「ロドレイア」 の関連商品を含む検索結果 1件

【現品】ロドレイア レッドファンネル 8号 高さ約1.4m(ポット含む) 07023 (J8)

千草園芸

6,264

【現品】ロドレイア レッドファンネル 8号 高さ約1.4m(ポット含む) 07023 (J8)

※写真の商品をお送りします。 写真は18年7月9日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 187a-u 送料はL-1 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください)ロドレイア 分類: マンサク科ロドレイア属の落葉中高木学名: Rhodoleia championil / Rhodoleia henryi cv. Red Funnel原産: 東南アジアから中国南部 別名: シャクナゲモドキ 開花期: 2– 4月樹高: 5ー8m栽培敵地: 東北南部以南 日本に導入されたものの花色はピンクから濃紅色で、直径5cmほどの花が枝先に房状に集って下向きに咲きます。花の付き方や葉・樹姿がシャクナゲに似ているので別名をシャクナゲモドキと呼ばれます。 大変丈夫で育てやすい花木です。若木の内肥料を与え、よく成長させるとやや花付きが悪くなります。 鉢植えでは小さいうちから開花します。 水はけのよい日当たりを好む暖地性の樹木ですが、寒さにも比較的強く氷点下を下回る気温にも耐え、葉の色が変わる程度です。 耐寒性は温州ミカンと同程度かやや強く、ミカンの出来るところならば大丈夫です。 多少の日陰にも耐えますが、花付きは日当たりに比較すると悪くなりますから、日当たり向きの樹木といえます。樹形は自然に円錐型を形成しやすいのですが、背丈が高くなりますから、剪定で抑制したほうがよいでしょう。剪定するとどこからでもよく芽吹きます。

こちらの関連商品はいかがですか?

【現品】サルスベリ 苗木 ピンク 8号 9141 (k4)

千草園芸

3,780

【現品】サルスベリ 苗木 ピンク 8号 9141 (k4)

写真の商品をお送りします。 写真は18年9月14日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。189b-u 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)サルスベリ 【分類】ミソハギ科サルスベリ属 の落葉中高木 【学名】Lagerstroemia indica L 【別名】百日紅=ヒャクジツコウ 【原産】中国 【用途】庭植え、鉢植え 【開花期】7月-10月 【成木】2m~10m 【栽培適地】東北地方以西 サルスベリは、猿も滑り落ちてしまうくらいのつるつるとした幹が名の由来です。中国南部を原産とし、春に伸びた枝の先端に夏から秋の長期間花を咲かせます。 必要以上に巨大化しないことから、公園などにもよく植えられています。 サルスベリの仲間(ラジェルストリーミア属)は熱帯アジアを中心として、アジア、オーストラリアにおよそ30種が分布します。 樹皮が秋から冬はがれて滑らかになり縞模様が現れます。暑さには強いのですが、落葉樹であるにもかかわらず寒さには弱く東北地方北部以北の寒冷地での植栽は不向きとなります。 ●育て方のポイント● 日当たりのよい肥沃な土壌を好みます。暑さに強く、寒さにもある程度は強いのですが、霜に当たると葉っぱが茶色くなって枯れこむことがあります。 剪定は落葉期に行います。大きくしたい場合は、外しに伸びた枝を残し風通しを悪くしないように混み合った枝を切り取ります。 花は良く伸びた枝の先端に立派な花を咲かせますから細い小さい枝はあまり残さないようにします。 剪定を毎年同じ位置で繰り返すと、切り口が肥大してげんこつのようなこぶになります。げんこつ仕立てとも呼ばれますが、こぶが大きくなると見た目に良くないので数年に1回はこぶを切り落とすとよいでしょう。 太い枝を切った場合は、切り口に癒合剤を塗っておきましょう...

【現品】銀モクセイ(ギンモクセイ)苗木 1.4m 50310

千草園芸

5,400

【現品】銀モクセイ(ギンモクセイ)苗木 1.4m 50310

写真の商品をお送りします。 写真は18年5月3日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。184e-u 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) こちらはヤマト便でのお送りとなりますので、日付の指定はできますが、 時間帯の指定ができません。銀木犀(ギンモクセイ) 【分類】モクセイ科モクセイ属の常緑小高木 【学名】Osmanthus fragrans Nakai 【原産】中国南西部 【開花期】9~10月 【樹高】5m 【栽培適地】関東地方以南 ●ギンモクセイの特徴● 銀モクセイは、シキザキモクセイより樹高は低い性質で、四季咲きモクセイの歪性種といえます。小さくても開花し、成長は遅く、節が詰まっているので生垣などに利用できます。 香りの強いことで知られている「キンモクセイ」はギンモクセイの変種とされています。花の香りもキンモクセイほどは強くありません。 葉先がとがったヒイラギモクセイもギンモクセイと呼ばれることがありますが、別種のものです。雌雄異株ですが、日本には御株しか導入がなく、種をつけることはありません。 実をつけたとの報告がありますが、種があるのか、発芽したとのニュースは聞いたことが無いので交配でできたものではないと思われます。 開花期は長く、真夏は休みますが、冬期でも10℃あれば咲きつづけます。暖かいときは白い花を咲かせますが、気温が低いと黄色くなります。 ●育て方のポイント● 水はけの良い日当たりを好みます。寒さには弱いので、寒地での栽培には適していません。関東地方以南での露地植えが可能です。 生育は遅めで、背丈は年に20cmくらいしか大きくなりません。性質は強く、普通の庭木として特に気を使うことも無く栽培できます。 ●剪定と病害虫対策● 新芽のふく春前に形を整え...

【現品発送】モミジ 獅子頭(シシガシラ) 10号鉢植え約1.0m 05013 落葉樹 盆栽 庭木

千草園芸

6,480

【現品発送】モミジ 獅子頭(シシガシラ) 10号鉢植え約1.0m 05013 落葉樹 盆栽 庭木

※写真の商品をお送り致します。 写真は18年5月3日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。184d-u 送料はLサイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) シンボルツリー 落葉樹 紅葉 盆栽モミジ(紅葉)カエデ(楓) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum 【別名】カエデ、イロハモミジ、タカオカエデ 【語源】葉がカエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれ、それが変化したようです。 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】10~15m 【開花期】4月~5月 一般的にモミジとカエデの呼び分けは、カエデ属の中で紅葉の美しいものをモミジと呼んでいるそうです。 また、葉と葉の切れ込みの間が深い方がモミジで、葉と葉の切れ込みが浅い方がカエデと区別されることもあるようで、はっきりした基準はありません。 園芸品種は約300種類あると言われ、非常に多いです。 大きく分け「ヤマモミジ」「イロハモミジ」「オオモミジ」の3種があります。 しかし、それらの中にも色々な品種(原種)があり、それらの原種のほかにも多くの園芸品種(選抜品種や改良品種)もあります。 それらの分類は地方変異が大きい、学者によって意見が異なるなど、非常にむずかしいようで「ヤマモミジ」と「イロハモミジ」は混同して扱われている事が多いので当方でも区別することなく、取り扱っております。 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので、一日中日の当たる場所は避けたほうが良いでしょう。 夏に乾燥させると葉の周りが枯れ込んだり、枯れ枝が発生することがあります。...

【マホニア コンフューサ】10号ポット 樹高約1.4m 細葉柊南天(ホソバヒイラギナンテン)業平柊南天(ナリヒラヒイラギナンテン)(マホニア コンフーサ)

全2商品

7,020

【マホニア コンフューサ】10号ポット 樹高約1.4m 細葉柊南天(ホソバヒイラギナンテン)業平柊南天(ナリヒラヒイラギナンテン)(マホニア コンフーサ)

お届けの 商品の状態 樹高約1.4m前後(根鉢を含む) 10号(直径30センチ)ポット入り 商品の写真はお届け商品の見本品を載せております。 "まほにあ こんふゅうさ、ほそばひいらぎなんてん、なりひらひいらぎなんてん、まほにあ こんふうさ 、こんふーさ、こんふゅーさ " 商品の特徴 【科属名】 メギ科マホニア属属の常緑低木です。 【花期】 11月頃です。 【用途】 グランドカバー、庭園、寄せ植え、生垣などに利用される。 【特徴】 近縁種のヒイラギナンテンに比べ、て羽状複葉の小葉が細長く、棘がないため、繊細な雰囲気があり、洋風の庭に良く似合いやさしい雰囲気をかもし出し、最近人気が高い。 南天は「難転」に通じる事から、古くから縁起木、厄除けとして庭に植えられています。 日当たりの良い場所を好みますが、日当たりの悪い場所でも育ちます。 露地栽培は南東北地方以南で可能です。 花の少ない時期に枝先に黄花を咲かせる。 病害虫は少ない。 庭植え鉢植えどちらでも栽培出来ます。 【剪定】 放任栽培でもある程度は樹形は整います。 形を整える場合は、開花後に剪定をする。 【水やり】 庭植えの場合は、活着後は夏の極端な乾燥時以外は必要は有りません。 鉢植えは生育中は水切れに注意してください。 【肥料】 施肥をしなくても育ちますが、1~2月頃に油かす等の寒肥を施肥するか、3月頃に緩効性の化成肥料を施肥する。 1梱包で 送れる商品数 この商品は、1梱包に1鉢での発送になります。 なお、他の商品で同一梱包にて発送できる品も有ります。

【現品発送】モミジ 獅子頭(シシガシラ)樹高0.8-0.9m(根鉢含まず)

ぐりーんぐりーん

7,800

【現品発送】モミジ 獅子頭(シシガシラ)樹高0.8-0.9m(根鉢含まず)

送料は全国一律1,700円 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) 【現品発送】写真の商品を発送致します。 ※下の写真をクリックすると画像が大きく表示されます。(株元の写真も見れますよ!!) 新着! 商品番号: SS01(0.8m) 新着! 商品番号: SS02(0.9m) 新着! 商品番号: SS03(0.8m) 新着! 商品番号: SS04(0.9m) 新着! 商品番号: SS05(0.9m) 新着! 商品番号: SS06(0.8m) [S2]モミジ・カエデ 紅葉の美しさは一番 モミジ(新緑) モミジ(紅葉) 野村モミジ ハナカエデ(新緑) ハナカエデ(紅葉) “モミジ"は、春の新緑、夏の緑陰と葉影、秋の紅葉と四季を通して庭を楽しませてくれます。4~5月、葉が出ると同時に暗赤色の小さな花が、たれさがって咲く。 “カエデ"は、春から秋まで楽しめる伝統的なカラーリーフツリーです。園芸種により、赤、黄、オレンジ、複色など多彩な色を楽しむ事が出来る。春の新芽の時期も、紅葉と同様にとても美しく魅力の一つです。庭の彩りとして植栽したい植木の一つです。サトウカエデは、カナダの国旗にも使われています。 分類 植栽適地 落葉高木 北海道~九州 鑑賞ポイントと時期 春頃 新緑の時期には、紅葉と同様に魅力的 秋頃 緑色だった葉が深い黄色や赤色に色づいていく様子は、大変美しい 管理のポイント 植えつけ 日向地~半日向地で、排水性のよい土壌を好む。乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて植えつけを行うとよい。美しい紅葉を楽しむ為には、日当たりがいい所に植えつけてあげる。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは 肥料を与える場合は2月頃に寒肥(有機質肥料)を与える。紅葉を楽しみたい場合は...

【現品】椿(ツバキ) 乙女椿(オトメツバキ)0.8m 32263 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

4,104

【現品】椿(ツバキ) 乙女椿(オトメツバキ)0.8m 32263 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品をお送りします。 写真は18年3月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183c-u 送料はL サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 花期:12月~4月 ≪特徴≫ 枝葉が蜜に茂り、病害に強い品種で優れた特徴をもちます。 ユキツバッキ系の品種です。 寒さに会うと花びらが痛んできれいに咲きませんが、暖かい季節に咲くときれいに花が咲きます。オトメツバキ 乙女椿 学名: Camellia japonica var. decumbens cv. Otometsubaki 開花期: 2月~4月。 樹高: 5~6m 栽培敵地: 東北南部以南 属名の Camellia はイエズス会の宣教師「カメル(G. J. Kamell)さん」の名から。 種小名の japonica は「日本の」という意味、品種名の otome は「乙女」。 ユキツバキ系の園芸品種で江戸時代から栽培されています。 葉には艶があり藪椿(ヤブツバキ)よりも一回り小さく、花はピンク色の千重咲きの中輪。 気候によっては11月ころからちらほら花を咲かせますが、主な花期は2月から4月です。 枝は密に茂り、樹勢は強健で育てやすく老木では高さ5~6mになります。 古くからある名花であるため、各地で広く栽培されています。 近縁種には「久留米乙女」「淡乙女」「白乙女」「紅乙女」等があります。 「久留米乙女」 「淡乙女」

【現品】オリーブ・オリーブの木の鉢植え(全体高:1.0m内外)(テラコッタ角鉢)

ガーデニングショップ四季の里

6,264

【現品】オリーブ・オリーブの木の鉢植え(全体高:1.0m内外)(テラコッタ角鉢)

慈愛・平和・自由の象徴 オリーブ! 用途記念樹・シンボルツリー・寄せ植え 分類常緑広葉樹【高木】 植栽適地北海道~沖縄 植え付け地植えされる場合は水はけのよい土に。詳しい植え付け方はこちら⇒(もっと詳しく!) 四季の変化花期:5月~7月※クリーム色の小さな花が咲きます。果実:10月~11月※観賞用、塩漬け・ピクルスや、オリーブオイルを搾ります。 手入れ3月~4月に剪定。 肥料1月~2月:寒肥、6~11月に追肥 水管理土の表面が白っぽく乾いたらたっぷりと(もっと詳しく!) 置き場所日なた(屋外) 鉢テラコッタ鉢 H=25cm x W=22cm サイズオリーブは高さ約0.8mを使用。全体の高さは1.2m程です。 土【魔法の土】四季の里オリジナル培養土 ポイント♪乾燥に強く、病害虫にも強い植物です。樹高を抑えたいときは芯を止めるように剪定するとよいでしょう。 ●送料について鉢植えはおまとめ買い対象外の商品です。 同日同場所にお届けの場合も同梱できません。 ●お届けについてご理解下さい。運送中の振動により土がこぼれださないように固定してお届けいたします。お手元に届きましたら丁寧に保護材をお取り頂き、まずはたっぷり水を与えてください。なお商品の特性上、当店で品質の保持が難しいと判断された地域へのお届けは控えさせて頂いております。何卒ご了承くださいませ。詳しくはお問合せボタンよりお尋ねください。 ●返品、交換について商品の配送については細心の注意を払っておりますが、万一商品に破損等があった場合、到着後48時間以内にご連絡いただければ送料は弊社負担で交換、返品を承ります。お届けの商品がお客様のお気に召さなかった場合のご返品、交換につきましては送料はお客様ご負担でお願いいたします。

【現品】赤南天(アカナンテン) 1.0m 07262

千草園芸

5,400

【現品】赤南天(アカナンテン) 1.0m 07262

※写真の商品をお送り致します。 写真は18年7月26日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。187c-u 送料はLサイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) 3~5月中旬までは葉の入れ替わり時期のため、葉が少ない状態でのお届けとなります。あらかじめご了承よろしくお願いいたします。ナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植え 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 【栽培適地】東北以南 ●南天の特徴● 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。日本では正月の縁起物として葉や実を飾る習慣があり、料理の飾りつけなどにも利用されます。 大きな剪定も必要なく半日陰でも育つため、初心者の方にも育てやすい樹木です。 南天は、暖地性の樹木であまり寒さには強くありません。寒風の当たる場所では冬は落葉し、積雪が多い地方では葉茎が折れやすくなります。 2月から5月上旬までは葉が少なくなる時期がありますが、初夏には新芽を出して元気に生育します。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たりから日陰まで適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 葉を緑色にしておくには、木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行われずに実付きが悪くなります。 丈夫な樹木で、挿し木、移植は容易です。販売を目的とした増殖の多くは挿し木で行われています...

【現品】椿(ツバキ) 紺侘助(コンワビスケ) 1.4m 40352 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

全3商品

5,184

【現品】椿(ツバキ) 紺侘助(コンワビスケ) 1.4m 40352 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 ※こちらの商品は写真では鉢に植わっていますが、 お送りするときは根巻きの状態でお送りします。 写真は18年4月3日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183d-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 花期:12月~3月 暗紅色一重咲きの小輪筒咲き。 茶花として多く利用されているワビスケツバキのひとつです。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫...

【現品】赤南天(アカナンテン)大株 1.2m 91003

千草園芸

7,560

【現品】赤南天(アカナンテン)大株 1.2m 91003

写真の商品をお送りします。 写真は18年9月10日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。189b-u 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) こちらはヤマト便でのお送りとなりますので、日付の指定はできますが、 時間帯の指定ができません。ナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植え 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 【栽培適地】東北以南 ●南天の特徴● 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。日本では正月の縁起物として葉や実を飾る習慣があり、料理の飾りつけなどにも利用されます。 大きな剪定も必要なく半日陰でも育つため、初心者の方にも育てやすい樹木です。 南天は、暖地性の樹木であまり寒さには強くありません。寒風の当たる場所では冬は落葉し、積雪が多い地方では葉茎が折れやすくなります。 2月から5月上旬までは葉が少なくなる時期がありますが、初夏には新芽を出して元気に生育します。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たりから日陰まで適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 葉を緑色にしておくには、木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行われずに実付きが悪くなります。 丈夫な樹木で、挿し木、移植は容易です。販売を目的とした増殖の多くは挿し木で行われています。...

【現品】山茶花(サザンカ) 赤花 1.7m 31251

千草園芸

7,344

【現品】山茶花(サザンカ) 赤花 1.7m 31251

※写真の商品を御送りします。 写真は18年3月12日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183b-u 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)サザンカ(山茶花) (分類)ツバキ科ツバキ属の常緑広葉中低木。 (学名) Camellia sasanqua (原産)山口県、四国南部~九州中南部、南西諸島、台湾、中国、インドネシア (栽培適地)関東地方以南 (利用)庭木、生垣、目隠し ■特徴 花の少ない季節に開花する常緑樹で、生垣や庭の脇役によく植えられます。 多少の日陰でも育ちますので、場所を選ばず植えることができます。 ツバキ科の植物は主に暖地性の植物でサザンカ、チャは温帯に適応した珍しい種であり、 日本は自生地としては北限になります ■植え付け、水遣り 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 水遣りなどは、水切れを起こすと葉が黄色くなって落葉し、葉の数が少なくなります。 それを起こさないように、十分な腐葉土を加えておき、保水力を高めていくことが大切です。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるほうが効果的です 夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。植えおえた後は支柱を3本立てて固定してください。 ■移植 春または秋、冬と移植可能な季節も多く移植しやすい樹木です。 一度移植してあるものは細かな根が出ていますので、夏でも移植は可能です。 ■剪定 新梢の頂部に蕾ををつけますので、むやみに剪定すると蕾を落としてしまいます。した 花期が終わりの頃が剪定の目安になります。 生垣などに利用する場合、花芽を気にすることなく目的の形までなるまで刈り込むと良いで...

【現品】椿(ツバキ)都鳥(ミヤコドリ)1.4m 40269《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

4,104

【現品】椿(ツバキ)都鳥(ミヤコドリ)1.4m 40269《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品をお送りします。 写真は18年4月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183d-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉と...

【現品】椿(ツバキ)専徳庵(セントクアン) 1.4m 111654 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

全2商品

6,264

【現品】椿(ツバキ)専徳庵(セントクアン) 1.4m 111654 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は17年11月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1711c-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。...

【現品】キンモクセイ(金木犀) 1.3m 91001r

千草園芸

3,780

【現品】キンモクセイ(金木犀) 1.3m 91001r

写真の商品をお送りします。 写真は18年9月8日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。189a-u 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) こちらはヤマト便でのお送りとなりますので、日付の指定はできますが、 時間帯の指定ができません。銀木犀(ギンモクセイ) 【分類】モクセイ科モクセイ属の常緑小高木 【学名】Osmanthus fragrans Nakai 【原産】中国南西部 【開花期】9~10月 【樹高】5m 【栽培適地】関東地方以南 ●ギンモクセイの特徴● 銀モクセイは、シキザキモクセイより樹高は低い性質で、四季咲きモクセイの歪性種といえます。小さくても開花し、成長は遅く、節が詰まっているので生垣などに利用できます。 香りの強いことで知られている「キンモクセイ」はギンモクセイの変種とされています。花の香りもキンモクセイほどは強くありません。 葉先がとがったヒイラギモクセイもギンモクセイと呼ばれることがありますが、別種のものです。雌雄異株ですが、日本には御株しか導入がなく、種をつけることはありません。 実をつけたとの報告がありますが、種があるのか、発芽したとのニュースは聞いたことが無いので交配でできたものではないと思われます。 開花期は長く、真夏は休みますが、冬期でも10℃あれば咲きつづけます。暖かいときは白い花を咲かせますが、気温が低いと黄色くなります。 ●育て方のポイント● 水はけの良い日当たりを好みます。寒さには弱いので、寒地での栽培には適していません。関東地方以南での露地植えが可能です。 生育は遅めで、背丈は年に20cmくらいしか大きくなりません。性質は強く、普通の庭木として特に気を使うことも無く栽培できます。 ●剪定と病害虫対策● 新芽のふく春前に形を整え...

【現品】山法師(ヤマボウシ) 白花 株立ち1.5m 61104

千草園芸

7,560

【現品】山法師(ヤマボウシ) 白花 株立ち1.5m 61104

写真の商品をお送りします。 写真は18年6月11日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。186b-u 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) こちらはヤマト便でのお送りとなりますので、日付の指定はできますが、 時間帯の指定ができません。ヤマボウシ 【分類】ミズキ科ヤマボウシ属の落葉中高木 【学名】Benthamidia japonica 【別名】ヤマグワ 【原産】日本(本州~琉球)、朝鮮半島、中国 【用途】庭木、公園樹、街路樹等 【開花期】5月~7月 【結実期】10月 【成木】5m~10m 【栽培適地】東北中部以南 初夏(5月~7月)に白い一重の先のとがった4弁の花を咲かせます。 落ち着いた印象の花は色鮮やかにお庭を彩り、シンボルツリーとしても人気の樹木です。 立性で上のほうで枝の広がる樹形を形成する性質から、庭の主木や街路樹としてもよく植栽されます。 横に広がる葉は春の新緑、初夏の花とのコントラスト、秋の紅葉と季節の変化を感じさせてくれます。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たり・水はけの良い所が適しています。 保水性のある肥沃な土壌を好みます。日照が足りないと、花つきが悪くなります。 夏場や直射のあたる場所では、地温の上昇と乾燥を防ぐことが大切です。 土壌に十分な腐葉土や堆肥等の有機物を入れておくことで、保水力を高め根を温度変化から保護することができます。 また、バークなどのマルチをすることで直射による地温の上昇を防ぎ、乾燥を防止することができます。 移植した年の夏には、特に注意が必要で、乾燥させると枯れ枝ができたり、枯れ死する場合があります。 具体的な対策としては、大きめの穴を掘って土の20%以上の腐葉土を混ぜて植えつけ、夏の晴天時には根元にバークや枯れ葉等のマルチをするほか、...

【現品】ヤマボウシ(山法師)白花 株立ち 1.5m 30101

千草園芸

7,992

【現品】ヤマボウシ(山法師)白花 株立ち 1.5m 30101

写真の商品をお送りします。 写真は18年5月29日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。185c-u 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) こちらはヤマト便でのお送りとなりますので、日付の指定はできますが、 時間帯の指定ができません。ヤマボウシ 【分類】ミズキ科ヤマボウシ属の落葉中高木 【学名】Benthamidia japonica 【別名】ヤマグワ 【原産】日本(本州~琉球)、朝鮮半島、中国 【用途】庭木、公園樹、街路樹等 【開花期】5月~7月 【結実期】10月 【成木】5m~10m 【栽培適地】東北中部以南 初夏(5月~7月)に白い一重の先のとがった4弁の花を咲かせます。 落ち着いた印象の花は色鮮やかにお庭を彩り、シンボルツリーとしても人気の樹木です。 立性で上のほうで枝の広がる樹形を形成する性質から、庭の主木や街路樹としてもよく植栽されます。 横に広がる葉は春の新緑、初夏の花とのコントラスト、秋の紅葉と季節の変化を感じさせてくれます。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たり・水はけの良い所が適しています。 保水性のある肥沃な土壌を好みます。日照が足りないと、花つきが悪くなります。 夏場や直射のあたる場所では、地温の上昇と乾燥を防ぐことが大切です。 土壌に十分な腐葉土や堆肥等の有機物を入れておくことで、保水力を高め根を温度変化から保護することができます。 また、バークなどのマルチをすることで直射による地温の上昇を防ぎ、乾燥を防止することができます。 移植した年の夏には、特に注意が必要で、乾燥させると枯れ枝ができたり、枯れ死する場合があります。 具体的な対策としては、大きめの穴を掘って土の20%以上の腐葉土を混ぜて植えつけ、夏の晴天時には根元にバークや枯れ葉等のマルチをするほか、...

【現品】椿(ツバキ)常満寺(ジョウマンジ)1.4m 31652《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

6,264

【現品】椿(ツバキ)常満寺(ジョウマンジ)1.4m 31652《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は18年3月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183c-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)常満寺椿 (学名) Camellia japonica 'Jômanji's (開花期) 12月~4月 (樹高) 2-4m (栽培敵地) 東北地方以南 桃色一重筒咲き中輪花。 「関戸太郎庵」の椿の実から成長したという有名なピンク椿です。 花形は「関戸太郎庵」より少し開いた椀咲きとなり、花色は母樹より濃いクリーンなピンク色になっています。 愛知県犬山市の日輪山常満寺に原木があります。 2016年1月14日にそのお寺に行ってきました。 カーナビに従って近くまで行くと観光地になっている古い街並の通りに出ました。 観光客が多く、観光地になっているのかと思いきや、そのお寺は通りの裏側の細い道に面していました。 小さいけれど古い風格を感じさせる入り口がありました。 立派な門をくぐると奥のほうに「常満寺椿」はすぐに目に入りました。 説明も書かれていますが、少し剪定しすぎじゃないのかな。 もう少し大きく育ててやればと思うのは私一人でしょうか。 とにかくこれが「常満寺椿」の原木です。 全国にある「常満寺椿」は全てこの木の枝を接木または挿し木されて増やされた元の木なのです。 花はさすがに洗練された美しいピンクで花姿もきれいな花です。 近縁種に「常満寺 ジョウマンジ」の自然実生から生まれた「紅常満寺」があります。

【現品】山法師(ヤマボウシ)「ロングデイズ」本株立ち 1.2m  苗木 7号 5201

千草園芸

3,780

【現品】山法師(ヤマボウシ)「ロングデイズ」本株立ち 1.2m 苗木 7号 5201

写真の商品をお送りします。 写真は18年5月31日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。185d-u ※記載の高さに剪定をしております。(写真は剪定後) 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) ■ヤマボウシ"ロングデイズ" 『学名』Cornus kousa"Long Days" 『分類』落葉高木 『分布』北海道南部以南 『成木の高さ』約5m 5月頃から咲き始めた花は3ヶ月くらい観賞できる珍しい「100日咲き」の品種です。 わい性で、樹高80cmくらいのうちから開花します。ヤマボウシ ロングデイズ 【分類】ミズキ科ヤマボウシ属の落葉中高木 【学名】Benthamidia japonica 'Long Days' 【用途】庭木等 【開花期】5月~8月 【結実期】10月 【成木】3m~5m 【栽培適地】東北中部以南 開花が長期間あり、長く花を楽しめます。矮性のため、樹高の低い段階から花を楽しめる品種です。 すらっとした樹形で幅をとらないので、狭い場所にも最適なヤマボウシです。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たり・水はけの良い所が適しています。 保水性のある肥沃な土壌を好みます。日照が足りないと、花つきが悪くなります。 夏場や直射のあたる場所では、地温の上昇と乾燥を防ぐことが大切です。 土壌に十分な腐葉土や堆肥等の有機物を入れておくことで、保水力を高め根を温度変化から保護することができます。 また、バークなどのマルチをすることで直射による地温の上昇を防ぎ、乾燥を防止することができます。 移植した年の夏には、特に注意が必要で、乾燥させると枯れ枝ができたり、枯れ死する場合があります。 具体的な対策としては、大きめの穴を掘って土の20%以上の腐葉土を混ぜて植えつけ...

現品【実付き】筆柿(フデガキ) 7号1104(J6)

千草園芸

6,480

現品【実付き】筆柿(フデガキ) 7号1104(J6)

18年9月11日に入荷しました。木の状態は季節により変化いたします。189b 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) (植え付け) 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。根に比べて上の方が大きいので植えおえた後は支柱を3本立ててしっかり固定してください。筆柿 筆柿は江戸時代より愛知県三ヶ根山麓に自生していた品種で、筆の形をしているところから名づけられたものです。 非常にたくさん実をつける品種で、大きくなるとたわわに実をつけます。 また、他の柿に比べて早生種で、9月下旬~10月下旬に収穫されます。 春には下記のようなかわいらしい花を咲かせます。 果肉は富有ガキよりも柔らかく、味もよく大変食べやすい柿です。 もともと甘い柿ですが、受粉が不十分で種ができない実は渋くなることがあります。 (植え付け) 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。根に比べて上の方が大きいので植えおえた後は支柱を3本立ててしっかり固定してください。

【現品発送】ミヤマガンショウ(深山含笑)樹高1.2-1.5m(根鉢含まず)

ぐりーんぐりーん

6,800

【現品発送】ミヤマガンショウ(深山含笑)樹高1.2-1.5m(根鉢含まず)

送料は全国一律1,700円 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) 【現品発送】写真の商品を発送致します。 ※下の写真をクリックすると画像が大きく表示されます。(株元の写真も見れますよ!!) 新着! 商品番号: MY01(1.2m) 新着! 商品番号: MY02(1.2m) 新着! 商品番号: MY03(1.5m) 新着! 商品番号: MY04(1.3m) [S1.0,1.5]ミヤマガンショウ 大輪の花を咲かせ見ごたえ十分 ミヤマガンショウ ミヤマガンショウは、純白な芳香のある花を咲かせる常緑樹です。葉の色は、濃い緑色でやや艶があります。常緑樹には珍しく花の大きさは10cmくらいある大輪で、新しい樹種です。 分類 植栽適地 常緑高木 関東~沖縄 鑑賞ポイントと時期 3月~5月頃 純白の花を楽しめる 秋頃 実がなる 通年 緑の葉を楽しむ事が出来る 管理のポイント 植えつけ 半日陰~日向地で、排水性のよい土壌を好む。乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて植えつけを行うとよい。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは 2月頃に寒肥(有機質肥料)、9月頃に追肥(化成肥料)を与える。 基本の剪定 花後すぐの6月頃に、伸びすぎたり、邪魔な枝の間引きを行いながら樹形を整える。放任しても樹形は整いやすい。

【現品】椿(ツバキ)玉霞 (タマガスミ) 1.1m 90854《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

5,184

【現品】椿(ツバキ)玉霞 (タマガスミ) 1.1m 90854《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品をお送りします。 写真は18年9月8日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 189a-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。...

【現品】椿(ツバキ)玉霞 (タマガスミ) 1.1m 90853 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

5,184

【現品】椿(ツバキ)玉霞 (タマガスミ) 1.1m 90853 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品をお送りします。 写真は18年9月8日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 189a-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。...

【現品】紅花キンモクセイ「フレグランスレッド」1.4m 804

千草園芸

5,400

【現品】紅花キンモクセイ「フレグランスレッド」1.4m 804

写真の商品をお送りします。 写真は18年8月10日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。188a-u 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) こちらはヤマト便でのお送りとなりますので、日付の指定はできますが、 時間帯の指定ができません。紅花キンモクセイ"フレグランスレッド" 最新貴重品種で、濃橙色の美しい花を数多くつけるモクセイ科の植物です。 中国で発見された選抜種で、普通のキンモクセイより濃いオレンジ色の花を咲かせます。 フレグランスレッドという名前ですが、赤い花ではなく咲き進むにしたがって次第に濃い橙色になっていきます。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけの良い日当たりを好みます。寒さには弱いので、寒地での栽培には適していません。関東地方以南での露地植えが可能です。 生育は遅めで、背丈は年に20cmくらいしか大きくなりません。 性質が強く、通常の庭木として気を使うこともなく栽培できます。 水やりは、表土が乾いたらたっぷりと与えてあげましょう。 肥料は骨粉や鶏糞、草木灰などリン酸やカリの多い肥料を与えます。 窒素分の多い肥料を与えすぎると花付が悪くなりますので注意しましょう。 ●剪定と病害虫対策● 新芽のふく春前に形を整え、風通しをよくしてあげましょう。病気は特にありませんが、アブラムシ、カイガラムシが付くことがあります。 あまり発生はありませんので、見つけたら殺虫剤を散布します。また、新芽の展開時期にはハマキムシ、シンクイムシ、アオムシ類が発生することもあります。 この時期にオルトラン粒剤を根元にまいておくと予防できます。夏場には、蓑虫が付いていることがあるので取り除いてください。 ↓その他の種類はこちら↓ キンモクセイ 銀モクセイ 紅花モクセイ 四季咲きモクセイ

【現品】椿(ツバキ)玉之浦(タマノウラ)1.3m 30273 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》 r

全4商品

5,940

【現品】椿(ツバキ)玉之浦(タマノウラ)1.3m 30273 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》 r

※写真の商品をお送りします。 写真は18年3月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183a-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉と...

【現品】椿(ツバキ) 紅侘助(ベニワビスケ) 1.3m 31660 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》r

千草園芸

4,320

【現品】椿(ツバキ) 紅侘助(ベニワビスケ) 1.3m 31660 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》r

※写真の商品を御送りします。 写真は18年3月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183c-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉...

【現品】オニヒイラギ(鬼柊) 0.9m 91207

千草園芸

3,240

【現品】オニヒイラギ(鬼柊) 0.9m 91207

写真の商品をお送りします。 写真は18年9月12日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。189b-u 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ヒイラギ 【分類】モクセイ科モクセイ属の常緑低木 【学名】Osmanthus heterophyllus 【原産】福島県以西の本州、四国、九州から沖縄、台湾 【開花期】10月~11月(果実は翌年の初夏に黒く熟する) 【別名】ヒラギ 柊 【樹高】2~3m 【栽培適地】東北地方中部以南 ●ヒイラギの特徴● 「ヒイラギ」とは、台湾など比較的温暖な地域に分布する常緑性の樹木です。 葉には棘があるため、侵入防止を目的とした生垣などに利用されたり、古くから魔よけや縁起木として利用されています。 開花期には、小さな花を全体に多数咲かせます。冬の到来を告げる頃に咲く花は、鋭い葉とは対照的な印象の可愛らしい白花です。 斑入りの入ったヒイラギも、生垣やお庭を美しく彩る品種です。はじめからとげのほとんど無い園芸種などもありますが、 西洋ヒイラギ(イングリッシュホーリー)、アメリカヒイラギ(アメリカンホーリー)、ヒイラギモチ(チャイニーズホーリー)などは別種になります。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日差しが強い場所、乾燥する場所には適しておらず、半日陰を好みます。 また、寒さ暑さにある程度は強く寒さは氷点下0度程度までは耐えられますので、関東関西地方での露地栽培には問題ありません。 直射日光が当たる場所では、葉やけを起こす場合がありますので、半日陰などの日の当たり過ぎない場所が適しています。 病害虫などはほとんどありませんが、まれにカイガラムシが付くことがありますので、ひどいときは冬に石灰硫黄合剤を散布してください。 剪定は、高く伸びすぎた枝などの切り戻しをすることで樹形を整え...

世界三大紅葉樹【錦木(ニシキギ)】9号鉢入り苗(樹高1.4m前後)

植木生産販売専門店 芝樹園

4,082

世界三大紅葉樹【錦木(ニシキギ)】9号鉢入り苗(樹高1.4m前後)

お届けの 商品の状態 樹高1.4m前後(根鉢を含む) 9号ポリ鉢入り苗 ★お送るする木の鉢につきましては、退色・傷が有りますが、ご了承お願い致します。 商品の写真はお届け商品の見本品を載せております。 商品の特徴 【科属名】 ニシキギ科ニシキギの落葉広葉樹 【花期】 開花期は4~5月頃、果実は10~11月頃。 【用途】 庭園、添景樹、生垣、刈込み、根締などに利用される。 【特徴】 樹形は倒卵形で、下部から分岐することもあり株立状のものが多い。 枝にコルク質の翼が生ずる。 10~11月頃、赤い実と美しい紅葉がよく目立ち、紅葉の美しさから世界三大紅葉樹と称される。秋の紅葉が織物の錦の様にとても優美であることから"ニシキギ"と呼ばれています。 萌芽力ある。 耐寒性、耐暑性が強く、北海道南部から九州まで植栽可能です。 移植は容易です。 【剪定】 剪定をしなくても倒卵形のまとまった樹形になりやすいが、剪定する場合は10~11頃に不要枝を剪定する。 病虫害に特に目立った物は有りません。 【水やり】 庭植えの場合は、活着後は夏の極端な乾燥時以外は必要は有りません。 鉢植えは生育中は水切れに注意してください。 【肥料】 1~2月頃に油かす等の寒肥を施肥するか、3月頃に緩効性の化成肥料を施肥する。 鉢植えの場合は年に2回程度は必要です。 1梱包で 送れる商品数 この商品は、1梱包に1本での発送になります。 なお、他の商品で同一梱包にて発送できる品も有ります。

ハナミズキ(赤花)苗 アップルブロッサム H1.5m程度(根鉢含まず)シンボルツリーに最適な落葉樹【現品発送】

植木・庭木販売GG(ジージー)

7,800

ハナミズキ(赤花)苗 アップルブロッサム H1.5m程度(根鉢含まず)シンボルツリーに最適な落葉樹【現品発送】

【現品発送】お好きな現品をお選びいただけます 下の写真をクリックすると拡大写真が表示されます。 お好みの樹形の品番を確認し上のチェックボックスにチェックを入れてご注文下さい。 現品ラインナップ ※木の状態は季節により変化いたします。 【注意】送料が改定されました 2018年2月25日より送料が改定されました。改定後の送料は下記の表よりご確認ください。 ※沖縄・離島は配達不可。 ※一部の地域への配達は別途(遠配料)1000円が発生致します。該当エリアのご注文は後ほど改めて送料のご連絡をさせていただきます。 天候・商品の状態・配送業者の都合により、指定日時の配達が出来ない場合があります。 植栽日が決まっている場合は、植栽日前日のご指定をお願い致します。 ハナミズキ ハナミズキの特徴 落葉樹の中で庭樹No1の人気樹種です。 ハナミズキの花は大きく可憐で見る人を魅了します。 丈夫で育てやすく、若木は枝のまとまりもよく比較的場所をとらないので、家のシンボルツリーや街路樹に広く利用されています。 うどん粉病にかかりやすいので、殺菌剤散布をお勧めします。 詳細は、下記の育て方をご覧ください。 見ごろカレンダー(花:5月、実:10~11月) 5月 10月 11月 春 夏 秋 冬 4月下旬から5月上旬に白色や薄いピンク色の花をつけます。 秋には美しく紅葉し、赤い複合果を実らせます。 育てやすさチャート(推奨エリア:3) 非常に扱い易い庭木です! ■植木のプロからのアドバイス 花も綺麗で樹形も整いやすいです。 人気のシンボルツリーでどんな庭にも合います。 もともとが山の奥深くで育った木ですので、肥料はあまり必要ありません。 ハナミズキの育て方 植えつけ環境 水はけのよい肥沃な土壌に植えます。 日当たりが良く、かつ西日の当たらない場所を選んで植えてあげると...

ハナミズキ(白花)苗 クラウドナイン H1.5m程度(根鉢含まず)シンボルツリーに最適な落葉樹【現品発送】

植木・庭木販売GG(ジージー)

7,800

ハナミズキ(白花)苗 クラウドナイン H1.5m程度(根鉢含まず)シンボルツリーに最適な落葉樹【現品発送】

【現品発送】お好きな現品をお選びいただけます 下の写真をクリックすると拡大写真が表示されます。 お好みの樹形の品番を確認し上のチェックボックスにチェックを入れてご注文下さい。 現品ラインナップ ※木の状態は季節により変化いたします。 【注意】送料が改定されました 2018年2月25日より送料が改定されました。改定後の送料は下記の表よりご確認ください。 ※沖縄・離島は配達不可。 ※一部の地域への配達は別途(遠配料)1000円が発生致します。該当エリアのご注文は後ほど改めて送料のご連絡をさせていただきます。 天候・商品の状態・配送業者の都合により、指定日時の配達が出来ない場合があります。 植栽日が決まっている場合は、植栽日前日のご指定をお願い致します。 ハナミズキ ハナミズキの特徴 落葉樹の中で庭樹No1の人気樹種です。 ハナミズキの花は大きく可憐で見る人を魅了します。 丈夫で育てやすく、若木は枝のまとまりもよく比較的場所をとらないので、家のシンボルツリーや街路樹に広く利用されています。 うどん粉病にかかりやすいので、殺菌剤散布をお勧めします。 詳細は、下記の育て方をご覧ください。 見ごろカレンダー(花:5月、実:10~11月) 5月 10月 11月 春 夏 秋 冬 4月下旬から5月上旬に白色や薄いピンク色の花をつけます。 秋には美しく紅葉し、赤い複合果を実らせます。 育てやすさチャート(推奨エリア:3) 非常に扱い易い庭木です! ■植木のプロからのアドバイス 花も綺麗で樹形も整いやすいです。 人気のシンボルツリーでどんな庭にも合います。 もともとが山の奥深くで育った木ですので、肥料はあまり必要ありません。 ハナミズキの育て方 植えつけ環境 水はけのよい肥沃な土壌に植えます。 日当たりが良く、かつ西日の当たらない場所を選んで植えてあげると...

【現品】椿(ツバキ) 白芯卜伴(ハクシンボクハン) 1.5m 21658 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

7,020

【現品】椿(ツバキ) 白芯卜伴(ハクシンボクハン) 1.5m 21658 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は18年2月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 182c-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 花期:3月~4月 素朴な赤の花びらに黄色い芯とのコントラストが素晴らしい椿です。葉の付きは荒い性質のツバキです。 ツバキは常緑ですが、花後の春には古い葉を落とします。木の葉は病気のように見えます。 ある種の菌に犯されているわけですが、落葉する葉を雑菌から守る必要が無くなったとも考えられます。落葉後は新芽が出て綺麗になります。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが...

【現品】椿(ツバキ)白八重 0.6m

千草園芸

3,024

【現品】椿(ツバキ)白八重 0.6m

※写真の商品を御送りします。 写真は18年4月10日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 184b 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫...

【現品】サルスベリ苗 ピンク 0.7m 52401 (k5)

千草園芸

3,024

【現品】サルスベリ苗 ピンク 0.7m 52401 (k5)

写真の商品をお送りします。花の写真は見本になります、ピンクの花となりますが、花の色合いは写真と異なる場合がございます。 写真は18年8月23日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。185c-u 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)サルスベリ 【分類】ミソハギ科サルスベリ属 の落葉中高木 【学名】Lagerstroemia indica L 【別名】百日紅=ヒャクジツコウ 【原産】中国 【用途】庭植え、鉢植え 【開花期】7月-10月 【成木】2m~10m 【栽培適地】東北地方以西 サルスベリは、猿も滑り落ちてしまうくらいのつるつるとした幹が名の由来です。中国南部を原産とし、春に伸びた枝の先端に夏から秋の長期間花を咲かせます。 必要以上に巨大化しないことから、公園などにもよく植えられています。 サルスベリの仲間(ラジェルストリーミア属)は熱帯アジアを中心として、アジア、オーストラリアにおよそ30種が分布します。 樹皮が秋から冬はがれて滑らかになり縞模様が現れます。暑さには強いのですが、落葉樹であるにもかかわらず寒さには弱く東北地方北部以北の寒冷地での植栽は不向きとなります。 ●育て方のポイント● 日当たりのよい肥沃な土壌を好みます。暑さに強く、寒さにもある程度は強いのですが、霜に当たると葉っぱが茶色くなって枯れこむことがあります。 剪定は落葉期に行います。大きくしたい場合は、外しに伸びた枝を残し風通しを悪くしないように混み合った枝を切り取ります。 花は良く伸びた枝の先端に立派な花を咲かせますから細い小さい枝はあまり残さないようにします。 剪定を毎年同じ位置で繰り返すと、切り口が肥大してげんこつのようなこぶになります。げんこつ仕立てとも呼ばれますが、こぶが大きくなると見た目に良くないので数年に1回はこぶ...

【現品】椿(ツバキ)都鳥(ミヤコドリ)1.2m 12955《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

4,104

【現品】椿(ツバキ)都鳥(ミヤコドリ)1.2m 12955《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品をお送りします。 写真は18年1月29日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 181d-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉...

【現品】椿(ツバキ)紅侘助(ベニワビスケ)1.2m 22056 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

5,184

【現品】椿(ツバキ)紅侘助(ベニワビスケ)1.2m 22056 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 ※こちらの商品は写真では鉢に植わっていますが、 お送りするときは根巻きの状態でお送りします。 写真は18年2月20日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 182d-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 花期:12月~3月 細くて長い花びらは、筒状の形を長く崩さないので茶花として多く利用されているワビスケツバキのひとつです。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫...

【現品】椿(ツバキ)関戸太郎庵(セキドタロウアン) 1.3m 21656 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

5,940

【現品】椿(ツバキ)関戸太郎庵(セキドタロウアン) 1.3m 21656 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品をお送りします。 写真は18年2月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 182c-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉...

【現品】白山吹(シロヤマブキ) 大株 1m 12071

千草園芸

4,644

【現品】白山吹(シロヤマブキ) 大株 1m 12071

写真の商品をお送りします。 写真は17年12月7日に撮影しました。 木の状態は季節により変化いたします。 1712a-u 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) ※ヤマブキの仲間ではありませんが花が 似ているのでそのように名付けられたようです。 学名 Rhodotypos scandens Makino 栽培適地 東北地方~中国地方 開花期 4月~5月シロヤマブキ (分類)バラ科シロヤマブキ属 (学名)Rhodotypos scandens Makino (分布)日本の中国地方の瀬戸内海側、朝鮮半島、中国 ■シロバナヤマブキと混同されやすいですが、別属です。(ページでは一緒に扱っています。) ヤマブキ属ではないですが、花が似ているのでそのように名付けられたようです。 シロヤマブキとヤマブキの違い 1.シロヤマブキは、4弁花で、山吹は5弁花。 2.シロヤマブキの萼は、4枚で山吹は5枚。 3。葉はシロヤマブキは対生で、山吹は互生。 栽培方法 半日陰~日当たりまで生育できます。 肥沃な土壌を好みますので、植え時は、腐葉土を多めに入れておきましょう。 また、湿潤地を好むので、表土が乾いたら、たっぷり水を与えましょう。 ★栽培適地:東北地方~中国地方 【開花】4月~5月 【結実】11月~12月 【成木】1m~2m

桂紅葉(カツラモミジ) 10号フレグラーポットアイボリー "オレンジがかった新芽が美しいもみじ" 高さ約1.2m- 植木 庭木 落葉樹

千草園芸

5,724

桂紅葉(カツラモミジ) 10号フレグラーポットアイボリー "オレンジがかった新芽が美しいもみじ" 高さ約1.2m- 植木 庭木 落葉樹

※写真の商品は見本です。 写真は18年5月10日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 184d-u 送料はL-1サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) シンボルツリー 落葉 紅葉 植木 庭木桂紅葉(カツラモミジ) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属の落葉小高木 【学名】Acre amoenum"Kastura-momiji" 【原産】園芸種 【利用】庭木、鉢植え 【成木の樹高】3~4m 【栽培敵地】北海道~九州 品種の特徴 春の新葉がオレンジ色の縁取りができ、次第に緑の葉へと変化していく特徴のあるモミジです。 樹形はあまり大きくならないようで、上への成長は早くありません。 4月中旬の新葉 次第に緑を帯びていきます。 夏は涼しげな緑色になります。 秋には色付きます。 桂もみじの育て方 他のモミジと同じで、水はけのよい日当たりが適しています。 夏に乾燥させると葉が痛んだり、一部が枯れたりするので根元に日のあたる場所ではマルチなどをして地温の上昇や乾燥させないようにしてやります。 十分な肥料を与え元気に生育させておくと秋の紅葉はより綺麗になります。 紅葉の度合いは気温の低下の速さや昼夜の気温の高低差にも影響されます。 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますの、一日中日の当たる場所は避けたほうが良いでしょう。 夏に乾燥させると葉の周りが枯れ込んだり、枯れ枝が発生することがあります。 腐葉土などの有機質を含んだ保水力のある土壌に植えることも大切です。 剪定は夏、または落葉時に行います。 秋に美しく紅葉させるには秋の気温の高低差にもよりますが、初夏のウドンコ病の発生、夏に乾燥させたり、肥料不足などで生育不良にならないようにしてお...

あす楽
【1年間枯れ保証】【生垣樹木】レッドロビン 1.2m露地 【あす楽対応】

トオヤマグリーン

3,240

あす楽

【1年間枯れ保証】【生垣樹木】レッドロビン 1.2m露地 【あす楽対応】

→送料無料セットはこちらレッドロビン 商品一覧0.3m10.5cmポット180円/在庫○0.5m10.5cmポット190円/在庫○0.7m10.5cmポット300円/在庫○0.8m15cmポット600円/在庫○1.0m15cmポット640円/在庫○1.2m15cmポット1000円/在庫○1.2m露地3000円/在庫○1.5m15cmポット1200円/在庫×1.5m露地4000円/在庫○1.7m露地5000円/在庫○1.7m15cmポット2000円/在庫×2.0m露地14000円/在庫○0.8m12cmポット400円/在庫○0.8m13.5cmポット500円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じバラ科カナメモチ属の商品カナメモチレッドロビン【レッドロビン】(カナメモチ)読み:れっどろびん学名:Photinia×fraseriバラ科カナメモチ属常緑高木【商品情報】レッドロビン葉は革質で光沢が有り、刈り込みの直後や春に真っ赤な新芽が出て綺麗です。葉は新芽の時は赤色になり、次第に固まってくると緑色に変化します。花は5月ごろに小さな花が咲きます。大きくならないとあまり咲きません。とても萌芽力が強く刈り込みにも耐えます。生垣になるのにも他の樹種に比べて時間がかかりません。生垣を用途として、とても人気がある樹種です。レッドロビンとはカナメモチとオオカナメモチの雑種で、ニュージーランドで作出されました。花は咲きますが種は生りませんので増殖していく心配がありません。【育て方】適湿な土地を好みますが、乾燥にもよく耐えます。日向を好みますが日陰でも成長します。伸びるのがとても早いですので生垣のできが早いです。強い剪定を行なっても大丈夫です。枝がしたから出す為には芯止めの剪定を行ってください。3月ごろと6月頃に肥料を与えてあげるととても伸...

【現品発送】モミジ 大盃(オオサカズキ)樹高1.2-1.5m(根鉢含まず)【大型商品・配達日時指定不可】

ぐりーんぐりーん

7,800

【現品発送】モミジ 大盃(オオサカズキ)樹高1.2-1.5m(根鉢含まず)【大型商品・配達日時指定不可】

送料は全国一律2,800円 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) 【現品発送】写真の商品を発送致します。 ※下の写真をクリックすると画像が大きく表示されます。(株元の写真も見れますよ!!) 新着! 商品番号: OS51(1.4m) 新着! 商品番号: OS52(1.3m) 新着! 商品番号: OS53(1.4m) 新着! 商品番号: OS54(1.5m) 新着! 商品番号: OS55(1.3m) 新着! 商品番号: OS56(1.3m) 新着! 商品番号: OS57(1.3m) [S1.5]モミジ・カエデ 紅葉の美しさは一番 モミジ(新緑) モミジ(紅葉) 野村モミジ ハナカエデ(新緑) ハナカエデ(紅葉) “モミジ"は、春の新緑、夏の緑陰と葉影、秋の紅葉と四季を通して庭を楽しませてくれます。4~5月、葉が出ると同時に暗赤色の小さな花が、たれさがって咲く。 “カエデ"は、春から秋まで楽しめる伝統的なカラーリーフツリーです。園芸種により、赤、黄、オレンジ、複色など多彩な色を楽しむ事が出来る。春の新芽の時期も、紅葉と同様にとても美しく魅力の一つです。庭の彩りとして植栽したい植木の一つです。サトウカエデは、カナダの国旗にも使われています。 分類 植栽適地 落葉高木 北海道~九州 鑑賞ポイントと時期 春頃 新緑の時期には、紅葉と同様に魅力的 秋頃 緑色だった葉が深い黄色や赤色に色づいていく様子は、大変美しい 管理のポイント 植えつけ 日向地~半日向地で、排水性のよい土壌を好む。乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて植えつけを行うとよい。美しい紅葉を楽しむ為には、日当たりがいい所に植えつけてあげる。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは 肥料を与える場合は2月頃に寒肥(有機質肥料...

【現品】椿(ツバキ)かぎろひ 1.2m 90851 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

5,400

【現品】椿(ツバキ)かぎろひ 1.2m 90851 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品をお送りします。 写真は18年9月8日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 189a-u 送料はL サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉ととも...

送料無料
キンモクセイ・シキザキキンモクセイ【5本セット】樹高0.8m前後15cmポット【送料無料】金木犀(四季咲き)年に何度か花が咲き優しい香りが特徴

花と緑

5,960

送料無料

キンモクセイ・シキザキキンモクセイ【5本セット】樹高0.8m前後15cmポット【送料無料】金木犀(四季咲き)年に何度か花が咲き優しい香りが特徴

きんもくせい・しきざききんもくせい5本セット キンモクセイ・シキザキキンモクセイ5本セット【お届けについて】ご指定が無い場合はご注文を頂きましてから、通常1~3営業日での発送となります。休業日が重なる場合は出荷までお時間を頂く場合がございます。予めご理解の程宜しくお願い致します。発送後、お届けまでの日数は下記をご確認ください。九州・中国・関西・四国・中部 発送日+1日北陸・関東・信越・東 北・北海道・沖縄 発送日+2日※北海道・沖縄の一部地域および、離島の場合は4日間~程度かかる場合もございます。北海道、沖縄は追加送料1セットに付き1,130円が必要です。【多数必要なお客様は、お得なセット品も御座います、店舗内検索よりご確認ください。】 お得なセット商品も販売中です!(下の画像をクリックして販売ページへ)キンモクセイ・シキザキ樹高0.8m前後¥1300【5本セット】キンモクセイ・シキザキ樹高0.8m前後¥5960[送料無料]【10本セット】キンモクセイ・シキザキ樹高0.8m前後¥10300[送料無料]【15本セット】キンモクセイ・シキザキ樹高0.8m前後¥13200[送料無料]他のサイズ、種類をもっと見る 業販はお気軽にお問合せ下さい→FAX 0943-73-1941 谷川緑販

送料無料
スイートオリーブ【5本セット】樹高0.8m前後15cmポット【送料無料】(スイートオリーブ)スィートオリーブ四季咲モクセイ

全2商品

4,630

送料無料

スイートオリーブ【5本セット】樹高0.8m前後15cmポット【送料無料】(スイートオリーブ)スィートオリーブ四季咲モクセイ

すいーとおりーぶ5本セット スイートオリーブ5本セット【お届けについて】ご指定が無い場合はご注文を頂きましてから、通常1~3営業日での発送となります。休業日が重なる場合は出荷までお時間を頂く場合がございます。予めご理解の程宜しくお願い致します。発送後、お届けまでの日数は下記をご確認ください。九州・中国・関西・四国・中部 発送日+1日北陸・関東・信越・東 北・北海道・沖縄 発送日+2日※北海道・沖縄の一部地域および、離島の場合は4日間~程度かかる場合もございます。北海道、沖縄は追加送料1セットに付き1,130円が必要です。【多数必要なお客様は、お得なセット品も御座います、店舗内検索よりご確認ください。】 お得なセット商品も販売中です!(下の画像をクリックして販売ページへ)スイートオリーブ樹高0.8m前後¥980【5本セット】スイートオリーブ樹高0.8m前後¥4630[送料無料]【10本セット】スイートオリーブ樹高0.8m前後¥8400[送料無料]【15本セット】スイートオリーブ樹高0.8m前後¥10400[送料無料]他のサイズ、種類をもっと見る 業販はお気軽にお問合せ下さい→FAX 0943-73-1941 谷川緑販

2018年秋開化予定【金木犀(キンモクセイ)】10号鉢 樹高1.4m前後

植木生産販売専門店 芝樹園

7,560

2018年秋開化予定【金木犀(キンモクセイ)】10号鉢 樹高1.4m前後

お届けの 商品の状態 樹高1.4m前後(根鉢を含む) 10号(直径約30cm)ポリ鉢入り ★お送りします木につきましては、露地栽培で大きくなった木をポリ鉢に入れて栽培している品で、昨年・一昨年には開花していた木になります。なお、キンモクセイの花は開花するまでに3~4年程度の年数が必要ですが、一度開花しますと通常は毎年開花します。 商品の写真はお届け商品の見本品を載せております。 "きんもくせい" 商品の特徴 【科属名】 モクセイ科モクセイ属常緑広葉樹 【花期】 10月頃で、香りの良い花を咲かすので有名です。 【用途】 庭園、景観樹、花木、生垣、記念樹などに利用される。 【特徴】 放任状態でも楕円形の整った樹形になるが、 大きさを抑えたい時は刈り込んで整える。 花季は10月頃で、香りの良い花を 咲かすので有名です。 陽地から半日陰で育ちますが、 日あたりの良い方が花つきを良くする。 水はけの良い土地を好む。 移植は容易です。 【剪定】 花後に剪定するか、厳寒期を避けて3月下旬ごろに剪定する。 【水やり】 庭植えの場合は、活着後は夏の極端な乾燥時以外は必要は有りません。 鉢植えは夏季の乾燥に注意してください。 【肥料】 1~2月頃に油かす等の寒肥を施肥するか、3月頃に緩効性の化成肥料を施肥する。 鉢植えの場合は年に2回程度は必要です。 1梱包で 送れる商品数 この商品は、佐川急便又西濃運輸の配送で、1梱包に1本での発送になります。但し、小さな商品で一緒にお送り出来る品も有ります。

送料無料
■送料無料■【5本セット】 イロハモミジ 樹高0.8m前後 12cmポット (いろは紅葉 イロハカエデ いろは楓 紅葉 モミジ) 苗木 植木 苗 庭木 生け垣 シンボルツリー 落葉樹

KINOKA green life

5,680

送料無料

■送料無料■【5本セット】 イロハモミジ 樹高0.8m前後 12cmポット (いろは紅葉 イロハカエデ いろは楓 紅葉 モミジ) 苗木 植木 苗 庭木 生け垣 シンボルツリー 落葉樹

【送料について】送料無料※北海道・沖縄・離島は+1500円※追加料金はご注文確認時に加算されます。※離島など一部地域は配送ができない場合がございます。【お届けについて】ヤマト運輸での発送となります。ご注文を頂きましてから、2~3営業日での発送となります。休業日が重なる場合は出荷までお時間を頂く場合がございます。予めご理解の程宜しくお願い致します。発送後、お届けまでの日数は下記をご確認ください。九州・中国・関西・四国・中部発送日+1日北陸・関東・信越・東 北・北海道・沖縄発送日+2日●楽しみ・特徴鑑賞ポイント紅葉がきれい、和風・自然風な庭に合わせやすい花つき開花期 4月ごろ花色 濃紅実なり実なり 5月・7-8月ごろ葉葉色 .黄緑.明緑.黄.赤.葉の形 広い樹形樹形 広がる最終樹高 10m程度用途シンボルツリー、並木、など●育て方・性質など特徴や性質大きく育つので広いスペースを確保する分類落葉高木適応地域東北~九州耐寒性強い成長速度40cm/年※環境により異なります日当たり日向~半日陰を好む推奨植え付け間隔2m以上◆他の本数セットもありますイロハモミジ 樹高0.8m前後 12cmポット【単品】1,880円(送料別)【5本セット】5,680円(送料無料)【10本セット】9,480円(送料無料)【15本セット】11,980円(送料無料)他のサイズ、種類をもっと見る

送料無料
クチナシ・八重咲き(ヤエクチナシ)【10本セット】樹高0.4m前後15cmポット【送料無料】ヤエクチナシガーデニア

全3商品

4,350

送料無料

クチナシ・八重咲き(ヤエクチナシ)【10本セット】樹高0.4m前後15cmポット【送料無料】ヤエクチナシガーデニア

くちなし・やえざき10本セット クチナシ・八重咲き10本セット【お届けについて】ご指定が無い場合はご注文を頂きましてから、通常1~3営業日での発送となります。休業日が重なる場合は出荷までお時間を頂く場合がございます。予めご理解の程宜しくお願い致します。発送後、お届けまでの日数は下記をご確認ください。九州・中国・関西・四国・中部 発送日+1日北陸・関東・信越・東 北・北海道・沖縄 発送日+2日※北海道・沖縄の一部地域および、離島の場合は4日間~程度かかる場合もございます。北海道、沖縄は追加送料1セットに付き1,130円が必要です。【多数必要なお客様は、お得なセット品も御座います、店舗内検索よりご確認ください。】 お得なセット商品も販売中です!(下の画像をクリックして販売ページへ)クチナシ・八重咲き樹高0.4m前後¥598【5本セット】クチナシ・八重咲き樹高0.4m前後¥4350[送料無料]【10本セット】クチナシ・八重咲き樹高0.4m前後¥7290[送料無料]【15本セット】クチナシ・八重咲き樹高0.4m前後¥9380[送料無料]【20本セット】クチナシ・八重咲き樹高0.4m前後¥11500[送料無料]他のサイズ、種類をもっと見る 業販はお気軽にお問合せ下さい→FAX 0943-73-1941 谷川緑販

あす楽
送料無料
サツキ 4本セット 【送料無料】 花蓮光 (かれんこう) 4号ポット苗

花ひろばオンライン

3,758

あす楽
送料無料

サツキ 4本セット 【送料無料】 花蓮光 (かれんこう) 4号ポット苗

お届けする商品について 商品について 4号ポット苗を4苗のセットになります。お受け取り後は、庭や花壇で管理していただくか、鉢やプランターに植え替えてお楽しみください。 サツキ、ツツジの育て方植え付け・用土最適な時期は2~4月と9~10月ですが、水管理だけ気をつければ、基本的に移植や植え付けは9月~入梅までできます。水はけの良い、肥沃な酸性土壌に植えます。夏の乾燥を嫌うので、植え付けの際は鹿沼土とピートモスをたっぷりすきこんだ土に植えましょう。 日当たりを好みますが、2~3時間の日光で大丈夫。日当たりが悪くなるにつれ、花付や葉色が本来の美しさを発揮できなくなります。 サツキツツジは根をたたいて植えます。つまり、土を落として植えるわけです。 肥料 開花前に寒肥として油かすとピートモスや堆肥を株周りに敷きつめます。 水やり 夏に雨がよほど降らない時期は水を与えますが、雨が当たれば基本的に夏以外の時期は水やりは不要です。鉢植えでは土が乾いたらたっぷり与えてください。冬は水は控えめで大丈夫です。 剪定 刈り込んで樹形を仕立てたり、生垣に用いたりと用途は多様です。サツキは、花が終わるとすぐに翌年の花芽を形成することから、花が終わった直後に剪定するのがよいです。また、その頃は他の庭木にも虫や病気が発生しやすい時期であることから、手入れの目安になる。 病害虫 夏から秋にかけて発生するシンクイムシ(ベニモンアオリンガの幼虫)は蕾を食べるので、発生したらスミチオン乳剤などを散布してください。消毒は4月以降9月までハダニやグンバイムシ、ハマキムシの害虫駆除の消毒を定期的に散布します。 元気がない時の回復法1. 気温があがり始める3月ごろ、スコップで掘り起こします。 2. 古い根や黒くなった元気のない根は切り戻します。 3. 枝を切り戻しし...

人気の花・ガーデニング用品のロドレイア、発売中!当社自慢の一品を比較して下さい!素敵な庭を演出する花・ガーデニング用品。ガーデニングが素敵になるロドレイアが見つかる!素敵なお庭作りに必須なアイテムをそろえましょう♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、花・ガーデニング用品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい花・ガーデニング用品が充実品揃え。

関連キーワード

ロドレイア
スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「ロドレイア」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ