「阿蘇」 の検索結果 2,360件

【ベルメゾン】奥阿蘇だより 食彩の里 ふしみ

ベルメゾンネット

4,320

【ベルメゾン】奥阿蘇だより 食彩の里 ふしみ

甘さがじんわりと染み込んだ熊本の伝統食で人気の「お豆腐の味噌漬け」は、熊本の隠れた特産品です。昔から田舎で作られている堅いお豆腐をさらに押しをし、熱を加え特製のもろみ味噌に漬け込み熟成させたものです。阿蘇から更に山奥高千穂峡に近い山間の地にひっそり佇む食彩の里『ふしみ』で手作りしています。3ヶ月寝かせた豆腐はまるで東洋のチーズ!驚きの食感と感動をどうぞ!ご家庭用に食べやすいサイズです。※もろみ味噌をお箸でそっと取り除いて下さい。さいころ状にカットしたおとうふの味噌漬けがあらわれます。そのままお召し上がり下さい。お酒のおともにピッタリ!クセになる味です。もろみもそのまま、もろきゅう等にしてどうぞ。「ごぶ漬け大根」は、ハリハリとした歯ざわり天日干しの甘さでご飯がすすむ一品!天日干しの大根を使用しており、お水を一切使わず、お酒とりんご酢でもどしています。昔おばあちゃんが作ってくれた懐かしい味を再現しました。「しいたけ山椒」は、阿蘇の山野に自生する山椒の葉を一枚一枚手摘みして、地元産の椎茸と炊き合わせ、ご飯のお供にあう存在感のある佃煮に仕上げました。広がる山椒の香りと椎茸とのキリッとしまった味をご堪能下さい。【小分け】【食べきり】

阿蘇本漬け たかなきざみ (常温) 100g×5袋 阿蘇おふくろ工房 無添加・無着色・手作り、昔ながらのお漬物

全4商品

1,509

阿蘇本漬け たかなきざみ (常温) 100g×5袋 阿蘇おふくろ工房 無添加・無着色・手作り、昔ながらのお漬物

阿蘇の特別栽培(無農薬)された、阿蘇たかなだけを原料に今年漬けあがったばかりの阿蘇本漬けたかなです。阿蘇たかなを使いやすい大きさに刻んで真空包装しています。洗って刻んでいますので、そのままお召し上がりいただけます。チャーハンやラーメンの具材など料理に幅広くご利用いただけます。阿蘇のたかなは、10月に種をまき翌年の3月から収穫が始まります。阿蘇は高冷地のため冬は雪や霜が降ります。たかながある程度生育した頃、雪や霜が降りそれに埋もれながら育ちます。なので農薬は一切使わないで栽培されます。なので阿蘇のたかなは大きくは育ちませんが、その分旨みが凝縮され独特のピリッとした辛味が出ます。収穫は1本1本手作業で収穫します。阿蘇地方ではこの収穫の事をたかな折りと呼び、阿蘇の春の風物詩になっています。このこだわりの阿蘇たかなを半年から一年間熟成させたものが、本漬けたかなです。ウコンなどでの色づけは一切しておらず、乳酸発酵による自然の色合いのままです。無添加・無着色で漬けてありますので、ご安心してお召し上がりいただけます。

阿蘇本漬け たかなきざみ (常温) 100g×3袋 阿蘇おふくろ工房 無添加・無着色・手作り、昔ながらのお漬物

Amazon

1,929

阿蘇本漬け たかなきざみ (常温) 100g×3袋 阿蘇おふくろ工房 無添加・無着色・手作り、昔ながらのお漬物

阿蘇の特別栽培(無農薬)された、阿蘇たかなだけを原料に今年漬けあがったばかりの阿蘇本漬けたかなです。阿蘇たかなを使いやすい大きさに刻んで真空包装しています。洗って刻んでいますので、そのままお召し上がりいただけます。チャーハンやラーメンの具材など料理に幅広くご利用いただけます。阿蘇のたかなは、10月に種をまき翌年の3月から収穫が始まります。阿蘇は高冷地のため冬は雪や霜が降ります。たかながある程度生育した頃、雪や霜が降りそれに埋もれながら育ちます。なので農薬は一切使わないで栽培されます。なので阿蘇のたかなは大きくは育ちませんが、その分旨みが凝縮され独特のピリッとした辛味が出ます。収穫は1本1本手作業で収穫します。阿蘇地方ではこの収穫の事をたかな折りと呼び、阿蘇の春の風物詩になっています。このこだわりの阿蘇たかなを半年から一年間熟成させたものが、本漬けたかなです。ウコンなどでの色づけは一切しておらず、乳酸発酵による自然の色合いのままです。無添加・無着色で漬けてありますので、ご安心してお召し上がりいただけます。

送料無料
【作家名】池田尚志 【作品名】阿蘇・根子岳

アートギャラリーモトカワ

126,000

【作家名】池田尚志 【作品名】阿蘇・根子岳

●画家名:池田尚志(いけだたかし) ●作品名:阿蘇・根子岳 ●絵のサイズ: W39×H30cm ●額装サイズ:W55×H46cm ●絵画の技法:日本画 ●サイン:作家直筆サイン 池田尚志さんが日本画の絵画で描いた和の絵「阿蘇・根子岳」は、熊本の阿蘇を代表する山、根子岳の初夏を描いた美しく気品に満ちた日本画の絵画です。 阿蘇の根子岳は、これまでにもたくさんの画家さんによって絵のモチーフとして描かれ続けてきた山ですが、池田尚志さんの日本画の絵画「阿蘇・根子岳」は、その中でも特に素晴らしい阿蘇の絵だと思います。 阿蘇の初夏の深い緑、谷間に使われている群青の色も、阿蘇の根子岳の瑞々しく気品に満ちた姿を鮮明に描き出しています。 これほどの阿蘇の絵は、熊本でも滅多に見れない素晴らしい日本画の絵画だと感じます。 油絵や水彩画などの他の技法では決して表現できない、日本画ならではの気品が漂っています。 池田尚志さんは1909年に熊本県の天草に生まれ、東京美術学校を卒業後、日本画家として活躍されました。 師は日本画の大家、山口蓬春で日本画院賞や大日賞など数々の賞を受賞されておられます。 残念ながら2005年にお亡くなりになられましたが、熊本を代表する日本画家として、日本全国に熱心なコレクターを抱える人気作家でした。 今から25年ほど前の作品ですが、保存状態も完璧で後世まで楽しんでいただける日本画の絵画だと思います。 アートギャラリーモトカワでは、これからも池田尚志さんの日本画の絵画をできるだけご紹介していきたいと思っています。 池田尚志さんが日本画の絵画で描いた和の絵「阿蘇・根子岳」をぜひご自宅のインテリアやプレゼントの絵としてご購入ください。

送料無料
【作家名】内藤謙一 【作品名】天空の道・阿蘇道狩尾幹線

アートギャラリーモトカワ

260,000

【作家名】内藤謙一 【作品名】天空の道・阿蘇道狩尾幹線

●画家名:内藤謙一 ●作品名:天空の道・阿蘇道狩尾幹線 ●絵のサイズ: W74,5×H36,5cm ●額装サイズ:W93×H48,5cm ●絵画の技法:水彩画 ●サイン:作家直筆サイン 内藤謙一さんが水彩画の絵画で描いた阿蘇の絵「鷹狩り・瀬の本高原」は2内藤謙一さんが水彩画の絵画で描いた阿蘇の絵「天空の道・阿蘇道狩尾幹線」は2015年に描かれた水彩画の絵画です。 この水彩画の絵画のタイトルになっている「狩尾幹線」は、熊本県道149号の狩尾地区と熊本県道339号ミルクロードが通る阿蘇北外輪山の端辺原野を繋ぐ道路で「ラピュタの道」と呼ばれています。 この道からの眺めが「天空の道」と呼ぶに相応しい絶景で、宮崎駿監督のアニメ映画「天空の城・ラピュタ」にちなんで、そう呼ばれるようになりました。 僕も阿蘇が大好きでよく遊びに行きますが、こんな道があることは内藤謙一さんの、この水彩画の絵画を見るまでは知りませんでした。 今度のお休みに行ってみようと思います。 内藤謙一さんが水彩画の絵画で描いた阿蘇の絵「天空の道・阿蘇道狩尾幹線」をぜひご自宅のインテリアやプレゼントの絵としてご購入ください。

「ケース販売」タカモリ 阿蘇のだんご汁 みそ味 1食×20個

ライフの達人

2,561

「ケース販売」タカモリ 阿蘇のだんご汁 みそ味 1食×20個

商品名 【ケース販売】タカモリ 阿蘇のだんご汁 みそ味 1食×20個 商品詳細 内容量:178g(めん重量150g)×20個※熊本の名所、阿蘇の素朴なだんご汁をご家庭で手軽に楽しめる味噌汁(レトルト)です。 商品説明 「【ケース販売】タカモリ 阿蘇のだんご汁 みそ味 1食×20個」は、熊本の名所、阿蘇の素朴なだんご汁をご家庭で手軽に楽しめる味噌汁(レトルト)です。さっと茹でるだけの簡単調理で、時間のない朝食にも便利です。かやく入り。 お召し上がり方 (1)鍋に280mlのお湯を沸かし、めんを入れ2-3分間煮込みながらめんをほぐします。(2)みそスープを加え、よく混ぜ沸騰したらできあがりです。(3)どんぶりにうつして、かやくを入れてお召し上がりください。なお、しいたけ、さといも、ごぼう等お好みにより加えますと一層おいしくなります。 ご注意 ※めんを無理にほぐされますと、切れる原因となりますのでご注意ください。めんのほぐれを良くする方法として、内袋のまま温めて(お湯で1分、レンジの場合は袋に穴を開け1分)調理してください。 保存方法 直射日光を避け、常温で保存してください。 原産国 日本 お問い合わせ先 高森興産株式会社電話:0968-64-1111 ゼラチンについて ●原材料:豚由来 その他 原材料 めん(小麦粉、食塩、植物油) 米みそ 砂糖 食塩 たん白加水分解物 蓄肉エキス 酒精 カツオエキス 乾燥ねぎ コンブエキス シイタケエキス 酵母エキス 香辛料 調味料(アミノ酸等) 酸味料 乳化剤 甘味料(甘草) 漂白剤(次亜硫酸Na) 保存料(ソルビン酸K) (原材料の一部に大豆、豚肉、ゼラチンを含む) 栄養成分 1食(178g)あたり エネルギー 207kcal たんぱく質 6.2g 脂質 2.3g 炭水化物 40.6g ナトリウム...

送料無料
【作家名】内藤謙一 【作品名】阿蘇・瀬の本高原

アートギャラリーモトカワ

260,000

【作家名】内藤謙一 【作品名】阿蘇・瀬の本高原

●画家名:内藤謙一 ●作品名:阿蘇・瀬の本高原 ●絵のサイズ: W74,5×H34,5cm ●額装サイズ:W93×H48cm ●絵画の技法:水彩画 ●サイン:作家直筆サイン 内藤謙一さんが水彩画の絵画で描いた絵「阿蘇・瀬の本高原」は2015年に描かれた水彩画の絵画です。 瀬の本高原は、熊本の阿蘇東端と大分県久住町にまたがる壮大な高原地帯です。 南には阿蘇五岳、北にはくじゅう連山を望み、その真ん中を山並みハイウエイが走っています。 その眺めは雄大で、眺めているだけで気持ちが晴れ晴れしてくるようです。 その瀬の本高原の美しい花と緑の中に何故か馬に跨る三人の武者が・・・。 その理由は、あの有名な黒澤明監督の映画「乱」のワンシーンが、この瀬の本高原で撮影されたため、内藤謙一さんが遊び心で描いたものです。 内藤謙一さんは、(株)電通で長くビジュアルを作ってきた方なので、こういった遊び心がふんだんに絵の中に見られます。 牧歌的な瀬の本高原の風景に武者は似合わないように思えますが、どこか戦国時代にタイムスリップしたようにも思えます。 内藤謙一さんが水彩画の絵画で描いた絵「阿蘇・瀬の本高原」をぜひご自宅のインテリアやプレゼントの絵としてご購入ください。

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「阿蘇」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ