「ハンチング帽子ダックス」 の関連商品を含む検索結果 1件

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
(田中帽子) Marin/h(マラン・オム)紳士用カンカン帽子(グログランブラック)/7-8mm ( おそろい 親子 帽子 レディース キッズ 日本製 ) UKH047

Amazon

8,640

(田中帽子) Marin/h(マラン・オム)紳士用カンカン帽子(グログランブラック)/7-8mm ( おそろい 親子 帽子 レディース キッズ 日本製 ) UKH047

◆紳士に人気のカンカン帽。ブラック細リボンでシンプルスタイル! 最近、TVで良く見る男性用カンカン帽。カンカン帽と言えば女性用帽子の定番。 年代を問わず愛されているデザインで、夏のワードローブの定番です。 そのカンカン帽が紳士にも大人気。浴衣や祭りなど和の装いに似合うことから流行となっています。マラン・オムは、女子用カンカン帽とは少し違った紳士向けに企画しました。 ◆親子ペアで被れるブラックリボン 紳士が被れるように細く、上質な素材で作られたマラン・オム。 昔、海軍で被られ、平らな頭部をカンカンと叩いたことから由来しているカンカ ン帽。男性用として、少しツバを短くすっきりとして企画。 リボンはブラックで、女性、キッズと同様。 親子3人でも被れるように女性用とキッズ用もご用意。 細い麦で作ることで、職人の手仕事が感じられ、上品な雰囲気も醸し出していま す。また、どんな装いにも似合うベーシックデザインなので安心です。 ◆7本の麦を紐状に編み上げた麦わら真田が材料 麦わら帽子に使われるのは主に大麦の茎。それを7本組み、真田ひも状に編んだ「麦わら真田」が材料となります。まず、1本1本手で編み上げられた真田を霧吹きで湿らして縫製。次に型入れして天日で水分を飛ばした後、乾燥させて装飾します。この縫製→型入れ→装飾という流れを3人で分業して進めていくことで、1つの帽子が仕上がります。 ◆明治13年創業 ~100年以上もの歴史を誇る老舗~ 埼玉県春日部市の伝統工芸品である「麦わら帽子」。現在、日本で量産できる工場は少なく、その中でも100年以上の歴史と伝統を誇る老舗が田中帽子店です。麦わら帽子は、7本の麦を1本に編んだ材料を使い、1つ1つ職人の手により重ねて円状に縫い上げる独特な縫製方法により作られます。天然素材である「麦わら...

送料無料
(オリハラスタイル)小島屋 × ORIHARA STYLE 武州正藍染・青縞模様の藍染めキャップ( メンズ帽子 ハンチングキャップ たためる帽子 たためる 丸める 丸める帽子 日本製 JAPAN...

Amazon

7,020

(オリハラスタイル)小島屋 × ORIHARA STYLE 武州正藍染・青縞模様の藍染めキャップ( メンズ帽子 ハンチングキャップ たためる帽子 たためる 丸める 丸める帽子 日本製 JAPAN...

◆明治5年創業の小島屋×ORIHARA STYLEのコラボレーション  小島屋は、明治5年の創業時から140余年にわたって藍染織物を生産し続けている、 染織工場発のブランド。その老舗生地屋さんと帽子デザイナーであり、 職人でもある折原氏のブランドであるORIHARA STYLEとのコラボレーションアイテム。 ◆幅広い年代に支持される大人のベースボールキャップ 武州正藍染めのインディゴ染め生地で作った「大人のカジュアルキャップ」です。縦目の「青縞」とダークブラウンの本牛革ベルトがポイントになっています。  ◆小島染織工業株式会社 小島染織工業の創業は明治五年。百四十余年もの歴史があり、武州正藍染で知られる埼玉県羽生市でも最も歴史の古い染織工場です。染め・織り・仕上げまで一貫して行うことで、品質の高いこだわりの生地を作り出します。武州正藍染の最大の特長は、カセ染めによる「青縞」です。カセ染めとは、束になった糸に染めを施すことで、味のある深い色に染まります。その糸を織ることであたたかみのある「青縞」が生まれます。その、伝統の技を持つ小島染織工業が立ち上げたのが、染織工場発のブランド「小島屋」です。その伝統技術を活かし、新しい商品作りに挑戦しています。 ◆立体成型を得意とするデザイナー折原尚氏 東京生まれ。1897年から続く帽子製造業を営む両親のもとで育ちます。 1991年に服飾専門学校のデザイン科卒業後、アパレルメーカーに入社し、商品企 画開発に始まり、デザイン、パタンナー、バイヤーを経て、帽子デザイナーになります。その後、父親の弟子として、職人としての修業を経た後、2003年に自身の会社を立ち上げ、 帽子の企画・製造を行っています。

送料無料
(オリハラスタイル)ORIHARA STYLE 小島屋 武州正藍染 ハンチングキャップ( メンズ帽子 ハンチング帽 ハンチングキャップ たためる帽子 たためる 丸める 丸める帽子 日本製 JAPAN...

Amazon

7,560

(オリハラスタイル)ORIHARA STYLE 小島屋 武州正藍染 ハンチングキャップ( メンズ帽子 ハンチング帽 ハンチングキャップ たためる帽子 たためる 丸める 丸める帽子 日本製 JAPAN...

◆明治5年創業の小島屋×ORIHARA STYLEのコラボレーション 小島屋は、明治5年の創業時から140余年にわたって藍染織物を生産し続けている、 染織工場発のブランド。その老舗生地屋さんと帽子デザイナーであり、 職人でもある折原氏のブランドであるORIHARA STYLEとのコラボレーションアイテム。 ◆深めのデザインで、キャップ感覚でかぶれるハンチング 昔ながらの平らなハンチングと違って、キャップ感覚でかぶれる深めで丸みを帯びたデザイン。 ツバは短めで、かぶり易く幅広い年代でかぶれるように企画しました。 ◆小島染織工業株式会社 小島染織工業の創業は明治五年。百四十余年もの歴史があり、武州正藍染で知られる埼玉県羽生市でも最も歴史の古い染織工場です。染め・織り・仕上げまで一貫して行うことで、品質の高いこだわりの生地を作り出します。武州正藍染の最大の特長は、カセ染めによる「青縞」です。カセ染めとは、束になった糸に染めを施すことで、味のある深い色に染まります。その糸を織ることであたたかみのある「青縞」が生まれます。その、伝統の技を持つ小島染織工業が立ち上げたのが、染織工場発のブランド「小島屋」です。その伝統技術を活かし、新しい商品作りに挑戦しています。 ◆立体成型を得意とするデザイナー折原尚氏 東京生まれ。1897年から続く帽子製造業を営む両親のもとで育ちます。1991年に服飾専門学校のデザイン科卒業後、アパレルメーカーに入社し、商品企 画開発に始まり、デザイン、パタンナー、バイヤーを経て、帽子デザイナーになります。その後、父親の弟子として、職人としての修業を経た後、2003年に自身の会社を立ち上げ、 帽子の企画・製造を行っています。

新作ファッションアイテムのハンチング帽子ダックス、発売中!有名ブランドからカジュアルまで♪いま大流行りのファッションアイテム。豊富なサイズ・カラー・デザインから、ぴったりのハンチング帽子ダックスが見つかる!流行ものから定番ものまで、自分だけのお気に入りを選ぼう。

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、ファッション関連商品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいファッションアイテムが充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「ハンチング帽子ダックス」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ