「2006 年ワイン」 の検索結果 2,421件

◇≪マルゴー≫CH マルゴー 2006 ☆

東急百貨店

107,800

◇≪マルゴー≫CH マルゴー 2006 ☆

【生産者情報】1855年の格付け当時から五大シャトーの先頭を争う高貴なワイン、シャトー・マルゴー。パリ万博の際に行われた格付けでは、最高級の格付け第一級を獲得。さらに、その際に行われた20点満点のテイスティングでは唯一満点評価を受け、名実ともにボルドーワインの頂点へ登り詰めました。30年にわたりシャトー・マルゴーの最高醸造責任者を務めた故ポール・ポンタリエ氏は、シャトー・マルゴーを「ベルベットの手袋の中の鋼鉄の拳」と表現。そのように女性らしくも力強さを秘めたワインと形容される理由は、第一に優雅で香り高い、マルゴー特有のエレガンス。それに加えて、たっぷりとした果実味と豊富なタンニンを備えていることからです。【ワイン情報】2006年からマルゴー特有のエレガンスを最大限に引き出す為、カベルネ・ソーヴィニヨンの比率を高めており、造られるワインも新樽率100%というこだわり。また収穫においても選果をさらに厳しくし、ファースト・ラベルに使われるブドウは全体の僅か35%前後です。最高のテロワールで育ち、極めて厳しい選果をクリアした珠玉のブドウだけをグラン・ヴァンに使用しています。【味わい】彼ら手掛けるワイン、外観は深みあるガーネットレッド。華やかな果実のアロマに、土や煙草、甘草などの複雑なニュアンス。口当たりの滑らかさ、そしてしっかりしたボディと繊細さを備えた味わい。並外れたタンニンは、非常にしなやかで、柔和で優しく最後まで残る事ことでしょう。「ワインの女王」と呼ばれるボルドーワインの中でも、シャトー・マルゴーは「最も女性的なワイン」とも形容されるワイン。

≪モンジャール ミュニュレ≫エシェゾー ヴィエイユ ヴィーニュ2006 ☆

東急百貨店

37,620

≪モンジャール ミュニュレ≫エシェゾー ヴィエイユ ヴィーニュ2006 ☆

【生産者情報】エシェゾー、グランゼシェゾーはDRCに次ぐ規模。33ヘクタールの畑を所有する大ドメーヌ。モンジャールの姓は17世紀の初め、1620年頃からブルゴーニュで見られます。代々ブドウ栽培を生業としてきた家系です。現当主ヴァンサン・モンジャールの父でヴォーヌ・ロマネ村の村長も務めたジャンの時代にドメーヌは大きく成長しました。さらにヴァンサンが拡大し、現在、ブドウ畑の面積は33ha。北はマルサネから南はサヴィニー・レ・ボーヌまで35のアペラシオンに散らばっている。ちょっとしたネゴシアン並みの規模です。【ワイン情報】ブドウ栽培では2003年から一部の畑(ニュイ・サン・ジョルジュ1級ブード、ヴォーヌ・ロマネ1級シュショ、プティ・モン、それに全特級クリマ)でビオロジック農法を始めています。それ以外の畑はリュット・レゾネですが、これだけ広範囲にわたる畑を農薬に頼らず耕作するのは非常に大変なこと。父ジャンの時代、このドメーヌのワインは新樽の香りが顕著に感じられたものでしたが、近年のワインは樽香が果実味の中にきれいに溶け込み、洗練さを増しています。【味わい】モンジャール・ミニュレでは、エシェゾー・デュ・デュス、ルージュ・デュ・バ、レ・トゥルーの3つの区画を所有しています、1929年に植樹したルージュ・デュ・バのブドウはすべてエシェゾー・ヴィエイユ・ヴィーニュとして瓶詰めされています。表土の薄いルージュ・デュ・バ。畝は斜面に対して水平方向に伸びます。ピンクのエッジが感じられるルビー色のワインはラズベリーやチェリーなど赤い果実の香りが主体で非常にキメ細かなタンニンとミネラルが織り成します。

ピーター・マイケル レ・パヴォ エステート・レッド[2006]

プレミアム酒販太平

38,720

ピーター・マイケル レ・パヴォ エステート・レッド[2006]

ピーター・マイケルの最高のワインはシャルドネも含めてすべて、濾過処理を行わずに瓶詰めされる。 読者には、ナパやソノマ・カウンティの境界からそう遠くはない、ナイツ・ヴァレーにあるこのワイナリーにぜひ行ってみてほしいものだ。 ワインの品質は並外れており、ワイナリー職員の才能と義務感にも賞賛に値するものがある。 しかしそれ以上にすばらしいことは、このワイナリーがより優れた品質のワインを生み出そうと努力し続けている、その姿勢である。 《ワイン・バイヤーズ・ガイドより抜粋》 生産地区:カリフォルニア州Peter Michael Winery ピーター・マイケル・ワイナリー 英国でのビジネスの成功により英国経済の繁栄に寄与した功績を称え、1989年に「Sir」の称号を受けたピーター・マイケルは、 その7年前の1982年に家族と共にカリフォルニアに渡り、カリストガ北のナイツ・ヴァレーにワイナリーを建設しました。 ナイツ・ヴァレー唯一のワイナリーで、周りの山肌の斜面に畑を開墾し、マウンテン・グレープからフランスの伝統的な手法を使い、手工業的なシングルヴィンヤードのワインを造っています。 初代のワインメーカーであるヘレン・ターリー女史から影響を受けた醸造家ニコラス・モルレはシャンパーニュの家族経営ドメーヌの5代目で、 ブルゴーニュやボルドーでのワイン醸造の経験を基にピーターの目指す「パワーよりもエレガント」なスタイルのワインを造ります。 少量生産のワインはカリフォルニアの貴重な銘醸ワインとして世界中で高く評価されています。

≪ドン ペリニヨン≫ロゼ ヴィンテージ 2006 ☆

東急百貨店

46,420

≪ドン ペリニヨン≫ロゼ ヴィンテージ 2006 ☆

【生産者情報】ドン・ピエール・ペリニヨンの「最高のワインを造る」という思いを受け継ぎ、選りすぐりった単一年のブドウのみを長期熟成して造るため、ヴィンテージしか存在しないドン ペリニヨン。ドン・ピエール・ペリニヨンが考案した「アサンブラージュ」という魔法を使って、黒ブドウと白ブドウを完璧なバランスでブレンドし、各ヴィンテージワインを偉大なる作品へと昇華させ、「The Power Of Creation(創造する力)」を体言しています。 【ワイン情報】うっとりとさせる、複雑に熟したブーケ。ダークスパイスとカカオが混ざり合った最初の香りが、またたく間にローストイチヂク、アプリコット、オレンジコンフィといった、極上の果実の香りへと変化して行き、スモーキーなアクセントが全体に漂います。ピノ・ノワールの躍動感が織りなす完璧なハーモニー。【味わい】 口に含んだ瞬間に、ワインの華々しさが広がります。果実を噛んだ時のような甘さとジューシーな風味が力強さを与え、シルクのような口当たりは滑らかに溶け込み、細かい粒子や微かな植物を感じます。ドン ペリニヨン ロゼ ヴィンテージ 2006は、ピノ・ノワールのジューシーな果実感と凝縮感が表現され滑らかで力強いワインです。驚くほど凝縮しジューシーな果実感に満ち溢れ、リコリス・オリエンタルスパイスなどの複雑さを兼ね備えた、華やかで引き締まったピノ・ノワールが見事に表現されています。

◇≪アンドレ クルエ≫ドリーム ヴィンテージ バージョン3 2006 ☆

東急百貨店

10,450

◇≪アンドレ クルエ≫ドリーム ヴィンテージ バージョン3 2006 ☆

【生産者情報】モンターニュ・ド・ランスの100%格付けのグラン・クリュ「ブージー村」「アンボネイ村」は言わずと知れたピノ・ノワールの優良産地であるアンドレ・クルエは、その地において極上のシャンパーニュを造る生産者です。両親が所有するブージーと隣村のアンボネイにある最上の畑から収穫された葡萄のみを使用します。アンボネイ村のピノ・ノワールは、表土が薄く、チョークの土壌の影響を受けやすいため、エレガントなピノ・ノワールが出来ます。一方ブージー村は、南向きであり日照量が多いため、数あるグランクリュの中でも最もしっかりしたピノ・ノワールを生み出します。【ワイン情報】アンドレ・クルエの限定キュヴェ。2006年は、ドラマチックとも言える気候展開だった年。厳冬で平均気温が低く、かつ4月まで寒さが続いたため生育サイクルは遅めのスタートとなりました一転、7月からは2003年を思わせる暑い夏となり、8月は雨が多かったが9月からまた好天が戻ったお陰で、質、量ともに満足のいくヴィンテージとなりました。【味わい】ピノ・ノワール100%としては驚くほどに膨らみのある柔かい味わいです。

◇[おすすめ白ワインNo. 02]≪ポール ジャブレ エネ≫ヴィオニエ ☆

東急百貨店

1,430

◇[おすすめ白ワインNo. 02]≪ポール ジャブレ エネ≫ヴィオニエ ☆

【生産者情報】ポール・ジャブレ・エネの歴史は1834年にアントワン・ジャブレによって始まりました。7世代、約2世紀にわたりローヌのエルミタージュを本拠地として、伝統を守りながら、卓越した品質のワインを造りを行いました。1997年のジェラール・ジャブレ氏の死後以降、2006年にカロリーヌ・フレイが購入。ワイナリーの統制と改革に力を注ぎ、その功績はロバート・パーカーはじめ世界が絶賛し、現在も注目を集めています。ポール・ジャブレ・エネでは偉大なワインはぶどうの樹から生まれるとして、ぶどう栽培に非常に力を入れています。約100haのぶどう畑は、伝統的なぶどう栽培方法が採用され、樹冠管理、摘房、剪定、収穫すべてが手作業で行われています。また、オーナー・醸造責任者であるカロリーヌ・フレイは2006年の就任以来、有機農法への転換を推進し、2016年にエコセールの認証を取得し、、テロワールを反映したワイン造りを進めています。【ワイン情報】このワインに使用されるヴィオニエは、手摘みにて収穫後、すぐにプレス。アロマを最大限引き出すため、発酵は低温、温度管理下のもとでステンレスタンクにて行う。熟成は、ステンレスタンクの中で、おりを漬け込んだ状態で8か月行います。【味わい】パイナップル、マンゴー、ユリ、アカシア の香り。エキゾチックな味わいの中に桃やアプリコットのニュアンス。フレッシュでありながら、中度の厚みがあり、心地よい余韻が感じられます。

LeflaivePuligny Montrachet[2006]750mlピュリニー・モンラッシェ[2006]750mlルフレーヴ Leflaive

ワインとお宿 千歳

25,960

LeflaivePuligny Montrachet[2006]750mlピュリニー・モンラッシェ[2006]750mlルフレーヴ Leflaive

画像は2009 * 正規輸入 LUC 蔵出しピュリニィの至宝といわれ、世界最高峰の白ワインを生み出す作り手 ピュリニー・モンラッシェ村で世界で最高峰の秀逸なワインを造りだす、非常に人気の高いドメーヌです。ブルゴーニュ白ワイン造りの名匠と謳われた故ヴァンサン・ルフレーヴの後を継ぎ、その娘、アンヌ・クロード・ルフレーヴがドメーヌ・ルフレーヴの品質の評価の維持に努めています。ビオディナミ農法を1990年より実践しており、ブドウ栽培は化学肥料のたぐいは一切使用せずに、天然のカルシウム、リン、シリカ、鉄分などを水に溶かして、ブドウの根元に施しています。その結果、土の中の微生物が活発に働き、窒素量が増え、ブドウの葉の色づきが向上し、ルフレーヴの畑の土はとても柔らかいです。ドメーヌでは22haある自社畑のうち、7haをビオディナミ農法で、15haを一般の有機栽培にて行なっておりますが、これらを比較試飲してみると、ビオディナミ農法でつくられたワインほうが、ワインの味はより複雑になり、バランスのとれたものになるとアンヌ・クロード・ルフレーヴは語っています。 「ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェ」、「バタール・モンラッシェ」、「シュヴァリエ・モンラッシェ」のグラン・クリュを昔から所有し、91年に「モンラッシェ」を手に入れました。モンラッシェはわずか0.08haで、1樽、300本しか造られない極稀少な白ワインです。 ドメーヌ唯一の赤だったブラニー・スー・ル・ド・ダーヌは2001年ヴィンテージで姿を消した。替わって新たにムルソーのプルミエ・クリュ、ムルソー・スー・ル・ド・ダーヌとして2000年ヴィンテージからリリースされています。

LeflaiveBourgogne Blanc [2006]750mlブルゴーニュ 白[2006]750mlルフレーヴ Leflaive

ワインとお宿 千歳

10,230

LeflaiveBourgogne Blanc [2006]750mlブルゴーニュ 白[2006]750mlルフレーヴ Leflaive

* 正規輸入 LUC 蔵出しピュリニィの至宝といわれ、世界最高峰の白ワインを生み出す作り手 ピュリニー・モンラッシェ村で世界で最高峰の秀逸なワインを造りだす、非常に人気の高いドメーヌです。ブルゴーニュ白ワイン造りの名匠と謳われた故ヴァンサン・ルフレーヴの後を継ぎ、その娘、アンヌ・クロード・ルフレーヴがドメーヌ・ルフレーヴの品質の評価の維持に努めています。ビオディナミ農法を1990年より実践しており、ブドウ栽培は化学肥料のたぐいは一切使用せずに、天然のカルシウム、リン、シリカ、鉄分などを水に溶かして、ブドウの根元に施しています。その結果、土の中の微生物が活発に働き、窒素量が増え、ブドウの葉の色づきが向上し、ルフレーヴの畑の土はとても柔らかいです。ドメーヌでは22haある自社畑のうち、7haをビオディナミ農法で、15haを一般の有機栽培にて行なっておりますが、これらを比較試飲してみると、ビオディナミ農法でつくられたワインほうが、ワインの味はより複雑になり、バランスのとれたものになるとアンヌ・クロード・ルフレーヴは語っています。 「ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェ」、「バタール・モンラッシェ」、「シュヴァリエ・モンラッシェ」のグラン・クリュを昔から所有し、91年に「モンラッシェ」を手に入れました。モンラッシェはわずか0.08haで、1樽、300本しか造られない極稀少な白ワインです。 ドメーヌ唯一の赤だったブラニー・スー・ル・ド・ダーヌは2001年ヴィンテージで姿を消した。替わって新たにムルソーのプルミエ・クリュ、ムルソー・スー・ル・ド・ダーヌとして2000年ヴィンテージからリリースされています。

≪フランシス コッポラ ソフィア≫ブラン ド ブラン ☆

東急百貨店

3,190

≪フランシス コッポラ ソフィア≫ブラン ド ブラン ☆

【生産者情報】映画監督のフランシス・フォード・コッポラは、1975年にナパ・ヴァレーにあるニーバム・エステートの一部を購入して以来、高品質なワイン造りを続けてきました。2006年ソノマ・カウンティに、フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーを設立。発酵・熟成、ボトリングまで、一貫して厳しいコントロールの下、ワインが造られています。カリフォルニア州持続可能型ワイン生産同盟の認証を受けるなど、自然農法を推進したワイナリー。また、2017~2019年のアカデミー賞オフィシャル・ワイナリーに選ばれております。【ワイン情報】ソフィアは、フランシス・フォード・コッポラ監督が、愛娘であるソフィアに捧げたワインです。彼女の結婚のお祝いに造ったスパークリング・ワインから始まったブランドで、すべてのワインが彼女の好み通りに造られ、アルコール度が低めで、フレッシュでフルーティなスタイルです。泡の強さもシャンパーニュよりは少し柔らかめでアルコール度も通常のカリフォルニアワインに比べ低めになっています。ブドウは全房プレス機にかけられ、ジュースはそのままステンレスタンクに移され一時発酵されます。その後シャルマ方式で二次発酵される前に少量の他のブドウ品種のワインがブレンドされ、ワインに個性と複雑味を与えます。主体で使用されるブドウはピノ・ブランで、リースリングはトロピカルなフレーヴァーを、マスカットはアプリコットやスイカズラのような華やかな香りを与えます。【味わい】アプリコットやみかん、洋ナシの香りに、メロンやレモンの香りが感じられ、軽やかでフレッシュ感溢れるスパークリングワインです。

LeflaivePuligny Montrachet Clavoillon [2006]750mlピュリニー・モンラッシェ・クラヴォワイヨン[2006]750mlルフレーヴ Leflaive

ワインとお宿 千歳

24,200

LeflaivePuligny Montrachet Clavoillon [2006]750mlピュリニー・モンラッシェ・クラヴォワイヨン[2006]750mlルフレーヴ Leflaive

写真は2009 * 正規輸入 LUC 蔵出しピュリニィの至宝といわれ、世界最高峰の白ワインを生み出す作り手 ピュリニー・モンラッシェ村で世界で最高峰の秀逸なワインを造りだす、非常に人気の高いドメーヌです。ブルゴーニュ白ワイン造りの名匠と謳われた故ヴァンサン・ルフレーヴの後を継ぎ、その娘、アンヌ・クロード・ルフレーヴがドメーヌ・ルフレーヴの品質の評価の維持に努めています。ビオディナミ農法を1990年より実践しており、ブドウ栽培は化学肥料のたぐいは一切使用せずに、天然のカルシウム、リン、シリカ、鉄分などを水に溶かして、ブドウの根元に施しています。その結果、土の中の微生物が活発に働き、窒素量が増え、ブドウの葉の色づきが向上し、ルフレーヴの畑の土はとても柔らかいです。ドメーヌでは22haある自社畑のうち、7haをビオディナミ農法で、15haを一般の有機栽培にて行なっておりますが、これらを比較試飲してみると、ビオディナミ農法でつくられたワインほうが、ワインの味はより複雑になり、バランスのとれたものになるとアンヌ・クロード・ルフレーヴは語っています。 「ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェ」、「バタール・モンラッシェ」、「シュヴァリエ・モンラッシェ」のグラン・クリュを昔から所有し、91年に「モンラッシェ」を手に入れました。モンラッシェはわずか0.08haで、1樽、300本しか造られない極稀少な白ワインです。 ドメーヌ唯一の赤だったブラニー・スー・ル・ド・ダーヌは2001年ヴィンテージで姿を消した。替わって新たにムルソーのプルミエ・クリュ、ムルソー・スー・ル・ド・ダーヌとして2000年ヴィンテージからリリースされています。

送料無料
LeflaiveBienvenues Batard Montrachet [2006]750mlビアンヴィニュ・バタール・モンラッシェ[2006]750mlルフレーヴ Leflaive

ワインとお宿 千歳

79,200

LeflaiveBienvenues Batard Montrachet [2006]750mlビアンヴィニュ・バタール・モンラッシェ[2006]750mlルフレーヴ Leflaive

* 正規輸入 LUC 蔵出しピュリニィの至宝といわれ、世界最高峰の白ワインを生み出す作り手 ピュリニー・モンラッシェ村で世界で最高峰の秀逸なワインを造りだす、非常に人気の高いドメーヌです。ブルゴーニュ白ワイン造りの名匠と謳われた故ヴァンサン・ルフレーヴの後を継ぎ、その娘、アンヌ・クロード・ルフレーヴがドメーヌ・ルフレーヴの品質の評価の維持に努めています。ビオディナミ農法を1990年より実践しており、ブドウ栽培は化学肥料のたぐいは一切使用せずに、天然のカルシウム、リン、シリカ、鉄分などを水に溶かして、ブドウの根元に施しています。その結果、土の中の微生物が活発に働き、窒素量が増え、ブドウの葉の色づきが向上し、ルフレーヴの畑の土はとても柔らかいです。ドメーヌでは22haある自社畑のうち、7haをビオディナミ農法で、15haを一般の有機栽培にて行なっておりますが、これらを比較試飲してみると、ビオディナミ農法でつくられたワインほうが、ワインの味はより複雑になり、バランスのとれたものになるとアンヌ・クロード・ルフレーヴは語っています。 「ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェ」、「バタール・モンラッシェ」、「シュヴァリエ・モンラッシェ」のグラン・クリュを昔から所有し、91年に「モンラッシェ」を手に入れました。モンラッシェはわずか0.08haで、1樽、300本しか造られない極稀少な白ワインです。 ドメーヌ唯一の赤だったブラニー・スー・ル・ド・ダーヌは2001年ヴィンテージで姿を消した。替わって新たにムルソーのプルミエ・クリュ、ムルソー・スー・ル・ド・ダーヌとして2000年ヴィンテージからリリースされています。

≪フランシス コッポラ ダイアモンド コレクション≫ジンファンデル カリフォルニア ☆

東急百貨店

2,970

≪フランシス コッポラ ダイアモンド コレクション≫ジンファンデル カリフォルニア ☆

【生産者情報】映画監督のフランシス・フォード・コッポラは、1975年にナパ・ヴァレーにあるニーバム・エステートの一部を購入して以来、高品質なワイン造りを続けてきました。2006年ソノマ・カウンティに、フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーを設立。発酵・熟成、ボトリングまで、一貫して厳しいコントロールの下、ワインが造られています。カリフォルニア州持続可能型ワイン生産同盟の認証を受けるなど、自然農法を推進したワイナリー。また、2017~2019年のアカデミー賞オフィシャル・ワイナリーに選ばれております。【ワイン情報】ダイヤモンド・コレクションは典型的なカリフォルニアワインで、果実が前面に出て、幾層にも重なるフレーヴァーを持つ、今すぐに飲んでも美味しいワインです。ダイヤモンド・コレクション・ジンファンデルは、アぺレーションやクローン、土壌、栽培方法が異なるいくつかのブドウがブレンドされています。オーストラリアのバッロッサ・ヴァレーの土壌と良く似た泥質ローム土壌を含んだ暑いパソ・ロブレスのブドウと、同じく涼しいソノマ・カウンティのブドウを使っています。これらの違うズタイルのジンファンデルを合わせることで、ワインに素晴らしい複雑味と個性を持たせることができました。リッチでジャミー過ぎず、ベルベットのような口当たりで、この品種の個性であるスパイシーさが折り重なった複雑味を持ち、美しい樽のニュアンスを持ったワインです。【味わい】完熟したプラムやスパイシーな黒胡椒の香りと、豊富な果実味がジンファンデルらしい個性を引き立てています。

送料無料
LeflaivePuligny Montrachet Folatieres[2006]750mlピュリニー・モンラッシェ・フォラティエール[2006]750mlルフレーヴ Leflaive

ワインとお宿 千歳

42,680

LeflaivePuligny Montrachet Folatieres[2006]750mlピュリニー・モンラッシェ・フォラティエール[2006]750mlルフレーヴ Leflaive

画像は2009 * 正規輸入 LUC 蔵出しピュリニィの至宝といわれ、世界最高峰の白ワインを生み出す作り手 ピュリニー・モンラッシェ村で世界で最高峰の秀逸なワインを造りだす、非常に人気の高いドメーヌです。ブルゴーニュ白ワイン造りの名匠と謳われた故ヴァンサン・ルフレーヴの後を継ぎ、その娘、アンヌ・クロード・ルフレーヴがドメーヌ・ルフレーヴの品質の評価の維持に努めています。ビオディナミ農法を1990年より実践しており、ブドウ栽培は化学肥料のたぐいは一切使用せずに、天然のカルシウム、リン、シリカ、鉄分などを水に溶かして、ブドウの根元に施しています。その結果、土の中の微生物が活発に働き、窒素量が増え、ブドウの葉の色づきが向上し、ルフレーヴの畑の土はとても柔らかいです。ドメーヌでは22haある自社畑のうち、7haをビオディナミ農法で、15haを一般の有機栽培にて行なっておりますが、これらを比較試飲してみると、ビオディナミ農法でつくられたワインほうが、ワインの味はより複雑になり、バランスのとれたものになるとアンヌ・クロード・ルフレーヴは語っています。 「ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェ」、「バタール・モンラッシェ」、「シュヴァリエ・モンラッシェ」のグラン・クリュを昔から所有し、91年に「モンラッシェ」を手に入れました。モンラッシェはわずか0.08haで、1樽、300本しか造られない極稀少な白ワインです。 ドメーヌ唯一の赤だったブラニー・スー・ル・ド・ダーヌは2001年ヴィンテージで姿を消した。替わって新たにムルソーのプルミエ・クリュ、ムルソー・スー・ル・ド・ダーヌとして2000年ヴィンテージからリリースされています。

LeflaiveMacon Verze [2006]750mlマコン・ベルゼ [2006]750ml ルフレーヴ Leflaive

ワインとお宿 千歳

8,030

LeflaiveMacon Verze [2006]750mlマコン・ベルゼ [2006]750ml ルフレーヴ Leflaive

* 正規輸入 LUC 蔵出しピュリニィの至宝といわれ、世界最高峰の白ワインを生み出す作り手 ピュリニー・モンラッシェ村で世界で最高峰の秀逸なワインを造りだす、非常に人気の高いドメーヌです。ブルゴーニュ白ワイン造りの名匠と謳われた故ヴァンサン・ルフレーヴの後を継ぎ、その娘、アンヌ・クロード・ルフレーヴがドメーヌ・ルフレーヴの品質の評価の維持に努めています。ビオディナミ農法を1990年より実践しており、ブドウ栽培は化学肥料のたぐいは一切使用せずに、天然のカルシウム、リン、シリカ、鉄分などを水に溶かして、ブドウの根元に施しています。その結果、土の中の微生物が活発に働き、窒素量が増え、ブドウの葉の色づきが向上し、ルフレーヴの畑の土はとても柔らかいです。ドメーヌでは22haある自社畑のうち、7haをビオディナミ農法で、15haを一般の有機栽培にて行なっておりますが、これらを比較試飲してみると、ビオディナミ農法でつくられたワインほうが、ワインの味はより複雑になり、バランスのとれたものになるとアンヌ・クロード・ルフレーヴは語っています。 「ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェ」、「バタール・モンラッシェ」、「シュヴァリエ・モンラッシェ」のグラン・クリュを昔から所有し、91年に「モンラッシェ」を手に入れました。モンラッシェはわずか0.08haで、1樽、300本しか造られない極稀少な白ワインです。 ドメーヌ唯一の赤だったブラニー・スー・ル・ド・ダーヌは2001年ヴィンテージで姿を消した。替わって新たにムルソーのプルミエ・クリュ、ムルソー・スー・ル・ド・ダーヌとして2000年ヴィンテージからリリースされています。

≪フランシス コッポラ ダイアモンド コレクション≫シャルドネ モントレー ☆

東急百貨店

2,420

≪フランシス コッポラ ダイアモンド コレクション≫シャルドネ モントレー ☆

【生産者情報】映画監督のフランシス・フォード・コッポラは、1975年にナパ・ヴァレーにあるニーバム・エステートの一部を購入して以来、高品質なワイン造りを続けてきました。2006年ソノマ・カウンティに、フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーを設立。発酵・熟成、ボトリングまで、一貫して厳しいコントロールの下、ワインが造られています。カリフォルニア州持続可能型ワイン生産同盟の認証を受けるなど、自然農法を推進したワイナリー。また、2017~2019年のアカデミー賞オフィシャル・ワイナリーに選ばれております。【ワイン情報】ダイヤモンド・コレクションはカリフォルニアの沿岸部の畑、或いは内陸部の渓谷にある畑で収穫される、完熟したリッチでとてもフルーティなブドウから造られています。的確な醸造と熟成の技術で品種の個性を十分に表現した複雑味のある高品質なワインとなっています。海に近い冷涼なモントレーの二つの畑のブドウから造られています。一つのヴィンヤードは砂質ローム層が広がるガビラン山脈に位置しています。この水捌けの良い土壌がフルーツのフレーヴァーを凝縮させます。もう一つの畑はアロヨ・セコにあり、比較的気温が低くブドウの酸味が保たれています。この二つの畑のワインをブレンドし、バランスの取れた複雑味溢れたワインとなりました。 ブドウを収穫後、全房プレス機を使ってプレスし半量をフレンチオーク樽で、残りの半量をステンレスタンクで発酵します。また樽の中でマロラクティック発酵したワインもブレンドされ、クリーミーな舌触りを加えます。【味わい】メロンやピーチ、爽やかなリンゴ等の香りに始まり、かすかなオーク樽の香りがフレーバーを、よりリッチにかんじさせます。

送料無料
Armand RousseauGevrey Chambertin[2006] 750mlジュヴレ・シャンベルタン[2006] 750mlアルマン・ルソーArmand Rousseau

ワインとお宿 千歳

41,800

Armand RousseauGevrey Chambertin[2006] 750mlジュヴレ・シャンベルタン[2006] 750mlアルマン・ルソーArmand Rousseau

ジュブレ・シャンベルタンの顔と呼ばれる偉大なドメーヌ つくりだすワインの質が高いことに加えて、所有する特級、1級畑の面積の広さも特筆に値します。 ドメーヌの総面積14ヘクタール弱のうち、半分以上の8ヘクタールをシャンベルタン(2.2ヘクタール)クロ・ド・ベーズ(1.4ヘクタール)等の特級畑が占め、他に1級畑が3.5ヘクタール、村名畑は、2ヘクタール強にすぎません。 更にこれらの畑に植えられているぶどうの樹齢の高さも特徴のひとつです。大半の畑の植えつけは第2次世界大戦以前、1級畑のクロ・サン=ジャックに至っては1924年と'54年の古さです。ドメーヌ全体の平均樹齢は45年以上になります。樹齢が高いうえに、ヘクタール当たり25〜35ヘクトリットルという低収量で収穫されるぶどうは伝統的な手法でワインに仕立て上げられます。 そして新樽の比率は基本的にシャンベルタン、クロ・ド・ベーズ及び1級のクロ・サン=ジャックが100パーセント、その他の特級は80パーセント前後。出来上がるワインは滑らかで品があり、各要素のバランスのいい完成度の高いもので、このドメーヌの名声の高さを如実に物語っています。

Dugat-PyBourgogne Halinard [2006]750mlブルゴーニュ アリナール[2006]750mlデュガ・ピィ Dugat-Py

ワインとお宿 千歳

10,780

Dugat-PyBourgogne Halinard [2006]750mlブルゴーニュ アリナール[2006]750mlデュガ・ピィ Dugat-Py

画像は2004年ですしなやかで、力強い、誘惑的な、甘い果実の詰まった宝石のようなワイン!。 ジュヴレ・シャンベルタンで5代続くドメーヌで、クロード・デュガとは従兄弟の関係。ピィは夫人の旧姓で、夫婦が共同で栽培から醸造、出荷までを手がけているので並べて表記しています。 ベルナール・デュガは1973年に15歳で最初のブドウ畑を手にし、ワインを造りを始めました。後に、シャルム・シャンベルタン、プティ・シャペル、ラヴォ・サン・ジャックの畑を受け継ぎましたが、それでも彼が所有する面積は4haに過ぎません。1989年までは生産するワインすべてを、ルロワをはじめとするネゴシアンに売却していましたが、現在はドメーヌ元詰めを行っています。 古樹の区画に恵まれ、家族全員がブドウ栽培に取り組み、収量を抑えるために厳しい剪定を行っています。ワインによって50〜100%の新樽が使われ、豊かで、凝縮し、完熟した果実味が層を成す、優れたワインを造り出しています。 ワインはいずれも生産量が限定されており、桁外れの品質を備え、力強さを擁しつつも見事にテロワールを表現した味わいはファン垂涎の的!となっています。 全てのワインにおいてその深遠な深く濃い色調、複雑な凝縮度の高い果実香、そしてただ単純に濃いだけではないエレガントなしっかりとした美しい酸を骨格に持つ、後味が永く、口の中に高貴な香りが保ち続けます。

◇≪メオ カミュゼ フレール エ スール≫シャンボール ミュジニ 2017 ☆

東急百貨店

13,200

◇≪メオ カミュゼ フレール エ スール≫シャンボール ミュジニ 2017 ☆

【生産者情報】アンリ・ジャイエの薫陶を今に受け継ぐヴォーヌ・ロマネの名門ドメーヌ メオ・カミュゼ。エティエンヌ・カミュゼの娘、マリア・ノワロには跡継ぎがなく、1959年近親のジャン・メオにドメーヌを託して亡くなりました。ジャン・メオは当時、ド・ゴール政権の閣僚という要職にあり、直接ドメーヌの管理をする事は出来ない為、畑は折半耕作の形で小作人に任せ、出来上がったワインは樽のままネゴシアンに売られていました。この時の小作人でワインを手がけていたのが、2006年に没したブルゴーニュワインの神様、アンリ・ジャイエでした。やがて1980年代半ば、折半耕作の契約が切れると同時に、小作人たちも引退の時を迎え、メオ家にブドウ畑を返還。1985年から本格的にドメーヌ元詰めが始まりました。やがてパリに在住したままで、ドメーヌを経営する事が難しくなり、ブルゴーニュに赴くことになったのがジャンの息子、ジャン・ニコラ・メオです。商業学校でマーケティングを学び、銀行で研修を受けた、生粋のパリジャンです。1989年、24歳にしてドメーヌを託されました。【ワイン情報】ドメーヌもののワインがその希少価値から入手困難であり、価格の壁も高いことから、比較的手頃な値段でメオ・カミュゼの哲学が楽しめるネゴスものの存在は、ワイン愛好家はもちろん、レストランにとってもありがたい存在といえます。【味わい】パワフルさとしっかりとしたストラクチャーが特徴的。深みがあるところに果熟と酸が高まり、面白いコンビネーションが味わえます。少なくとも3~4年は熟成させることをお奨めします。

【カステッロ ディ アマ】 キャンティ クラシコ ヴィニェート カズッチャ [2006] 750ml・赤

酒宝庫 MASHIMO

16,280

【カステッロ ディ アマ】 キャンティ クラシコ ヴィニェート カズッチャ [2006] 750ml・赤

キャンティ・クラシコに初めてメルロをブレンドし、大絶賛を受けた「ヴィニェート・ラ・カズッチャ」。非常にしっかりとした骨格を持つワインで、驚く程柔らかいタンニンと、桁はずれた長命さを特徴としています。非常にバランスの良い、きめ細かい仕上がりです。 色・タイプ 赤/フルボディ/辛口 品種 サンジョヴェーゼ、メルロ 容量 750ml 産地 イタリア トスカーナ州キャンティ・クラシコの地位を向上させた先駆者 キャンティ・クラシコの名門、カステッロ・ディ・アマ。現在のオーナー兼醸造家であるマルコ氏は、長年キャンティ・クラシコ協会の会長を務め、2003年『ガンベロ・ロッソ』誌のワインメーカー・オブ・ザイヤーも受賞。マルコ氏は、キャンティ・クラシコが『早く飲める安ワイン』という存在だった時代に、「5年経っても美味しく飲める = 熟成するキャンティ・クラシコを造る」と目標を掲げ、収量を約50%に制限し、畑の特徴を活かすため、ブルゴーニュ的な『クリュ』ごとに収穫・醸造する方法を取り入れました。 彼が目指したのは、「キャンティ・クラシコ」のワインを造るのではなく、あくまで「カステッロ・ディ・アマ」のワインを造ること。キャンティ・クラシコの名に頼らず、自身の名に恥じない品質のワインを作ることを目指しました。このような努力により、ワインの品質は劇的に向上し、アマのワインそしてキャンティ・クラシコは世界的に高い評価を獲得。カステッロ・ディ・アマは、キャンティ・クラシコの地位を復活させた、イタリアが誇る名生産者なのです。 サイトスペシフィック・アートに秘められた意味 アマの敷地内には、著名なアーティストたちによるアート作品が無数に存在しています。そのアート達は、2000年より始まったサイトスペシフィック・アートプロジェクトの一環で...

◇≪メオ カミュゼ フレール エ スール≫フィサン 1erクリュ クロ デュ シャピトル 2017 ☆

東急百貨店

11,000

◇≪メオ カミュゼ フレール エ スール≫フィサン 1erクリュ クロ デュ シャピトル 2017 ☆

【生産者情報】アンリ・ジャイエの薫陶を今に受け継ぐヴォーヌ・ロマネの名門ドメーヌ メオ・カミュゼ。エティエンヌ・カミュゼの娘、マリア・ノワロには跡継ぎがなく、1959年近親のジャン・メオにドメーヌを託して亡くなりました。ジャン・メオは当時、ド・ゴール政権の閣僚という要職にあり、直接ドメーヌの管理をする事は出来ない為、畑は折半耕作の形で小作人に任せ、出来上がったワインは樽のままネゴシアンに売られていました。この時の小作人でワインを手がけていたのが、2006年に没したブルゴーニュワインの神様、アンリ・ジャイエでした。やがて1980年代半ば、折半耕作の契約が切れると同時に、小作人たちも引退の時を迎え、メオ家にブドウ畑を返還。1985年から本格的にドメーヌ元詰めが始まりました。やがてパリに在住したままで、ドメーヌを経営する事が難しくなり、ブルゴーニュに赴くことになったのがジャンの息子、ジャン・ニコラ・メオです。商業学校でマーケティングを学び、銀行で研修を受けた、生粋のパリジャンです。1989年、24歳にしてドメーヌを託されました。【ワイン情報】ドメーヌもののワインがその希少価値から入手困難であり、価格の壁も高いことから、比較的手頃な値段でメオ・カミュゼの哲学が楽しめるネゴスものの存在は、ワイン愛好家はもちろん、レストランにとってもありがたい存在といえます。【味わい】美しいミネラルが特長的で素直なワインです。深い色合いの黒フルーツのアロマ。派手さは無いが実直で余韻に酸が際立ちます。誇張しすぎない繊細さとフレッシュさ、そして爽やかさで楽しませてくれます。良質な酸で、長期熟成にも耐えうるワインです。

Philippe RotyMarsanay Champs Saint Etienne [2006]750mlマルサネ・シャン・サン・エティエンヌ [2006]750mlフィリップ・ロティ...

ワインとお宿 千歳

6,380

Philippe RotyMarsanay Champs Saint Etienne [2006]750mlマルサネ・シャン・サン・エティエンヌ [2006]750mlフィリップ・ロティ...

2009年 7月 2日 撮影 フィリップ・ロティ 現在、畑仕事や醸造は2008年8月に亡くなった父親に代わ り、息子であるフィリップ・ロティ氏が全て行っています。 剪定した葉そのまま土の上に、栄養とする為です。 彼の畑には多くの古木があり、地中深くまで根を伸ばし、 そこから様々な要素を地上に引き上げ、そこから出来た 葡萄はその段階ですでに他とは全く比較にならないほど 素晴らしく複雑な味わいを持ちます。 テイスティング風景 中央は2003年からのサポート役、フィリップ氏の弟 右はジョセフ氏の奥様、ご家族で出迎えて頂きました。 フィリップ氏の印象はやる気と情熱!そんな感じでした、 心底ワインが好きという貪欲な所とどっしりと構え落ち 着いた物腰で隣の母・弟を代表して話す姿がロティ家を 背負って行くんだという気迫と責任感にみえました。 ブルゴーニュ最古の ピノ・ノアールと言われている “ Tres V V "は 1881年 樹齢126年 ワイン商の間でも このシャルムは 超レアで高価なワインです。 ロティ家は、現所有者のジョセフ・ロティで23代目を数える、ジュヴレ・シャンベルタンの名門。 最近では DRCと全く同じの選別機、プレス機を導入し 醸造法は古典的で、トロンセの樽を 100パーセント使用し、1年近くも熟成させます。また ビオデナミ農法を製造段階で取り入れ 清澄やろ過はほとんどおこないません。 ジョセフ・ロティ、特徴のひとつは非常に長熟でスパイシーな香りをもつ事です、 スティーブン・タンザー氏 など沢山の評論家が 全ての キュベに対して大変高い評価 をしています。

Philippe RotyBourgogne Aligote [2006]750mlブルゴーニュ・アリゴテ [2006]750mlフィリップ・ロティ Philippe Roty

ワインとお宿 千歳

2,970

Philippe RotyBourgogne Aligote [2006]750mlブルゴーニュ・アリゴテ [2006]750mlフィリップ・ロティ Philippe Roty

2009年 7月 2日 撮影 フィリップ・ロティ 現在、畑仕事や醸造は2008年8月に亡くなった父親に代わ り、息子であるフィリップ・ロティ氏が全て行っています。 剪定した葉そのまま土の上に、栄養とする為です。 彼の畑には多くの古木があり、地中深くまで根を伸ばし、 そこから様々な要素を地上に引き上げ、そこから出来た 葡萄はその段階ですでに他とは全く比較にならないほど 素晴らしく複雑な味わいを持ちます。 テイスティング風景 中央は2003年からのサポート役、フィリップ氏の弟 右はジョセフ氏の奥様、ご家族で出迎えて頂きました。 フィリップ氏の印象はやる気と情熱!そんな感じでした、 心底ワインが好きという貪欲な所とどっしりと構え落ち 着いた物腰で隣の母・弟を代表して話す姿がロティ家を 背負って行くんだという気迫と責任感にみえました。 ブルゴーニュ最古の ピノ・ノアールと言われている “ Tres V V "は 1881年 樹齢126年 ワイン商の間でも このシャルムは 超レアで高価なワインです。 ロティ家は、現所有者のジョセフ・ロティで23代目を数える、ジュヴレ・シャンベルタンの名門。 最近では DRCと全く同じの選別機、プレス機を導入し 醸造法は古典的で、トロンセの樽を 100パーセント使用し、1年近くも熟成させます。また ビオデナミ農法を製造段階で取り入れ 清澄やろ過はほとんどおこないません。 ジョセフ・ロティ、特徴のひとつは非常に長熟でスパイシーな香りをもつ事です、 スティーブン・タンザー氏 など沢山の評論家が 全ての キュベに対して大変高い評価 をしています。

◇≪メオ カミュゼ フレール エ スール≫サン トーバン 1erクリュ 2017 ☆

東急百貨店

8,800

◇≪メオ カミュゼ フレール エ スール≫サン トーバン 1erクリュ 2017 ☆

【生産者情報】アンリ・ジャイエの薫陶を今に受け継ぐヴォーヌ・ロマネの名門ドメーヌ メオ・カミュゼ。エティエンヌ・カミュゼの娘、マリア・ノワロには跡継ぎがなく、1959年近親のジャン・メオにドメーヌを託して亡くなりました。ジャン・メオは当時、ド・ゴール政権の閣僚という要職にあり、直接ドメーヌの管理をする事は出来ない為、畑は折半耕作の形で小作人に任せ、出来上がったワインは樽のままネゴシアンに売られていました。この時の小作人でワインを手がけていたのが、2006年に没したブルゴーニュワインの神様、アンリ・ジャイエでした。やがて1980年代半ば、折半耕作の契約が切れると同時に、小作人たちも引退の時を迎え、メオ家にブドウ畑を返還。1985年から本格的にドメーヌ元詰めが始まりました。やがてパリに在住したままで、ドメーヌを経営する事が難しくなり、ブルゴーニュに赴くことになったのがジャンの息子、ジャン・ニコラ・メオです。商業学校でマーケティングを学び、銀行で研修を受けた、生粋のパリジャンです。1989年、24歳にしてドメーヌを託されました。【ワイン情報】ドメーヌもののワインがその希少価値から入手困難であり、価格の壁も高いことから、比較的手頃な値段でメオ・カミュゼの哲学が楽しめるネゴスものの存在は、ワイン愛好家はもちろん、レストランにとってもありがたい存在といえます。【味わい】サントーバンの複数の1級畑をアッサンブラージュしたワインです。白い花にアカシアの蜂蜜。かすかに樽由来のナッティなニュアンス。タイトでミネラリーな白ワインに仕上がっています。

シャトー・ラトゥール 2006

YNSトウキョー(ワインズ東京)

116,600

シャトー・ラトゥール 2006

赤750ml 86%カベルネ・ソーヴィニョン、 13%メルロー、 1%プティ・ヴェルド 本日物凄い人気です!! 表示本数限りのご紹介となります。 二度とないご紹介です!! 是非ともお早めにお求めください 本日、そんな[シャトー・ラトゥール]が造りし、 【『その何層にも重なったラトゥール2006は、 このヴィンテージ最高のワインであり、 最高のケース買いワインである!!』】 と世界最高の評論家ロバート・パーカー氏にいわしめた、 伝説の大傑作2006年ヴィンテージを、本日、シャトー 蔵出し直送にて、特別に皆さんにご紹介させていただ きます!!。 そのパーカー氏は、この歴史的偉大なるワインに対して 遺した、そのコメントを、すべてご紹介いたします!!。 ・・・・・・・・・・ この2006年ラトゥールは、樽からの試飲した時より、 ボトルからの試飲はさらに良い。生産量全体のわずか に38%(10000ケース)しか、このグランヴァンにはなれ なかった。86%カベルネ・ソーヴィニョンと、残りは 主にメルローで、わずかにカベルネ・フランが使用さ れている。樽試飲の時は、1996年もしくは1986年の モダン・バージョンだと思ったが、確かに1996年との 比較は未だに成立している。私は樽試飲で、それが 幾分気になったが、最早、問題ではない。 これは美しくリッチなシャトー・ラトゥールで、濃厚 なるルビー紫色から、甘く、スモーキーで、チャコー ル、カシス、グラファイト、そして森の下草のような 香りが湧き出てくる。そしてフルボディで、魅惑的な 新鮮味と、甘さ、高貴なるタンニンがある。その何層 にも重なったラトゥールは、このヴィンテージ最高の ワインであり、最高のケース買いワインである。 2013-2030が飲み頃。 (181, The...

◇≪メオ カミュゼ フレール エ スール≫ニュイ サン ジョルジュ 2017 ☆

東急百貨店

12,100

◇≪メオ カミュゼ フレール エ スール≫ニュイ サン ジョルジュ 2017 ☆

【生産者情報】アンリ・ジャイエの薫陶を今に受け継ぐヴォーヌ・ロマネの名門ドメーヌ メオ・カミュゼ。エティエンヌ・カミュゼの娘、マリア・ノワロには跡継ぎがなく、1959年近親のジャン・メオにドメーヌを託して亡くなりました。ジャン・メオは当時、ド・ゴール政権の閣僚という要職にあり、直接ドメーヌの管理をする事は出来ない為、畑は折半耕作の形で小作人に任せ、出来上がったワインは樽のままネゴシアンに売られていました。この時の小作人でワインを手がけていたのが、2006年に没したブルゴーニュワインの神様、アンリ・ジャイエでした。やがて1980年代半ば、折半耕作の契約が切れると同時に、小作人たちも引退の時を迎え、メオ家にブドウ畑を返還。1985年から本格的にドメーヌ元詰めが始まりました。やがてパリに在住したままで、ドメーヌを経営する事が難しくなり、ブルゴーニュに赴くことになったのがジャンの息子、ジャン・ニコラ・メオです。商業学校でマーケティングを学び、銀行で研修を受けた、生粋のパリジャンです。1989年、24歳にしてドメーヌを託されました。【ワイン情報】ドメーヌもののワインがその希少価値から入手困難であり、価格の壁も高いことから、比較的手頃な値段でメオ・カミュゼの哲学が楽しめるネゴスものの存在は、ワイン愛好家はもちろん、レストランにとってもありがたい存在といえます。【味わい】柔らか味と優しさにあふれたワイン。口当たりは撫でるように優しく、そのバランスの良さであっという間に虜になるでしょう。若い時も魅力的ですが熟成させると、より真価を発揮し素晴らしいワインとなります。

送料無料
LeflaivePuligny Montrachet Les Pucelles [2006]750mlピュリニー・モンラッシェ レ・ピュセル[2006]750mlルフレーヴ Leflaive

ワインとお宿 千歳

36,080

LeflaivePuligny Montrachet Les Pucelles [2006]750mlピュリニー・モンラッシェ レ・ピュセル[2006]750mlルフレーヴ Leflaive

写真は2008 * 正規輸入 LUC 蔵出しピュリニィの至宝といわれ、世界最高峰の白ワインを生み出す作り手 ピュリニー・モンラッシェ村で世界で最高峰の秀逸なワインを造りだす、非常に人気の高いドメーヌです。ブルゴーニュ白ワイン造りの名匠と謳われた故ヴァンサン・ルフレーヴの後を継ぎ、その娘、アンヌ・クロード・ルフレーヴがドメーヌ・ルフレーヴの品質の評価の維持に努めています。ビオディナミ農法を1990年より実践しており、ブドウ栽培は化学肥料のたぐいは一切使用せずに、天然のカルシウム、リン、シリカ、鉄分などを水に溶かして、ブドウの根元に施しています。その結果、土の中の微生物が活発に働き、窒素量が増え、ブドウの葉の色づきが向上し、ルフレーヴの畑の土はとても柔らかいです。ドメーヌでは22haある自社畑のうち、7haをビオディナミ農法で、15haを一般の有機栽培にて行なっておりますが、これらを比較試飲してみると、ビオディナミ農法でつくられたワインほうが、ワインの味はより複雑になり、バランスのとれたものになるとアンヌ・クロード・ルフレーヴは語っています。 「ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェ」、「バタール・モンラッシェ」、「シュヴァリエ・モンラッシェ」のグラン・クリュを昔から所有し、91年に「モンラッシェ」を手に入れました。モンラッシェはわずか0.08haで、1樽、300本しか造られない極稀少な白ワインです。 ドメーヌ唯一の赤だったブラニー・スー・ル・ド・ダーヌは2001年ヴィンテージで姿を消した。替わって新たにムルソーのプルミエ・クリュ、ムルソー・スー・ル・ド・ダーヌとして2000年ヴィンテージからリリースされています。

送料無料
LeflaiveChevalier Montrachet [2006]750mlシュヴァリエ・モンラッシェ [2006]750mlルフレーヴ Leflaive

ワインとお宿 千歳

138,600

LeflaiveChevalier Montrachet [2006]750mlシュヴァリエ・モンラッシェ [2006]750mlルフレーヴ Leflaive

画像は2009 * 正規輸入 LUC 蔵出しピュリニィの至宝といわれ、世界最高峰の白ワインを生み出す作り手 ピュリニー・モンラッシェ村で世界で最高峰の秀逸なワインを造りだす、非常に人気の高いドメーヌです。ブルゴーニュ白ワイン造りの名匠と謳われた故ヴァンサン・ルフレーヴの後を継ぎ、その娘、アンヌ・クロード・ルフレーヴがドメーヌ・ルフレーヴの品質の評価の維持に努めています。ビオディナミ農法を1990年より実践しており、ブドウ栽培は化学肥料のたぐいは一切使用せずに、天然のカルシウム、リン、シリカ、鉄分などを水に溶かして、ブドウの根元に施しています。その結果、土の中の微生物が活発に働き、窒素量が増え、ブドウの葉の色づきが向上し、ルフレーヴの畑の土はとても柔らかいです。ドメーヌでは22haある自社畑のうち、7haをビオディナミ農法で、15haを一般の有機栽培にて行なっておりますが、これらを比較試飲してみると、ビオディナミ農法でつくられたワインほうが、ワインの味はより複雑になり、バランスのとれたものになるとアンヌ・クロード・ルフレーヴは語っています。 「ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェ」、「バタール・モンラッシェ」、「シュヴァリエ・モンラッシェ」のグラン・クリュを昔から所有し、91年に「モンラッシェ」を手に入れました。モンラッシェはわずか0.08haで、1樽、300本しか造られない極稀少な白ワインです。 ドメーヌ唯一の赤だったブラニー・スー・ル・ド・ダーヌは2001年ヴィンテージで姿を消した。替わって新たにムルソーのプルミエ・クリュ、ムルソー・スー・ル・ド・ダーヌとして2000年ヴィンテージからリリースされています。

◇≪メオ カミュゼ フレール エ スール≫ムルソー 2017 ☆

東急百貨店

11,000

◇≪メオ カミュゼ フレール エ スール≫ムルソー 2017 ☆

【生産者情報】アンリ・ジャイエの薫陶を今に受け継ぐヴォーヌ・ロマネの名門ドメーヌ メオ・カミュゼ。エティエンヌ・カミュゼの娘、マリア・ノワロには跡継ぎがなく、1959年近親のジャン・メオにドメーヌを託して亡くなりました。ジャン・メオは当時、ド・ゴール政権の閣僚という要職にあり、直接ドメーヌの管理をする事は出来ない為、畑は折半耕作の形で小作人に任せ、出来上がったワインは樽のままネゴシアンに売られていました。この時の小作人でワインを手がけていたのが、2006年に没したブルゴーニュワインの神様、アンリ・ジャイエでした。やがて1980年代半ば、折半耕作の契約が切れると同時に、小作人たちも引退の時を迎え、メオ家にブドウ畑を返還。1985年から本格的にドメーヌ元詰めが始まりました。やがてパリに在住したままで、ドメーヌを経営する事が難しくなり、ブルゴーニュに赴くことになったのがジャンの息子、ジャン・ニコラ・メオです。商業学校でマーケティングを学び、銀行で研修を受けた、生粋のパリジャンです。1989年、24歳にしてドメーヌを託されました。【ワイン情報】ドメーヌもののワインがその希少価値から入手困難であり、価格の壁も高いことから、比較的手頃な値段でメオ・カミュゼの哲学が楽しめるネゴスものの存在は、ワイン愛好家はもちろん、レストランにとってもありがたい存在といえます。【味わい】いくつかの村名畑をアッサンブラージュしたムルソーです。白い花、グレープフルーツ、アカシアの蜂蜜、それにヘーゼルナッツの香ばしいフレーバーも感じられ。柔らかな果実味にシャープな酸味とミネラル感が特徴です。

送料無料
LeflaivePuligny Montrachet Combettes[2006]750mlピュリニー・モンラッシェ・コンボット[2006]750mlルフレーヴ Leflaive

ワインとお宿 千歳

38,500

LeflaivePuligny Montrachet Combettes[2006]750mlピュリニー・モンラッシェ・コンボット[2006]750mlルフレーヴ Leflaive

*蔵出しピュリニィの至宝といわれ、世界最高峰の白ワインを生み出す作り手 ピュリニー・モンラッシェ村で世界で最高峰の秀逸なワインを造りだす、非常に人気の高いドメーヌです。ブルゴーニュ白ワイン造りの名匠と謳われた故ヴァンサン・ルフレーヴの後を継ぎ、その娘、アンヌ・クロード・ルフレーヴがドメーヌ・ルフレーヴの品質の評価の維持に努めています。ビオディナミ農法を1990年より実践しており、ブドウ栽培は化学肥料のたぐいは一切使用せずに、天然のカルシウム、リン、シリカ、鉄分などを水に溶かして、ブドウの根元に施しています。その結果、土の中の微生物が活発に働き、窒素量が増え、ブドウの葉の色づきが向上し、ルフレーヴの畑の土はとても柔らかいです。ドメーヌでは22haある自社畑のうち、7haをビオディナミ農法で、15haを一般の有機栽培にて行なっておりますが、これらを比較試飲してみると、ビオディナミ農法でつくられたワインほうが、ワインの味はより複雑になり、バランスのとれたものになるとアンヌ・クロード・ルフレーヴは語っています。 「ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェ」、「バタール・モンラッシェ」、「シュヴァリエ・モンラッシェ」のグラン・クリュを昔から所有し、91年に「モンラッシェ」を手に入れました。モンラッシェはわずか0.08haで、1樽、300本しか造られない極稀少な白ワインです。 ドメーヌ唯一の赤だったブラニー・スー・ル・ド・ダーヌは2001年ヴィンテージで姿を消した。替わって新たにムルソーのプルミエ・クリュ、ムルソー・スー・ル・ド・ダーヌとして2000年ヴィンテージからリリースされています。

送料無料
Comtes Georges de VogueChambolle Musigny[2006]750mlシャンボール・ミュジニー[2006]750mlコント ジョルジュ ド ヴォギュエ Comte...

ワインとお宿 千歳

30,800

Comtes Georges de VogueChambolle Musigny[2006]750mlシャンボール・ミュジニー[2006]750mlコント ジョルジュ ド ヴォギュエ Comte...

絶対無二のシャンボル・ミュジニィの象徴 「静謐」 「澄高」 そんな言葉がこれ程似合うワインもありません。 飲む者の姿勢を問われるワイン、それが独特のオーラを持つヴォギュエのワインです。 グランクリュ「ミュジニィ」は全体で10.7ha。その内7.2haを所有するのが、ヴォギュエ。シャンボル・ミュジニィ村にのみ畑を持ち、その歴史は1450年にまで遡ることが出来る名門ドメーヌです。 パーカーも5ッ星生産者に推し、数あるブルゴーニュの生産者の中からベスト5の一つに挙げています。 1973年から1988年の間はヴォギュエの衰退期と言われていますが、グラン・クリュであることには変わりありません。その真の姿が現れるのは少なくとも20年の時を経てから。 ヴォギュエの醸造責任者である「フランソワ・ミレ」氏は言います。 「ミュジニィはいつも何か秘密を隠しています。常にパラドックスに溢れたワインと言えるでしょう。ミュジニィは難しいワインです。最初はこちらから探しに行かなければなりません。ミュジニーは日向と影があり、素顔を見せず、いつも中に何か隠している。だが一度触れ合うと、ミュジニーは向こう側の世界と私の間をずっと行き来して、私のところに来る時には、常に新しい何かを見せては喜ばせてくれる。」ミュジニィというグランクリュだけが持つ、余韻の長さを是非堪能して下さい。

◇≪メオ カミュゼ フレール エ スール≫モレ サン ドニ 2017 ☆

東急百貨店

9,900

◇≪メオ カミュゼ フレール エ スール≫モレ サン ドニ 2017 ☆

【生産者情報】アンリ・ジャイエの薫陶を今に受け継ぐヴォーヌ・ロマネの名門ドメーヌ メオ・カミュゼ。エティエンヌ・カミュゼの娘、マリア・ノワロには跡継ぎがなく、1959年近親のジャン・メオにドメーヌを託して亡くなりました。ジャン・メオは当時、ド・ゴール政権の閣僚という要職にあり、直接ドメーヌの管理をする事は出来ない為、畑は折半耕作の形で小作人に任せ、出来上がったワインは樽のままネゴシアンに売られていました。この時の小作人でワインを手がけていたのが、2006年に没したブルゴーニュワインの神様、アンリ・ジャイエでした。やがて1980年代半ば、折半耕作の契約が切れると同時に、小作人たちも引退の時を迎え、メオ家にブドウ畑を返還。1985年から本格的にドメーヌ元詰めが始まりました。やがてパリに在住したままで、ドメーヌを経営する事が難しくなり、ブルゴーニュに赴くことになったのがジャンの息子、ジャン・ニコラ・メオです。商業学校でマーケティングを学び、銀行で研修を受けた、生粋のパリジャンです。1989年、24歳にしてドメーヌを託されました。【ワイン情報】ドメーヌもののワインがその希少価値から入手困難であり、価格の壁も高いことから、比較的手頃な値段でメオ・カミュゼの哲学が楽しめるネゴスものの存在は、ワイン愛好家はもちろん、レストランにとってもありがたい存在といえます。【味わい】柔らか味にあふれ飲みやすく魅力的なワイン。すぐ近くのシャンボール・ミュジニーのテロワールの影響を受けているのかもしれません。親しみやすいキャラクターで、早い時期に飲んでも美味しく頂けます。

送料無料
Comtes Georges de VogueBourgogne Blanc[2006] 750mlブルゴーニュ・ブラン[2006] 750mlコント ジョルジュ ド ヴォギュエ Comtes...

ワインとお宿 千歳

107,800

Comtes Georges de VogueBourgogne Blanc[2006] 750mlブルゴーニュ・ブラン[2006] 750mlコント ジョルジュ ド ヴォギュエ Comtes...

写真は2009絶対無二のシャンボル・ミュジニィの象徴 「静謐」 「澄高」 そんな言葉がこれ程似合うワインもありません。 飲む者の姿勢を問われるワイン、それが独特のオーラを持つヴォギュエのワインです。 グランクリュ「ミュジニィ」は全体で10.7ha。その内7.2haを所有するのが、ヴォギュエ。シャンボル・ミュジニィ村にのみ畑を持ち、その歴史は1450年にまで遡ることが出来る名門ドメーヌです。 パーカーも5ッ星生産者に推し、数あるブルゴーニュの生産者の中からベスト5の一つに挙げています。 1973年から1988年の間はヴォギュエの衰退期と言われていますが、グラン・クリュであることには変わりありません。その真の姿が現れるのは少なくとも20年の時を経てから。 ヴォギュエの醸造責任者である「フランソワ・ミレ」氏は言います。 「ミュジニィはいつも何か秘密を隠しています。常にパラドックスに溢れたワインと言えるでしょう。ミュジニィは難しいワインです。最初はこちらから探しに行かなければなりません。ミュジニーは日向と影があり、素顔を見せず、いつも中に何か隠している。だが一度触れ合うと、ミュジニーは向こう側の世界と私の間をずっと行き来して、私のところに来る時には、常に新しい何かを見せては喜ばせてくれる。」ミュジニィというグランクリュだけが持つ、余韻の長さを是非堪能して下さい。

送料無料
Comtes Georges de VogueMusigny Vieilles Vignes [2006]750mlミュジニー V,V[2006] 750mlコント ジョルジュ ド ヴォギュエ...

ワインとお宿 千歳

135,300

Comtes Georges de VogueMusigny Vieilles Vignes [2006]750mlミュジニー V,V[2006] 750mlコント ジョルジュ ド ヴォギュエ...

写真は2008絶対無二のシャンボル・ミュジニィの象徴 「静謐」 「澄高」 そんな言葉がこれ程似合うワインもありません。 飲む者の姿勢を問われるワイン、それが独特のオーラを持つヴォギュエのワインです。 グランクリュ「ミュジニィ」は全体で10.7ha。その内7.2haを所有するのが、ヴォギュエ。シャンボル・ミュジニィ村にのみ畑を持ち、その歴史は1450年にまで遡ることが出来る名門ドメーヌです。 パーカーも5ッ星生産者に推し、数あるブルゴーニュの生産者の中からベスト5の一つに挙げています。 1973年から1988年の間はヴォギュエの衰退期と言われていますが、グラン・クリュであることには変わりありません。その真の姿が現れるのは少なくとも20年の時を経てから。 ヴォギュエの醸造責任者である「フランソワ・ミレ」氏は言います。 「ミュジニィはいつも何か秘密を隠しています。常にパラドックスに溢れたワインと言えるでしょう。ミュジニィは難しいワインです。最初はこちらから探しに行かなければなりません。ミュジニーは日向と影があり、素顔を見せず、いつも中に何か隠している。だが一度触れ合うと、ミュジニーは向こう側の世界と私の間をずっと行き来して、私のところに来る時には、常に新しい何かを見せては喜ばせてくれる。」ミュジニィというグランクリュだけが持つ、余韻の長さを是非堪能して下さい。

◇≪メオ カミュゼ≫ヴォーヌ ロマネ 1erクリュ レ ショーム 2017 ☆

東急百貨店

25,300

◇≪メオ カミュゼ≫ヴォーヌ ロマネ 1erクリュ レ ショーム 2017 ☆

【生産者情報】アンリ・ジャイエの薫陶を今に受け継ぐヴォーヌ・ロマネの名門ドメーヌ メオ・カミュゼ。エティエンヌ・カミュゼの娘、マリア・ノワロには跡継ぎがなく、1959年近親のジャン・メオにドメーヌを託して亡くなりました。ジャン・メオは当時、ド・ゴール政権の閣僚という要職にあり、直接ドメーヌの管理をする事は出来ない為、畑は折半耕作の形で小作人に任せ、出来上がったワインは樽のままネゴシアンに売られていました。この時の小作人でワインを手がけていたのが、2006年に没したブルゴーニュワインの神様、アンリ・ジャイエでした。やがて1980年代半ば、折半耕作の契約が切れると同時に、小作人たちも引退の時を迎え、メオ家にブドウ畑を返還。1985年から本格的にドメーヌ元詰めが始まりました。やがてパリに在住したままで、ドメーヌを経営する事が難しくなり、ブルゴーニュに赴くことになったのがジャンの息子、ジャン・ニコラ・メオです。商業学校でマーケティングを学び、銀行で研修を受けた、生粋のパリジャンです。1989年、24歳にしてドメーヌを託されました。【ワイン情報】ブドウ畑は大部分がビオロジック農法により栽培されています。醸造法はジャイエ譲りで、完全除梗のうえ15度の低温マセレーション。樽熟成における新樽率は、村名で50%、1級畑が60~65%、特級が100%となっています。【味わい】典型的なヴォーヌ・ロマネのタイプで繊細さとエレガンスに溢れた仕上がりになっています。スーパー・プルミエ・クリュのブリュレやパラントゥーのように畏敬の念を抱かせるようなワインではありませんが、完成度と魅力が一体となり親しみやすく、すぐに虜になりうるワインです。

ルイ・ラトゥール コルトン・シャルルマーニュ 2006 375mlハーフボトル LOUIS LATOUR Corton Charlmagne

酒のキンコー

9,480

ルイ・ラトゥール コルトン・シャルルマーニュ 2006 375mlハーフボトル LOUIS LATOUR Corton Charlmagne

商品詳細 ■商品番号 158855 ■商品種別 白ワイン ■内容量 375ml ■アルコール度数 ■原産国 フランス ■産地 ブルゴーニュ ボーヌ コルトン ■メーカー ドメーヌ・ルイ・ラトゥール ■原材料 シャルドネ100% コメント コルトンシャルルマーニュ生みの親、ルイ・ラトゥールのドメーヌ物。その魅力は周知の事実。 かつて、フランスの大統領を務めたジャック・シラク氏とドイツの元首相のゲアハルト・シュレーダー氏。二人の仲は蜜月で知られその任期を通して緻密な外交を繰り広げました。2005年にアンゲラ・メルケルに首相の座を明け渡すことになりシラク大統領はシュレーダー氏との長年の労をねぎらうことも込めて10月14日夜、エリゼ宮へ「最後の親密なる晩餐」と称されることとなる食事会を催しました。 その際に提供された料理が、驚くことに【海の幸の盛り合わせ】。内容は牡蠣や貝類が満載の生カクテルです。食中毒などが特に不安視される生牡蠣などがエリゼ宮の晩餐に供されることはまず有りえないことであり、更には提供されたのはこの1品のみ!これは、海の幸が大好きなゲアハルトの為にジャックが用意した最高のおもてなし、という風に理解され翌日のフランスの新聞の一面を飾りました。 そのときに合わせられたワインこそ、【コルトン・シャルルマーニュ】でした。フランス・ブルゴーニュ地方のコルトンの丘に広がるこのグランクリュは、かつてヨーロッパに広大な領土を有したカール大帝に所縁の深いワインとして知られます。フランス語でシャルルマーニュ、ドイツ語でカールというように、かつてはフランスもドイツも同じフランク王国の一部として存在していました。両国の友愛を示すにはこれ以上ない銘柄であり、コルトン・シャルルマーニュが美味しいということは、ヨーロッパが平和である証でもあると思えてなりま...

こだわりのワイン・シャンパンの2006 年ワイン、発売中!当社自慢の一品。海外直輸入ワインもお手頃なワイン・シャンパン。種類豊富な2006 年ワインをカンタン検索・比較できます。贈り物にも、まとめ買いにもどうぞ。

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、お酒・ドリンクをまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいワイン・シャンパンが充実品揃え。

注意事項

ビカム(運営:株式会社メタップスワン)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「2006 年ワイン」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

関連カテゴリ