「ヒガンバナ」 の検索結果 195件

(山野草)ハマユウ(ハマオモト)(浜木綿)4号(お買い得3ポットセット)

charm 楽天市場店

2,020

(山野草)ハマユウ(ハマオモト)(浜木綿)4号(お買い得3ポットセット)

※成長状態により出荷サイズには差異がございます。また、1ポットあたりのボリュームも異なる場合がございます。※株分け、植え替え後の場合がございます。※こちらの商品は苗での販売となっております、開花までに数年育成が必要となります、ご了承の上お買い求め下さい。大きく白い花を咲かせます!温暖な地域の海岸の乾燥した砂地や崖に生えるヒガンバナ科の植物です。成長が緩やかで、葉の形がオモトに似ている事からハマオモトの別名があります。草丈は50~100cm程に成長します。主な生育地は関東~西日本の太平洋側の砂浜や崖などで自生してものを見ることができ、開花は7月~8月が見ごろです。本種は淡水で栽培している為、海水に慣れていません。海水に植えつけてしまうと、枯れる恐れがあります。予めご了承ください。 ハマユウ(ハマオモト)(3ポット)商品サイズ(約)●鉢(ポット)径 :12cm ※入荷状況や、生長度合いにより高さは異なります。画像はあくまでも目安としてご覧ください。鉢の種類ビニールポット学名Crinum asiaticum var.japonicum別名ハマオモト販売形態苗 (開花までに数年育成が必要となります。)分類ヒガンバナ科ハマオモト属園芸分類耐寒性多年草(宿根草)原産地日本開花時期7月~9月置き場所日当たりがよく、水はけのいい場所が適しています。水やり土が乾いてきたら水を与えてください。ご注意※画像はイメージです。お届け時期により草丈や花の有無は異なります。お届けする苗の状態について※ハウス内で管理された苗のお届けとなる場合がございます。加温されている為、開花期・成長状態等が一般的な季節よりずれてしまう場合がございます。ビバリウム・テラリウムで苔をご使用になる場合の注意点ガーデニングの用語一覧葉水(はみず)⇒霧吹きで葉に水を吹きかけること...

植物の苗/コンパニオンプランツ:ヒガンバナ(彼岸花・リコリス ラジアータ):赤3.5号ポット8株セット(花の苗)

園芸ネット プラス

3,741

植物の苗/コンパニオンプランツ:ヒガンバナ(彼岸花・リコリス ラジアータ):赤3.5号ポット8株セット(花の苗)

モグラよけ・病虫害予防に!植物の苗/コンパニオンプランツ:ヒガンバナ(彼岸花・リコリス ラジアータ):赤3.5号ポット8株セット(花の苗)ヒガンバナは球根植物のリコリスの仲間で、曼珠沙華(マンジュシャゲ)=「天上の花」として知られています。秋に咲く真っ赤な花が楽しめます。葉がない状態で花が咲いた後、晩秋に葉が出てきます。葉は冬中は姿が見られますが、翌春になると枯れ、秋に花が出てくるまで地表には何もない状態となります。モグラよけにもなるので、田畑の土手などによく植えられます。また、アレロパシー作用(他感作用・害虫が嫌がる効果)の強い植物なので、菜園の近くに植えると病虫害を防ぐ効果があると言われています。原産国:中国花期:8月下旬~9月中旬草丈:30~50cm日照:日向向き栽培方法:球根の肩が見えるくらいに浅く植えてください。植付時に水をやってから、1週間くらいは水を与えないで下さい。以後、やや乾燥気味に管理してください。庭・花壇・鉢植え・プランターいずれでも大丈夫です。花が咲き終わったら早めに花柄を切り、葉はそのまま伸ばして来年まで球根を太らせます。3.5号(直径10.5cm)ポット入り、1ポット3~4球植え、8ポットセットです。お届け時期により地上部のない状態、または開花後となりますので、ご了承ください。※開花するサイズの球根でのお届けですが、リコリスは移植を嫌う性質があるため、植え付け当年は開花せず、翌年からの開花となる場合があります。グランドカバーとして植える場合、1平米に20~36株を目安にしてください。コンパニオンプランツ:ヒガンバナ(彼岸花・リコリス ラジアータ):赤3.5号ポット8株セット(花の苗)の栽培ガイドコンパニオンプランツ苗類のお届け形態について

リコリス ラジアータ(ヒガンバナ「彼岸花」) 4球入り(c13)

千草園芸

410

リコリス ラジアータ(ヒガンバナ「彼岸花」) 4球入り(c13)

通常は球根の状態でお送りさせていただいておりますが、10月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。↓↓ヒガンバナ(彼岸花) 分類: ヒガンバナ科ヒガンバナ属の球根植物 学名: Lycoris radiata原産: 中国華中地方 別名: リコリス、曼珠沙華(マンジュシャゲ) 開花期: 9月中旬~下旬 草丈: 葉20~40cm、花40~60cm 栽培敵地: 北海道から琉球列島 わが国に原産していたものと思われがちですが史前に我が国に人為帰化したものと推定されています。 保護されたり植栽されたりして各地に群落があり、開花期には多くの人が見学に訪れる名所となっています。 日本各地に分布していますが、中国から伝わった1株(雌株)の球根から日本各地に分球して広まったようです。 球根には有毒成分が含まれていますが、水にさらして毒抜きをすると非常用の食料になるため、また穴を掘る小動物を避けるために有毒な鱗茎を畦や土手に植えたとも考えられ、全国の田のあぜなどに植えられたとされています。 このため、主に人間の住む里山付近にのみ自生しています。 近年では観賞用球根として中国から輸入されています。 多くは染色体が3倍体のために彼岸花同士の交配では種はできても発芽しないようです。 他のリコリスと交配させた園芸品種は数多く作られています。 彼岸花の育て方 植えっぱなしで毎年花を咲かせる世話要らずな球根植物です。 9月中旬から10月上旬に花を咲かせます。開花後はすぐに葉が出て冬の間に太陽の光を浴びて養分を球根に蓄えます。 冬に太陽の日が当たる場所なら土地は選びません。葉があるのは4月いっぱいくらいで、5月になると葉は枯れてなくなります。 以後は花の咲く9月中旬まで梅雨から夏の間は休眠期となります。 多くの花を咲かせるには葉のある季節に長期間日光に当たるようにす...

ヒガンバナ/リコリス アルビフローラ 5本セット

ガーデンタウン

5,184

ヒガンバナ/リコリス アルビフローラ 5本セット

※ この商品の配送サイズは、【 小サイズ 】です。送料は、こちらでご確認ください。 ヒガンバナ/リコリス アルビフローラ 5本セット 真っ赤なヒガンバナと対照的な白い花 ヒガンバナ/リコリスの中のアルビフローラです。栽培環境により絹色(クリーム色)や薄い桃色花が咲きます。限定50本の販売です。 お届けする時の状態(葉がついていたり、ポットに土だけに見える)は、時期によって変わります。ヒガンバナは球根植物です。自然分球でどんどん殖えます。 秋から春にかけて葉の生育期になります。葉は太陽のエネルギーを受け、地下の球根にせっせと養分をためていますので、葉は大事にします。 夏場は葉も花もない期間です。場所を見失って球根をキズつけないよう目印を立てておくといいですね。 【植付・育て方】 開花時期の9月より前に植えつけます。(植え付けた年は花が咲かない場合もあります。根が定着すれば立派な花が咲きます。)葉も花もない夏場のい時期がよいようです。 植える間隔は球根の大きさの2~3倍ぐらいを目安にします。深さは球根の頭と土の表面がスレスレになるぐらいに。球根の首がひどく長いものは、頭のほうをいくらか土の表面から出してやります。 水はけの良いところで幾分乾き気味に育てます。水を与えすぎると球根が腐りやすくなりますので、水はけのひどく悪いところでは、植え場所を高くしてやるなどして水はけを良くしてやります。無肥料でもよく育ちますが、植え付けのときに堆肥や腐葉土、根菜用の化成肥料などを施してやれば生育が良くなります。

【花なし】【希少】クンシラン(君子蘭) 牡丹咲き(ボタン咲き) 6号

千草園芸

43,200

【花なし】【希少】クンシラン(君子蘭) 牡丹咲き(ボタン咲き) 6号

18年2月24日撮影。 写真は見本品です。 花のお写真は一例です。 株により株により違いがありますので、 お送りする商品の花をご確認いただきたい場合は、 お問い合わせください。 株の状態は季節により変化いたします。 自然な開花期は3~4月。182eクンシラン 分類: ヒガンバナ科の多年草学名: Clivia miniata 原産: 南アフリカ・ナタール 開花期: 4~5月草丈: 20~60cm 高貴な花として名付けられた君子蘭ですがランの仲間ではありません。 クンシラン(君子蘭)属 Clivia は南アフリカ共和国とスワジランドに産するヒガンバナ科の属のひとつで、 森林の薄暗い場所に自生します。 明治時代から肉厚の葉とオレンジ色の花として親しまれてきましたが、近年は交配が進み、黄花のものをはじめさまざまな交配種が登場してきました。 原産地が森林であることから明るい日陰が適しています。日射しが強いと、葉が部分的に茶色く枯れ(葉焼け)たり、葉全体が黄色くなります。 強い日射しは苦手で、弱光線下で育てるようにします。 霜には弱いですが多少の低温には耐え、暖地では冬でも屋外で育てられます。 越冬温度は最低5℃とされていますが、凍結しなければ0度くらいは大丈夫です。 反対に、室内に取り込む場合、あまり暖かい場所で冬越しすると花が咲かないことがあります。 冬にある程度の低温に当ててやることで春に花が咲くようになります。 花芽ができてから低温に当てつづけると軸が伸びずに根元で開花します。反対に高温下で咲かせると軸が長く伸びてしまうことがあり、適度な温度で開花させましょう。 クンシランの育て方 冬は乾燥気味に管理しますが、その他の季節は適湿で育て、乾燥や過湿は避けてください。 用土は赤玉土単用でよく育ちます。肥料も生育時は月1...

原種君子蘭(クンシラン) アフリカンノビリス ポット苗

千草園芸

1,620

原種君子蘭(クンシラン) アフリカンノビリス ポット苗

18年3月10日に入荷しました。木の状態は季節により変化いたします。 183b 原種君子蘭は日本ではほとんど栽培されていない希少種です。 30~50輪の驚くほどの多花性で、ユニークで愛らしい花型が魅力です。 置き場所: 風通しのよい日陰においてください。 秋から春の低温期は室内で育てます。 霧に当てないように注意してください。 水やり: 土の表面が乾いてきたら、たっぷりと与えてください。 肥料: 春から秋にかけて、化成肥料を月に一粒程度与えてください。夏の暑い時期は、与えなくてよいです。 植え替え: 根が鉢いっぱいになってきたら、春にひとまわり大きい鉢に植え替えます。クンシラン 分類: ヒガンバナ科の多年草学名: Clivia miniata 原産: 南アフリカ・ナタール 開花期: 4~5月草丈: 20~60cm 明るい日陰が適しています。日射しが強いと、葉が部分的に茶色く枯れ(葉焼け)たり、葉全体が黄色くなります。 強い日射しは苦手で、弱光線下で育照るのがよいでしょう。 霜には弱いですが多少の低温には耐え、暖地では冬でも屋外で育てられます。 越冬温度は最低5℃とされていますが、凍結しなければ0度くらいは大丈夫です。 反対に、室内に取り込む場合、あまり暖かい場所で冬越しすると花が咲かないことがあります。 冬はある程度の低温に当ててやることが必要です。 花芽ができてから低温に当てていると軸が伸びずに根元で開花します。反対に高温下で咲かせると軸が長く伸びてしまうことがあり、適度な温度で開花させましょう。 クンシランの育て方 冬は乾燥気味に管理しますが、その他の季節は適湿で育て、乾燥や過湿は避けてください。 用土は赤玉土単用でよく育ちます。肥料も生育時は月1~2回固形肥料を与えます。 根はよく張るので...

原種君子蘭(クンシラン) ガルデニー ポット苗

千草園芸

1,620

原種君子蘭(クンシラン) ガルデニー ポット苗

18年3月10日に入荷しました。木の状態は季節により変化いたします。 183b 原種君子蘭は日本ではほとんど栽培されていない希少種です。 10~15輪の筒状花を下垂して咲かせます。 先端のグラデーションが魅力です。 実生苗ですからそれぞれの株に花形や花色に若干差異があります。 12~1月の寒い季節に開花するので、花もちは抜群です。 置き場所: 風通しのよい日陰においてください。 秋から春の低温期は室内で育てます。 霧に当てないように注意してください。 水やり: 土の表面が乾いてきたら、たっぷりと与えてください。 肥料: 春から秋にかけて、化成肥料を月に一粒程度与えてください。夏の暑い時期は、与えなくてよいです。 植え替え: 根が鉢いっぱいになってきたら、春にひとまわり大きい鉢に植え替えます。クンシラン 分類: ヒガンバナ科の多年草学名: Clivia miniata 原産: 南アフリカ・ナタール 開花期: 4~5月草丈: 20~60cm 明るい日陰が適しています。日射しが強いと、葉が部分的に茶色く枯れ(葉焼け)たり、葉全体が黄色くなります。 強い日射しは苦手で、弱光線下で育照るのがよいでしょう。 霜には弱いですが多少の低温には耐え、暖地では冬でも屋外で育てられます。 越冬温度は最低5℃とされていますが、凍結しなければ0度くらいは大丈夫です。 反対に、室内に取り込む場合、あまり暖かい場所で冬越しすると花が咲かないことがあります。 冬はある程度の低温に当ててやることが必要です。 花芽ができてから低温に当てていると軸が伸びずに根元で開花します。反対に高温下で咲かせると軸が長く伸びてしまうことがあり、適度な温度で開花させましょう。 クンシランの育て方 冬は乾燥気味に管理しますが、その他の季節は適湿で育て...

原種君子蘭(クンシラン)ニホンノビリス ポット苗

千草園芸

1,620

原種君子蘭(クンシラン)ニホンノビリス ポット苗

18年3月10日に入荷しました。木の状態は季節により変化いたします。 183b 原種君子蘭は日本ではほとんど栽培されていない希少種です。 実生苗ですからそれぞれの株に花形や花色に若干差異があります。 12~1月の寒い季節に開花するので、花もちは抜群です。 置き場所: 風通しのよい日陰においてください。 秋から春の低温期は室内で育てます。 霧に当てないように注意してください。 水やり: 土の表面が乾いてきたら、たっぷりと与えてください。 肥料: 春から秋にかけて、化成肥料を月に一粒程度与えてください。夏の暑い時期は、与えなくてよいです。 植え替え: 根が鉢いっぱいになってきたら、春にひとまわり大きい鉢に植え替えます。クンシラン 分類: ヒガンバナ科の多年草学名: Clivia miniata 原産: 南アフリカ・ナタール 開花期: 4~5月草丈: 20~60cm 明るい日陰が適しています。日射しが強いと、葉が部分的に茶色く枯れ(葉焼け)たり、葉全体が黄色くなります。 強い日射しは苦手で、弱光線下で育照るのがよいでしょう。 霜には弱いですが多少の低温には耐え、暖地では冬でも屋外で育てられます。 越冬温度は最低5℃とされていますが、凍結しなければ0度くらいは大丈夫です。 反対に、室内に取り込む場合、あまり暖かい場所で冬越しすると花が咲かないことがあります。 冬はある程度の低温に当ててやることが必要です。 花芽ができてから低温に当てていると軸が伸びずに根元で開花します。反対に高温下で咲かせると軸が長く伸びてしまうことがあり、適度な温度で開花させましょう。 クンシランの育て方 冬は乾燥気味に管理しますが、その他の季節は適湿で育て、乾燥や過湿は避けてください。 用土は赤玉土単用でよく育ちます。肥料も生育時は月1...

人気の花・ガーデニング用品のヒガンバナ、発売中!当社自慢の一品を比較して下さい!素敵な庭を演出する花・ガーデニング用品。ガーデニングが素敵になるヒガンバナが見つかる!素敵なお庭作りに必須なアイテムをそろえましょう♪

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、花・ガーデニング用品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい花・ガーデニング用品が充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「ヒガンバナ」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ