「花瓶」 の検索結果 19,121件

送料無料
赤絵花瓶

日本橋ギャラリー紫苑

864,000

赤絵花瓶

サイズ 径 約 16.7cm 高さ 約 23.8cm 付属品 袋真田紐付桐共箱 原産地 日本製(東京都) 商品の特徴 古美術品(在庫品、未使用、無疵、完品、箱等に経年に伴うヤケ・シミが多少あります。真贋は当店で保障致します。)全て手作りのため歪みなどがございます。土物の特性上器面がざらついたり、焼成中、炎などの作用により斑(窯変)になったりするものがございますが、不良品ではございません。また、表面のヒビは貫入と言われ、胎土と上薬の収縮比率の違いにより入るもので傷ではありません。使い込むうち味わいとなり愛着が湧くのでございます。 数 量 こちらの商品は現品限りでございます。 ギフト対応 可(包装、のし、二重包装でお届け) 注 意 充分注意して撮影等しておりますが、お使いのモニターによっては色が違って見える場合があります。こちらの作品は古物扱いとなります。美術品、やきもの等に理解のある方以外お薦め致しません。画像をご覧の上ご不明の点はご質問下さい。人間国宝 藤本能道 赤絵花瓶 現代日本陶芸界の頂点、人間国宝 藤本能道 作 赤絵花瓶です。先生得意の赤絵花文です。萬暦風、民芸調で代表作とも呼べる出来栄えの作品です。人間国宝 藤本能道先生作「赤絵花瓶」をぜひ、この機会にご愛蔵下さい。 ◆藤本 能道 略歴(ふじもと よしみち) 1919年 - 1992年 東京都出身。東京府立第一中学校を経て、1931年に東京美術学校工芸科図案部卒業後、 文部省技術講習所に入所する。翌1932年、加藤土師萌に師事。 1938年には富本憲吉の助手を務めながら、九谷焼系の色絵磁器の技法を習得する。 一時は輸出陶磁器のデザインや窯業技術指導を行うなど、陶器の制作を主にしていたが、 再び色絵に着手し、1968年第31回光風会展で「礎器色絵花瓶」が光風工芸賞を受賞する。...

送料無料
鋳銅 花瓶

日本橋ギャラリー紫苑

41,040

鋳銅 花瓶

銅器・鉄器のお手入れについて ご使用の前後には乾いた布巾で外部の塵、特に水分、塩分、酸分を充分にお拭き取り願いますと日時と共に光沢を増してまいります。 サイズ 径 約 10cm 高さ 約 23cm 箱 袋真田紐付桐箱 付 属 しおり 注 意 充分注意して撮影等しておりますが、お使いのモニターによっては色が違って見える場合があります。伝統工芸 高岡銅器 富山県高岡市で作られる高岡銅器には、約400年の歴史による磨きぬかれた技術と伝統があります。 慶長14年(1609)前田利長公の産業政策により興った鋳物は、型に溶解した金属を流し込んで作る工芸です。当初は鉄による農具や日用品が主体でした。 宝永年間(1751~1780)に唐金(銅)の鋳造技術の導入で、仏具、香炉等の製造が行われるようになり、また梵鐘、灯篭等の大型鋳造も始まりました。 以来、様々な金属や合金の使用、金銀象嵌、着色法の発達など、技術の進歩改良により、今日、格調高い美術工芸品としてその価値を国の内外に認められ、通商産業大臣より、伝統工芸品として指定されております。 大角 勲 経歴 昭和15年 生まれ 昭和39年 日展初出品初入選 以降毎年入選 昭和42年 日本現代工芸展初出品初入選 以降毎年入選 昭和43年 日本現代工芸海外展選抜出品 以降3回選抜出品 昭和47年 県展大賞 昭和48年 文部大臣賞(全国県展選抜展) 昭和49年 日展特選 昭和50年 日展無鑑査 昭和52年 日本現代工芸展審査員 以降3回 昭和58年 日展特選 昭和59年 日展無鑑査 昭和62年 日展会員推挙 日本現代工芸美術家協会理事 日 展 会 員 日本金属造型振興会評議員 富山県作家連盟委員 この作品は、鋳銅の筒花瓶に緑色の着色を施し凹んだ部分に金彩で彩色してあります。内側には黒漆が塗られております...

フラワーベース 花瓶 花生け ディスプレイ フラワーポット かわいい花瓶 おしゃれ花瓶 アジアン花瓶 アジア花瓶 リゾート花瓶

cathay キャセイ

6,264

フラワーベース 花瓶 花生け ディスプレイ フラワーポット かわいい花瓶 おしゃれ花瓶 アジアン花瓶 アジア花瓶 リゾート花瓶

商品詳細 〔全体サイズ〕:幅 29 奥 23 高 10 cm 〔口部分サイズ〕:幅 26 奥 28 cm 〔素材〕:陶器 ・ 貝 (裏面:緩衝材) 〔重量〕:約1.5kg 〔配送パターン〕:C 〔お願い〕 ※写真と現物の色味や質感が、多少異なる場合が ございます。差が出ないように努めておりますが 照明や環境また、お客様がご覧頂いております 画面等によっても影響する場合がございます。 ご了承くださいますようお願い申し上げます。 〔ご注意ください〕 本品は、ハンドメイドの為、一つ一つ表面の凹凸や 色むら、微妙なサイズ・質感等 多少ございます。 これらも味わいのひとつとしてご理解願います。 また、貝殻自身には模様・傷が入っています。 自然な材料の特質となります。 これらも味わいのひとつとしてご理解願います。 他花瓶・フラワーベースは こちらflower vase 【フラワーベース】 陶器花瓶に貝殻でデコレート ホテルや ショップなどの 店内装飾関連で ご利用いただい います。 リゾートスタイルを 楽しめるかわいい花瓶 Create cherish handmade ◆ ご注意 ◆ 本品は、ハンドメイドの為、一つ一つ表面の凹凸や 色むら、微妙なサイズ・質感等 多少ございます。 これらも味わいのひとつとしてご理解願います。 また、貝殻自身には模様・傷が入っています。 自然な材料の特質となります。 どうぞご了承の程ご検討下さいます様、お願い申し上げます。

送料無料
新羅印文鶴首花瓶

日本橋ギャラリー紫苑

19,440

新羅印文鶴首花瓶

全て手作りで昔ながらの技法で復元致しております。歪みや窯傷(切れ、欠けやひっつき)があります。 サイズ 径 約 14.2cm 高さ 約 25cm 箱 真田紐付桐共箱(焼けシミ有) 付 属 台、共箱 注 意 充分注意して撮影等しておりますが、お使いのモニターによっては色が違って見える場合があります。珪山窯 甕容石 新羅印文鶴首花瓶 現代に甦る「新羅土器」(写) 新羅時代の土器を慶州近郊の窯で復元した作品です。鉄分の多い土を燻焼(強還元・炭化手前)しています。温度は1,000度以上、轆轤成形、後期新羅(統一新羅)の特徴の一つ線刻文様と双耳が施されています。日本の古墳時代に大陸より伝わった須恵器のルーツと言われています。 倉庫縮小に伴い整理していますと、新羅土器(写)の作品が20数点倉庫に保管されていました。この作品は30年ほど前に現地で買付け輸入した作品で「珪山窯」甕容石作「新羅印文鶴首花瓶」です。慶州の窯元で昔の新羅土器を写しております。後期新羅の特徴である印刻文様が施された希少な作品です。穴窯焼成による窯変が見事で焼締壺としても大変に良く出来ています。ぜひこの機会にご入手下さい。 全て手作りで昔ながらの技法で復元致しております。歪みや窯傷(切れ、欠けやひっつき)があります。 長期保管在庫品、現品限り

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「花瓶」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ