「herno コートメンズ」 の関連商品を含む検索結果 25件

HERNO ヘルノ インナー ダウン ジレ ベスト PI0381U 撥水 ナイロン キルティング シングル カーキ 50 /ky20180410-12 /メンズ

Crawler2号店

36,718

HERNO ヘルノ インナー ダウン ジレ ベスト PI0381U 撥水 ナイロン キルティング シングル カーキ 50 /ky20180410-12 /メンズ

新品 HERNO ヘルノ インナー ダウン ジレ ベスト PI0381U 撥水 ナイロン キルティング シングル カーキ 50 /ky20180410-12 /メンズ新品 HERNO ヘルノ インナー ダウン ジレ ベスト PI0381U 撥水 ナイロン キルティング シングル カーキ 50 ky20180410-12メンズ カーキ コメント ■HERNO(ヘルノ) Dressing Well(着こなしの上手さ)に代表されるイタリアンスタイルの真髄を表した品位とエレガンスのある製品。日本におけるHERNO(ヘルノ)ブランドは、1968年から1998年の30年間にも及ぶジョゼッペ・マレンツィ氏と奥田清治氏との2人の男の友情によって築かれ、大きく異なった文化を持ちながら、しかし共通の関心でつながった2人の信頼関係より、早くから日本のマーケットに最高の商品、ビキューナ、カシミア、毛皮やクラシックなレインコートを紹介しています。なアイテムと合わせて楽しんでいただける一着。 ■スタイル:PI0381U ご紹介のダウンジレは、前身頃のみに極薄ダウンを配し、コンパクトなサイジングで着膨れを防ぎ、保温力を高め、トレンド感までも駆使しているというセンスが光る一着。 ダウンの出づらい"ダウンプルーフ"の素材特性により、ダウンパックを使わず表地の裏に直接ダウンを注入する"インジェクション方式"を採用することで、軽さと柔らかい着心地を実現させています。 一般的なダウンベストとしてでは無く、ジレを軸足にしたデザインは、ウール系ジャケットやコートと合わせると異素材での不調和の調和感が楽しめ、ナイロン系ジャケットやブルゾンと合わせると無論スマートな着こなしも可能にしてくれます。 季節の変わり目から、寒い冬の防寒性を高める機能アイテムとして...

こちらの関連商品はいかがですか?

撥水ウール・プレミュールダウンコート ムーレー (MOORER) アウター 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

255,960

撥水ウール・プレミュールダウンコート ムーレー (MOORER) アウター 【ライトアップショッピングクラブ】

撥水シベリア産ダウンの格別な温もりと、ロロピアーナ社製生地の品格を兼備。アウトドアで使われるダウンウェアとは一線を画す、スタイリッシュでハイクオリティな製品を手がける〈ムーレー〉。1999年にイタリアのヴェローナで創業以来、ラグジュアリーなコレクションを次々と発表し、今や世界の注目を浴びる高級ダウンメーカーとして名を馳せています。こちらのコートは、プレミュールダウンと名付けられた高品質なシベリア産ホワイトグースダウンを採用。イタリア政府の規定に従い、イタリア国内で殺菌洗浄するなど徹底して品質にこだわったもので、別格の暖かさを満喫していただけます。表地はイタリアの名門服地メーカー、ロロピアーナ社が自信を持って送り出したウール混の素材。カシミヤを加えて滑らかな風合いと上質な表情を際立たせたうえ、撥水性を持たせているので多少の雨にも対応します。襟にはレッキスラビットファーを配して保温性を高めると共に豪華さも演出。裏地の端にはゴールドのパイピングを施すなど隅々まで同社の美学とこだわりが息づく一着です。

ウインドブレイカー・透湿撥水トラベルコート クレイグ アレクサンダー アウター 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

30,240

ウインドブレイカー・透湿撥水トラベルコート クレイグ アレクサンダー アウター 【ライトアップショッピングクラブ】

撥水 透湿ニットの上に着るのが前提。風を断ち、温もりを溜め込む軽快コート。セーターの上にダウンジャケットを重ねたり、中わた入りのコートを羽織ったり。日本の冬を見ていて感じるのは、外出時に厚着の紳士が多いことです。公共の交通機関や建物の中では暖房が効いているので、重衣料でコーディネートしていると脱いで手に持った際にもかさばり、行動もしにくくなります。服選びは、体感温度が重要になってきます。体感温度はおもに温度・湿度・風速の変化によって影響を受けるのでウールやカシミヤなどのセーターで保温性を高め、アウターでしっかりと防風すれば充分快適に過ごせるはずです。 「ロンドンは1日に四季がある」といわれるほど天候の変化がめまぐるしく、晴れて暖かくても急に雨が降って気温が下がるということがよくあります。そんなロンドナーの必須アイテムが、薄手で暑さ寒さが調節しやすく、雨も避けられるコートなのですが、そのスタイルをそのまま日本にも応用できると考え、今回この“ウインドブレイカー・透湿撥水トラベルコート"を企画しました。デザインは、日本ではステンカラーという名でお馴染みのタイプをアレンジ。非常にシンプルで合わせやすく、どこへでも着て行けます。ポイントは、薄く軽量ながらも撥水性と透湿性があり、同時に防風性にも長けたオーロラテックス(R)という日本の快適機能素材。寒風を通しにくいのでセーターに溜め込んだ暖かな空気をコート内にしっかりと閉じ込め、優れた防寒性を発揮します。

フェザーウェイトラムレザーブルゾン エンメティ (EMMETI) アウター 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

138,240

フェザーウェイトラムレザーブルゾン エンメティ (EMMETI) アウター 【ライトアップショッピングクラブ】

極薄ラム革だから実現した「重ね着できる」革Gジャン。このジャケットの原型は、2015年に〈エンメティ〉に別注したGジャン型レザーブルゾンで、多くの方から高い評価をいただいたもの。「あのブルゾンをもっと軽やかなものにしたい」とリクエストしたところ、マッシモ氏は快く引き受けてくれました。素材はライダースと同じ極薄の約0.4mmのラムナッパレザー。「本当に高品質の革は優秀な革の加工業者との良好な信頼関係がないと、手に入れることができないのです」とマッシモ氏が語るように、彼が日頃から懇意にしているタンナーから特別に提供を受けている貴重な素材です。実際に袖を通してみると、とてもレザーとは思えない軽やかさで、風合いもまるでシルクのようにしなやか。日本人の体型に合わせてつくられているので、フィッティングのよさも格別。イタリアンレザーの神髄ともいえる官能的な着心地を愉しむことができます。身頃裏地には全面メッシュのライニングが施され、快適に着用できる工夫がされています。カラーは落ち着いた印象のミッドナイトネイビー。デニムはもちろん、チノパンツやグレー系のスラックスにもよく似合う色調です。革が薄いため重ね着もおすすめ。秋冬は上にテーラードのジャケットやコートを羽織るなど、季節に応じて多彩な着こなしができます。Gジャンのように気軽につきあえる上質なレザー。別誂えでなければ決して出会えない一着です。

ライトウェイト・ブルゾン ストゥッテルハイム アウター 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

21,600

ライトウェイト・ブルゾン ストゥッテルハイム アウター 【ライトアップショッピングクラブ】

伝統的アウターをモダンにした軽やかに羽織れるブルゾン。〈ストゥッテルハイム〉は、2010年創業のスウェーデン発のアウターコートブランド。確固としたもの作りへの信念と創造性のもと、スウェーデンで愛されてきた伝統的なアウターコートを、モダンに進化させてきました。ご紹介するブルゾンは、同ブランドのセールスディレクターを務めるジョン・ラスター氏も愛用。氏にその魅力を伺いました。 「このブルゾンは、ラバーコーティングのフィッシャーマンズコートをベースに、街着として使えるよう、軽やかな着心地に仕立てました。生地は耐水性を備え、背面や脇にはベンチレーションを配し通気性を確保するなど、機能的に作り込んでいます。私はこのコートをさまざまなシーンで着ています。雨の時はもちろん、朝晩の冷え込む時などですね。ストックホルムは海に面しているので、海風がとても強い。そんな時にもウィンドブレーカーとして使えます。スウェーデンのことわざで“悪天候と呼ばれるものは無い。洋服の選択が悪いだけ"というのがあります。これは雨や雪が降っていてもそれに対応できるような服を着ていれば、天候も楽しめるという意味。それができるのがこの一着といえます」

新作メンズコートのherno コートメンズ、発売中!有名ブランドからカジュアルまで♪ダウンジャケットやトレンチコートなどのメンズコート。豊富なサイズ・カラー・デザインから、ぴったりのherno コートメンズが見つかる!流行ものから定番ものまで、自分だけのお気に入りを選ぼう。

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、ファッション関連商品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいメンズコートが充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「herno コートメンズ」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

関連カテゴリ