「ラム酒」 の検索結果 1,067件

セント・ジェームス / キュヴェ・エクセレンス 700ml 42%【ラム】

ワインショップ・ワインホリック

10,271

セント・ジェームス / キュヴェ・エクセレンス 700ml 42%【ラム】

日本への入荷は僅か60本最終在庫です。 推薦グラス セント・ジェームス / キュヴェ・エクセレンス 700ml 42% Saint James / Cuvee Excllence 700ml 42% セパージュ: 国地域: キューバ 飲み頃情報: 今から インポーター: ジャパン・インポート・システム 貴重な限定キュベだけに今回も日本への入荷数はわずか60本限り・・・。 マルティニーク島における人気NO.1ブランドの限定キュベとなれば、高い人気は仕方の無いところですが、今回も早めの完売が予想されますので、前回入手できなかった方はぜひすぐにでも、ご注文されることをおすすめします!長い歴史を誇り、数多くの受賞歴をもつセント・ジェームスがフランスの名誉ある「プリデクセランス」を獲得し、その賞を記念して作られた限定キュベがこの「キュベエクセレンス」です。しっかりとした味わいをもつセント・ジェームスの中でも最もしっかりとした甘みを持ったのがこのボトルで、ドライフルーツやバニラの風味に加え、カカオ、モカ系のロースト香と深みあるしっかりした甘みが抜群の旨さを楽しませてくれます。入荷数が少なく、次回入荷も現時点では未定のため、ぜひこの機会をお見逃しなく! 【spirits】 【rum】

あす楽
アイラム グランレゼルバ 750ml

ノムリエ ザ・ネット

1,825

あす楽

アイラム グランレゼルバ 750ml

● 色 / 赤 ●内容量 / 750ML ●産地 / スペイン / バルデぺーニャス ●品種 / テンプラリーニョ100% ●商品情報 / Ayrumは伝統的なワイン作りに新しい "空気"をふきこむためにうまれました。葡萄を最大限に尊重し、専門的な知識や技術で国際的な嗜好に適したモダンなスタイルのワインをもたらします。 産地のバルデペーニャスは岩の谷を意味しており、地下は石灰岩に富み、夏は気温が40℃を超え、冬は-10℃にまで下がり、極端な天候が発生します。この環境が素晴らしいぶどうを育成します。発酵は、テンプラニーリョ種のポテンシャルを高めるために設計された制御された温度(24〜26℃)で行われます。その後、ワインはアメリカンオークの樽で12ヶ月、さらに3年から6年間は瓶で熟成されます。 明るいルビー色。エレガントで、複雑なブーケとバニラ、チョコレート、シガーの香り、チェリーやプルーンのフルーティな香りが魅力的です。甘い感覚とカラメルノート、素晴らしいストラクチャーと、長い仕上がりのシルキーなタンニン。 ●評価 / ブロンズ:2015年の国際ワインとスピリッツ:Ayrum Gran Reserva 2009 ゴールド:2015 AWC Vienna:Ayrum Gran Reserva 2009 スペインワイン一覧 TOPページへ移動

ルモワスネ・ペール・エ・フィス / クロ・ヴジョ・グラン・クリュ [1983]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

46,581

ルモワスネ・ペール・エ・フィス / クロ・ヴジョ・グラン・クリュ [1983]【赤ワイン】

ヴィノラムが蔵出しで輸入した貴重なルモワスネ! 推薦グラス ルモワスネ・ペール・エ・フィス / クロ・ヴジョ・グラン・クリュ [1983] Remoissenet Pere & Fils / Clos Vougeot Grand Cru 1983 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ニュイ・ヴージョ 飲み頃情報: 今から インポーター: ヴィノラム ルモワスネは1877年の巨大ネゴシアンだ。ストックしている古酒は計り知れないほどで、1980年前半までは、まだまだドメーヌが少なかったために先代の当主が数々の数名ドメーヌを渡り歩き、素晴らしいキュヴェを買い集めていたのである。そのままルモワスネの蔵に寝かせ、飲み頃になると出荷しているのである。出荷量が多いために今まではあまり良い状態で輸入されていなかったのが現実だ。私も何度か当たってはいるが、その確率は非常に低く、コンディションが原因となる劣化に悩まされていた。ヴィノラムが非常に良いコンディションで古酒を中心に輸入。前回は輸入したジブリー、メルキュレなど落ちつかせると古典的なブルゴーニュの良さを見事に感じさせてくれる今時絶対無いワインとして非常に存在感があった。要するにルモワスネは巨大ネゴシアンではあるが決して品質が粗悪なわけではなくリーズナブル系でもかなり優秀であることが分かる。現代的な自然派系のワインとは全く趣が違うのだが今の時代これほど貴重なネゴシアンもいないと言うことが飲んでいただければ分かると思います。 【v1983】 【rouge】 【bourgogne】 【jukuaka】 【kiwami】

ルモワスネ・ペール・エ・フィス / ヴォルネイ [1967]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

24,192

ルモワスネ・ペール・エ・フィス / ヴォルネイ [1967]【赤ワイン】

ヴィノラムが蔵出しで輸入した貴重なルモワスネ! 推薦グラス ルモワスネ・ペール・エ・フィス / ヴォルネイ [1967] Remoissenet Pere & Fils / Volnay 1967 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ボーヌ・ヴォルネー 飲み頃情報: 今から インポーター: ヴィノラム ルモワスネは1877年の巨大ネゴシアンだ。ストックしている古酒は計り知れないほどで、1980年前半までは、まだまだドメーヌが少なかったために先代の当主が数々の数名ドメーヌを渡り歩き、素晴らしいキュヴェを買い集めていたのである。そのままルモワスネの蔵に寝かせ、飲み頃になると出荷しているのである。出荷量が多いために今まではあまり良い状態で輸入されていなかったのが現実だ。私も何度か当たってはいるが、その確率は非常に低く、コンディションが原因となる劣化に悩まされていた。ヴィノラムが非常に良いコンディションで古酒を中心に輸入。前回は輸入したジブリー、メルキュレなど落ちつかせると古典的なブルゴーニュの良さを見事に感じさせてくれる今時絶対無いワインとして非常に存在感があった。要するにルモワスネは巨大ネゴシアンではあるが決して品質が粗悪なわけではなくリーズナブル系でもかなり優秀であることが分かる。現代的な自然派系のワインとは全く趣が違うのだが今の時代これほど貴重なネゴシアンもいないと言うことが飲んでいただければ分かると思います。 【v1967】 【rouge】 【bourgogne】 【jukuaka】

ルモワスネ・ペール・エ・フィス / ビヴァンニュ・バタール・モンラッシェ・グラン・クリュ [1998]【白ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

32,022

ルモワスネ・ペール・エ・フィス / ビヴァンニュ・バタール・モンラッシェ・グラン・クリュ [1998]【白ワイン】

ヴィノラムが蔵出しで輸入した貴重なルモワスネ! 推薦グラス ルモワスネ・ペール・エ・フィス / ビヴァンニュ・バタール・モンラッシェ・グラン・クリュ [1998] Remoissenet Pere & Fils / Bienvenue Batard-Montrachet Grand Cru 1998 セパージュ: 【シャルドネ100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ボーヌ・ピュリニー・モンラッシェ 飲み頃情報: 今から インポーター: ヴィノラム ルモワスネは1877年の巨大ネゴシアンだ。ストックしている古酒は計り知れないほどで、1980年前半までは、まだまだドメーヌが少なかったために先代の当主が数々の数名ドメーヌを渡り歩き、素晴らしいキュヴェを買い集めていたのである。そのままルモワスネの蔵に寝かせ、飲み頃になると出荷しているのである。出荷量が多いために今まではあまり良い状態で輸入されていなかったのが現実だ。私も何度か当たってはいるが、その確率は非常に低く、コンディションが原因となる劣化に悩まされていた。ヴィノラムが非常に良いコンディションで古酒を中心に輸入。前回は輸入したジブリー、メルキュレなど落ちつかせると古典的なブルゴーニュの良さを見事に感じさせてくれる今時絶対無いワインとして非常に存在感があった。要するにルモワスネは巨大ネゴシアンではあるが決して品質が粗悪なわけではなくリーズナブル系でもかなり優秀であることが分かる。現代的な自然派系のワインとは全く趣が違うのだが今の時代これほど貴重なネゴシアンもいないと言うことが飲んでいただければ分かると思います。 【v1998】 【blanc】 【bourgogne】 【wakaumashiro】 【kiwami】 【jukushiro】

ルモワスネ・ペール・エ・フィス / シャンベルタン・グラン・クリュ [1967]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

92,621

ルモワスネ・ペール・エ・フィス / シャンベルタン・グラン・クリュ [1967]【赤ワイン】

ヴィノラムが蔵出しで輸入した貴重なルモワスネ! 推薦グラス ルモワスネ・ペール・エ・フィス / シャンベルタン・グラン・クリュ [1967] Remoissenet Pere & Fils / Chambertin Grand Cru 1967 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ニュイ・ジュヴレ・シャンベルタン 飲み頃情報: 今から インポーター: ヴィノラム ルモワスネは1877年の巨大ネゴシアンだ。ストックしている古酒は計り知れないほどで、1980年前半までは、まだまだドメーヌが少なかったために先代の当主が数々の数名ドメーヌを渡り歩き、素晴らしいキュヴェを買い集めていたのである。そのままルモワスネの蔵に寝かせ、飲み頃になると出荷しているのである。出荷量が多いために今まではあまり良い状態で輸入されていなかったのが現実だ。私も何度か当たってはいるが、その確率は非常に低く、コンディションが原因となる劣化に悩まされていた。ヴィノラムが非常に良いコンディションで古酒を中心に輸入。前回は輸入したジブリー、メルキュレなど落ちつかせると古典的なブルゴーニュの良さを見事に感じさせてくれる今時絶対無いワインとして非常に存在感があった。要するにルモワスネは巨大ネゴシアンではあるが決して品質が粗悪なわけではなくリーズナブル系でもかなり優秀であることが分かる。現代的な自然派系のワインとは全く趣が違うのだが今の時代これほど貴重なネゴシアンもいないと言うことが飲んでいただければ分かると思います。 【v1967】 【rouge】 【bourgogne】 【jukuaka】 【kiwami】

ルモワスネ・ペール・エ・フィス / ポマール・プルミエ・クリュ・クロ・デ・ゼプノー [1976]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

43,319

ルモワスネ・ペール・エ・フィス / ポマール・プルミエ・クリュ・クロ・デ・ゼプノー [1976]【赤ワイン】

ヴィノラムが蔵出しで輸入した貴重なルモワスネ! 推薦グラス ルモワスネ・ペール・エ・フィス / ポマール・プルミエ・クリュ・クロ・デ・ゼプノー [1976] Remoissenet Pere & Fils /Pommard Clos des Epenots 1976 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ボーヌ・ポマール 飲み頃情報: 今から インポーター: ヴィノラム ルモワスネは1877年の巨大ネゴシアンだ。ストックしている古酒は計り知れないほどで、1980年前半までは、まだまだドメーヌが少なかったために先代の当主が数々の数名ドメーヌを渡り歩き、素晴らしいキュヴェを買い集めていたのである。そのままルモワスネの蔵に寝かせ、飲み頃になると出荷しているのである。出荷量が多いために今まではあまり良い状態で輸入されていなかったのが現実だ。私も何度か当たってはいるが、その確率は非常に低く、コンディションが原因となる劣化に悩まされていた。ヴィノラムが非常に良いコンディションで古酒を中心に輸入。前回は輸入したジブリー、メルキュレなど落ちつかせると古典的なブルゴーニュの良さを見事に感じさせてくれる今時絶対無いワインとして非常に存在感があった。要するにルモワスネは巨大ネゴシアンではあるが決して品質が粗悪なわけではなくリーズナブル系でもかなり優秀であることが分かる。現代的な自然派系のワインとは全く趣が違うのだが今の時代これほど貴重なネゴシアンもいないと言うことが飲んでいただければ分かると思います。 【v1976】 【rouge】 【bourgogne】 【jukuaka】 【kiwami】

ジェラール・ラフェ エ・フィス / シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ・グラン・クリュ [2010]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

36,450

ジェラール・ラフェ エ・フィス / シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ・グラン・クリュ [2010]【赤ワイン】

ジャン・ラフェ本来の素晴らしさが際立つ!素晴らしい年2010年 推薦グラス ジェラール・ラフェ エ・フィス / シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ・グラン・クリュ [2010] Gerard Raphet et Fils / GChambertin Clos de Beze Grand Cru 2010 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ニュイ・ジェブレ・シャンベルタン 飲み頃情報: 2014年後半以降 インポーター: ヴィノラム ジャン・ラフェといえば以前ル・テロワールが輸入したスペシャル・キュヴェが印象に残ります。このワインを飲む限り、ジャン・ラフェは実はブルゴーニュでもトップクラスのワインであることが分かります。驚くほど素晴らしい酒質で、今まで日本に輸入されていた状態では、本来の素晴らしさは微塵も感じられません。また数年前に輸入元が替わっていますが、完全な状態ではなく正直がっかりしました。今回はヴィノラムが輸入したロットで、テロワール以来初めて輸入された最高のジャン・ラフェです。そして2010年素晴らしい年です。是非お見逃しなく! 【rouge】 【bourgogne】 【ピノ・ノワール100%】 【V2010】 【kiwami】

ジェラール・ラフェ エ・フィス / シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ・グラン・クリュ [2009]【グルメ201212_ビール・洋酒】

ワインショップ・ワインホリック

37,854

ジェラール・ラフェ エ・フィス / シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ・グラン・クリュ [2009]【グルメ201212_ビール・洋酒】

ラフェ最高の区画!非常に希少! 推薦グラス ジェラール・ラフェ エ・フィス / シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ・グラン・クリュ [2009] Gerard Raphet et Fils / GChambertin Clos de Beze Grand Cru 2009 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ニュイ・ジェブレ・シャンベルタン 飲み頃情報: 2014年後半以降 インポーター: ヴィノラム ジャン・ラフェといえば以前ル・テロワールが輸入したスペシャル・キュヴェが印象に残ります。このワインを飲む限り、ジャン・ラフェは実はブルゴーニュでもトップクラスのワインであることが分かります。驚くほど素晴らしい酒質で、今まで日本に輸入されていた状態では、本来の素晴らしさは微塵も感じられません。また数年前に輸入元が替わっていますが、完全な状態ではなく正直がっかりしました。今回はヴィノラムが輸入したロットで、テロワール以来初めて輸入された最高のジャン・ラフェです。そして2009年という最高のヴィンテージ。これは何にましても貴重な存在と言って良いでしょう。クロ・ド・ベーズはジャン・ラフェの中でも最も希少で最高の畑。コンディションの良いこの畑のワインは滅多に手に入りません。 【rouge】 【bourgogne】 【ピノ・ノワール100%】 【V2009】 【kiwami】

ルモワスネ・ペール・エ・フィス / ジュヴレ・シャンベルタン・プルミエ・クリュ・レ・カズティエ [2011]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

16,773

ルモワスネ・ペール・エ・フィス / ジュヴレ・シャンベルタン・プルミエ・クリュ・レ・カズティエ [2011]【赤ワイン】

ヴィノラムが蔵出しで輸入した貴重なルモワスネ! 推薦グラス ルモワスネ・ペール・エ・フィス / ジュヴレ・シャンベルタン・プルミエ・クリュ・レ・カズティエ [2011] Remoissenet Pere & Fils / Gevrey-Chambertin Premier Cru Les Cazetiers 2011 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ニュイ・ジュヴレ・シャンベルタン 飲み頃情報: 2015年後半以降 インポーター: ヴィノラム ルモワスネは1877年の巨大ネゴシアンだ。ストックしている古酒は計り知れないほどで、1980年前半までは、まだまだドメーヌが少なかったために先代の当主が数々の数名ドメーヌを渡り歩き、素晴らしいキュヴェを買い集めていたのである。そのままルモワスネの蔵に寝かせ、飲み頃になると出荷しているのである。出荷量が多いために今まではあまり良い状態で輸入されていなかったのが現実だ。私も何度か当たってはいるが、その確率は非常に低く、コンディションが原因となる劣化に悩まされていた。ヴィノラムが非常に良いコンディションで古酒を中心に輸入。前回は輸入したジブリー、メルキュレなど落ちつかせると古典的なブルゴーニュの良さを見事に感じさせてくれた。巨大ネゴシアンではあるが決して品質が粗悪なわけではなくリーズナブル系でもかなり優秀であることが分かる。現代的な自然派系のワインとは全く趣が違うのだが今の時代これほど貴重なネゴシアンもいないと言うことが飲んでいただければ分かると思います。 さてこのカズティエは誰の畑でしょうか。一部ではアルマン・ルソーではないかという説もあります。 【v2011】 【rouge】 【bourgogne】 【kiwami】

ドメーヌ・モンジャール・ミュニレ / ヴージョ・プルミエ・クリュ [2012]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

13,252

ドメーヌ・モンジャール・ミュニレ / ヴージョ・プルミエ・クリュ [2012]【赤ワイン】

ブルゴーニュで十指に入る極めつけ生産者!最高の状態で入荷! 推薦グラス ドメーヌ・モンジャール・ミュニレ / ヴージョ・プルミエ・クリュ [2012] Domaine Mongeard-Mugneret / Vougeot Premier Cru Les 2012 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ニュイ・ヴージョ 飲み頃情報: 2017年以降 インポーター: ヴィノラム モンジャール・ミュニレはまさにブルゴーニュの名門中の名門で、私が以前熟成したブルゴーニュばかり扱っていたときも本当に素晴らしいワインに数多く出会った造り手でもあります。スモーキーで熟成した時の強烈なインパクトは今でも忘れられないワイン。長年扱っていなかったのは、日本で手に入るワインがあまりにも状態が良くなく当たり外れが多かったためです。本来の味わいが感じられず、本来は早熟で素晴らしいフィクサンですら悲しい姿になっていることが多かったためです。最近では、日本に回すべきワインがそのまま香港に渡っているとの話も聞きます。ようやくヴィノラムがこの生産者本来の姿を見させてくれます。もう一度この素晴らしいワインを味わいいかに違うかを実感してください。 状態が良いことで今まであまり触手の伸びなかった畑ですら素晴らしいワインであることが分かります。特に今回の2012年は生産量が通年の半量から7割減。出来たワインはとてつもなく素晴らしい非常に貴重な年です。 【rouge】 【bourgogne】 【ピノ・ノワール100%】 【v2012】

クリストフ・ペロ・ミノ / シャンベルタン・ヴィエイユ・ヴィーニュ [2007]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

40,101

クリストフ・ペロ・ミノ / シャンベルタン・ヴィエイユ・ヴィーニュ [2007]【赤ワイン】

極めつきのワインを造り出す卓越した造り手! 推薦グラス クリストフ・ペロ・ミノ / シャンベルタン・ヴィエイユ・ヴィーニュ [2007] Christophe Perrot-Minot / Chambertin VV 2007 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ニュイ・ジェヴレ・シャンベルタン 飲み頃情報: 2016年以降 インポーター: ヴィノラム 私が初めてペロ・ミロに出会ったのは、もう10年ほど前です。彼のワインを飲み、これほど凄い作りでが出現したことに愕然としたのですが、その当時から現在まで、残念ながら彼のワインを輸入するインポーターのワインの状態に不満があったために扱うことがありませんでした。今回初めてヴィノラムがこのワインを輸入しようやく扱えることが出来るようになったことを喜んでいます。彼は1999年に引退したペルナン・ロサンの畑の多くを買い取り、ドメーヌ・クリストフ・ペロ・ミノとしてドメーヌ・アンリ・ペロ・ミノと分けてリリースしています。彼のワイン作りは、最新の醸造設備を導入していますが、極力自然に任せた神経質なほど気を使った作りをしています。 【kiwami】 【v2007】 【rouge】 【nature】 【bourgogne】 【kiwami】

シャトー・オー・バイィ [2003]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

14,904

シャトー・オー・バイィ [2003]【赤ワイン】

クラーブで驚くほどポテンシャルの高いワインを造り出す! 推薦グラス シャトー・オー・バイィ [2003] Ch.Haut Bailly 2003 セパージュ: 【カベルネ・ソーヴィニョン65%、メルロー25%、カベルネ・フラン10%】 国地域: フランス・ボルドー・グラーブ・ペサック・レオニャン 飲み頃情報: 今から インポーター: ヴィノラム オー・バイイは80年代から徐々に品質を上げてきているが、80年代は飲み頃までにちょっと時間のかかるシャトーでそこまで興味の対象とならなかった。ところが1990年代以降早熟な傾向が出てきてたっぷりとしたボディーで魅力溢れるワインになってきた。2000代になると更にレベルが上がり今や若い内から楽しめるグランヴァンとしての地位を獲得したようだ。魅力に溢れオフヴィンテージと言われる年でも安心して変える魅力の固まりとなった。ヴィノラム輸入のために日本にあるオー・バイィで最もコンディションの良いワイン。ボルドーなどの高価なワインは価格だけで選ぶことがどれほど危険か実感している方は是非このワインをお選びください。 【rouge】【bordeaux】【カベルネ・ソーヴィニョン主体】 【v2003】【wakaumaaka】

ドメーヌ・モンジャール・ミュニレ / ジュヴレ・シャンベルタン [2012]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

10,088

ドメーヌ・モンジャール・ミュニレ / ジュヴレ・シャンベルタン [2012]【赤ワイン】

ブルゴーニュで十指に入る極めつけ生産者!最高の状態で入荷! 推薦グラス ドメーヌ・モンジャール・ミュニレ / ジュヴレ・シャンベルタン [2012] Domaine Mongeard-Mugneret / Gevrey Chambertin 2012 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ニュイ・ジェブレ・シャンベルタン 飲み頃情報: 2016年後半以降 インポーター: ヴィノラム モンジャール・ミュニレはまさにブルゴーニュの名門中の名門で、私が以前熟成したブルゴーニュばかり扱っていたときも本当に素晴らしいワインに数多く出会った造り手でもあります。スモーキーで熟成した時の強烈なインパクトは今でも忘れられないワイン。長年扱っていなかったのは、日本で手に入るワインがあまりにも状態が良くなく当たり外れが多かったためです。本来の味わいが感じられず、本来は早熟で素晴らしいフィクサンですら悲しい姿になっていることが多かったためです。最近では、日本に回すべきワインがそのまま香港に渡っているとの話も聞きます。ようやくヴィノラムがこの生産者本来の姿を見させてくれます。もう一度この素晴らしいワインを味わいいかに違うかを実感してください。 状態が良いことで今まであまり触手の伸びなかった畑ですら素晴らしいワインであることが分かります。特に今回の2012年は生産量が通年の半量から7割減。出来たワインはとてつもなく素晴らしい非常に貴重な年です。 【rouge】【bourgogne】【ピノ・ノワール100%】 【2012】

ドメーヌ・モンジャール・ミュニレ / リシュブール・グラン・クリュ [2012]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

92,632

ドメーヌ・モンジャール・ミュニレ / リシュブール・グラン・クリュ [2012]【赤ワイン】

ブルゴーニュで十指に入る極めつけ生産者!最高の状態で入荷! 推薦グラス ドメーヌ・モンジャール・ミュニレ / リシュブール・グラン・クリュ [2012] Domaine Mongeard-Mugneret / Richbourg Grand Cru 2012 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ニュイ・ボーヌ・ロマネ 飲み頃情報: 2017年後半以降 インポーター: ヴィノラム モンジャール・ミュニレはまさにブルゴーニュの名門中の名門で、私が以前熟成したブルゴーニュばかり扱っていたときも本当に素晴らしいワインに数多く出会った造り手でもあります。スモーキーで熟成した時の強烈なインパクトは今でも忘れられないワイン。長年扱っていなかったのは、日本で手に入るワインがあまりにも状態が良くなく当たり外れが多かったためです。本来の味わいが感じられず、本来は早熟で素晴らしいフィクサンですら悲しい姿になっていることが多かったためです。最近では、日本に回すべきワインがそのまま香港に渡っているとの話も聞きます。ようやくヴィノラムがこの生産者本来の姿を見させてくれます。もう一度この素晴らしいワインを味わいいかに違うかを実感してください。 状態が良いことで今まであまり触手の伸びなかった畑ですら素晴らしいワインであることが分かります。特に今回の2012年は生産量が通年の半量から7割減。出来たワインはとてつもなく素晴らしい非常に貴重な年です。 【rouge】 【bourgogne】 【ピノ・ノワール100%】 【v2012】【nature】【kiwami】

シャトー・ラ・ミッション・オー・ブリオン [2009]

ワインショップ・ワインホリック

110,571

シャトー・ラ・ミッション・オー・ブリオン [2009]

2000年代最高のシャトー・ラ・ミッション・オー・ブリオン 推薦グラス シャトー・ラ・ミッション・オー・ブリオン [2009] Ch.La Mission Haut Brion 2009 セパージュ: 【カベルネ・ソーヴィニョン47%、メルロー47%、カベルネ・フラン6%】 国地域: フランス・ボルドー・グラーブ・ペサック・レオニャン 飲み頃情報: 2016年後半以降 インポーター: ヴィノラム 1級シャトーのオー・ブリオンの最大のライバルと言われる「ラ・ミッション・オー・ブリオン」です。1982年、1989年、2000年と、過去に何度もパーカーポイント100点を獲得しており、その実力と評判は揺るぎないものになっているようです。現在はオー・ブリオンの所有ですが、実はオー・ブリオンを越えるシャトーでもあるのです。ですからオー・ブリオンがこのシャトーを手に入れるのは念願ではなかったのかと推測しています。2009は理想的な年で近年希なほどの出来映えです。最新のパーカーポイントは98-100点。ヴィノラム輸入のために日本にあるラ・ミッションで最もコンディションの良いワイン。ボルドーなどの高価なワインは価格だけで選ぶことがどれほど危険か実感している方は是非このワインをお選びください。 【rouge】【bordeaux】【カベルネ・ソーヴィニョン主体】 【2009】 【kiwami】

ドメーヌ・モンジャール・ミュニレ / シャンボール・ミュジニー [2012]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

10,088

ドメーヌ・モンジャール・ミュニレ / シャンボール・ミュジニー [2012]【赤ワイン】

ブルゴーニュで十指に入る極めつけ生産者!最高の状態で入荷! 推薦グラス ドメーヌ・モンジャール・ミュニレ / シャンボール・ミュジニー [2012] Domaine Mongeard-Mugneret / Chambolle Musigny 2012 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ニュイ・シャンボール・ミュジニー 飲み頃情報: 今から インポーター: ヴィノラム モンジャール・ミュニレはまさにブルゴーニュの名門中の名門で、私が以前熟成したブルゴーニュばかり扱っていたときも本当に素晴らしいワインに数多く出会った造り手でもあります。スモーキーで熟成した時の強烈なインパクトは今でも忘れられないワイン。長年扱っていなかったのは、日本で手に入るワインがあまりにも状態が良くなく当たり外れが多かったためです。本来の味わいが感じられず、本来は早熟で素晴らしいフィクサンですら悲しい姿になっていることが多かったためです。最近では、日本に回すべきワインがそのまま香港に渡っているとの話も聞きます。ようやくヴィノラムがこの生産者本来の姿を見させてくれます。もう一度この素晴らしいワインを味わいいかに違うかを実感してください。 状態が良いことで今まであまり触手の伸びなかった畑ですら素晴らしいワインであることが分かります。特に今回の2012年は生産量が通年の半量から7割減。出来たワインはとてつもなく素晴らしい非常に貴重な年です。 【rouge】【bourgogne】【ピノ・ノワール100%】 【2012】 【wakaumaaka】

ドメーヌ・ペロ・ミノ / マゾワイエール・シャンベルタン・ヴィエイユ・ヴィーニュ [2007]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

29,160

ドメーヌ・ペロ・ミノ / マゾワイエール・シャンベルタン・ヴィエイユ・ヴィーニュ [2007]【赤ワイン】

極めつきのワインを造り出す卓越した造り手! 推薦グラス ドメーヌ・ペロ・ミノ / マゾワイエール・シャンベルタン・ヴィエイユ・ヴィーニュ [2007] Domaine Perrot-Minot / Mazoyeres Chambertin VV 2007 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ニュイ・ジェヴレ・シャンベルタン 飲み頃情報: 2016年以降 インポーター: ヴィノラム 私が初めてペロ・ミロに出会ったのは、もう10年ほど前です。彼のワインを飲み、これほど凄い作りでが出現したことに愕然としたのですが、その当時から現在まで、残念ながら彼のワインを輸入するインポーターのワインの状態に不満があったために扱うことがありませんでした。今回初めてヴィノラムがこのワインを輸入しようやく扱えることが出来るようになったことを喜んでいます。彼は1999年に引退したペルナン・ロサンの畑の多くを買い取り、ドメーヌ・クリストフ・ペロ・ミノとしてドメーヌ・アンリ・ペロ・ミノと分けてリリースしています。彼のワイン作りは、最新の醸造設備を導入していますが、極力自然に任せた神経質なほど気を使った作りをしています。 【kiwami】 【v2007】 【rouge】? 【nature】 【bourgogne】

ジェラール・ラフェ エ・フィス / クロ・ド・ヴージョ・グラン・クリュ・ヴィエイユ・ヴィーニュ [2009]【グルメ201212_ビール・洋酒】

ワインショップ・ワインホリック

26,892

ジェラール・ラフェ エ・フィス / クロ・ド・ヴージョ・グラン・クリュ・ヴィエイユ・ヴィーニュ [2009]【グルメ201212_ビール・洋酒】

ジャン・ラフェらしさが際立つ!かつてない出来映え2009年! 推薦グラス ジェラール・ラフェ エ・フィス / クロ・ド・ヴージョ・グラン・クリュ・ヴィエイユ・ヴィーニュ [2009] Gerard Raphet et Fils / Clos de Vougeot Grand Cru VV 2009 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ニュイ・ヴージョ 飲み頃情報: 2014年以降 インポーター: ヴィノラム ジャン・ラフェといえば以前ル・テロワールが輸入したスペシャル・キュヴェが印象に残ります。このワインを飲む限り、ジャン・ラフェは実はブルゴーニュでもトップクラスのワインであることが分かります。驚くほど素晴らしい酒質で、今まで日本に輸入されていた状態では、本来の素晴らしさは微塵も感じられません。また数年前に輸入元が替わっていますが、完全な状態ではなく正直がっかりしました。今回はヴィノラムが輸入したロットで、テロワール以来初めて輸入された最高のジャン・ラフェです。そして2009年という最高のヴィンテージ。これは何にましても貴重な存在と言って良いでしょう。 【rouge】 【bourgogne】 【ピノ・ノワール100%】 【V2009】 【kiwami】

クリストフ・ペロ・ミノ / シャルム・シャンベルタン・ヴィエイユ・ヴィーニュ [2007]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

29,160

クリストフ・ペロ・ミノ / シャルム・シャンベルタン・ヴィエイユ・ヴィーニュ [2007]【赤ワイン】

極めつきのワインを造り出す卓越した造り手! 推薦グラス クリストフ・ペロ・ミノ / シャルム・シャンベルタン・ヴィエイユ・ヴィーニュ [2007] Christophe Perrot-Minot / Charmes Chambertin VV 2007 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ニュイ・ジェヴレ・シャンベルタン 飲み頃情報: 2015年後半以降 インポーター: ヴィノラム 私が初めてペロ・ミロに出会ったのは、もう10年ほど前です。彼のワインを飲み、これほど凄い作りでが出現したことに愕然としたのですが、その当時から現在まで、残念ながら彼のワインを輸入するインポーターのワインの状態に不満があったために扱うことがありませんでした。今回初めてヴィノラムがこのワインを輸入しようやく扱えることが出来るようになったことを喜んでいます。彼は1999年に引退したペルナン・ロサンの畑の多くを買い取り、ドメーヌ・クリストフ・ペロ・ミノとしてドメーヌ・アンリ・ペロ・ミノと分けてリリースしています。彼のワイン作りは、最新の醸造設備を導入していますが、極力自然に任せた神経質なほど気を使った作りをしています。 【kiwami】 【v2007】 【rouge】? 【nature】 【bourgogne】

ドメーヌ・フィリップ・シャルロパン・パリゾ / ジュヴレ・シャンベルタン・レ・エヴォセル [2013]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

10,422

ドメーヌ・フィリップ・シャルロパン・パリゾ / ジュヴレ・シャンベルタン・レ・エヴォセル [2013]【赤ワイン】

アンリ・ジャイエの愛弟子! 推薦グラス ドメーヌ・フィリップ・シャルロパン・パリゾ / ジュヴレ・シャンベルタン・レ・エヴォセル [2013] Domaine Philippe Charlopin Parizot / Gevrey Chambertin Les Evocelles [2013] セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ニュイ・ジェブレ・シャンベルタン 飲み頃情報: 2017年以降 インポーター: ヴィノラム アンリ・ジャイエの愛弟子としてよく知られているのが、かのエマニュエル・ルジェですが、同じくジャイエの志を受け継いだもう一人の教え子が、ジュヴレ・シャンベルタンに居を構える「フィリップ・シャルロパン」です。低農薬管理の元で厳しく収量を抑えたブドウを用い、低温でのマセラシオン、無清澄・無濾過という過程を経て、濃い果実味が前面に出た、肉付きの良い作品を造り出しているそうです。アンリ・ジャイエとはスタイルは違い、もっとスモーキーな焼いた樽香の漂うワインですが、現在このようなワインを造っている生産者は少なく、それでいて極まった個性を持ち現代に古典にしかなかった個性を持ち込んだ最近では珍しい生産者と言えるでしょう。市場での人気は非常に高く最近は息子のシャルロパン・ティシエも奥さんの実家で別のドメーヌを立ち上げています。今回は彼の所有する多くのキュヴェを手に入れることが出来ました。長熟させることでかなり複雑味が出てくるので非常に楽しみ!買っておく価値のあるワインです。 【rouge】 【bourgogne】 【v2013】 【wakaumaaka】

ドメーヌ・ルネ・ルクレール / ジュヴレ・シャンベルタン・プルミエ・クリュ・コンブ・オー・モアンヌ [2004]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

11,427

ドメーヌ・ルネ・ルクレール / ジュヴレ・シャンベルタン・プルミエ・クリュ・コンブ・オー・モアンヌ [2004]【赤ワイン】

非常に素晴らしい状態のバック・ヴィンテージが入荷! 推薦グラス ドメーヌ・ルネ・ルクレール / ジュヴレ・シャンベルタン・プルミエ・クリュ・コンブ・オー・モアンヌ [2004] Domaine Rene Leclerc / Gevrey Chambertin Premier Cru Combe Aux Moines 2004 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ニュイ・ジェブレ・シャンベルタン 飲み頃情報: 今から インポーター: ヴィノラム ルネ・ルクレールといえば、フィリップ・ルクレールの兄であり、一世を風靡したブルゴーニュの大物の一人だ。男性的で力強く魅力的な風味は実に魅力的で最近はいい状態のワインが無かったために扱わなかったがようやくいいものが手に入った。それも見事なバックヴィンテージ。今時こんなヴィンテージのワインが手に入るとは驚きだ。特に熟成したときのルネ・ルクレールは魅力的で近年の中では最も大きな話題と言っても良いだろう。現在は息子のパトリックが中心になってルネと一緒にワイン作りを行っているがそう大きな変化はなく相変わらず魅力的なワインを造っている。 【rouge】 【bourgogne】 【wakaumaaka】 【v2004】

バンジャマン・ルルー / マゾワイエール・シャンベルタン・グラン・クリュ [2011]

ワインショップ・ワインホリック

30,780

バンジャマン・ルルー / マゾワイエール・シャンベルタン・グラン・クリュ [2011]

更に進化したバンジャマン・ルルーの真骨頂! 推薦グラス バンジャマン・ルルー / マゾワイエール・シャンベルタン・グラン・クリュ [2011] Benjamin Leroux / Mazoyeres-Chambertin Grand Cru 2011 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ニュイ・ジェブレ・シャンベルタン 飲み頃情報: 2015年以降 インポーター: ヴィノラム バンジャマン・ルルーとの初めての出会いは、ボーヌで昨年飲んだコント・アルマンの2003年のポマールです。たまたま素晴らしいコンディションのワインを飲む機会があったことも非常に助けになっているのですが、あまりにも上質で柔らかく見事な酒質に驚嘆しました。そして彼が2007年にネゴシアンをスタートします。将来畑を買い取ることを目標にビオ・ロジックやビオ・ディナミで生産している栽培家を探し出し最上のネゴシアンをスタートさせたのです。実は2007年は一時日本に輸入されましたが、コンディションが良くないため実際の評判は散々だったようです。私も2003年の彼のワインを飲んだ時にこれは普通のインポーターが入れたのでは意味がないなと思っていました。ラシーヌが輸入するダヴィット・クロワと共にブルゴーニュの新しい可能性をみせてくれる新世代として注目です。2008年を試飲しましたが実に淡くチャーミングでブルゴーニュ好きが求める淡い中に複雑さを醸し出す理想的なワインです。2011年は更に進化したバンジャマンの姿が見えます! 【rouge】 【bourgogne】 【v2011】 【nature】 【kiwami】【sale】

コント・ジョルジュ・ド・ヴォギエ / ボンヌ・マール [2012]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

80,158

コント・ジョルジュ・ド・ヴォギエ / ボンヌ・マール [2012]【赤ワイン】

信頼性の高いヴォギエ 推薦グラス コント・ジョルジュ・ド・ヴォギエ / ボンヌ・マール [2012] Domaine Comte George de Vogue / Bonnes-Mares 2012 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ニュイ・シャンボール・ミュジニー 飲み頃情報: 2019年後半以降 インポーター: ヴィノラム シャンボール・ミュジニー村の旧家である、コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエは、シャンボール・ミュジニーで最も重要かつ有名なブドウ園で、歴史は1450年にまで遡ります。1987年にヴォギュエ伯爵が亡くなってからは娘のエリザベート・ド・ラドーセット氏がドメーヌを仕切っています。所有するブドウ畑はすべてシャンボール・ミュジニー村にあり、計12.2ha。プルミエ・クリュのレ・ザムルーズ、グラン・クリュのミュジニーとボンヌ・マールなどを所有し、ミュジニーには7.2haもの自社畑を持っています。ヴォギュエのシャンボール・ミュジニー・プルミエ・クリュ。石灰分に富んだ土壌を持つ村、シャンボール・ミュジニーから生まれるワインは優雅な印象を残すことで他の追随を許さず、数多のワインラヴァーを虜にして放しません。ヴォギュエは、ボンヌ・マールに2.7haの畑を所有し、その畑は下部のテール・ルージュと言われる区画に位置しています。上部のテール・ブランシェと言われる区画のボンヌ・マールが緻密であるのに対し、下部のものは力に満ちたワインになると言われています。 【rouge】 【bourgogne】 【v2012】 【kiwami】

こだわりのワイン・シャンパンのラム酒、発売中!当社自慢の一品。海外直輸入ワインもお手頃なワイン・シャンパン。種類豊富なラム酒をカンタン検索・比較できます。贈り物にも、まとめ買いにもどうぞ。

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、お酒・ドリンクをまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいワイン・シャンパンが充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「ラム酒」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

関連カテゴリ