「福島の酒」 の検索結果 1,127件

お酒 日本酒 福島 ほまれ酒造 佳撰 1800ml

ワイン紀行

1,749

お酒 日本酒 福島 ほまれ酒造 佳撰 1800ml

当蔵の歴史はこの酒から始まりました。会津の酒を代表する1本。常温又はぬる燗が美味しい飲み方です。杜氏: 中島 一郎 ・・・・・・・・・・・・・・・ 酒造りで常に痛感させられるのは、酒は生き物であるという事。 それ故に今必要としている事を、即過不足なく対応するという事です。 それには、何が必要かを見抜く観察力と的確な洞察力、そして決断力が求められます。醸された酒がいつもその能力の評価をする訳ですが、その酒に叱咤激励されながらより一層の良酒を醸すべく、経験と精進を重ねていこうと想っております。   ほまれ酒造受賞暦 全国新酒鑑評会 ◇ 金賞受賞年 昭和:61年 平成:5、10、11、13、14、20、21、22年 東北新酒鑑評会 ◇ 金賞受賞年 平成: 元年、2、3、5、7、8、10、11、12、13、14、16年 平成: 17、18、19、20、21年 福島県鑑評会 ◇ 平成16年春季 吟醸の部 県知事賞 ◇ 平成18年春季 吟醸の部 金賞 ◇ 平成18年春季 純米の部 金賞 ◇ 平成20年秋季 吟醸の部 県知事賞 ◇ 平成21年春季 吟醸の部 県知事賞 ◇ 平成21年春季 純米の部 金賞 全国酒類コンクール ◇ 2006年春季 『古酒・新開発部門』 第1位 ◇ 2006年春季 『純米酒部門』 第4位 山形県新酒鑑評会 ◇ 平成21年 吟醸の部 グランプリ  

大七 純米生もと 箱付き 大七酒造 福島県 720ml 1本

お酒の販売店 クラスタイル

1,370

大七 純米生もと 箱付き 大七酒造 福島県 720ml 1本

生酛造りの決定版と世評の高い大七の純米生酛。当代随一の名工たちが腕をふるいます。豊かなコクと旨味、酸味が完全に解け合い、後味のキレも良し。燗をつければつつみ込まれるような、心に染み入るおいしさです。1年熟成。月刊誌「dancyu」(1999年2月号)で日本一美味しいお燗酒に選ばれました。 『香りは、白い花や白桃のコンポートのような上品な香りに、ミネラル香、そして生酛特有のクリーム系の香りと、ほのかに海のヨードの香りを感じる。味わいは、まろやかでバランス良く、余韻に心地よい旨味と酸味がコクを与えている。』 (田崎真也氏・dancyu2001年3月号より) ◆日経新聞「何でもランキング」において、“おせち料理によく合ってお燗にすると美味しい日本酒"の第一位に選ばれました。 二位以下に2倍以上の点差をつけて第一位に選ばれた「純米生酛」は、審査員から「しっかりした味わいとコク」、「サーモンのハラスなど脂ののった食べ物に合う」などと評されました。 ⇒素敵な湯燗器とのセット、「おひとり燗」もお奨めです。【特別企画】 ◆2007年 地酒大SHOW 『お燗でじっくり飲みたいお酒』第一位 ◆2008年 地酒大SHOW 『お燗にして美味しい日本酒』ゴールド賞 ◆2009年 地酒大SHOW 『おせち料理と合う日本酒』プラチナ賞 ◆2010年 地酒大SHOW『夏こそ燗酒』プラチナ賞 ◆2011年 地酒大SHOW『酒の肴とピッタリ燗酒』プラチナ賞 ◎3度のプラチナ賞受賞で、ついに【殿堂入り】となりました。 商品説明商品名大七 純米生もと 特定名称純米酒蔵元 大七酒造 株式会社 生産地福島県二本松市アルコール度数15度原材料 米(国産)、米こうじ(国産) 内容量720ml販売元秋田屋商事株式会社名古屋市東...

お酒 日本酒 福島 【花泉酒造】花泉瑞祥 1800ml

ワイン紀行

2,052

お酒 日本酒 福島 【花泉酒造】花泉瑞祥 1800ml

ふくよかで、やや甘味がありながら、スッキリとした味わい。毎日飲みたい飲み飽きないお酒。ぬる燗、常温、少し冷やしてお召し上がりください。 原料米 たかねみのり 五百万石 精米歩合 64% 日本酒度 ±0 酸 度 1.2 アルコール度 15.5%大正九年創業で、当時は『伊南川』の名称でしたが、 その後、奥山の風雪に耐えそっと咲くひめさゆりの花と、 登屋山の清水が泉の如く湧き出ることにちなみ、 昭和二十四年『花泉』に改名されました。 仕込みの大部分を手作りで行っている為、生産量が少なく、 それも、地元で大部分を消費してしまいます。 その為、福島県でも南会津地域以外では、入手困難の知る人ぞ知る幻の酒が花泉。 味は、全体的にやや甘口で、コクがありますが、後味が非常にスッキリとし 口に残らないお酒です。 人 ・・・・ 酒を愛し土地を愛する職人気質の酒造り 花泉酒造の杜氏をはじめ、蔵人たちは、地元南郷の人。機械に頼らず、昔ながら手法を守り、造りをしています。 この土地に住み、この土地を愛してるからこそ、 地酒の本当の意味を知っているのです。 南会津の気候風土、それに合うお酒が花泉です。 水 ・・・・ 名水高清水仕込み 蔵の裏山、標高千メートルの『登屋山』の中腹に湧く清水『名水 高清水』で一切の仕込をしています。 この清水は、林農庁認定の『水源の森百選』の一つ、『高清水公園』の中に、源泉があります。 ミネラル分が少なく、蒸留水に近いとてもやわらかい水なので、、仕込まれたお酒も、やさしくやわらかい味に仕上がります。 米 ・・・・ 米の旨味を味わう 南会津のお米農家に御願いして、50%減農薬・有機栽培で大切に育てた米を、すべて自家精米しております。さらに、酒米は、20時間以上もかけて、ゆっくりと磨かれていきます。 花泉のお酒は、すべて...

お酒 日本酒 福島 花泉酒造 花泉本醸造 1800ml

ワイン紀行

2,700

お酒 日本酒 福島 花泉酒造 花泉本醸造 1800ml

登屋山の中腹から湧き出る名水・高清水(尾瀬の伏流水で軟水)で仕込んだ上品で柔らかなお酒。 ぬる燗、常温、ちょっと冷やしてお召し上がりください。 原料米 五百万石 たかねみのり 精米歩合 63% 日本酒度 ±0 酸度 1.2 アルコール度 15.8%大正九年創業で、当時は『伊南川』の名称でしたが、 その後、奥山の風雪に耐えそっと咲くひめさゆりの花と、 登屋山の清水が泉の如く湧き出ることにちなみ、 昭和二十四年『花泉』に改名されました。 仕込みの大部分を手作りで行っている為、生産量が少なく、 それも、地元で大部分を消費してしまいます。 その為、福島県でも南会津地域以外では、入手困難の知る人ぞ知る幻の酒が花泉。 味は、全体的にやや甘口で、コクがありますが、後味が非常にスッキリとし 口に残らないお酒です。 人 ・・・・ 酒を愛し土地を愛する職人気質の酒造り 花泉酒造の杜氏をはじめ、蔵人たちは、地元南郷の人。機械に頼らず、昔ながら手法を守り、造りをしています。 この土地に住み、この土地を愛してるからこそ、 地酒の本当の意味を知っているのです。 南会津の気候風土、それに合うお酒が花泉です。 水 ・・・・ 名水高清水仕込み 蔵の裏山、標高千メートルの『登屋山』の中腹に湧く清水『名水 高清水』で一切の仕込をしています。 この清水は、林農庁認定の『水源の森百選』の一つ、『高清水公園』の中に、源泉があります。 ミネラル分が少なく、蒸留水に近いとてもやわらかい水なので、、仕込まれたお酒も、やさしくやわらかい味に仕上がります。 米 ・・・・ 米の旨味を味わう 南会津のお米農家に御願いして、50%減農薬・有機栽培で大切に育てた米を、すべて自家精米しております。さらに、酒米は、20時間以上もかけて、ゆっくりと磨かれていきます。 花泉のお酒は...

お酒 日本酒 福島 ほまれ酒造 山田錦 仕込 吟醸酒 1800ml

ワイン紀行

2,037

お酒 日本酒 福島 ほまれ酒造 山田錦 仕込 吟醸酒 1800ml

山田錦の特徴である甘味を受け入れるやわらかさと、ふくらみのある味わいを引き出し、吟醸香を出すことだけにとらわれずのど越しの後、上顎に感じる味わい・「押し味」を大切に造りを行っています。福島県が開発した酵母である「うつくしま夢酵母(F701)」を使用し、やさしく穏やかな味わいを造り上げ、そこにアルプス酵母を加えることでキレと香りを引き出しバランスのとれた酒質を造り上げています。 ■タイプ:辛口 ■飲み頃温度:5℃から15℃・ぬる燗 ■日本酒度:+4.0 ■アルコール度数:15% ■酸度:1.4 ■アミノ酸度:1.0 ■使用酵母:F701(うつくしま夢酵母)&アルプス酵母 ■原料米:麹米 山田錦 掛米 山田錦 ■精米歩合:59%杜氏: 中島 一郎 ・・・・・・・・・・・・・・・ 酒造りで常に痛感させられるのは、酒は生き物であるという事。 それ故に今必要としている事を、即過不足なく対応するという事です。 それには、何が必要かを見抜く観察力と的確な洞察力、そして決断力が求められます。醸された酒がいつもその能力の評価をする訳ですが、その酒に叱咤激励されながらより一層の良酒を醸すべく、経験と精進を重ねていこうと想っております。   ほまれ酒造受賞暦 全国新酒鑑評会 ◇ 金賞受賞年 昭和:61年 平成:5、10、11、13、14、20、21、22年 東北新酒鑑評会 ◇ 金賞受賞年 平成: 元年、2、3、5、7、8、10、11、12、13、14、16年 平成: 17、18、19、20、21年 福島県鑑評会 ◇ 平成16年春季 吟醸の部 県知事賞 ◇ 平成18年春季 吟醸の部 金賞 ◇ 平成18年春季 純米の部 金賞 ◇ 平成20年秋季...

お酒 日本酒 福島 ほまれ酒造 上撰辛口 1800ml

ワイン紀行

1,782

お酒 日本酒 福島 ほまれ酒造 上撰辛口 1800ml

口の中でふくらむ味わいと、のどごしの清涼感が美味しいの秘密です。どんな料理にも合い、冷やでも燗でも美味しいお酒です。杜氏: 中島 一郎 ・・・・・・・・・・・・・・・ 酒造りで常に痛感させられるのは、酒は生き物であるという事。 それ故に今必要としている事を、即過不足なく対応するという事です。 それには、何が必要かを見抜く観察力と的確な洞察力、そして決断力が求められます。醸された酒がいつもその能力の評価をする訳ですが、その酒に叱咤激励されながらより一層の良酒を醸すべく、経験と精進を重ねていこうと想っております。   ほまれ酒造受賞暦 全国新酒鑑評会 ◇ 金賞受賞年 昭和:61年 平成:5、10、11、13、14、20、21、22年 東北新酒鑑評会 ◇ 金賞受賞年 平成: 元年、2、3、5、7、8、10、11、12、13、14、16年 平成: 17、18、19、20、21年 福島県鑑評会 ◇ 平成16年春季 吟醸の部 県知事賞 ◇ 平成18年春季 吟醸の部 金賞 ◇ 平成18年春季 純米の部 金賞 ◇ 平成20年秋季 吟醸の部 県知事賞 ◇ 平成21年春季 吟醸の部 県知事賞 ◇ 平成21年春季 純米の部 金賞 全国酒類コンクール ◇ 2006年春季 『古酒・新開発部門』 第1位 ◇ 2006年春季 『純米酒部門』 第4位 山形県新酒鑑評会 ◇ 平成21年 吟醸の部 グランプリ  

日本酒 福島 ほまれ酒造 純米吟醸 巽蔵 720ml

ワイン紀行

1,572

日本酒 福島 ほまれ酒造 純米吟醸 巽蔵 720ml

酒造好適米『五百万石』を大吟醸規格の50%まで精米したとっても贅沢な純米吟醸酒。 果実の香りを思わせる芳香、幅のある旨味が調和したすっきりした爽やかさが特徴 ■産地・酒造:ほまれ酒造 (福島県喜多方市) ■タイプ:辛口 ■飲み頃温度:10℃から15℃前後 ■日本酒度:+2.0 ■アルコール度数:15〜16% ■酸度:1.4 ■アミノ酸度:1.3 ■使用酵母:協会9号 ■原料米:五百万石 ■精米歩合:50%杜氏: 中島 一郎 ・・・・・・・・・・・・・・・ 酒造りで常に痛感させられるのは、酒は生き物であるという事。 それ故に今必要としている事を、即過不足なく対応するという事です。 それには、何が必要かを見抜く観察力と的確な洞察力、そして決断力が求められます。醸された酒がいつもその能力の評価をする訳ですが、その酒に叱咤激励されながらより一層の良酒を醸すべく、経験と精進を重ねていこうと想っております。   ほまれ酒造受賞暦 全国新酒鑑評会 ◇ 金賞受賞年 昭和:61年 平成:5、10、11、13、14、20、21、22年 東北新酒鑑評会 ◇ 金賞受賞年 平成: 元年、2、3、5、7、8、10、11、12、13、14、16年 平成: 17、18、19、20、21年 福島県鑑評会 ◇ 平成16年春季 吟醸の部 県知事賞 ◇ 平成18年春季 吟醸の部 金賞 ◇ 平成18年春季 純米の部 金賞 ◇ 平成20年秋季 吟醸の部 県知事賞 ◇ 平成21年春季 吟醸の部 県知事賞 ◇ 平成21年春季 純米の部 金賞 全国酒類コンクール ◇ 2006年春季 『古酒・新開発部門』 第1位 ◇ 2006年春季 ...

お酒 日本酒 福島 ほまれ酒造 脹雀の里 喜多方名水仕込み 1800ml

ワイン紀行

1,815

お酒 日本酒 福島 ほまれ酒造 脹雀の里 喜多方名水仕込み 1800ml

緑の松と黄金色の稲束、そこに群がる雀たち・・・・・・。米を主食とする我が国では五穀豊穣を表すシンボルとして「脹雀」があります。 このラベルは喜多方に伝承された「会津型」のコレクションの中の「脹雀」をモチーフとして製作しました。 清酒「脹雀の里」は、当地で採れた米を60%まで磨き上げ、「喜多方の名水」を使用して醸造したもので、豊かな味わいと香りをお楽しみ下さい。杜氏: 中島 一郎 ・・・・・・・・・・・・・・・ 酒造りで常に痛感させられるのは、酒は生き物であるという事。 それ故に今必要としている事を、即過不足なく対応するという事です。 それには、何が必要かを見抜く観察力と的確な洞察力、そして決断力が求められます。醸された酒がいつもその能力の評価をする訳ですが、その酒に叱咤激励されながらより一層の良酒を醸すべく、経験と精進を重ねていこうと想っております。   ほまれ酒造受賞暦 全国新酒鑑評会 ◇ 金賞受賞年 昭和:61年 平成:5、10、11、13、14、20、21、22年 東北新酒鑑評会 ◇ 金賞受賞年 平成: 元年、2、3、5、7、8、10、11、12、13、14、16年 平成: 17、18、19、20、21年 福島県鑑評会 ◇ 平成16年春季 吟醸の部 県知事賞 ◇ 平成18年春季 吟醸の部 金賞 ◇ 平成18年春季 純米の部 金賞 ◇ 平成20年秋季 吟醸の部 県知事賞 ◇ 平成21年春季 吟醸の部 県知事賞 ◇ 平成21年春季 純米の部 金賞 全国酒類コンクール ◇ 2006年春季 『古酒・新開発部門』 第1位 ◇ 2006年春季 『純米酒部門』 第4位...

お酒 日本酒 福島 ほまれ酒造 佳撰辛口 1800ml

ワイン紀行

1,749

お酒 日本酒 福島 ほまれ酒造 佳撰辛口 1800ml

辛口の歴史はここから始まったといっても過言ではありません。冷や、常温、熱燗なんでもこなす辛口酒の代表!杜氏: 中島 一郎 ・・・・・・・・・・・・・・・ 酒造りで常に痛感させられるのは、酒は生き物であるという事。 それ故に今必要としている事を、即過不足なく対応するという事です。 それには、何が必要かを見抜く観察力と的確な洞察力、そして決断力が求められます。醸された酒がいつもその能力の評価をする訳ですが、その酒に叱咤激励されながらより一層の良酒を醸すべく、経験と精進を重ねていこうと想っております。   ほまれ酒造受賞暦 全国新酒鑑評会 ◇ 金賞受賞年 昭和:61年 平成:5、10、11、13、14、20、21、22年 東北新酒鑑評会 ◇ 金賞受賞年 平成: 元年、2、3、5、7、8、10、11、12、13、14、16年 平成: 17、18、19、20、21年 福島県鑑評会 ◇ 平成16年春季 吟醸の部 県知事賞 ◇ 平成18年春季 吟醸の部 金賞 ◇ 平成18年春季 純米の部 金賞 ◇ 平成20年秋季 吟醸の部 県知事賞 ◇ 平成21年春季 吟醸の部 県知事賞 ◇ 平成21年春季 純米の部 金賞 全国酒類コンクール ◇ 2006年春季 『古酒・新開発部門』 第1位 ◇ 2006年春季 『純米酒部門』 第4位 山形県新酒鑑評会 ◇ 平成21年 吟醸の部 グランプリ  

こだわりの日本酒の福島の酒、発売中!当社自慢の一品。全国各地特産の種類豊富な美味日本酒。種類豊富な福島の酒をカンタン検索・比較できます。贈り物にも、まとめ買いにもどうぞ。

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、お酒・ドリンクをまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しい日本酒が充実品揃え。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「福島の酒」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

関連カテゴリ