「ロドレイア」 の関連商品を含む検索結果 1件

【現品5種】ロドレイア 1.3m

千草園芸

5,184

【現品5種】ロドレイア 1.3m

※番号の商品を御送りします。 写真は18年2月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 181d-u 送料はL−1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) ■栽培方法 日当たり、水はけのよい場所を好みます。 庭植えは、ピートと鹿沼土を土とよく混ぜて、根と根の間によく土が入るように植えつけます。 鉢植えは、8〜10号の深鉢が最適です。鉢底に小石をいれ、土はピートと鹿沼土を混ぜたものを用います。 肥料は、油粕か液肥等で濃厚な肥料は避けます。4〜6月と10月に重点を置き、他は時々液肥をあたえます。ロドレイア 分類: マンサク科ロドレイア属の落葉中高木学名: Rhodoleia championil / Rhodoleia henryi cv. Red Funnel原産: 東南アジアから中国南部 別名: シャクナゲモドキ 開花期: 2– 4月樹高: 5ー8m栽培敵地: 東北南部以南 日本に導入されたものの花色はピンクから濃紅色で、直径5cmほどの花が枝先に房状に集って下向きに咲きます。花の付き方や葉・樹姿がシャクナゲに似ているので別名をシャクナゲモドキと呼ばれます。 大変丈夫で育てやすい花木です。若木の内肥料を与え、よく成長させるとやや花付きが悪くなります。 鉢植えでは小さいうちから開花します。 水はけのよい日当たりを好む暖地性の樹木ですが、寒さにも比較的強く氷点下を下回る気温にも耐え、葉の色が変わる程度です。 耐寒性は温州ミカンと同程度かやや強く、ミカンの出来るところならば大丈夫です。 多少の日陰にも耐えますが、花付きは日当たりに比較すると悪くなりますから、日当たり向きの樹木といえます。樹形は自然に円錐型を形成しやすいのですが、背丈が高くなりますから、剪定で抑制したほうがよいでしょう...

こちらの関連商品はいかがですか?

【現品】ヒメタイサンボク 1.5m 120456

千草園芸

6,264

【現品】ヒメタイサンボク 1.5m 120456

※写真の商品をお送りします。 写真は18年12月3日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1812a-u 送料はL−1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)姫タイサンボク 分類: モクレン科モクレン属の半落葉樹 原産: 北米東部 別名:ウラジロタイサンボク、バージニアモクレン 学名: Magnolia virginiana L. 開花期: 5〜6月 樹高: 3-10m 栽培敵地: 関東地方以南 北米原産で、葉はタイサンボクより一回り小さいく、6月ころにタイサンボクより小さい花を咲かせます。 現地では常緑樹ですが、関西地方では冬季にはほとんど葉が落ちるようです。 花は1mに満たない小さい苗のうちから次々咲かせます。 姫タイサンボクの育てかた 肥沃で水はけのよい日当たりを好みます。 暖かい季節に移植することが望ましいのですが、一度移植してあるものは細かな根が出ていますので、いつでも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。 植えおえた後は支柱を3本立てて、しっかりと固定します。

【現品発送】アオダモ株立  高さ1.3m〜1.6m   シンボルツリー

ガーデンプランツ エナ

8,000

【現品発送】アオダモ株立 高さ1.3m〜1.6m シンボルツリー

アオダモ株立   アオダモは野球のバットの材料ですが、現在、この株立ちの木が流行しております。 縦長の綺麗な株立ちになります。 また、その細かい葉は夏には涼しげで、晩秋には野趣に満ちた紅葉をします。 幹は灰色と白の濃淡の縞模様になります。これもいいです。 さらに初夏には白い花が咲きます。 雑木のよさを感じさせてくれる木だと思います。シンボルツリーには最適な木でしょう。            植える場所  日当たりの良い排水のよい場所。 さらにメインのツリーとして目立つ場所がいいと思います。 ■特徴  花がキレイ ○ 落葉樹 ○ 実がなる 常緑樹 紅葉する ○ 低木 葉がキレイ ○ 中高木 ○ 木姿がよい ○ つる      メンテナンス  特に剪定の必要はありませんが、不要な枝を幹きわから取り除くと良い樹形になります。  病害虫  時折、アブラムシが発生します。 予防でオルトランをまくと良いです。  【現品発送】 お好きな木をお選びください。 お買い上げになりたい木を選択して下ののチェックボックスにチェックを入れて下さい。サイズ表示は木の大きさだけでのサイズで根鉢を含みません。 植物なので、季節によって姿が変化します。 アオダモ株立 NO11 アオダモ株立 NO12 アオダモ株立 NO13 高さ1.3m 11月21日撮影 高さ1.5m 11月21日撮影 高さ1.4m 11月21日撮影 アオダモ株立 NO14 アオダモ株立 NO15 アオダモ株立 NO16 高さ1.4m 11月21日撮影 高さ1.6m 11月21日撮影 高さ1.6m 11月21日撮影 &nbsp...

【現品発送】アオハダ株立高さ1.5m〜1.8mシンボルツリー

ガーデンプランツ エナ

7,000

【現品発送】アオハダ株立高さ1.5m〜1.8mシンボルツリー

左の各々の画像をクリック(タップ)すると大きな画像になります。 【現品発送】 2月9日撮影 サイズ表示は木の大きさだけでのサイズで根鉢を含みません。 植物なので、季節によって姿が変化します。 アオハダ株立    アオハダは幹肌の綺麗な木です。 この木には雌雄がありますが、メス木の場合、観賞価値のある赤い実がつきます。 下の画像のきれいな実です。 ただし、残念ながらこの販売する木は雌雄が不明です。  ■特徴 花がキレイ 落葉樹 ○ 実がなる ? 常緑樹 紅葉する ○ 低木 葉がキレイ ○ 中高木 ○ 木姿がよい ○ つる      アオハダ株立 7000円 高さ1.5m〜1.8m  【現品発送】お好きな木をお選びください。 お買い上げになりたい木を選択して下ののチェックボックスにチェックを入れて下さい。 サイズ表示は木の大きさだけでのサイズで根鉢を含みません。 落葉樹なので季節によって姿が変化します。 2月9日撮影  アオハダ株立 NO1 アオハダ株立 NO2 アオハダ株立 NO3  高さ1.8m 2月9日撮影  高さ1.7m 2月9日撮影   高さ1.8m 2月9日撮影     アオハダ株立 NO4 アオハダ株立 NO5 アオハダ株立 NO6   高さ1.5m 2月9日撮影  高さ1.7m 2月9日撮影   高さ1.7m 2月9日撮影      アオハダ株立 NO7  アオハダ株立 NO8  アオハダ株立 NO9   高さ1.8m 2月9日撮影 ...

【現品】 クロモジ 1.5m 株立ち 011177

千草園芸

7,560

【現品】 クロモジ 1.5m 株立ち 011177

※写真の商品を御送りします。 写真は18年11月17日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1811c-u 送料はL−1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)クロモジ(黒文字) (分類) クスノキ科クロモジ属の落葉中低木 (学名) Lindera umbellate (原産)本州〜九州の低山 (成木の樹高)約3m (栽培適地)東北地方以南 (利用)庭木(シンボルツリー)など。紅葉、花 まだ花の少ない春先に黄色い花を咲かせ、森を彩ります。 上左は雄花、右は雌花です。4月15日、大津市荒川近くです。 花を観賞するほか、立性で樹形を形成する性質から、渋い庭の脇役としてよく植栽されます。 小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな新緑となり、秋の黄葉と季節の変化を感じさせます 下は滋賀県大津市で11月19日 ■植え付け 水はけの悪い場所では深植えするのは禁物です。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 直射日光が根元に直接当たる場所では土の高温は根を弱らせ、木を枯らす原因になります。 必ずバークなどを厚めに敷き詰め地温の上昇をなくしてやることが大切です。 ■移植 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、 秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です ■剪定 本来自然樹形を楽しむ木ですから、剪定は行わないほうが良いです。 伸びすぎた枝や邪魔な枝をカットする程度にとどめます。時期は落葉期または初夏に行います。

【現品】リキュウバイ(利休梅)  1.3m 10266

千草園芸

4,860

【現品】リキュウバイ(利休梅) 1.3m 10266

写真の商品をお送りします。 写真は18年10月26日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1810c-u 送料はL−1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) こちらはヤマト便でのお送りとなりますので、日付の指定はできますが、 時間帯の指定ができません。利休梅(リキュウバイ) 【分類】バラ科ヤナギザクラ属の落葉中低木 【学名】Exochorda racemosa 【原産】中国揚子江下流域 【開花期】4〜5月 【樹高】4〜5m ●利休梅の特徴● 春に白い一重の花を咲かせる丈夫な落葉樹で、庭の脇役として、また茶花としてもよく使用されます。 小さいうちは軸が立ち上がりますが、ある程度大きくなるとたれてくる枝ができ、茶花として利用できます。 古くから茶花として広められてきた背景から、「利休梅」と名づけられたのが由来とされています。 滋賀県大津市内で。4月18日 ●育て方のポイント● 落葉期の移植が適していますが一度移植してあるものは細かな根が出ていますので、春や夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。 植えつけ後は支柱を立てて固定してください。下は大きく育ったリキュウバイです。

【現品】月桂樹(ゲッケイジュ)  1.3m 61105

千草園芸

4,320

【現品】月桂樹(ゲッケイジュ) 1.3m 61105

写真の商品をお送りします。 写真は18年6月11日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。186b-u 送料はL−1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) こちらはヤマト便でのお送りとなりますので、日付の指定はできますが、 時間帯の指定ができません。ローレル(月桂樹) (分類)クスノキ科ゲッケイジュ属の耐寒性常緑小高木 (学名) Laurus nobilis (別名)ローリエ、月桂樹、スウィートベイ (原産)地中海沿岸 (用途) 庭木、料理、香料、鑑賞、ティー、 (栽培敵地)東北地方中部以南 ゲッケイジュ属には世界に2種あり、地中海沿岸とカナリア諸島に各1種が分布します。日本には「L.nobilis」が明治時代に導入され、各地で栽培されています。 雄雌異株で繁殖は挿し木も出来ますが、発根に時間を要し主に種子繁殖されています。 斑入り種などの園芸品種は挿し木繁殖されるものもあります。 本来暖地に分布する木ですが、低温にも耐えるので比較的寒地でも栽培できます。 清涼感をもつすがすがしい香りで肉や魚介類などの煮込み料理、カレー、シチュー、ソース等に加え、臭みを消します。防虫、防腐、健胃、整腸作用にも効果が期待できます。 ■栽培方法 ●日当たり、風通しのよい場所を好みます。 ●また、用土は水はけのよい肥沃な土壌が適しています。 木の性質としては他の樹木とは異なり、若いうちは1本立ちですが、数年経つと株立ちになりやすいです。 また、水はけのよい場所でも根が深く伸びることは無く、地中を浅く這うように成長します。 生育旺盛なので肥料は必要です。肥料が不足すると葉の色が悪くなったり、葉が少なくなりますので、そのようなことがない様に肥料は切らさないようにします。 丈夫な樹木ですから、特別な注意はありません...

【現品】ヤマボウシ(山法師) 白花 株立ち 1.3m 11064

千草園芸

4,320

【現品】ヤマボウシ(山法師) 白花 株立ち 1.3m 11064

写真の商品をお送りします。 写真は18年11月6日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1811a-u 送料はL−1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) こちらはヤマト便でのお送りとなりますので、日付の指定はできますが、 時間帯の指定ができません。ヤマボウシ 【分類】ミズキ科ヤマボウシ属の落葉中高木 【学名】Benthamidia japonica 【別名】ヤマグワ 【原産】日本(本州〜琉球)、朝鮮半島、中国 【用途】庭木、公園樹、街路樹等 【開花期】5月〜7月 【結実期】10月 【成木】5m〜10m 【栽培適地】東北中部以南 初夏(5月〜7月)に白い一重の先のとがった4弁の花を咲かせます。 落ち着いた印象の花は色鮮やかにお庭を彩り、シンボルツリーとしても人気の樹木です。 立性で上のほうで枝の広がる樹形を形成する性質から、庭の主木や街路樹としてもよく植栽されます。 横に広がる葉は春の新緑、初夏の花とのコントラスト、秋の紅葉と季節の変化を感じさせてくれます。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たり・水はけの良い所が適しています。 保水性のある肥沃な土壌を好みます。日照が足りないと、花つきが悪くなります。 夏場や直射のあたる場所では、地温の上昇と乾燥を防ぐことが大切です。 土壌に十分な腐葉土や堆肥等の有機物を入れておくことで、保水力を高め根を温度変化から保護することができます。 また、バークなどのマルチをすることで直射による地温の上昇を防ぎ、乾燥を防止することができます。 移植した年の夏には、特に注意が必要で、乾燥させると枯れ枝ができたり、枯れ死する場合があります。 具体的な対策としては、大きめの穴を掘って土の20%以上の腐葉土を混ぜて植えつけ、夏の晴天時には根元にバークや枯れ葉等のマルチをするほか、...

【現品】リキュウバイ(利休梅)  苗木  1.3m 11212

千草園芸

5,616

【現品】リキュウバイ(利休梅) 苗木 1.3m 11212

※写真の商品をお送りします。 写真は18年11月21日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1811b-u 送料はL−1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)利休梅(リキュウバイ) 【分類】バラ科ヤナギザクラ属の落葉中低木 【学名】Exochorda racemosa 【原産】中国揚子江下流域 【開花期】4〜5月 【樹高】4〜5m ●利休梅の特徴● 春に白い一重の花を咲かせる丈夫な落葉樹で、庭の脇役として、また茶花としてもよく使用されます。 小さいうちは軸が立ち上がりますが、ある程度大きくなるとたれてくる枝ができ、茶花として利用できます。 古くから茶花として広められてきた背景から、「利休梅」と名づけられたのが由来とされています。 滋賀県大津市内で。4月18日 ●育て方のポイント● 落葉期の移植が適していますが一度移植してあるものは細かな根が出ていますので、春や夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。 植えつけ後は支柱を立てて固定してください。下は大きく育ったリキュウバイです。

【現品】ジューンベリー 株立ち 1.3m 1261

千草園芸

7,560

【現品】ジューンベリー 株立ち 1.3m 1261

写真の商品をお送りします。 写真は19年1月25日に撮影しました。落葉期に入っております。 季節によって状態は変化します。191c-u 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) こちらはヤマト便でのお送りとなりますので、日付の指定はできますが、 時間帯の指定ができません。ジューンベリー 【分類】バラ科ザイフリボク属の落葉低木 【学名】Amelanchier lamareckii 【原産】カナダ東部、北アメリカ東部 【栽培敵地】北海道〜九州 【開花期】4月〜5月 【結実期】6月 近年、シンボルツリーとして大変人気のある庭木です。四季を通じて様々な姿を見せてくれる樹木です。 果実の名から、ジューンベリーと呼ばれています。果実は6月頃に収穫でき、甘くておいしい果実が房なりにつきます。シンプルにそのまま食すか、ジャムなどにも利用できます。 自家結実性で一本でも実がなります。春には、桜のような白花が一面に咲き、秋は紅葉も楽しめます。 耐寒性や耐暑性も強く、比較的丈夫で育てやすい植物です。 ●育て方のポイント● 水はけ・日当たりのよい場所を好みますが、ある程度の耐陰性があるので、西日が強く当たり乾燥する場所などは避け、逆に半日陰でもよいでしょう。 腐葉土などを混ぜて土をやわらかくして植えつけます。植え方は植え方を参考してください ⇒植木の植え方 植えた後は3本の支柱でしっかりと固定することが大切です。 夏場の乾燥には弱いので水は切らさないように注意します。 移植は落葉期が望ましいですが、落葉期に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 耐寒性や耐暑性はありますが極端な乾燥を嫌い、乾燥すると実付きが悪くなるので注意しましょう。 鉢植えで栽培する場合は排水性...

【現品】ナツハゼ 株立ち 1.1m 12041

千草園芸

4,860

【現品】ナツハゼ 株立ち 1.1m 12041

写真の商品をお送りします。 写真は18年12月4日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1812a-u 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ナツハゼ 【分類】ツツジ科スノキ属の落葉低木 【学名】Vaccinium oldhamii 【原産】北海道〜九州 【開花期】5月〜6月 【別名】ヤマナスビ 【結実期】10月〜11月 【樹高】1〜2m 日本原産のブルーベリーの仲間です。実を観賞するほか、趣のある樹形を形成する性質から、庭の脇役として、植栽されます。 5月頃、枝先に長い花序を形成し、下向きにたくさんの釣鐘状の花を咲かせます。 小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋から冬には黒い実を付け、葉は紅葉して季節の変化を楽しめます。 ハゼの名前がついているが、ハゼの仲間ではなく初夏に紅葉しているように見えることから秋に紅葉するハゼになぞらえて付けられたようです。 ブルーベリーに近い仲間で、黒くてすっぱい実は果実酒などに利用されます。 ナツハゼの育て方 植える場所は水はけが良く日当たりの良い酸性土壌を好みます。日当たりの良い分、紅葉は美しく色づきます。 剪定は、詰まった枝や間延びした枝を間引きます。 水はけの悪い場所は根ぐされしやすいので、必ず高めに植えるようにしましょう。 また、直射が直接根本に当たらないようにして地温に上昇をさせないことも大切です。

【現品】カクレミノ 1.2m 11211

千草園芸

6,264

【現品】カクレミノ 1.2m 11211

写真の商品をお送りします。 写真は18年11月21日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1811c-u 送料はL−1サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください)カクレミノ 分類: ウコギ科カクレミノ属の常緑亜高木学名: Dendropanax trifidus原産: 本州東北南部以南〜沖縄 別名: カラミツデ、テングノウチワ、ミツデ、ミツナガシワ(御綱柏)、ミソブタ 開花期: 6- 8月樹高: 2m〜7m 栽培敵地: 東北南部以南 日当たりが適していますが日陰に強く、軒下など夜露のあたらないところでも栽培できます。乾燥を嫌い、肥沃でやや湿った土壌が最適です。 狭い場所でも育てられ、あまり場所をとらないので、日陰の庭でよく利用されます。 カクレミノの育て方 樹木などの下や建物の半日陰になるような場所でも育ちます。 生育は上に向かってのみ育ち、幹の途中から新芽を出すことはほとんどありません。 塀の近くや下の狭い場所ではこのような樹形が適していることもありますが、背丈を低くしたり下葉を出したいときはその部分にある枝を切ると切り口が新芽を出します。 ただ、日陰では新芽が出ないこともありますので、注意しましょう。 肥料を多く与えると葉が大きくなり、生育もよくなります。 病害虫はほとんどありません。ほとんど手参らずの樹木です。

【現品】ドウダンツツジ 苗木1.4m 11161

千草園芸

7,560

【現品】ドウダンツツジ 苗木1.4m 11161

写真の商品をお送りします。 写真は18年11月16日に撮影しました。根鉢を除いた地上部の樹高は約1.4mです。 季節によって状態は変化します。1811b-u 送料はL−1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) こちらはヤマト便でのお送りとなりますので、日付の指定はできますが、 時間帯の指定ができません。ドウダンツツジ 【分類】ツツジ科ドウダンツツジ属の属落葉低木 【学名】Enkianthus perulatus 【原産】日本(関東以西〜九州の限られた山地)台湾 【用途】庭木、生垣、公園樹、街路樹等 【開花期】4月〜6月 【成木】2m〜3m 【栽培適地】東北中部以南 ●四季折々の姿を見せる「ドウダンツツジ」● 灯台の脚に枝が分枝する姿が似ているところから「灯台ツツジ」と言われ、それが変形し名づけられた「ドウダンツツジ」。春には白い釣鐘状の花を咲かせ、 秋の紅葉も非常にきれいで、日本の風土にもよく合い、全国的に人気のある植物です。ドウダンツツジの中には、ベニサラサドウダンやベニドウダンなど紅花の種類も人気があります。立性でこんもりした樹形を形成する性質から、庭や路地の脇役として幅広く植えられています。枝が密に着き、刈り込んでも芽吹きやすい性質から樹形をコントロールしやすいのが特徴です。丸く刈り込まれて庭などによく植栽されています。小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋の真っ赤な紅葉と季節の変化を感じさせます。幹が太くなると見られる模様も趣のあるものです。 春にはたくさんの白い釣鐘状の花を咲かせます。 ⇒ 開花後からは青々と茂ったドウダンを楽しめます。 ⇒ 秋には赤く染まった紅葉がお庭を彩ります。紅葉後は落葉期をむかえます。 ●育て方と剪定のポイント● 植える場所は、日当たり...

【現品】 アーモンド 苗木 1.4m 12015

千草園芸

7,560

【現品】 アーモンド 苗木 1.4m 12015

写真の商品をお送りします。 写真は18年11月10日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1811b-u 送料はL−1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) こちらはヤマト便でのお送りとなりますので、日付の指定はできますが、 時間帯の指定ができません。アーモンド 分類: バラ科サクラ属の落葉高木 学名: Prunus dulcis 原産: アジア西南部 別名: ヘントウ(扁桃) 利用: 花を観賞用、実は食用 栽培敵地: 関東地方以南 ■特徴 アーモンドは桃の仲間で、熟した果実のタネの 内部があの香ばしいナッツとして食用になります。 木をゆすって落ちる頃が食べ頃です。 花は桜の花に似て美しく淡いピンク色。 花だけでも観賞価値十分です。 ■栽培方法 庭植え/ 日当たりのよいところになるべく大きな穴を掘り、 直接根に触れないところに堆肥などの有機質肥料を入れて植え込みましょう。 また、毎年収穫後乾燥鶏糞や油粕などを与えると良いでしょう。 鉢植え/ 日当たり・風通しのよいところにおいて、鉢土が乾かないように水を与えてください。 大きな鉢への移植は必ず収穫後の11月〜3月頃に行うこと。 また、毎年収穫後、乾燥鶏糞、油粕などを与えると良いでしょう。

【現品】アカヤシオツツジ 0.3m 18

千草園芸

6,696

【現品】アカヤシオツツジ 0.3m 18

※写真の商品をお送りします。 18年10月23日に撮影しました。 木の状態は季節により変化いたします。 1810c-u 送料はMサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)アカヤシオツツジ 【分類】ツツジ科ツツジ属の落葉低木 【学名】 Rhododendron pentaphyllum var. nikoense 【分布】関東地方から近畿地方東部の太平洋側に分布主にやせた尾根や岩場、里山の雑木林などに生育。トウゴクミツバツツジより、標高の低いところに分布。 【原産】福島県から兵庫県の山地 【栽培適地】東北地方中部〜九州までの水はけのよい場所 【開花期】4月 【利用】庭木 アカヤシオはアケボノツツジの変種で、別名アカギツツジとも言います。 ピンクの大形の花を咲かせるツツジで、生育は早くありませんので庭木にも適しています。 ●育て方のポイント● アカヤシオツツジは山地の急な傾斜地に自生していますので、植える場所は落ち葉の腐った酸性土壌で、常に湿っている水はけがよい場所が適しています。 夏はあまり暑くならず、木陰にもなる場所になります。生育環境から非常に水はけのよい場所に植えることが必要です。 寒さには強いのですが、夏は根元に直射が当たるのはよくありません。 根元にはマルチをして地温の上昇をなくすこと、乾燥を嫌うので決して水切れは起こさないことが大切です。土には多目の腐葉土を入れて酸性土壌にしておくことも必要です。 ↑4月の状態です。新芽が非常にきれいです。 ↑秋には鮮やかな紅葉がお庭を彩ります。

【現品】ドウダンツツジ 苗木 1.3m  63003《花、紅葉が美しい庭木》

千草園芸

7,560

【現品】ドウダンツツジ 苗木 1.3m 63003《花、紅葉が美しい庭木》

写真の商品をお送りします。 写真は18年7月17日に撮影しました。幅は約40cmです 季節によって状態は変化します。187c-u 送料はL−1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) こちらはヤマト便でのお送りとなりますので、日付の指定はできますが、 時間帯の指定ができません。ドウダンツツジ 【分類】ツツジ科ドウダンツツジ属の属落葉低木 【学名】Enkianthus perulatus 【原産】日本(関東以西〜九州の限られた山地)台湾 【用途】庭木、生垣、公園樹、街路樹等 【開花期】4月〜6月 【成木】2m〜3m 【栽培適地】東北中部以南 ●四季折々の姿を見せる「ドウダンツツジ」● 灯台の脚に枝が分枝する姿が似ているところから「灯台ツツジ」と言われ、それが変形し名づけられた「ドウダンツツジ」。春には白い釣鐘状の花を咲かせ、 秋の紅葉も非常にきれいで、日本の風土にもよく合い、全国的に人気のある植物です。ドウダンツツジの中には、ベニサラサドウダンやベニドウダンなど紅花の種類も人気があります。立性でこんもりした樹形を形成する性質から、庭や路地の脇役として幅広く植えられています。枝が密に着き、刈り込んでも芽吹きやすい性質から樹形をコントロールしやすいのが特徴です。丸く刈り込まれて庭などによく植栽されています。小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋の真っ赤な紅葉と季節の変化を感じさせます。幹が太くなると見られる模様も趣のあるものです。 春にはたくさんの白い釣鐘状の花を咲かせます。 ⇒ 開花後からは青々と茂ったドウダンを楽しめます。 ⇒ 秋には赤く染まった紅葉がお庭を彩ります。紅葉後は落葉期をむかえます。 ●育て方と剪定のポイント● 植える場所は、日当たり、水はけのよい肥沃な酸性土壌を好みます...

【現品】ミモザアカシア(ギンヨウアカシア) 7号 樹高約1.3m 09082 r

全2商品

5,184

【現品】ミモザアカシア(ギンヨウアカシア) 7号 樹高約1.3m 09082 r

※写真の商品をお送りします。 写真は18年9月8日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 189a-u 送料はL-1 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) こちらにもミモザがございます。ミモザアカシア (英)Green Wattle,Early Black Wattle (分類)マメ科アカシア属 (原産)オーストラリア南東部(タスマニアを除く) (特性)半耐寒性常緑高木(成木では−5〜10度) (学名)Acacia Millor decurrens Willd (用途)公園樹、庭木・シンボルツリー、切花 関東以西の低地では街路樹や公園などに多く植栽されています。日当たりと水はけのよい土地を好み、乾燥に強くやせ地でもよく生育します。正しくはアカキア属と言いますがアカキアではなく一般にはアカシアと言います。ニセアカシアも一般的によくアカシアと言われ混同することがあります。 春先に黄色い花を満開につけ、非常に美しい花木ですが、成長が早くすぐに大きくなるので剪定をして樹形を整えることが必要です。 また一度路地植えすると移植はまずできないと考えたほうがよいので植える場所は大きくなると思って計画を持って植えてください。鉢植えの場合も植え替えのときはあまり根鉢は崩さずに行いましょう。 西日本では公園や街路樹によく利用され、強剪定にも耐えてかなり大きく成長します。 春に黄色い玉状の花を木いっぱいに付け、切花やドライフラワーにも利用されます。 ミモザアカシアの近縁種には次のようなものがあります。 1.ギンヨウアカシア(ギンバアカシア、ハナアカシア) (学名) Acacia baileyana F.V.Muell (英) Cootramundra Wattle、Golden mimosa (原産)...

【現品発送】クロモジ 高さ1.3m〜1.8m 繊細な木,落葉低木

ガーデンプランツ エナ

6,000

【現品発送】クロモジ 高さ1.3m〜1.8m 繊細な木,落葉低木

 クロモジ 春の小さな黄色の花と、秋の黄葉が魅力   こんにちは。ガーデンプランツエナの店長の宮地です。今回はクロモジのご案内です。 クロモジの名の由来は「黒文字」で、緑の樹皮に不規則な黒い斑点模様があるため名付けられました。 この斑点は若枝・若い幹には多く付いていますが、幹が太くなるにつれ樹皮は緑色から褐色に変化し、 最終的には灰白色となり、黒い斑点も消えてしまいます。 さて、このクロモジの魅力ですが、まず、この木の香りがあります。クロモジは森林の香りとフローラル調が混ざった香りがし、生産は少ないですがアロマオイルとしての生産もあります。葉と枝に香りがあります。 また、木の風情も繊細でなかなか落ち着きのにある雰囲気です。葉は小さく初夏から夏の緑色の葉は潤いのある季節を感じさせます。そして、秋に葉は黄色く色づき静かな晩秋の静謐を感じさせてくれます。 さらに、この木は葉も小さいこともあり、静かな落ち着きを感じさせてくれるのがこの木の魅力です。 木のサイズは3m〜4mで普通のおうちのお庭ではシンボルツリーとしていいサイズです。 この落ち着きのある木を是非お庭にどうぞ。     植え付け場所  日向でも大丈夫ですが、やや日影の方がこ の木の魅力がでやすいでしょう。   ■特徴  花がキレイ ○ 落葉樹 ○ 実がなる 常緑樹 黄葉する ○ 低木 葉がキレイ ○ 中高木 ○ 木姿がよい ○ つる  見どころ 早春の黄色い花、晩秋の黄葉。  病虫害  病虫害はすくないです。  【現品発送】ご希望の木をお選びください。 お買い上げになりたい木を選択して下のチェックボックスにチェックを入れて下さい。 植物なので...

【現品発送】マルバノキ高さ1.3m〜1.6mシンボルツリー,紅葉,若葉

ガーデンプランツ エナ

8,000

【現品発送】マルバノキ高さ1.3m〜1.6mシンボルツリー,紅葉,若葉

他のマルバノキはこちらからご覧いただけます マルバノキ 大 若葉と紅葉が美しい  マルバノキは、マンサク科の木です。 若葉と紅葉が魅力の木で、初夏と晩秋には綺麗な景色とります。 特に紅葉は日当たり具合によって、色の違う紅葉になります。 日当たりのよいところでは赤く、日陰ではオレンジから黄色という具合です。 木はあまり大きくなりません。条件にもよりますが、3mぐらいです。 花は紅葉のころ、ピンク色の花弁の小さな花が咲きます。(秋の花です。)   花がキレイ 落葉樹 ○ 実がなる 常緑樹 紅葉する ○ 低木 葉がキレイ ○ 中高木 ○ 木姿がよい ○ つる             マルバノキの留意点   植え付け場所  日当たり、日陰どちらでも育ちます。日当たりであれば真っ赤な紅葉、 日影だといろいろな色の紅葉になります。  剪定  ほとんど必要ありません。不要と思われる枝だけを根元から削除してください。  肥料  2月〜3月に油粕やIB化成肥料を与えます。  病害虫  基本的にはほとんどつきません。 【現品発送】 お好きな木をお選びください。 お買い上げになりたい木を選択して下ののチェックボックスにチェックを入れて下さい。 サイズ表示は木の大きさだけでのサイズで根鉢を含みません。 落葉樹なので冬には葉を落とします。 マルバノキ NO29 マルバノキ NO30 マルバノキ NO31 高さ1.3m 11月18日撮影 高さ1.3m 11月18日撮影  高さ1.6m 11月18日撮影  マルバノキ NO32 マルバノキ NO33...

【現品/花芽付き】モクレン 苗木 サンライズ 1.1m 20208

千草園芸

4,860

【現品/花芽付き】モクレン 苗木 サンライズ 1.1m 20208

写真の商品をお送りします。 写真は19年2月2日に撮影しました。樹高は約1.1mです 季節によって状態は変化します。191d-u 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月〜4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3〜15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です。 施肥は、主に冬に行います。 ●剪定と病害虫対策● 剪定は、開花後または落葉期におこなってください。落葉期は、蕾がついている枝に注意しましょう。 モクレンは成長の早い樹木です。背丈を抑制したい場合は高く伸びすぎた枝の切り戻しをします。 その他、込みすぎる枝葉を切り取り...

【現品】マンゲツロウバイ(満月蝋梅)1.1m 11571 r

千草園芸

5,184

【現品】マンゲツロウバイ(満月蝋梅)1.1m 11571 r

※写真の商品を御送りします。 写真は19年1月15日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 191b-u 送料はL サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ロウバイ(蝋梅) 【分類】ロウバイ科ロウバイ属 【学名】Chimonanthus(=冬の花)praecox(=早咲きの) 【原産】中国 【別名】カラウメ(唐梅)、トウバイ(唐梅) 【用途】庭木、公園樹、生け花等 【開花】12月〜3月 【最終樹高】2m〜5m 【栽培適地】東北以南 □蝋燭でつくられた花みたいで、梅の花に似ていることから名付けたロウバイ。 日本では古くから栽培され、お正月の生け花などに用いられます。 雪のふる中でも花を咲かせます。 花の少ない冬に咲く花として有名です。特に、12月下旬から正月に咲く品種の「満月ロウバイ」に人気があります。その他見分けがつきづらいのですが、ロウバイにはいくつか品種があります。 1.トウロウバイ(Meratia praecox Rehd.et Wils.var.grandiflora Rehd.et Wils.) ロウバイの変種。花の中央が暗紫色で、巾がやや広くふっくらしている。 2.ソシンロウバイ(Meratia praecox Rehd.et Wils.var.concolor Mkino) 花弁の中央部分が黄色く、満月ロウバイより花弁が小さく、黄色が薄い。 ロウバイの中でも優しい色から、茶花として利用されている。 3.マンゲツロウバイ ソシンロウバイの変種。ソシンロウバイより花が大きく、鮮やかな黄色をしたもの。 近年増殖され、関西地方では正月に開花し、早春まで長期間咲きつづづける。 4.マンゲツロウバイ(芯赤タイプ) 花の中心に赤褐色の輪が入るタイプのものも「マンゲツロウバイ...

【現品】 フェイジョア「トライアンフ」1.1m 06193 果樹 植木 庭木 r

千草園芸

6,480

【現品】 フェイジョア「トライアンフ」1.1m 06193 果樹 植木 庭木 r

※写真の商品をお送りします。 写真は18年10月8日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。1810a-u 送料はL-1 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください)フェイジョア 分類: フトモモ科フェイジョア属の常緑低木、 学名: Feijoa sellowiana 原産: 南米ウルグアイ、パラグアイ、ブラジル南部 別名: パイナップルグアバ 開花期: 5月〜7月(果実の収穫は晩秋) 耐寒温度: -10℃ 樹高: 3〜5m 栽培敵地: 東北地方中部以南 常緑性の樹木で葉も美しく花も咲き果実も食用にできる樹木として家庭の庭によく植えられるようになりました。 亜熱帯性の果樹に分類されますが、寒さにも比較的強く、関東地方以南の地域での露地栽培は問題ありません。 日当たりのよい水はけのよく肥沃な土壌を好みます。日当たりが悪いと新芽は垂れ下がりがちになりだらしなく成長しますから、下のほうまでよく日が差し込むように剪定をします。 生育は非常に早く、よく新芽を伸ばしますので、樹形を整えるためにも毎年剪定が必要です。夏の終わりか秋に本年伸張した枝を半分くらいに切り詰めます。 寒さに強く−10℃近くの低温にも耐えると言われていますが、寒風の当たる場所では落葉しやすいです。 寒風の当たらない場所が適していますが、当たる場合は藁などで覆って防風対策が必要です。 多少落葉しても春には回復しますが、しないに越したことはありません。 また、積雪の多い地方では積雪対策が必要です。枝はしなることは無く、非常に折れやすいので、剪定をしたりコモなどで覆うなどの対策を行ってください。 果実を収穫するには他品種との交配が必要ですから、2品種植えることをお勧めします。肥料は好みますので、多めに与えるとよく成長しますが...

【現品発送】ディアボロ  高さ1.2m〜1.4m カラーリーフ,花木

ガーデンプランツ エナ

5,400

【現品発送】ディアボロ 高さ1.2m〜1.4m カラーリーフ,花木

  撮影した木を発送いたします。    下のをクリックすると拡大画像が表示されます。 (根元の画像も表示されます。)  ご希望の木の番号を確認して上のチェックボックスにてご注文願います。             ディアボロ NO2 高さ1.4m   ディアボロ NO3 高さ1.4m ディアボロ NO4 高さ1.4m ディアボロ NO5 高さ1.4m    ディアボロ (バラ科テマリシモツケ属の木 ) この濃い紫色の木はテマリシモツケのディアボロと言い、大変おすすめの木です。 20世紀末にオランダのエスベルト園から発売が開始された木です。 (ディアボロはギリシャ語で悪魔という意味です。) たいへんメリットの多い木です。 カラーリーフといっても、通常は新緑の色で、夏を超えると黄色は黄緑色、紫は濃い緑色、青葉も青緑色となってしまい、緑葉になってしまうものもございます。 けれども、この木は違います。夏を過ぎても、下記の画像のように濃い紫色の葉を維持しています。夏の緑が濃くなりすぎたころ、この紫色の葉は貴重です。 また花も初夏にコデマリのような花が咲きます。 さらに、ヤキヤナギやレンギョウのような樹形で高さ2mぐらいまでにしかなりません。 さらに強健で丈夫に育ちます。大変良い木だと思います。       花がキレイ ○ 落葉樹 ○ 実がなる 常緑樹 紅葉する 低木 葉がキレイ ○ 中高木 ○ 木姿がよい つる         注) 1...

送料無料
【現品】姫コブシ(ヒメコブシ/シデコブシ)ピンク 苗木 1.3m 12192【送料無料】

千草園芸

7,344

【現品】姫コブシ(ヒメコブシ/シデコブシ)ピンク 苗木 1.3m 12192【送料無料】

写真の商品をお送りします。 写真は18年12月19日に撮影しました。花芽がついております。 季節によって状態は変化します。1812c-u 北海道や沖縄、船賃の要る離島は別途送料が必要です。 こちらはヤマト便でのお送りとなりますので、日付の指定はできますが、 時間帯の指定ができません。姫コブシ(ヒメコブシ) 【分類】モクレン科コブシ属の落葉高木 【学名】Magnolia tomentosa 【別名】シデコブシ 【原産】本州 【開花期】3月中旬-4月上旬 【樹高】5m〜8m 【栽培適地】本州 ●ヒメコブシの特徴● コブシは北海道から九州、朝鮮半島南部の山地に自生する落葉高木です。 四手に似たコブシのように見える花をつけることから、ヒメコブシと呼ばれています。 日本の固有種ですが、近年では数が減り絶滅が危惧されている希少な樹木です。 変種のキタコブシは北海道や本州北部の日本海側に分布し、大型で耐寒性が強いのが特徴です。 ヒメコブシ(別名:シデコブシ)はこぶしの近縁種で本州に自生比較的樹高が低く観賞価値が高いので、庭木として利用されています。 花色は白ですがピンクなどの園芸品種もあります。 ●生育と剪定のポイント● 植える場所は、肥沃な土壌で日当たりと水はけの良い場所が適しています。土壌は、乾燥しないように有機質は多目がよいです。 大きくなる性質の木の場合、背丈を抑制したい場合は剪定をします。 背丈を切り詰めるほか、込みすぎ枝葉を切り取り、伸びすぎた枝もカットします。 また、台木から芽が出ることもありますので、接ぎ口の下から出ている場合は必ずカットしてください。 季節は開花後または落葉期に行います。病害虫などは、ほとんどありません。 →ピンク姫コブシはこちら

【現品】花水木(ハナミズキ)赤花 1.3m 120554 【シンボルツリーに最適な植木・苗木のアメリカハナミズキ】 r

千草園芸

7,344

【現品】花水木(ハナミズキ)赤花 1.3m 120554 【シンボルツリーに最適な植木・苗木のアメリカハナミズキ】 r

※写真の商品を御送りします。 写真は18年12月5日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1812a-u 送料はL−1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ハナミズキ 分類: ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木学名: Cornus florida L原産: アメリカ東部、メキシコ北東部 別名: アメリカヤマボウシ開花期: 4月下旬〜5月上旬樹高: 3m-12m栽培敵地: 日本全国 ハナミズキの育て方 日当たりの良い場所を好みます。 浅根性の植物ですから日が根元に照りつける場所では株元にワラなどを敷いて、できるだけ地温の上昇しないようにしましょう。 夏に水枯れを起すと葉の周りから枯れ込みが進み、木の生育が衰えます。 植え込み時には土の保水性を高めるために腐葉土などの有機質を多めに土に混ぜて植えることが大切です。 かかりやすい病害虫 いろいろな毛虫類、カイガラムシ類、の被害を受けることがあります。 多い場合は殺虫剤の散布が必要です。 病気ではウドンコ病が発生します。 夏以降に発生してもあまり翌年の開花や生育には障害になりませんが、春の新芽に発生すると気が弱るので、殺菌剤の散布が必要です。 冬の落葉時に石灰硫黄合剤の散布は予防に効果的です。

【現品】椿(ツバキ)西王母(セイオウボ) 1.3m 121153 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》r

千草園芸

7,344

【現品】椿(ツバキ)西王母(セイオウボ) 1.3m 121153 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》r

※写真の商品を御送りします。 写真は18年12月11日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1812b-u 送料はL−1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。...

【現品】 アオハダ(青膚) 株立ち 1.2m 92702

千草園芸

7,020

【現品】 アオハダ(青膚) 株立ち 1.2m 92702

写真の商品をお送りします。 写真は18年11月14日に撮影しました。根鉢を除いた地上部の樹高は約1.2mです。 季節によって状態は変化します。1811b-u 送料はL−1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) こちらはヤマト便でのお送りとなりますので、日付の指定はできますが、 時間帯の指定ができません。アオハダ 「分類」モチノキ科モチノキ属 (落葉高木) 「学名」Ilex macropoda 「原産」北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国 「栽培適地」北海道〜九州 「基本情報」 各地の山地に生える落葉高木で、通常高さは8m〜10mほどまで成長します。 雄雌異株で、5月〜6月に緑白色の花を咲かせ、雌株は9月〜11月に直径7mmほどの赤い果実を付けます。 生長は早く、耐寒性があり、自然に樹形が整うので手入れの必要はありません。 外皮を剥ぐと緑色をしていることからアオハダ(青膚)よ呼ばれるようになりました。 若葉は食用として使用されることもあります。 雌雄の区別は木の直径が10cm近くにならないとわかりません。 「植え付け」 水はけ、日当たりのよい場所を好みます。 腐葉土などを混ぜて土をやわらかくして植えつけます。植え方は植え方を参考してください⇒植木の植え方 植えた後は3本の支柱でしっかりと固定することが大切です。 「栽培方法」 根元からシュートが出て、放任すると株立ち状になりやすいので、主幹仕立てにする場合はシュートを切り取ります。 肥料は主として春と秋、そして冬に与えます。 「移植」 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、落葉期に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 「注意点:水やり」 植えつけてから、最初の夏越しが大変重要です。...

【現品/選べる樹形】イチゴノキ 赤花 0.9〜1m 苗木

千草園芸

7,560

【現品/選べる樹形】イチゴノキ 赤花 0.9〜1m 苗木

番号の商品をお送りします。 写真は19年2月2日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。191d-u 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)いちごの木 【分類】ツツジ科アルブッス属の耐寒性常緑低木 【学名】Arbutus unedo 【原産】欧州南東部、トルコ、レバノン、アイルランド 【開花期】10月〜12月 【結実期】11月〜1月 【樹高】2〜3m 【栽培適地】全国 ●いちごの木の特徴● 秋から初冬にかけてすずらんのような花を枝いっぱいに咲かせます。 結実した果実は一際目を引き、翌年の同時期に熟します。 果実はヤマモモのような実で秋には黄色から赤に色づき、実はジャムや果実酒に利用できます。 ●育て方のポイント● 日当たりから半日陰の場所で弱酸性の肥沃な土に植え込みます。 水捌けのよい用土を好みますが、乾燥には弱いので水を切らさないように注意します。 寒さには強く、-15度くらいまでは大丈夫ですが寒風で傷みやすいので 寒風を避けた場所を選ぶようにします。 剪定は細い枝や込み合う枝を除く程度にとどめ、強剪定はしないようにします。 また、植え替えは春先が適期ですが、移植は嫌いますからその必要のない場所を選んで植え込みをします。 ●開花から結実までの移り変わり● 10月〜12月頃に開花します ⇒ 開花後から実がつき始めます ⇒ 熟すと鮮やかに赤く色づきます

【現品】ハクモクレン「スノーホワイト」 1.6m 苗木 901

千草園芸

7,560

【現品】ハクモクレン「スノーホワイト」 1.6m 苗木 901

写真の商品をお送りします。 写真は18年9月21日に撮影しました。 成長した場合は、記載の高さに剪定させて頂きます。 季節によって状態は変化します。189d-u 送料はL−2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月〜4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3〜15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です。 施肥は、主に冬に行います。 ●剪定と病害虫対策● 剪定は、開花後または落葉期におこなってください。落葉期は、蕾がついている枝に注意しましょう。 モクレンは成長の早い樹木です。背丈を抑制したい場合は高く伸びすぎた枝の切り戻しをします。 その他、込みすぎる枝葉を切り取り...

【現品】マンサク(満作、万作)苗木 1.4m 112155

千草園芸

6,264

【現品】マンサク(満作、万作)苗木 1.4m 112155

※写真の商品を御送りします。 写真は18年11月21日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1811c-u 送料はL−1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)マンサク 分類: マンサク科マンサク属の落葉小高木学名: Hamamelis japonica原産: 日本の本州の太平洋側から九州 開花期: 1月-3月樹高: 5m〜10m栽培敵地: 全国 マンサクは2-3月に他の花に先駆けて咲くので、その語源は「まず咲く」「まんずさく」が東北地方で訛ったもの。 また、黄金色の花を枝いっぱいに咲かせた姿を豊年満作と縁起をかつぎ、マンサクとなったと言う説もあります。 マンサクは本州太平洋側の山地に自生している身近な樹木です。 秋には渋く紅葉します。 下は滋賀県高島市内で 2015.11.19 マンサクは日本固有種ですが、以下のような亜種、変種、品種があります。 1.オオバマンサク H. j. subsp. megalophylla 本州中部地方以北に分布し葉の形がひし形卵状楕円形で、マンサクより大きい。亜種 2.マルバマンサク H. j. subsp. obtusata 北海道南部から日本海側に分布し、葉の形が先半分に丸みがあり、花の色は薄く小さい。亜種 3.ウラジロマルバマンサク H. j. var. discolor 北陸地方に分布する上記の変種とされる。 4.ウラジロマンサク H. j. var. glauca 近畿・中部地方に分布する変種。 花ビラは短めで、色は薄い。 5.アテツマンサク H. j. var. bitchuensis 中国・四国地方(愛媛県)に分布する萼片(花の中央部)が黄色で葉の両面に星状毛がある変種。 6.アカバナマンサク H. j. f. incarnata ...

【現品】ジューンベリー 苗木 株立ち 1.4m 50406

千草園芸

6,048

【現品】ジューンベリー 苗木 株立ち 1.4m 50406

写真の商品をお送りします。 写真は18年5月4日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。184e-u 送料はL−1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) こちらはヤマト便でのお送りとなりますので、日付の指定はできますが、 時間帯の指定ができません。ジューンベリー 【分類】バラ科ザイフリボク属の落葉低木 【学名】Amelanchier lamareckii 【原産】カナダ東部、北アメリカ東部 【栽培敵地】北海道〜九州 【開花期】4月〜5月 【結実期】6月 近年、シンボルツリーとして大変人気のある庭木です。四季を通じて様々な姿を見せてくれる樹木です。 果実の名から、ジューンベリーと呼ばれています。果実は6月頃に収穫でき、甘くておいしい果実が房なりにつきます。シンプルにそのまま食すか、ジャムなどにも利用できます。 自家結実性で一本でも実がなります。春には、桜のような白花が一面に咲き、秋は紅葉も楽しめます。 耐寒性や耐暑性も強く、極端な乾燥に注意すれば、比較的丈夫で育てやすい植物です。 ●育て方のポイント● 水はけ・日当たりのよい場所を好みますが、ある程度の耐陰性があるので、西日が強く当たり乾燥する場所などは避け、逆に半日陰でもよいでしょう。 腐葉土などを混ぜて土をやわらかくして植えつけます。植え方は植え方を参考してください ⇒植木の植え方 植えた後は3本の支柱でしっかりと固定することが大切です。 夏場の乾燥には弱いので水は切らさないように注意します。 移植は落葉期が望ましいですが、落葉期に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 耐寒性や耐暑性はありますが極端な乾燥を嫌い、乾燥すると実付きが悪くなるので注意しましょう。 鉢植えで栽培する場合は排水性、保水性のよい用土を使用し...

【現品】キングサリ 7号 1.2m 62201(g2)

千草園芸

5,724

【現品】キングサリ 7号 1.2m 62201(g2)

写真の商品をお送りします。 写真は18年6月22日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。186c-u 送料はL−1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) こちらはヤマト便でのお送りとなりますので、日付の指定はできますが、 時間帯の指定ができません。キングサリ 分類: マメ科の落葉低木(成木では3〜10m) 学名: Laburnum anagyroides 原産: ヨーロッパ中南部 別名: ゴールデン・チェーン キバナフジ 利用: 鉢植え、露地植え 性質: 寒さには強いが寒風のたる場所では枝枯れができることがある。 栽培敵地: 北海道中部〜九州 ■種類 アナギロイデス(L. anagyroides) 多く栽培されてる品種で、花は大きめだが花房は20cmくらい。成木では10mになる。 園芸品種に葉の黄緑色のアウレウム(Aureum)、コンパクトな樹形のエレクト(Erect)、枝のしだれるペンドゥルム(Pendulum)などがあります。 アルピヌム(L. alpinum) 花房が長く70cm位にもなる。 ウォータレリ(L.anagyroides ×L. alpinum)「watereri」 アルピヌムとアナギロイデスが交雑した種。 園芸品種に小輪で花付きの良いボッシー(Vossii)がある。大きくなると花房が長くなります。 ↑ボッシー ■栽培方法 高温多湿に弱いので、夏はできるだけ気温の上がらない場所が適しています。日本では暖地よりも寒冷地での植栽に向いた樹木と言えます。 あまり移植を好まない樹木なので、苗木を地植えにする場合は将来移植しなくても良い場所に植えるようにしましょう。 (剪定) あまり強く行いません。木が若いうちは株元から勢いよく伸びる長い枝が出やすいので、込み合っている場合は...

【現品】 ライラック ピンク花 1.0m 1 花木 落葉樹 庭木 植木 r

千草園芸

3,780

【現品】 ライラック ピンク花 1.0m 1 花木 落葉樹 庭木 植木 r

※写真の商品をお送り致します。 写真は18年12月17日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1812c-u 送料はL サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) ■栽培方法 日当たり、水はけのよい場所を選びます。 周囲40cmくらいの植え穴を掘り、有機質と配合肥料を土とよく混ぜましょう。 苗木の根が直接肥料に接しないように普通の土をいれその上に苗木を植えてください。 根は十分に広げm植え付け後は十分潅水を行ってください。支柱を立てるとよいと思います。 ■開花:5月〜6月ライラック 【分類】モクセイ科 ハシドイ属 【分布】東北以北 【学名】Syringa vulgaris 【別名】リラ 〔Lilas〕 ムラサキハシドイ 〔紫丁香花〕 ハナハシドイ 【開花期】4月〜5月 【栽培適地】九州中部以北 滋賀県大津市内で 4月25日 ライラックはヨーロッパ原産の落葉花木です。 一般に親しまれているライラックという名称は英名で、日本でも呼ばれているリラという名称は、フランスでの名称です。 花は枝先に穂状に多数つけ、芳香があります。 耐寒性が強く、花期が長く、冷涼な地域の代表的な庭園木で、北海道では公園木や街路樹としても植えられています。

【現品】アカヤシオツツジ 0.4m 01

千草園芸

6,804

【現品】アカヤシオツツジ 0.4m 01

写真の商品をお送りします。 写真は18年10月23日に撮影しました。 樹高は約0.4mです 季節によって状態は変化します。1810c-u 送料はMサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)アカヤシオツツジ 【分類】ツツジ科ツツジ属の落葉低木 【学名】 Rhododendron pentaphyllum var. nikoense 【分布】関東地方から近畿地方東部の太平洋側に分布主にやせた尾根や岩場、里山の雑木林などに生育。トウゴクミツバツツジより、標高の低いところに分布。 【原産】福島県から兵庫県の山地 【栽培適地】東北地方中部〜九州までの水はけのよい場所 【開花期】4月 【利用】庭木 アカヤシオはアケボノツツジの変種で、別名アカギツツジとも言います。 ピンクの大形の花を咲かせるツツジで、生育は早くありませんので庭木にも適しています。 ●育て方のポイント● アカヤシオツツジは山地の急な傾斜地に自生していますので、植える場所は落ち葉の腐った酸性土壌で、常に湿っている水はけがよい場所が適しています。 夏はあまり暑くならず、木陰にもなる場所になります。生育環境から非常に水はけのよい場所に植えることが必要です。 寒さには強いのですが、夏は根元に直射が当たるのはよくありません。 根元にはマルチをして地温の上昇をなくすこと、乾燥を嫌うので決して水切れは起こさないことが大切です。土には多目の腐葉土を入れて酸性土壌にしておくことも必要です。 ↑4月の状態です。新芽が非常にきれいです。 ↑秋には鮮やかな紅葉がお庭を彩ります。

【現品】ナツハゼ 苗木 0.9m 2095

千草園芸

4,320

【現品】ナツハゼ 苗木 0.9m 2095

写真の商品をお送りします。 写真は19年2月9日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。192a-u 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ナツハゼ 【分類】ツツジ科スノキ属の落葉低木 【学名】Vaccinium oldhamii 【原産】北海道〜九州 【開花期】5月〜6月 【別名】ヤマナスビ 【結実期】10月〜11月 【樹高】1〜2m 日本原産のブルーベリーの仲間です。実を観賞するほか、趣のある樹形を形成する性質から、庭の脇役として、植栽されます。 5月頃、枝先に長い花序を形成し、下向きにたくさんの釣鐘状の花を咲かせます。 小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋から冬には黒い実を付け、葉は紅葉して季節の変化を楽しめます。 ハゼの名前がついているが、ハゼの仲間ではなく初夏に紅葉しているように見えることから秋に紅葉するハゼになぞらえて付けられたようです。 ブルーベリーに近い仲間で、黒くてすっぱい実は果実酒などに利用されます。 ナツハゼの育て方 植える場所は水はけが良く日当たりの良い酸性土壌を好みます。日当たりの良い分、紅葉は美しく色づきます。 剪定は、詰まった枝や間延びした枝を間引きます。 水はけの悪い場所は根ぐされしやすいので、必ず高めに植えるようにしましょう。 また、直射が直接根本に当たらないようにして地温に上昇をさせないことも大切です。

【現品発送】マルバノキ 露地もの   高さ1.1 m〜1.4m  新緑・若葉と紅葉の美しい植木

ガーデンプランツ エナ

6,000

【現品発送】マルバノキ 露地もの 高さ1.1 m〜1.4m 新緑・若葉と紅葉の美しい植木

ほかのマルバノキはこちらからご覧になれます。 ヤマト便 3辺の長さが200センチサイズの箱 高さ1.5mぐらいまでの木まで *税込み価格です。   配送日指定ができますが、時間指定ができません。  北海道  北東北  南東北  関東   北海道  青森、秋田 岩手  山形、宮城 福島 茨城、栃木、群馬、東京、 神奈川、千葉、埼玉   3200円  2600円  2500円 2500円    信越   北陸  東海  関西  中国   新潟、長野 山梨  富山、石川 福井 静岡、岐阜 愛知、三重  滋賀、京都 大阪、奈良、 和歌山、兵庫   岡山、広島 鳥取、島根、 山口   2500円   2500円  2500円  2500円  2500円   四国   北九州   南九州     香川、徳島 愛媛、高知   福岡、佐賀 長崎、大分   宮崎、熊本 鹿児島      2800円   2800円  2800円      マルバノキ 大 若葉と紅葉が美しい  マルバノキは、マンサク科の木です。 若葉と紅葉が魅力の木で、初夏と晩秋には綺麗な景色とります。...

【現品発送】ミツバツツジ 高さ1.1m〜1.2m 低木、花木、ツツジ

ガーデンプランツ エナ

6,000

【現品発送】ミツバツツジ 高さ1.1m〜1.2m 低木、花木、ツツジ

他のミツバツツジはこちらから この商品は以下の配送料でお送りします。 ヤマト便 3辺の長さが200センチサイズの箱 高さ1.5mぐらいまでの木まで *税込み価格です。   配送日指定ができますが、時間指定ができません。  北海道  北東北  南東北  関東   信越  北陸  北海道  青森、秋田 岩手  山形、宮城 福島 茨城、栃木、群馬、東京、 神奈川、千葉、埼玉   新潟、長野 山梨  富山、石川 福井  3200円  2600円  2500円 2500円  2500円   2500円  東海  関西 中国  四国  北九州  南九州  沖縄  静岡、岐阜 愛知、三重  滋賀、京都 大阪、奈良、 和歌山、兵庫  岡山、広島 鳥取、島根、 山口  香川、徳島 愛媛、高知  福岡、佐賀 長崎、大分  宮崎、熊本 鹿児島  沖縄  2500円 2500円 2500円  2800円  2800円 2800円  5000円  ミツバツツジ  ミツバツツジは綺麗なツツジです。 一斉に咲くその様は他のツツジの追随を許しません。 ややピンクを帯びた紫色は上品とも言えます。 花は葉が出る直前に開花し、木全体が花でうずまるように見えます。 春の一瞬の煌めきを感じさせてくれます。  ■特徴 花がキレイ ○ 落葉樹 ○ 実がなる 常緑樹...

【現品】イチゴノキ 赤花  1m 01

千草園芸

7,560

【現品】イチゴノキ 赤花 1m 01

写真の商品をお送りします。 写真は19年2月2日に撮影しました。地上部の樹高は約1mです。 季節によって状態は変化します。191d-u 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)いちごの木 【分類】ツツジ科アルブッス属の耐寒性常緑低木 【学名】Arbutus unedo 【原産】欧州南東部、トルコ、レバノン、アイルランド 【開花期】10月〜12月 【結実期】11月〜1月 【樹高】2〜3m 【栽培適地】全国 ●いちごの木の特徴● 秋から初冬にかけてすずらんのような花を枝いっぱいに咲かせます。 結実した果実は一際目を引き、翌年の同時期に熟します。 果実はヤマモモのような実で秋には黄色から赤に色づき、実はジャムや果実酒に利用できます。 ●育て方のポイント● 日当たりから半日陰の場所で弱酸性の肥沃な土に植え込みます。 水捌けのよい用土を好みますが、乾燥には弱いので水を切らさないように注意します。 寒さには強く、-15度くらいまでは大丈夫ですが寒風で傷みやすいので 寒風を避けた場所を選ぶようにします。 剪定は細い枝や込み合う枝を除く程度にとどめ、強剪定はしないようにします。 また、植え替えは春先が適期ですが、移植は嫌いますからその必要のない場所を選んで植え込みをします。 ●開花から結実までの移り変わり● 10月〜12月頃に開花します ⇒ 開花後から実がつき始めます ⇒ 熟すと鮮やかに赤く色づきます

【現品】イチゴノキ 赤花 苗木  1m 04

千草園芸

7,560

【現品】イチゴノキ 赤花 苗木 1m 04

写真の商品をお送りします。 写真は19年2月2日に撮影しました。地上部の樹高は約1mです。 季節によって状態は変化します。191d-u 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)いちごの木 【分類】ツツジ科アルブッス属の耐寒性常緑低木 【学名】Arbutus unedo 【原産】欧州南東部、トルコ、レバノン、アイルランド 【開花期】10月〜12月 【結実期】11月〜1月 【樹高】2〜3m 【栽培適地】全国 ●いちごの木の特徴● 秋から初冬にかけてすずらんのような花を枝いっぱいに咲かせます。 結実した果実は一際目を引き、翌年の同時期に熟します。 果実はヤマモモのような実で秋には黄色から赤に色づき、実はジャムや果実酒に利用できます。 ●育て方のポイント● 日当たりから半日陰の場所で弱酸性の肥沃な土に植え込みます。 水捌けのよい用土を好みますが、乾燥には弱いので水を切らさないように注意します。 寒さには強く、-15度くらいまでは大丈夫ですが寒風で傷みやすいので 寒風を避けた場所を選ぶようにします。 剪定は細い枝や込み合う枝を除く程度にとどめ、強剪定はしないようにします。 また、植え替えは春先が適期ですが、移植は嫌いますからその必要のない場所を選んで植え込みをします。 ●開花から結実までの移り変わり● 10月〜12月頃に開花します ⇒ 開花後から実がつき始めます ⇒ 熟すと鮮やかに赤く色づきます

【現品】ナツハゼ 苗木 1m 2096

千草園芸

3,888

【現品】ナツハゼ 苗木 1m 2096

写真の商品をお送りします。 写真は19年2月9日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。192a-u 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ナツハゼ 【分類】ツツジ科スノキ属の落葉低木 【学名】Vaccinium oldhamii 【原産】北海道〜九州 【開花期】5月〜6月 【別名】ヤマナスビ 【結実期】10月〜11月 【樹高】1〜2m 日本原産のブルーベリーの仲間です。実を観賞するほか、趣のある樹形を形成する性質から、庭の脇役として、植栽されます。 5月頃、枝先に長い花序を形成し、下向きにたくさんの釣鐘状の花を咲かせます。 小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋から冬には黒い実を付け、葉は紅葉して季節の変化を楽しめます。 ハゼの名前がついているが、ハゼの仲間ではなく初夏に紅葉しているように見えることから秋に紅葉するハゼになぞらえて付けられたようです。 ブルーベリーに近い仲間で、黒くてすっぱい実は果実酒などに利用されます。 ナツハゼの育て方 植える場所は水はけが良く日当たりの良い酸性土壌を好みます。日当たりの良い分、紅葉は美しく色づきます。 剪定は、詰まった枝や間延びした枝を間引きます。 水はけの悪い場所は根ぐされしやすいので、必ず高めに植えるようにしましょう。 また、直射が直接根本に当たらないようにして地温に上昇をさせないことも大切です。

【現品】姫コブシ(ヒメコブシ/シデコブシ)白花 1.1m 11144

千草園芸

3,456

【現品】姫コブシ(ヒメコブシ/シデコブシ)白花 1.1m 11144

写真の商品をお送りします。 写真は18年11月14日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1811b-u 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)姫コブシ(ヒメコブシ) 【分類】モクレン科コブシ属の落葉高木 【学名】Magnolia tomentosa 【別名】シデコブシ 【原産】本州 【開花期】3月中旬-4月上旬 【樹高】5m〜8m 【栽培適地】本州 ●ヒメコブシの特徴● コブシは北海道から九州、朝鮮半島南部の山地に自生する落葉高木です。 四手に似たコブシのように見える花をつけることから、ヒメコブシと呼ばれています。 日本の固有種ですが、近年では数が減り絶滅が危惧されている希少な樹木です。 変種のキタコブシは北海道や本州北部の日本海側に分布し、大型で耐寒性が強いのが特徴です。 ヒメコブシ(別名:シデコブシ)はこぶしの近縁種で本州に自生比較的樹高が低く観賞価値が高いので、庭木として利用されています。 花色は白ですがピンクなどの園芸品種もあります。 ●生育と剪定のポイント● 植える場所は、肥沃な土壌で日当たりと水はけの良い場所が適しています。土壌は、乾燥しないように有機質は多目がよいです。 大きくなる性質の木の場合、背丈を抑制したい場合は剪定をします。 背丈を切り詰めるほか、込みすぎ枝葉を切り取り、伸びすぎた枝もカットします。 また、台木から芽が出ることもありますので、接ぎ口の下から出ている場合は必ずカットしてください。 季節は開花後または落葉期に行います。病害虫などは、ほとんどありません。 →その他のピンク姫コブシはこちら

【現品発送】ドウダンツツジ(白花)樹高1.1m-1.4m(根鉢含まず)

ぐりーんぐりーん

6,800

【現品発送】ドウダンツツジ(白花)樹高1.1m-1.4m(根鉢含まず)

送料は全国一律1,700円 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) 【現品発送】写真の商品を発送致します。 ※下の写真をクリックすると画像が大きく表示されます。(株元の写真も見れますよ!!) 新着! 商品番号: DO31(樹高1.2m) 新着! 商品番号: DO32(樹高1.4m) 新着! 商品番号: DO33(樹高1.2m) 新着! 商品番号: DO34(樹高1.1m) 新着! 商品番号: DO35(樹高1.4m) 新着! 商品番号: DO36(樹高1.1m) [S1.5]ドウダンツツジ 壺形のとっても可愛らしい花♪ ドウダンツツジ(白花) ドウダンツツジ(紅更紗) ドウダンツツジ(紅葉) ドウダンツツジは、壺形の愛らしい花を咲かせます。花の可愛らしさ、秋の鮮やかな紅葉、冬の枝の繊細な美しさを楽しめる。 分類 植栽適地 落葉低木 東北〜沖縄 種類 紅サラサ(更紗)ドウダンツツジ 濃い赤色の小花を咲かせる シロバナ(白花)ドウダンツツジ 白色の花を咲かせる 鑑賞ポイントと時期 3月中旬〜5月中旬頃 春にかわいらしい壺状の花を咲かせる 秋頃 真っ赤に鮮やかな紅葉を楽しめる 管理のポイント 植えつけ 日向地で、排水性のよい土壌を好む。半日陰でも育ちますが、秋の美しい紅葉を楽しむ為には夏の日照が必要です。 乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて保水性を高めて植えつけを行うとよい。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料 2〜3月頃に寒肥(有機質肥料)、花後に追肥(緩効性化成肥料)を与える。 基本の剪定 5月〜6月頃に剪定を行う。

【現品発送】ソヨゴ株立 高さ1.8m実のなる木,常緑樹,シンボルツリー

ガーデンプランツ エナ

8,000

【現品発送】ソヨゴ株立 高さ1.8m実のなる木,常緑樹,シンボルツリー

当店のクロソヨゴ、ソヨゴは以下の用になっています。    クロソヨゴ株立 A クロソヨゴ株立 B クロソヨゴ株立 C  高さ1.4m〜1.7m 15000円 高さ1.2m〜1.4m 12000円  高さ1.4m〜1.0m 10000円   ソヨゴ株立 A ソヨゴ株立 B     高さ1.5m〜2.0m 12000円 高さ1.8m 8000円     ソヨゴ株立   風にそよぐ葉と赤い実が魅力  ソヨゴは、人気のある木です。 現在、軽やかな枝、葉の木が好まれます。落葉樹にはこういう木が多いのですが、常緑樹では葉が厚いものが多くて、あまりありません。 けれども、このソヨゴは常緑樹でありながら軽い葉の木です。名前の通り、風にそよぐ「ソヨゴ」なのです。 秋から冬にかけては赤い実がなり、それが、またかわいいです。         ■特徴 花がキレイ 落葉樹 実がなる ○ 常緑樹 ○ 紅葉する 低木 葉がキレイ ○ 中高木 ○ 木姿がよい ○ つる ソヨゴ株立 高さ1.8m 8000円  【現品発送】 お好きな木をお選びください。 写真をクリックすると拡大写真が表示されます。 お買い上げになりたい木を選択して下ののチェックボックスにチェックを入れて下さい。 すべての木に実がついています(撮影時)  ソヨゴ株立 NO9 高さ1.8m ソヨゴ株立 NO18  高さ1.8m      ソヨゴ株立 NO19 高さ1.8m ソヨゴ株立 NO20  高さ1.8m    ...

【現品】フェイジョア 「トライアンフ」1.6m 09122  食べれる実を付ける苗木 果樹 常緑樹 r

千草園芸

7,020

【現品】フェイジョア 「トライアンフ」1.6m 09122 食べれる実を付ける苗木 果樹 常緑樹 r

※写真の商品をお送りします。 写真は18年9月12日撮影しました。 季節によって状態は変化します。189a-u 送料はL−2サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください)フェイジョア 分類: フトモモ科フェイジョア属の常緑低木、 学名: Feijoa sellowiana 原産: 南米ウルグアイ、パラグアイ、ブラジル南部 別名: パイナップルグアバ 開花期: 5月〜7月(果実の収穫は晩秋) 耐寒温度: -10℃ 樹高: 3〜5m 栽培敵地: 東北地方中部以南 常緑性の樹木で葉も美しく花も咲き果実も食用にできる樹木として家庭の庭によく植えられるようになりました。 亜熱帯性の果樹に分類されますが、寒さにも比較的強く、関東地方以南の地域での露地栽培は問題ありません。 日当たりのよい水はけのよく肥沃な土壌を好みます。日当たりが悪いと新芽は垂れ下がりがちになりだらしなく成長しますから、下のほうまでよく日が差し込むように剪定をします。 生育は非常に早く、よく新芽を伸ばしますので、樹形を整えるためにも毎年剪定が必要です。夏の終わりか秋に本年伸張した枝を半分くらいに切り詰めます。 寒さに強く−10℃近くの低温にも耐えると言われていますが、寒風の当たる場所では落葉しやすいです。 寒風の当たらない場所が適していますが、当たる場合は藁などで覆って防風対策が必要です。 多少落葉しても春には回復しますが、しないに越したことはありません。 また、積雪の多い地方では積雪対策が必要です。枝はしなることは無く、非常に折れやすいので、剪定をしたりコモなどで覆うなどの対策を行ってください。 果実を収穫するには他品種との交配が必要ですから、2品種植えることをお勧めします。肥料は好みますので、多めに与えるとよく成長しますが、木が若返って開花は遅くなります。...

【現品発送】赤花ヒメイチゴノキ(いちごの木)ストロベリーツリー樹高0.9m-1.m(根鉢含まず)

ぐりーんぐりーん

6,800

【現品発送】赤花ヒメイチゴノキ(いちごの木)ストロベリーツリー樹高0.9m-1.m(根鉢含まず)

送料は全国一律1,700円 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) 【現品発送】写真の商品を発送致します。 ※写真をクリックすると画像が大きく表示されます。(株元の写真も見れますよ!!) 新着! 商品番号: IG51(0.9m) 新着! 商品番号: IG52(0.9m) 新着! 商品番号: IG53(0.9m) 新着! 商品番号: IG54(0.9m) 新着! 商品番号: IG55(0.9m) [S1.5]イチゴノキ(いちごの木)ストロベリーツリー 真っ赤に熟す実 イチゴノキ(赤い実) イチゴノキ(紅花) イチゴノキ(ストロベリーツリー)は、熟した赤い果実がなり、赤く熟した果実がイチゴのように見えることからイチゴノキと呼ばれている。実はジャムにして食べることが出来る。果実は、年を越して翌年の秋に、緑色から次第に赤色に変化して成熟する。 分類 植栽適地 常緑高木 南北海道〜沖縄 鑑賞ポイントと時期 11月〜12月頃 下向きに垂れ下がった壺型の白または紅色の花をたくさん咲かせる 10月〜11月頃 赤い実を楽しめる 管理のポイント 植えつけ 日向地〜半日陰で、排水性のよい土壌を好む。乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて植えつけを行うとよい。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは 2月頃に寒肥(有機質肥料)を与える。 基本の剪定 樹形は乱れにくい為あまり必要がないが、剪定する場合は、伸びすぎたり、邪魔な枝の間引き程度を2月〜3月頃に行う。

人気の花・ガーデニング用品のロドレイア、発売中!当社自慢の一品を比較して下さい!素敵な庭を演出する花・ガーデニング用品。ガーデニングが素敵になるロドレイアが見つかる!素敵なお庭作りに必須なアイテムをそろえましょう♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、花・ガーデニング用品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい花・ガーデニング用品が充実品揃え。

関連キーワード

ロドレイア
スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「ロドレイア」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ