「久留米織り」 の関連商品を含む検索結果 7件

お洒落ボーダーワンピース 宮田織物 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

21,600

お洒落ボーダーワンピース 宮田織物 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

3種の生地を使ったモダンなワンピース。古来日本で主に庶民の普段着に愛用されてきた木綿の織物。素朴な風合いと肌馴染みのよさが魅力です。そんな伝統の木綿織物の特徴を活かしつつ、現代感覚の冴えるオリジナリティ豊かなウェアを手がけているのが〈宮田織物〉です。大正2年に久留米絣の織元として創業し、現在では50台以上の織機を所有するメーカーに成長。ウェア作りにおいては、糸選びから織り、デザイン、縫製まで自社で一手に引き受けています。こちらのワンピースは、〈宮田織物〉オリジナルの和木綿「山雫」と「横刺子」を組み合わせ、久留米絣で細いラインを入れた一着です。横縞が味わい深い山雫は、緯糸にスラブ糸を用いて表現した立体感のある表情が魅力。横刺子は一見無地のようですが、ドビー織で刺子風の模様が入っている凝った意匠です。山雫と横刺子の生地に久留米絣の水色がよく映えるモダンな柄行きが、着る人を印象的に見せてくれます。デザインは、首元をすっきりと見せるシンプルなクルーネックに膝下丈。前面のファスナーを開けて脱ぎ着できるので、腕を上げるのが少し辛いという方にもお薦めです。

こちらの関連商品はいかがですか?

羊毛キルティングわたの半てん/紳士用 メリノン 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

全2商品

29,160

羊毛キルティングわたの半てん/紳士用 メリノン 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

羊毛わたと「メリノン」で身も心も暖かく軽やかに。ご紹介するのは、暖かくふわりと羽織れる半てん。首まわりや肩から背中、腰にかけて毛足約22mmのメリノウール素材「メリノン」を使用した一着です。前身頃と袖の裏地には羊毛わたを薄いシート状にした、独自の素材を使用。厚さ約13cmもある10層の羊毛わたを約5mmまで圧縮することで、絡み合った羊毛の中に無数の空気穴が生まれるため、非常に薄くても柔らかく、暖かさをキープしてくれます。このシート状の羊毛わたを、肌に触れてもひやりとせず、透湿性があって蒸れにくい高密度のタフタ生地でキルティングしています。「全体に『メリノン』素材を使うとかさばって動きにくくなってしまうので、羊毛を使いながらも薄くて暖かい生地を作りたいと思ったのがきっかけです。多くの優れた特性を持つ羊毛で、冷え性の方も快適に過ごせるアイテムを作りたい一心でした」と〈メリノン〉を使った商品を手がけている、タクトコーポレーション代表の森田さん。表地は、独特のムラ感が味わい深いスペック染めの木綿生地に、ステッチ刺しゅうを施し、袖口は折り返せるため、水仕事をするときなどに便利。犬の散歩などちょっとした外出にもお薦めしたい、お洒落な一着です。

竺仙松煙染め・奥州絣のビッグワンピース 心衣 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

170,640

竺仙松煙染め・奥州絣のビッグワンピース 心衣 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

モダンで優しい色柄をシックに装う、爽涼な〈竺仙〉浴衣地ワンピース高温多湿な日本の夏。蒸し暑い日々を快適に過ごすには、肌に優しく、汗を吸う綿素材のウェアがぴったりです。中でも日本古来の浴衣は、綿素材の代表ともいえる装いのひとつ。こちらは、そんな浴衣地を日常で気軽に愉しめるワンピース。手がけたのは、日本の伝統的な生地の魅力を引き出すウェアを提案し、注目を集める〈心衣〉です。生地に使用したのは、東京・日本橋の老舗呉服店〈竺仙〉の反物。手織り紬を思わせる奥州絣の豊かな風合いが魅力です。富貴を呼ぶ縁起物として知られる、連なる千鳥が飛ぶ様子を図案化した「鳥たすき」柄は、中の細かな水玉模様と相まってモダンな印象。松煙染めによる淡いグレーの色彩で表現された意匠は、シックながら爽やかさを醸します。ところどころ濃色に手挿し染めを施して、柄行きにアクセントを添えました。デザインはシンプルなワンナップカラーで、胸もとまでボタンを配した被るタイプ。ゆったりとした着心地で、裾にかけて緩やかに広がるAラインシルエットが、気になるボディラインをさりげなくカバーします。肘が隠れる六分丈の袖が軽快な印象を与えてくれます。

撚杢織りドビー刺し子作務衣/キルト裏地付 榛地織物 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

39,204

撚杢織りドビー刺し子作務衣/キルト裏地付 榛地織物 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

寒い季節も快適な裏地付き作務衣。暖かく保温性に優れた、機能素材のキルト裏地。静岡県の遠州地域は江戸時代から綿花の栽培地として知られ、今なお日本有数の綿織物の産地です。〈榛地織物〉はそんな遠州織物の伝統を引き継ぎながらも、オリジナリティ溢れる製品づくりに取り組む織元です。同社がこだわるのは「先染めの織物」。糸の段階から染め、織り上げることで生まれる深みのある色合いは後染めの織物やプリントにはない美しさと品格を湛えています。さらに織り上げた生地を国内で丁寧に仕立てることでクオリティの高さを維持。"本物志向"の紳士たちに好評を博しています。ご紹介するのは、太幅のストライプ柄がモダンな「撚杢織り」の作務衣です。色の異なる糸を撚り合わせ、一本の糸にして織り上げることで、濃淡の藍色と水色が混じり合う杢調の色合いを表現。ドビー刺し子の織り柄もさりげないアクセントです。作務衣というと一般的に単衣仕立てで冬場は寒い印象がありますが、こちらは内側に遠赤外線効果のある素材「テイジンウォーマル(R)」の中わたを挟み込んだキルティング生地を採用。わたの繊維自体に織り込まれた特殊セラミックスが、身体から放出される遠赤外線を素早く吸収・再放出するため保温性が高く、着るだけでぬくぬくの暖かさを実感できます。インナーに薄手のセーターや保温素材のプルオーバーなどを合わせればより暖かく、冬でも快適に着ていただけます。下衣のウエストは総ゴム仕様になっているので、脱ぎ着しやすいのもポイントです。大掃除など何かと忙しい時期の作業着として、あるいはリラックスウェアとしてぜひお薦めです。

近江ちぢみの綿麻千筋作務衣 楽居布 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

30,240

近江ちぢみの綿麻千筋作務衣 楽居布 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

和の趣ある快適な日常着日常を味わい深く演出し、リラックスウェアとして人気の作務衣。一見シンプルなデザインですが、元々禅宗の僧侶が雑事をおこなうときに着ていたことから、動きやすさを考慮し計算されたつくりになっています。現代生活の中で一層便利に使えるよう工夫を凝らしたのが〈楽居布〉の綿麻を使った一着。法衣を手がけ、作務衣を最初につくったとされる明治22年創業の〈川口織物〉に製作を依頼したものです。使われたのは、凹凸の深い細かなシボでシャリ感が特徴の近江ちぢみ。素朴な天然素材の雰囲気を引き立てる趣深い表情と、サラリとした快適な着心地を味わえるのが魅力です。江戸時代に流行ったという千筋柄は、紺地に白い縦縞が走る落ち着いた色味で、全体に引き締まった印象を与えてくれます。上衣の隠れたポケットはファスナー付きで小銭などを入れても安心でき、ゴム仕様の袖口と裾をまくれば、水仕事や掃除の時も邪魔になりにくいつくりになっています。豊富な3サイズ展開でお届け。和の趣を取り入れた装いで、日常の寛ぎに風情が増すことでしょう。

人気の和服の久留米織り、発売中!有名ブランドからカジュアルまで♪子供用甚平から米寿のお祝い用の和服。豊富なサイズ・カラー・デザインから、ぴったりの久留米織りが見つかる!流行ものから定番ものまで、自分だけのお気に入りを選ぼう。

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、ファッション関連商品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい和服が充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「久留米織り」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

関連カテゴリ