「織部」 の検索結果 4,334件

【インテリアアート(額) 和の雅び 伝統の趣】恵風・安藤實作 趣味画「涙は しあわせの まどぐち」紫陽花 約横41×縦33cm【中サイズ】d1204

結納屋さん

5,554

【インテリアアート(額) 和の雅び 伝統の趣】恵風・安藤實作 趣味画「涙は しあわせの まどぐち」紫陽花 約横41×縦33cm【中サイズ】d1204

恵風・安藤實作 サイズ: 【大】 約横48×縦39cm \7,406- サイズ: 【中】 約横41×縦33cm \5,554- 大サイズはこちら>> 仕様 サイズ 額寸法: 大 約横48×縦39cm 中 約横41×縦33cm ※2通りのサイズからお選びいただけます。 壁掛けはもちろん、置いて飾っても お部屋に調和するお手頃サイズです。 仕様 額 : 国産木製額(前面アクリルカバー) ※この作品は、特殊工芸技能を駆使して制作した作品です。 詳しくはこちら>> 説明 優しい色使いと風雅な趣で描かれた可愛らしい果実に、心にそっと投げかける素敵な言葉を画賛に添えました。観ているうちにほのぼのとした雰囲気が広がり、知らず知らずのうちに心を和ませ、安らかにしてくれる作品です。 時に涙を流すことがあったとしても、それは畑を潤す雨のようなもの。悩んだ分、悲しんだ分だけ人は強く、優しくなれるものです。あなたの 幸せは、すぐそこにありますよ。 作者略歴 安藤 實: 昭和二年愛知県旭町に生まれる。二十余年の美術教師退官後、陶芸の 世界に没頭、織部焼きの道を極める、後に熊谷守一画伯に出会い師と仰ぎ、 書・日本画・洋画とその非凡な才能を開花させる。支持著名人も多く興福寺 貫首、海音寺潮五郎氏、神田川俊朗氏等がいる。西安碑林博物館展示、 画集製作、評論にとその鬼才をしめす。 恵風: 幼少より画才に目覚め、多くの賞を受賞。近年では書家安藤實とのコラボレーションで「こころの癒し絵」シリーズを創作。伝統の日本画にグラデーション技法を融合させたパステル調の作品で、若い女性から年配まで、悩める現代人の心を癒すための創作活動を精力的に行っている新進気鋭の女流作家である。 納期 決済確認後からお届けまでに約10日程度頂いております。 ...

織部十草ロングマグ(マグカップ)

ギギliving

2,376

織部十草ロングマグ(マグカップ)

美濃焼 ろくろマグ 和陶器の手作り感が漂う 織部のロングマグです ろくろの風合いが出ていて 見た目より軽いマグです 下には素焼きの十草模様 コーヒーが一段と 美味しくなりそうです 器の中は織部飛ばしのグリーンが付いています ろくろ達人の大野しげやす氏の作品です 商品詳細 商品名 織部十草ロングマグ 商品番号 kyt5956 サイズ(cm) 口径7×高さ10 容量 230cc 材質 陶器 生産国 日本(美濃) ※サイズ・重量はおおよその値です 一つずつ手作業での生産につき多少の違いはご了承ください - 備考 - 工業製品と違い、陶器(土物)は釉薬を陶土にかけて 焼いてあり、一つ一つ僅かな色の違いがあります。釉薬の細かいひびや垂れは陶器の手作りの味として、予めご了承ください。 ディスプレイによる色の違いはご了承下さい 送料 北海道1620円 沖縄・離島は別途お問い合わせ下さい >> 「マグカップ」はこちら >> 「こだわりギギらいふ」はこちら [ 商品管理用キーワード ] おしゃれ お洒落 オシャレ ナチュラル シンプル レトロ アンティーク モダン かわいい 可愛い カフェ デザイン 渋い 緑 美濃焼 美濃焼き 焼き物 陶芸 陶器 日本製 和風 和 和食器 朝食 紅茶 カフェラテ コーヒー マグ Mugcup コーヒーマグ 珈琲カップ カップ コップ コーヒーカップ 湯のみ 湯呑み スープカップ 女性 男性 クリスマス インテリア 雑貨~ SETSUKOのこだわりセレクト ~ 雑貨大好きなつちやせつこです 私のわがままをちょっぴり言わせてもらい こだわりの雑貨を集めてみました 置いてみたい、持ってみたい、着てみたい・・・ 私のセレクト・・

白縁織部平茶碗

Amazon

1,500

白縁織部平茶碗

京都の京焼清水焼の窯元、林山窯の白縁織部 平茶碗です。 非常にお手頃な価格でありながら、高台の土の削り方や茶だまりの下げ方、 器の厚みなども 基本的な採寸でできていますのでオススメです。 すべて一個ずつ、手挽きのロクロで作られていますので、 色や形一つずつ微妙な味わいがあります。 釉薬を重ね掛けすることで、単調になりやすい色薬の欠点を 景色の妙で補っています。 背が低く、口径と見込みが広い平茶碗は、夏茶碗とも呼びます。 高台は土みせになっており、釉薬を掛けてしまわず、 柔らかい土味をあえて魅せています。 茶道具としてお使い頂くだけでなく、漬け物鉢や取り鉢など。 お好みでお使い下さい。   ◆商品番号 1340 白縁織部 平茶碗 ■食器洗浄機 電子レンジ OK 寸法 直径15cm 高さ6cm 重さ240g ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。 陶歴 京焼・清水焼 炭山清谷窯 林山陶苑 江戸時代 初代八兵衛は九谷で名をはせたが 明治二十二年 祖父 定次郎が、京都にきて、 陶技を磨き、林山と号し以来、五条坂にて作陶。 父 辰治朗の継 承を経た後 昭和四十六年炭山に窯を移す、 今迄の釉薬に新しい技法を研究し 窯変もの釉薬を特技としています。 林山陶苑 林 八郎

倉敷意匠 計画室 ふくら雀の陽刻 豆皿(織部)

Amazon

1,620

倉敷意匠 計画室 ふくら雀の陽刻 豆皿(織部)

古道具の店を見て回りながら感じるのは、とにかく日本には、小さなうつわの数量が、欧米と比べて圧倒的に多いということです。 西欧でナイフとフォークが一般的に使われるようになるのは十八世紀以降のことなのだそうで、それまでは大皿の上で切り分けられた料理を手でつかんで食べていました。 遠い昔より箸を使う日本とのうつわ事情の違いは、このことが一番大きな要素ではあるのでしょうが、そればかりではないような気もします。 日本では古来より、食事をするという行為の一部として、料理と器の取り合わせを意識し、実際に器が料理の味そのものも左右するスパイスとしての役割までを果たすことを、ことのほか強く感じていたと思うのです。 多くの人々の暮らしに、じゅうぶんな余裕があったわけではないと思われる江戸時代に、茶碗とか、そば猪口とか、小皿とか庶民の食生活に使われた雑器が、何千何万と地方の隅々にまで溢れていたことは確かで、料理を楽しむことと同じように、小さくも可憐なそれらを眺め、手に取り、味わう気持ちが心を慰めていただろうことが想像されるのです。 そんなわけで、いったいどれほどの種類があるのか想像もつかない江戸期の小皿ですが、単に絵付けのバリエーションだけでなく、皿そのものの形に工夫をこらしたものも多く見つかります。つまり、ボディ自体が魚であったり、千鳥であったり、瓜であったりするのです。 写真のふくら雀の豆皿は、愛知県の瀬戸地方や美濃地方で明治の初め頃まで作られていたかたちを写したものです。 羽毛を陽刻で表現した型ものですが、当時は、石膏の型ではなく素焼きの型を使用するため、技術的に大きなものを作ることができず、型ものと言えば必然的に小さくて可憐なデザインの小皿が生み出される結果となったようです。 ふくら雀は寒雀の異称で、寒さをしのぐために羽をふくらましている状態の雀の...

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「織部」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ