「ラベンダー栽培」 の検索結果 276件

ハーブの苗/フレンチラベンダー:ザ プリンセス3.5号ポット

園芸ネット プラス

824

ハーブの苗/フレンチラベンダー:ザ プリンセス3.5号ポット

すばらしい香りのフレンチ系・受賞多数!ハーブの苗/フレンチラベンダー:ザ プリンセス3.5号ポット新しい香りの王女!五感を刺激する鮮烈な新品種。芳香性 長期開花。2014年オーストラリア NGIA(ナーセリー&ガーデン賞) ベストプランツ受賞・2013年オーストラリア ビジネス賞 製品イノベーション受賞品種です。かつてない鮮やかなラベンダーが生れました。永遠のフレグランスプランツと言われる芳香も魅力です。超多花性の花は春から初夏に開花し、秋まで返り咲をします。株立ちもマウント状にコンパクトにまとまり形成されます。香はスパイシーでローズマリーのような香りです。学名Lavandula pedunculata The Princess Lavenderタイプシソ科ラヴァンデュラ属の耐寒性多年草(耐寒性・中)草丈約50~70cm開花期 5~8月用途花壇、鉢植え日照日なた、半日陰栽培方法:日当たりが良く、弱アルカリ性の土壌で排水、通気性の良い土で栽培してください。暑さには比較的強いですが、夏場は風通しの良いところのほうが株痛みも少なくすみます。耐寒(マイナス5度以上)、耐暑性がありますが、生育旺盛のため、そのままにすると茂りすぎ、むれてくるので花後と秋に剪定します。肥料は控えめで、苗を植えつける時に入れる元肥と秋に緩効性の肥料を与えて下さい。水やりは過湿にならないよう土が乾いたらたっぷり与えてください。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なる場合がございます。フレンチラベンダー:ザ プリンセス3.5号ポットの栽培ガイドハーブの横顔 ~ラベンダー~ラベンダーの剪定方法苗類のお届け形態についてラベンダースティック(バンドルズ)の作り方

櫻井農園の農場直送【栽培用 花なし株のみ】C. Candy Tuft × Blc. Don De Michaels (No85)

エレガントフラワー

2,000

櫻井農園の農場直送【栽培用 花なし株のみ】C. Candy Tuft × Blc. Don De Michaels (No85)

2,5号鉢 花径は11×10のラベンダーにPにぼかしが入り整形、色彩のよいカトレアです。 *趣味家向け販売商品の為、花の咲いていない状態(株のみ)での発送になります。時期によりシース、蕾付きなど送れる場合がございますのでお気軽にお問い合わせ下さい。 櫻井農園の農場直送 C. Candy Tuft × Blc. Don De Michaels (No85)   櫻井明氏のコメント 当園ではミディ、ミニカトレアを専門に育種、交配しており700交配以上あり、その中で選抜したオリジナル品種は400個体程あります。品質には徹底してこだわり高い評価を市場、花店様から頂いております。当園こだわりのミディ、ミニカトレアを産地直送にて新鮮なお花をお贈り致します。ぜひ一度お試し下さい。 当園のメリクロン室内です。 ここからたくさんのお花たちが生まれます。 千葉県佐倉市にある温室内です。約4万鉢のカトレアを栽培しております。 世界蘭展日本大賞2006ディスプレイ審査部門オープンクラスにて奨励賞を受賞させて頂きました。   ラッピング・リボン 各、花に合ったラッピング、リボンをご希望によりプラス420円(税込み)にてお付け致します。お供え用にてご購入のお客様は紫リボンをご用意しております。 赤のラッピングはお祝い用で紫のラッピングはお供え用になります。 ラッピング、リボンの色、デザインは多少異なる場合がございます。ご了承下さい。 お届け日指定 お届け日指定は3日以降でお願い致します。場合により翌日、2日からお贈りできますのでお気軽にお問い合わせ下さい。 メッセージカード、立て札 ご希望により無料にてお付け致します。立て札の書き方が分からないお客様は注文フォーム欄にご用途(御祝、内祝、祝開店など)、ご依頼主様のお名前(会社名、代表者名など...

香るレースラベンダー(四季咲き性)2個セット

土っ子倶楽部

880

香るレースラベンダー(四季咲き性)2個セット

存在感抜群のいでたちから香るやさしい香り。誰もが心奪われてしまう大人気ハーブですね)^o^( 寄せ植えにも使いやすい! 古代ローマの時代からお風呂にそのお花をうかべて芳香を楽しんでいたみたいです。 細葉で切れ込みのある葉っぱも可愛らしい。その葉の形が細くレースの様であることからレースラベンダーと呼ばれます。 開花期間も長く、夏場一度お休みして再び10月頃から開花してきます。 切り花やドライフラワーなど用途も様々♪ 是非レースラベンダー栽培に挑戦していただいて日常生活に彩りをそえてみてはいかがでしょうか? 《お届け時の状態》 ●ポットサイズ:9cmポット(2個セット) ●お届け時高さ:約15~20cm(ポット含む) ※植物の状態、花色、ポットの色は写真と多少異なることがあります。 《花色》薄紫 《開花期》3~11月頃(地域差あり) 《樹高・草丈》20~100cm程度 《科名》シソ科 《栽培適地》全国栽培可 《栽培適温》10~25℃ 《園芸分類》四季咲き多年草 《用途》プランター、寄植え 《開花までの目安》今年から ※写真はイメージです。気温や栽培環境により色形が写真とは多少異なることがあります。 夏場のムレにもご注意。風通しの良い場所におきましょう。肥料は控えめにした方が、香りが増します。 若干、寒さに弱いので、朝晩冷え込むときは室内に取り込んであげましょう。 ▼この商品にピッタリです▼ おすすめの培養土!園芸の土『土一番』 おすすめの肥料!置くだけ肥料300g みんな大好き!人気ナンバー1ハーブ♪ 「香るレースラベンダー(四季咲き性)2個セット」 可憐な花を咲かせるレースラベンダーは、小葉で羽状の、切れ込みが強くとても細い葉が印象的なラベンダー。ほのかな香りがやさしい。冬は室内で育てることもできます。日当たりの良い場所で...

【種子】ラベンダー フレンチ ストッカス三笠園芸

Ivy

269

【種子】ラベンダー フレンチ ストッカス三笠園芸

コメント: フレンチラベンダーと呼ばれる品種です。霜や寒さに弱い面がありますが、暑さには比較的強いほうです。昔から薬用に使われてきました。 学名、科名: Lavandula sloechas シソ科ラベンダー属 種類: 多年草 別名: 和名: 薫衣草(クンイソウ) 草丈: 約30~50cm 播種時期: 3~5・9~10月 開花時期: 6月~8月 発芽適温: 約15~20℃ 発芽日数: 2~4週間以上 播種深さ: 花の色: 紫白混花 花言葉: 「期待」 採種国: オランダ 内容量: 0.2ml 発芽率: 約70%以上 おおよその目安です。発芽率を保証するものでは有りません。 撒き方: 通常種子まきは春又は秋ですが、発芽適温(通常15~25度)維持すれば何時でも蒔くことができます。 細かい種子は鉢等に土(ピートモス1/3・バーミキュライト1/3・赤玉小粒又は細砂1/3を混ぜ合わせたもの)に水をたっぷり含ませ、種子を平均に蒔きます。 細かい種子は底面灌水(深めの受け皿に水を入れ、鉢の底がたっぷり浸るようにする)で栽培します。 種皮の硬いものは発芽に1ヶ月以上かかるものもあるので気長に灌水を続け、発芽後適宜間引きながら移植します。 育て方: ハーブは欧州原産の物が多く、日当たり、水はけ、風通しの良い場所を好むものが多数あります。 このため日本の夏、高温多湿に弱い傾向がある為、特に蒸れを防ぐように管理することがポイントです。 それぞれのハーブの個性に合わせ、温、湿度や遮光等を上手く調整するのがコツです。 備考 ・この種子を食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。 ...

ハーブの苗/ラベンダー:シルバーアヌーク3.5号ポット 2株セット

園芸ネット プラス

731

ハーブの苗/ラベンダー:シルバーアヌーク3.5号ポット 2株セット

フレンチハーブの苗/ラベンダー:シルバーアヌーク3.5号ポット 2株セットカラーリーフとして楽しめる銀葉タイプの新しいフレンチラベンダー。美しいプラチナシルバーリーフは、花のない時期でもカラーリーフとして活躍してくれますので四季を通してお楽しみいただけます。寄せ植えにもおすすめです。花色はやわらかい青紫色。最大の特徴は四季を通してプラチナシルバーの美しい葉の色が楽しめ、暑さにも強いので、多様な植物との寄せ植えが可能です。タイプ:シソ科ラバンデュラ属の半耐寒性多年草草丈:20~50cm開花期:4~5月生育適温:10-25℃越冬温度:5℃以上植え付け適期:春、秋用途:鉢植え日照:日当り栽培方法:日当たりが良く、弱アルカリ性の土壌で排水、通気性の良い土で栽培してください。暑さには比較的強いですが、夏場は風通しの良いところのほうが株痛みも少なくすみます。耐寒(マイナス5度以上)、耐暑性がありますが、生育旺盛のため、そのままにすると茂りすぎ、むれてくるので花後と秋に剪定します。肥料は控えめで、苗を植えつける時に入れる元肥と秋に緩効性の肥料を与えて下さい。水やりは過湿にならないよう土が乾いたらたっぷり与えてください。写真は成長時(開花時)のイメージです。ラベンダー:シルバーアヌーク3.5号ポット 2株セットの栽培ガイドハーブの横顔 ~ラベンダー~ラベンダーの剪定方法苗類のお届け形態についてラベンダースティック(バンドルズ)の作り方

ハーブの苗/ラベンダー:ストエカス マール3号ポット2株セット

園芸ネット プラス

656

ハーブの苗/ラベンダー:ストエカス マール3号ポット2株セット

ハーブの苗/ラベンダー:ストエカス マール3号ポット2株セットマールはコンパクトな株になり、青紫色のラベンダーです。地中海沿岸原産のストエカス系ラベンダーです。花色は黄緑がかった白で、頭頂部のリボンのようなホウ葉も緑です。早咲き種です。草丈が高くなるので、花壇の後方に適しています。耐寒性はマイナス5度までと多少寒さに弱いので、戸外での冬越しは関西地方以南で。寒冷地では冬は室内にとりこんでください。タイプシソ科ラヴァンデュラ属の耐寒性多年草草丈約100cm原産地スペイン、ポルトガル東南部開花期 4月日照日向むき用途花壇、鉢植え栽培方法:日当たりの良いところを好みます。水はけの良い土で栽培してください。暑さには比較的強いですが、夏場は風通しの良いところのほうが株痛みも少なくすみます。暑さには非常に強いです。水は過湿にならないよう土が乾いたら与えてください。花芽が付き始める頃に乾燥気味に管理すると花立ちが良くなります。生育期には緩効性肥料を1ヶ月に1回程度、または薄い液肥(約1000倍)を1~2週間に1回程度与えてください。冬場は特に必要ありません。 写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なる場合がございます。ラベンダー:ストエカス マール3号ポット2株セットの栽培ガイド野菜栽培のコンパニオンプランツハーブの横顔 ~ラベンダー~ラベンダーの剪定方法苗類のお届け形態についてラベンダースティック(バンドルズ)の作り方

ハーブの苗/フレンチラベンダー:プリンセスゴースト3.5号ポット

園芸ネット プラス

824

ハーブの苗/フレンチラベンダー:プリンセスゴースト3.5号ポット

シルバーリーフ系初のラビット型ピンクフラワーハーブの苗/フレンチラベンダー:プリンセスゴースト3.5号ポット新しい香りの王女!五感を刺激する鮮烈な新品種。芳香性 長期開花。2014年オーストラリア NGIA(ナーセリー&ガーデン賞) ベストプランツ受賞・2013年オーストラリア ビジネス賞 製品イノベーション受賞品種です。かつてない鮮やかなラベンダーが生れました。永遠のフレグランスプランツと言われる芳香も魅力です。超多花性の花は春から初夏に開花し、秋まで返り咲をします。株立ちもマウント状にコンパクトにまとまり形成されます。香はスパイシーでローズマリーのような香りです。学名:Lavandula pedunculata The Princess Lavenderタイプ:シソ科ラヴァンデュラ属の耐寒性多年草(耐寒性・中)草丈:約50~70cm開花期 :5~8月用途:花壇、鉢植え日照:日なた、半日陰栽培方法:日当たりが良く、弱アルカリ性の土壌で排水、通気性の良い土で栽培してください。暑さには比較的強いですが、夏場は風通しの良いところのほうが株痛みも少なくすみます。耐寒(マイナス5度以上)、耐暑性がありますが、生育旺盛のため、そのままにすると茂りすぎ、むれてくるので花後と秋に剪定します。肥料は控えめで、苗を植えつける時に入れる元肥と秋に緩効性の肥料を与えて下さい。水やりは過湿にならないよう土が乾いたらたっぷり与えてください。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なる場合がございます。フレンチラベンダー:プリンセスゴースト3.5号ポットの栽培ガイドハーブの横顔 ~ラベンダー~ラベンダーの剪定方法苗類のお届け形態についてラベンダースティック(バンドルズ)の作り方

【FRANCHI社】【87/1】ラベンダー【郵送対応】

日光種苗

514

【FRANCHI社】【87/1】ラベンダー【郵送対応】

ラベンダー●種まき:2~5月/8~9月●収穫:5~10月【栽培】 冷涼な気候を好み、日当たり、水はけ風通しがよく、肥沃で石灰分を含む土地に種まきします。 発芽をある程度一定にするに為、冷蔵庫に約3日位入れ一晩水に浸します。 バラ蒔きか、育苗ポット蒔きにし、発芽までの約20-30日は丁寧に水やりします。 間引きを重ね、本葉4-5枚に育成した頃,仮植えをします。 秋の彼岸前に株間30-40cmに定植します。風通し、水はけを良くするためにも畝を少し高めにします。【収穫】 花穂が8分咲きの頃、茎ごと刈り取り、風通しのよい日陰で乾燥させます。繁殖は春か秋に10-15cmの長さに切って挿すか、株分けで増やします。 耐寒性はありますが冬越しは日当たりのよい場所でときどき水やりも忘れずにします。 【特徴】 宿根草で日当たりのいい乾燥した場所を好みます。 ドライフラワーはポプリや砂糖の香り付け、ビスケット生地に混ぜたりなどして使います。■生産地 イタリア 内容量 1g <お客様へお願い> こちらの種子は、趣味の範囲内でお楽しみいただくホビーユーザー向け商品です。 営利目的としてご利用の場合には、作物の不良等に関しての責任は一切負いませんので、 あらかじめご了承の上、ご購入お願いいたします。

ハーブの苗/フレンチラベンダー(ストエカス系): シルバーウイング3号ポット 2株セット

園芸ネット プラス

656

ハーブの苗/フレンチラベンダー(ストエカス系): シルバーウイング3号ポット 2株セット

グリーン系の花色がめずらしい品種ハーブの苗/フレンチラベンダー(ストエカス系): シルバーウイング3号ポット 2株セットストエカス系はフレンチラベンダー、スパニッシュラベンダーとも呼ばれます。原産地はカナリア諸島、スペイン、トルコ、アフリカ北部などです。ウサギの耳のような形の苞葉(ほうよう)が特徴的なラベンダーです。開花期が長く庭植えやコンテナ栽培にもおすすめです。多少寒さに弱いので、戸外での冬越しは関西地方以南で。寒冷地では冬は室内にとりこんでください。シルバーウィングは 花穂は小さく丸いたまご型で、飾り苞は短く細い品種です。グリーン系の花色が珍しく、細長い葉でまとまりよい株となります。学名:Lavandula stoechas'Silver Wing' 英名:Lavender Stoechas Silver Wingタイプ:シソ科ラバンディラ属の半耐寒性常緑低木原産地:ヨーロッパ南西部 草丈:50~70cm開花期 :5~8月用途:花壇、鉢植え日照:日向むき栽培方法:日当たりの良いところを好みます。水はけの良い土で栽培してください。暑さには比較的強いですが、夏場は風通しの良いところのほうが株痛みも少なくすみます。暑さには非常に強いです。水は過湿にならないよう土が乾いたら与えてください。花芽が付き始める頃に乾燥気味に管理すると花立ちが良くなります。生育期には緩効性肥料を1ヶ月に1回程度、または薄い液肥(約1000倍)を1~2週間に1回程度与えてください。冬場は特に必要ありません。 使用農薬(有効成分):スピロテトラマト1回 ピメトロジン1回 イソサキチオン1回 マラソン1回 ペルメトリン1回 生産地:宮城県写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があります...

ハーブの苗/キャットミント:ブルー系(ネペタ)3~3.5号ポット12株セット

園芸ネット プラス

3,078

ハーブの苗/キャットミント:ブルー系(ネペタ)3~3.5号ポット12株セット

ハーブの苗/キャットミント:ブルー系(ネペタ)3~3.5号ポット12株セットからずっと、ラベンダーブルーの花をたくさん咲かせます。お庭が美しい色のカーペットを敷き詰めたようになります。ほふく性なので、花壇の縁取りや寄せ植えコンテナに最適で、やせた土地でもよく育ちます。何回かトリミングをすると、こんもりした株に仕立てることができます。また、蜂もよく集まります。タイプ:シソ科イヌハッカ属の耐寒性多年草草丈:30~50cm開花期:春~夏植付け適期:春、秋用途:花壇日照:日向むき栽培方法:日当たり、水はけのよい場所に植え付けてください。春から初夏にかけては盛んに成長するので、鉢植えの場合は肥料切れしないように液肥を規定倍率にうすめて1ヶ月に1度追肥してください。気温が上がってくるとトウ立ちするので、葉を利用する場合は伸びすぎたら切り詰めてください。何回かトリミングをすると、こんもりした株に仕立てることができます。耐寒性が高く戸外で冬越しできますが、冬季霜にあたると地上部が枯れます。冬季も利用する場合は鉢植えにして室内に取り込んでください。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なることがありますので、ご了承ください。冬季、地上部が枯れてのお届けとなることもございます。使用農薬(有効成分):使用していません生産地:宮城県キャットミント:ブルー系(ネペタ)3~3.5号ポット12株セットの栽培ガイド11月のハーブのお手入れ10月のハーブのお手入れ9月のハーブのお手入れ8月のハーブのお手入れ8月のハーブのお手入れ7月のハーブのお手入れ12月のハーブのお手入れ2月の野菜・ハーブ類のお手入れ3月のハーブのお手入れ4月のハーブのお手入れ5月のハーブのお手入れ6月のハーブのお手入れ...

宿根草 フジナデシコ サマーラベンダー  2株セット

産直でお花をお届け「イングの森」

398

宿根草 フジナデシコ サマーラベンダー 2株セット

「なでしこ」と言うだけで、「なんだ、なでしこか?」みたいに扱われてしまいますが本品は写真を見ていただくと解りますがパープルラベンダーのとてもきれいで神秘歴な花を咲かせます。しかしながら、種苗メーカーさんで提供される画像は全体を表現できてもその、個々の花の美しい場面を撮影したものがありません。毎年、この花にほれ込んでたくさん生産するも、いつも見過ごされてしまいますが、弊店で実際に咲いた写真を掲載したところ、一気に注目の的に。やっとこの花の本当の美しさを皆さんに知ってもらえるようになりました。苗の状態でもとても肉厚でしっかりした茎葉を持っていてその丈夫さも伝わってきます。また、種苗メーカー情報では開花は7~8月とされていますが実際に育ててみると初夏に咲いたあと、晩夏に2回目の開花を見せてくれる、ちょっとお得な場面も。しかも宿根草で夏咲きながらも耐寒性もそこそこあるので育てやすい。■開花:7~9月(初夏に咲いて晩夏に2回目が咲きます) ■草丈:40~50cm ■お届け時の状態:9cmポット苗 ■耐寒性多年草 ■適合:庭植・鉢植 ■難易度:低 ■栽培説明書付き ▼注意:特になし イングリッシュガーデン 花苗 宿根草 多年草 鉢植え 庭植え 寄せ植え 花壇 ガーデニング ギフト プレゼント

ハーブの苗/フレンチラベンダー(デンタータ系):モネ3号ポット2株セット

園芸ネット プラス

656

ハーブの苗/フレンチラベンダー(デンタータ系):モネ3号ポット2株セット

花色は明るいラベンダーブルー、コンパクトにまとまるフレンチラベンダーハーブの苗/フレンチラベンダー(デンタータ系):モネ3号ポット2株セット デンタータは別名フリンジドラベンダー、フレンチラベンダー、キレハラベンダーとも呼ばれます。原産地はスペイン東南部、バレリアス諸島などでデンタータ(歯のような)の名の通り、切れ込みの入った葉と花穂の先端につけるフリンジのような苞葉(ほうよう)もこの種の特徴です。香りは弱いですが、四季咲き性のため花が長く楽しめます。多少寒さに弱いので、戸外での冬越しは関西地方以南で。寒冷地では冬は室内にとりこんでください。モネは咲き終わった花茎の所から切ると春から晩秋まで楽しめる品種です。 花色は明るいラベンダーブルーで、コンパクトにまとまります。 学名:Lavandula dentata 'Monet'タイプ:シソ科ラバンディラ属の耐寒性常緑低木原産地:地中海沿岸草丈:約50~90cm開花期 :4~10月日照:日向むき用途:花壇、鉢植え栽培方法:日当たりの良いところを好みます。水はけの良い土で栽培してください。暑さには比較的強いですが、夏場は風通しの良いところのほうが株痛みも少なくすみます。暑さには非常に強いです。水は過湿にならないよう土が乾いたら与えてください。花芽が付き始める頃に乾燥気味に管理すると花立ちが良くなります。生育期には緩効性肥料を1ヶ月に1回程度、または薄い液肥(約1000倍)を1~2週間に1回程度与えてください。冬場は特に必要ありません。 写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なる場合がございます。★小さい苗となります。使用農薬(有効成分):ニテンピラム1回生産地:宮城県フレンチラベンダー(デンタータ系)...

ハーブの苗/ラベンダー:ミッチャム3号ポット 2株セット

園芸ネット プラス

656

ハーブの苗/ラベンダー:ミッチャム3号ポット 2株セット

スパイク系の甘いカンファー調の香り・四季咲き性品種ハーブの苗/ラベンダー:ミッチャム3号ポット 2株セットミッチャムはスパイクラベンダー(L.latifolia)とデンタータラベンダー(L.dentata)との間の雑種と考えられている品種です。デンタータ系の半歯状葉と、花葉ともに香るスパイク系の甘いカンファー調の香りが特徴です。二季咲き性があり、春と秋に開花します。強健で暑さ寒さにも強く、大型に育つ品種です。 学名:Lavandula × Allardii 英名:Mitcham Lavenderタイプ:シソ科ラバンディラ属の半耐寒性常緑低木原産地:地中海沿岸~アフリカ北部 別名・和名:アラルディーラベンダー草丈:50~70cm開花期:10~5月用途:花壇、鉢植え日照:日向むき栽培方法:日当たり、水はけのよい冷涼な場所を好みます。多湿に弱いので、なるべく水はけ良く育ててください。平地なら土盛りをするとよいでしょう。肥料は控えめに、特に窒素分が多いと枯れるのでご注意ください。挿し木、種まき、株分けで殖やすことができます。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なる場合がございます。★小さいなとなります。使用農薬(有効成分):ニテンピラム1回 生産地:宮城県ラベンダー:ミッチャム3号ポット 2株セットの栽培ガイドハーブの横顔 ~ラベンダー~ラベンダーの剪定方法苗類のお届け形態についてラベンダースティック(バンドルズ)の作り方

ハーブの苗/ラベンダー:スーパーサファイアブルー3号ポット2株セット

全2商品

960

ハーブの苗/ラベンダー:スーパーサファイアブルー3号ポット2株セット

人気のラベンダーの苗ハーブの苗/ラベンダー:スーパーサファイアブルー3号ポット2株セット濃い青紫の花、濃緑色の葉が特徴です。四季咲き性なので、早春から晩秋まで次々に花芽が上がり、大株に育ちます。とても丈夫で育てやすいフレンチ系ラベンダーです。植え付ける株間の目安は、約40cmです。タイプ:シソ科ラヴァンドゥラ属の耐寒性常緑多年草草丈:50~60cm開花期:3~11月植え付け適期:3~6月、9~10月日照:日向むき栽培方法:日当たりがよく、水はけもよい冷涼な場所に植えます。斜面に植えるか、平地ならば盛り土をするなどして水はけをよくします。肥料は控えめに与えます。高温多湿にやや弱いので、梅雨や秋雨の頃には雨よけをするか、その前に枝の整理を行い風通しをよくしてやります。開花後は枝の上部1/3くらいを剪定します。また、晩秋か早春に強めの剪定をして枝の更新をはかります。実生、さし木、株分けで殖やすことができます。鉢植えにする時は、少し大き目の素焼鉢を利用します。用土は無肥料で、排水、通気性のよいものを用います。置き場所は日当たり、風通しがよく、雨のあたらない所にします。夏の強い日差しで鉢土の温度が上がらないようにします。ハーブとしての収穫と利用方法:花が開いた直後に刈りとって陰干しにします。 鎮静、殺菌等の効果があると言われています。ハーブティー、ハーブバスに、またポプリ、サシェ、ハーブピローの材料として利用します。衣類の虫除けとして長い間使われてきたモスハーブの一つです。生花を使ってつくるバンドルズは、香りのクラフトの代表的なものです。花と葉は、酢につけたり、蒸し焼きの肉料理に使ったり、生花はエディブルフラワーとして、サラダやゼリーに使います。砂糖漬けや紅茶とブレンドしたハーブティーも趣があります。写真は成長時(開花時)のイメージですが...

ハーブの苗/ラベンダー(ラバンディン系):スコティッシュコテージ3号ポット2株セット

園芸ネット プラス

656

ハーブの苗/ラベンダー(ラバンディン系):スコティッシュコテージ3号ポット2株セット

花色は明るく、コンパクトにまとまる品種ハーブの苗/ラベンダー(ラバンディン系):スコティッシュコテージ3号ポット2株セットラバンディン系はイングリッシュラベンダー(アングスティフォリア系)(L.angustifolia)×スパイクラベンダー(L.latifolia)の交雑や交配よって生まれた品種です。花のつきかたはイングリッシュラベンダー(アングスティフォリア系)と同じです。耐暑性、耐病性が比較的つよく、高温多湿の日本の夏にもよく耐え、初めての方にも育てやすい品種です。スコティッシュコテージは花色が明るく、株はコンパクトにまとまる品種です。学名:Lavandula x intermedia 'Scottish Cottage' 英名:Lavender Scottish Cottageタイプ:シソ科ラバンディラ属の耐寒性常緑低木原産地:ヨーロッパ草丈:40~80cm開花期:5~7月用途:花壇、鉢植え日照:日向むき栽培方法:日当たり、水はけのよい冷涼な場所を好みます。多湿に弱いので、なるべく水はけ良く育ててください。平地なら土盛りをするとよいでしょう。肥料は控えめに、特に窒素分が多いと枯れるのでご注意ください。挿し木、種まき、株分けで殖やすことができます。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なる場合がございます。★小さい苗となります。使用農薬(有効成分):ニテンピラム1回 生産地:宮城県ラベンダー(ラバンディン系):スコティッシュコテージ3号ポット2株セットの栽培ガイド野菜栽培のコンパニオンプランツハーブの横顔 ~ラベンダー~ラベンダーの剪定方法苗類のお届け形態についてラベンダースティック(バンドルズ)の作り方

ハーブの苗/ラベンダー:スイート3号ポット2株セット

園芸ネット プラス

524

ハーブの苗/ラベンダー:スイート3号ポット2株セット

開花期が長い大型になるスイートラベンダー(ミッチャムラベンダー)ハーブの苗/ラベンダー:スイート3号ポット2株セットスイートラベンダーはデンタータ(L.dentata)とスパイク(L.latifolia)の交配種とされており両方の性質をよく受け継いでいます。スパイクに似た大きく幅広の葉にはデンタータに似たギザギザが入ります。薄紫色の長い花穂をつけ、長い間花が楽しめます。大型になるラベンダーです。学名:Lavandula x Heterophylla英名:Sweet Lavenderタイプ:シソ科ラバンデュラ属の耐寒性小低木別名・和名:ヘテロフィララベンダー、ミッチャムラベンダー 原産地:地中海沿岸~アフリカ北部 草丈:80~100cm開花期:10~5月用途:庭植え、鉢植え日照:日なた栽培方法:日当たり、水はけのよい冷涼な場所を好みます。多湿に弱いので、なるべく水はけ良く育ててください。平地なら土盛りをするとよいでしょう。肥料は控えめに、特に窒素分が多いと枯れるのでご注意ください。挿し木、種まき、株分けで殖やすことができます。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なる場合がございます。★小さいなとなります。ラベンダー:スイート3号ポット2株セットの栽培ガイド野菜栽培のコンパニオンプランツハーブティ向けのハーブハーブの横顔 ~ラベンダー~ラベンダーの剪定方法苗類のお届け形態についてラベンダースティック(バンドルズ)の作り方

ハーブの苗/イタリアンラベンダー:ブルーベリーラッフルズ4号ポット*

園芸ネット プラス

540

ハーブの苗/イタリアンラベンダー:ブルーベリーラッフルズ4号ポット*

次々に咲く連続開花のフレンチ系ラベンダー!ハーブの苗/イタリアンラベンダー:ブルーベリーラッフルズ4号ポット*うさぎの耳のようなひらひらが可愛いフレンチ系ラベンダーです。イタリアンラベンダー・ラッフルズシリーズの一番の魅力は、連続開花性です。咲いている花の茎に次の花芽が準備されているので、次々と花を咲かせます。 タイプ:シソ科ラヴァンデュラ属の常緑性低木(多年草)(マイナス3~5度まで)草丈:約30cm原産地:スペイン東南部開花期 :3~6月、夏涼しければ秋にも開花する場合があります用途:コンテナ、花壇日照:日向むき栽培方法:日当たりの良い、風通しのよいところを好みます。耐寒性はマイナス5度までと多少寒さに弱いので、戸外での冬越しは関西地方以南で。寒冷地では冬は室内にとりこんでください。排水のよい用土へ緩効性の肥料を入れて植えます。暑さには比較的強いですが、夏場は風通しの良いところのほうが株痛みも少なくすみます。多湿を嫌うので水やりは、株元に土が乾いたら与えてください。花芽が付き始める頃に乾燥気味に管理すると花立ちが良くなります。生育期には緩効性肥料を1ヶ月に1回程度、または薄い液肥(約1000倍)を1~2週間に1回程度与えてください。冬場は特に必要ありません。開花中、次々と花を咲かせるために咲き終わった花穂は切り取ります。剪定(カット)は10月中旬から11月上旬に刈り込みをしておくと、翌年の春に形より花を咲かせることができます。 4号(直径12cm)ポット入りです。※ご注意:植物の耐寒性は5度ぐらいまでありますが加温したハウス内の苗のため急な環境の変化や寒さに当たると、つぼみや花がしおれてしまう場合があります。北風の強い日や冷え込むような日は、室内での管理をおすすめします。氷点下になるような場合には夜間だけ室内に取り込むようにして下...

ハーブの苗 「ラベンダー・マーシュウッド 9cmポット」(ストエカス系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「ラベンダー・マーシュウッド 9cmポット」(ストエカス系)

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 日当たりの良いところを好みます。水はけの良い土で栽培してください。 夏の蒸し暑さに弱いため、風通しの良い場所を選び、枝が密集しないように剪定を行ってください。 水は過湿にならないよう、土が乾いたら与えてください。 降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。 鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 ストエカス系ラベンダーはスパイカ系やラバンジン系と比べると生育が早いです。 環境とタイミングがよければ、1年目から花穂をつけはじめ、2年目からは株も大きくなり花穂も多くつけるようになります。 開花後は2分の1に剪定し、秋までに刈り込んで枝を整えて下さい。 剪定することにより株の老化を防ぎ活性化させます。 非耐寒性ですので、冬は直植えのものは鉢上げして温室や屋内に移動させてください。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい ラベンダーの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたいハーブの苗 ストエカス系 マーシュウッドラベンダー Marshwood...

ハーブの苗 「ラベンダー・エンジェル 9cmポット」(ストエカス系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「ラベンダー・エンジェル 9cmポット」(ストエカス系)

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 日当たりの良いところを好みます。水はけの良い土で栽培してください。 夏の蒸し暑さに弱いため、風通しの良い場所を選び、枝が密集しないように剪定を行ってください。 水は過湿にならないよう、土が乾いたら与えてください。 降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。 鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 ストエカス系ラベンダーはスパイカ系やラバンジン系と比べると生育が早いです。 環境とタイミングがよければ、1年目から花穂をつけはじめ、2年目からは株も大きくなり花穂も多くつけるようになります。 開花後は2分の1に剪定し、秋までに刈り込んで枝を整えて下さい。 剪定することにより株の老化を防ぎ活性化させます。 非耐寒性ですので、冬は直植えのものは鉢上げして温室や屋内に移動させてください。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい ラベンダーの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 エンジェルラベンダー・ギャラリーハーブの苗 ストエカス系...

ハーブの苗 「ラベンダー・アボンビュー 9cmポット」(ストエカス系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「ラベンダー・アボンビュー 9cmポット」(ストエカス系)

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 日当たりの良いところを好みます。水はけの良い土で栽培してください。 夏の蒸し暑さに弱いため、風通しの良い場所を選び、枝が密集しないように剪定を行ってください。 水は過湿にならないよう、土が乾いたら与えてください。 降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。 鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 ストエカス系ラベンダーはスパイカ系やラバンジン系と比べると生育が早いです。 環境とタイミングがよければ、1年目から花穂をつけはじめ、2年目からは株も大きくなり花穂も多くつけるようになります。 開花後は2分の1に剪定し、秋までに刈り込んで枝を整えて下さい。 剪定することにより株の老化を防ぎ活性化させます。 非耐寒性ですので、冬は直植えのものは鉢上げして温室や屋内に移動させてください。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい ラベンダーの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたいハーブの苗 ストエカス系 アボンビューラベンダー Avonview...

ハーブの苗 「ラベンダー・ストエカスワイン 9cmポット」(ストエカス系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「ラベンダー・ストエカスワイン 9cmポット」(ストエカス系)

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 日当たりの良いところを好みます。水はけの良い土で栽培してください。 夏の蒸し暑さに弱いため、風通しの良い場所を選び、枝が密集しないように剪定を行ってください。 水は過湿にならないよう、土が乾いたら与えてください。 降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。 鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 ストエカス系ラベンダーはスパイカ系やラバンジン系と比べると生育が早いです。 環境とタイミングがよければ、1年目から花穂をつけはじめ、2年目からは株も大きくなり花穂も多くつけるようになります。 開花後は2分の1に剪定し、秋までに刈り込んで枝を整えて下さい。 剪定することにより株の老化を防ぎ活性化させます。 非耐寒性ですので、冬は直植えのものは鉢上げして温室や屋内に移動させてください。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい ラベンダーの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたいハーブの苗 ストエカス系 ストエカスワイン WINE 学 名 Lavandula...

ハーブの苗 「ラベンダー・ストエカスアルバ 9cmポット」(ストエカス系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「ラベンダー・ストエカスアルバ 9cmポット」(ストエカス系)

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 日当たりの良いところを好みます。水はけの良い土で栽培してください。 夏の蒸し暑さに弱いため、風通しの良い場所を選び、枝が密集しないように剪定を行ってください。 水は過湿にならないよう、土が乾いたら与えてください。 降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。 鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 ストエカス系ラベンダーはスパイカ系やラバンジン系と比べると生育が早いです。 環境とタイミングがよければ、1年目から花穂をつけはじめ、2年目からは株も大きくなり花穂も多くつけるようになります。 開花後は2分の1に剪定し、秋までに刈り込んで枝を整えて下さい。 剪定することにより株の老化を防ぎ活性化させます。 半耐寒性ですので、冬は直植えのものは鉢上げして温室や屋内に移動させてください。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい ラベンダーの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ■その他 ストエカスラベンダーアルバ・ギャラリーハーブの苗 ストエカス系...

ハーブの苗 「ラベンダー・マドリードピンク 9cmポット」(ストエカス系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「ラベンダー・マドリードピンク 9cmポット」(ストエカス系)

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 日当たりの良いところを好みます。水はけの良い土で栽培してください。 夏の蒸し暑さに弱いため、風通しの良い場所を選び、枝が密集しないように剪定を行ってください。 水は過湿にならないよう、土が乾いたら与えてください。 降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。 鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 ストエカス系ラベンダーはスパイカ系やラバンジン系と比べると生育が早いです。 環境とタイミングがよければ、1年目から花穂をつけはじめ、2年目からは株も大きくなり花穂も多くつけるようになります。 開花後は2分の1に剪定し、秋までに刈り込んで枝を整えて下さい。 剪定することにより株の老化を防ぎ活性化させます。 非耐寒性ですので、冬は直植えのものは鉢上げして温室や屋内に移動させてください。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい ラベンダーの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたいハーブの苗 ストエカス系 マドリードピンク Lavandula stoechas...

ハーブの苗 「ラベンダー・リバティー 9cmポット」(ストエカス系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「ラベンダー・リバティー 9cmポット」(ストエカス系)

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 日当たりの良いところを好みます。水はけの良い土で栽培してください。 夏の蒸し暑さに弱いため、風通しの良い場所を選び、枝が密集しないように剪定を行ってください。 水は過湿にならないよう、土が乾いたら与えてください。 降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。 鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 ストエカス系ラベンダーはスパイカ系やラバンジン系と比べると生育が早いです。 環境とタイミングがよければ、1年目から花穂をつけはじめ、2年目からは株も大きくなり花穂も多くつけるようになります。 開花後は2分の1に剪定し、秋までに刈り込んで枝を整えて下さい。 剪定することにより株の老化を防ぎ活性化させます。 非耐寒性ですので、冬は直植えのものは鉢上げして温室や屋内に移動させてください。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい ラベンダーの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたいハーブの苗 ストエカス系リバティーラベンダー Liberty...

ハーブの苗 「ラベンダー・アラルディー(ミッチャム(mitcham)) 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「ラベンダー・アラルディー(ミッチャム(mitcham)) 9cmポット」

アラルディラベンダーは、海外では一般的にミッチャムラベンダーという名称で呼ばれています。 ※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 日当たりの良いところを好みます。水はけの良い土で栽培してください。 暑さには比較的強いですが、夏場は風通しの良いところのほうが株の傷みも少なくすみます。 水は過湿にならないよう、土が乾いたら与えてください。 降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。 鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 アラルディラベンダーはスパイカ系やラバンジン系と比べると生育が早いです。 環境とタイミングがよければ、1年目から花穂をつけはじめ、2年目からは年に数回花穂をつけるようになります。開花後、そのつど枝を適度に間引き剪定し、追肥をすると周年開花しやすくなります。 初夏の花が終わったら剪定を兼ねて樹形を整えるために刈り込むのもよいでしょう。剪定することにより株の老化を防ぎ活性化させます。 半耐寒性ですので、冬は直植えのものは鉢上げして、温室や屋内に移動させてください。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい ラベンダーの育て方について知りたい...

ハーブの苗 「ラベンダー・スイート(ヘテロフィラ) 9cmポット」

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「ラベンダー・スイート(ヘテロフィラ) 9cmポット」

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 日当たりの良いところを好みます。水はけの良い土で栽培してください。 暑さには比較的強いですが、夏場は風通しの良いところのほうが株の傷みも少なくすみます。 水は過湿にならないよう、土が乾いたら与えてください。 降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。 鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 スイートラベンダーはスパイカ系やラバンジン系と比べると生育が早いです。 環境とタイミングがよければ、1年目から花穂をつけはじめ、2年目からは年に数回花穂をつけるようになります。開花後、そのつど枝を適度に間引き剪定し、追肥をすると周年開花しやすくなります。 初夏の花が終わったら剪定を兼ねて樹形を整えるために刈り込むのもよいでしょう。剪定することにより株の老化を防ぎ活性化させます。 半耐寒性ですので、冬は直植えのものは鉢上げして温室や屋内に移動させてください。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい ラベンダーの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ...

ハーブの苗 「ラベンダー・バルセロナローズ 9cmポット」(ストエカス系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「ラベンダー・バルセロナローズ 9cmポット」(ストエカス系)

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 日当たりの良いところを好みます。水はけの良い土で栽培してください。 夏の蒸し暑さに弱いため、風通しの良い場所を選び、枝が密集しないように剪定を行ってください。 水は過湿にならないよう、土が乾いたら与えてください。 降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。 鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 ストエカス系ラベンダーはスパイカ系やラバンジン系と比べると生育が早いです。 環境とタイミングがよければ、1年目から花穂をつけはじめ、2年目からは株も大きくなり花穂も多くつけるようになります。 開花後は2分の1に剪定し、秋までに刈り込んで枝を整えて下さい。 剪定することにより株の老化を防ぎ活性化させます。 非耐寒性ですので、冬は直植えのものは鉢上げして温室や屋内に移動させてください。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい ラベンダーの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたいハーブの苗 ストエカス系バルセロナローズラベンダー Barcelona...

ハーブの苗 「ラベンダー・ヘルムスデール 9cmポット」(ストエカス系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「ラベンダー・ヘルムスデール 9cmポット」(ストエカス系)

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 日当たりの良いところを好みます。水はけの良い土で栽培してください。 夏の蒸し暑さに弱いため、風通しの良い場所を選び、枝が密集しないように剪定を行ってください。 水は過湿にならないよう、土が乾いたら与えてください。 降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。 鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 ストエカス系ラベンダーはスパイカ系やラバンジン系と比べると生育が早いです。 環境とタイミングがよければ、1年目から花穂をつけはじめ、2年目からは株も大きくなり花穂も多くつけるようになります。 開花後は2分の1に剪定し、秋までに刈り込んで枝を整えて下さい。 剪定することにより株の老化を防ぎ活性化させます。 非耐寒性ですので、冬は直植えのものは鉢上げして温室や屋内に移動させてください。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい ラベンダーの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたいハーブの苗 ストエカス系 ヘルムスデールラベンダー Helmusdale...

ハーブの苗/イングリッシュラベンダー(アングスティフォリア系):ヒドコート(ブルー)3~3.5号ポット2株セット

園芸ネット プラス

656

ハーブの苗/イングリッシュラベンダー(アングスティフォリア系):ヒドコート(ブルー)3~3.5号ポット2株セット

花茎、花穂ともに短い小型のタイプハーブの苗/イングリッシュラベンダー(アングスティフォリア系):ヒドコート(ブルー)3~3.5号ポット2株セット アングスティフォリア系は古くから愛されているラベンダーの代名詞ともいえる系統です。香水、ハーブティー、クラフト、浴用、ポプリなどに広く利用されてきました。イングリッシュラベンダー、トゥルーラベンダー、コモンラベンダーとも呼ばれます。アングスティはラテン語で「細い」、フォリアは「葉」を意味します。細い葉と花の香りが特徴がある品種です。いちばん香りがよいのは、花が咲く前のつぼみがふくらんだ頃がおすすめです。原産地は地中海沿岸地方で内陸部の標高1000mぐらいの産地まで分布しているので耐寒性はあるので庭に植えたままで越冬できますが、日本の夏にはすこし弱いです。ヒドコートは花茎、花穂ともに短い小型のタイプで花がたくさん咲く品種です。6月頃に開花します。花色は濃紫色でとても美しく、ラベンダーの咲く風景には欠かせない品種です。トルーラベンダーから生まれた栽培品種です。寒冷地向きで耐暑性が弱いため、一般地~暖地では鉢植えにして梅雨や秋雨の季節は軒下に入れ、雨に当てないようにします。学名:Lavandula angustifolia'Hidecote'英名:Lavender Hidcote タイプ:シソ科ラバンデュラ属の耐寒性常緑亜低木別名・和名:真正ラベンダー、コモンラベンダー、トゥルーラベンダー 原産地:地中海沿岸~アフリカ北部 草丈:40~50cm開花期:5~7月用途:鉢植え、花壇日照:日向むき栽培方法:日当たり、水はけのよい冷涼な場所を好みます。多湿に弱いので、なるべく水はけ良く育ててください。平地なら土盛りをするとよいでしょう。肥料は控えめに、特に窒素分が多いと枯れるのでご注意ください。挿し木...

ハーブの苗/タイム(立性):ラベンダータイム3号ポット2株セット

園芸ネット プラス

550

ハーブの苗/タイム(立性):ラベンダータイム3号ポット2株セット

ハーブ苗ハーブの苗/タイム(立性):ラベンダータイム3号ポット2株セットほのかなラベンダーの香りのする立性タイムです。茎は少し横に伸び、夏に優しいピンク色の花を咲かせます。葉はやや肉厚になります。園芸用、料理用、ハーブティー用として利用できます。学名:Thymus thracicusタイプ:シソ科イブキジャコウ属の耐寒性常緑小低木原産地:ヨーロッパ・アジア草丈:10~20cm開花期:初夏~夏用途:庭植え、鉢植え、料理、ティーなど日照:日向むき栽培方法:日当たりのよい、乾いたところを好みます。水はけのよい軽い土に植えてください。横に這うように広がって増えます。株が増えたら株分け、または取り木、挿し木でも増やせます。収穫:いつでも摘み取って利用できます。生葉のままハーブティなどに使っても、また、乾燥保存して料理用などに。花が咲いたら思い切って短く切り、葉を乾燥しておけばいつでも利用できて便利です。お届けする苗は3号(直径9cm)ポット入り、2株セットです。写真は成長時のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。使用農薬(有効成分):使用していません。生産地:宮城県※写真はイメージです。タイム(立性):ラベンダータイム3号ポット2株セットの栽培ガイド野菜栽培のコンパニオンプランツタイム苗類のお届け形態について

ハーブの苗/ラベンダー(ラバンディン系):インプレスパープル3号ポット 2株セット

園芸ネット プラス

656

ハーブの苗/ラベンダー(ラバンディン系):インプレスパープル3号ポット 2株セット

花は濃い紫色ハーブの苗/ラベンダー(ラバンディン系):インプレスパープル3号ポット 2株セットラバンディン系はイングリッシュラベンダー(アングスティフォリア系)(L.angustifolia)×スパイクラベンダー(L.latifolia)の交雑や交配よって生まれた品種です。花のつきかたはイングリッシュラベンダー(アングスティフォリア系)と同じです。耐暑性、耐病性が比較的つよく、高温多湿の日本の夏にもよく耐え、初めての方にも育てやすい品種です。インプレスパープルは花は濃い紫色で花姿もしっかりしている、病虫害に強い品種です。学名:Lavandula x intermedia'Impress Purple'英名:Lavender Impress Purpleタイプ:シソ科ラバンディラ属の耐寒性常緑低木原産地:ヨーロッパ草丈:50~100cm開花期:5~7月用途:花壇、鉢植え日照:日向むき栽培方法:日当たり、水はけのよい冷涼な場所を好みます。多湿に弱いので、なるべく水はけ良く育ててください。平地なら土盛りをするとよいでしょう。肥料は控えめに、特に窒素分が多いと枯れるのでご注意ください。挿し木、種まき、株分けで殖やすことができます。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なる場合がございます。★小さいなとなります。使用農薬(有効成分):ニテンピラム1回生産地:宮城県ラベンダー(ラバンディン系):インプレスパープル3号ポット 2株セットの栽培ガイドハーブの横顔 ~ラベンダー~ラベンダーの剪定方法苗類のお届け形態についてラベンダースティック(バンドルズ)の作り方

花のタネ ラベンダー エレガンス スノー約30粒宿根草

産直でお花をお届け「イングの森」

298

花のタネ ラベンダー エレガンス スノー約30粒宿根草

※2018年2月中旬以降、順次DM便は第4種郵便または一般郵便に変更になります。切り替えになった場合は送り状番号等がなくなるので投函完了通知のみになります。弊店で販売の種子は同じロットから実際に今季の生産に使用し、発芽・生育が確認されている新タネです。袋に入って店頭で販売されている物と異なり、いわば最新の発芽確認データを有するものとなりますので、ご自身で育てる場合の未発芽に関しては保障対象にはなりません。あらかじめご確認ください。なお、種の発芽に関しては温度によっては1か月近くかかる場合もあります。開花に低温不要で育てやすく分枝力が有るので自然とボリュームが出ます。 ■耐寒性多年草 ■草丈:25~35cm前後 ■種:約30粒 *生産用小分けに付き簡易包装です。 ■播種から開花までの期間:約3~6ヶ月 ■発芽温度;18~24度 ■栽培説明書付き ★難易度;中 ▼第4種または一般郵便発送に限り送料180円です。一般品と同梱の場合は他品の送料体系に基づきます。 ◆ 発芽に自信の無い方はジフィーポットをお使い下さい。 ジフィーポットは こちら 第4種または一般郵便発送につきまして ■第4種または一般郵便商品を複数ご購入もしくは他の宅急便商品と一緒にご購入の場合、 楽天のシステム上、一旦送料が加算され自動配信メールでは送料が正しく表示さ れません。後程お店の方で正しい送料に修正致しますのでお店からのメールでご 確認ください。 ■第4種または一般郵便の場合代金引換はご利用いただけません。 ■第4種または一般郵便の場合日時指定は承れません。

ハーブの苗/ラベンダー(ラバンディン系):グレイレディ3号ポット 2株セット

園芸ネット プラス

656

ハーブの苗/ラベンダー(ラバンディン系):グレイレディ3号ポット 2株セット

花茎が長く、カンファー臭の強い品種ハーブの苗/ラベンダー(ラバンディン系):グレイレディ3号ポット 2株セットラバンディン系はイングリッシュラベンダー(アングスティフォリア系)(L.angustifolia)×スパイクラベンダー(L.latifolia)の交雑や交配よって生まれた品種です。花のつきかたはイングリッシュラベンダー(アングスティフォリア系)と同じです。耐暑性、耐病性が比較的つよく、高温多湿の日本の夏にもよく耐え、初めての方にも育てやすい品種です。グレイレディは花茎が長く、カンファーの香りの強い種です。学名:Lavandula x intermedia 'Grey Lady'タイプ:シソ科ラバンディラ属の耐寒性常緑低木英名:Lavender Grey Lady原産地:ヨーロッパ草丈:50~100cm開花期:5~7月用途;鉢植え、花壇日照:日向むき栽培方法:日当たり、水はけのよい冷涼な場所を好みます。多湿に弱いので、なるべく水はけ良く育ててください。平地なら土盛りをするとよいでしょう。肥料は控えめに、特に窒素分が多いと枯れるのでご注意ください。耐暑性、耐病性がつよく、高温多湿の日本の夏にもよく耐え、初めての方にも育てやすい品種です。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なる場合がございます。★小さいなとなります。使用農薬(有効成分):ペルメトリン、ニテンピラム、マラソン 各1回生産地:宮城県ラベンダー(ラバンディン系):グレイレディ3号ポット 2株セットの栽培ガイドハーブの横顔 ~ラベンダー~ラベンダーの剪定方法苗類のお届け形態についてラベンダースティック(バンドルズ)の作り方

ハーブの苗/サントリナ:グリーンサントリナ3号ポット2株セット

園芸ネット プラス

550

ハーブの苗/サントリナ:グリーンサントリナ3号ポット2株セット

コットンラベンダーハーブの苗/サントリナ:グリーンサントリナ3号ポット2株セット和名はワタスギギク、通称コットンラベンダーですが、ラベンダーとは別品種です。全草が香り高く、空気をさわやかにするハーブとして古くから生垣や花壇に植えられてきました。枝は虫除けになるので乾燥させて棚やたんすの中にいれて利用します。花はドライフラワーにも適しています。グリーンサントリナは春から夏にかけて明るい黄色の花がたくさん咲きます。タイプ:耐寒性の常緑小低木植付け時期:春または秋開花時期:5月~6月花色:黄色、オレンジ草丈:40cm栽培方法:よく日のあたる場所で、水はけのよい土に植えてください。株間は45~60cmあけてください。春または秋に刈り込みます。寒さには強いのですが、冬は根元をわらなどでマルチングしてください。外気がマイナス15度以下になる場所では冬は鉢植えにして室内に取り込むか、フレームかけをして保温します。春か秋に挿木で殖やすことができます。写真は成長時のイメージです。お届け時点では苗ですので、ご了承くださいませ。使用農薬(有効成分):ニテンピラム1回生産地:宮城県サントリナ:グリーンサントリナ3号ポット2株セットの栽培ガイド11月のハーブのお手入れ10月のハーブのお手入れ9月のハーブのお手入れ8月のハーブのお手入れ8月のハーブのお手入れ7月のハーブのお手入れ12月のハーブのお手入れ2月の野菜・ハーブ類のお手入れ3月のハーブのお手入れ4月のハーブのお手入れ5月のハーブのお手入れ6月のハーブのお手入れ苗類のお届け形態について

草花の苗/ロベリア:アズーロコンパクトラベンダーシャワー3.5号ポット

園芸ネット プラス

451

草花の苗/ロベリア:アズーロコンパクトラベンダーシャワー3.5号ポット

濃いラベンダー色の花草花の苗/ロベリア:アズーロコンパクトラベンダーシャワー3.5号ポットアズーロコンパクトはサントリーのロベリアです。無数の繊細な花穂が、特長的な「ふんわり感」を演出します。優しい草姿は単鉢でも、寄せ植えでも様々な用途でお楽しみいただけます。圧倒的な分枝力に高い密度です。大人気!ラベンダーシャワーは濃いラベンダー色、花付き良く、大きくふんわりと咲く品種です。タイプ:キキョウ科ロベリア属の非耐寒性多年草草丈:15~25cm株張:40~60cm花径:1.5~2cm開花期:4~10月摘心:必要(最初に摘芯を行うとよりまとまります)切り戻し:整える花がら摘み:不要用途:ハンギング、コンテナ、花壇(植え込み目安 丸鉢プランター直径30cmに3株)日照:半日以上日の当たる屋外で栽培方法:鉢に植え込む場合は鉢に植え込みましたら、鉢の内回りに沿ってザクザク切り戻しをしてください。苗が小さくて鉢の内回りに届いていない場合には切り戻しは鉢縁までに生長してきてから1回目のきり戻しを行います。切り戻しをしたら液肥を週1~2回与えます。なるべく雨の当たらない日当たりのよい場所で管理すれば、約1ヶ月半で満開になります。花がら摘みは不要です。花が終わりかかったら、完全に乱れる前に鉢の外回りに沿って、ドーム状にザクザク2度目のきり戻しを行います。梅雨前に作業するものがベストです。肥料も切らさずに与えます。2回目の切り戻しから30~40日後に、再び満開になります。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なる場合がございます。ロベリア:アズーロコンパクトラベンダーシャワー3.5号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

草花の苗/アストランティア:フローレンス11cm角ポット

園芸ネット プラス

869

草花の苗/アストランティア:フローレンス11cm角ポット

草花の苗/アストランティア:フローレンス11cm角ポットアストランティアはセリ科の多年草で、星をちりばめたように大輪の花が咲き、独特の風情があります。春夏から秋まで次々に花穂が上がり咲き続けます。丈夫な花壇用品種で、ドライフラワーにも適しています。寒さにはたいへん強く寒冷地むきです。逆に高温には弱く、特に夜間の温度が高いと株が弱るため、関東地方以南の平野部での栽培は難しい植物です。なるべく西日の当たらない場所に植えてください。草丈が高めなのでボーダー下段の中段か、あるいは落葉樹の根元などに植えると似合います。フローレンスは、咲き始めが白花でラベンダーピンク、ピンクへと移り変わっていきます。花持ちも良く、切り花やドライフラワーにも最適です。写真はイメージです。学名:Astrantia major 'Moulin Rouge'タイプ:セリ科アストランティア属の耐寒性多年草草丈:70cm株張:40cm花径:2.5~3cm開花期:6~8月(真夏を除く)植え付け適期:3~4月、10~12月用途:鉢植え、花壇、切花日照:日なた~半日陰栽培方法:日当たり、保水性のよい、肥沃な場所を好みます。地温があがらないよう、根元に腐葉土を敷いてマルチングしておくか、ほふく性の草花を植えておきます。夏は半日陰になるような場所が最適です。春と秋に根元に緩効性肥料などを施してください。ケムシがつきやすいので、薬剤等で防除してください。2~3年に1度、早春または晩秋に株分けします。アストランティア:フローレンス11cm角ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

ハーブの苗/長期間咲きヴィリディスラベンダー:ラビットイヤーズパープル3号ポット

園芸ネット プラス

548

ハーブの苗/長期間咲きヴィリディスラベンダー:ラビットイヤーズパープル3号ポット

TOYOTA 花が2か月間楽しめる!暖地で屋外冬越し可能!ハーブの苗/長期間咲きヴィリディスラベンダー:ラビットイヤーズパープル3号ポット花の観賞期間の長いラベンダーです。耐寒性を強化した品種のため、暖地では屋外で冬越しができます。開花は初夏ですが、苞葉の寿命が長いため観賞期間が2ヶ月と長いのが特徴です。成長がとても早く、植え付け1年目で30~50cmの株になります。学名:Lavandula stoechasタイプ:シソ科ラベンデュラ属の耐寒性常緑低木草丈:40~80cm株張り:30~40cm開花期:初夏用途:花壇、鉢物、プランター日照:日向むき、または半日陰栽培方法:日当たり、水はけのよい場所を好みます。多湿に弱いので、なるべく水はけ良く育ててください。平地なら土盛りをするとよいでしょう。植え付け時に元肥を施した後、緩効性肥料を3ヶ月に1回程度与えてください。肥料は控えめに、特に窒素分が多いと枯れるのでご注意ください。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。種苗登録出願済み品種です。 長期間咲きヴィリディスラベンダー:ラビットイヤーズパープル3号ポットの栽培ガイド野菜栽培のコンパニオンプランツハーブの横顔 ~ラベンダー~ラベンダーの剪定方法苗類のお届け形態についてラベンダースティック(バンドルズ)の作り方

ハーブの苗 「ラベンダー・ストエカス(イタリアンラヘンダー、フレンチ) 9cmポット」(ストエカス系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「ラベンダー・ストエカス(イタリアンラヘンダー、フレンチ) 9cmポット」(ストエカス系)

イタリアンラヘンダー、フレンチラベンダーとも呼ばれます。 ※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 日当たりの良いところを好みます。水はけの良い土で栽培してください。 夏の蒸し暑さに弱いため、風通しの良い場所を選び、枝が密集しないように剪定を行ってください。 水は過湿にならないよう、土が乾いたら与えてください。 降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。 鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 ストエカス系ラベンダーはスパイカ系やラバンジン系と比べると生育が早いです。 環境とタイミングがよければ、1年目から花穂をつけはじめ、2年目からは株も大きくなり花穂も多くつけるようになります。 開花後は2分の1に剪定し、秋までに刈り込んで枝を整えて下さい。 剪定することにより株の老化を防ぎ活性化させます。 半耐寒性ですので、冬は直植えのものは鉢上げして温室や屋内に移動させてください。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい ラベンダーの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたいハーブの苗...

ハーブの苗 「ラベンダー・ピュアハーモニー(白花) 9cmポット」(デンタータ系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「ラベンダー・ピュアハーモニー(白花) 9cmポット」(デンタータ系)

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 日当たりの良いところを好みます。水はけの良い土で栽培してください。 暑さには比較的強いですが、夏場は風通しの良いところのほうが株の傷みも少なくすみます。 水は過湿にならないよう、土が乾いたら与えてください。 降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。 鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 デンタータ系ラベンダーはスパイカ系やラバンジン系と比べると生育が早いです。 環境とタイミングがよければ、1年目から花穂をつけはじめ、2年目からは年に数回花穂をつけるようになります。開花後、そのつど枝を適度に間引き剪定し、追肥をすると周年開花しやすくなります。 初夏の花が終わったら剪定を兼ねて樹形を整えるために刈り込むのもよいでしょう。剪定することにより株の老化を防ぎ活性化させます。 非耐寒性ですので、冬は直植えのものは鉢上げして温室や屋内に移動させてください。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい ラベンダーの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたい ...

ハーブの苗 「ラベンダー・レースピナータ/ファーン(ムルティフィダ) 9cmポット」(プテロストエカス系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「ラベンダー・レースピナータ/ファーン(ムルティフィダ) 9cmポット」(プテロストエカス系)

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 日当たりの良いところを好みます。水はけの良い土で栽培してください。 水は過湿にならないよう土が乾いたら与えてください。 降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。 鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 プテロストエカス系ラベンダーはスパイカ系やラバンジン系と比べると生育が早いです。 環境とタイミングがよければ、1年目から花穂をつけはじめ、2年目からは年に数回花穂をつけるようになります。開花後、そのつど枝を適度に間引き剪定し追肥をすると周年開花しやすくなります。 初夏の花が終わったら剪定を兼ねて樹形を整えるために刈り込むのもよいでしょう。剪定することにより株の老化を防ぎ活性化させます。 非耐寒性ですので、冬は直植えのものは鉢上げして温室や屋内に移動させてください。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい ラベンダーの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたいハーブの苗 プテロストエカス系 レースラベンダー (ピナータ/ファーン/ムルティフィダ) ...

ハーブの苗 「ラベンダー・キャンディキャンズ(グレイフリンジ) 9cmポット」(デンタータ系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「ラベンダー・キャンディキャンズ(グレイフリンジ) 9cmポット」(デンタータ系)

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 日当たりの良いところを好みます。水はけの良い土で栽培してください。 暑さには比較的強いですが、夏場は風通しの良いところのほうが株の傷みも少なくすみます。 水は過湿にならないよう、土が乾いたら与えてください。 降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。 鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 デンタータ系ラベンダーはスパイカ系やラバンジン系と比べると生育が早いです。 環境とタイミングがよければ、1年目から花穂をつけはじめ、2年目からは年に数回花穂をつけるようになります。開花後、そのつど枝を適度に間引き剪定し、追肥をすると周年開花しやすくなります。 初夏の花が終わったら剪定を兼ねて樹形を整えるために刈り込むのもよいでしょう。剪定することにより株の老化を防ぎ活性化させます。 非耐寒性ですので、冬は直植えのものは鉢上げして温室や屋内に移動させてください。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい ラベンダーの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたいハーブの...

ハーブの苗 「ラベンダー・グリーン(ビリディス) 9cmポット」(ストエカス系)

ハーブティー専門店 e-ティザーヌ

302

ハーブの苗 「ラベンダー・グリーン(ビリディス) 9cmポット」(ストエカス系)

※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して ご紹介しています。 スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、 ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、 スブヌダ系、その他 【栽培ポイント】 日当たりの良いところを好みます。水はけの良い土で栽培してください。 夏の蒸し暑さに弱いため、風通しの良い場所を選び、枝が密集しないように剪定を行ってください。 水は過湿にならないよう、土が乾いたら与えてください。 降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。 鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。 ストエカス系ラベンダーはスパイカ系やラバンジン系と比べると生育が早いです。 環境とタイミングがよければ、1年目から花穂をつけはじめ、2年目からは株も大きくなり花穂も多くつけるようになります。 開花後は2分の1に剪定し、秋までに刈り込んで枝を整えて下さい。 剪定することにより株の老化を防ぎ活性化させます。 非耐寒性ですので、冬は直植えのものは鉢上げして温室や屋内に移動させてください。 ■規格 黒色ビニール9cmポット ※観賞用・園芸用(非食用)として薬剤の管理を行っているハーブです。 ■苗に関しての疑問、まずはこちらから.... 初めてご利用の方へ(送料やお届け数量など) 栽培の基礎知識 苗が届いてから植付けまでの手順を知りたい 病気と害虫について知りたい ラベンダーの育て方について知りたい 防虫ハーブにはどんものがありますか? 苗の状態や種の発芽に関する保障について コンパニオンプランツについて知りたいハーブの苗 ストエカス系 グリーンラベンダー Green Lavender...

【ハーブ種子】 【サカタのタネ】 ラベンダー ハーブ 種 小袋

e-たねや

216

【ハーブ種子】 【サカタのタネ】 ラベンダー ハーブ 種 小袋

【ハーブ種子】ラベンダー ハーブ 種 (サカタのタネ) 【特長】 香りが素晴らしく、香水の原料として有名です。家庭や、公園、各地の観光地でつくられています。数多くの種類がありますが本種は寒さに強い一般種です。  【栽培環境】 地中海原産の多年草で、日当たりと水はけのよいところに自生しています。銀白色の葉と、植物名のラベンダー色の花穂とのコントラストが美しく、ハーブの代表として親しまれています。水はけが悪く酸性の土壌では、生育が悪いので、苦土石灰で酸度調節をして、露地植えは高うねで育てます。前もって1当たり苦土石灰50g、完熟堆肥2kg、有機配合肥料60gを目安に施しておきます。  【タネまき~植えつけ】 タネまきの適期は暖かい地域で3~7月と9~11月、寒い地域は5~7月と9月です。ピートバンまたはタネまき用土を入れた育苗箱にタネをまき、厚さ5mmにまき土をかけます。発芽適温(地温)は20℃前後、発芽までは15~20日と長いので、発芽するまでまき土が乾かないようにします。発芽したら、まき土をやや乾き気味にします。生育適温は15~20℃です。小苗のうちは生育が遅いですが、本葉が4~6枚になった苗から植え替えます。水はけのよい培養土で、9cmポットに1本ずつ植えます。ポットに根がしっかりと伸びたら、株間25~30cmで植えつけます。露地植えは秋または春が植えつけ適期です。コンテナ栽培は9cmポットの苗を、15~18cm鉢に植えます。65cmプランターには2~3ポットを植えます。  【管理のポイント】 1年中屋外で育てますが、高温多湿を嫌うので、コンテナ栽培は梅雨期には軒下など、雨の当たらないところで育てます。株が小さな鉢植えは、冬は日だまりの地面に鉢ごと埋めておきます。冬の乾燥は株が傷むので、露地植え...

ハーブの苗/キャットミント:ブルー系(ネペタ)3~3.5号ポット2株セット

園芸ネット プラス

550

ハーブの苗/キャットミント:ブルー系(ネペタ)3~3.5号ポット2株セット

ハーブの苗/キャットミント:ブルー系(ネペタ)3~3.5号ポット2株セットキャットニップの観賞用品種です。素晴らしい香りの葉、そして毎年、初夏からずっと、ラベンダーブルーの花をたくさん咲かせます。お庭が美しい色のカーペットを敷き詰めたようになります。ほふく性なので、花壇の縁取りや寄せ植えコンテナに最適で、やせた土地でもよく育ちます。何回かトリミングをすると、こんもりした株に仕立てることができます。また、蜂もよく集まります。タイプ:シソ科イヌハッカ属の耐寒性多年草草丈:30~50cm開花期:春~夏植付け適期:春、秋用途:花壇日照:日向むき栽培方法:日当たり、水はけのよい場所に植え付けてください。春から初夏にかけては盛んに成長するので、鉢植えの場合は肥料切れしないように液肥を規定倍率にうすめて1ヶ月に1度追肥してください。気温が上がってくるとトウ立ちするので、葉を利用する場合は伸びすぎたら切り詰めてください。何回かトリミングをすると、こんもりした株に仕立てることができます。耐寒性が高く戸外で冬越しできますが、冬季霜にあたると地上部が枯れます。冬季も利用する場合は鉢植えにして室内に取り込んでください。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。冬季は地上部が枯れた状態でのお届けとなります。使用農薬(有効成分):使用していません生産地:宮城県キャットミント:ブルー系(ネペタ)3~3.5号ポット2株セットの栽培ガイドハーブティ向けのハーブミント11月のハーブのお手入れ10月のハーブのお手入れ9月のハーブのお手入れ8月のハーブのお手入れ8月のハーブのお手入れ7月のハーブのお手入れ12月のハーブのお手入れ2月の野菜・ハーブ類のお手入れ3月のハーブのお手入れ4月のハーブのお手入れ5月のハーブのお手入れ6月のハーブのお手入れ苗類の...

ハーブの苗/長期間咲きヴィリディスラベンダー:ラビットイヤーズイエロー3号ポット

園芸ネット プラス

548

ハーブの苗/長期間咲きヴィリディスラベンダー:ラビットイヤーズイエロー3号ポット

TOYOTA 花が2か月間楽しめる!暖地で屋外冬越し可能!ハーブの苗/長期間咲きヴィリディスラベンダー:ラビットイヤーズイエロー3号ポット花の観賞期間の長いラベンダーです。花穂の先に付く黄緑色の苞葉が可愛いヴィリディスラベンダーに耐寒性を強化した品種のため、暖地では屋外で冬越しができます。開花は初夏ですが、苞葉の寿命が長いため観賞期間が2ヶ月と長いのが特徴です。成長がとても早く、植え付け1年目で30~50cmの株になります。学名:Lavandula viridisタイプ:シソ科ラベンデュラ属の耐寒性常緑低木草丈:40~80cm株張り:30~40cm開花期:初夏用途:花壇、鉢物、プランター日照:日向むき、または半日陰栽培方法:日当たり、水はけのよい場所を好みます。多湿に弱いので、なるべく水はけ良く育ててください。平地なら土盛りをするとよいでしょう。植え付け時に元肥を施した後、緩効性肥料を3ヶ月に1回程度与えてください。肥料は控えめに、特に窒素分が多いと枯れるのでご注意ください。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。種苗登録出願済み品種です。 長期間咲きヴィリディスラベンダー:ラビットイヤーズイエロー3号ポットの栽培ガイド野菜栽培のコンパニオンプランツハーブの横顔 ~ラベンダー~ラベンダーの剪定方法苗類のお届け形態についてラベンダースティック(バンドルズ)の作り方

人気の花・ガーデニング用品のラベンダー栽培、発売中!当社自慢の一品を比較して下さい!素敵な庭を演出する花・ガーデニング用品。ガーデニングが素敵になるラベンダー栽培が見つかる!素敵なお庭作りに必須なアイテムをそろえましょう♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、花・ガーデニング用品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい花・ガーデニング用品が充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「ラベンダー栽培」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ