「黄瀬戸」 の検索結果 721件

倉敷意匠 計画室 ふくら雀の陽刻 豆皿(黄瀬戸)

Amazon

1,620

倉敷意匠 計画室 ふくら雀の陽刻 豆皿(黄瀬戸)

古道具の店を見て回りながら感じるのは、とにかく日本には、小さなうつわの数量が、欧米と比べて圧倒的に多いということです。 西欧でナイフとフォークが一般的に使われるようになるのは十八世紀以降のことなのだそうで、それまでは大皿の上で切り分けられた料理を手でつかんで食べていました。 遠い昔より箸を使う日本とのうつわ事情の違いは、このことが一番大きな要素ではあるのでしょうが、そればかりではないような気もします。 日本では古来より、食事をするという行為の一部として、料理と器の取り合わせを意識し、実際に器が料理の味そのものも左右するスパイスとしての役割までを果たすことを、ことのほか強く感じていたと思うのです。 多くの人々の暮らしに、じゅうぶんな余裕があったわけではないと思われる江戸時代に、茶碗とか、そば猪口とか、小皿とか庶民の食生活に使われた雑器が、何千何万と地方の隅々にまで溢れていたことは確かで、料理を楽しむことと同じように、小さくも可憐なそれらを眺め、手に取り、味わう気持ちが心を慰めていただろうことが想像されるのです。 そんなわけで、いったいどれほどの種類があるのか想像もつかない江戸期の小皿ですが、単に絵付けのバリエーションだけでなく、皿そのものの形に工夫をこらしたものも多く見つかります。つまり、ボディ自体が魚であったり、千鳥であったり、瓜であったりするのです。 写真のふくら雀の豆皿は、愛知県の瀬戸地方や美濃地方で明治の初め頃まで作られていたかたちを写したものです。 羽毛を陽刻で表現した型ものですが、当時は、石膏の型ではなく素焼きの型を使用するため、技術的に大きなものを作ることができず、型ものと言えば必然的に小さくて可憐なデザインの小皿が生み出される結果となったようです。 ふくら雀は寒雀の異称で、寒さをしのぐために羽をふくらましている状態の雀の...

送料無料
【黄瀬戸/織部】【瀬戸焼/せともの】【酒器/片口/注器】黄瀬戸片口注器

うつわ魯庵

10,800

【黄瀬戸/織部】【瀬戸焼/せともの】【酒器/片口/注器】黄瀬戸片口注器

【黄瀬戸/織部】【瀬戸焼/せともの】【酒器/片口/注器】ギフト/プレゼント/御祝/引出物/内祝い サイズ:13×8×高さ9.5cm 手作り品につき多少の誤差、色ムラはございます。 お客様を招いてのパーティや冠婚葬祭、 もちろん普段使いにでも、大変重宝致します。 また贈り物としても大変喜ばれます。 いつもの食卓が高級料亭へ変ります。 作家 岩月竹光 せともの/のことなら是非!うつわ魯庵までお任せ下さい。【せともの】【黄瀬戸/織部】【瀬戸焼/せともの】【酒器/片口/注器】黄瀬戸片口注器 「美」と「食」を極致をご堪能頂ける至極の一品 やきものの町、愛知県瀬戸市、中でも赤津町は瀬戸市を代表する産地です。その赤津を代表する作家・岩月竹光 一つ一つ丁寧に手作り・手描きをし、大量生産では真似の出来ない味わいを出しています。 そんな器が毎日の食事を楽しく賑やかなものにしてくれます。   他にもこのような作品があります。 (写真左) 黄瀬戸福紋向付 (写真中央) 黄瀬戸大根彫かぶと鉢 (写真右) 黄瀬戸草紋茶碗or湯呑     いつもの食卓が高級料亭に変ります。 「器は料理の着物」 美食家 北大路魯山人の言葉の通り、 ただ単に真っ白な器での食事は何だか味気ない・・・ そうだ! この前買ったお気に入りの器に盛ってみよう ゆったりとした至極の時間を過ごしませんか       釉薬について 黄瀬戸とは・・・ 古瀬戸灰釉の流れを汲み、原料は土と灰、長石、鉄と単純でありながら、少しの温度差でその色調を変える極めて難儀な釉薬である。焼成温度は約1190度位、黄色の地肌に胆礬(たんぱん)と呼ばれる緑釉を施し、黄地を一層引き立たせている。桃山時代の千利休の茶陶によって広く使われ、古田織部の時代に亘る。安土...

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「黄瀬戸」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ