「チョ」 の関連商品を含む検索結果 1件

こちらの関連商品はいかがですか?

BANKS(バンクス) STRIPEビーニー

TOKYOlife

5,184

BANKS(バンクス) STRIPEビーニー

BANKS2014年、日本・オーストラリア・アメリカの3カ国の共同プロジェクトとして誕生した全く新しい今までにないブランドとして世界中での展開がスタート。クラフトマンシップ(職人技)とクリエイティビティ(創造性)を追求し、スタイルの調和や機能性とサスティナビリティの両立を実現するためにデザインしています。 全てのブランドネームタグは100%リサイクルポリエステルを使用する等、BANKSは地球環境に負荷を掛けないように守り、機能性も追求しながら継続可能な社会を目指したブランド。お洒落な大人に被り物は必須アイテム。何を被ればいいのか分からない…そんな貴方にはカラーリングが映えるこのビーニーをお勧め。主役に躍り出るデザイン性で存在感を発揮してくれます。BANKSのビーニーは日本人に最適な大きさに設定されており、頭にナチュラルに馴染む適度なフィット感を感じていただけます。そして使用されている素材はアクリル。ふっくらと軽く柔らかな肌ざわり、弾力性に富んでおりシワになりくく、かつ速乾性、耐光性にも優れています。何より特筆すべきは他マテリアルを凌駕するその発色性の良さです。素材を熟知したモノづくりを徹底するBANKSならではの仕事ぶりが垣間見えます。暗めのトーンになりがちなスタイリングのメイン、ワンポイントにBANKSのビーニーで鮮やかな彩りを加えてみてはいかがでしょうか。

Isadore(イザドア) メリノベースレイヤー【Isadore 100% Merino SS Baselayer】

TOKYOlife

6,750

Isadore(イザドア) メリノベースレイヤー【Isadore 100% Merino SS Baselayer】

スポーツ用ウールの代名詞であり、アンダーウェアの素材として昨今特に注目されるメリノウール。昼と夜の寒暖差がかなり激しい地域で進化してきた「メリノ種」という稀少な羊の毛からなる高級素材です。ウールは古くからスポーツに用いられてきた素材ですが、毛繊維の細さが圧倒的に細いメリノウールは、機能性ではウールの遥か上を行きます。アウトドアブランドが続々とリリース、そして近年ではサイクルウェアブランドもこぞって採用していることから、それは明らかです。現代の化学繊維では追いつけない、天然繊維ならではの機能性が、メリノウールにはあります。Isadore(イザドア)のベースレイヤーに採用されるのは、180g/mの高品質な100%メリノウール。ヨーロッパでハンドメイドされています。ベースレイヤーは、実はジャージ以上にその機能性に着目すべき部分です。肌に最も密着し、また発汗量も多い部分であるからこそその品質が問われるだけに、Isadoreも強い拘りを持って製品を作っています。また、浅いヘンリー調のネック処理は、クルーやVネック一辺倒のベースレイヤーの中で異彩を放っています。ジャージのフロントファスナーを下げたときにチラリと覗くIsadoreのロゴも誇らしげ。シルエットはレーシングフィット。いつものサイズチョイスでしっかりタイトな着心地が楽しめます。街乗り派のあなたには1サイズアップをお勧めします。

Schiesser(シーサー) ショートスリーブ ヘンリーネック【KARL-HEINZ】

TOKYOlife

12,960

Schiesser(シーサー) ショートスリーブ ヘンリーネック【KARL-HEINZ】

上質な着心地にイイ大人がメロメロです!トレンドに流されることのない上質なヘンリーネックT カールハインツに待望のシーズン限定カーキカラーが登場。ジャケットスタイルにベストマッチするカットソーとして定着したSchiesserの名品カールハインツ。カジュアルな装いにアクセントを出すんならまさにコレ!これまで展開していたベーシックなホワイト、定番ネイビーと使いやすいカラーバリエをお持ちの方にもおススメしたい次なる一手。メンズファッションにおいては欠かせない、大人の渋みを演出できるカーキカラーはバリエーションとしては確実に抑えておきたいところです。とはいっても、いわゆるゴリゴリのミリタリーな雰囲気は感じさせず、あくまでもクリーンに仕上げているのがSchiesser(シーサー)のセンスの良さ。ボディの生地には上質なマココットンを使用し、ふわっとした柔らかい着心地が魅力の一つ。そしてナチュラルな伸縮性によって身体のシルエットを美しく魅せるフィット感は健在です。あまりにも綺麗なシルエットが出るので、Jediaのバイヤー間では「イイ身体詐欺カットソー」なんて親しみを込めて呼ばれていたりします(笑)。着た時のクリーンな上質さと身体に沿うような美しいフィッティングで多くのユーザーを虜にするカットソーブランド。ボタンを開けるとブルーのステッチが見え、シンプルな中に引き立つデザインが印象的です。シンプルなアイテムこそ、モノの良さや本質、そして身に着ける者のセンスが問われるところです。大人の為の一枚として、アナタもSchiesser(シーサー)で「イイ身体詐欺」してみませんか?

Peloton de Paris(プロトン ド パリ) パッカブルレインジャケット【Rain Jacket】

TOKYOlife

14,040

Peloton de Paris(プロトン ド パリ) パッカブルレインジャケット【Rain Jacket】

伝統的なロードレース春のクラシックが玄関先を通る。レースに登場する石畳がその角を曲がれば現れる。ロードレースが生活の1部として在るベルギーで生まれたPeloton de Parisは、高品質のサイクリングアパレルとカジュアルウェアを組み合わせた素晴らしいデザインのサイクリングアパレルブランドです。特徴は、なんといってもそのデザイン。ジャージやキャップに見られるモチーフや色使いは、男女問わずに取り入れられるもので、カッコよくもあり、美しくもあります。そんなPeloton de Parisのレインジャケットは、一転して半クリアのいたってシンプルなもの。美しいジャージの上から羽織るものだから、敢えて選ばれた半透明の素材はジャージのデザインを邪魔せず、レースのゼッケンも透けて見えますのでレインアイテムとして、多くの場面で活躍するでしょう。勿論、こだわりはデザインだけではありません。通気性のあるメンブレン素材のレインジャケットでありながら、非常に薄く軽くできてますので携帯性も十分。レインジャケットとしてのみならず、ウィンドブレーカーとしても常時バックポケットに忍ばしておけるパッカブルタイプです。また、裾周りに袖口、バックポケットにはリフレクター素材を用いることで、視認性が落ちる夜間や悪天候時もライダーを守ってくれる安心設計。Peloton de Parisのジャージのみならず、例え他ブランドのジャージであってもこの様な半透明のレインジャケットをお探しの方は多いはずです。

TOKYO Wheels(トウキョウウィールズ) マリンB.Dサイクルポロ【St.Louis】

全2商品

15,120

TOKYO Wheels(トウキョウウィールズ) マリンB.Dサイクルポロ【St.Louis】

6年前に1stモデルをリリース後、アップテートを重ねながら歩んできたTOKYO Wheelsのサイクルポロ。通称サイポロ。大きなバックポケットをそのままデザインに転化させた当アイテム、今シーズンも各部に改良を加えての登場です。ですがルックスはあえての前作ベース。1stモデルからずっと続く、バックポケットのみにマリンボーダーをあしらった、シリーズ中最も爽やかなパターンで今年も登場。TOKYO Wheelsの夏のトラディション担当ともいうべきアイテムは、ファンのみなさまのため、大きくは変わらないことを選びました。しかしその中身にはしっかりと手が入っています。素材は、真夏のライドも視野に入れた薄手のコットン×ポリ。ポリエステルの比率を約半分とし、よりスポーティーな味付けに。身幅は今年もすこし広めで、FRED PERRYに代表されるタイトでブリティッシュなモノではなく、リラックスムード漂うややゆったりとしたシルエットを採用。また何かと便利なフロントポケットもそのまま踏襲。ボタンはライド中に外れにくい、ボリュームのあるものをチョイス。そして普遍的なアイテムとして夏の間ずっと着ていただけるよう、国内生産にこだわりました。毎シーズンきっちりと完売する人気アイテム、今年も足が早そうです。どうぞお早目のチェックを。また、今年初めて手にするあなたには、サイクルワードローブに欠かせない一枚となることを願って。

Pearson(ピアソン) ビブショーツ【Change Down】

TOKYOlife

19,224

Pearson(ピアソン) ビブショーツ【Change Down】

Pearson(ピアソン)は1860年にロンドンで創業した超老舗サイクルショップ。今やカフェやアパレルなど多角的に展開する、ロンドン中のサイクリストが集まる一大情報発信地になっています。その5代目であるウィリアム氏が中心となって展開されるアパレルブランドの名もまた「Pearson」です。ブリティッシュトラッドをベースとした美しいデザインと高い製品クオリティは、単なるショップオリジナルブランドの枠を大きく飛び越えています。ご存知の通り市場の9割がブラックとなるビブショーツ。いい加減飽きたという声もそろそろ聞こえてきそう。そんな折に登場したビブショーツ【Change Down】は、ツヤ感のある生地とグレーが絶妙なマッチングを見せるモデル。この色でなければこのデザインは成立しない!とすら思わせるほどの好相性。ただグレーなだけのビブは、個性はあってもカッコイイかと聞かれれば微妙なところです。グレーを引き立てる別のカラーの存在が不可欠ですが、適度に入るグリーン、そしてパッド周囲に入るブラックによって引き締まり、またまとまって見えるのがこの【Change Down】の特徴と言えます。シルエットはややタイト。レースで戦える程のスペックを持ちます。Pearsonが長年感じてきたビブショーツの短所をカバーすべくチョイスしたライクラ素材+ビブセクションのメッシュ地や、超薄型の太腿部のゲルストッパーをはじめ、縫い目のゴロツキを極力抑えた、シームレス感のある縫製でノンストレス。またパッドはイタリアのLa fonte製の高品質なもの。やや薄手で、軽く、通気性が良く、肌ざわりの良いものを採用しています。同デザインのサイクルジャージ【Change Up】が用意されており、当然ながら最高の相性を見せてくれます。

SIDE SLOPE(サイドスロープ) ハイゲージイタリアンコットンポロ

TOKYOlife

19,440

SIDE SLOPE(サイドスロープ) ハイゲージイタリアンコットンポロ

ジャケットとの相性が抜群。クラシカルなスタイリングのレトロポロ。SIDE SLOPEよりご紹介するのはブランドの顔ともいえる代表的なクラシカルポロ。糸から非常に拘りをもって仕立てを行うファクトリーブランドらしく、定番ボディにはエジプトギザコットンを使用したイタリア紡績糸を採用。イタリア染めならではの透き通ったクリーンな色で作られたクラシカルなスタイリングのポロは、大人の休日に最適な一着へと仕上がっています。また風合いが非常に良く、シルクのような手触り感を実現した最高のコストパフォーマンスを発揮する一着は着心地も抜群。コットンのため気負いなくデイリーに着られるというのも大きなポイント。襟型がヴィンテージライクな大ぶりなシルエットになっているため、ジャケットを着用した際のスタイリングも非常に綺麗に決まります。さらに、フィット感はややゆとりのあるスタンダードなフィッティングとなっています。タイトな雰囲気はなく、身体に適度に寄り添う雰囲気といった感じでしょうか。無駄のない綺麗なシルエットを実現するのに、変なツッパリを感じさせないので休日のリラックススタイルを演出したいときは非常にオススメです。これからの春夏シーズンに重宝するポロシャツで大人のスタイリングにアクセントを是非。

SHINICHIRO ARAKAWA(シンイチロウアラカワ) NECK FIT TRACK JACKET

TOKYOlife

19,980

SHINICHIRO ARAKAWA(シンイチロウアラカワ) NECK FIT TRACK JACKET

冬ライド時のレイヤリングに活躍する、スリムなウォームジャケットいよいよ冬本番だが、じつはこのごろのオートバイ乗りには「シーズンオフ」がありません。なぜならライディングウェアの進化やバイク装備の充実(グリップヒーターやシートヒーターなど)により、ウィンターライドがどんどん快適になっているから。それにともない、ライダーの冬ウェアの着こなしも変わってきました。それはアンダーウェア、ミッドウェア、アウターとそれぞれ保温性、防寒性のあるウェアを重ね着する「レイヤリング」と呼ばれる着方です。状況に応じて体温調節が必要なアウトドアウェアと同様なのです。そんなライダー的レイヤリングにぴったりなウェアがこの「シンイチロウアラカワ」の防風トラックジャケット。防風性、保温性に優れた素材を使い、薄手ながら暖かく、さらに前面にナイロン素材を重ねることで風の進入を防ぎます。襟部分をあごのカーブに合わせた形状に仕上げ、ネックウォーマー的な役割ももたせています。冬はインナーウェアとして、春からはアウターとしても着回せる、スタイリッシュなトラックジャケットなのです。※商品の詳細はこちら●背中の刺繍はブランド名である「SHINICHIROARAKAWA」の文字をランダムに並べ替えたもの。荒川眞一郎氏らしいウィットを感じるディテール。●アゴのラインに沿って立体的に仕上げられたエリ。上までジッパーを閉めることで、風の進入を防ぎネックウォーマー的な役割も果たします。●フロント身頃にはナイロン素材を重ね、防風効果をアップさせている。胸元の赤いワンポイントはSHINICHIRO ARAKAWAのトレードマーク。●正面から見ると、エリの立体的なパターンがよくわかる。エリの先が台形になっており、ファスナーを閉じても口に当たりません。●裏地は軽く起毛した素材で肌触りがいい...

BANKS(バンクス) DOWN TOWNキルティングジャケット

TOKYOlife

20,304

BANKS(バンクス) DOWN TOWNキルティングジャケット

BANKS2014年、日本・オーストラリア・アメリカの3カ国の共同プロジェクトとして誕生した全く新しい今までにないブランドとして世界中での展開がスタート。クラフトマンシップ(職人技)とクリエイティビティ(創造性)を追求し、スタイルの調和や機能性とサスティナビリティの両立を実現するためにデザインしています。 ブラックカラーで統一されたスタイリッシュな表情が印象的なキルティングナイロンジャケット。まずはディティール使いからご紹介。襟と、袖口部分のスウェードパッチはデザインのアクセントとして演出力も魅力的ですが、生地擦れ防止に努めてくれる仕様になっています。前立ては、防寒性に長けたジップ&スナップボタンのダブルクロージャーなので、着こなしの幅も広がるのは嬉しいポイント。フロントポケット、サイドポケット、内ポケットの完備により収納力も問題なし。環境へ配慮した、リサイクルポリエステル織りネームタグも健在です。ナイロン100%でありながら、どこか天然素材のような温かみある表情の表地は、無撚糸にタスラン加工を施したもの。堅牢な強度を持ちつつ、ふんわりと肌触り良い生地感へと仕上げられています。そして、裏地は先染めフランネル生地を取り入れることで、暖かくナチュラルな袖通しを実現。さらに中綿はポリエステル100%で程良いボリュームを抑えた仕様になっている為に、高い防寒性を保ち、かつ美しいキルティングデザインと洗練されたシルエットを楽しんでいただけます。カジュアルにもドレスにも使用していただけるミドル丈ですので、腰回りの防寒はもちろん、コーディネートの際も悩まずにさらりと羽織れる優等生なジャケット。機能性だけではなく、デザインでも楽しませてくれるキルティングジャケットは、まさに大人の男性にお薦めの逸品となっております。

SHINICHIRO ARAKAWA(シンイチロウアラカワ) PACKABLE LIGHT BLOUSON

TOKYOlife

20,520

SHINICHIRO ARAKAWA(シンイチロウアラカワ) PACKABLE LIGHT BLOUSON

シンプル&タイトなシルエットに高機能を備える冬の終わると、本格的なツーリング・シーズンが訪れる。だが春は寒暖の差が大きく、ウェア選びが難しい季節でもある。そんな時にオススメしたい着こなしはレイヤード、つまり「重ね着」なのだが、なかでもアウターとインナーの中間に着る"ミドルレイヤー"選びが重要だ。 今回シンイチロウ・アラカワに別注したのは雨、風、寒さによるライダーの負担を和らげるマルチで高機能なブルゾン。表地には耐久撥水性、透湿性、防風性、保温性、ストレッチ性を兼ね備えたライトシェル素材を採用。裏地には太陽光を熱に換えて蓄えるとともに、人が発する熱を反射して体温を保つ「サーモトロン」を使用する。薄手だが軽くて温かい、理想的なミドルレイヤーだ。昼夜の気温差が大きいときや高差の大きいツーリングルートなどでは脱ぎ着することで暑さ寒さに対応することができ、タイトフィットなシルエットなので重ね着しても着膨れしないのが嬉しい。 ジャケットはポケットに収納し、ボール状にまとめることができる。仮眠時の枕として使ったり、ツーリング先でキャッチボールをして身体をほぐしたり(?)と、シンイチロウ・アラカワらしい"遊びゴコロ"も備えた一着なのだ。

BANKS(バンクス) フェードウォッシュ加工ボンバージャケット【TRAP JACKET】

TOKYOlife

21,384

BANKS(バンクス) フェードウォッシュ加工ボンバージャケット【TRAP JACKET】

BANKS2014年、日本・オーストラリア・アメリカの3カ国の共同プロジェクトとして誕生。 全てのブランドネームタグは100%リサイクルポリエステルを使用する等、BANKSは地球環境に負荷を掛けないように守り、機能性も追求しながら継続可能な社会を目指したブランド。新鮮味を感じる人、懐かしさを感じる人それぞれでしょう。90年代、カートコバーンが火付け役となり爆発的に世界へと拡がったグランジファッション。そのニュアンスをBANKS流に落とし込み再構築したのが、このTRAP JACKET。サーファー、デザイナー、ミュージシャン、フォトグラファー等、あらゆるプロフェッショナルが賛同するプロジョクトを発信できるBANKSならではのデザイン力があってこそ成し得たモノ。左胸と背面にはエッジの効いたデザインを、刺繍で表現することでクラシックな色気が醸し出されています。表地には強めの洗い加工を施すことで、随所にエイジングが感じられる見栄えを楽しんでいただけます。それは、さながら古着屋で出会えるほんのり日焼けしつつも、コンディション良好な往年のヴィンテージ品といっても過言ではない仕上がりっぷり。さらに裏地はポリエステルの中綿仕様となっており、キルティングも相まって確かな保温性をキープ。鮮やかな配色に目がいきがちですが、見た目だけではない機能面もしっかりとアピールしてくれます。ルーズ過ぎず、現代版へとモディファイされたタイトフィッテイングはスタイリッシュの極みであり、細目から太目まで様々なデニムや、チノと合わせを楽しんでいただきたいところ。BANKSのアートワークが魅せるグランジカルチャーをこの一着で是非体感してください。

CAPE HEIGHTS(ケープハイツ) ナイロンボンバージャケット【NYLON BOMBER JACKET “OKENFIELD"】

TOKYOlife

23,760

CAPE HEIGHTS(ケープハイツ) ナイロンボンバージャケット【NYLON BOMBER JACKET “OKENFIELD"】

2017年/秋冬シーズンよりHUMIDiTに仲間入りした、アメリカはニューイングランド州からライフスタイルプロダクトお届けする“Cape Heights(ケープハイツ)"より、スタイリングを格上げする薄手のボンバージャケットが登場です。光沢感を抑えたマットな軽量ナイロンを使用した、こちらのボンバージャケット。表面にはアウトドア業界では最も一般的なDWRコーティング(耐久性撥水)を施しており、ちょっとした雨なら何のその。また、この加工により乾燥時間も短縮されますので、雨で濡れてもビチャビチャが続く心配はありません。もちろん、防風性もしっかり兼ね備えており、肌寒い風が吹く日は特に重宝することでしょう。カタチはボンバージャケットを踏襲しつつも、裾のリブのテンションを弱め、着丈を少し長めに設定することで、ミリタリーになりすぎずブルゾン感覚でカジュアルに着こなすことが出来ます。フロントのファスナーは上下開閉が出来るダブル仕様で、気分に合わせて表情を変えられるのも嬉しいポイント。左袖にはボンバージャケットの顔の一つであるシガーポケットもしっかり装備。ファッションアイテムとしてリプロダクトしつつも、オリジナルをしっかりと活かした、ライフスタイルブランドならではの逸品。カットソーに羽織るだけで難なくコーデが決まる、ラクちんアイテム“OKENFIELD"を是非この機会に。

CAPE HEIGHTS(ケープハイツ) レトロフリースブルゾン【OAKLAND Fleece】

TOKYOlife

24,840

CAPE HEIGHTS(ケープハイツ) レトロフリースブルゾン【OAKLAND Fleece】

今シーズンよりHUMIDiTに仲間入りした、アメリカはニューイングランド州からライフスタイルプロダクトお届けする“Cape Heights(ケープハイツ)"より、レトロ感が堪らないボアフリースブルゾンが登場です。ここ近年、再燃してきているレトロ感あるボアフリースを使用したブルゾン。ただ、その多くはレトロを優先させたアンバランスなシルエットやサイズ感が多く、日本人にはなかなか似合うモノがありません。そんな中リリースされたのがこのモデルでして、見た目が何ともウォーミーで抱き着きたくなるルックスの持ち主。サイズ感も日本人に合いやすいスリム目なフィッティングで、真冬にはオーバーコートの中に合わせることも出来そう。また、その外見とは裏腹な軽さも魅力の一つで、とても暖かいのにストレスがありません。ライニングには肌触りの良いメッシュを配しているので、衣服内の蒸れも逃がしやすくなっています。デザインポイントである各所のネイビーカラーが効いていて、前身頃の切り替えなども野暮ったくなりがちなボアフリースをファッショナブルに仕上げています。襟型もよくあるスタンドタイプではなく、ボンバージャケット風のリブ仕様にしているので、あらゆるインナーとレイヤーの相性が抜群。パーカーのフードやシャツ襟とも干渉しないので、コーディネートの幅が広がるコト間違いなし。シンプルにジーンズと合わせるも良し、ウーリーなキレイ目パンツと合わせてハズしに活用するも良し。今年の秋冬の主役になることでしょう。

Soundman(サウンドマン) ガーメントダイ・ウェストコート【Marcy】

TOKYOlife

24,840

Soundman(サウンドマン) ガーメントダイ・ウェストコート【Marcy】

膨大なヴィンテージウェアを収集する“Soundman(サウンドマン)"のデザイナーアーカイブの中から生み出される、時流に合ったコレクションからウェストコート(ベスト・ジレ)が登場。製品染め(ガーメントダイ)したのち、さらに樹脂加工を施すことで、油分の抜けたデッドストックのような顔つきに仕上げた、コットン100%のウェストコート。その風合い豊かな顔つきはラギッドでありつつも、綺麗なシルエットにより大人っぽい印象を与えます。ワークベストを出自としているだけあって、左身頃にはペンやスケールが刺さる斜めのポケットをオン。右側にも上下で二つのポケットを配し、デザインアクセントと機能の両立を果たしている。背面にはシンチバックも付いており、ウェストをお好みで絞ることが可能に。また、一枚で着用した時のアクセントとしても効いています。シルエットはコンパクトに仕上げているので、ジャケットの中に合わせてももたつかず、また一枚で着た時も上品にまとめてくれます。シャツの上からはもちろん、カットソーの上から羽織るのもOK。フロントのボタンは、ボディと同色にペイントしたのちに磨いた、コダワリのメタルソーオン釦を使用。これがサッパリしがちな春夏コーデの良いアクセントになるんです。太目のチノーズ、インディゴのデニム、膝上ショーツなどなど、なんでもござれ。このウェストコートを差し込むだけで、コーディネートの幅が何倍にも広がりますよ。

tilak(ティラック) 中綿クルーネックベスト【PYGMY Vest】

TOKYOlife

24,840

tilak(ティラック) 中綿クルーネックベスト【PYGMY Vest】

“POUTNIK(ポートニック)"は、Tilakのアーバンラインとして、高機能素材使ったデザインに定評のあるベルリンを代表するファッションブランドの一角“ACRONYM(アクロニウム)"のデザイナーがデザインを手掛ける特別なコレクション。【PYGMY Vest】は、そんなPOUTNIKを体現するような、高機能とファッション性を兼ね備えた中綿ベストです。秋のまだ早いうちはカットソーやシャツに重ねるアウターウェアとして楽しみ、冬になればジャケットやコートの下に忍ばせるインナーダウン的な活躍が期待できるマルチな一枚。ダウンジャケットでは暑すぎる、とよく言われるアーバンサイクルシーンにおいて最適なインサレーションウェアとなってくれることでしょう。表地は高耐久でいて軽量なPERTEX MICROLIGHT(パーテックス マイクロライト)を採用。防風性・撥水性も持ち併せます。中綿には水濡れしても保温力を低下させにくい化繊綿CLIMASHIELD APEXをイン。それをまとめ上げるシルエットは、中綿ベストにありがちなのっぺりとしたボックスシルエットではなく、立体的なカッティングでボディラインに適度に沿います。またフロントはスナップボタンで、必要箇所だけ留める楽しみ方も可能。襟のないノーカラーはシャツやパーカ等とのレイヤードにおいても障害にならず、すっきりと着こなすことが出来ます。機能だけでは満足できない、ルックスにもこだわる私たちが選ぶべき中綿ベストの傑作です。

Deus ex Machina(デウス エクス マキナ) ライトウェイトボンバージャケット【GARTH BOMBER JACKET】

TOKYOlife

24,840

Deus ex Machina(デウス エクス マキナ) ライトウェイトボンバージャケット【GARTH BOMBER JACKET】

カジュアルファッションの鉄板であり、まだまだ勢いあるトレンドでもある“ボンバージャケット"を、Deus ex Machina(デウス エクス マキナ)的に解釈したらこんなにも格好良くなりました。ボンバージャケットといえばフライトジャケットを出自とするミリタリーウェアの大定番。だから、巷で見かけるそれはどこか土臭く野暮ったい。でも、それは作り手次第ということを、このジャケットを見て痛感しました。ボディには高密度に織り上げたコットン100%を使用し、コシ感やハリ、そして高密度ならではの光沢感が堪りません。素材の特性もあり、着心地はパリッとした印象ですが、コットンなので着こんでいくうちにカラダに馴染んで軟かくなってきます。また、一重で仕立てられているので、非常に軽い!ミリタリーウェアにありがちな、硬さや重さから解放されるとともに、羽織るだけで洒落者になれる傑作ジャケット。今回は使い勝手の良いブラックと、春夏にピッタリの爽やかなホワイトをオーダー。ブラスなジッパーが男らしく、生地の艶が上品な、大人のためのボンバージャケット。ボトムスはシンプルにジーンズや黒パンで、カットソーを中に合わせましょう。そうすれば、ただ羽織るだけで簡単に雰囲気が作れてしまいます。

m's braque(エムズブラック) フリースタートルネック

TOKYOlife

25,920

m's braque(エムズブラック) フリースタートルネック

上質な肌触りと温もりには誰しも抗えないものです。m's braque(エムズブラック)より今季登場するのはふんわりと極上のタッチで身体を包み込むフリースカットソー。パターンメイキングから生地のセレクトまで、独自の路線を突き進み唯一無二の存在感を魅せるm's braque(エムズブラック)。今回ご紹介するのは彼らの拘りがギュッと詰まったスペシャリティ溢れる日常着。素材にはふわりと柔らかいフリース素材をセレクトし、起毛した独特な表情は光の加減や毛並みの方向で豊かなスタイリングを演出してくれます。また、色展開は全3色となっており、シックなブラックからフリース素材の発色の良さを活かしたオレンジまで幅広く展開。フィット感はスリムフィットとなっており、適度なゆとりを持たせたシルエットとなっています。身体に負担をかけな温かくも柔らかいフリース素材は大人の休日を優雅にエスコートしてくれるはずです。そして胸元にはm's braque(エムズブラック)のブランドロゴを刺繍でアクセント。上品な存在感をしっかりと胸に宿すシンプルなデザインとなっています。こだわった'物造り'を追求し、独自のスタイルを提案するm's braque(エムズブラック)の上質なカットソーは、モノの良さを追求した一枚となっています。

Cruciani(クルチアーニ) ウォッシュド鹿の子ポロ

TOKYOlife

25,920

Cruciani(クルチアーニ) ウォッシュド鹿の子ポロ

Cruciani(クルチアーニ)が手掛ける名作であり定番の鹿の子ポロが今シーズンもスタンバイ。今回ご紹介するのは、昨年も大変ご好評いただいたCruciani(クルチアーニ)の名作鹿の子ポロ。ボディにはしっかりとしたコシのある中肉の鹿の子素材を採用。通気性と吸水性、そして滑らかな着心地を実現するCruciani(クルチアーニ)の上質な素材選定は、プライス以上の価値が込められています。そしてシルエットは、日本人の我々にもベストマッチするスリムなフィット感となっています。コンパクトな肩周りと適度な広さをもった胸囲、そしてシェイプされたウェストに加えて、ベルト付近でスッキリと収まる着丈はジャケットのインナーに着てもゴワつかず、非常に綺麗なシルエットを演出してくれます。また、スタンダードなシルエットの襟型もクセがなく、コシのある鹿の子素材で仕立てている為、よれることなくしっかりとシルエットをキープしてくれるのも嬉しいポイント。どんな時代も常に最高峰のアイテムを提案してくれるCruciani(クルチアーニ)のポロシャツは、夏のスタイリングに重宝すること間違いありません。長く付き合える一着をお求めなら、まず最初にCruciani(クルチアーニ)をお試し下さい。きっと納得して頂けるパフォーマンスを魅せてくれることでしょう。

Deus ex Machina(デウス エクス マキナ) スタンドカラーキルトジャケット【CARSON】

TOKYOlife

25,920

Deus ex Machina(デウス エクス マキナ) スタンドカラーキルトジャケット【CARSON】

大人の渋味は、色気なり。そんな言葉を体現しているのがこちらのキルトジャケット。表情こそ簡素に仕上げられていますが、ひと手間、ひと工夫が凝らされているのです。まずはディティールからご紹介。絶妙な高さに設定された襟は首回りに絶妙なフィット感を生み出します。野暮ったさが一掃され、クリーンなシルエットを演出。巻物を着用するのにも適したボリューム感になっています。そして袖口は内リブ仕様。冷気の侵入防止はもちろんですが、袖通りが滑らかになり圧迫感も無いので、ノンストレス。長時間の着用も苦にならない配慮がなされています。一枚でさらりと羽織っていただいても様になりますが、寒さが気になる時に活用していただきたいのが裏地の裾部分に配されたドローコード。身頃に絞りを加えられので腰回りの空気の流れをシャットダウン。無論、フロント前立てはジップ&スナップボタンのダブルクロージャー。機能面でも万全の体制を整えております。中綿はポリエステルを採用し、適度なボリューム感によりスマートなフィット感を感じていただけるので着ぶくれは心配ご無用。仕上げに、エンザイム加工にてヴィンテージ感をプラスし、バランス良く拘り抜かれた逸品へと昇華されているのです。シンプルなアイテムにこそ、妥協は許さず、気は抜かずに。円熟味溢れるこの一着をお薦めします。

tilak(ティラック) クルーネックストレッチジャケット【BLADE Jacket】

TOKYOlife

27,000

tilak(ティラック) クルーネックストレッチジャケット【BLADE Jacket】

Tilakのアーバンラインである“POUTNIK(ポートニック)"は、高機能素材を使ったデザインに定評のあるベルリンを代表するファッションブランドの一角“ACRONYM(アクロニウム)"のデザイナーが手掛ける特別なコレクションです。【BLADE Jacket】は、そんなPOUTNIKを体現するデザイン性・実用性に富むブルゾンジャケットです。秋から初冬に掛けては軽めのアウターとして中にはシャツやカットソーをチョイス。冬場は保温性のあるニットなどをインナーに回すと活躍するレンジが広がります。また、そのままサドルに跨れば軽めのウインドブレーカーとしても使えるマルチな1枚です。生地はストレッチの効いた綿ポリエステルで、シルエットはややオーバーサイズ。袖口にはスキマ風の侵入を防ぐリブを採用。収納力も抜群で左胸にジップポケット、左右に手を横から入れるハンドポケット、そしてそのハンドポケットの上に覆い被さるように手を上から入れてモノの出し入れができるフロントポケットがあります。この“バックポケットならぬフロントポケット"がデザインの主役となっています。サイクルウェアという位置づけではありませんが、デイリーウェアだけでは勿体無いスペックとデザインです。ジャージではないサイクルウェアをお探しの方にもおすすめです。

Deus ex Machina(デウス エクス マキナ) キルテッドベスト【CASCADE】

TOKYOlife

27,000

Deus ex Machina(デウス エクス マキナ) キルテッドベスト【CASCADE】

今季、DEUSより新たな試みがスタート。それが完全日本企画・日本生産で仕上げられた「スノーボードライン」になります。その注目のスペシャルラインから、高機能素材をふんだんに用いたライナーベストがリリース。まず表地には、かのイギリス空軍パイロット用の耐水服素材として開発された高機能素材「VENTILE(ベンタイル)」を採用。繊細で超極細のコットンを限界まで打ち込んだ超高密度の生地であり、防水性や撥水性に、通気性、透湿性に特化しています。日本では防衛庁が海難救助服として採用。他にも極地探検隊やヒマラヤ登山隊などが着用する衣類によく使用されている程、その機能性にはお墨付き。とは言え、天然繊維「綿」から生まれたものなので合成繊維とは比較にならないほど、自然な風合いと爽やかなな着心地を実現しているのが見逃せない特徴。ジャパンフィットとの合わせ技で、安心して快適なフィッティングを楽しんでいただけます。そして中綿には、「PRIMALOFT(プリマロフト)」と名付けられた微細マイクロファイバー素材を使用。プリマロフトはアメリカ国軍の要請を受けたALBANY社が開発した、羽毛に代わる画期的な次世代ファブリック。羽毛のように軽くて暖かい保温性と柔軟性だけではなく、本来の羽毛には無い撥水性も発揮。過去に無い機能性(断熱・防寒テクノロジー)を、どんな環境でも発揮できる高パフォーマンスをほこる人工羽毛なのです。デザインは余計なディティール、カジュアル感を排除し、波型キルティングでクリーンにまとめ上げているところが好印象。ミニマムかつスタイリッシュな容姿から発揮される高パフォーマンスで、この秋冬の寒さもお洒落に楽しんでしまいましょう。

nau(ナウ) ストレッチサイクルジャケット【STRETCH CYCLE JKT】

TOKYOlife

28,080

nau(ナウ) ストレッチサイクルジャケット【STRETCH CYCLE JKT】

スタイリッシュなアーバンサイクルウェアを提案し続けるnau(ナウ)より、ライディング仕様のテーラードジャケットが登場です。少しタイトなシルエットは、nauらしいパターンとカッティングでとてもキレイなラインを演出。ストレッチ性のある素材なので窮屈感はほとんど無く、動きやすさと着心地の良さを感じていただけます。メインの素材には、リサイクルポリエステルを使用。環境に配慮した製品づくりを続けるnauならではのこだわりです。ライディング・シーンを想定したジャケットですので、若干袖のレングスは長め。袖口はスナップボタン2つの本切羽風仕立てです。暑くなったり、袖が長く感じた際は、まくりあげて着用してあげてください。フロントはボタンではなくジップとなっていますので脱ぎ着はらくらく。そのフロントジップを上まで締めて襟を立てればスタンドカラー風にも着用することができ、肌寒いときには風の進入を抑えてくれます。また、その襟裏にはリフレクターも忍ばせてあるので、夜間のライディング中などでも活躍します。ジャケットらしく裾にはセンターベントも用意。ポケットもフラップ付の物を左右に、ジップ付きのものも一つついて収納力は抜群です。※フラップ付のポケットには型崩れ防止のためしつけ糸が付いています。ご注意ください。また同生地のパンツもございまので、セットアップとしてもお楽しみいただけます。自転車用と悟られたくはないけど、自転車には乗りやすく、自転車を感じていたい。そんなワガママにこたえる快適ジャケットです

giannetto(ジャンネット) インディゴヘリンボーン ジャージシャツ

TOKYOlife

29,160

giannetto(ジャンネット) インディゴヘリンボーン ジャージシャツ

こんなに上品で凝った風合いをジャージで表現できるんですね。新星ながら、Jediaではすっかりと顔馴染みになったシャツブランドがこのgiannetto(ジャンネット)。今季からJediaでは新たな襟型をチョイスしました。今まで主流だった水平方向に広がるカッタウェイから、やや開きを抑えたセミワイドカラーに変更しています。セミワイドはボタンを開けた時の美しい表情もさることながら、タイドアップとの相性が抜群です。クラシカルなジャケットスタイルから、イタリアらしい開放的なスタイリングまで難なくこなせます。また、フィット感は「Slim Fit/スリムフィット」でオーダーしており、日本人の体形に合わせた細身のシルエットとなっています。着丈はタックインしても丁度良く、タックアウト時でも長くなりすぎないように調整されています。裾のパターンも綺麗にカーブしているので、どちらのスタイリングでも楽しめることでしょう。さらに、前立ては省くことでカジュアルな中にもエレガンスな要素を取り入れています。第二ボタンの前立て裏にはgiannetto(ジャンネット)特有の「サンセットアイコン」を刺繍。開襟の際にアクセントとしてチラ見せするのもおススメです。縫製はマシンメイドですが、袖を後付けする立体的な作りのため身体に沿ったノンストレスな着心地となっています。そんなイタリアンシャツのラグジュアリーなテイストを体現しながら、プライスが非常に良心的なのも見逃せません。そして、素材にはクラシカルなヘリンボーンパターンを採用。一見するとわかりませんが、ジャージのため伸縮性抜群なんです。さらに製品洗いで柔らかさがプラスされ、肌を包み込むような優しい着心地となっています。どんなアイテムとも相性バッチリのインディゴカラーですので、綺麗目なジャケットスタイルからハードなレザージャケットま...

TONELLO(トネッロ) ウールサッカー ブルーチェック ダブルジレ

TOKYOlife

29,160

TONELLO(トネッロ) ウールサッカー ブルーチェック ダブルジレ

Jedia初登場の【T-JACKET】が手掛けるダブルジレです。イタリア発のニットジャケットブランド【T-JACKET】。ドレステーラーのTONELLO(トネッロ)から派生したコレクションブランドは、その確かな実力とユーモア溢れるアイディア、素材使いで一躍メジャーブランドとなりました。今回ご紹介するのは、サルトリアらしいこだわりが詰まったダブルジレ。昨今のスタイリングに欠かせない、注目度の高いアイテムです。まず注目していただきたいのが、日本人の体にもピッタリ寄り添うシルエット。身体のラインを非常に綺麗に魅せる、スリムでコンパクトなサイズバランスです。また、後ろ身頃は共地を用いた仕立てが採られています。構築的なシルエットを出すための工夫ですが、生地を贅沢に使うためコストのかかる仕様です。このあたりにしっかりと手を抜かないところが信頼できるメーカーの証。さらに、ウエストシェイプはサイドのアジャストボタンで調整可能です。スタイリングに合わせて柔軟に対応できるように設計されています。そして素材には柔らかいヴァージンウールをブレンドした上品なサッカー生地を使用。独特の凹凸を付けた表面感で肌にまとわりつきにくく、通気性と清涼感に優れます。また、控えめなシボ感でエレガントに仕上げている点も見逃せません。トーンオントーンで奥行きある表情に仕上げたネイビーチェックは柄のサイズも程良く、ありそうでなかった絶妙なバランスに仕上がっています。さらに、同素材のジャケットやパンツと組み合わせて、カジュアルな3ピースのスタイリングも非常にオススメです。クラシカルなデザインを柔和に仕上げたウールサッカー ブルーチェック ダブルジレ。コーディネートを格上げする魅惑のスパイスを存分にお楽しみください。

TONELLO(トネッロ) ライトツイード メランジブルー ストレッチジレ【T-JACKET】

TOKYOlife

29,160

TONELLO(トネッロ) ライトツイード メランジブルー ストレッチジレ【T-JACKET】

話題のT-JACKETから、待望のジレが遂にやってきました!Jediaで早くも4シーズン目を迎える話題のT-JACKETから、今回はジレをご紹介させていただきましょう。テーラリングをベースに組み立てられた秀逸なニットジャケットが有名なT-JACKETですが、この「ジレ」もかな~り注目度の高いアイテムです。メインアイテムのジャケット同様に、ニット仕立てで仕立てたジレは、カジュアルな素材感でどんなシーンにも相性良く溶け込んでくれます。まず注目なのが、ブルーとネイビーが美しくブレンドした、ライトツイードのコットン×ポリ混毛素材。綺麗なグラデーションを魅せるメランジ調の表情と、ストレッチの効いたフィット感はT-JACKETらしい秀逸な一着となっています。サイズ感はやや小さめのタイトフィットとなっており、胸囲や肩周りがガッチリとした御仁はワンサイズアップしても綺麗に着用頂けるでしょう。ただ、タイトなフィット感の分、ストレッチも効いているので身体にピタッとフィットしてくる着心地に不快さを感じることはありません。ウェストの部分はサイドのアジャストボタンで調整可能。また、後ろ身頃は共地で仕立てたカジュアルな仕様となっています。通常のドレスジレであれば、後ろ身頃をキュプラなどの光沢有るドレス生地で誂えるところ。ですが、T-JACKETのジレは共地を採用することで、単品使いの際でもカジュアルスタイルに違和感なく使い易い仕様となっているのです。ドレスカジュアルのシーンでも欠かせなくなってきたジレを取り入れたスタイリング。今季はT-JACKETのジレを取り入れて、いつものコーデに少しばかり遊びを加えてみてはいかがでしょうか。

TONELLO(トネッロ) ラムウール3者混 パッチワーク調シングルジレ

TOKYOlife

29,160

TONELLO(トネッロ) ラムウール3者混 パッチワーク調シングルジレ

話題のT-JACKETから、2ピース対応、シングルでもOKなシングルジレがやってきました!Jediaで早くも5シーズン目を迎える話題のT-JACKETから、今回はジレをご紹介させていただきましょう。テーラリングをベースに組み立てられた秀逸なニットジャケットが有名なT-JACKETですが、この「ジレ」もかな~り注目度の高いアイテムです。メインアイテムのジャケット同様に、ニット仕立てで仕立てたジレは、カジュアルな素材感でどんなシーンにも相性良く溶け込んでくれます。まずはボディに使われた3者混素材にご注目。今のトレンドをしっかりと反映させるグレイッシュカラーを纏った一着には、ポリウレタン×コットン×ラムウールをブレンドした3者混生地を採用。そして注目したいのは、なんといってもこの圧巻のパッチワーク調のテキスタイルデザイン。トレンドセッターなハウンドトゥースから幾何学模様からストライプと、大小様々な素材デザインを巧みに織り交ぜたオリジナリティある存在感で、これを着るだけでファッションを楽しめそうな予感がヒシヒシと伝わってきます。サイズ感はやや小さめのタイトフィットとなっており、胸囲や肩周りがガッチリとした御仁はワンサイズアップしても綺麗に着用頂けるでしょう。ただ、タイトなフィット感の分、ストレッチも効いているので身体にピタッとフィットしてくる着心地に不快さを感じることはありません。ウェストの部分はサイドのアジャストボタンで調整可能。また、後ろ身頃は共地で仕立てたカジュアルな仕様となっています。通常のドレスジレであれば、後ろ身頃をキュプラなどの光沢有るドレス生地で誂えるところですが、T-JACKETのジレは共地を採用することで、単品使いの際でもカジュアルスタイルに違和感なく使い易い仕様となっているのです。ドレスカジュアルのシーンでも欠かせなくな...

TAGLIATORE(タリアトーレ) ウール×リネン ベージュジレ【BRIAN/ブライアン】

TOKYOlife

30,240

TAGLIATORE(タリアトーレ) ウール×リネン ベージュジレ【BRIAN/ブライアン】

TAGLIATORE(タリアトーレ)の名作ジレといえばこの【BRIAN/ブライアン】ここ最近再注目を集めるジレのコーディネートスタイルには欠かせない名作をご紹介いたしましょう。Jediaでもジワリと人気を博すファッションアイテム「ジレ」。ジャケットのインナーアクセントのドレスアップとして使えるのはもちろんのこと、シャツ一枚からカットソーアイテムとの単品組み合わせに華を添えるアイテムとして非常に重宝されるアイテムです。その中でもTAGLIATORE(タリアトーレ)の名作ジレ【BRIAN/ブライアン】は、プライスとクオリティが非常に整った秀逸作としてオススメさせて頂きたい一着。ボディの生地にはクセがなく、どんな素材のジャケットなどにも対応できるウール×リネン素材を採用。リネン特有の清涼感を纏いながらも上品な存在感とプレーンな表情は、「ジレ」に対して抵抗のある方にも取り入れやすい仕上がりとなっています。また、シーズンごとのコレクションには必ずと言っていいほどジレとのベストコーディネートをプレゼンするTAGLIATORE(タリアトーレ)。このBRIAN/ブライアンもテーラーメイドのパターンメイキングによって日本人の体形にピッタリとフィットするようになっています。後ろ身頃をキュプラで整えたドレススタイルの仕様で、バックベルトによってウェストの微調整が可能。そして、日本人の体形にも寄り添うルーズすぎずタイトすぎないバスト周りのサイジングや、アームホールのフィット感に加え、Vゾーンの開き具合も深すぎず浅すぎず絶妙なバランスとなっています。いつものジャケパンスタイルに何か物足りなさを感じた時には迷わず名作【BRIAN/ブライアン】を取り入れて下さい。きっと、普段のコーデに華を添えてくれること間違いありません。・ブランド純正のハンガー付属

TAGLIATORE(タリアトーレ) ウールホップサック ネイビージレ【BRIAN/ブライアン】

TOKYOlife

30,240

TAGLIATORE(タリアトーレ) ウールホップサック ネイビージレ【BRIAN/ブライアン】

TAGLIATORE(タリアトーレ)の名作ジレといえばこの【BRIAN/ブライアン】ここ最近再注目を集めるジレのコーディネートスタイルには欠かせない名作をご紹介いたしましょう。Jediaでもジワリと人気を博すファッションアイテム「ジレ」。ジャケットのインナーアクセントのドレスアップとして使えるのはもちろんのこと、シャツ一枚からカットソーアイテムとの単品組み合わせに華を添えるアイテムとして非常に重宝される一着。その中でもTAGLIATORE(タリアトーレ)の名作ジレの【BRIAN/ブライアン】は、プライスとクオリティが非常に整った秀逸作として非常にオススメなのです。ボディにはクセがなく、どんな素材のジャケットなどにも対応できる上質なウール100%のホップサックを採用。艶のある上品な存在感とプレーンな表情は、「ジレ」に対して抵抗のある方にも取り入れやすい一着として非常にオススメ。また、コレクションには必ずと言っていい程、ジレとのベストコーディネートをプレゼンするTAGLIATORE(タリアトーレ)のアイテムですから、パターンメイキング、フィット感は文句なし。後ろ身頃をキュプラで整えたドレススタイルの仕様で、バックベルトによってウェストの微調整が可能。そして、日本人の体形にも寄り添うルーズすぎずタイトすぎないバスト周りのサイジングや、アームホールのフィット感、はたまた「シャツ→ネクタイ→ジレ」の黄金のVゾーンも健在です。いつものジャケパンスタイルに何か物足りなさを感じた時には迷わず名作【BRIAN/ブライアン】を取り入れて下さい。きっと、普段のコーデに華を添えてくれること間違いありません。・ブランド純正のハンガー付属

BACH(バッハ) スタンドカラーナイロンジャケット【COMMUTER Jacket】

TOKYOlife

30,240

BACH(バッハ) スタンドカラーナイロンジャケット【COMMUTER Jacket】

1979年にアイルランドにて創業されたBACH(バッハ)。サイクリングをはじめ幅広いシーンで使い勝手の良いバッグを作り続けTOKYO Wheelsでも安定の人気を誇ります。そんな同ブランドに初のアパレルライン「BACH GARMENTS」が誕生しました。BACH創業40周年の節目に、日本のみでの展開として誕生した「BACH GARMENTS」は、高機能ファブリックを提供し続けている帝人フロンティアとの協業によって新たなプロダクトを生み出しています。今回ご紹介のジャケットもそんな注目の「BACH GARMENTS」の一品。軽量でパッカブル仕様となるこちらのショートジャケットは、同ブランドで人気の高いトートバッグ「COMMUTER 」の収納力をそのままジャケットへアレンジした意欲作。ペットボトルが収納できるメッシュポケットなど搭載した機能的な収納性、収納力を誇る一枚です。そして、何といってもコンパクト収納が可能なパッカブル仕様となり、普段からバッグに忍ばせたり旅行の際に持ち運ぶなど非常に便利。メインファブリックにはSOLOTEX SYNEXを使用し、肌触り良いタッチ感とハリ、コシのある素材感を表現。若干光沢感もあり高級感すら漂います。また優れた形態安定性を持つので、シワをつけて楽しんだり、伸ばしたりすることも可能。合わせて寸法回復性も発揮し、洗濯を繰り返しても伸び縮みの少ない、快適な着心地を提供してくれます。様々なシーン、様々なアクティビティで何かと活躍するパッカブルジャケットは一枚持っておいて、まず間違いないでしょう。

nau(ナウ) 撥水キルティングダウンベスト【UTILITY DOWN VEST】

TOKYOlife

31,320

nau(ナウ) 撥水キルティングダウンベスト【UTILITY DOWN VEST】

ポートランド発、アーバンアウトドアの金字塔、nau(ナウ)のダウンベストです。nauと言えば身幅が細めで美しいラインを描くシルエットが特徴ですが、それが最も生きるのがこのダウンベストです。今やインナーダウンは冬越しのためのマストアイテムと言えますが、nauらしい細身のシルエットと薄手に仕上げたダウンの恩恵で、着ぶくれを抑えスッキリと、そして暖かく冬を過ごせるのです。このダウンベストひとつあれば、冬はクローゼットの奥に仕舞われてしまう春秋アウターの実用時期を延ばすことが出来ます。襟はリブニット仕様。ジャケットの中でも襟周りがかさばることなく、かつ暖かく過ごせます。また部位によってマスの大きさを変化させた縦横のダウンステッチも高級感を漂わせます。素材は環境に配慮したリサイクルポリエステル65%+オーガニックコットン35%とした耐水加工済みポプリン(ブロード織り)生地。カジュアルさと機能性を両立させています。また650フィルパワーの暖かさを持ちながら、124グラムという抜群の軽さを実現。元パタゴニアや元ナイキのスタッフが関わるアイテムというのも頷けます。自転車の街ポートランドに思いを馳せながら、都市をクルーズ。そんなシーンが最もハマる、スタイリッシュなダウンベストです。

L.B.M.1911(エルビーエム1911) ネイビーメランジドビー シングルジレ

TOKYOlife

31,320

L.B.M.1911(エルビーエム1911) ネイビーメランジドビー シングルジレ

紳士のドレスカジュアルコーデに+αのご提案。L.B.M.1911(エルビーエム1911)より、秋冬シーズンにお使い頂けるシンプルで汎用性の高いジレをご紹介。イタリアはもとより、日本国内でも大きな影響力をもつイタリアンテーラードのL.B.M.1911(エルビーエム1911)。今回ご紹介するのは彼らのレイヤードスタイルに欠かせないシングルジレ。どうしてもシンプルになりがちな紳士のコーディネートですが、シャツとジャケットの間にジレを取り入れて頂くだけでスタイリングが華やかになるものです。さて、今回ご紹介するジレに採用されたのはウールメランジのドビー生地。ネイビーをベースに薄いグレーをブレンドし、凸凹とした立体感のあるドビー織りの風合いとウールの優しい肌触りが非常に魅力的。フィッティングはL.B.M.1911特有のスリムフィットとなっており、ウェストの絞りをググっとキツめに設定することで色気のあるセクシーなスタイリングを実現。また、ウェストはバックベルトによって微調整が可能。後ろ身頃は共地の生地に仕上げており、シャツやニットなどとレイヤードすることで単体でも楽しむことが出来ます。少し難しく感じるレイヤードテクニックも、こういったジレを取り入れるだけで簡単に表現することが出来ます。いつもと同じコーデになってしまう時や、普段とは違ったスタイリングにトライしたい時には非常にオススメのアイテム。シンプルで飽きの来ないデザインも特徴で、長くお付き合いして頂けるはずです。これからの季節、L.B.M.1911(エルビーエム1911)のレイヤードスタイルに欠かせない紳士の為のイタリアンジレを是非お試しください。

and wander(アンドワンダー) ツイル フリース ベスト【twill fleece vest】

TOKYOlife

31,320

and wander(アンドワンダー) ツイル フリース ベスト【twill fleece vest】

2011年にスタートしたばかりの日本発の新進気鋭アウトドアウェアブランド“and wander(アンドワンダー)"。TOKYO Wheelsでの取り扱い開始し以降、定評のあるフリースとナイロンのコンビシリーズ.。コチラはベストになります。しっかりとした生地感で裏地が起毛したツイルフリースをメインファブリックに、ライディング時に風を受けやすい胸部や首周りを中心に、肩から上腕部分にまでナイロンを配したベスト。このナイロンは、軽くてしなやかな「PERTEX MICROLIGHT(パーテックス)」という高強力ナイロン糸を高密度で織り上げた素材で、防風性、撥水性に加え強度・耐久性に優れています。そして、このナイロンの中には「PrimaLoft(プリマロフト)」という高機能中綿をインサート。このプリマロフトというインサレーションは、速乾性や撥水性、保温性に加え、高い圧縮復元力を合わせ持っているので、突然の雨に濡れてもその機能を失いません。高く設定された襟元が風の侵入を防ぎ、フードまで中綿が入っているので非常に暖かいのが特徴です。前身ごろの着丈は短く、後身ごろはしっかりと長くとられているので、ライディング姿勢をとっても背中が出にくいサイクリストには嬉しいデザイン。フロントのポケットは、腹部まで伸びたナイロン部分に設けられており、インサレーションの中に手が入るよう設計されているので、ハンドウォーマーとしても最適です。また前面のブランドロゴもリフレクトプリントにするなど、細部までこだわったユーモア溢れるデザインセンスは流石です。フリースとナイロンの異素材コンビというのも新しく、都下的で洗練された印象を与えてくれるベストに仕上がっております。

CIRCOLO(チルコロ) ヘリンボーンSPプリントジャージ シングルジレ

TOKYOlife

31,320

CIRCOLO(チルコロ) ヘリンボーンSPプリントジャージ シングルジレ

もはやオールシーズン欠かせない存在となっています。今回ご紹介するのは名作として愛されるCIRCOLO(チルコロ)のシングルジレ。同ブランドの定番として愛されるシアイテムを、シーズナルプリントでアレンジした一着です。ボディにはトロっと柔らかな質感で人気を博す定番のジャージ生地を採用。そこに今回はヘリンボーン調のSPプリントを施したシーズナルデザインとなっています。カジュアルにも使える同ブランドのジレは、シャツやカットソーの上から重ねても暑くなってしまうこともなく、コーディネートのアクセントとして長い期間で重宝していただけるはず。さらに同ブランドが誇る技術力によって生み出される、圧倒的にリアルなヘリンボーンプリントの柄にも注目。リネンを織り交ぜたようなスラブ調に走る横糸の表現をリアルに再現しており、春夏特有の清涼感をデザインとして再現。正直、言われなければ分からないほどの見え方。ジャージ素材で楽してるのに、非常にドレスっぽく見えるこのSPプリント製法はレベルが高すぎます。同素材のジャケットやパンツと組み合わせることで、さらに活躍の場が広がる名作ジレ。春夏のシンプルになりがちなカジュアルコーデに、是非取り入れてみてはいかがでしょうか。

新作ファッションアイテムのチョ、発売中!有名ブランドからカジュアルまで♪いま大流行りのファッションアイテム。豊富なサイズ・カラー・デザインから、ぴったりのチョが見つかる!流行ものから定番ものまで、自分だけのお気に入りを選ぼう。

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、ファッション関連商品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいファッションアイテムが充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「チョ」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ