「カート」 の検索結果 3,021件

モスカート・ダスティ

蔵直ワイン ヴィノスやまざき

1,598

モスカート・ダスティ

イタリアのワイン名譲地ピエモンテ州で近年大注目の地域「ランゲの丘」で、家族経営でワインを造る農家。お爺ちゃんが大八車でワインの量り売りを始めたのが創業という、ヴィノスやまざき(先々代が大八車で行商を始め、大八車が会社のロゴマークになっています)とは親戚のような蔵元。モスカート・ダスティは若干発泡していて、マスカットの甘い香りが立ち、とてもフルーティー。さっぱりとした甘口のワインとしてすっかりお馴染み、大人気ですが、マンフレディ家のものは厳格に選ばれた十分に甘味ののったぶどうを使い、醸造も伝統的な方法で行われるので、懐かしさを感じさせ、安心できる味わいです。 ■商品名 モスカート・ダスティ ■商品名(原語) MOSCATO D'ASTI ■生産国・地域 イタリア D.O.C.G モスカート ダスティ ■蔵元名 マンフレディ家 ■品種 モスカート100% ■タイプ・味わい 甘口微発泡白イタリアワインの銘醸地ピエモンテ州でも近年注目を浴びるランゲの丘で、代々ワインを造る家族経営蔵元による大人気スパークリングワイン。アルコール度数5.5%、弱発泡性の甘口白ワインは、蜜のような甘みのある香りとマスカットの甘い香りが豊かでとにかくフルーティです。

モスカート・スプマンテ

蔵直ワイン ヴィノスやまざき

1,922

モスカート・スプマンテ

イタリアを代表するスパークリングワイン「プロセッコ」は、ヴェネト州の北部の「コネリアーノ村」と、さらに内陸に行ったアルプスの山麓沿い手前に位置する「ヴァルドッビアデーネ村」産が特に有名。「ヴァルドカ」は1952年にヴァルドッビアデーネ村にて醸造所をスタートさせて以来、地元の権威者として完璧な質のプロセッコ生産を目指し続け、ローカルな発泡酒だったプロセッコを世界的に有名にした立役者でもあります。現在は661ヘクタールの自社畑内に、593ものぶどう栽培家を傘下に抱え、日々栽培指導にあたり良質なぶどう作りを行っています。ヴァルドカのぶどう畑の大半は、この地区で最も良いとされる標高300〜400m南向きの斜面に位置しており、それらの畑のほとんどが立っていられないほどの急斜面。多大な日照量を浴びた完熟ぶどうは手摘みで(当然、機械が入れないため)収穫をされ、一斉に醸造に掛けられます。シャルマ方式で造られる華やかでソフトなスタイルと、良質ぶどうからくるキレときめ細かな泡が特徴のプロセッコが産出されています。「モスカート」はヴァルドカが造る唯一の甘口タイプの発泡酒。モスカートと言えばピエモンテのアスティが有名ですが、ここヴェネトでは、それ以前よりギリシャからマスカットが持ち込まれ栽培されていて、実はモスカートの銘醸地としてもよく知られています。低アルコール(6.5%)で自然なマスカットをそのまま搾ったような新鮮な甘さと泡の清涼感が病みつきになるようなスパークリング。 ■商品名 モスカート・スプマンテ ■商品名(原語) MOSCATO SPUMANTE ■生産国・地域 イタリア・ヴェネト州 VSAQモスカート ■蔵元名 ヴァルドカ ■セパージュ モスカート100% ■タイプ・味わい スパークリング・辛口現地最高峰の造り手「ヴァルドカ...

ベルサーノ モスカート・ダスティ

ハモニカ横丁

3,402

ベルサーノ モスカート・ダスティ

◆アルプスの麓、 ピエモンテ州のお洒落な黄金色の弱発泡性ワイン♪ アスティの南に広がる地区に位置し、 ハオロ&ジュリオ・モランド兄弟を 中心として一族が経営する小さな造り手。 甘口が敬遠される昨今、 甘いだけではないバランスの良い味わいの モスカート・ダスティ、 小樽熟成のバルベーラ・ダスティなどが評判。 ◆原産国:イタリア ◆生産地:ビエモンテ州 ◆地区:アスティ地区 モスカート ◆統制産地呼称:D.O.C.G. ◆分類:弱発泡性スパークリングワイン(伊・スプマンテ)デザートワイン ◆ブドウ品種:モスカート(マスカット) ◆タイプ:白・甘口 ◆アルコール度数:5% ◆容量:750ml ◆色:麦わら色、黄色味は強いまたは薄い、輝くような透明。 ◆芳香:モスカートの芳香と特徴的な香り。 ◆味:甘く芳香があり、モスカートの特徴。時折活発な発泡。 ◆コメント◆ マスカットの甘美な香りを失わないように低温で 発酵し、残糖分があるうちに急激に温度を 下げて発酵を止め、甘口に仕上げました、個性派弱発泡性ワイン。 ◆テイスティング◆ プチプチと弾ける炭酸の軽い刺激とともに、 マスカットのフレッシュでフルーティな風味が 口の中に爽やかに広がります。 食事の後のデザートワインとしてお召し上がりください。 女性にも大人気の弱発泡ワインです♪ ◆ワインと食品のマッチング ⇒(ペアリングとも表現される)◆ 食品とワインの組み合わせにおいて考慮すべき最も基本的な要素は 「重さ」、すなわち食品の重さとワインの重さあるいは 「ボディ」とのバランスをとること、である。 例えば重い食品としてはレッドソースパスタなど、 軽い食品として繊細なサラダなど、 重いワインとしてカベルネ・ソーヴィニヨンなど、 軽いワインとして繊細なピノ・グリージョなどが挙げられる。...

≪プルノット≫モスカート ダスティ 2016

東急百貨店

2,376

≪プルノット≫モスカート ダスティ 2016

【生産者情報】第一次世界大戦後、運営の苦しかったランゲ・ワイン協同組合(Vini Delle Langhe)をアルフレッド・プルノット氏が1923年に買い取ったことから、プルノットの歴史は始まります。アルフレッド・プルノット氏は、経営者としてだけではなく醸造家としても手腕を発揮し、当時の世界市場で「ピエモンテのワインと言えばプルノット」と言われたほど。30年以上に渡りプルノットを守ってきたアルフレッド氏が1956年に勇退。友人である醸造家のペッペ・コッラ氏に譲渡。ペッペ・コッラ氏は弟のティノ・コッラ氏の協力を得て、プルノットの品質を保ちながらアルフレッドの意思を継ぎ、名前もプルノットのままで運営。ピエモンテで100年以上続くワイナリー。1989年アンティノリ社の所有後、こだわりの製法はそのままに、セラーや熟成技術に投資しその地位を世界中で確固たるものとなっている。【ワイン情報】ピエモンテ州のアスティやアルバから程近い町、 カネッリやトレイソにある石灰質土壌の畑から獲れるモスカート・ビアンコ種100%で造られ収穫後、小さな箱に入れ短期間で圧搾を行います。マストはアルコール度数が5度になるまで発酵を行いその後冷却。フィルター後に瓶詰めを行っている。【味わい】アカシアのハチミツのような繊細で甘やかな香りに、ムスクやサンザシのニュアンスが加わり余韻に残る程よい酸味が爽やかでイチゴや桃などの果物とはもちろん、ビスケットやクッキーとの相性も良く、お茶菓子とワインのマリアージュも楽しめる。

レ・コステ / モスカート“ドゥエ エンメ [2015]【白ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

6,999

レ・コステ / モスカート“ドゥエ エンメ [2015]【白ワイン】

自然派注目の作り手! 推薦グラス レ・コステ / モスカート“ドゥエ エンメ [2015] Le Coste / Moscato"Due M 2015 セパージュ: 【モスカート】 国地域: イタリア・ラツィオ 飲み頃情報: 今から インポーター: エヴィーノ 「2つのM」という意味合いのモスカート。Cruの畑に植わっているピエ ディ フランコ(自根)のモスカートを、異なる2つのマセレーション(果皮浸漬)によって醗酵を行い、それを一つに合わせたという奇抜なワイン。なぜこんなことしたの!?と初めは思ってしまいましたが、ジャンマルコ曰く、「2種類の醗酵で生まれる香りは全く違い、そのどちらの香りも併せ持ち、より香りに複雑さが生まれる。モスカートの非常に強い香りとアロマを最大限引き出すことができる方法」といいます。カーボニックマセレーションによって表現される「繊細さ、フレッシュさ」、そして伝統的ともいえる空気に触れながらの長いマセレーションから、「体躯、骨格」。他のブドウでは表現できないモスカートの香りと味わいを引き出した、唯一無二のモスカートといっても過言ではないと思います! しかし、造られるのはモスカートが本当の意味で「最高」と呼べる素晴らしい収穫を遂げた年のみ、、。僅か500L程度しか造ることができないワインではありますが、それでも一切妥協なく追求する彼のこだわりには、いつもながら驚かされてしまいます。 【blanc】 【italia】 【v2015】【nature】 【wakaumashiro】

コンチャ・イ・トロ フロンテラ モスカート 12本

ハモニカ横丁

10,757

コンチャ・イ・トロ フロンテラ モスカート 12本

1883年、スペインの名門貴族コンチャ家のドン・メルチョー氏が、 世界有数のワイン銘醸地ボルドーからぶどう苗をチリへ持ち込み、 ぶどう栽培に最適な気候を持つマイポ・ヴァレーにぶどう畑を開拓し、 コンチャ・イ・トロの基礎を築きました。 家族経営から始まった事業は急速な成長を遂げ、品質面においても 自信を深めた同社は、本格的に輸出事業へ取り組むため、 1923年にはサンチャゴの株式市場に上場し、さらに規模を拡大。 1933年にはヨーロッパへの初の輸出ワインを ロッテルダム港へ荷揚げしました。 こうして世界への第一歩は踏み出されたのです。 1970年代以降、品質本位のポリシーに基づく路線を目指し、 1980年代には早くも全ての醸造システムに新技術を 取り入れてワイナリーの近代化に努めました。 チリ最高級の呼び名の高いワイン「ドン・メルチョー」の 初ヴィンテージは1987年。 この「ドン・メルチョー」は、 豪華客船クイーンエリザベス2世号のワインリストに オンメニューされるなど、同社の品質の高さを裏付けるように、 確固たる地位も築きました。 また、1997年「シャトー ムートン・ロートシルト」で 有名なボルドーのバロン・フィリップ・ド・ロートシルト家 とのジョイント・ベンチャーを開始。 この提携によって1998年9月に「アルマヴィヴァ」が 発表されるや世界中で大絶賛。 1999年ワインスペクテーター誌がおこなった 世界18,000人の読者による人気投票では、 「南米のベストワイナリー」に選ばれています。 ◆原産国:チリ ◆生産地:セントラル・ヴァレー ◆原産地呼称:D.O. セントラル・ヴァレー ◆タイプ:白・やや甘口 ◆ブドウ品種:モスカート ◆アルコール度数:12% ◆容量:750ml ◆生産者:コンチャ・イ・トロ/Concha y...

ガンチア・モスカート・ダスティ

ハモニカ横丁

1,825

ガンチア・モスカート・ダスティ

◆アスティ・スプマンテは、 1850年にフランスのシャンパーニュ地方への留学から帰国した、 創業者カルロ・ガンチアのイタリアらしいスパークリングワインをつくりたい、 という強い意志から始まりました。 ガンチアの情熱と伝統は、 5代目当主ランベルト・ガンチアによって、現在も受け継がれています。 ●ワインの種類・スパークリングワインを極める! 炭酸ガスを内包する発泡性ワインは、 一般に3気圧以上のガス圧をもつものをスパークリングワイン、 それ以下のものは弱発泡性ワインとして分類されます。 スパークリングワインといえば、思い出すのが「シャンパン(Champagne)」。 この名前は代名詞のように使われていますが、これはフランスの シャンパーニュ地方で造られるAOCワイン固有の名称のことです。 シャンパーニュ地方でも特定地域の、特定のぶどう品種を用いて造られるもので、 栽培、醸造などの生産条件についても、AOC法により厳しく規定されています。 ですから、同じフランス国内で造られていても、 規定からはずれるものはシャンパンと呼ぶことはできません。 他国で生産されたものならなおさらのこと。 スパークリングワインまたは弱発泡性ワインと呼ばなければなりません。 ●スパークリングワインの製造法は、主に3種類があります。 ◆トラディショナル方式 スティルワインをびんに詰め、糖分と酵母を加えて密閉し、 びん内で二次発酵を起こさせるもの。発酵後も熟成、澱引きなどが必要で、 最も手間とコストがかかる方式で、最高級スパークリングワインの製造に用いられる。 シャンパン方式とも呼ばれ、その名の通りシャンパンはこの方式によって製造される。 しかしシャンパン以外はシャンパン方式とラベルに表記することはできない。 ◆シャルマ方式 スティルワインを大きなタンクに密閉し...

あす楽
送料無料
あす楽【送料無料】ストラディヴァリウス・グラッパ【Stradivarius Grappa】40度700ml

グラッパ・ハウス

4,320

あす楽
送料無料

あす楽【送料無料】ストラディヴァリウス・グラッパ【Stradivarius Grappa】40度700ml

内容量 700ml ご注意 要冷暗所保管 原産地 イタリア・ベネト州 品種 白モスカート、黄モスカート 製造元 ITALCORAL S R L (イタリア) 商品説明 ベネト州の黄モスカートのアロマの成分は他の州のものを卓越しています。原料を丹念に選別し、昔ながらの蒸留方法で作られたグラッパで、その香りとテイストにはソムリエからも絶賛を浴びています。 アルコール度数 40度 ※ITALCORAL S R L 社(イタリア)の証明書付き 証明書(PDFファイル)はこちらおしゃれなボトルはプレゼント用としても最適です。あの有名なヴァイオリン、ストラディヴァリウスから名づけられただけあって、メーカーの自信作です。 イタリア、ベネト州の丘で栽培され厳選された白モスカート、黄モスカート。このベネト州の黄モスカートのアロマの成分は、土壌・気候の影響を受けた他の地域では見られない特長があります。ベネト州を代表するのがこのモスカートのグラッパ。適正な蒸留によってかもし出されたエレガント、ハーモニー、フラグランスのあるアロマをお楽しみ下さい。口に含むとクラシックの音楽が聞こえてくるようなテイスト。アロマティック、ハーモニーがあり心地よく、力強いテイストは絶賛をあびています。 飲み頃温度:14−16度、夏場はこれより冷やしてお召し上がり下さい。 注)送料無料:但、北海道、九州、沖縄を除く

サッポロビール イエローテイル モスカート バブルス 750ml

プレモア酒販

1,290

サッポロビール イエローテイル モスカート バブルス 750ml

商品説明★ 甘口で、フローラルな香り。グラスに注ぐと、シュワシュワッと小気味よく立ちのぼる泡。再栓可能な特製リキャップ栓だから飲みたい時に飲みたい分だけ楽しめます。★ 味・香りとってもカジュアルなスパークリングワイン。搾りたてのブドウのような、フレッシュ&フルーティーな味わいです。★ おすすめの飲み方フルートグラスに入れてちょっとオシャレに。アウトドアで氷をたっぷり入れて。ウチで映画を見ながら。などなど。お好きな飲み方が、オススメです。* ワインのタイプ: 白 やや甘口 スパークリング* 産地: オーストラリア* ぶどう品種: モスカート種* 合う料理: 食前酒、フルーツタルト、ビスケット、へーゼルナッツ、グレープ、中華料理* 飲み頃温度: 5〜7℃* 容量: 750mlご購入前にご確認くださいご購入について法律により20歳未満の酒類の購入や飲酒は禁止されており、酒類の販売には年齢確認が義務付けられています。ヴィンテージについてヴィンテージ(年号)が最新のものと切り替えになる場合がございます。そのため画像の表記とは年号が異なる場合がございます。あらかじめご了承のうえでご注文ください。

ガンチア モスカート・ダスティ 2015年 DOCGモスカート・ダスティ (イタリア・スパークリングワイン)

愛あるしんちゃんショップ

1,274

ガンチア モスカート・ダスティ 2015年 DOCGモスカート・ダスティ (イタリア・スパークリングワイン)

1850年、北イタリアのピエモンテ州カネリにカルロ・ガンチアという人物がワイナリーを設立しました。その後、フランスのシャンパーニュ地方に2年間留学し帰国したガンチアは、1865年、アスティ地方のモスカート種(マスカット種)から、「モスカート・シャンパーニュ」と呼ばれるイタリア初のスパークリングワインを製造し販売を開始したのです。やがてこの酒は「アスティ・スプマンテ」と呼ばれるようになり、そのふくよかなマスカットの香りと甘く爽やかな口当たりで多くの人々から人気を集めました。そして、この功績によりガンチアは、広くその名を知られるようになったのです。 ガンチア社が生産するアスティは、1993年にイタリアワイン法で定められたDOCG(統制保証付原産地呼称)へ昇格、イタリア全土で36ブランド(※)しか指定を受けていない最上級ランクへの仲間入りを果たしました。さらに現在の5代目当主であるランベルト・ヴァラリーノ・ガンチアは、創業以来続く家族経営の伝統を貫きながら、「アスティ・スプマンテ」をはじめとするスパークリングワインの他、品質の高いスティルワインやヴェルモットを製造し世界中に販売、ワールドワイドなトップブランドとしての地位をさらに強固なものとしています。 モスカート・ダスティについてヒュー ジョンソン氏は、「DOCGアスティと似ているが通常はより良質の葡萄からつくられる。DOCGアスティよりアルコール度数が低く、より甘口でフルーティ。」★★→★★★三ツ星評価 ガンチア モスカート・ダスティ 2015年北イタリアのモスカート(マスカット)を100%使用した、微発泡の甘口スパークリングワイン。アルコール分を通常のワインの約半分の5.5%に抑え、非常に飲みやすく優しい口当たりに。イタリア伝統のスパークリングワイン製法である「シャルマ方式」を用い...

こだわりのお酒・ドリンクのカート、発売中!当社自慢の一品。世界各国・全国各地のお酒・ドリンク。種類豊富なカートをカンタン検索・比較できます。贈り物にも、まとめ買いにもどうぞ。

商品説明が記載されてるから安心!ネットショップから、お酒・ドリンクをまとめて比較。品揃え充実のBecomeだから、欲しいお酒・ドリンクが充実品揃え。

関連キーワード

モスカートアカデミア
スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「カート」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ