「チョ」 の関連商品を含む検索結果 1件

こちらの関連商品はいかがですか?

Norwegian Rain(ノルウェイジャンレイン) シングルライディングジャケット【CABAN SB/キャバンSB】

TOKYOlife

105,840

Norwegian Rain(ノルウェイジャンレイン) シングルライディングジャケット【CABAN SB/キャバンSB】

レインコートの枠を超えた唯一無二の存在を放つネオクラシックアウター【CABAN SB】Norwegian Rain(ノルウェイジャンレイン)はレインコートを軸にテーラーメイドの要素を高い次元でシンクロさせる北欧生まれのアウターブランドです。テーラードの天才デザイナーT・マイケル氏のプロデュースによるその独特な感性と完成度の高さから、本国はもとより国内でもコアなファンが多いことでも有名な同ブランド。Jediaでは、世界中が注目する彼らの新作コレクションから、今季初登場となるライディングジャケットをご紹介。まずはデザイン&シルエットに注目していきましょう。デザインには同ブランドの定番として常にトップセールスを作る、ステンカラーコートをベースとして採用しています。太もも辺りまでのミディアムな着丈は軽快な取り回しでリアルクローズのシーンでも使い易く、さらにライディングポジションの際に裾付近が邪魔にならないよう設計されています。また、比翼仕立てのフロントは雨風の侵入を極力防ぎながらも、モードシックなスタイリングを演出。テーラーベースのクラシカルな要素にモードのアレンジを加えたテイストはノルウェイジャンレインの真骨頂ともいえます。そしてライディングジャケットの特徴として後方に大ぶりなフードがついているのがポイント。取り外し可能な大ぶりなフードに格納されたネックガードは、前方へ持ってくることで暴風雨にも対応できるフロントガードとしてデザインされています。シルエット&フィッティングに関しては、全体的にスリムなシルエットとフィッティングとなっています。ただジャケットなどの上から着用を想定したレインコートですから、アームホールにはゆとりをもたせ袖通りを良くし、ウェスト部分の絞りこみを強くすることでスマートなシルエットを実現...

Norwegian Rain(ノルウェイジャンレイン) シングルステンカラーコート【Geneve/ジュネーブ】

TOKYOlife

124,200

Norwegian Rain(ノルウェイジャンレイン) シングルステンカラーコート【Geneve/ジュネーブ】

Norwegian Rain(ノルウェイジャンレイン)の定番として長きに渡り愛される【Geneve/ジュネーブ】登場。テーラードの天才デザイナーT・マイケル氏のプロデュースによるその独特な感性と完成度の高さから、本国はもとより国内でもコアなファンが多いことでも有名なNorwegian Rain(ノルウェイジャンレイン)。定番として常に人気を博す、ステンカラーコート「ジュネーブ」は今季も健在です。ジュネーブは美しいテーラリズムを継承した絶妙なシルエットが特徴で、着て感じて頂ける手の込んだパターンカッティングとリサイクル素材から生み出したエコでありながらも機能を持たせたテキスタイルが最大の特徴となっています。全体のシルエットをスマートに見せるパターンラインで、着丈はスーッと膝付近まで伸びるセミロングシルエットを採用しています。バランスの良いシルエットは、ビジネスからカジュアルシーンまで幅広く対応できる懐の深さを感じますね。また、立体裁断で仕立てたフードはクルクルっと丸めて、取り外すことも可能です。素材にはリサイクルポリエステル繊維を採用しており、これはブランドの永続的なコンセプトにもなっているエコフレンドリーに基づいた革新的なテキスタイル開発のベースにもなっています。コットンの様な肌触りを再現しつつも、マットな艶感、そしてシャリ感のある独特な風合いに撥水性能をプラスしているのも見逃せないポイント。テーラーメイドの秀逸なレインアウターの先駆者として名高い彼らのコレクションは、エレガンスで上質な素材と機能性を併せ持つ唯一無二の存在となっています。ライニングには、滑りの良い上質なポリ×レーヨンを採用することでドレスメイキングのうっとりするような表情を演出。テーラリング要素をいかんなく発揮し、北欧らしい息吹を取り入れたNorwegian...

Norwegian Rain(ノルウェイジャンレイン) ライトウェイト ストレッチ シングルステンカラーコート 【Geneve S.L.W】

TOKYOlife

105,840

Norwegian Rain(ノルウェイジャンレイン) ライトウェイト ストレッチ シングルステンカラーコート 【Geneve S.L.W】

Norwegian Rain(ノルウェイジャンレイン)から今季登場したのは、新素材で注目を集めるステンカラーコートの【Geneve(ジュネーブ)S.L.W】その独特な感性と完成度の高さから、本国はもとより国内でもコアなファンが多いことでも有名な同ブランド。定番として常に人気を博す、ステンカラーコート「ジュネーブ」が今季はGeneve【SLW】となって大胆にも新素材でアップデートを図ってきた。新たなアップデートを施した【Geneve S.L.W】のキーワードは4つ。●ニューテキスタイル●ストレッチ●メッシュライニング●ライトウェイト基本的に、デザイン自体は従来の【Geneve/ジュネーブ】と同様で、テーラリズムを継承した美しいシルエットに加え、手の込んだパターンカッティング、機能美は健在。スッと膝付近まで伸びるセミロングのステンカラーコートは、ビジネスからカジュアルシーンまで幅広く対応できる懐の深さを感じる。また、立体裁断で仕立てたフードはクルクルっと丸めて、取り外すことも可能。テーラードの天才デザイナーT・マイケル氏のプロデュースにより仕立てられた【Geneve S.L.W】には、これまで使用していたリサイクル・ポリエステル繊維に、特殊な技術でストレッチ性能をもたらし、軽量化を実現したのが今回のトピックス。従来モデルの、重厚な重さの合ったオリジナルポリ素材をさらに着易くするため、今までにないほど軽量化することに成功した。また、これまで同ブランドの基準を満たす「リサイクルポリエステル繊維」では難しかった、ストレッチ性能を付与することが出来るようになり、よりスリムなフィッティングでストレスなく着られるようになっている。その結果、ジャケットの上からでもゴワツクことなく、無理なく羽織ることが出来るようになった。この新素材がもたらした、「軽量...

HERNO(ヘルノ) ピーチスキン グースダウン ミリタリートレンチコート【Rain Collection】

TOKYOlife

129,600

HERNO(ヘルノ) ピーチスキン グースダウン ミリタリートレンチコート【Rain Collection】

歴史から紐解き、再構築することで生み出される男の美学。HERNOより今回ご紹介するのは「BACK TO THE ORIGINS」をコンセプトに、アーカイブコレクションから抽出した本格ミリタリートレンチコート。今季初登場となる【Rain Collection/レインコレクション】から登場したこの一着。公式ではレインコートのカテゴリーに区分されるヘリテージトレンチは、どの状況下でも紳士を守り、そして品格のある佇まいを演出します。まず注目はアーカイブから再構築されたデザイン。昨シーズンのトレンチモデルより、着丈をやや長くすることで今の気分にもピッタリのテイストになった今作。スリムなフィット感は変わらずに、ダウン内蔵とは思えないスマートなラインは、HERNOらしい秀逸なスタイリングとなっています。また、カーキ調のブラウンといった絶妙な色合いを表現するピーチスキン素材を採用。肌触りが非常に気持ち良く、マットな質感で上品な風合いを表現しています。もちろん、表面には撥水加工を施すことで雨やホコリなどの対策も万全。左右非対称でデザインされたフロントには右胸にストームフラップを採用し、ショルダー部分には短めのエポーレットを配置。ヨークには大ぶりのストームシールドを設けており、トレンチらしいスタイリングが光ります。また、右胸のストームフラップやヨークのシールドなどは水の浸入を防ぐ構造になっているので、レインコートの役割を十二分に果たしてくれる機能的デザインとなっています。また、ベルトにはズレ防止のボタンループが留められており、クラシカルなデザインでは当たり前だったディティールもしっかりと踏襲しています。そして軽量であり高い保温性を保つインナーにはグースダウン&フェザーを採用し、着丈の裾まで余すところなくしっかりと張り合わせているのも見逃せません...

narifuri(ナリフリ) 撥水スパンライクトラベルジャケット

TOKYOlife

49,680

narifuri(ナリフリ) 撥水スパンライクトラベルジャケット

自転車が生活の中心にあるあなたにとって、ジャケットを選ぶ基準とは何でしょうか?シルエットや細かなディテールはもちろんですが、外せないのは自転車に苦もなく乗れること、では?通勤ライドがより一般化したいま、ジャケットスタイルで乗る方も珍しくなく、ストレスなく乗れるジャケットの選択肢もその数を増やしています。どうせなら没個性にならないよう、拘りたいものです。narifuriが新たにリリースしたこのジャケットは、撥水性とストレッチ性に富む人気のファブリック“スパンライク"素材を採用した、スパイスが効いたモデル。ややビジネスシーンに振りながらも、昨今の大きなトレンドであるスポーツカジュアルにもマッチすることから普段使いもOKです。独特の光沢を放つ生地は、高い撥水性と横・ナナメ方向への適度なストレッチがあるばかりでなく、高級感があり、また視覚的にも立体感を生み、スタイルアップ効果が望めます。裏地には太陽光を吸収して熱変換する“ソーラーセンサー"&起毛メッシュをライニングし、真冬の着用にも対応。2WAYのハンドポケットやインナーポケット(右は大型)、A4サイズまでを収納可能なトラベル対応の内ポケットなど、出張や旅行で重宝する収納性も抜群です。本水牛ボタンやお台場仕立て、本切羽などこだわりぬいたディテールと美しいシルエットにもご注目を。撥水スパンライクトラベルスラックスとのセットアップをお勧めいたします。⇒撥水スパンライクトラベルスラックス

Cruciani(クルチアーニ) ウォッシュド鹿の子ポロ

TOKYOlife

25,920

Cruciani(クルチアーニ) ウォッシュド鹿の子ポロ

Cruciani(クルチアーニ)が手掛ける名作であり定番の鹿の子ポロが今シーズンもスタンバイ。今回ご紹介するのは、昨年も大変ご好評いただいたCruciani(クルチアーニ)の名作鹿の子ポロ。ボディにはしっかりとしたコシのある中肉の鹿の子素材を採用。通気性と吸水性、そして滑らかな着心地を実現するCruciani(クルチアーニ)の上質な素材選定は、プライス以上の価値が込められています。そしてシルエットは、日本人の我々にもベストマッチするスリムなフィット感となっています。コンパクトな肩周りと適度な広さをもった胸囲、そしてシェイプされたウェストに加えて、ベルト付近でスッキリと収まる着丈はジャケットのインナーに着てもゴワつかず、非常に綺麗なシルエットを演出してくれます。また、スタンダードなシルエットの襟型もクセがなく、コシのある鹿の子素材で仕立てている為、よれることなくしっかりとシルエットをキープしてくれるのも嬉しいポイント。どんな時代も常に最高峰のアイテムを提案してくれるCruciani(クルチアーニ)のポロシャツは、夏のスタイリングに重宝すること間違いありません。長く付き合える一着をお求めなら、まず最初にCruciani(クルチアーニ)をお試し下さい。きっと納得して頂けるパフォーマンスを魅せてくれることでしょう。

BIOGRAPHY(バイオグラフィー) インナーダウンベスト

TOKYOlife

34,560

BIOGRAPHY(バイオグラフィー) インナーダウンベスト

【BIOGRAPHY(バイオグラフィー)】「楽でスタイリッシュ」を提唱し、カットソー素材を中心としたジュアルウエアを展開。時代性を取り入れながらも衣類の原点である、「着心地の良さ」を大切にした物づくりから生み出されるコレクションは極めて秀逸。防寒目的でインナーに着用することが目的で生み出されたのが世の「インナーダウン」。しかし、BIOGRAPHYの手に掛かればアウターとしても着用を楽しんでいただけるアイテムにチューンアップ。まずは拘り抜いた多彩なディティールからご紹介。襟には無撚糸パイルを使用し、首回りをナチュラルに優しく包み込む仕様。胸ポケット、サイドジップポケットに加えて内ポケットまで配備され、計5つの驚異の収納力も実現。袖口、裾のパイピングは身体へのフィット感を増してくれるだけではなく、配色を変えることでデザイン全体のバランスも引き締めてくれています。そしてサイドパネルには厚手のリブを配することで、着崩れしにくいパターンで優れたフィッティングと美シルエットを演出。ダウン90% / フェザー10%の混合比は保温性、軽量は当たり前。日本人の基準体型を意識されており着用時の自然なスリムシルエットを作り出しています。計算しつくされたパターンと伸縮性、反発性に富んだサイドリブによりストレスフリーな包み込まれるようなフィッティングを実感していただけます。これでもかと機能とデザインを盛り込み、上手く両立させたダウンベストは、BIOGRAPHYならではの拘りがあってこそ。国内工場で生産されている高品質、安心感も見逃せません。インナーとしてアウターを支える能力があり、アウターとしても驚異のハイスペックで主役級の活躍間違いなし。素材と真摯に向き合い、綿密に構築されたBIOGRAPHY(バイオグラフィー)ならではのデザインワークのクオリティを体感して...

SIVIGLIA(シビリア) ライトオンスデニムジャケット

TOKYOlife

33,480

SIVIGLIA(シビリア) ライトオンスデニムジャケット

デニムを使うイタリアンカジュアルに欠かせない“こなれ感"はSIVIGLIA (シビリア)にお任せを。ジャケットスタイルに合わせる大人の5ポケットデニムの代名詞となったSIVIGLIA (シビリア)。市場認知はパンツアイテムのブランドと思われがちですが、もちろんトップス(ジャケット)にも抜かりなし。Gジャンの代名詞とも言われる完成度を誇るLevi'sの3rd(サード)モデルをサンプリングした大人のGジャン。ミドルレイヤーとしてシャツ代わりにも使われるメンズの定番アイテムです。アメカジの代表作をイタリアンブランドらしい仕上げにした本作。ベースモデルとなる3rdスタイルはそのままに、まずは着易いライトオンスのデニムを使用。見た目と違ったソフトでしなやかなタッチはシャツのような着心地を実現します。シビリアらしいモディファイデザインとしては、胸ポケットを小さ目にし、位置も上部に配置しています。何気ない変更点ながら、全体のシルエットをすっきりと見せつつ、コンパクトな見た目も形成します。ドーナツボタンにはもちろんブランドネームが刻印。ポイントで使用される裏地にもこだわって、バンダナ柄のようなオレンジの小紋柄をアイキャッチに採用。脱いだ時にも仕掛けがあります。肝心のシルエットですが、5ポケットパンツ同様にコンパクトでタイトなフィッティングながらストレッチで着易いシビリアらしいデニムジャケット。パンツアイテムがジャケットと好相性ならば、本作はあえてのドレススラックススタイルを気取りたい。いつものシャツ、スラックススタイルをシーズンらしく軽やかに“こなれた"風合いで仕上げてくれる万能ジャケット。パンツアイテムをご愛用の皆さんにはチェックして頂きたい逸品です。

LARDINI(ラルディーニ) リネンサファリジャケット

TOKYOlife

106,920

LARDINI(ラルディーニ) リネンサファリジャケット

上質リネンで仕立てられたシーズンを彩る大人のサファリジャケット。19世紀にアフリカで野生動物を狩猟する『safari/サファリ』と呼ばれる旅行のために作られたサファリジャケット。今ではメンズジャケットのバリエーションのひとつとして認知されていますが、その出自は厳しい環境にも対応できる先人達の意匠が活きています。サファリジャケットの特徴でもあるフロントの4つのフラップつきポケット。狩猟用に銃弾などの小さな荷物を小分けに収納できるポケットは、その後カメラマンといった職業の人たちにも人気を博します。現代であればスマートフォンを筆頭に小型のガジェット、お財布といった最小限の荷物はカバーしてくれるディテールでありデザインポイントでもあります。本来は強度の高い厚手のコットンを使用するサファリジャケットですが、本作は昨今の気候にマッチする上質で軽やかなミニヘリンボーンリネンを使用したラルディーニらしい生地セレクションが光る逸品。ベルト、肩章といったディテールも極力ミニマムに表現することでサファリジャケットらしさを残しつつ、よりリゾート感あるスマートなジャケットに仕上がりました。カラーもサファリジャケットらしいカーキベージュをセレクト。本家サファリジャケットに敬意を払いつつ、トレンドであるコロニアルなムードも体現してくれます。シルエットも美しく決まる大人のサファリジャケット。シーズンを楽しむ粋な大人達へ向けたシーズナリティ溢れる傑作ジャケットです。

CIRCOLO(チルコロ) ウールメランジ ジャージジャケット

TOKYOlife

79,920

CIRCOLO(チルコロ) ウールメランジ ジャージジャケット

期待を裏切らないのがCIRCOLO(チルコロ)なんです。この秋冬も僕らの高い期待値を軽~く超えてくれた人気ブランドCIRCOLO(チルコロ)。今シーズンも皆様にご紹介することが出来て本当に嬉しい限りです!さて、本日ご紹介するのは彼らの魅力的なストレッチジャージーを活かしつつ、繊細で上品なメランジウールで仕立て上げたモダンな一着。素材にシンプルなメランジウールを採用した一着は、秋冬らしい温もりと汎用性の高いブルーを基調としたシックな表情が魅力的。ウールブレンドながらも抜群の伸縮性を誇るチルコロのジャケットは、エレンガンスでありつつ楽で仕方のないストレスフリーな着心地となっています。シルエットはジャージのストレッチ性を活かした彼ららしいスリムなフィッティング。そして素材自体が持つふわっとした優しい着心地も嬉しいところで、実際に着てみると軽やかなタッチに驚いて頂けるはずです。袖はフィニッシュドとなっており、買ってからすぐにワードローブへと加えて頂けるのも魅力的ですね。また、ブルーメランジの奥行きのある表情はかなり凝った作り込みをしていまして、一見するとこのモデルだけジャージではなさそうな雰囲気が漂うほど。ここまで素材感を表にググっと出していますが、さらにジャージ素材をミックスして、気持ちいいほど伸びるストレッチ性能は同ブランドの真骨頂。この着心地を求めてCIRCOLO(チルコロ)に辿り着くのも納得の出来栄えです。当初は日本だけのムーブメントか?と思われた数年前のチルコロフィーバーは記憶に新しいところ。しかし、今では世界中が彼らの一挙手一投足に注目する程メジャーなブランドへと成長しました。テキスタイルカンパニーを母体にした非常に強力な生地開発力と、時代の感性を読み取る鋭いセンスは唯一無二の存在となっています。今シーズンのCIRCOLO...

CIRCOLO(チルコロ) 鹿の子ジャージージャケット

TOKYOlife

52,920

CIRCOLO(チルコロ) 鹿の子ジャージージャケット

あのシーズンらしい素材の鹿の子を使用したドライタッチな鹿の子ジャージージャケットが帰ってきました!定番ジャージーアイテムをお持ちの方も、CIRCOLO(チルコロ)デビューな皆さまにもおススメしたいシーズナリティな鹿の子ジャージージャケット。ポロシャツなどでお馴染みの凹凸ある組織を使用した接地面を少なく、ドライタッチに着こなせるジャージージャケットは、シーズンの長いパートナーとなってくれます。通年使いも出来るコットンジャージージャケットは、昨今ではマストなアイテムとなりました。各ブランドからの提案も増えてきたカテゴリーではありますが、頭一つ抜けている、といった印象のCIRCOLO(チルコロ)。さすがテキスタイルカンパニーが手掛けているだけあって、コットンジャージーと言えど、上質で滑らかな素材、製品染めされた風合いにも貫録を感じさせてくれます。何より、そのフィッティングには驚愕。色んなブランドのストレッチアイテム、ジャケットに袖を通してきましたが、こちらのアイテムの着心地は吸い付くように滑らかで、細身のフィッティングにも関わらず、全くノンストレス。アウター使いはもちろんとして、アウター、コートのインナーにも使いやすく、そのポテンシャルの高さを感じさせてくれます。まずは、関係者から火がつきましたが、この心地よさ、形、素材の良さを知って納得の傑作ジャケットです。

SIDE SLOPE(サイドスロープ) ハイゲージイタリアンコットンポロ

TOKYOlife

19,440

SIDE SLOPE(サイドスロープ) ハイゲージイタリアンコットンポロ

ジャケットとの相性が抜群。クラシカルなスタイリングのレトロポロ。SIDE SLOPEよりご紹介するのはブランドの顔ともいえる代表的なクラシカルポロ。糸から非常に拘りをもって仕立てを行うファクトリーブランドらしく、定番ボディにはエジプトギザコットンを使用したイタリア紡績糸を採用。イタリア染めならではの透き通ったクリーンな色で作られたクラシカルなスタイリングのポロは、大人の休日に最適な一着へと仕上がっています。また風合いが非常に良く、シルクのような手触り感を実現した最高のコストパフォーマンスを発揮する一着は着心地も抜群。コットンのため気負いなくデイリーに着られるというのも大きなポイント。襟型がヴィンテージライクな大ぶりなシルエットになっているため、ジャケットを着用した際のスタイリングも非常に綺麗に決まります。さらに、フィット感はややゆとりのあるスタンダードなフィッティングとなっています。タイトな雰囲気はなく、身体に適度に寄り添う雰囲気といった感じでしょうか。無駄のない綺麗なシルエットを実現するのに、変なツッパリを感じさせないので休日のリラックススタイルを演出したいときは非常にオススメです。これからの春夏シーズンに重宝するポロシャツで大人のスタイリングにアクセントを是非。

sisii(シシ) スエード シングルライダース

TOKYOlife

99,360

sisii(シシ) スエード シングルライダース

圧倒的な存在感と上品なセンスを持ち合わせたsisii(シシ)のレザーライダースに新素材が登場!Jediaでも長きに渡りご提案を続けている「大人の為のライダースジャケット」。それがこのsisii(シシ)で御座います。カットソー感覚で羽織れるライダースジャケットして、武骨な革ジャンとは一線を画すデザインと仕立てが特徴のsisii(シシ)。そのスリムなシルエットとオリジナルのウォッシャブルレザーのコンビネーションがなんとも堪らない革の上品な風合いを伝えてくれるのです。また、フィット感が非常にタイトなのもポイントの一つ。sisii(シシ)といえば「極細フィット」と言われる程タイトめなフィッティングの一着。ですが、ただ単に「タイトなレザージャケット」だけでここまで人気のハズがありません。タイトフィットの作りではありますが、着込むほどに体に馴染んでいくのがsisii(シシ)の極上レザー。そしてライニングにはストレッチ混のコットン素材を採用。レザーが馴染むと同時に自然とライニングも身体に寄り添ってくれるので、自分自身にあった唯一無二のフィッティングを味わうことが出来るのです。まさに"レザーを育てる"といった言葉が相応しいsisii(シシ)のレザー。一度馴染めばもう手放せなくなるオリジナルフィッティングで、他では出会えない感動にきっと巡り合えるはず。そんなわけで、バイヤー自信を熱く語らせるほど魅力が深いsisii(シシ)のレザーから新素材【スエード】が登場したのが今回のトピック。微起毛した牛スエードは男臭くもあり、どこか繊細な表情も持ち合わせた一着となっています。もちろんスエードといえど、ウォッシャブル可能な加工もsisii(シシ)ならでは。次はいつ会えるのか?そんな思いを抱きつつのご紹介で御座います。それこそ...

BANKS(バンクス) STRIPEビーニー

TOKYOlife

5,184

BANKS(バンクス) STRIPEビーニー

BANKS2014年、日本・オーストラリア・アメリカの3カ国の共同プロジェクトとして誕生した全く新しい今までにないブランドとして世界中での展開がスタート。クラフトマンシップ(職人技)とクリエイティビティ(創造性)を追求し、スタイルの調和や機能性とサスティナビリティの両立を実現するためにデザインしています。 全てのブランドネームタグは100%リサイクルポリエステルを使用する等、BANKSは地球環境に負荷を掛けないように守り、機能性も追求しながら継続可能な社会を目指したブランド。お洒落な大人に被り物は必須アイテム。何を被ればいいのか分からない…そんな貴方にはカラーリングが映えるこのビーニーをお勧め。主役に躍り出るデザイン性で存在感を発揮してくれます。BANKSのビーニーは日本人に最適な大きさに設定されており、頭にナチュラルに馴染む適度なフィット感を感じていただけます。そして使用されている素材はアクリル。ふっくらと軽く柔らかな肌ざわり、弾力性に富んでおりシワになりくく、かつ速乾性、耐光性にも優れています。何より特筆すべきは他マテリアルを凌駕するその発色性の良さです。素材を熟知したモノづくりを徹底するBANKSならではの仕事ぶりが垣間見えます。暗めのトーンになりがちなスタイリングのメイン、ワンポイントにBANKSのビーニーで鮮やかな彩りを加えてみてはいかがでしょうか。

EMMETI(エンメティ) ナッパムートンダウン(シャイニーナイロン)【LIVIO】

TOKYOlife

150,120

EMMETI(エンメティ) ナッパムートンダウン(シャイニーナイロン)【LIVIO】

男が惚れる極上のナッパレザーを採用したラグジュアリーダウンが登場です。「エレガンテ・スポルティーヴォ」をコンセプトにする、イタリアはフィレンツエの「EMMETI(エンメティ)」からラグジュアリーでセクシーなダウンジャケットをご紹介。レザーとファー、レザーとファブリックなど、高級素材を巧みに組み合わせることを得意とするEMMETI(エンメティ)から登場したのは、ナッパレザー×ムートンのラグジュアリーダウン【LIVIO】です。【LIVIO】はEMMETIが得意とする異素材ミックスを施したセクシーなダウンジャケット。定番ムートンダウンをベースに袖と各パーツに上質なナッパレザーの切り替えしを施し、エレガンスでスポーティな一着に仕上がっています。ボディにはダウン×フェザーを採用した軽量で暖かいダウンが身体を優しく包み込み、首元にはEMMETIらしさが光るムートン素材を採用しています。シルエットはダウンジャケットながら全体的にコンパクトな作りとなっており、スポーティかつエレガンスに着こなして頂けます。イイ物を数多く見て感じてきた皆様にも、間違いなく納得して頂けるEMMETIのムートンレザーダウンは、我々Jediaスタッフ一押しの逸品です。「エレガンテ・スポルティーヴォ」を見事に体現するEMMETIで極上のひと時を楽しんでみてはいかがでしょう。↓↓関連記事も合わせてご覧下さい↓↓

HERNO(ヘルノ) テーラードダウンジャケット【Herno Laminar(ヘルノラミナー)】

TOKYOlife

95,040

HERNO(ヘルノ) テーラードダウンジャケット【Herno Laminar(ヘルノラミナー)】

ギアとモダンの調和、HERNO(ヘルノ)Laminarシリーズ。2012年にHERNO(ヘルノ)から満を持して誕生したニューラインがHERNO(ヘルノ) Laminarシリーズ。デザインディレクターにACRONYMのErrolson Hugh(エロルソン・フュー)を起用し、HERNOのモダンで機能性ある伝統のダウンコートを新しい切り口で再構築する事で、さらに一歩先のハイファッションへと昇華させました。現在そのデザインはErrolson Hugh(エロルソン・フュー)からHERNOチームへと継承され、大人のモダンな都市型ハイブリッドアウターを世に送り出しています。そして、今回ご紹介のモデルはHERNO Laminarでも定番人気のテーラード型ダウンジャケット。今季のカラーリングには黒に非常に近い色合いですが、僅かに青味があるダークネイビーをセレクト。GORE-TEXのラミナーシリーズで最も柔らかいWIND STOPPER素材を使ったダウン入りのジャケットモデルはダウンのボリュームが"多過ぎない"ところがポイントともいえるスマートなダウンジャケット。保温性を高く保ちながらも、浸透性も非常に高く着用時も蒸れることなく快適に過ごすことができるWIND STOPPER素材。ダウンとは思えないスリムフィットのシルエットはジャケットから防寒用アウターとして幅広く活躍してくれます。前身のファスナーを上げれば密閉性も高まり防寒という機能を果たし、ボタンで留めればテーラードジャケットとしてもビジネスシーンで使用可能。左胸にはチーフポケットを完備しテーラードジャケットへのデザインも忘れていません。さらに、内側にもファスナーポケットを配置し使い勝手にも考慮した作りは、トラベルをコンセプトにするHERNOならでは。「ON・OFFともに非常に汎用性の高いモデル...

EMMETI(エンメティ) 袖ニット ムートンダウンブルゾン(マットナイロン)【CORRADO】

TOKYOlife

150,120

EMMETI(エンメティ) 袖ニット ムートンダウンブルゾン(マットナイロン)【CORRADO】

男が惚れる究極のラグジュアリーダウンに出会ってしまいました。「エレガンテ・スポルティーヴォ」をコンセプトにする、イタリアはフィレンツエの「EMMETI(エンメティ)」からラグジュアリーでセクシーなダウンジャケットをご紹介です。 レザーとファー、レザーとファブリックなど、高級素材を巧みに組み合わせることを得意とするEMMETI(エンメティ)から登場したのはニット×ムートンのラグジュアリーダウン【CORRADO】です。今季のEMMETIからJediaのセレクトは大人の為のラグジュアリーなモードスタイルを楽しんで頂こうと、ブラックカラーでセレクトしてまいりました!【CORRADO】はEMMETIが得意とする異素材ミックスを施したセクシーなダウンジャケット。定番ムートンダウンをベースに、袖をニットの異素材で切り替えたブランドらしい一着です。袖のニットは肉厚なミドルゲージでストレッチ性のある上品な仕上がり。ボディにはダウン×フェザーを採用した軽量で暖かいダウンが身体を優しく包み込み、首元にはEMMETIらしさが光るムートン素材を採用しています。シルエットはダウンジャケットながら全体的にコンパクトな作りとなっており、スポーティかつエレガンスに着こなして頂けます。また、フード部分はスナップボタンによって取り外し可能となっており、スタンドカラーで楽しんでもフーディスタイルでアクセントを付けて頂いてもOK。「エレガンテ・スポルティーヴォ」を見事に体現するEMMETIで極上のひと時を楽しんでみてはいかがでしょう。↓↓関連記事も合わせてご覧下さい↓↓

Hevo(イーヴォ) ライトウェイト フーデットコート

TOKYOlife

140,400

Hevo(イーヴォ) ライトウェイト フーデットコート

メンズファッションの3大アウターに挙げられるダッフルコート。学生みたいになるからな。。と避けてきた大人の皆さんにおススメしたいHevo(イーヴォ)からの新提案です。大き目フードが特徴あるウールのフーデッドコート。見た目に重衣料ならではの重さも感じさせますが実際に着用するとウールのコートかと驚くほどの軽さ。品名にライトウェイトとあるように肩こりとは無縁な着心地を実現しています。特徴ある大き目なフードは実際の着用時にもしっかり防寒機能を果たす本格的な深さもある作り。多くのヨーロピアンが雨や雪の日も傘をささずフードをかぶってやり過ごしますが、そんなスタイルイメージも容易に喚起させられるイタリアブランドらしいコートです。昨今のイタリアンブランドをはじめとするファッションの流れとして素材開発と進化が顕著に見て取れますが、Hevo(イーヴォ)に関してもそうしたファブリックを用いることで良い意味でのギャップを楽しめるコレクションが多数存在します。スマートなチェスターベースのシングルコートにダッフルのような大き目フードがアクセントのHevo(イーヴォ)らしさあるコート。この風合いにとても良く似合うレンガカラーもニュアンスたっぷりな大人の進化版ダッフルともいえるライトウェイトフーデッドコートをお楽しみください。

AWESOME LEATHER(オーサムレザー) ゴートスキン レザーシングルライダース

TOKYOlife

50,760

AWESOME LEATHER(オーサムレザー) ゴートスキン レザーシングルライダース

男のスタイリングには欠かせないレザーブランドが登場です。Jedia初登場となるAWESOME LEATHER(オーサムレザー)から、ブランドの顔となる定番シングルライダースをご紹介いたしましょう。コンサバティブ/トラッド/モード、様々なスタイリングが存在する中で、どのカテゴリーでも常にオトコに愛され続けるのが【レザージャケット】ではないでしょうか。【AWESOME LEATHER(オーサムレザー)】は 「品のある大人の為のレザージャケット」をコンセプトに、日本人にとって着やすく動きやすいパターンを計算し作成されたシルエットが特徴です。Jediaでもいくつかのレザージャケットを厳選して、皆様にご提案をしていますが、今回のAWESOME LEATHER(オーサムレザー)も非常にオススメの一着となっています。ボディに採用されているのは凸凹としたシボと上質な艶が魅力のゴートスキン(山羊革)。クオリティを落とさずに最大のコストパフォーマンスを得るために、市場の中でも最良のレザーを厳選した結果、ゴートスキンに辿り着くのも頷けます。カウレザーやシープレザーとは全く違う表情が楽しめるゴートスキンは、その凸凹としたシボが魅せる表情と、カウレザーやホースレザーと比べても遜色のない高い耐久性が持ち味です。ただ、ごわつきやすいのが欠点ですが、このレザーブルゾンは一度洗いをかける事で全体を柔らかくし、味のある風合いを演出しています。フィット感は細すぎず、スタンダードなシルエット。某メーカーで修業を積んだ日本人デザイナーが立ち上げたブランドなだけあって、日本人の体形にはピッタリとフィットします。そして、この完成度からは想像の付かないプライスも見逃せません。インポート市場とレザー市場が高騰する中で、クオリティを追求しつつ、ここまでベストバランスに仕上げてきているの...

HERNO(ヘルノ) 撥水ナイロン 中綿入りシングルジレ

TOKYOlife

49,680

HERNO(ヘルノ) 撥水ナイロン 中綿入りシングルジレ

HERNO流にアレンジを加えた、唯一無二のシングルジレ登場。今回ご紹介するのは撥水加工ナイロンを採用した軽量の中綿入りシングルジレ。素材にはHERNOらしく高級感のあるナイロンを採用しており、マットな質感で上品な雰囲気を演出。スポーティなルックスとドレスの要素をブレンドしたジレは、ジャケットとのスタイリングも非常にオススメです。また、チーフポケットのドレスシックなデザインに加えて、インナーポケットも左右に配置。そして表にもポケットを配置するなど、使い勝手の面でも気を配るHERNOの丁寧なモノ作りは、いつ見てもいつ着ても「最高」の一言。シルエットはウェストを絞ったスリムフィットのサイジングとなっています。ただスリムフィットとはいえ、全体が身体にピターっと吸い付く程ではありませんのでご安心を。いわゆる普通のドレスジレとは違って厚手のニットなどにも対応できるライトアウターのような一面を持ち合わせているのが特徴です。その為、アームホールと胸囲はその分やや余裕のある考えられた設計となっています。色々なコーディネートでバリエーション豊かに楽しめるのもHERNOらしい提案ですよね。もし、サイズ調整をしたい場合はウェスト両脇についているボタンで微調整が可能です。お好みのシルエットで楽しんでみて下さい。スタイリングのアクセントにも重宝するHERNO流のジレは、レイヤリング次第で端境期から厳冬期まで幅広く使えます。アウトドアなイメージのあるこの手のナイロンアイテムの中でも唯一、ドレスに特化している貴重な存在です。HERNOの優秀なジレは、快適なライフスタイルに欠かせない一着となるでしょう。

LARDINI(ラルディーニ) リネン ブルーチェック シングルシャツジャケット

TOKYOlife

76,680

LARDINI(ラルディーニ) リネン ブルーチェック シングルシャツジャケット

最高の快適さをお届けします。LARDINI(ラルディーニ)は、最高レベルの仕立てと縫製に生地で遊ぶという新たな軸を打ち出し、革新的でオリジナリティ溢れるプロダクトを作り出しています。今回ご紹介するのは、LARDIN(ラルディーニ)らしくエレガントに仕上げられたシャツジャケット。素材や仕立てに一段と磨きがかかり、抜群の着心地に品格が携わりました。まず注目していただきたいのが、副資材を極限まで省いた超軽量アンコン仕立て。袖裏や袖ボタン等は敢えて取り除き、文字通りシャツのような着心地を実現しました。それでいてテーラードならではの立体的なフォルムはしっかりとキープされております。ウエストがキュッと絞られた美しいフィッティングをお楽しみ頂けることでしょう。これを支えているのが長年培ってきた高い縫製技術。世界の著名ブランドのOEMを30年以上も手掛けただけはあり、しっかりと手を抜かずに仕立て上げられています。毎回そのカラーリングが楽しみなブランドアイコンブートニエールも上前ラペルにしっかりとスタンバイ。装いに小さな遊び心を宿してくれます。そして、素材にはシャツのように薄く軽いリネン素材を採用。ジャケットに必要なハリ・コシはしっかりと保たれているので、ふんわりと優しいフォルムを形成することができています。エレガントな佇まいが享受できるLARDIN(ラルディーニ)らしいシャツジャケット。グッと大人っぽさが増した軽快な一着を是非チェックしてみて下さい。

LARDINI(ラルディーニ) ダブルフェイス ライトウェイトニットコート

TOKYOlife

171,720

LARDINI(ラルディーニ) ダブルフェイス ライトウェイトニットコート

柔らかく仕上げながらしっかりと美しいシルエットに持っていくあたり流石です。LARDINI(ラルディーニ)は、最高レベルの仕立てと縫製に生地で遊ぶという新たな軸を打ち出し、革新的でオリジナリティ溢れるプロダクトを作り出しています。今回ご紹介するのは、LARDIN(ラルディーニ)の高い技術力が伺えるダブルフェイスニットコート。細部に至るまで丁寧な仕上がりです。まずは、LARDINI(ラルディーニ)らしい拘りが詰まったダブルフェイス素材にご注目下さい。柔らかさを極限まで引き出したウール・ナイロンをふんわり編み上げ、二枚の生地が合わさったダブルフェイスとは思えない驚くべき軽さを表現。表面はシックなネイビーでエレガントに見せつつ、裏面には優しいグレージュを忍ばせて、イタリアらしい色気を演出しています。そして、この両面使える素材特徴を活かし、熟練職人にしかできない一重仕立てを採用しています。見返しはなく、縫い代もほぼつけないので、服の形をした“立体的な布"を纏っているような感覚です。それでいて、ウエストに向けて優しく絞られた美しいフィッティングは健在。副資材をカットしてソフトに仕立てていますが、テーラードならではの立体的なフォルムはしっかりとキープされています。これを支えているのが長年培ってきた高い縫製技術。世界の著名ブランドのOEMを30年以上も手掛けただけはあり、しっかりと手を抜かずに仕立て上げられています。また、ダブルブレストにありがちな個性的すぎる雰囲気は一切御座いません。フロントの打ち合わせは浅めに、ゴージラインは高めにとり、ラペル幅はやや狭目に設定することでモダンに仕上げています。毎回そのカラーリングが楽しみなブランドアイコンブートニエールも上前ラペルにしっかりとスタンバイ。さりげなくネイビーと相性の良いベージュを組み合わせるあたり流...

m's braque(エムズブラック) フリースタートルネック

TOKYOlife

25,920

m's braque(エムズブラック) フリースタートルネック

上質な肌触りと温もりには誰しも抗えないものです。m's braque(エムズブラック)より今季登場するのはふんわりと極上のタッチで身体を包み込むフリースカットソー。パターンメイキングから生地のセレクトまで、独自の路線を突き進み唯一無二の存在感を魅せるm's braque(エムズブラック)。今回ご紹介するのは彼らの拘りがギュッと詰まったスペシャリティ溢れる日常着。素材にはふわりと柔らかいフリース素材をセレクトし、起毛した独特な表情は光の加減や毛並みの方向で豊かなスタイリングを演出してくれます。また、色展開は全3色となっており、シックなブラックからフリース素材の発色の良さを活かしたオレンジまで幅広く展開。フィット感はスリムフィットとなっており、適度なゆとりを持たせたシルエットとなっています。身体に負担をかけな温かくも柔らかいフリース素材は大人の休日を優雅にエスコートしてくれるはずです。そして胸元にはm's braque(エムズブラック)のブランドロゴを刺繍でアクセント。上品な存在感をしっかりと胸に宿すシンプルなデザインとなっています。こだわった'物造り'を追求し、独自のスタイルを提案するm's braque(エムズブラック)の上質なカットソーは、モノの良さを追求した一枚となっています。

m's braque(エムズブラック) ウールカシミア ステンカラー ベルテッドコート(18K メッキバックル)

TOKYOlife

103,680

m's braque(エムズブラック) ウールカシミア ステンカラー ベルテッドコート(18K メッキバックル)

身体のラインに沿って流れる美しいドレープが心地良い。m's braque(エムズブラック)より今シーズン登場したのはトレンドのベルテッドをあしらったクラシカルかつモード感のあるステンカラーコート。素材にはウール×カシミアをブレンドした上質でエレガンスな存在感を演出するスペシャルファブリックを採用。起毛感のある生地は非常に柔らかく、尚且つコシがしっかりとあるのも特徴の一つ。さらにm's braque(エムズブラック)といえば、拘りが光るパターンメイキング。そのシルエットにも注目してみましょう。m's braque(エムズブラック)のコートは着用した際に、一番綺麗に美しく見えるようパターンメイキングが施されています。スーっと綺麗に落ちるドレープ感、そして身体を包み込むような立体的なフォルムが特徴で、着丈はクラシカルな雰囲気を感じさせるロング丈となっています。そして、ドロップショルダーにの設計になっているラグランスリーブのパターンが非常に面白いポイント。肩から横方向に腕に向かって切り返しが入っており、通常のパターンにカーブを付けた形になっています。これによって袖通りが良く、肩のラインを柔らかく魅せると同時に、コート全体のエレガンスなイメージを大切にしたスタイリングとなっています。一つ一つのパーツの切り返しや角度に細部まで拘るm's braque(エムズブラック)らしい重要なポイントでもあります。また、ポケットは両サイドについており、収納力のある深くて広い空間も実用性に富んだ嬉しいところですね。さらに、昨今トレンドとしても注目されているベルテッドには18Kメッキゴールドをあしらうことで、ワンポイントでエレガンスな表情を演出。ベルトの絞り方などで独特なウェストのニュアンスを表現できるので、ラフに巻いてスタイリングにアクセントを差して頂くのもオス...

Hevo(イーヴォ) 太畝コーデュロイ トレンチコート

TOKYOlife

105,840

Hevo(イーヴォ) 太畝コーデュロイ トレンチコート

現代の感性を巧みに取り入れた新たなアウターブランド登場!Jediaから今シーズン新たなに展開するアウター・コート専業ブランドのHev(イーヴォ)。Hev(イーヴォ)はイタリアのプーリア州マルティナ・フランカを本拠地とする、南イタリアのコート・アウター専業のブランドです。正直なところ、日本では展開あるもののまだまだ広く認知されているメジャーブランドとは言い難いところ。しかし、そのクリエイティブな発想と丁寧なモノ作りは目の肥えたJediaな皆様も間違いなくご納得していただけるブランドですから、恐れることなく(なにに(笑))ぜひともトライしてみて下さい。そんなHev(イーヴォ)ですが、発足は2010年とまだまだ若いブランド。ルールに縛られず、ビスポークの品質を現代的なスタイルに融合させることを念頭にしており、確かな品質と秀逸なパターンメイキングは大手有名メーカーとも真っ向から勝負できるモノとなっています。ちなみにココの魅力はなんといっても相反する要素を巧みにブレンドする非常に現代的なコレクションにあります。トラディショナルでモダン、シンプルでありながら華やか、そして革新性のあるクラシカルなど、次々と新たなハーモニーを現代的解釈によって取り入れるダイナミックなテーラリングは、今までのイタリアンウェアとは少し違ったアプローチとなっているのです。と、少し前置き長くなってしまいましたが本日ご紹介のコーデュロイトレンチは秋冬コレクションでも一際妖艶な色気を放つ、大人の為のアウターとなっています。シャープでタイトフィット全盛だったアウターの時代から、ややゆったりとした余裕のあるシルエットがトレンドとして移行しているのは、アンテナの高い方なら感じているところかと思います。Hev(イーヴォ)もまた、そのトレンドを絶妙に取り入れており...

Pearson(ピアソン) ビブショーツ【Change Down】

TOKYOlife

19,224

Pearson(ピアソン) ビブショーツ【Change Down】

Pearson(ピアソン)は1860年にロンドンで創業した超老舗サイクルショップ。今やカフェやアパレルなど多角的に展開する、ロンドン中のサイクリストが集まる一大情報発信地になっています。その5代目であるウィリアム氏が中心となって展開されるアパレルブランドの名もまた「Pearson」です。ブリティッシュトラッドをベースとした美しいデザインと高い製品クオリティは、単なるショップオリジナルブランドの枠を大きく飛び越えています。ご存知の通り市場の9割がブラックとなるビブショーツ。いい加減飽きたという声もそろそろ聞こえてきそう。そんな折に登場したビブショーツ【Change Down】は、ツヤ感のある生地とグレーが絶妙なマッチングを見せるモデル。この色でなければこのデザインは成立しない!とすら思わせるほどの好相性。ただグレーなだけのビブは、個性はあってもカッコイイかと聞かれれば微妙なところです。グレーを引き立てる別のカラーの存在が不可欠ですが、適度に入るグリーン、そしてパッド周囲に入るブラックによって引き締まり、またまとまって見えるのがこの【Change Down】の特徴と言えます。シルエットはややタイト。レースで戦える程のスペックを持ちます。Pearsonが長年感じてきたビブショーツの短所をカバーすべくチョイスしたライクラ素材+ビブセクションのメッシュ地や、超薄型の太腿部のゲルストッパーをはじめ、縫い目のゴロツキを極力抑えた、シームレス感のある縫製でノンストレス。またパッドはイタリアのLa fonte製の高品質なもの。やや薄手で、軽く、通気性が良く、肌ざわりの良いものを採用しています。同デザインのサイクルジャージ【Change Up】が用意されており、当然ながら最高の相性を見せてくれます。

KIRED(キーレッド) カシミア ロングダウンフードコート

TOKYOlife

190,080

KIRED(キーレッド) カシミア ロングダウンフードコート

ボディ全てを包み込む史上最高に贅沢なロングダウンコート。Kiton(キートン)のアウターブランドとして2015年秋冬に誕生したKIRED(キーレッド)。今シーズンJediaに初登場したKIRED(キーレッド)は、立ち上がりこそ2015年と最近ですが、製造はイタリアのパルマにあるワンダーランド社で行われ、1986年より続く確かな縫製技術があるなど、Kiton(キートン)グループとしてその高いクオリティは保証済み。 今回ご紹介のモデルは、彼らの新作コレクションの中で最もエレガンスな存在感を放つラグジュアリーダウンです。ボディの素材にはロロピアーナ社の中でもトップクラスのカシミア素材をセレクト。ロロピアーナ社が提供するカシミアは中国北部とモンゴルで採れるカシミヤに限定しており、その地域で採れるカシミア生地は世界的にも最高級品として認められています。ロロピアーナ社のカシミヤはヒルカス山羊の下毛から作られており、毛足が程よく長く、滑らかで柔らかな毛並みが特徴。優しすぎるタッチに着るだけで笑顔がこぼれてしまうはず。名門ロロピアーナ社のファブリックは非常に高品質で、内側のタグにはKIRED(キーレッド)とロロピアーナ社のハガキを模したデザインも面白く、自然と所有欲を満たしてくれる演出も彼ららしいところですね。また、非常に軽量で暖かみのあるダウンには高品質のフィルパワーを誇るグースダウンとフェザーをブレンドしています。ふわっと軽やかなダウン&フェザーは、スリムなシルエットを実現しながら着膨れを防ぎ、KKIRED(キーレッド)が得意とするエレガンスなスタイリングを楽しむことが出来ます。次にシルエット&フィッティングをチェックしていきましょう。一見するとボリュームのあるダウンに見えますが、実際は非常にスマートなシルエットバランスとなっています...

CIRCOLO(チルコロ) インディゴジャージ 2Bシングルジャケット

TOKYOlife

63,720

CIRCOLO(チルコロ) インディゴジャージ 2Bシングルジャケット

これ無くしてCIRCOLO(チルコロ)は語れない王道デニムジャケット。この秋冬も僕らの高い期待値を軽~く超えてくれた人気ブランドCIRCOLO(チルコロ)。今シーズンも皆様にご紹介することが出来て本当に嬉しい限りです!さて本日ご紹介するのは、彼らの代名詞とも言える定番の「インディゴシリーズ」から、ドレスライクなテーラードジャケットをご紹介です!綺麗な色落ちとアタリ加工、そしてインディゴ本来の風合いをそのまま再現したジャージーテキスタイルを採用した一着。このモデルこそ、彼らの名を一気にメジャーにした王道モデル。テーラーメイドの完成された形と、誰にも真似できないデニムライクなジャージ素材は絶対に見逃せない一着なのです。スタイリングには2ボタンで仕立てたシングルジャケットをベースしており、ややタイトなスリムフィッティングで綺麗なシルエットを演出します。抜群の伸縮性を活かしたフィット感は非常に柔らかい為、非常に融通が効くのも嬉しいポイント。既製品では中々上手く着られないという悩みも、チルコロのドレスジャージーなら解決してくれるかもしれません。着れば着る程に美しいシルエットと抜群の着心地に惚れ込んで頂けるハズ。そしてほとんどの方が、普通のデニムと勘違いしてしまう程完成度の高いデニムジャージー素材にも注目です。本格デニムな表情をゴリゴリと見せつけているのに、まさかこれがジャージーとは誰も思わないでしょう。この秀逸なテキスタイル開発こそ彼らの得意とするところで、楽な着心地に反して非常にドレスシックなスタイリングを演出することが出来るのです。テキスタイルカンパニーを母体にした非常に強力な生地開発力と、時代の感性を読み取る鋭いセンスは唯一無二の存在となっています。今シーズンのCIRCOLO(チルコロ)も、皆様に必ず楽しんで頂けるはずです。

CIRCOLO(チルコロ) ヘリンボーンSPプリントジャージ シングルジレ

TOKYOlife

31,320

CIRCOLO(チルコロ) ヘリンボーンSPプリントジャージ シングルジレ

もはやオールシーズン欠かせない存在となっています。今回ご紹介するのは名作として愛されるCIRCOLO(チルコロ)のシングルジレ。同ブランドの定番として愛されるシアイテムを、シーズナルプリントでアレンジした一着です。ボディにはトロっと柔らかな質感で人気を博す定番のジャージ生地を採用。そこに今回はヘリンボーン調のSPプリントを施したシーズナルデザインとなっています。カジュアルにも使える同ブランドのジレは、シャツやカットソーの上から重ねても暑くなってしまうこともなく、コーディネートのアクセントとして長い期間で重宝していただけるはず。さらに同ブランドが誇る技術力によって生み出される、圧倒的にリアルなヘリンボーンプリントの柄にも注目。リネンを織り交ぜたようなスラブ調に走る横糸の表現をリアルに再現しており、春夏特有の清涼感をデザインとして再現。正直、言われなければ分からないほどの見え方。ジャージ素材で楽してるのに、非常にドレスっぽく見えるこのSPプリント製法はレベルが高すぎます。同素材のジャケットやパンツと組み合わせることで、さらに活躍の場が広がる名作ジレ。春夏のシンプルになりがちなカジュアルコーデに、是非取り入れてみてはいかがでしょうか。

HERNO(ヘルノ) 中綿入りシングルチェスターコート

TOKYOlife

118,800

HERNO(ヘルノ) 中綿入りシングルチェスターコート

分かってらっしゃる!と思わず膝を打つようなハイブリッドな感性を融合させた傑作コートが登場!国内ではダウンジャケットなどのナイロン系アウターで一躍メジャーになったHERNO(ヘルノ)が、昨シーズンからアウターブランドとしての【原点回帰】をコンセプトにウール素材を採用した本格派チェスターコートをリリース。今年の冬はアウターブランドとして確固たる地位を築くHERNO(ヘルノ)の魅力がギュッと詰まったチェスターコートをぜひご堪能下さい。HERNOの原点回帰をコンセプトにした注目のウール素材には、打ち込みが強く毛並みの美しいウール×ナイロンのメルトン生地を採用しています。触ってみると意外にも柔らかいタッチを実現するメルトン生地には、HERNOらしく撥水性を与えているのも魅力の一つ。そしてこのチェスターコートの最大の特徴と言えば、レイヤードシルエットとして採用されたインナーから覗くスタンドカラーデザイン。インナーに着ているかのようにレイヤードされたスタイリッシュなシルエットは、防寒性をしっかりと確保しながらも現代的なハイブリッドデザインで我々を魅了してくれるHERNOらしいテクニック。しかもこのスタンドカラーはデタッチャブル(取り外し可能)仕様になっており、取り外せば通常のチェスターコートとしても使用できるのです。その為、スタンドカラーデザインはシチュエーションに応じて使い分けて頂くのがオススメ。、インナーにジャケットなどをお召の際はスタンドカラーを外してコートのみで、旅先やちょっとしたお出かけの際にはインナーを薄手にしてスタンドカラーをセットし、防寒性を確保しながらも軽快に楽しんでいただければと思います。「旅」をテーマとするHERNO(ヘルノ)のコレクション。スタイリッシュなデザインのみならず、機能美にも優れる傑作プロダクトが多数存在します...

sealup(シーラップ) ヘリンボーンコットン ロングバルカラーベルテッドコート

TOKYOlife

129,600

sealup(シーラップ) ヘリンボーンコットン ロングバルカラーベルテッドコート

永年使い込んだ表情も楽しみです。sealup(シーラップ)は1935年にミラノで創業。自社内に広大なアーカイブを有し、デザインから生産まで完全 MADE IN ITALY を貫いています。今回ご紹介するのは落ち着いたエレガンスを醸すバルカラーコート。昨今非常に注目を集めるデザインで、同ブランドの十八番とも言えるスタイリングが味わえます。シルエットは裾に向かって優雅に広がるAライン。袖付けはラグランタイプで程良くリラックスした雰囲気を感じさせますが、アームホールはコンパクトにシュッと見えるように計算されています。また、ベルト位置は少し高めに設定してあるので、脚を長く魅せる効果も期待できてしまうんです。加えて、衿のパターンメイクが素晴らしく、しっかりと綺麗に立たせることができます。このあたりからもサルトリア的考え方で手を抜かずに設計されていることが伝わってきますよね。さらに、裏仕様は背抜きで軽やかに仕立てられており、袖通しも非常に滑らか。細部に至るパーツ類まで丁寧に作りこまれており、とても高級感があります。そして、素材にはしなやかで滑らかなコットンファブリックを採用。非常に目風が綺麗なヘリンボーン織によって、精巧で奥行きある表情を演出しています。旬な英国を感じさせながら、艶やかでフレッシュなバランスに魅せてくるあたり流石です。上品で繊細な雰囲気に仕上がったsealup(シーラップ)らしいバルカラーコート。一昔前の野暮ったいイメージは一切御座いません。老舗ならではの汎用性の高い一着を是非お楽しみ下さい。

AWESOME LEATHER(オーサムレザー) ゴートスエード シングルライダース

TOKYOlife

50,760

AWESOME LEATHER(オーサムレザー) ゴートスエード シングルライダース

男のスタイリングには欠かせないレザーブランドが登場です。Jedia初登場となるAWESOME LEATHER(オーサムレザー)から、上品なスエードのレザーブルゾンをご紹介いたしましょう。コンサバティブ/トラッド/モード、様々なスタイリングが存在する中で、どのカテゴリーでも常にオトコに愛され続けるのが【レザージャケット】ではないでしょうか。【AWESOME LEATHER(オーサムレザー)】は 「品のある大人の為のレザージャケット」をコンセプトに、日本人にとって着やすく動きやすいパターンを計算し作成されたシルエットが特徴です。Jediaでもいくつかのレザージャケットを厳選して、皆様にご提案をしていますが、今回のAWESOME LEATHER(オーサムレザー)も非常にオススメの一着となっています。ボディに採用されているのはクリーンな色合いと、上品な佇まいを魅せるゴートスキンのスエードライダース。かなり珍しい一着もタフなゴートスキンによって重量感のあるライダースへと仕上がっています。クオリティを落とさずに最大のコストパフォーマンスを得るために、市場の中でも最良のレザーを厳選した結果、ゴートスキンに辿り着くのも頷けます。カウレザーやシープレザーとは全く違う表情が楽しめるゴートスキンは、カウレザーやホースレザーと比べても遜色のない高い耐久性が持ち味です。今回はスエードを採用している訳ですが、滑らかに起毛した毛足はとても肌触りが良く、大人の色気を引き出してくれるのには十分な魅力を持っています。フィット感は細すぎず、スタンダードなシルエット。某メーカーで修業を積んだ日本人デザイナーが立ち上げたブランドなだけあって、日本人の体形にはピッタリとフィットします。もともと柔らかいスエードレザーですが、着込むほどに身体にフィットしてくる感触も楽しめるので...

CIRCOLO(チルコロ) ウール×モヘア ジャージストライプジャケット

TOKYOlife

79,920

CIRCOLO(チルコロ) ウール×モヘア ジャージストライプジャケット

期待を裏切らないのがCIRCOLO(チルコロ)なんです。この秋冬も僕らの高い期待値を軽~く超えてくれた人気ブランドCIRCOLO(チルコロ)。今シーズンも皆様にご紹介することが出来て本当に嬉しい限りです!さて、本日ご紹介するのは彼らの魅力的なストレッチジャージーを活かしつつ、繊細で上品な素材で仕立て上げたモダンな一着。デザインには上品で艶のあるストライプを採用しており、チャコールをベースとしたボディにブラウンとネイビーを巧みに織り交ぜる事で品の良いスタイリングを実現しています。シンプルになりがちで、アクセントの欲しい秋冬コーデには、少しばかり洒落を効かせたストライプジャケットが非常にマッチします。シルエットはジャージのストレッチ性を活かした彼ららしいスリムなフィッティング。そして素材自体が持つふわっとした優しい着心地も嬉しいところで、実際に着てみると軽やかなタッチに驚いて頂けるはずです。袖はフィニッシュドとなっており、買ってからすぐにワードローブへと加えて頂けるのも魅力的ですね。素材にはウール×モヘア×ナイロンをブレンドしており、ツイードのような奥行きのある表情になっています。かなり凝った生地感ですから、一見すると、このモデルだけジャージではなさそうな雰囲気が漂います。。が、しかし、いやいやそこはCIRCOLO(チルコロ)です。ここまで素材感を表にググっと出していますが、さらにジャージ素材をミックス。気持ちいいほど伸びるストレッチ性能は同ブランドの真骨頂で、この着心地を求めてCIRCOLO(チルコロ)に辿り着くのも納得の出来栄えです。当初は日本だけのムーブメントか?と思われた数年前のチルコロフィーバーは記憶に新しいところ。しかし、今では世界中が彼らの一挙手一投足に注目する程メジャーなブランドへと成長しました...

LARDINI(ラルディーニ) ナイロン サファリテーラード2Bジャケット

TOKYOlife

97,200

LARDINI(ラルディーニ) ナイロン サファリテーラード2Bジャケット

常に進化を止めない名門LARDINI(ラルディーニ)から新提案のサファリジャケットが登場!!今季もLARDINIらしい一着がスタンバイ。トレンドでもあるミリタリーを上品に再構築した美しいサファリジャケットのご紹介です。素材には光沢が美しい軽量ナイロンを採用しています。シャリ感のある薄手のナイロンは軽い着心地を実現し、エアリーな着心地が魅力の一つ。艶のある上品なボディに栄える深い色合いのネイビーは、サファリジャケットの武骨さを邪魔することなく、端正な顔つきを覗かせてくれる一着となています。また、名門テーラーのLARDINIだからこそ出来るサファリジャケットの新たな解釈として、美しいテーラードジャケットをベースに構築されているのも注目のポイント。シルエットは細身となっており、ウェストを絞ったスリムなフィット感はLARDINIらしい美しいラインを描いてます。また、着丈はやや短めのカジュアルな仕様で、袖はシャツジャケットのように筒袖となっています。ナイロン特有のシワを気にせずにガシガシと着込めるスタイルは、気軽に羽織れるスプリングアウターとして重宝して頂けること間違いなし。そして、ウェストについたゴールドバックルが全体のエレガンスなデザイン性をさらに高め、高級感を与えています。このバックルを締める事でウェストの絞りを調整することも可能ですが、あえて締めずにそのまま外して、ラフに着て頂くのもオススメの着こなしです。今季からクラシカルな提案をさらに強めた印象のあるLARDINIですが、こういった遊び心とオトコ心をくすぐる新たなプレゼンをしっかりと提案してくるのも同ブランドの人気の秘密ではないでしょうか。オンからオフまで、常にLARDINI(ラルディーニ)と共に歩む為の一着として、皆様にぜひとも手に取って頂きたい一着となっています。

narifuri(ナリフリ) サイドスプリットハーフコート

TOKYOlife

49,680

narifuri(ナリフリ) サイドスプリットハーフコート

テックカジュアルとも言うべき、高い機能性持ったカジュアルウェアが広くトレンドとなっている中、元々彼らの得意分野であることをアピールするかのような本気アイテムを、narifuriがシーンに投入!それは何とハーフコート。丈が長め=ペダリングの邪魔になりそう、というイメージからかサイクルアパレルにはあまり見掛けないアイテムですが、このコートはサイドをスプリット(切れ込み)仕様とし、さらにミステリアスな鈍光を放つこだわりのファスナーをオン。ルックスを決して落とさず、足の動きを妨げません。またベンチレーションとしても機能します。もちろんそれだけにとどまらず、表地に東レ製の高密度素材 「サミア」とストレッチ繊維「T-400」を使用し、独特のハリと伸縮性、撥水性を持たせています。また、裏地には太陽光を吸収して熱変換する「ソーラーセンサー」を採用。これにより保温性を向上。ポケットを多数配置しているのも嬉しいポイントです。・フロントのダブルポケット×2・胸部に止水ポケット×1・名刺入れなどが入るインナーポケット×2・・・と、高機能素材をふんだんに使った機能性アイテムながら、イメージを決定付ける生地表面には熱処理加工を施すことにより、上品な光沢を持たせ、ファッションアイテムであることを決して忘れさせません。アウトドアっぽくなりがちな高機能アイテムが多い中、オンもオフも楽しめる上品なコートは貴重な存在かも知れませんね。

HERNO(ヘルノ) ミリタリータイプ ダウンジャケット

TOKYOlife

95,040

HERNO(ヘルノ) ミリタリータイプ ダウンジャケット

軽やかな着心地にウットリ、シャープなシルエットがスタイリングを格上げするHERNO定番ダウンジャケット。「冬の正装=HERNO(ヘルノ)」からお届けする、大人の喜びを噛みしめて頂ける極上ダウンのご紹介。今シーズンもHERNOから定番として多くの紳士から愛され続けるミリタリーダウンが登場です。もともとアメリカ軍が着用していたM-65フィールドジャケットをHERNO流にアレンジしたコチラのダウンジャケット。その洗練されたモダンな表情はミリタリーテイストの男らしさを随所に残しながらもビジネスシーンでも見事にマッチする存在感が魅力の一つ。そして、「軽く、暖かい」のは当然で、HERNOのこれまでの歴史が培ったノウハウを凝縮して設計された美しいフィッティングとスタイリングは、流行廃りなく全ての紳士の方々にオススメさせて頂きたい一着なのです。また、一見スポーティな印象のフーデットダウンながらその上品な佇まいはビジネスシーンでも思う存分にそのスタイルを発揮して頂けます。フロントはダブルジップ仕様とスナップボタン付きの二重構造で一番上までしっかりと締める事で外気の侵入を驚くほどに許しません。さらに内側にファスナーポケット含めて計4つのポケットとフロントにも4つのポケットを配置して収納力でも抜群の安定感を実現。膝上丈の絶妙なバランスは極寒の真冬においても体全体を覆うようにして守ってくれる頼もしいパートナーとなります。伝統を重んじながらも現代的にブラッシュアップさせ、上質な生地がもたらすシンプルで静かな大人の喜びを是非、噛みしめて下さい。・ブランドロゴ入りハンガー付属↓↓関連記事も合わせてご覧下さい↓↓

sisii(シシ) シングルライダース【ホワイト】

TOKYOlife

99,360

sisii(シシ) シングルライダース【ホワイト】

シシらしいアイテムのシングルライダース。待望のニューカラー“ホワイト"が登場です。ウォッシャブルレザーを使用した独自の風合いあるシシのシングルライダース。ここJediaではレザーアイテムの核として、定番展開を続けている、僕らの絶対定番です。肌にすいつくかのようなフィット、インナー使いすら可能にするタイトシルエットは単なるファッションウェアとしてだけでなく、使い続けたくなる極上のアイテムです。待望のニューカラーとして登場したのが、ご紹介のホワイトカラー。そしてカーキ。シャツライクに着こなしたくなるレザーのホワイトは、かなりの男前(笑)。大人の男だからこそ着てほしいクリーンなホワイト。一方、こちらも男っぽい仕上がりのカーキ。上品な色合いのカーキカラーがウォッシャブルレザーとの相性もグッド。ブラック、ネイビーといったソリッドなカラーもクールな印象で決めやすいのですが、大人っぽい色気を醸し出しつつ色んなコーディネートに使えてしまう、この2カラーは、きっと皆さんにも受け入れてもらえるハズです(笑)sisii(シシ)のレザーは独自の手法で作り上げたオリジナルタンニングレザーを使用しており、他のレザーでは味わえない軽くてしなやかな柔らかさをもち、着るたびに体に馴染み、着ている本人の第2の皮膚になっていくような感じです。自然な風合いを保つため、動物が本来持っているシミ、アザ、キズ等がそのまま残っているものもあるがそれも良いアジになっています。生地の加工、染め洗い等の特殊加工を施し、独自の風合いを活かしております。

SHINICHIRO ARAKAWA(シンイチロウアラカワ) PACKABLE LIGHT BLOUSON

TOKYOlife

20,520

SHINICHIRO ARAKAWA(シンイチロウアラカワ) PACKABLE LIGHT BLOUSON

シンプル&タイトなシルエットに高機能を備える冬の終わると、本格的なツーリング・シーズンが訪れる。だが春は寒暖の差が大きく、ウェア選びが難しい季節でもある。そんな時にオススメしたい着こなしはレイヤード、つまり「重ね着」なのだが、なかでもアウターとインナーの中間に着る"ミドルレイヤー"選びが重要だ。 今回シンイチロウ・アラカワに別注したのは雨、風、寒さによるライダーの負担を和らげるマルチで高機能なブルゾン。表地には耐久撥水性、透湿性、防風性、保温性、ストレッチ性を兼ね備えたライトシェル素材を採用。裏地には太陽光を熱に換えて蓄えるとともに、人が発する熱を反射して体温を保つ「サーモトロン」を使用する。薄手だが軽くて温かい、理想的なミドルレイヤーだ。昼夜の気温差が大きいときや高差の大きいツーリングルートなどでは脱ぎ着することで暑さ寒さに対応することができ、タイトフィットなシルエットなので重ね着しても着膨れしないのが嬉しい。 ジャケットはポケットに収納し、ボール状にまとめることができる。仮眠時の枕として使ったり、ツーリング先でキャッチボールをして身体をほぐしたり(?)と、シンイチロウ・アラカワらしい"遊びゴコロ"も備えた一着なのだ。

新作ファッションアイテムのチョ、発売中!有名ブランドからカジュアルまで♪いま大流行りのファッションアイテム。豊富なサイズ・カラー・デザインから、ぴったりのチョが見つかる!流行ものから定番ものまで、自分だけのお気に入りを選ぼう。

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、ファッション関連商品をまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいファッションアイテムが充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「チョ」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ