「着物姿」 の検索結果 6,175件

羽織(はおり)/正絹羽織【日本製】前ヒモなし(鉄紺・濃紺)(M-L)/男性 紳士 メンズ

伝統芸術を着る会-作務衣の専門館

10,800

羽織(はおり)/正絹羽織【日本製】前ヒモなし(鉄紺・濃紺)(M-L)/男性 紳士 メンズ

素材 絹100%、裏地ポリエステル100% 生地厚さ 中間 洗濯方法 ドライ 仕様 ポケットなし、ひもなし、スリットあり 製造 日本製 サイズ 着丈 バスト M 76 120 L 82 1285着限定!残り僅かの為、50%OFF!羽織の持つ様式美のチカラ。 改良機能はそのままに、100%正絹仕立てにてお目見えした「正絹羽織」。 「格調」や「気品」を備えていると、お陰様でご好評いただいております。 さて、「せっかくのいい作務衣には、やっぱり羽織は欠かせないネ…」と、古参の会員の方々は口を揃えておっしゃいます。確かに逸品はそれだけでも実に絵になるのですが、完璧な作務衣姿の実現には羽織は必需品というのが、もはやこの道の常識になりつつあるようです。 羽織をまとった姿は、作務衣姿とはまた趣を異にし、一種の風格さえ感じさせるほど。 ましてやこれからお出かけの多くなる時候、羽織はますます必需品…。 羽織をまとって訪れれば先様への礼も失わず、かつ、着る方の存在感を改めてアピールし、好感度をより高めることにもつながります。ぜひ一度、様式美のチカラをご実感ください。 素材はもちろん正絹100%。 絹の光沢をより一層輝かせています。 「格調」や「気品」さらには「粋さ」が口の端にのぼることを確信しております。 正絹作務衣とあわせてのご着用をおすすめいたしますが、勿論、お手持ちの作務衣にあわせていただいても結構です。 お出かけの際に、ぜひお袖通しを。

送料無料
羽織(はおり)/正絹 寺用羽織(S-L)/男性 紳士 メンズ

伝統芸術を着る会-作務衣の専門館

26,352

羽織(はおり)/正絹 寺用羽織(S-L)/男性 紳士 メンズ

素材 絹100%【裏地】ポリエステル100% 生地厚さ 中間 重量 約0.3kg 洗濯方法 ドライ 仕様 前ポケット左右×各1 製造 日本製 サイズ 着丈 肩幅 S 72 21 M 77 23 L 72 25ご訪問に羽織は不可欠。いい一着なら、なおさらです。 改良機能はそのままに、100%正絹仕立てにてお目見えした「正絹寺用作務衣」。お寺様にふさわしい「格調」や「気品」を備えていると、お陰様でご好評いただいております。 さて、「せっかくのいい作務衣には、やっぱり羽織は欠かせないネ…」と、古参の会員の方々は口を揃えておっしゃいます。確かに逸品はそれだけでも実に絵になるのですが、完璧な作務衣姿の実現には羽織は必需品というのが、もはやこの道の常識になりつつあるようです。 羽織をまとった姿は、作務衣姿とはまた趣を異にし、一種の風格さえ感じさせるほど。ましてやこれからお出かけの多くなる時候、羽織はますます必需品…。 というワケで、「正絹寺用作務衣」にも、共布の羽織を開発致しました。 素材はもちろん正絹寺用作務衣と同様、正絹100%。 玉繭から紡いだ玉糸を使い正絹素材に表情を出し、さらに絹の光沢をより一層輝かせています。 「格調」や「気品」さらには「粋さ」が口の端にのぼることを確信しております。 羽織をまとって訪れれば先様への礼も失わず、かつ、着る方の存在感を改めてアピールし、好感度をより高めることにもつながります。ぜひ一度、様式美のチカラをご実感ください。 正絹寺用作務衣とあわせてのご着用をおすすめいたしますが、勿論、お手持ちの作務衣にあわせていただいても結構です。 お出かけの際に、ぜひお袖通しを。 共布の作務衣はこちらから

おもてなし着(上着のみ) 濃紺(S-LL)

伝統芸術を着る会-作務衣の専門館

5,400

おもてなし着(上着のみ) 濃紺(S-LL)

素材 綿100% 生地厚さ 中間 重量 約0.5kg 仕様 左前ポケット、ゴム袖(ゴム交換可能) 製造 日本製 サイズ 着丈 裄丈 S 72 66 M 75 72 L 78 75 LL 81 77和の世界が広がる。作務衣の上のみをお洒落感覚で着る。 多くのお客様の声を聴いてみると、 「和食屋の店主ですが、作務衣の上に下はジーパンを履いている、これのほうがかっこいい」 「家で趣味としてそば打ちをしていますが、作務衣上下ではなく、ズボンは履きなれたパンツを履いている」 また、ある人は、 「外国の人が作務衣の上だけをジャケット代わりに着ている姿がお洒落で見ていて気持ちがいい」 と言うように、作務衣の上のみをうまくコーディネートした姿に感銘を得ているようです。 当会でもこのことには大賛成。 インナーも白のTシャツだけでなく、柄物や、派手目の色も合うはず。 また、パンツもお手持ちのモノで十分。 いかがですか、一度コーディネートしてみてはいかがでしょう。 きっと新たな自分を発見されること間違いなし。 男女兼用につき、女性の方はワンサイズ下のサイズをお選びください。 着用モデル参考 男性 モデル身長185cm LLサイズ着用 女性 モデル身長168cm Mサイズ着用

送料無料
袢纏(はんてん)/纏織りはんてん(紺・黒・茶)(3L・4L・5L)/大きいサイズ/男性 紳士 メンズ

伝統芸術を着る会-作務衣の専門館

15,120

袢纏(はんてん)/纏織りはんてん(紺・黒・茶)(3L・4L・5L)/大きいサイズ/男性 紳士 メンズ

素材 綿100% 【裏地】ポリエステル90%、綿10% 【中綿】ポリエステル100% 生地厚さ 厚め 重量 約0.8kg 洗濯方法 ドライ 仕様 前ポケット左右各1 製造 中国製(企画:日本、縫製:中国) サイズ 着丈 裄丈 M 78 71 L 85 74 LL 90 77 3L 90 80 4L 92 83 5L 93 86火に立ち向かう力強さ、精神的な感覚の纏織。火消しの心意気を半纏に。 纏織りとは、元来江戸の世より火消しが纏っていた、丈夫な織り方を言います。 江戸時代、火事場で火消達が水をかぶり、果敢に火に向かって行く姿。時代劇でお馴染みだと思います。 熱に強く、丈夫さは天下一品。 火消半纏の味を残しながら、纏織りは現代へ受け継がれてきました。 今回、この不動の存在感のある纏織りはんてんを、3色ご用意させていただきました。 定番の紺色は、全てのお客様から人気色。 粋な渋さを感じさせる黒色は、合わせやすさ抜群。 一味違う印象を与えるなら茶色——通好みの魅力です。 表素材は肌触りの良い綿100%で、裏地部分はポリエステル90%・綿10%。 中綿を施し、暖かくやわらかい着心地に仕上がっています。 ぜひ、寒い冬の季節に一着にいかがですか。 M-LLサイズはこちらから

送料無料
作務衣(さむえ)/桐生正絹(柞蚕糸)作務衣(グレー・紺)(M-LL)/日本製/男性 紳士 メンズ

伝統芸術を着る会-作務衣の専門館

63,720

作務衣(さむえ)/桐生正絹(柞蚕糸)作務衣(グレー・紺)(M-LL)/日本製/男性 紳士 メンズ

素材 絹100% 生地厚さ 中間 重量 約0.8kg 洗濯方法 ドライ 仕様 上着:左前ポケット×1、筒袖 ズボン:ウエスト後ゴム、前共布ヒモ付、ファスナー付、ポケット左右各1、裾ヒモ使い 製造 日本製 サイズ 着丈 裄丈 対応ウエスト ズボン総丈 股下 M 75 70 64-98 100 68 L 78 72 69-106 104 70 LL 85 75 77-112 105 72圧倒的存在感と格調の高さを感じる正絹作務衣。 布地の王者である“絹"。 開発当初は高級素材で作務衣を仕立てるなど怪しからん、そんなお叱りを受けたものでした。 しかしその格調高き姿に徐々にみなさまからご理解を得るにいたり、いまではだれもが認める高級作務衣へと成長しました。 それから幾星霜、すでに定番と化した“絹"でしたが、わたくしどもには疑問がよぎります。 「これで絹の本当の素晴らしさを表現できたのか?」と。 そこで、現在の絹の在り方に一石を投じ、さらなる高みへと昇華させたのが今回の作品でございます。 正絹の圧倒的な存在感と格調の高さ。袖を通した瞬間感じる、心の躍動。 通常の絹糸より生地にハリと野性味を出す「柞蚕糸(さくさんし)」を擁し、滑らかな光沢感を持つ正絹に、一味違った野趣を加えました。 誠実で清潔感あふれる印象を与える「紺」、晴れの場などに相応しく改まった雰囲気を醸し出す「グレー」の2色をご用意。 どちらも見事な仕上がり、お好みでお選びください。 いつ、どんな席においても礼を逸することのない品格。 より格調高く威風堂々と臨みたいとお思いなら、やはり共布・同色の羽織「桐生正絹(柞蚕糸)羽織(グレー・紺)」のご着用がお勧め。 フォーマルな印象がぐんと高まり、作務衣との相乗効果でどっしりとした誇らしさを芽生えさせてくれます。...

送料無料
作務衣(さむえ)/纏織中綿作務衣(濃茶・紺・黒)(M-LL)/男性 紳士 メンズ

伝統芸術を着る会-作務衣の専門館

15,120

作務衣(さむえ)/纏織中綿作務衣(濃茶・紺・黒)(M-LL)/男性 紳士 メンズ

素材 表生地:綿100% 裏地:ポリエステル100% 中綿:ポリエステル100% 生地厚さ 厚め 洗濯方法 ドライ 仕様 上着:左前ポケット×1、ゴム袖 ズボン:ウエスト総ゴム、共布ヒモ付、前ファスナー付、後ポケット×1、裾ゴム紐付 製造 中国製 サイズ 着丈 裄丈 対応ウエスト ズボン総丈 股下 M 75 78 70-94 100 70 L 80 81 76-96 105 74 LL 85 82 76-100 110 77火消の心意気とざっくり感が人気の纏織に、冬用の作務衣が登場。 文字通り、その昔から火消したちが火事場で纏った「火消半纏」を現代の織機で織った一着。 元々の火消半纏は、厚手の綿に刺し子を施したもの。江戸時代、火事場では火消達が水をかぶり、果敢に火に向かって行く姿、時代劇でお馴染みだと思います。 熱に強く。丈夫さは天下一品。 そんな火消半纏の味を残しながら、作務衣としての着心地を重視するため、軽くて丈夫に仕上げた逸品です。 中綿入りで温かく、冷える季節に最適。 普段の暮らしの中で活動するのに、いちいち袖まくりは不便だという声から袖はゴム袖仕様。秋冬になると寒風が吹き込まなくて嬉しいという声も。ズボンの裾もゴム入りで、足元から入り込む寒風もシャットアウト! 男性用の色合いでは今までにない色(衿元)の作務衣。パイピングの色合いがお洒落アップ。 個性ある作務衣を是非ご堪能ください。

送料無料
羽織(はおり)/桐生正絹(柞蚕糸)羽織(グレー・紺)(M-LL)/男性 紳士 メンズ

伝統芸術を着る会-作務衣の専門館

29,700

羽織(はおり)/桐生正絹(柞蚕糸)羽織(グレー・紺)(M-LL)/男性 紳士 メンズ

素材 絹100%【裏地】ポリエステル100% 生地厚さ 中間 重量 約0.4kg 洗濯方法 ドライ 仕様 前ポケット左右×各1 製造 日本製 サイズ 着丈 肩幅 M 80 26 L 85 27 LL 89 28圧倒的存在感と格調の高さを感じる正絹羽織。 布地の王者である“絹"。 開発当初は高級素材で作務衣を仕立てるなど怪しからん、そんなお叱りを受けたものでした。 しかしその格調高き姿に、徐々にみなさまからご理解を得るにいたり、いまではだれもが認める高級作務衣へと成長しました。 それから幾星霜、すでに定番と化した“絹"でしたが、わたくしどもには疑問がよぎります。 「これで絹の本当の素晴らしさを表現できたのか?」と。 そこで、現在の絹の在り方に一石を投じ、さらなる高みへと昇華させたのが今回の作務衣でございます。 正絹の圧倒的な存在感と格調の高さ。袖を通した瞬間感じる、心の躍動。 通常の絹糸より生地にハリと野性味を出す「柞蚕糸(さくさんし)」を擁し、滑らかな光沢感を持つ正絹に、一味違った野趣を加えました。 誠実で清潔感あふれる印象を与える「紺」、晴れの場などに相応しく改まった雰囲気を醸し出す「グレー」の2色をご用意。 どちらも見事な仕上がり、お好みでお選びください。 共布の作務衣はこちらから 着用モデル参考 モデル身長178cm Lサイズ着用

袢纏(はんてん)/纏織りはんてん(紺・黒・茶)(M-LL)/男性 紳士 メンズ

伝統芸術を着る会-作務衣の専門館

10,800

袢纏(はんてん)/纏織りはんてん(紺・黒・茶)(M-LL)/男性 紳士 メンズ

素材 綿100% 【裏地】ポリエステル90%、綿10% 【中綿】ポリエステル100% 生地厚さ 厚め 重量 約0.8kg 洗濯方法 ドライ 仕様 前ポケット左右各1 製造 中国製(企画:日本、縫製:中国) サイズ 着丈 裄丈 M 78 71 L 85 74 LL 90 77 3L 90 80 4L 92 83 5L 93 86火に立ち向かう力強さ、精神的な感覚の纏織。火消しの心意気を半纏に。 纏織りとは、元来江戸の世より火消しが纏っていた、丈夫な織り方を言います。 江戸時代、火事場で火消達が水をかぶり、果敢に火に向かって行く姿。時代劇でお馴染みだと思います。 熱に強く、丈夫さは天下一品。 火消半纏の味を残しながら、纏織りは現代へ受け継がれてきました。 今回、この不動の存在感のある纏織りはんてんを、3色ご用意させていただきました。 定番の紺色は、全てのお客様から人気色。 粋な渋さを感じさせる黒色は、合わせやすさ抜群。 一味違う印象を与えるなら茶色——通好みの魅力です。 表素材は肌触りの良い綿100%で、裏地部分はポリエステル90%・綿10%。 中綿を施し、暖かくやわらかい着心地に仕上がっています。 ぜひ、寒い冬の季節に一着にいかがですか。 3L-5Lサイズはこちらから

作務衣(さむえ)/纏織作務衣(煉瓦・生成・紺青)(M-LL)/春夏用/男性 紳士 メンズ

伝統芸術を着る会-作務衣の専門館

13,500

作務衣(さむえ)/纏織作務衣(煉瓦・生成・紺青)(M-LL)/春夏用/男性 紳士 メンズ

素材 綿100% 生地厚さ 薄め 重量 約0.5kg 洗濯方法 洗濯機 仕様 上着:左前ポケット1、筒袖 ズボン:ウエスト前ボタン後ろゴム使い、共ヒモ付、ファスナー付、ポケット左右各1 裾ゴムヒモ使い 製造 中国製(企画日本・縫製中国) サイズ 着丈 裄丈 対応ウエスト ズボン総丈 股下 M 75 70 70-94 94 69 L 80 72 74-96 100 70 LL 83 75 76-100 106 73軽くて丈夫、更に嬉しいお買い得価格!火消の心意気とざっくり感。 文字通り、その昔から火消したちが火事場で纏った「火消半纏」を現代の織機で織った一着。 元々の火消半纏は、厚手の綿に刺し子を施したもの。江戸時代、火事場では火消達が水をかぶり、果敢に火に向かって行く姿、時代劇でお馴染みだと思います。 熱に強く。丈夫さは天下一品、しかし、なにぶん、重い。 そんな火消半纏の味を残しながら、作務衣としての着心地を重視するため、軽くて丈夫に仕上げた逸品です。 「煉瓦」の全体は茶色系で、黒ベースの生地と茶色の生地を大きなストライプで織り、交互に黒と明るい茶色の刺し糸を使うという、今までにない作務衣。 ご要望にお応えして、明るい印象の「生成」と、キリリとした色合いの「紺青」もご用意いたしました。 さらに、価格もお買い得。 いかがですか、火に立ち向かうための力強さという精神的な感覚を味わってみては——。

送料無料
作務衣(さむえ)/桐生正絹作務衣 玉糸(S-L)/日本製/男性 紳士 メンズ

伝統芸術を着る会-作務衣の専門館

54,000

作務衣(さむえ)/桐生正絹作務衣 玉糸(S-L)/日本製/男性 紳士 メンズ

素材 絹100%【裏地(膝当て部分)】ポリエステル100% 生地厚さ 薄め 重量 約0.6kg 洗濯方法 ドライ 仕様 上着:右前ポケット×1、筒袖 ズボン:ウエスト総ゴム入、共布ヒモ付、ファスナー付、ポケット左右各1、裾ヒモ使い 製造 日本製 サイズ 着丈 裄丈 対応ウエスト ズボン総丈 股下 S 72 68 68-92 95 63 M 73 70 70-94 100 67 L 78 74 74-96 105 71繊維の王者、絹。正絹の圧倒的な存在感と格調の高さ。 布地の王者である“絹"。 開発当初は高級素材で作務衣を仕立てるなど怪しからん、そんなお叱りを受けたものでした。 しかしその格調高き姿に、徐々にみなさまからご理解を得るにいたり、いまではだれもが認める高級作務衣へと成長しました。 それから幾星霜、すでに定番と化した“絹"でしたが、わたくしどもには疑問がよぎります。 「これで絹の本当の素晴らしさを表現できたのか?」と。 そこで、現在の絹の在り方に一石を投じ、さらなる高みへと昇華させたのが今回の作品でございます。 正絹の圧倒的な存在感と格調の高さ。袖を通した瞬間感じる、心の躍動。 このたびご披露する正絹は紬。 本繭と呼ばれる楕円形の繭とは異なり、本繭よりも太く節の多い玉繭を紡いだ手撚りの「玉糸(節糸)」と呼ばれる紬糸で織った生地です。 意図的に均一性を求めないことによって、鈍い光沢を放ち表面に小さなコブが生じ、独特の風合いをだします。 また耐久性にも非常に優れ、数代にわたって着繋がれることから、相応の価格で取引されます。 丈夫なことから、古くは日常着や野良着として用いられましたが、近年ではそのさり気無く粋な生地として見直され、お洒落着や正装として用いることが増えました。 ご覧の「桐生正絹作務衣 玉糸」は、タテ糸が生糸...

新作ファッションアイテムの着物姿、発売中!有名ブランドからカジュアルまで♪いま大流行りのファッションアイテム。豊富なサイズ・カラー・デザインから、ぴったりの着物姿が見つかる!流行ものから定番ものまで、自分だけのお気に入りを選ぼう。

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、ファッション関連商品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいファッションアイテムが充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「着物姿」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ