「常滑盆栽鉢」 の検索結果 365件

佳山上下帯楕円鉢

BONSAI 彩都 楽天市場店

28,000

佳山上下帯楕円鉢

左右64cm奥行49cm高15.3cm 商品説明 常滑烏泥を駆使して仕上げられた楕円鉢。どちらかと言えば時代の乗りにくい常滑烏泥ですが見事な時代乗りを見せています。デザインは佳山得意の上下帯の意匠が施された楕円鉢。佳山オリジナルデザインと言っても過言ではないでしょう。二尺一寸を超える寸法で今や大変貴重な大型鉢です。深さもあるので迫力のある樹も受け止めます。保存状態は良好。落款:佳山園 写真上から ・正面から見る ・落款 作家説明 佳山(けいざん)久田製陶所/久田貞夫 明治44年生まれの久田静雄が開窯。戦後の常滑盆栽鉢を支えた一人で、いわゆるミガキ手法を開発した事で知られる。現在の常滑鉢作家の第一人者・行山も久田静雄に師事し盆栽鉢づくりを学んだ。久田製陶所には長男貞夫のほか宗平・錦吾の兄弟もいて盆栽鉢づくりに携わる。先代の型・土目を継承し泥鉢一筋。その手づくり作品は柔らか味のある線を特徴とした。押型製法の量産品にもその味わいが漂い、多くのファンを得た。現在は鉢生産を休止している。 ※当店では実店舗での販売も行っているため、在庫の反映がリアルタイムではなく売り切れている場合があります。その場合は、申し訳ございませんがキャンセルさせていただくことをご了承下さい。

和泉窯外縁額面釘彫長方鉢

BONSAI 彩都 楽天市場店

28,000

和泉窯外縁額面釘彫長方鉢

左右56.5cm奥行34.2cm高15.6cm 商品説明 常滑の老舗・和泉屋製陶所の長方鉢。「銭号」ブランドでも知られた窯元です。紫泥ベースに額も設け、その額に象嵌風に朱泥を貼り付け、釘彫を施した芸術的な仕上がりの長方鉢。支那鉢全盛の時代の支那写しに独自のエッセンスを加えた作品と思われる。ある意味大変希少な一枚です。縁などに軽微なホツレがある程度で保存状態は良好です。落款:和泉窯 写真上から ・少し振った角度で見る ・正面から見る ・落款 作家説明 和泉屋製陶所/松下益下 常滑で最も古くから盆栽鉢をつくっている窯元の一つ。正しくは和泉窯と呼ぶが通称「銭号」。この通称は伝統的に用いている「銭子りん製」に由来し、篆書体「銭子」の「子」が「号」とも見えることから定着した。ちなみに「銭子りん製」は本来中国の中渡の款で、戦前に中国鉢写しをつくった際に落款まで写した名残りである。ほぼ泥鉢の専門で伝統ある窯元だけに型が豊富。土目は紫泥が中心のラインナップ。常滑でイブシと呼ばれる常滑烏泥は新品から落ち着きがあり人気が高かった。サイズは小品~大型鉢まで幅広く手掛けた。 ※当店では実店舗での販売も行っているため、在庫の反映がリアルタイムではなく売り切れている場合があります。その場合は、申し訳ございませんがキャンセルさせていただくことをご了承下さい。

銭号外縁長方鉢

BONSAI 彩都 楽天市場店

23,000

銭号外縁長方鉢

左右64.6cm奥行35.8cm高10.8cm 商品説明 常滑の老舗・和泉屋製陶所のブランド「銭号」の長方鉢。浅手の短冊型で曲線を活かした洒脱なデザインが魅力。深みのある黒泥の土目も素晴らしい。時代的40年以上は経っており古色感も抜群。株立や寄せ植えに上手くはまれば最高の鉢映りを見せるでしょう。側面角にホツレを削って直した跡、縁や足などにホツレはありますが使用には問題ありません。落款:銭号りん製 写真上から ・少し振った角度で見る ・正面から見る ・落款 ・ホツレ等 作家説明 和泉屋製陶所/松下益下 常滑で最も古くから盆栽鉢をつくっている窯元の一つ。正しくは和泉窯と呼ぶが通称「銭号」。この通称は伝統的に用いている「銭子りん製」に由来し、篆書体「銭子」の「子」が「号」とも見えることから定着した。ちなみに「銭子りん製」は本来中国の中渡の款で、戦前に中国鉢写しをつくった際に落款まで写した名残りである。ほぼ泥鉢の専門で伝統ある窯元だけに型が豊富。土目は紫泥が中心のラインナップ。常滑でイブシと呼ばれる常滑烏泥は新品から落ち着きがあり人気が高かった。サイズは小品~大型鉢まで幅広く手掛けた。 ※当店では実店舗での販売も行っているため、在庫の反映がリアルタイムではなく売り切れている場合があります。その場合は、申し訳ございませんがキャンセルさせていただくことをご了承下さい。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「常滑盆栽鉢」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ