まで年月はかかりますが根がしっかり回っていておすすめです。●科名・特性サトイモ科ミズバショウ属 湿地性多年草●開花時期4~5月●育て方庭植え(土植え)をお勧めします。明るい半日陰の湿った場所に植えます。湿気のある川辺、湧水の上、池のほとりなどが理想です。なるべく涼しい場所を選びましょう。水芭蕉は、苗が自分で土の中にもぐったり出てきたりします。

【山野草】ふいり ツキヌキホトトギス(ツキヌキ杜鵑)#2【斑入り】鉢底から 約25cm 幅 約30cm×約12cm

三九屋 楽天市場店

1,080

【山野草】ふいり ツキヌキホトトギス(ツキヌキ杜鵑)#2【斑入り】鉢底から 約25cm 幅 約30cm×約12cm

【斑入り】 斑入り(ふいり)とはもともと同一色であるべき組織が2種以上の違った色に見える場合をいいます。 葉・茎・花弁などいずれの器官でもみられますが、葉に多いです。 斑色は葉緑素の度合いにより変化しますが、葉緑素は植物の光合成に必須の材料ですから、 斑入り植物は元の植物と比べると光合成能力が低下するため、当然のことながらあまり丈夫ではありません。 しかし斑入りはその美しさから、古くより錦葉とも称され観賞用として珍重されてきました。 是非、キレイで見応えのある斑入り山野草をお手元でご観賞くださいませ。 【科目】 ・ユリ科ホトトギス属 【花期】 ・9月~11月 (成長途中でまだ花がつかない物もありますが、成長すると花はつきますので それまでは斑入り葉【錦葉】をご堪能ください) ※私個人は斑入り葉【錦葉】目的で収集しています 【分布】 ・鹿児島県の大隅半島に分布 【特徴】 ・日本固有種。準絶滅危惧に登録されている。 葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。葉のつけ根の部分は茎を抱く。 茎先や葉の脇に淡い黄色の花を上向きにつける。 ※植物ですので、時間経過で草木姿が変化する場合もございます。 事情により、掲載写真と同一商品を用意できない場合は、 近い状態の商品を発送させていただきますので、予めご了承下さい。【山野草】ふいり ツキヌキホトトギス(ツキヌキ杜鵑)#2【斑入り】鉢底から 約25cm 幅 約30cm×約12cm 2017年5月13日撮影 【斑入り】斑入り(ふいり)とはもともと同一色であるべき組織が2種以上の違った色に見える場合をいいます。葉・茎・花弁などいずれの器官でもみられますが、葉に多いです。斑色は葉緑素の度合いにより変化しますが、葉緑素は植物の光合成に必須の材料ですから、斑入り植物は元の植物と比べると光合成能力が低下するため...

【山野草】ふいり アジサイ(紫陽花)【斑入り】#10 鉢底から 約22cm 幅 約22cm×約20cm

三九屋 楽天市場店

1,280

【山野草】ふいり アジサイ(紫陽花)【斑入り】#10 鉢底から 約22cm 幅 約22cm×約20cm

【斑入り】 斑入り(ふいり)とはもともと同一色であるべき組織が2種以上の違った色に見える場合をいいます。 葉・茎・花弁などいずれの器官でもみられますが、葉に多いです。 斑色は葉緑素の度合いにより変化しますが、葉緑素は植物の光合成に必須の材料ですから、 斑入り植物は元の植物と比べると光合成能力が低下するため、当然のことながらあまり丈夫ではありません。 しかし斑入りはその美しさから、古くより錦葉とも称され観賞用として珍重されてきました。 是非、キレイで見応えのある斑入り山野草をお手元でご観賞くださいませ。 【科目】 ・ユキノシタ科アジサイ属 【花期】 ・6月~7月 (成長途中でまだ花がつかない物もありますが、成長すると花はつきますので それまでは斑入り葉【錦葉】をご堪能ください) ※私個人は斑入り葉【錦葉】目的で収集しています 【特徴】 ・葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。 一般に花と言われている部分は装飾花で、花びらのように見えるのは萼である。 花の色は紫、ピンク、青、白などいろいろある。 咲き始めは薄く、咲き終わりに近づくにつれて濃くなっていくので、七変化(シチヘンゲ)とも呼ばれている。 ※植物ですので、時間経過で草木姿が変化する場合もございます。 事情により、掲載写真と同一商品を用意できない場合は、 近い状態の商品を発送させていただきますので、予めご了承下さい。【山野草】ふいり アジサイ(紫陽花)【斑入り】#10 鉢底から 約22cm 幅 約22cm×約20cm 2017年5月13日撮影 2

【山野草】ふいり モミジガサ(紅葉傘)【斑入り】#2 鉢底から 約15cm 幅 約15cm×約12cm

三九屋 楽天市場店

1,930

【山野草】ふいり モミジガサ(紅葉傘)【斑入り】#2 鉢底から 約15cm 幅 約15cm×約12cm

【斑入り】 斑入り(ふいり)とはもともと同一色であるべき組織が2種以上の違った色に見える場合をいいます。 葉・茎・花弁などいずれの器官でもみられますが、葉に多いです。 斑色は葉緑素の度合いにより変化しますが、葉緑素は植物の光合成に必須の材料ですから、 斑入り植物は元の植物と比べると光合成能力が低下するため、当然のことながらあまり丈夫ではありません。 しかし斑入りはその美しさから、古くより錦葉とも称され観賞用として珍重されてきました。 是非、キレイで見応えのある斑入り山野草をお手元でご観賞くださいませ。 【科目】 ・キク科コウモリソウ属 【花期】 ・8月~9月 (成長途中でまだ花がつかない物もありますが、成長すると花はつきますので それまでは斑入り葉【錦葉】をご堪能ください) ※私個人は斑入り葉【錦葉】目的で収集しています 【分布】 ・北海道の南部から九州にかけて分布 【特徴】 ・葉は柄が長く、手のひら状に5つから7つに裂ける。 葉は互い違いに生える(互生)。 その形が紅葉に似ていて、若葉はコウモリガサをつぼめたような格好に見えることが名の由来。 茎先に細い円錐花序を出し、白い花をつけます。 ※植物ですので、時間経過で草木姿が変化する場合もございます。 事情により、掲載写真と同一商品を用意できない場合は、 近い状態の商品を発送させていただきますので、予めご了承下さい。【山野草】ふいり モミジガサ(紅葉傘)【斑入り】#2 鉢底から 約15cm 幅 約15cm×約12cm 2017年5月1日撮影 2

【山野草】ふいり モミジガサ(紅葉傘)【斑入り】#3 鉢底から 約15cm 幅 約15cm×約12cm

三九屋 楽天市場店

1,680

【山野草】ふいり モミジガサ(紅葉傘)【斑入り】#3 鉢底から 約15cm 幅 約15cm×約12cm

【斑入り】 斑入り(ふいり)とはもともと同一色であるべき組織が2種以上の違った色に見える場合をいいます。 葉・茎・花弁などいずれの器官でもみられますが、葉に多いです。 斑色は葉緑素の度合いにより変化しますが、葉緑素は植物の光合成に必須の材料ですから、 斑入り植物は元の植物と比べると光合成能力が低下するため、当然のことながらあまり丈夫ではありません。 しかし斑入りはその美しさから、古くより錦葉とも称され観賞用として珍重されてきました。 是非、キレイで見応えのある斑入り山野草をお手元でご観賞くださいませ。 【科目】 ・キク科コウモリソウ属 【花期】 ・8月~9月 (成長途中でまだ花がつかない物もありますが、成長すると花はつきますので それまでは斑入り葉【錦葉】をご堪能ください) ※私個人は斑入り葉【錦葉】目的で収集しています 【分布】 ・北海道の南部から九州にかけて分布 【特徴】 ・葉は柄が長く、手のひら状に5つから7つに裂ける。 葉は互い違いに生える(互生)。 その形が紅葉に似ていて、若葉はコウモリガサをつぼめたような格好に見えることが名の由来。 茎先に細い円錐花序を出し、白い花をつけます。 ※植物ですので、時間経過で草木姿が変化する場合もございます。 事情により、掲載写真と同一商品を用意できない場合は、 近い状態の商品を発送させていただきますので、予めご了承下さい。【山野草】ふいり モミジガサ(紅葉傘)【斑入り】#3 鉢底から 約15cm 幅 約15cm×約12cm 2017年5月1日撮影 2

【山野草】ふいり シラン(紫蘭)【斑入り】#1 鉢底から 約45cm 幅 約30cm×約25cm

三九屋 楽天市場店

2,500

【山野草】ふいり シラン(紫蘭)【斑入り】#1 鉢底から 約45cm 幅 約30cm×約25cm

【斑入り】 斑入り(ふいり)とはもともと同一色であるべき組織が2種以上の違った色に見える場合をいいます。 葉・茎・花弁などいずれの器官でもみられますが、葉に多いです。 斑色は葉緑素の度合いにより変化しますが、葉緑素は植物の光合成に必須の材料ですから、 斑入り植物は元の植物と比べると光合成能力が低下するため、当然のことながらあまり丈夫ではありません。 しかし斑入りはその美しさから、古くより錦葉とも称され観賞用として珍重されてきました。 是非、キレイで見応えのある斑入り山野草をお手元でご観賞くださいませ。 【科目】 ・ラン科シラン属 【花期】 ・5月~6月 (成長途中でまだ花がつかない物もありますが、成長すると花はつきますので それまでは斑入り葉【錦葉】をご堪能ください) ※私個人は斑入り葉【錦葉】目的で収集しています 【分布】 ・本州の福島県から沖縄にかけて分布。海外では、中国や台湾にも分布 【特徴】 ・草丈は30cm~50cmくらいで、葉は長さ30cmくらいの披針形、茎の下部から4~5枚生えます。 茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径4cmくらいの花を7~8輪つけ、花被片は6枚です。 唇弁は3つに裂け、そのうちの真ん中の裂片には内側に襞があります。 花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)です。環境省のレッドリスト(2007)では、「現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては『絶滅危惧』に移行する可能性のある種」である準絶滅危惧(NT)に登録されている種です。 ※植物ですので、時間経過で草木姿が変化する場合もございます。 事情により、掲載写真と同一商品を用意できない場合は、 近い状態の商品を発送させていただきますので、予めご了承下さい。【山野草】ふいり シラン(紫蘭)...

人気の花・ガーデニング用品の斑入り葉、発売中!当社自慢の一品を比較して下さい!素敵な庭を演出する花・ガーデニング用品。ガーデニングが素敵になる斑入り葉が見つかる!素敵なお庭作りに必須なアイテムをそろえましょう♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、花・ガーデニング用品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい花・ガーデニング用品が充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「斑入り葉」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ