「夏白菊」 の関連商品を含む検索結果 4件

フューバーフュー(ワイルドカモマイル・ナツシロギク) ハーブ苗 9vp Feverfew

ハーブとアロマテラピー

324

フューバーフュー(ワイルドカモマイル・ナツシロギク) ハーブ苗 9vp Feverfew

ハーブ名 フィーバーフュ-科・属学名別名など キク科ヨモギギク属 多年草【学 名】Tanacetum parthenium 【英 名】Feverfew【別 名】ワイルドカモマイル・ナツシロギク(夏白菊) サイズ9vp(直径9cmのビニールポット仕様)ポイント♪日当たり、風通し、水はけのよい土壌を好み、多湿に弱く、根腐れしやすいので水やりは控えめにし乾燥気味を保つよう管理しましょう。初夏に白い花をつけます。その他 解熱や虫除けに効果のあるハーブとして古くから利用されています。 茎や葉を薬や染料に利用できるハーブです。葉には薬臭いような香りと強烈な苦みがあり、防虫としても利用できます。ほろ苦いハーブティーです。 Feverfew■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 【別名】ワイルドカモマイル (和名)ナツシロギク 【学名】Tanacetum parthenium 【科・属名】キク科ヨモギギク属 【原産地域】アジア西部、バルカン半島 【自生地環境】多年草 【日あたり】日向 【水やり】控えめ 【開花時期】6~7月 【樹高・草丈】40-60cm【利用法】 フィーバーフューは欧米で臨床試験が数多く行われているもっとも注目されるハーブのひとつです。フィーバーフューはラテン語の「熱病」と「追求する」を意味する合成語であるように、その効果は偏頭痛の予防や症状の軽減となります。古くから伝統医療で利用されてきたハーブで、古代ギリシャ時代から、頭痛,発熱,リウマチ性の炎症などに利用されてきました。1600年代のイギリスの医師たちは「フィーバーフューはすべての頭の痛みに対して非常に効果がある」と言い、さらに最近ではナツシロギクが持つ有効成分「パルテノライド」が男性の発毛や育毛に効果があるという実験結果が出ています。フィーバーフューの有効成分は39種類以上の...

【種子】フィーバーフュー ダブルフラワー三笠園芸

Ivy

269

【種子】フィーバーフュー ダブルフラワー三笠園芸

コメント: ヨーロッパ原産のキク科の多年草で、キク科の多年草で、和名を「ナツシロギク」といいます。羽状に深列した葉からは強い芳香を放ちます。 花は白花で八重の親しみやすい花姿です。花壇にもお勧めです。葉の抽出液は防虫剤として使われたり、筋肉痛を和らげるため入浴剤として利用されます。たたいてつぶした葉は、虫刺されや腫れ、炎症などをおこした皮膚に湿布として使われます。 学名、科名: Tanacetum parthenium キク科ヨモギギク属 種類: 多年草 別名: マトリカリア、ワイルドカモマイル、フェザーフュー 和名: なつしろぎく(夏白菊) 草丈: 約40~50cm 使用方法: 味わい方: ハーブティーなど 効能・効果: 鎮痛、消炎、鎮静、血管拡張、解熱、消化管機能改善、弛緩、子宮刺激、緩下、生理促進、虫下し、脱毛症の原因物質抑制 播種時期: 3~4月、9~10月 開花時期: 発芽適温: 約15~25℃ 発芽日数: 播種深さ: 花の色: 白 花言葉: 「幸福」 生産地: イギリス 内容量: 30粒以上 発芽率: 約50%以上 おおよその目安です。発芽率を保証するものでは有りません。 植え方: 通常種子まきは春又は秋ですが、発芽適温(通常15~25度)維持すれば何時でも蒔くことができます。細かい種子は鉢等に土(ピートモス1/3・バーミキュライト1/3・赤玉小粒又は細砂1/3を混ぜ合わせたもの)に水をたっぷり含ませ、種子を平均に蒔きます。細かい種子は底面灌水(深めの受け皿に水を入れ、鉢の底がたっぷり浸るようにする)で栽培します。種皮の硬いものは発芽に1ヶ月以上かかるものもあるので気長に灌水を続け、発芽後適宜間引きながら移植します。 育て方: ハーブは欧州原産の物が多く、日当たり、水はけ、風通しの良い場所を好むものが多数あります...

【種子】フィーバーフュー ゴールデンリーフ三笠園芸

Ivy

269

【種子】フィーバーフュー ゴールデンリーフ三笠園芸

コメント: ヨーロッパ原産のキク科の多年草で、和名を「ナツシロギク」といいます。羽状に深列した葉からは強い芳香を放ちます。 花はデージーに似て可愛らしく、花壇にもお勧めです。葉の抽出液は防虫剤として使われたり、筋肉痛を和らげるため入浴剤として利用されます。たたいてつぶした葉は、虫刺されや腫れ、炎症などをおこした皮膚に湿布として使われます。 学名、科名: Tanacetum parthenium キク科ヨモギギク属 種類: 多年草 別名: マトリカリア、ワイルドカモマイル、フェザーフュー 和名: 夏白菊(なつしろぎく) 草丈: 約40~50cm 使用方法: 味わい方: ハーブティーなど 効能・効果: 鎮痛、消炎、鎮静、血管拡張、解熱、消化管機能改善、弛緩、子宮刺激、緩下、生理促進、虫下し、脱毛症の原因物質抑制効果があると言われています。 播種時期: 3~4月、9~10月 開花時期: 発芽適温: 約15~25℃ 発芽日数: 播種深さ: 花の色: 白 花言葉: 「幸福」 生産地: オランダ 内容量: 0.1ml 発芽率: 約70%以上 おおよその目安です。発芽率を保証するものでは有りません。 撒き方: 通常種子まきは春又は秋ですが、発芽適温(通常15~25度)維持すれば何時でも蒔くことができます。細かい種子は鉢等に土(ピートモス1/3・バーミキュライト1/3・赤玉小粒又は細砂1/3を混ぜ合わせたもの)に水をたっぷり含ませ、種子を平均に蒔きます。細かい種子は底面灌水(深めの受け皿に水を入れ、鉢の底がたっぷり浸るようにする)で栽培します。種皮の硬いものは発芽に1ヶ月以上かかるものもあるので気長に灌水を続け、発芽後適宜間引きながら移植します。 育て方: 1.夏の高温多湿に弱いので秋に涼しくなってから種まき、苗で冬越しさせ...

【種子】フィーバーフュー ワイルド三笠園芸

Ivy

269

【種子】フィーバーフュー ワイルド三笠園芸

コメント: ヨーロッパ原産のキク科の多年草で、キク科の多年草で、和名を「ナツシロギク」といいます。羽状に深列した葉からは強い芳香を放ちます。 花はデージーに似て可愛らしく、花壇にもお勧めです。葉の抽出液は防虫剤として使われたり、筋肉痛を和らげるため入浴剤として利用されます。たたいてつぶした葉は、虫刺されや腫れ、炎症などをおこした皮膚に湿布として使われます。 学名、科名: Tanacetum parthenium キク科ヨモギギク属 種類: 多年草 別名: マトリカリア、ワイルドカモマイル、フェザーフュー 和名: なつしろぎく(夏白菊) 草丈: 約40~50cm 使用方法: 味わい方: ハーブティーなど 効能・効果: 鎮痛、消炎、鎮静、血管拡張、解熱、消化管機能改善、弛緩、子宮刺激、緩下、生理促進、虫下し、脱毛症の原因物質抑制等があるといわれています。 播種時期: 3~4月、9~10月 開花時期: 4~9月 発芽適温: 約15~25℃ 発芽日数: 播種深さ: 花の色: 白 花言葉: 「幸福」 生産地: オランダ 内容量: 0.3ml 発芽率: 約80%以上 おおよその目安です。発芽率を保証するものでは有りません。 植え方: 通常種子まきは春又は秋ですが、発芽適温(通常15~25度)維持すれば何時でも蒔くことができます。細かい種子は鉢等に土(ピートモス1/3・バーミキュライト1/3・赤玉小粒又は細砂1/3を混ぜ合わせたもの)に水をたっぷり含ませ、種子を平均に蒔きます。細かい種子は底面灌水(深めの受け皿に水を入れ、鉢の底がたっぷり浸るようにする)で栽培します。種皮の硬いものは発芽に1ヶ月以上かかるものもあるので気長に灌水を続け、発芽後適宜間引きながら移植します。 育て方: 1.夏の高温多湿に弱いので秋に涼しくなってから種まき...

こちらの関連商品はいかがですか?

ステビア(アマハステビア) ハーブ苗 9vp Stevia

ハーブとアロマテラピー

324

ステビア(アマハステビア) ハーブ苗 9vp Stevia

ハーブ名 ステビア科・属学名別名など キク科ステビア属 多年草【学 名】Stevia rebaudiana 【英 名】Stevia【別 名】アマハステビア サイズ9vp(直径9cmのビニールポット仕様)ポイント♪植える時は午前中に植えてたっぷりのお水をあげてください。日常の管理は水切れに弱いのでお水を枯らさないように注意してあげてください。また、夏の蒸れに弱いので収穫をかねて春先から葉先を摘むように摘心してください。夏の日照りが強い場所では、鉢栽培にし半日陰の涼しいところで管理したほうがいいでしょう。水をあげる目安は表土が乾いたかなと思ったときに・・・ちょっと表土を掘ると1cmくらい乾いてきたときがベストです。根腐れ防止のためにお水のあげすぎは注意してください。 その他 砂糖の代わりになる天然の甘味料です。葉を一枚紅茶にくぐらすだけで、甘みが補えます。ハーブティに砂糖を入れてはせっかくの効果も台無し。ハーブの有効成分を砂糖分が分解してしまうのです。甘みがほしい方は、ステビアリーフを一片加えてお茶を煎れてください。蜂蜜でもOK ですが、ダイエット中の方はぜひお試しください。 *使用量に注意。多すぎると逆に苦みを感じます! Stevia■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 【別名】アマハステビア 【学名】 Stevia rebaudiana【科・属名】キク科ステビア属 【生 薬 名】甜菊(テンギク) 【原産地域】南米 パラグアイ原産 【自生地環境】【日あたり】日向 【水やり】乾燥には弱い 【開花時期】初夏 【樹高・草丈】50cm 【利用法】 草丈は50cmから1m前後、茎は白い細毛に覆われている。 夏から秋にかけて、枝先に白い小花を咲かせる。1971年に日本へ導入されたステビアは、甘味成分として、ステビオシド(ステビオサイドとも...

ボリジ(ルリジサ・スターフラワー) ハーブ苗 9vp Borage

ハーブとアロマテラピー

324

ボリジ(ルリジサ・スターフラワー) ハーブ苗 9vp Borage

ハーブ名 ボリジ 科・属学名別名など ムラサキ科ルリジサ属 1年草【学 名】Borago officinalis L. 【英 名】Borage【別 名】ルリチシャ・ルリジシャ・スターフラワー サイズ9vp(直径9cmのビニールポット仕様)ポイント♪日当たりと水はけの良い場所を好みます。地中海沿岸に自生する一年草です。秋に植えて、マルチングをして冬越しさせれば、翌年たくさんの花が収穫できるでしょう。やや大型の草花で、株も良く広がります。ボリジはコンパニオンプランツとして、ベリー類のそばに植えるといいといわれています。高温多湿には弱いので注意してください。その他 ボリジと言う名はラテン語の「borra(剛毛の意味)」からつけられたと言われています。ヨーロッパでは「悲しみを吹き飛ばし、気分を陽気にする花」と言われていました。 星型をした愛らしい瑠璃色のブルーのお花は食べることができます。ドライフラワーやポプリにしてもかわいいです。 卵白につけてグラニュー糖をまぶしてケーキの飾りに… 花や茎は粗い毛で覆われていて、葉はもむとキュウリのようなにおいがします。 サラダにまぶしてもいいですね。 Borage■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 【別名】ルリチシャ・ルリジシャ・スターフラワー 【学名】 Borago officinalis L. 【科・属名】ムラサキ科ルリジサ属 【原産地域】地中海沿岸 【自生地環境】1年草 【日あたり】日向 【水やり】普通 【開花時期】5~8月 【樹高・草丈】60~160cm 【利用法】 副腎に働きかける作用があり、民間薬としては強壮、強心、血液浄化などに用いられていました。人を奮励させる強壮効果があり、ワインと一緒に飲むと気力が沸いてくると言われていたため古代ギリシャ時代には、憂鬱な気持ちを吹き飛ばし勇気を与えてくれる...

キャラウェイ(ヒメウイキョウ) ハーブ苗 9vp Caraway

ハーブとアロマテラピー

324

キャラウェイ(ヒメウイキョウ) ハーブ苗 9vp Caraway

ハーブ名 キャラウェイ科・属学名別名など セリ科キャラウェイ属 1・2年草【学 名】Carum carvi L.【英 名】Caraway【別 名】ヒメウイキョウ サイズ9vp(直径9cmのビニールポット仕様)ポイント♪30~80cm。葉はやや硬い感じで、2回羽状複葉、小葉はさらに多裂して、烈片は糸状になります。6月ごろに花茎を伸ばし、複散形花序に白色の小花をつけます。果実は双懸果で、熟して乾燥すると分離して三日月形になります。長さ4~7m、暗褐色で白色の肋線が目立ちます。日当たりのよい場所から、明るい日陰となる場所でよく育ち、水はけがよく、有機質に飛んだ、栄養豊富な土を好みます。キャラウェイはセリ科の1・2年生なので、種を収穫するなら、2年目に結実となります。1年目は葉を楽しんでください。その他 サラダ、パン、ケーキ、ビスケット、焼きりんご、卵料理、チーズ、キャベツ料理などに、シードはピクルスやカレーにも使われます。ドイツではリキュールの材料として用いられ、シルバー・ヴリット等のカクテルに用いられています。カレーなど匂いが残る食事をした後や、口臭が気になるときには種を数粒口に含み匂い消しとして利用します。(フェンネルシードも同じように匂い消しとして利用します^^) また母乳の出をよくするハーブとしても有名です。 Caraway *ハーブ苗と培養土はハーブ農場からの出荷となります。芝桜苗、オイル、お茶、石とは同梱できません。送料は2か所分かかりますのでご注意ください。■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 【別名】ヒメウイキョウ 【学名】Carum carvi L. 【科・属名】セリ科キャラウェイ属 二年生草本 【原産地域】ヨーロッパ、西アジア、インド、北アフリカ 【自生地環境】 【日あたり】好日性 【水やり】普通 【開花時期】初夏 【樹高...

ディル(イノンド) ハーブ苗 9vp Dill

ハーブとアロマテラピー

324

ディル(イノンド) ハーブ苗 9vp Dill

ハーブ名 ディル科・属学名別名など セリ科イノンド属 1・2年草【学 名】Anethum graveolens L. 【英 名】Dill【別 名】イノンド サイズ9vp(直径9cmのビニールポット仕様)ポイント♪日当たり、風通し、水はけ、水もちのよい肥沃なプランター(畑)で栽培します。種の収穫を目的にするなら日当たりは重視、葉を利用するなら、半日陰でも大丈夫です。セリ科は移植を嫌うので、地植えか最初から大きめの深鉢で栽培することをおススメします。卵形の平たい種子が実ります。フェンネルとは交雑しやすいため離して栽培します。耐寒性があるので冬越しも可能、霜には注意しましょう。その他 キッチンハーブとして野菜売り場でもよく見かけます。ディルは「お魚のハーブ」と呼ばれるほど魚料理によく合います。 ノルウェーでは鮭のマリネや魚介のマリネ、蒸すときに香りづけや細葉を刻んで、マヨネーズやチーズ、ヨーグルトなどのトッピングにも使われます。葉や開花前の蕾は、肉、魚、卵料理やスープ、ポテトサラダに、若い葉は、バターやクリームチーズに練りこみ、花後に収穫できる種は、ピクルスやビネガー・オイル、スパイス酒・お菓子などに使用します。いろいろ楽しめてキッチンで大活躍のハーブです。 ■種を収穫するには 種が熟成しはじめたら花頭を茎から切り取り、紙袋に上下逆に入れて乾燥した暖かい場所に一週間ほど置く。袋の底に落ちた種は集め密閉容器に保存する。この種は発芽率がよいため、また蒔くことができます。 DILL■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 【別名】(和名)イノンド 【学名】Anethum graveolens L. 【科・属名】セリ科イノンド属 【原産地域】西南アジアから中央アジア 【自生地環境】1・2年草 【日あたり】日向 【水やり】多く 【開花時期】6~10月 【樹高...

ムスクマロウ(ジャコウアオイ・マスクマロー) ハーブ苗 9vp Musk Mallow

ハーブとアロマテラピー

324

ムスクマロウ(ジャコウアオイ・マスクマロー) ハーブ苗 9vp Musk Mallow

ハーブ名 ムスクマロウ科・属学名別名など アオイ科マルバ属 多年草【学 名】Malva moschata 【英 名】Musk Mallow 【別 名】ジャコウアオイ・マスクマロー サイズ9vp(直径9cmのビニールポット仕様)ポイント♪ヨーロッパ・地中海沿岸地域原産、高さ20~70cm。水はけ良く肥沃な土地と日当たりから半日陰を好みます。加湿には弱いので水のやり過ぎには注意しましょう。倒れやすいので支柱をし、秋に剪定をして切り詰めてください。寒さには強いです。冬に地上部が枯れる場合がありますが、翌春また出てきます。ただし厳寒地では根を守るためマルチングをおススメします。 その他 麝香(ジャコウ鹿:ムスク、ジャコウネコなど生殖器からとれる香料)のような香りがする事でムスクマロウ(ジャコウアオイ)と呼ばれるハーブです。やさしいピンクの花を咲かせます。北海道に持ち込まれたムスクマローは帰化植物として自生しています。微妙な芳香はハーブガーデンに植えたいハーブです。葉は茹でて野菜として食べることができます。マロウ類の葉と根はいずれもかつて軟膏や咳止めシロップに使われていました。 Musk Mallow

ヒッドコートラベンダー(ヒデコートラヴェンダー・ラベンダーヒドコート) ハーブ苗 9vp Hidcote Lavender

ハーブとアロマテラピー

324

ヒッドコートラベンダー(ヒデコートラヴェンダー・ラベンダーヒドコート) ハーブ苗 9vp Hidcote Lavender

ハーブ名 ヒッドコートラヴェンダー科・属学名別名など シソ科ラヴァンドュラ属 常緑小低木【学 名】Lavandula angustifolia 'hidcote' 【英 名】Hidcote Lavender【別 名】ラベンダーヒッドコート・ヒデコートラベンダー・ヒドコートラヴェンダー サイズ9vp(直径9cmのビニールポット仕様)ポイント♪草丈30~40cm。 ヒッドコートラベンダー(ラヴェンダーヒデコート)はスパイカ種アンガスティフォリア系の耐寒性がある品種です。イングリッシュ系で真正ラヴェンダー(トルーラベンダー)の園芸品種です。葉はグレーがかった緑で、濃い紫色の花穂をたくさんつけます。夏の暑さを嫌うので、関東以西では夏に痛むことが多く、北海道など梅雨がなく乾燥し夏の暑さも穏やかなエリアに向いています。乾燥を好み、排水のよい土壌で育てます。ムレを嫌うので花後は花穂を刈り取りムレを防いでください。翌年もたくさんの花を楽しめます。その他 有名な北海道富良野のラベンダーはこの近縁種です。この系統のラヴェンダーの中でもヒデコートはコンパクトなラヴェンダーなので、花壇の縁取りや鉢植えに向いています。耐寒性は非常に強く寒冷地向きです。高温や多湿などに弱いので暑いエリアの方は注意してください。 質の高い精油が取れ香料向きです。香りがよいのでポプリや精油を蒸留したり、切り花・ドライフラワー・観賞用、お茶など色々な楽しみ方があります。花の収穫をするなら、咲く前(蕾の状態)に刈り取り逆さにして乾燥させます。開花してしまうと精油分が飛んでしまい香りが悪くなってしまいます。 Hidcote Lavender

エキナセア(ムラサキバレンギク) ハーブ苗 9vp Echinacea

ハーブとアロマテラピー

324

エキナセア(ムラサキバレンギク) ハーブ苗 9vp Echinacea

ハーブ名 エキナセア科・属学名別名など キク科エキナセア属 多年草【学 名】Echinacea purpurea【英 名】Echinacea【別 名】ムラサキバレンギク・エキナケア サイズ9vp(直径9cmのビニールポット仕様)ポイント♪日当たりが良く、水はけのよい土壌を好みます。水を与え過ぎないように注意しましょう。その他 毎日のハーブティーで日々の健康管理に役立ちます。 大輪の花はガーデンの彩にも最適です。 天然の抗生物質と言われる、アメリカ原産のハーブ。 毒性が無く、免疫賦活作用があることで、エイズ治療薬としても注目されています。 ・抗ウィルス、抗バクテリア、抗菌作用 ・伝統的に免疫システムの強化(米先住民の天然の更生物質です。) ・上呼吸器系のウィルス性の感染予防に ・膀胱炎・尿道炎など Echinacea■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 【別名】ムラサキバレンギク・エキナケア【学名】Echinacea purpurea【科・属】キク科エキナセア(ムラサキバレンギク)属 多年草 【原産地域】アメリカ大陸【自生地環境】水はけのよい土壌、ひなた 【日あたり】ひなた【水やり】乾きめ 【開花時期】6月~9月【樹高・草丈】50~100cm 【利用法】薬用 暑さ寒さにも強いので育てやすいハーブです。昔からネイディブアメリカの人々が薬草として利用してきました。昨今その薬効効果が認められ、このハーブが抗生物質の効果があることから、天然の抗生物質と呼ばれ脚光を浴びています。薬効としては抗菌効果や膀胱炎・ニキビ・風邪・インフルエンザなどの感染症に効果があるといわれています。 花や葉を風通しのよい日陰で乾燥させドライをつくります。これを煎じて風邪のひき始めにティーとして服用したり、薄めてキズに直接塗って使います。 + Echinacea +

ヒソップ(ヤナギハッカ) ハーブ苗 9vp Hissop

ハーブとアロマテラピー

324

ヒソップ(ヤナギハッカ) ハーブ苗 9vp Hissop

ハーブ名 ヒソップ科・属学名別名など シソ科ヤナギハッカ属 常緑小低木【学 名】Hyssopus officinalis 【英 名】Hissop【別 名】ヤナギハッカ サイズ9vp(直径9cmのビニールポット仕様)ポイント♪日当たり、風通し、水はけのよいプランター(畑)で栽培します。暑さ寒さに強く丈夫なハーブですが、過湿に弱いので風通し良く乾燥気味にして育てます。 真っ直ぐに伸びた幹は60cmぐらいの高さになり、良い香りがする。葉は細い長方形で2-5cmの長さである。夏の間には枝の先端に青い花が咲く。10-12の種があるが、最も有名な種は、ヤナギハッカ(H. officinalis)で、地中海などで栽培されています。その他 薄荷の香りがする柳に似た葉を持つ植物と言うことで、 日本名ではヤナギハッカといいます。 ヒソップの咲き乱れる花畑はなんと言っても壮観です。 とてもかわいらしい花をつける鑑賞用にもなるハーブです。 *お届けのヒソップの花色は青になります。 Hissop■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 【別名】ヤナギハッカ 【学名】Hyssopus officinalis 【科・属名】シソ科ヤナギハッカ属【原産地域】南ヨーロッパ 【自生地環境】常緑小低木 【日あたり】日向 【水やり】乾燥気味~普通 【開花時期】初夏~夏 【樹高・草丈】40~60cm 【利用法】 花穂や葉のハーブティには鎮静作用、去痰作用があります。脂肪の多い肉、魚にも合います。入浴剤、リキュール類の風味付けにもどうぞ。有効成分は、ヒサッピン、他にジオスミン、タンニンを含みます。薬効があるのはブルーのみと言われています。花色はパープル、ホワイト、ピンク、ブルーがあります。 + HYSSOP +

キャットニップ(イヌハッカ・キャットネップ・ネペタカタリア) ハーブ苗 9vp Catnip

ハーブとアロマテラピー

324

キャットニップ(イヌハッカ・キャットネップ・ネペタカタリア) ハーブ苗 9vp Catnip

ハーブ名 キャットニップ科・属学名別名など シソ科イヌハッカ属 多年草【学 名】Nepeta cataria 【英 名】Catnip【別 名】イヌハッカ・キャットネップ・ネペタカタリア サイズ9vp(直径9cmのビニールポット仕様)ポイント♪30cm~100cm程度に育つヨーロッパ・南西アジア原産のハーブです。葉は粗い鋸歯状の卵形で、葉、茎ともに軟毛に覆われています。茎の先端に小さな白色や淡い藤色の花を捕縄にたくさん咲かせます。全草、強い香りがします。湿った土を好みます。旺盛に繁茂します。その他 英名であるキャットニップは「猫が噛む草」という意味で、その名の通り猫はこの草を好みます。これはこの草の精油にネペタラクトンという猫を興奮させる物質が含まれているからです。 Catnipキャットニップは白色や淡い藤色の花が咲きます。キャットミントと同様、猫の大好きなハーブとして有名です。 キャットミントより猫ちゃんはキャットニップのほうが喜ぶようです。 猫ちゃんの様子を見る限り…乾燥させた葉のほうがより香りが凝縮され喜ぶようです。生葉の場合は、キャットニップは冬に地上部が枯れロゼット状になり冬を耐えますが、このロゼット状の葉がより一層成分が濃くなるため、多くの猫ちゃんはこの時期の葉を一番好むようです。ロゼット状のときの葉は寒さに耐えるための植物の生理反応でより精油分が濃くなるのです。個体差はありますが、大好きな仔はゴロゴロすりすり喜びます。匂いに敏感なこは夏の生葉でも全部食べちゃうほど好きですが… キャットニップを収穫したら、乾燥させて、キャットトイを作ってみてはいかがですか♪

ペパーミント(ホワイトペパーミント・コショウハッカ・セイヨウハッカ) ハーブ苗 9vp Peppermint

ハーブとアロマテラピー

324

ペパーミント(ホワイトペパーミント・コショウハッカ・セイヨウハッカ) ハーブ苗 9vp Peppermint

ハーブ名 ペパーミント科・属学名別名など シソ科ハッカ属 多年草【学 名】Mentha×Piperita L. 【英 名】Pepper mint【別 名】ホワイトペパーミント・コショウハッカ・セイヨウハッカ サイズ9vp(直径9cmのビニールポット仕様)ポイント♪30~60cm。ペパーミントはウォーターミントとスペアミントの交配種です。半日陰から日向まで、土壌を選ばず、寒さにも強く寒冷地で土が凍らないような土地であれば戸外で越冬可能です。地上部が枯れても翌春また芽吹いてきます。夏の乾燥に弱いので水切れを起こさないように注意。ランナーで増えるので、他の植物のエリアを侵さないように注意してください。その他 葉脈・茎に黒い色素が混じったものをブラックペパーミント、白い(緑)のものをペパーミント(ホワイトペパーミント)と言います。独特のスキッとしたシャープな香りのハッカ臭が強いのはメントールの含有が多いからです。葉を摘み取って、乾燥させたものを使用します。菓子に広く使われ、またハーブティー、清涼感に加えて抗アレルギー作用があることからのど飴に良く使われています。ハーブティーやハーブバス、ドリンクの香り付けに!お料理よりも、お菓子向きです。ハーブティは、食後にいただくとスッキリさわやか!消化を助けます。神経の緊張を和らげ、リフレッシュ効果が抜群!乗物酔いや頭痛の改善にもスッキリ効果絶大のミントです。 フレッシュレモンハーブティー Peppermint

スペアミント(ミドリハッカ・オランダハッカ) ハーブ苗 9vp Spear Mint

ハーブとアロマテラピー

324

スペアミント(ミドリハッカ・オランダハッカ) ハーブ苗 9vp Spear Mint

ハーブ名 スペアミント科・属学名別名など シソ科ハッカ属 多年草【学 名】Mentha spicata L. 【英 名】Spearmint【別 名】ミドリハッカ・オランダハッカ サイズ9vp(直径9cmのビニールポット仕様)ポイント♪草丈30-60cm程度の多年草。葉は対生し槍の穂先のような形(spearの由来である)、ふちにのこぎりの刃のような形で切れ込みがあるのが特徴です。葉脈はペパーミントと比較するとあまりはっきりしません。夏から秋にかけて茎の先端に長さ5cm程度の花穂(学名のspicata「穂状の」の由来)を伸ばし、そこに白から淡紫色の花を多数つけます。不稔性であることが多く、ランナー(地下茎)により栄養繁殖するので、まわりの植物を侵食しないように注意。半日陰まで旺盛に育ち、夏場は水切れを起こさないように管理します。その他 スペアミントの主成分は甘い香りのカルボンが多く、ツンとくるメントールは含有されていないためほんのり甘くさわやかな香りです。*自然交配により数%メントールが含まれたスペアミントも存在します。ハーブティー、バス、ポプリ、サラダ、料理の飾り、紅茶などの香り付、用途が非常に高いミントです。。リラックス、リフレッシュ効果、記憶、集中力の高揚に役立ちます。繁殖力は非常に旺盛です。さわやかな香りはケーキや料理に使いやすいミントです。 Spearmint ミントつづきへ→ミント類2(た~ん行)

ペニーロイヤルミント(メグサハッカ) ハーブ苗 9vp Pennyroyalmint

ハーブとアロマテラピー

324

ペニーロイヤルミント(メグサハッカ) ハーブ苗 9vp Pennyroyalmint

ハーブ名 ペニーロイヤルミント科・属学名別名など シソ科ハッカ属 多年草【学 名】Mentha pulegium 【英 名】Pennyroyalmint【別 名】メグサハッカ(目草薄荷) サイズ9vp(直径9cmのビニールポット仕様)ポイント♪30~60cm。ミントの中では特に這うように株が広がり、初夏には花穂が立ちあがりピンクのボンボンのかわいらしい花を咲かせます。半日陰から日向まで、土壌を選ばず、寒さにも強く寒冷地で土が凍らないような土地であれば戸外で越冬可能です。地上部が枯れても翌春また芽吹いてきます。夏の乾燥に弱いので水切れを起こさないように注意。ランナーで増えるので、他の植物のエリアを侵さないように注意してください。その他 ペットの虫除け、蚤よけ、ネズミよけ虫除けに利用します。アリが嫌がることから、「蟻寄らず」とも言われます。乾燥させて敷き詰めたり、タンスに入れたり・・・。虫がわくのを防ぎます。非常に強健で、一面に繁茂しますので雑草防止にも一役♪ガーデンに敷き詰めると緑の絨毯になります。初夏にとてもかわいい紫のボンボン小花が咲きます。(とってもかわいい^^)発汗、消化促進にも良く、ハーブティーとしても利用されることもあります。ただし、妊娠中は利用しないでください。 Pennyroyalmint

マーシュマロウ(ビロードアオイ・ウスベニタチアオイ) ハーブ苗 9vp Marsh Mallow

ハーブとアロマテラピー

324

マーシュマロウ(ビロードアオイ・ウスベニタチアオイ) ハーブ苗 9vp Marsh Mallow

ハーブ名 マーシュマロウ科・属学名別名など アオイ科アルタエア属 多年草【学 名】Althea officinalis 【英 名】Marsh Mallow【別 名】ビロードアオイ・ウスベニタチアオイ・ウォーターマロウ・ホワイトマロウ サイズ9vp(直径9cmのビニールポット仕様)ポイント♪西、中央アジア・東ヨーロッパ原産の高さ150~200cmまで成長する大型ハーブです。マーシュマロウは沼地のマロウの意味で、別名ウォーターマロウからもわかるように沼地に自生、水辺の環境を好みます。湿り気があり肥沃な土地と日当足りのよい場所へ植えましょう。ビロードのような葉や茎が特徴です。倒れやすいので支柱をして、秋に剪定をして切り詰めてください。耐寒性は-10℃くらいまで、北海道や高地の厳寒地では鉢上げをして管理しましょう。 その他 ヨーロッパのお菓子、マーシュマロの原料に使用されていたハーブです。このお菓子は咳止めとして利用されていたマーシュマロウの根を粉末にし、砂糖を加えに詰めてつくりました。葉は茹でて野菜として食べることができます。マロウ類の葉と根はいずれもかつて軟膏や咳止めシロップに使われていました。大きな花はガーデンの彩りに添えたい美しさです。 Marsh Mallow■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 【別名】ビロードアオイ・ウスベニタチアオイ・ウォーターマロウ・ホワイトマロウ 【学名】Althea officinalis 【科・属名】アオイ科アルタエア属 【原産地域】西アジア・中央アジア・東ヨーロッパ 【自生地環境】湿地帯 【日あたり】日向 【水やり】普通 【開花時期】【樹高・草丈】150-200cm 【利用法】 マーシュマロウは沼地のマロウの意味で、別名ウォーターマロウからもわかるように沼地に自生、水辺の環境を好みます...

ルー(ヘンルーダ・ハーブオブグレイス) ハーブ苗 9vp Rue

ハーブとアロマテラピー

324

ルー(ヘンルーダ・ハーブオブグレイス) ハーブ苗 9vp Rue

ハーブ名 ルー科・属学名別名など ミカン科ヘンルーダ属 常緑小低木【学 名】Ruta graveolens 【英 名】Rue【別 名】ヘンルーダ・ハーブオブグレイス サイズ9vp(直径9cmのビニールポット仕様)ポイント♪花期は6~7月で、樹高は50~100cm。4弁の十字型の黄色い花が集散花序の形で枝先にいくつか付きます。 弱アルカリ性の土壌を好むので、石灰を足しPH調整を。ムレを嫌うので風通しの良い場所で管理し脇枝は剪定をして育てます。耐寒性があるので関東より西の地域なら常緑で冬越しできますが、厳寒地では霜や寒風で葉先が傷むことがあるので注意してください。 その他 ルーは現在では薬草として使用せず、溶血性があるのでとくに妊娠中の方は使用を避けます。樹液は皮膚炎を起こす場合があるので素手で触らないように注意してください。ルーはキイチゴなどバラ科植物のそばに植えればコガネムシを遠ざけてくれるといいます。薬草として利用しなくなったルーですが、虫よけ、ガーデンの素材、コンパニオンプランツとして楽しみましょう。 Rue■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 【別名】ヘンルーダ・ハーブオブグレイス 【学名】Ruta graveolens 【科・属名】ミカン科ヘンルーダ属 【原産地域】南ヨーロッパ 【自生地環境】常緑小低木 【日あたり】日向 【水やり】多く 【開花時期】6~7月 【樹高・草丈】50-100cm 【利用法】 中世ヨーロッパでは「悪霊を追い払い疫病から身を守る神聖な植物」と言われていたルーは、その独特の匂いからハエを寄せ付けないといわれています。 以前は食用として利用されてきましたが、食用に適さない成分があるとのことで今は観賞用として利用されています。またコンパニオンプランツとしてルーはキイチゴなどバラ科植物のそばに植えれば園芸の害虫...

ジャーマンカモマイル(ドイルカミツレ・カモミール) ハーブ苗 9vp Chamomail German

ハーブとアロマテラピー

324

ジャーマンカモマイル(ドイルカミツレ・カモミール) ハーブ苗 9vp Chamomail German

ハーブ名 ジャーマンカモマイル科・属学名別名など キク科マトリカリア属 1年草【学 名】Matricaria chamomilla/Matricaria recutica 【英 名】Chamomail German 【別 名】ドイルカミツレ・カモミール サイズ9vp(直径9cmのビニールポット仕様)ポイント♪一年草のジャーマン種は開花後お花を全て収穫して利用します。こぼれダネでよく育つので、一度地植えした場所では毎年自然発芽をしよく育ちます。また、カモマイルは別名「植物のお医者さん」といわれています。このハーブの周りに植えてある植物は病気にかからないのだそう… ハーブを健康に、無農薬で育てたいなら、ぜひこのカモマイルを周りに植えましょう。 ローマン種とも、同じ効果があります。その他 フランスではカモミールと呼び、イギリスやドイツなどヨーロッパで人気のハーブです。キャベツを食べ過ぎてお腹をこわしたピーターラビットが、お母さんに煎れてもらったお茶がこのカモマイルティーです。 ドイツではお母さんのハーブといわれ、赤ちゃんの夜泣きや、子供が寝付かないとき、お腹をこわしたとき、熱っぽいときなどにのませます。 お母さんのやさしさが伝わってくるようなハーブですね。 Chamomail German

ラベンダーペダンクラータ(スパニッシュラヴェンダー・ストエカスラベンダー・ペダンクラータラベンダー) ハーブ苗 9vp Pedunculata Lavender/Stoechas Lavender

ハーブとアロマテラピー

324

ラベンダーペダンクラータ(スパニッシュラヴェンダー・ストエカスラベンダー・ペダンクラータラベンダー) ハーブ苗 9vp Pedunculata Lavender/Stoechas Lavender

ハーブ名 ペダンクラータラベンダー科・属学名別名など シソ科ラヴァンドュラ属 半耐寒性常緑低木【学 名】Lavandula stoechas ssp. pedunculata 【英 名】Pedunculata Lavender【別 名】スパニッシュラヴェンダー・ストエカスラベンダー・ペデュンクラータ・イタリアンラベンダー・フレンチラベンダー サイズ9vp(直径9cmのビニールポット仕様)ポイント♪草丈50~100cm。 ストエカス種の亜種、育てやすく改良した園芸品種です。ラベンダーの中では日本の暑さに適応した強健種。蒸れや暑さに非常に強く暖地向けのラヴェンダーです。梅雨のムレには弱いので梅雨前には強選定をしてください。関東以南であれば、屋外での冬越し可能です。葉は綺麗な灰緑色で2~4cmの細葉、葉茎は短毛で覆われ、ロケット上の花は、先端から花びらがひょっこり飛び出すのが特徴です。水はけのよい土壌を好みます。水のあげすぎには注意しましょう。厳寒地では冬越しできませんので、室内に取り込みましょう。その他 ロケット状の花がとても見事な景観を醸し出します。香りは少し樟脳の香りが強く、スッキリとした香りが特徴です。ポプリにして、タンスの防虫剤として利用できます。切り花・ドライフラワー観賞用として、また、ポプリや虫よけとして楽しみましょう。 Pedunculata Lavender■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ラベンダー類3「ストエカス系」【学名】Lavandula stoechas 【別名】スパニッシュラヴェンダー・ストエカスラベンダー・イタリアンラベンダー・フレンチラベンダー 【科・属】シソ科ラヴァンドュラ属【原産地域】スペイン東南部、バレリアス諸島 【自生地環境】日当たりの良い場所【日あたり】強いひなた 【水やり】乾きめ ...

レースラヴェンダー(レースラベンダー・ファーンラベンダー・カナリーアイランドラベンダー) ハーブ苗 9vp Canary Island Lavender

ハーブとアロマテラピー

324

レースラヴェンダー(レースラベンダー・ファーンラベンダー・カナリーアイランドラベンダー) ハーブ苗 9vp Canary Island Lavender

ハーブ名 レースラベンダー科・属学名別名など シソ科ラヴァンドュラ属 半耐寒性常緑低木【学 名】Lavandula multifida 【英 名】Canary Island Lavender 【別 名】レースラベンダー・ファーンラベンダー・カナリーアイランドラベンダー サイズ9vp(直径9cmのビニールポット仕様)ポイント♪草丈60~80cm。ラベンダーの中では日本の暑さに適応した強健種。蒸れや暑さに非常に強く暖地向けのラヴェンダーですが、寒さには弱いので暖地以外では冬は室内に取り込んでください。梅雨のムレに弱いので梅雨時には強選定をしてください。水はけのよい土壌を好みます。水のあげすぎには注意しましょう。厳寒地では冬越しできませんので、室内に取り込みましょう。その他 暖地用ラヴェンダー 。観葉植物のように冬には部屋で管理できるので、最近園芸店で人気のあるラベンダーです。葉がレースのように切れ込んでいるのが特徴です。 Canary Island Lavender■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ラベンダー類4 ペトロストエカス系(プテロストエカス) 【別名】レースラベンダー・ファーンラベンダー・カナリーアイランドラベンダー 【学名】Lavandula multifida 【科・属名】シソ科ラヴァンドュラ属 【原産地域】地中海沿岸 【自生地環境】温暖 【日あたり】日向 【水やり】乾きめ 【開花時期】初夏~環境が合えば一年中 【樹高・草丈】60~80cm 【利用法】鑑賞 カナリー諸島で見られるプテロストエカスのPteroは、翼を意味するラテン語で、「葉の状態が羽のようになっている」形状から名づけられました。その名の通り深く切れ込んだギザギザの葉が特徴です。属名の Lavandula は「洗う」という意味のラテン語に由来し...

コリアンダー(パクチー・コエンドロ・シャンツァイ) ハーブ苗 9vp Coriander

ハーブとアロマテラピー

324

コリアンダー(パクチー・コエンドロ・シャンツァイ) ハーブ苗 9vp Coriander

ハーブ名 コリアンダー科・属学名別名など セリ科コエンドロ属 1・2年草【学 名】Coriandrum sativum【英 名】 Coriander 【別 名】コエンドロ、香菜、パクチー サイズ9vp(直径9cmのビニールポット仕様)ポイント♪日当たり、風通し、水はけ、水もちのよい肥沃なプランター(畑)で栽培します。やや水を好む性質ですので、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与え、夏場はすぐに乾燥するのでこまめに水やりをします。6月には花が咲いて収穫が終わってしまうので、秋の植え付けをおススメします。花芽を摘めば葉の収穫はしばらく延ばせます。かわいらしい白~桃色の小花が咲いた後は、種が成ります。種は茶色く変色したら茎ごと収穫し、袋に逆さに入れて自然に茎から落ちるまで待ちます。落ちた種は、お料理やお菓子などさらに大活躍♪その他 台湾料理・エスニック料理が好きな方ならおなじみのハーブです。 中国では香菜、タイならパクチーと呼ばれる癖のあるハーブです。 好き嫌いは大きく分かれますが、一度好きになったら病み付きになちゃう、なんとも不思議なハーブです。 ■コリアンダーを使ったおいしいレシピ♪ こちらにGO→タイ風春雨サラダ!! Coriander■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 【別名】コエンドロ、香菜、パクチー【学名】Coriandrum sativum【科・属名】セリ科コエンドロ属 【原産地域】地中海沿岸・コーカサス、ロシア、アルメニア 【自生地環境】1年草草【日あたり】好む【水やり】多め 【開花時期】春【樹高・草丈】30-50cm 【利用法】 葉は根本のほうを適宜摘み取ります。種子には消化を促進したり、鎮静作用があります。乾燥させて密閉容器に保存し、ピクルスなどに利用します。全体から独特の香り(カメムシのような臭いといわれてますが・・・...

ホーリーバジル(セイクリッドバジル・ガパオ・カミメボウキ・トゥルーシー) ハーブ苗 9vp Holy Basil

ハーブとアロマテラピー

324

ホーリーバジル(セイクリッドバジル・ガパオ・カミメボウキ・トゥルーシー) ハーブ苗 9vp Holy Basil

ハーブ名 ホーリーバジル科・属学名別名など シソ科オキムム属 1年草(原産地では多年草)【学 名】Ocimum tenuiflorum(sanctum) 【英 名】Holy Basil/Sacred Basil 【別 名】セイクリッドバジル・ガパオ・カミメボウキ・トゥルーシー サイズ9vp(直径9cmのビニールポット仕様)ポイント♪高さ40-80cm。茎は多毛で多数の分岐を伴って直立し、緑の葉は対生で強い香りを放ち、葉には葉柄があり、葉の形状は卵形で長さ最大 5cm、周縁部はやや鋸歯状となります。水持ちの良い土壌を好みます。水を切らさないように管理します。冬でも沖縄など暖かいエリアなら冬越しできますが、それ以外の地域では、温室または、ぜひ夏の終わりに鉢上げして室内で管理してみてください。熱帯地方原産のバジルは日本ではほとんどのエリアで冬越しができないため一年草扱いされています。暖かい日差しが降り注ぐ窓辺で、夜の冷え込みがないところなら一年中収穫が可能です。少しでも葉を長く収穫するためには、花を咲かせないようにすることがコツです。 その他 バジルは古くからインドでは聖なるハーブ(聖なる:ホーリー)とされヒンズー教の寺院などに植えられていました。その由来から和名でも神目箒(カミメボウキ)と呼ばれています。サンスクリット語名のトゥルシーも同じ意味です。クローブの様な香りが特徴です。タイ料理でとてもよく使われるバジルです。タイ名の「バカオ」は「バジル名」で「バイバカオ」とも呼ばれますが、これは「バイ」はタイ語で「葉」の意味となり「バカオ(バジル)の葉っぱ」との意味になります。アジア、オーストラリアの熱帯を原産とし、栽培品種や帰化植物として各地に広がりました。ホーリーバジルはおなじみイタリア料理で大活躍のスウィートバジルの近縁種ですが...

コモンマロウ(ハイマロウ・ブルーマロウ・チージーズ・ウスベニアオイ ) ハーブ苗 9vp Common Mallow

ハーブとアロマテラピー

324

コモンマロウ(ハイマロウ・ブルーマロウ・チージーズ・ウスベニアオイ ) ハーブ苗 9vp Common Mallow

ハーブ名 コモンマロウ科・属学名別名など アオイ科マルバ属 多年草【学 名】Malva sylvestris 【英 名】Common Mallow 【別 名】モルチアナ・ハイマロウ・ブルーマロウ・チージーズ・トールマロウ・ウスベニアオイ・ゼニアオイ サイズ9vp(直径9cmのビニールポット仕様)ポイント♪ヨーロッパ・地中海沿岸地域原産、高さ80~150cm。水はけ良く肥沃な土地と日当たりのよい土壌を好みます。寒さには強く、冬に地上部が枯れる場合がありますが、翌春また出てきます。ただし厳寒地では根を守るためマルチングをおススメします。倒れやすいので支柱をして、暖かいエリアでは秋に剪定をして切り詰めてください。 その他 英語でサンライズティー、フランス語で夜明けのティザーヌ、と呼ばれるほど鮮やかなブルーがレモンを入れることにより一瞬のうちにピンクに変わるステキなハーブティタイムが楽しめます。葉は茹でて野菜として食べることができます。花もエディブルフラワー(食用花)として楽しめます。マロウ類の葉と根はいずれもかつて軟膏や咳止めシロップに使われていました。お花も楽しめる一株育てたい大人気のハーブです。大きな花はガーデンの彩りに添えたい美しさです。 Common Mallow バルクハーブ「マロウブルー」のお茶はこちら

オーデコロンミント(ベルガモットミント・オレンジミント・レモンミント) ハーブ苗 9vp Eau de cologne mint/Bergamot mint

ハーブとアロマテラピー

324

オーデコロンミント(ベルガモットミント・オレンジミント・レモンミント) ハーブ苗 9vp Eau de cologne mint/Bergamot mint

ハーブ名 オーデコロンミント科・属学名別名など シソ科ハッカ属 多年草【学 名】Mentha × piperita Ctrata 【英 名】Eau de cologne mint/Bergamot mint【別 名】ベルガモットミント・オレンジミント・レモンミント サイズ9vp(直径9cmのビニールポット仕様)ポイント♪ペパーミントの変種「メンサ・アクアティカ(M. aquatica)」と「スペアミント(M. spicata)」の自然交雑種といわれています。草丈30-60cm。青い藤色の花を咲かせ、茎も紫色がかった深緑が特徴です。ランナー(地下茎)により栄養繁殖するので、まわりの植物を侵食しないように注意。半日陰まで旺盛に育ち、夏場は水切れを起こさないように管理します。その他 茎が黒く目立つのでガーデンのポイントに。甘い芳しいオーデコロンのようなかぐわしい香りでハーブテーやハーブバスにおススめ。柑橘系にも似た香りで「ベルガモットミント・オレンジミント・レモンミント」の名前でも呼ばれています。お茶でも楽しめますが、香りが強いかもしれません。ポプリやハーブバス、切り花にも楽しめるミントです。 Eau de cologne mint/Bergamot mint

スウィートバジル(バジル・バジリコ・メボウキ) ハーブ苗 9vp Sweet Basil

ハーブとアロマテラピー

324

スウィートバジル(バジル・バジリコ・メボウキ) ハーブ苗 9vp Sweet Basil

ハーブ名 スウィートバジル科・属学名別名など シソ科オキムム属 1年草(原産地では多年草)【学 名】Ocimum basilicum L. 【英 名】Sweet Basil【別 名】バジリコ・メボウキ サイズ9vp(直径9cmのビニールポット仕様)ポイント♪高さ60~100cm。葉は光沢があり、葉脈が目立ち、花は白で花穂を伸ばし穂状に咲きます。水持ちの良い土壌を好みます。水を切らさないように管理します。冬でも沖縄など暖かいエリアなら冬越しできますが、それ以外の地域では、温室または、ぜひ夏の終わりに鉢上げして室内で管理してみてください。熱帯地方原産のバジルは日本ではほとんどのエリアで冬越しができないため一年草扱いされています。暖かい日差しが降り注ぐ窓辺で、夜の冷え込みがないところなら一年中収穫が可能です。少しでも葉を長く収穫するためには、花を咲かせないようにすることがコツです。 その他 大人気のスイートバジル。イタリアで「バジリコ」と言ったらこのバジルのことです。パスタや、サラダ、ピザやカルパッチョにたんまりのせて^^、トマト料理にも。お料理好きなら必須のハーブです。保存はビネガーやオイル漬け、ペーストにしても。イタリア料理の定番「ジェノバペースト(バジリコペースト)」は、こちらのバジルで作ります。 ジェノバペーストレシピ♪ Sweet Basil

ローズマリーレックス:立性紫色(レックスローズマリー・マンネンロウ・シーデュー) ハーブ苗 9vp Rex Rosemary

ハーブとアロマテラピー

324

ローズマリーレックス:立性紫色(レックスローズマリー・マンネンロウ・シーデュー) ハーブ苗 9vp Rex Rosemary

ハーブ名 ローズマリーレックス科・属学名別名など シソ科マンネンロウ属 常緑低木 【学 名】Rosmarius officinalis "Rex" 【英 名】Rex Rosemary 【別 名】レックスローズマリー・マンネンロウ・シーデュー サイズ9vp(直径9cmのビニールポット仕様)ポイント♪高さ100~180cm。地中海沿岸原産、立性、半耐寒性(-5℃まで)。日当たり、水はけのよい場所を好みます。ローズマリーは加湿を嫌うので、乾燥気味に育てます。水のやりすぎに注意。梅雨のムレは嫌うので、茂りすぎた場合は剪定をしましょう。葉の幅が広くツヤツヤした特徴のローズマリーです。花色は紫色の花が咲きます。寒さには比較的強く非常に丈夫な強健種ですが厳寒地では冬越しできませんので鉢などにあげて管理してください。その他 ローズマリーレックスは平葉の大変丈夫な品種です。大きく育ち、生垣に最適!!香りの垣根で道行く人と自分も楽しみましょう。花は綺麗な紫の花を咲かせてくれます。四季咲きなので、環境が合えばほぼ一年中花を咲かせます。花はエディブルフラワー(食用花)としてサラダに。葉は薬用・料理・ティー・染色・クラフト・ガーデニングなど利用範囲が非常に多いハーブです。 Rex Rosemary

コモンセージ(ガーデンセイジ・薬用サルビア・サルビアオフィスナリス) ハーブ苗 9vp Sage

ハーブとアロマテラピー

324

コモンセージ(ガーデンセイジ・薬用サルビア・サルビアオフィスナリス) ハーブ苗 9vp Sage

ハーブ名 コモンセージ科・属学名別名など シソ科サルビア属 常緑小低木【学 名】Salvia officinalis 【英 名】SAGE【別 名】ガーデンセージ・サルビアオフィスナリス・薬用サルビア サイズ9vp(直径9cmのビニールポット仕様)ポイント♪水はけのよい肥沃な土地を好みます。高温多湿に弱く、梅雨の長雨と夏のムレに弱いので刈り込んで風通しをよくし夏を越させます。冬の寒さにも弱く、霜にあたると落葉しますが、翌年また葉を出します。温かい地域では冬越しが常緑で可能です。 その他 スパイスとして利用されています。殺菌力、防腐作用が強いので、主に内臓肉のお料理に使われていました。ソーは肉でソーセージの語源とも言われています。癖が強いので、あまり入れ過ぎないように注意しましょう。ヨーロッパでは、昔からセイジの植えてある家庭に病人はでないということわざがあるほど、貴重な薬草とされていました。日本でも薬用サルビアと言うように、最初は薬草として輸入されてきました。風邪気味の時はセージ茶を飲んで温まりましょう。 Common Sage■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 【英名】common sage/garden sage【仏名】sauge officinale【和名】薬用サルビア【学名】Salvia officinalis 【科・属名】シソ科サルビア属 【原産地域】地中海沿岸【自生地環境】乾燥した水はけのよい土壌【日あたり】ひなた 【水やり】乾燥を好む【開花時期】5~7月【樹高・草丈】30~80cm 【利用法】 昔からセイジの薬用効果はたいへん重要視されていて、属名の「Salvia」サルビアは治療、救助を意味し、「officinalis」は薬効のあると言う意味で、このセージの学名は薬用植物の中でも特に素晴らしいということになりますね...

ローマンカモマイル(ローマカミツレ・ローマンカモミール) ハーブ苗 9vp Chamomail Roman

ハーブとアロマテラピー

324

ローマンカモマイル(ローマカミツレ・ローマンカモミール) ハーブ苗 9vp Chamomail Roman

ハーブ名 ローマンカモマイル科・属学名別名など キク科アンテミス属 多年草【学 名】Chamaemelum nobile/Anthemis nobilis 【英 名】Chamomail Roman 【別 名】ローマカミツレ・ローマンカモミール:仏 サイズ9vp(直径9cmのビニールポット仕様)ポイント♪耐寒性はあるがムレに弱いので梅雨や真夏に刈り込んでムレを防ぐ。香りの芝を楽しみたいなら、春から初夏にかけて立ち上がる花芽を摘み花を咲かせないように管理します。その他 このローマンカモマイルの花言葉は、「逆境に耐えうるエネルギー」 とても頼もしい言葉ですが、どんな困難にも立ち向かう勇気を与えてくれるハーブです。 青りんごのような甘い香りを放つローマンカモマイル。これを芝のように敷き詰めて、香りのじゅうたんを作りましょう。香りのじゅうたんの上で、いくら飛び跳ねて遊んだって、この花言葉のように、いつも元気な姿を見せてくれるでしょう。 「逆境に耐えうるエネルギー」の言葉通り、強く丈夫に繁茂します^^ かわいいお花でお茶も楽しめるローマンカモマイルは、ハーブ好きなら必ず持っていたい、必須ハーブです。 Chamomail Roman

ブッシュバジル(グリーンバジル・グリークバジル) 9vp ハーブ苗 Bush Basil

ハーブとアロマテラピー

324

ブッシュバジル(グリーンバジル・グリークバジル) 9vp ハーブ苗 Bush Basil

ハーブ名 ブッシュバジル科・属学名別名など シソ科オキムム属 1年草(原産地では多年草)【学 名】Ocimum basilicum bar. minimum 【英 名】Bush Basil 【別 名】メボウキ・グリーンバジル・グリークバジルバジル サイズ9vp(直径9cmのビニールポット仕様)ポイント♪高さ30~50cm。こんもりとまるく茂るバジルです。水持ちの良い土壌を好みます。水を切らさないように管理します。冬でも沖縄など暖かいエリアなら冬越しできますが、それ以外の地域では、温室または、ぜひ夏の終わりに鉢上げして室内で管理してみてください。熱帯地方原産のバジルは日本ではほとんどのエリアで冬越しができないため一年草扱いされています。暖かい日差しが降り注ぐ窓辺で、夜の冷え込みがないところなら一年中収穫が可能です。少しでも葉を長く収穫するためには、花を咲かせないようにすることがコツです。 その他 ブッシュバジルはギリシャで一般的なバジルなので、別名グリークバジルと言われます。スウィートバジルの変種で同様の香りです。ちっちゃな葉っぱの、矮性のバジルで、細かな葉はサラダの彩にも最適^^ブッシュとは茂みのこと…その名の通りまあるくこんもりと茂ります。ガーデンのふちどりに最適です。こじんまりと小さな小葉がかわいく集合した、まるで木のような姿のバジルです。…といっても、ほんとの木のように大きくなりません^^;ベランダ栽培でもご安心を!葉っぱが小さいのでお料理にもそのまま振りかけていただくだけ!使いやすいバジルです。サラダやスープに、その他のお料理にスウィートバジルの様にご使用ください。鉢でも育てやすいバジルです。 Bush Basil

シナモンバジル(メボウキ) ハーブ苗 9vp Cinnnamon Basil

ハーブとアロマテラピー

324

シナモンバジル(メボウキ) ハーブ苗 9vp Cinnnamon Basil

ハーブ名 シナモンバジル科・属学名別名など シソ科オキムム属 1年草(原産地では多年草)【学 名】Ocimum basilicum "cinnamon" 【英 名】Cinnnamon Basil 【別 名】メボウキ サイズ9vp(直径9cmのビニールポット仕様)ポイント♪高さ60~100cm。水持ちの良い土壌を好みます。水を切らさないように管理します。冬でも沖縄など暖かいエリアなら冬越しできますが、それ以外の地域では、温室または、ぜひ夏の終わりに鉢上げして室内で管理してみてください。熱帯地方原産のバジルは日本ではほとんどのエリアで冬越しができないため一年草扱いされています。暖かい日差しが降り注ぐ窓辺で、夜の冷え込みがないところなら一年中収穫が可能です。少しでも葉を長く収穫するためには、花を咲かせないようにすることがコツです。 その他 株全体にシナモンの高貴な甘い香りがあるバジルはメキシコで品種改良され生まれました。樟脳の香りを持ちクリアなあまいシナモンの香りが広がります。葉と茎が赤みをおびた紫で、花はやさしいピンク色です。カレーのトッピング、スパイスを利かせた豆料理や野菜炒め、シャープなエスニックサラダなどに^^ 花束やポプリなどにも。 Cinnnamon Basil

セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ) ハーブ苗 9vp St.John's Wort

ハーブとアロマテラピー

324

セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ) ハーブ苗 9vp St.John's Wort

ハーブ名 セントジョーンズワート科・属学名別名など テリハボク科オトギリソウ属 多年草【学 名】Hypericum perforatum 【英 名】St.John's Wort 【別 名】セイヨウオトギリソウ サイズ9vp(直径9cmのビニールポット仕様)ポイント♪草丈30~100cm。 日当たり、水はけのよい土を好みます。直立する茎は上部で分岐して初夏に黄色の5弁花の頭状花を房状につけ、花はレモンに似た香りがします。対生する葉は披針形で先は丸く、光に透かすと斑点が見えます。耐寒性はあります。その他 万能のハーブとして知られるセントジョーンズワートは、昔は魔除けとされていたこともありました。バルサムの香りのする葉は、地上部全体を刈りとり乾燥してハーブティとします。 また、リキュールの香り付け等に利用されます。レモンの香りのする黄色の花は、切り花や染色、打ち身やねん挫などの外用薬等に利用し、葉・花ともに精神を安定してくれると言われるハーブです。睡眠前のハーブティを楽しんだり、ドライにしたものを枕元においてもいいでしょう。 St.John's Wort■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 【別名】セイヨウオトギリソウ 【学名】Hypericum perforatum 【科・属名】テリハボク科オトギリソウ属 【原産地域】ヨーロッパ、アメリカ 【自生地環境】多年草 【日あたり】日向 【水やり】普通 【開花時期】初夏 【樹高・草丈】30-100cm 【特徴】 学名のperforatumは光にかざすと見える葉にある小さな窓(油点)に由来します。セント・ジョーンズ・ワート(英: St. John's wort)は、一般的にセイヨウオトギリソウ(Hypericum perforatum、西洋弟切草、英語では Klamath weed、Goat...

グロッソラヴェンダー(ラベンダーグロッソ・ラヴァンジングロッソ) ハーブ苗 9vp Grosso Lavender

ハーブとアロマテラピー

324

グロッソラヴェンダー(ラベンダーグロッソ・ラヴァンジングロッソ) ハーブ苗 9vp Grosso Lavender

ハーブ名 グロッソラヴェンダー科・属学名別名など シソ科ラヴァンドュラ属 常緑小低木【学 名】Lavandula × intermedia 'Grosso' 【英 名】Grosso Lavender【別 名】ラヴェンダーグロッソ・ラヴァンジングロッソ(ラバンジングロッソ) サイズ9vp(直径9cmのビニールポット仕様)ポイント♪草丈40~70cm。 グロッソはフランスでの改良品種で暖地でも強い品種です。イングリッシュラベンダーとスパイクラベンダーとの自然交配や人工交配によって生まれた品種をラバンジンとよびます。真正ラベンダーは耐寒性はありますが、耐暑性がないためフランスで営利生産するために暑さに強く良質の香料が取れる品種を作出しました。南プロヴァンス(仏)でたくさん生産され香料(精油)を採取しています。ただし、その分耐寒性は弱くなり、-10℃以下になると枯れてしまう場合がありますので、厳寒地には向きません。関東以西の暖地地域では冬越し可能、夏の暑さにも耐えるラバンジン系のラベンダーをおススメします。乾燥を好み、排水のよい土壌で育てます。ムレを嫌うので花後は花穂を刈り取りムレを防いでください。翌年もたくさんの花を楽しめます。成長がゆっくりなラヴァンジン系は3年目より花が楽しめます。その他 フランス人のグロッソさんが作った品種なのでこの名前があります。花穂が長いのでラベンダースティック作りや、リースに向きます。ドライフラワーにしても良い香りを放ちます。香りがよいのでポプリや精油を蒸留したり、切り花・ドライフラワー・観賞用、お茶など色々な楽しみ方があります。 Grosso Lavender■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ラベンダー類1 *イギリス、フランス、富良野などもっとも有名な種類です。 スパイカ種 「アンガスティフォリア系・スパイク系...

ローズマリーロゼア:立性薄桃色花 (ロゼアピンクローズマリー・マンネンロウ・シーデュー) ハーブ苗 9vp Roseus Rosemary

ハーブとアロマテラピー

324

ローズマリーロゼア:立性薄桃色花 (ロゼアピンクローズマリー・マンネンロウ・シーデュー) ハーブ苗 9vp Roseus Rosemary

ハーブ名 ローズマリーロゼア/ロゼアピンクローズマリー科・属学名別名など シソ科マンネンロウ属 常緑低木 【学 名】Rosmarius officinalis 'Roseus' 【英 名】Roseus Rosemary 【別 名】マンネンロウ・シーデュー サイズ9vp(直径9cmのビニールポット仕様)ポイント♪高さ100~200cm。地中海沿岸原産、立性、半耐寒性(-5℃まで)。日当たり、水はけのよい場所を好みます。ローズマリーは加湿を嫌うので、乾燥気味に育てます。水のやりすぎに注意。梅雨のムレは嫌うので、茂りすぎた場合は剪定をしましょう。直立型の立性で、早春に淡い桃色の花を咲かせます。少し明るい色の葉は生け垣に仕立てても美しい品種です。半耐寒性なので厳寒地では冬場は鉢上げして管理してください。その他 名前のロゼアはローズ(バラ)の意味で、バラ色=ピンク色を連想させますが、バラ色より薄く、桃色に近い感じです。花の最盛期は春先で、夏はほとんど花がつきません。気温が下がれば秋にもちらちら花をつけます。半耐寒性なので寒いエリアの方は室内に取り込む、マルチングをするなど管理をしてください。花はエディブルフラワー(食用花)としてサラダに。葉は薬用・料理・ティー・染色・クラフト・ガーデニングなど利用範囲が非常に多いハーブです。 Roseus Rosemary

マーシュ(コーンサラダ・ノヂシャ・ラムズレタス・ラムレタス) ハーブ苗 9vp Mâche/Corn Salad

ハーブとアロマテラピー

324

マーシュ(コーンサラダ・ノヂシャ・ラムズレタス・ラムレタス) ハーブ苗 9vp Mâche/Corn Salad

ハーブ名 コーンサラダ科・属学名別名など オミナエシ科ノヂシャ属 1・2年草【学 名】Valerianella locusta【英 名】Corn salad【別 名】マーシュ(仏)・ノヂシャ・ラムズレタス・ラムレタス サイズ9vp(直径9cmのビニールポット仕様)ポイント♪肥沃な土地を好みます。葉はへら状で色は柔らかいグリーンで、赤みを帯びることもあります。よく枝分かれしてたくさんの葉をつけて茂ります。春に薄い藤色の小花を茎の先端にまとめて咲かせます。葉を食用のために栽培する場合は花が咲かないように花芽は適時摘んでください。その他 主に若葉を生で食べるサラダ野菜です。大きめに生長した葉は、歯ざわりがなくならない程度にさっと湯通ししてもおいしく食べられます。味は淡泊でさくさくした歯ざわりでアクもなくくせがない美味しいハーブです。 ビタミンCや鉄分、カルシウムやミネラルがたくさん含まれ、サラダや肉料理の付け合せやサンドイッチ、バターいために最適です。 マーシュはフランス名で英語はコーンサラダ。とうもろこし畑の雑草だったことから「コーンサラダ」と呼ばれています。また、別名の英名:ラムズレタスは羊の耳に葉っぱが似ていることからつけられています。 Mâche■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 【英名】コーンサラダ 【別名】マーシュ(仏)・ノヂシャ・ラムズレタス・ラムレタス【学名】Valerianella locusta 【科・属名】オミナエシ科ノヂシャ属 【原産地域】ヨーロッパ 【自生地環境】1・2年草 【日あたり】日向 【水やり】やや湿りめ 【開花時期】4月-6月 【樹高・草丈】15cm~30cm 【利用法】 ヨーロッパより明治時代長崎に渡来し栽培されたものが帰化植物となり全国に分布します。ビタミンC、B1、B12...

レモンバーベナ(レモンセンテッドヴァーヴェナ・ベルベイヌ・コウスイボク) ハーブ苗 9vp Lemon scented verbena

ハーブとアロマテラピー

324

レモンバーベナ(レモンセンテッドヴァーヴェナ・ベルベイヌ・コウスイボク) ハーブ苗 9vp Lemon scented verbena

ハーブ名 レモンバーベナ科・属学名別名など クマツヅラ科イワダレソウ属【学 名】Aloysia triphylla【英 名】Lemon scented verbena【別 名】コウスイボク・ベルベーヌ・ボウシュウボク サイズ9vp(直径9cmのビニールポット仕様)ポイント♪水はけのよい土地を好みます。半耐寒性なので、関東以北での冬越しは鉢にあげて室内に入れるか、マルチングをして霜を防ぎます。葉は鮮やかな緑色で、甘く爽やかなレモンの香りがします。花は白色か淡紫色の小花を茎頂に円錐花序にまばらにつけ、茎頂近くの葉腋には総状花序につけます。若い枝は方形で葉とともにざらつきます。 その他 料理の香り付けやオイル、ビネガーに漬けたりポプリなどにも利用用途が多いハーブです。 レモンの香りがとてもさわやかで、おいしいハーブティーが楽しめます。 ハーブティーが苦手な方もおいしくいただけます♪ Lemon scented verbena■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 【別名】ベルベーヌ 【和名】コウスイボク・ボウシュウボク【学名】Aloysia triphylla 【科・属名】クマツヅラ科イワダレソウ属 【原産地域】南米:アルゼンチン・チリの温帯地域 【自生地環境】低木 【日あたり】日向 【水やり】普通 【開花時期】初夏 【樹高・草丈】高さ60cm~250cm 【利用法】 アルゼンチン、チリ、ペルー原産の低木で、属をLoppiaに入れることがあります。種小名のキトリオドラータは"レモンの香りのする"という意味です。葉は鮮やかな緑色で、甘く爽やかなレモンの香りがします。レモンバーベナの葉の精油成分はリモネン、ゲラニオール、ベルベロンなどで、鎮静薬、強壮、消化剤にされます。 フレッシュでも収穫してドライにしても香りたかい香りが楽しめます。お茶はお料理...

レモンバーム(メリッサ・コウスイハッカ・セイヨウヤマハッカ・ビーバーム) ハーブ苗 9vp Lemon Balm

ハーブとアロマテラピー

324

レモンバーム(メリッサ・コウスイハッカ・セイヨウヤマハッカ・ビーバーム) ハーブ苗 9vp Lemon Balm

ハーブ名 レモンバーム・メリッサ・ビーバーム科・属学名別名など セリ科オランダゼリ属 1・2年草【学 名】Melissa officinalis 【英 名】Lemon Balm 【別 名】コウスイハッカ(香水薄荷)・セイヨウヤマハッカ(西洋山薄荷) サイズ9vp(直径9cmのビニールポット仕様)ポイント♪肥沃で湿り気のある土壌を好む。旺盛に繁茂するので暖かい場所なら通年収穫が可能です。たくさん収穫したら、ドライにして クッキング、お茶、ハーバルバス、ポプリなどいろいろ楽しめます。 その他 葉はシトラールを含みレモンの香りがします。夏の終わりに蜜を持った小さな白い花をつけ、それはミツバチをひき寄せることにより、「ビーバーム」とも呼ばれています。 すぐに大きくなり、とても育てやすいハーブです。 レモンの香りがとてもさわやかで、おいしいハーブティーが楽しめます。 ハーブティーが苦手な方もおいしくいただけます♪ Lemon Balm■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 【別名】レモンバーム・メリッサ・ビーバーム 【和名】コウスイハッカ(香水薄荷)・セイヨウヤマハッカ(西洋山薄荷) 【学名】Melissa officinalis 【科・属名】シソ科コウスイハッカ属 【原産地域】ヨーロッパ南部 【自生地環境】多年草 【日あたり】日向 【水やり】多く 【開花時期】初夏 【樹高・草丈】高さ50~70cm 【利用法】 四角形の茎はよく枝分かれして花は白く、茎の上部の葉腋に輪散状となって咲きます。日本ではコウスイハッカと呼ばれ、さわやかな甘い香りが特徴です。 新鮮な若葉を摘んでハーブティを煎れれば、とても飲み易くほっとリラクッスな時間を提供してくれます。 サラダや肉料理、ゼリーやジャムなどのデザートやハーブビネガーなどいろいろ楽しむことができるハ...

ロケットサラダ(ルッコラ・エルーカ・キバナスズシロ) ハーブ苗 9vp Rocket salad/Rucola

ハーブとアロマテラピー

324

ロケットサラダ(ルッコラ・エルーカ・キバナスズシロ) ハーブ苗 9vp Rocket salad/Rucola

ハーブ名 ロケット(ロケットサラダ)・ルッコラ(ルーコラ)・エルーカ科・属学名別名など アブラナ科キバナスズシロ属 1・2年草【学 名】Eruca vesicaria ssp.sativa 【英 名】Rocket salad【別 名】ガーデンロケット・アルガラ・キバナスズシロ(黄花蘿蔔) サイズ9vp(直径9cmのビニールポット仕様)ポイント♪日当たりのよい場所を好んで育つ。水はけがよく、湿り気があり、有機質を多く含んだ栄養豊富な土が適している。病気になりにくいロケットは育てやすいハーブの一つですが、アブラムシがつきやすいので注意。プランターで容易に栽培できるので、家庭菜園向きです。 食用としてはを利用する場合は、花を咲かせないように管理します。花はエディブルフラワーとして食べられますので、サラダや付け合わせなどに^^ その他 日本ではイタリア料理の普及とともに一般に知られるようになったため、ロケット(英語: rocket) よりもイタリア名:ルッコラの方が知名度が高いハーブです。 ゴマの香りのロケットは、パスタやピザの上にたっぷりトッピングしたり、カルパッチョにもたっぷり添えて♪イタリアでは定番ハーブだけど、いまや日本でも大人気のハーブです。 いつものグリーンサラダにルッコラも加えて、ゴマドレッシングが何といっても美味ですね。 Rocket salad■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 【別名】(英)Rocket サラダロケット(伊)ルッコラ(仏) Roquette、エルーカ、(和)キバナスズシロ(黄花蘿蔔)【学名】Eruca vesicaria ssp.sativa(エルーカ) 【科・属名】アブラナ科キバナスズシロ属 【原産地域】地中海沿岸、アジア西部 【自生地環境】1・2年草 【日あたり】日向 【水やり】やや湿りめ 【開花時期】秋...

レモンベルガモット(レモンセンテッドモナルダ) ハーブ苗 9vp Lemon Bergamot

ハーブとアロマテラピー

324

レモンベルガモット(レモンセンテッドモナルダ) ハーブ苗 9vp Lemon Bergamot

ハーブ名 レモンベルガモット科・属学名別名など シソ科ヤグルマハッカ属 1・2年草 【学 名】Monarda citriodora【英 名】Lemon Bergamot 【別 名】 サイズ9vp(直径9cmのビニールポット仕様)ポイント♪高さ60-120cm。北米東部原産、半耐寒性(-5℃まで)。屋外の日当たりの良い場所から半日陰、水もち水はけのよい場所を好みます。一年草のベルガモットです。鮮やかな緑色の葉はレモンの香りを持っています。直立した枝に、華やかなピンク色の花を輪状に咲かせます。開花期が長くボリュームもあるので、ボーダー花壇に向いています。多湿にならないように風通しを良くしてやりましょう。湿気が多いとウドンコ病になりやすいので注意してください。花がら摘みをこまめに行うと長期間咲き続けます。その他 レモンとオレガノをミックスしたような香りの若葉はサラダに、肉や豆料理の風味づけに使用します。乾燥した葉は、ポプリ、染色剤に使われ、美しい花は観賞として切り花、花壇に。お茶やお風呂に入れると、安眠、リラックス、消化促進、疲労回復、肌を美しくする効果があるとされています。ボリュームのある花は、花もちが良いので切り花やドライフラワーにしても楽しみましょう。 Lemon Bergamot

チコリ(アンディーブ・サッカリー・キクニガナ) ハーブ苗 9vp Chicory

ハーブとアロマテラピー

324

チコリ(アンディーブ・サッカリー・キクニガナ) ハーブ苗 9vp Chicory

ハーブ名 チコリー科・属学名別名など キク科キクニガナ属 多年草【学 名】Cichorium intybus 【英 名】Chicory【別 名】アンディーブ・サッカリー・和名:キクニガナ サイズ9vp(直径9cmのビニールポット仕様)ポイント♪日当たりと排水がよく肥沃で中性からアルカリ性の土壌を好みます。チコリはヨーロッパ原産の太い直根のある多年草で、とても大きく高さ1~1.5mになります。葉は大きく楕円形化長円形で切れ込みがあります。5~6月に太い花茎をのばして、葉腋に頭状花をつけます。花は薄青色のデイジーのような花で、次々と咲きます。朝開いて午後に閉じる一日花です。 その他 太く育ったチコリの根は、乾燥させてローストすればハーブコーヒーとしてカフェインレスのコーヒーが楽しめます。チコリコーヒーは利尿効果が優れています。寝る前は控えたほうがいいでしょう。 また、春先に葉が出始めた時に土をかぶせ軟白栽培をすれば、白菜のようなチコリが作れます。これはよくレストランやデパートの野菜売り場で見かけるチコリと同じもの。サラダに入れたり、チコリプレートとしてオードブルを飾ってもいいですね。ほろ苦い病み付きの味ですね。 Chicory■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 【英名】チコリー【別名】アンディーブ・サッカリー 【和名】キクニガナ(菊苦菜) 【漢名】菊苣(キクキョ) 【学名】Cichorium intybus 【科・属名】キク科キクニガナ属 【原産地域】ヨーロッパ・西アジア・北アフリカ 【自生地環境】日当たりと排水がよく肥沃土壌【日あたり】ひなた 【水やり】普通【開花時期】5~7月【樹高・草丈】100~150cm 【利用法】 タンポポと同様に、刻んだ根をいぶって、コーヒーのように飲みます。1806年ヨーロッパではナポレオンによる大陸封鎖令の時に代...

ワイルドストロベリー(エゾヘビイチゴ) ハーブ苗 9vp Wild Strawberry

ハーブとアロマテラピー

324

ワイルドストロベリー(エゾヘビイチゴ) ハーブ苗 9vp Wild Strawberry

ハーブ名 ワイルドストロベリー科・属学名別名など バラ科ダチェスネア属 多年草【学 名】Fragaria vesca 【英 名】Wild Strawberry【別 名】エゾヘビイチゴ・ヨーロッパクサイチゴ サイズ9vp(直径9cmのビニールポット仕様)ポイント♪草丈15~20cm。日当たりの良い場所を選び肥料を少し入れやや保湿の高い土に植えます。肥料は実を収穫するためなら果実用、葉を収穫するためなら野菜用が良いでしょう。土が乾燥しない程度に水遣りをします。お水をあげるときはたっぷりと。春に花が咲き、初夏には実がなります。実を収穫したらまた少し肥料を与えます。ワイルドストロベリーはランナーと呼ばれる葉を出し増えていきます。ランナーが出たらそのまま少し土をかけてあげるとそこから勢いよく繁茂してきます。 その他 幸せを運ぶと言われているワイルドストロベリー(蝦夷蛇苺:ヨーロッパ草苺)。このハーブを育てて、実をならすと幸せを呼ぶと言われています。葉のハーブティは精神安定作用や強壮作用があります。イチゴの野生種で、果実は生のままで食べられます。春に開花し、順次かわいい赤い実をつけます。ジャムにするといいでしょう。少し甘酸っぱいジャムは、とても栄養価の高い健康食です。 Wild Strawberry

カラミント(カラミンサ・コモンカラミント・アウンテンバーム) ハーブ苗 9vp Calamint

ハーブとアロマテラピー

324

カラミント(カラミンサ・コモンカラミント・アウンテンバーム) ハーブ苗 9vp Calamint

ハーブ名 カラミント科・属学名別名など 多年草【学 名】Calamintha Nepeta (新)Clinopodium nepeta 【英 名】Calamint【別 名】カラミンサ・コモンカラミント・アウンテンバーム サイズ9vp(直径9cmのビニールポット仕様)ポイント♪初心者におススメ♪水はけのよい土を好むが、土質を選ばず明るい場所ならよく育ちます。寒さに強く、こぼれダネでもどんどん増え丈夫なハーブです。ムレには弱く軽く剪定して風通しを良くしてください。冬に地上部が枯れても翌春にまた芽生えます。真夏は花が少なくなるものの、初夏から秋まで長期間花が楽しめます。その他 カラミントはミントの近縁種で、ミントに似たすがすがしくさわやかな香りがします。小さな桃紫の小さな花を次から次へと長期間咲かすカラミントは、ガーデンの彩にかわいらしいハーブです。葉はハーブティーで楽しめます。葉の持つ風味を活かして、少量を肉や魚料理の香り付けに利用することもできます。切り花やサラダやデザート、ポプリ、ハーブティなどに。妊婦さんは避けましょう。 Calamint■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 【学名】Calamintha Nepeta (新)Clinopodium nepeta 【別名】カラミンサ、コモンカラミント・アウンテンバーム 【原産地域】南ヨーロッパ、地中海沿岸 【自生地環境】多年草 【日あたり】ひなた、または明るい日陰【水やり】やや湿りめ 【開花時期】5月中旬~11月上旬 【樹高・草丈】15~50cm【利用法】菓子、料理、薬用 ギリシャ語の「美しい」と「ハッカ」からできた名前が、「カラミント」だといわれます。 以前は薬として利用されてきました。葉を生のまま刻んで、肉や魚介類の料理に加えて臭み消しなどに使います...

ローズマリーミスジェサップ:立性青花(ミスジェサップローズマリー・マンネンロウ・シーデュー) ハーブ苗 9vp Rosemary Miss Jessop

ハーブとアロマテラピー

324

ローズマリーミスジェサップ:立性青花(ミスジェサップローズマリー・マンネンロウ・シーデュー) ハーブ苗 9vp Rosemary Miss Jessop

ハーブ名 ローズマリーミスジェサップ科・属学名別名など シソ科マンネンロウ属 常緑低木 【学 名】Rosmarius officinalis"Miss jessopp's Upright"【英 名】Rosemary Miss Jessop 【別 名】ミスジェサップローズマリー・マンネンロウ・シーデュー・コルシカンブルー サイズ9vp(直径9cmのビニールポット仕様)ポイント♪高さ50~180cm。地中海沿岸原産、立性、耐寒性(-10℃まで)。日当たり、水はけのよい場所を好みます。ローズマリーは加湿を嫌うので、乾燥気味に育てます。水のやりすぎに注意。梅雨のムレは嫌うので、茂りすぎた場合は剪定をしましょう。生育が早く背が高く育ちます。葉は細葉、よく分岐するしっかりした枝葉に青紫の花をたくさん咲かせます。寒さに強く非常に丈夫な品種です。その他 イギリスで昔より栽培されている耐寒性の強いローズマリーです。ミスジェサップには匍匐性品種もありますが、こちらは立性です。立性のほうが耐寒性があります。四季咲きなので、環境が合えばほぼ一年中花を咲かせます。花はエディブルフラワー(食用花)としてサラダに。葉は薬用・料理・ティー・染色・クラフト・ガーデニングなど利用範囲が非常に多いハーブです。 Rosemary Miss Jessop

コモンヤロウ・レッド(ヤローレッド・セイヨウノコギリソウ) ハーブ苗 9vp Common Yarrow Red

ハーブとアロマテラピー

324

コモンヤロウ・レッド(ヤローレッド・セイヨウノコギリソウ) ハーブ苗 9vp Common Yarrow Red

ハーブ名 ヤロウレッド科・属学名別名など キク科ノコギリソウ属 多年草【学 名】Achillea millefolium 【英 名】Yarrow red【別 名】セイヨウノコギリソウ・ハゴロモソウ・アキレス・アキレア・ミリフォリア サイズ9vp(直径9cmのビニールポット仕様)ポイント♪草丈30~80cm。葉は細長い羽状複葉で、細かく裂けた葉の形がノコギリ刃のようなので和名でノコギリソウと呼ばれます。茎は丈夫で直立し綿毛に覆われ株立ちになります。赤い小さな花が密集して傘状のかたまりになる独特の花姿をしています。日当たり水はけが良くやや湿り気ある土を好みますが非常に丈夫で土質をあまり選びません。乾燥させすぎるとうどんこ病になりますので注意してください。花が終わったら株元から刈り込み新芽を出させます。その他 コモンヤローには白・ピンク・赤・オレンジ・ローズと様々な花色があります。ヤロウレッドはやさしい赤い色の花が特徴です。ギリシャ時代には薬草として知られていたヤローの葉と花のお茶には消化促進や風邪に効果があります。葉には止血、炎症を抑え、保湿や美肌効果も。葉はサラダなどで食べられますが、キク科独特の苦みがあります。花は切花やドライフラワーとして楽しめます。 Yarrow Red

人気の花・ガーデニング用品の夏白菊、発売中!当社自慢の一品を比較して下さい!素敵な庭を演出する花・ガーデニング用品。ガーデニングが素敵になる夏白菊が見つかる!素敵なお庭作りに必須なアイテムをそろえましょう♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、花・ガーデニング用品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい花・ガーデニング用品が充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「夏白菊」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ