「備前焼コーヒーカップ」 の関連商品を含む検索結果 40件

送料無料
花瓶 一輪挿し 花器 フラワーベース 備前焼 木村微風作 窓開き花入(微風-09)

器茶房 彩庵

11,880

花瓶 一輪挿し 花器 フラワーベース 備前焼 木村微風作 窓開き花入(微風-09)

花入 60×180 桐箱 備前焼 木村微風作 徳利36,750円 備前焼 木村微風作 酒呑10,500円 備前焼 木村微風作 ジョッキ12,600円 備前焼 木村微風作手ひねりカップセット14,700円 備前焼 木村微風作コロコロ鉢セット10,500円 備前焼 木村微風作コーヒーカップセット15,750円 備前焼 木村微風作 窓開き花入11,550円 備前焼 木村微風作 付花入31,500円 備前焼 木村微風作 後手急須26,250円木村 微風 プロファイル 1951年、岡山県浅口郡生まれ。 1971年より作陶を始める。 温かみのある職人的な手仕事の世界に憧れ陶芸家を目指す。 作品は花器、酒器、日常使用される食器などと幅広い。 作品は多くの雑誌 やテレビでも取り上げられ、日本とアメリカの両方で個展を開催している。 日本伝統中国支部展、日本陶芸展、茶の湯造形展、岡山美術展などで受賞して いる。 備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌...

送料無料
花瓶 一輪挿し 花器 フラワーベース 備前焼 木村微風作 手付花入(微風-10)

器茶房 彩庵

32,400

花瓶 一輪挿し 花器 フラワーベース 備前焼 木村微風作 手付花入(微風-10)

花入 150×230 桐箱 備前焼 木村微風作 徳利36,750円 備前焼 木村微風作 酒呑10,500円 備前焼 木村微風作 ジョッキ12,600円 備前焼 木村微風作手ひねりカップセット14,700円 備前焼 木村微風作コロコロ鉢セット10,500円 備前焼 木村微風作コーヒーカップセット15,750円 備前焼 木村微風作 窓開き花入11,550円 備前焼 木村微風作 付花入31,500円 備前焼 木村微風作 後手急須26,250円木村 微風 プロファイル 1951年、岡山県浅口郡生まれ。 1971年より作陶を始める。 温かみのある職人的な手仕事の世界に憧れ陶芸家を目指す。 作品は花器、酒器、日常使用される食器などと幅広い。 作品は多くの雑誌 やテレビでも取り上げられ、日本とアメリカの両方で個展を開催している。 日本伝統中国支部展、日本陶芸展、茶の湯造形展、岡山美術展などで受賞して いる。 備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この...

織部竹文コーヒーカップ 美濃焼 織部焼 玉山窯

美術工芸備前

5,400

織部竹文コーヒーカップ 美濃焼 織部焼 玉山窯

商品詳細商品説明tamaoki33 織部竹珈琲碗皿 5400円 竹が描かれています。竹は青々としてまっすぐ伸びる様子から、清浄な植物のひとつとされています。 口造りが輪花になっており、品の良い作品に仕上がっています。プレゼントにも最適です。 くつろぎのコーヒータイムなど様々なシュチエーションでお使いください。 サイズカップ :径10cm 高さ6cm 180cc ソーサー :径14cm 高さ1.5cm (箱は付属しません)窯元/作家*美濃焼/玉山窯/四代玉置兼光 市之倉に4代続く現代和食器の老舗窯元。 織部と志野に特に力をいれ、織部の美しい緑は見事に表現しています。 百年以上の伝統ある老舗窯元で作品は織部・志野・黄瀬戸など 食器を中心に手掛けており、 上品で高級感があり作り手の思いが伝わります。 歴史に培われた技術を四代が継承し その伝統が創り出す逸品、美濃焼を代表する窯元です。 発送について*在庫の有る商品 ・12時までのご注文は当日発送 ・12時以降のご注文は翌日発送 *在庫の無い商品 ・お取り寄せ/5日~30日 美濃焼とは岐阜県南部一帯の、かつての美濃国で焼成された陶磁器の総称。狭義には室町後期の15世紀に始まる瀬戸黒(せとぐろ)、黄瀬戸(きせと)、志野焼(しの)、織部(おりべ)焼などを言います。tamaoki33 織部竹珈琲碗皿 5400円 [玉山窯]美濃焼を代表する老舗窯元・・ 確かな技術と品質の高さには定評があります・・ 玉山窯のうつわをお楽しみください。竹が描かれています。 竹は青々としてまっすぐ伸びる様子から、 清浄な植物のひとつとされています。 口 造りが輪花になっており、品の良い作品に仕上がっています。 プレゼントにも最適です。千利休の弟子であった大名茶人、古田織部の指導で作られたのが織部焼...

コーヒーカップ カップ&ソーサー人気商品!プレゼントに最適! 和食器 美濃焼 織部焼 玉山窯

美術工芸備前

5,400

コーヒーカップ カップ&ソーサー人気商品!プレゼントに最適! 和食器 美濃焼 織部焼 玉山窯

商品説明商品説明織部亀甲文コーヒーカップ 人気の高いコーヒーカップです。亀甲文が描かれています。一つ一つ丁寧に作られた作品は、上品で繊細で使う方の心を惹きつけます。 サイズ*カップ 径8cm 高さ6cm 容量200cc ソーサー 径15.5cm 高さ1.5cm「箱は付属しません」 窯元/作家*美濃焼/玉山窯/四代玉置兼光 市之倉に4代続く現代和食器の窯元。百年の伝統ある老舗窯元で、作品は織部・志野・黄瀬戸など食器を中心に手掛けております。 発送について*在庫の有る商品 ・12時までのご注文は当日発送 ・12時以降のご注文は翌日発送 *在庫の無い商品 ・お取り寄せ/5日~30日 美濃焼とは岐阜県南部一帯の、かつての美濃国で焼成された陶磁器の総称。狭義には室町後期の15世紀に始まる瀬戸黒(せとぐろ)、黄瀬戸(きせと)、志野焼(しの)、織部(おりべ)焼などを言います。tamaoki38 織部亀甲文カップ&ソーサー 5400円 [玉山窯]千利休の弟子であった大名茶人、古田織部の指導で作られたのが織部焼 織部好みの奇抜で斬新な造形や文様が今も受け継がれています 生活の中に歴史ある織部焼を・・・tamaoki38 織部亀甲文カップ&ソーサー 5400円 [玉山窯] 人気の織部焼!亀甲が描かれています ソーサーは取り皿やケーキ皿としても・・ 様々なシュチエーションにお使いください プレゼントにも・・・ 玉山窯は美濃の名窯と言われて100余年、 歴史に培われた技術を四代が継承し その伝統が創り出す逸品 美濃焼を代表する窯元 上品で高級感があり 作り手の思いが伝わります ◇サイズ カップ 径8cm 高さ6cm 200cc ソーサー 径15.5cm 高さ1.5cm 「箱は付属しません」 使う人の事を考えたジャストサイズ!...

鼠志野マグカップ コーヒーカップ 陶器【和食器】美濃焼 志野焼 [早蕨窯 佐藤和次]

美術工芸備前

7,020

鼠志野マグカップ コーヒーカップ 陶器【和食器】美濃焼 志野焼 [早蕨窯 佐藤和次]

商品詳細商品説明鼠志野マグカップ 海千鳥・カンドー・ドット・渦巻きが描かれています・・ サイズ径9cm 高さ7.5cm 280cc窯元/作家*美濃焼/早蕨窯/佐藤和次 昭和23年生まれ 志野の林孝太郎に師事、伝統的な桃山の焼物を経験し、昭和52年早蕨窯を開陶する。信条は料理と酒を楽しみ、食通として知られる芸術家の北大路魯山人の器を、高く評価しています。佐藤氏のこだわりは美濃ならではの土"五斗蒔土を使い,更にこの土に可塑性があって焼締まる信楽の土をブレンドし、釉薬は織部釉と灰、長石、銅を重ね又、焼成は酸化炎の1230度で焼上し、時間をかけて誕生した陶器はどれも独特の景色を醸し出しています。 美濃陶芸協会 副会長 岐阜県美術展、中日国際陶芸展、日本信工芸展、朝日陶芸展など各展に入選。 発送について*在庫の有る商品 ・12時までのご注文は当日発送 ・12時以降のご注文は翌日発送 *在庫の無い商品 ・お取り寄せ/5日~30日 美濃焼とは岐阜県南部一帯の、かつての美濃国で焼成された陶磁器の総称。狭義には室町後期の15世紀に始まる瀬戸黒(せとぐろ)、黄瀬戸(きせと)、志野焼(しの)、織部(おりべ)焼などを言います。「土は陶工の宝、美濃は宝の山、 織部の夢をかなえた山、 美濃の山の中にいて、夢を見ていたい」 美濃ならではの土"五斗蒔土に信楽の土をブレンドし、 織部釉と灰、長石、銅を重ね、1230度で焼き、 時間をかけて誕生した器はどれも独特の 景色を醸し出しています。 千利休の弟子であった大名茶人、古田織部の指導で作られたのが織部焼 織部好みの奇抜で斬新な造形や文様が今も受け継がれています 生活の中に歴史ある織部焼を・・・ satou64 鼠志野マグカップ 7020円 [早蕨窯/佐藤和次] 海千鳥・カンドー・ドット・渦巻きが描かれています・・...

コーヒーカップ 黒織部珈琲碗皿【和食器】美濃焼 織部焼 玉山窯 [] 珈琲&紅茶 父の日プレゼント 陶器 玉山窯

美術工芸備前

5,400

コーヒーカップ 黒織部珈琲碗皿【和食器】美濃焼 織部焼 玉山窯 [] 珈琲&紅茶 父の日プレゼント 陶器 玉山窯

商品詳細 商品説明 黒織部のカップ&ソーサー [珈琲/紅茶] つろぎのひとときティータイムのパートナーとして!高級感ある黒織部!黒と緑の絶妙なバランス!玉山窯人気の一つになっております。絵柄は草文が描かれており、下から上に広がっている口づくりは大変飲みやすくなっています。一つ一つ丁寧に作られた作品は、上品で繊細で使う方の心を惹きつけます。 サイズ *サイズ:カップ 径10cm 高さ6cm ソーサー 径14.5cm 高さ1.5cm 200cc 365g 窯元/作家 *美濃焼/玉山窯/四代玉置兼光 市之倉に4代続く現代和食器の窯元。百年の伝統ある老舗窯元で、作品は織部・志野・黄瀬戸など食器を中心に手掛けております。 発送について *在庫の有る商品 ・12時までのご注文は当日発送 ・12時以降のご注文は翌日発送 *在庫の無い商品 ・お取り寄せ/5日~30日 美濃焼とは 岐阜県南部一帯の、かつての美濃国で焼成された陶磁器の総称。狭義には室町後期の15世紀に始まる瀬戸黒(せとぐろ)、黄瀬戸(きせと)、志野焼(しの)、織部(おりべ)焼などを言います。千利休の弟子であった大名茶人、古田織部の指導で作られたのが織部焼 織部好みの奇抜で斬新な造形や文様が今も受け継がれています 生活の中に歴史ある織部焼を・・・ 黒織部珈琲碗皿/5,400 [玉山窯/四代玉置兼光] コーヒー・紅茶どちらもOKです 様々なシュチエーションにお使いください ペアにも・・・ 玉山窯は美濃の名窯と言われて100余年、 歴史に培われた技術を四代が継承し その伝統が創り出す逸品 美濃焼を代表する窯元 上品で高級感があり 作り手の思いが伝わります 200cc/155g(カップ) 使う人の事を考えたジャストサイズ! 軽くて使いやすいと言う声が多く寄せられています ソーサーは、ケーキ皿...

送料無料
酒器 とっくり 備前焼 木村微風作 徳利(微風-01)

器茶房 彩庵

37,800

酒器 とっくり 備前焼 木村微風作 徳利(微風-01)

徳利 80×120 桐箱 備前焼 木村微風作 徳利36,750円 備前焼 木村微風作 酒呑10,500円 備前焼 木村微風作 ジョッキ12,600円 備前焼 木村微風作手ひねりカップセット14,700円 備前焼 木村微風作コロコロ鉢セット10,500円 備前焼 木村微風作コーヒーカップセット15,750円 備前焼 木村微風作 窓開き花入11,550円 備前焼 木村微風作 付花入31,500円 備前焼 木村微風作 後手急須26,250円木村 微風 プロファイル 1951年、岡山県浅口郡生まれ。 1971年より作陶を始める。 温かみのある職人的な手仕事の世界に憧れ陶芸家を目指す。 作品は花器、酒器、日常使用される食器などと幅広い。 作品は多くの雑誌やテレビでも取り上げられ、日本とアメリカの両方で個展を開催している。 日本伝統中国支部展、日本陶芸展、茶の湯造形展、岡山美術展などで受賞している。 備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌の...

2個セット 黒備前土 ペア 一口ほろ酔いビールカップ 木箱入り(ゴールド・プラチナ 金銀流し) 和食器 和風 【父の日&母の日】

白いごはん器のお店ライスボール

2,160

2個セット 黒備前土 ペア 一口ほろ酔いビールカップ 木箱入り(ゴールド・プラチナ 金銀流し) 和食器 和風 【父の日&母の日】

●お買い物の際に必ずお読み下さいませ。 ※全てが同じ表情には仕上がらないため、同じ商品でも模様や色などに違いがあります。陶器の変化をお楽しみください。 ご了承の上、お買い求めいただきますようお願いいたします。 ※破損以外のご返品・ご交換はお受けできませんのでご了承下さいませ。 素材 陶器 生産国 日本製 サイズ φ75×高さ110mm 250cc ×2個 備考 ※木箱入り 食器洗浄機:○(手洗いをおすすめ) 関連キーワード 和食器 キッチン 食器 陶器 器 雑貨 誕生日 記念日 ギフト 贈り物 お祝い 内祝い 引き出物 新生活 プレゼント おしゃれ カフェ風 祝う 祝い 美濃焼 カップ コップ マルチカップ お茶 冷え 冷茶 アイス コーヒー 珈琲 紅茶 ティー アールグレイ 氷 お酒 ビール 焼酎 冷酒 湯呑み 湯のみ タンブラー 福袋 詰め合わせ 食器福袋 食器詰め合わせ 食器セット ペアセット 食前酒 リキュール 梱包 簡易梱包 ギフトラッピング・熨斗承ります。 (有料です。こちらのページよりお選び下さい。)いつもよりちょっと贅沢に。ゆったり流れる至福の時間 【黒備前土 金銀流し ゴールド&プラチナ シリーズ】 キメの細かな黒土。土の質感を感じられる器たち。軽くて丈夫。 普段使い、お祝い事、贈り物にもぴったりです。 日常からおもてなしまで。 簡単にワンランク上の演出が出来ちゃいます。 黒土の部分はザラッとした質感ですがキメの細かな土で 滑らかに仕上げているので使いやすいですよ。 土もの初心者の方にもとても扱いやすいシリーズです。 ビールなどのお酒はもちろん、 あったかいお茶や紅茶、コーヒーなどもお洒落にきまる。 色々な野菜スティックを盛り付けても簡単カフェスタイルに出来ちゃう。 安心安全の日本製。...

送料無料
備前焼 コーヒーカップ コーヒー碗皿 珈琲カップ 備前焼 木村微風作 コーヒーカップセット(微風-05) 送料無料

器茶房 彩庵

16,200

備前焼 コーヒーカップ コーヒー碗皿 珈琲カップ 備前焼 木村微風作 コーヒーカップセット(微風-05) 送料無料

コーヒー 70×70 皿 170×120 桐箱 備前焼 木村微風作 徳利36,750円 備前焼 木村微風作 酒呑10,500円 備前焼 木村微風作 ジョッキ12,600円 備前焼 木村微風作手ひねりカップセット14,700円 備前焼 木村微風作コロコロ鉢セット10,500円 備前焼 木村微風作コーヒーカップセット15,750円 備前焼 木村微風作 窓開き花入11,550円 備前焼 木村微風作 付花入31,500円 備前焼 木村微風作 後手急須26,250円木村 微風 プロファイル 1951年、岡山県浅口郡生まれ。 1971年より作陶を始める。 温かみのある職人的な手仕事の世界に憧れ陶芸家を目指す。 作品は花器、酒器、日常使用される食器などと幅広い。 作品は多くの雑誌 やテレビでも取り上げられ、日本とアメリカの両方で個展を開催している。 日本伝統中国支部展、日本陶芸展、茶の湯造形展、岡山美術展などで受賞して いる。 備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この...

備前焼作家「永末隆平」コーヒーカップ

ぎゃらりー濱田

6,480

備前焼作家「永末隆平」コーヒーカップ

当店では、お客様に安心してお買い物をして頂けるよう、掲載しております写真の作品その物をお送りしています。 サイズ 【カップ】直径:7.0cm 【ソーサー】直径:13.0cm 【全体】高さ:8.0cm(ソーサーにカップを乗せた状態です) 内容量 180cc ご注意 ご利用の環境によっては、色合いが実物と若干異なって見える場合がございます。ご理解お願いいたします。 ・備前焼作家「永末隆平」氏の、コーヒーカップ&ソーサーのご紹介。備前焼らしい素敵な焼けの作品です。 ・ひょうたん型のカップは可愛らしい印象を与えてくれます。ソーサーには藁の跡の模様がつけられています。 ・備前焼は使っていくうちに、つやが出てき色も変化してきます。ますます魅力的なカップになってくれることでしょう。そして、備前のコップと言えば、ビールなで細かな泡が立つことでも人気です。色々な飲み物の味をまろやかにしてくれると言われています☆楽しいですね。 ・側面には制作作家「永末隆平」氏の印が刻まれています。 ●ギフト包装●をご希望の方は、 有料ギフト包装(200円) を商品と一緒にお買い求め下さい。 ご希望の和紙の色をお選び下さい。 【ギフト対応】

備前焼窯元「備州窯」コーヒーカップ(筒型・ヒダスキ)

ぎゃらりー濱田

3,024

備前焼窯元「備州窯」コーヒーカップ(筒型・ヒダスキ)

当店では、お客様に安心してお買い物をして頂けるよう、備前焼は全て一点もの扱いをしております。掲載しております写真の作品、その物をお送りしています サイズ 【カップ】直径:6.8cm 高さ:8.0cm 【ソーサー】直径:14.5cm 高さ:1.7cm 【全体】高さ:9.0cm(ソーサーにカップをを乗せた状態です) 内容量 160cc ご注意 ご利用の環境によっては、色合いが実物と若干異なって見える場合がございます。ご理解お願いいたします。 ・備前焼窯元「備州窯」の、コーヒーカップ&ソーサーのご紹介。明るい色の素敵な作品です。 ・オレンジ色のラインは、作品を窯に入れるときに敷く藁の跡です。炎を思わせる素敵な色です。 ・備前焼は使っていくうちに、つやが出てき色も変化してきます。ますます魅力的なカップになってくれることでしょう。そして、備前のコップと言えば、ビールなで細かな泡が立つことでも人気ですよね。色々な飲み物の味をまろやかにしてくれると言われています。 ・底には制作窯元「備州窯」の印が刻まれています。 ※こちらの作品は定番の作品です。当店及び、窯元、作家の手元に数がある場合がございます。複数客ご希望の方はお問い合わせ下さいませ。 ●ギフト包装●をご希望の方は、 有料ギフト包装(200円) を商品と一緒にお買い求め下さい。 ご希望の和紙の色をお選び下さい。 【ギフト対応】

送料無料
備前焼 ビアマグ フリーカップ ビールグラス 焼酎グラス タンブラー 備前焼 木村微風作 ジョッキ(微風-03) 送料無料

器茶房 彩庵

12,960

備前焼 ビアマグ フリーカップ ビールグラス 焼酎グラス タンブラー 備前焼 木村微風作 ジョッキ(微風-03) 送料無料

ジョッキ 75×130 桐箱 備前焼 木村微風作 徳利36,750円 備前焼 木村微風作 酒呑10,500円 備前焼 木村微風作 ジョッキ12,600円 備前焼 木村微風作手ひねりカップセット14,700円 備前焼 木村微風作コロコロ鉢セット10,500円 備前焼 木村微風作コーヒーカップセット15,750円 備前焼 木村微風作 窓開き花入11,550円 備前焼 木村微風作 付花入31,500円 備前焼 木村微風作 後手急須26,250円木村 微風 プロファイル 1951年、岡山県浅口郡生まれ。 1971年より作陶を始める。 温かみのある職人的な手仕事の世界に憧れ陶芸家を目指す。 作品は花器、酒器、日常使用される食器などと幅広い。 作品は多くの雑誌 やテレビでも取り上げられ、日本とアメリカの両方で個展を開催している。 日本伝統中国支部展、日本陶芸展、茶の湯造形展、岡山美術展などで受賞して いる。 備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この...

母の日 プレゼント 象嵌マグカップ コーヒーカップ 和食器 笠間焼 菅原良子

美術工芸備前

2,160

母の日 プレゼント 象嵌マグカップ コーヒーカップ 和食器 笠間焼 菅原良子

商品詳細商品説明象嵌マグカップ コーヒーカップタップリサイズ、余裕の340cc・・ シンプルだから様々なシチュエーションに・・ サイズ径9.5cm 高さ9cm 340cc窯元/作家■菅原良子さん プロフィール 1988 茨城県窯業指導所ロクロ科研修生。 1989 須藤茂夫氏に師事。 1990 渡辺信雄氏に師事。 1992 茨城県窯業指導所釉薬科研 1995茨城県窯業指導所竣工記念展 出品。 1996 石岡香丸資料館 個展。 1999 笠間工芸の丘「東風舎&菅原良子」展。[2001~04年] 笠間芸術の森公園・屋外コンサート広場 トイレ陶板レリーフ制作 2003 水戸偕楽園・御成門 トイレ陶板レリーフ制作。 2005 茨城県陶芸美術館 笠間芸術の森陶芸展「カサマソダチ」出品 北海道電力 北電レナードギャラリー 以降各地で個展発送について*在庫の有る商品 ・12時までのご注文は当日発送 ・12時以降のご注文は翌日発送 *在庫の無い商品 ・お取り寄せ/5日~60日 笠間焼とは笠間焼の誕生と言えば、江戸時代の安永年間(1772~1781年)。箱田村(現在の笠間市箱田)の久野半右衛門が、信楽の陶工・長石衛門の指導で焼き物を始め築窯したこととされています。伝統を受け継ぎながらも作家の個性をより重じる方向へ作風を転換した笠間焼。いま、自由闊達な空気のなかで多くの陶芸家たちかその感性を磨きつづけています。sugawara5 象嵌マグカップ コーヒーカップ 2160円 [笠間焼/菅原良子] 伝統にとらわれない自由な作品、 斬新なデザインのオブジェまで多種多様、それが笠間焼 sugawara5 象嵌マグカップ コーヒーカップ 2160円 [笠間焼/菅原良子] タップリサイズ・・余裕の340cc・・...

マグカップ 象嵌 コーヒーカップ プレゼントに最適 笠間焼 和食器 陶器「菅原良子」

美術工芸備前

1,944

マグカップ 象嵌 コーヒーカップ プレゼントに最適 笠間焼 和食器 陶器「菅原良子」

商品詳細商品説明象嵌マグカップ コーヒーカップくつろぎのコーヒータイムに! シンプルだから様々なシチュエーションに・・ サイズ径9.5cm 高さ7cm 240cc窯元/作家■菅原良子さん プロフィール 1988 茨城県窯業指導所ロクロ科研修生。 1989 須藤茂夫氏に師事。 1990 渡辺信雄氏に師事。 1992 茨城県窯業指導所釉薬科研 1995茨城県窯業指導所竣工記念展 出品。 1996 石岡香丸資料館 個展。 1999 笠間工芸の丘「東風舎&菅原良子」展。[2001~04年] 笠間芸術の森公園・屋外コンサート広場 トイレ陶板レリーフ制作 2003 水戸偕楽園・御成門 トイレ陶板レリーフ制作。 2005 茨城県陶芸美術館 笠間芸術の森陶芸展「カサマソダチ」出品 北海道電力 北電レナードギャラリー 以降各地で個展発送について*在庫の有る商品 ・12時までのご注文は当日発送 ・12時以降のご注文は翌日発送 *在庫の無い商品 ・お取り寄せ/5日~60日 笠間焼とは笠間焼の誕生と言えば、江戸時代の安永年間(1772~1781年)。箱田村(現在の笠間市箱田)の久野半右衛門が、信楽の陶工・長石衛門の指導で焼き物を始め築窯したこととされています。伝統を受け継ぎながらも作家の個性をより重じる方向へ作風を転換した笠間焼。いま、自由闊達な空気のなかで多くの陶芸家たちかその感性を磨きつづけています。sugawara16 象嵌マグカップ 1944円 [笠間焼/菅原良子]伝統にとらわれない自由な作品、 斬新なデザインのオブジェまで多種多様、それが笠間焼 sugawara16 象嵌マグカップ 1944円 [笠間焼/菅原良子] シンプルなデザインに象嵌が光ります・・ シンプルだから様々なシチュエーションに・・ 象嵌(ぞうがん)とは...

備前焼 ビアカップ 焼酎グラス ビールグラス フリーカップ 備前焼 斉藤隆作 麦酒呑(隆-09)

器茶房 彩庵

5,940

備前焼 ビアカップ 焼酎グラス ビールグラス フリーカップ 備前焼 斉藤隆作 麦酒呑(隆-09)

麦酒呑 80×110 木箱 備前焼 斉藤隆作コーヒー碗皿10,500円 備前焼 斉藤隆作土瓶(小)15,750円 備前焼 斉藤隆作急須(小)14,700円 備前焼 斉藤隆作広口湯呑5,250円 備前焼 斉藤隆作丸湯呑5,250円 備前焼 斉藤隆作麦酒呑5,775円 備前焼 斉藤隆作酒呑5,250円 備前焼 斉藤隆作片口冷酒器10,500円 備前焼 斉藤隆作しょうゆ差し10,500円斉藤 隆 プロファイル 昭和二十三年 東京に生まれる 昭和四十八年 中央大学卒業 昭和五十三年 茨城県、笠間窯業指導所卒業 備前、伊勢崎 淳 氏に師事 昭和六十三年 岡山県邑久郡長船町飯井に築窯、独立 (受賞歴) ・岡山県美術展奨励賞受賞・一水会展:一水会賞受賞 ・ 陶心会展:NHK岡山放送局長賞受賞 ・ 陶心会展:天満屋賞受賞 (入選歴) ・ 朝日陶芸展・日本工芸会:東中国支部展 ・ 一水会展・中日国際陶芸展 ・ 国際陶芸ビエンナ-レ展 ・ 茶ノ湯の造形展・焼き締陶展 ・ 長三賞展 ・ 朝日現代クラフト展招待出品 花器を多く手掛け、ろくろで成形後に変形を加えた手法を用いる。土の生理、土の表 情を生かすことを心掛け、焼成は胡麻や緋襷などを狙う。 備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき...

【和食器】笠間焼 [マグカップ] コーヒーカップ 陶器 「柊・土工房 猪本 拓」 父の日プレゼント

美術工芸備前

2,160

【和食器】笠間焼 [マグカップ] コーヒーカップ 陶器 「柊・土工房 猪本 拓」 父の日プレゼント

商品詳細商品説明笠間焼マグカップ カラーが「白・グレー・茶」と三色あります。 サイズ径7.5cm 高さ9.5cm 210cc窯元/作家*笠間焼/猪本 拓 1953年 山形に生まれる 1975年 大阪芸術大学彫刻科卒業 1977年 第62回二科展(80年65周年記念) 1990年 陶のコンテンポラリー/笠間日動美術館 1991年 陶のコンテンポラリー/笠間日動美術館 1994年 開館10周年記念新潟市野外彫刻大賞 ・野外彫刻の為のマーケット100展/新潟市美術館 1995年 第16回現代日本彫刻展 1996年 第6回日本現代日本彫刻展'96審査委委長賞 2000年 茨城陶芸の現在/茨城県陶芸美術館<BR> 2004年 立川町町制施工50周年記念モニュメント制作/山形県発送について*在庫の有る商品 ・12時までのご注文は当日発送 ・12時以降のご注文は翌日発送 *在庫の無い商品 ・お取り寄せ/5日~60日 笠間焼とは笠間焼の誕生と言えば、江戸時代の安永年間(1772~1781年)。箱田村(現在の笠間市箱田)の久野半右衛門が、信楽の陶工・長石衛門の指導で焼き物を始め築窯したこととされています。伝統を受け継ぎながらも作家の個性をより重じる方向へ作風を転換した笠間焼。いま、自由闊達な空気のなかで多くの陶芸家たちかその感性を磨きつづけています。inomoto3 笠間焼マグカップ 1944 [笠間焼/猪本 拓] 伝統にとらわれない自由な作品、 斬新なデザインのオブジェまで多種多様、 それが笠間焼 カラーは「白・グレー・茶」と三色あります。 笠間焼マグカップ 1944 [笠間焼/猪本 拓] 猪本拓 プロフィール 1953年 山形に生まれる 1975年 大阪芸術大学彫刻科卒業 1977年 第62回二科展(80年65周年記念)...

大きめで口当たりの良く、シンプルなデザインのコ-ヒ-カップです☆備前焼 作家岡本白水作 コ-ヒ-カップ☆和食器/陶器/マグカップ/軽い/持ちやすい

工房Hekizan

2,860

大きめで口当たりの良く、シンプルなデザインのコ-ヒ-カップです☆備前焼 作家岡本白水作 コ-ヒ-カップ☆和食器/陶器/マグカップ/軽い/持ちやすい

岡本白水作備前焼コーヒーカップ 大きめでマグカップとしても使えるいい焼き色のコ-ヒ-カップです。 ハンドルが大きく持ちやすいです。 口部分は薄く仕上げてあり、口当たりが良いです。又、全体に軽くしあげています。 高さ約 83mm 幅 約 117mm(ハンドル含む) 重さ約 248g 内容量 口部分から約10mm引いた所で計量 約 200cc 紙箱に包装をしてお届け致します。 《岡本白水 略歴》 1969年 岡山市に生まれる 15才より父である備前焼作家、 故岡本碧山に学ぶ 1996年 倉敷カトリック教会 陶板レリーフ「キリストの道行」制作 2000年 様々なアートと、備前焼とのジャンルを超えた融合を コンセプトに工房ヘキザン設立 備前焼で作った楽器による演奏会(陶音ライブ)を実施 岡山電気軌道 夏のイベント(風鈴電車)風鈴制作 現在作陶の傍ら、個展や岡山市内数ヵ所の公民館にて陶芸教室の講師等、幅広く活躍。 出来る限り実物に近い撮影・掲載を心がけておりますが、 お使いのPCの環境や携帯電話スマートフォン等、 色の見え方に若干の違いが生じる場合がございます。ご理解をお願いいたします。焼き色が良く、使いやすいカップです

黒備前土 ビールジョッキ トールマグカップ(ゴールドパウダー 金流し) 和食器 和風

白いごはん器のお店ライスボール

1,728

黒備前土 ビールジョッキ トールマグカップ(ゴールドパウダー 金流し) 和食器 和風

●お買い物の際に必ずお読み下さいませ。 ※全てが同じ表情には仕上がらないため、同じ商品でも模様や色などに違いがあります。陶器の変化をお楽しみください。 ご了承の上、お買い求めいただきますようお願いいたします。 ※破損以外のご返品・ご交換はお受けできませんのでご了承下さいませ。 素材 陶器 生産国 日本製 サイズ φ85×高さ140mm 500cc 備考 食器洗浄機:○(手洗いをおすすめ) 関連キーワード 和食器 キッチン 食器 陶器 器 雑貨 誕生日 記念日 ギフト 贈り物 お祝い 内祝い 引き出物 新生活 プレゼント おしゃれ カフェ風 祝う 祝い 美濃焼 カップ コップ マルチカップ お茶 冷え 冷茶 アイス コーヒー 珈琲 紅茶 ティー アールグレイ 氷 お酒 ビール 焼酎 湯呑み 湯のみ タンブラー ビアマグ ビアマグカップ 梱包 簡易梱包 ギフトラッピング・熨斗承ります。 (有料です。こちらのページよりお選び下さい。)いつもよりちょっと贅沢に。ゆったり流れる至福の時間 【黒備前土 金銀流し ゴールド&プラチナ シリーズ】 キメの細かな黒土。土の質感を感じられる器たち。軽くて丈夫。 普段使い、お祝い事、贈り物にもぴったりです。 日常からおもてなしまで。 簡単にワンランク上の演出が出来ちゃいます。 黒土の部分はザラッとした質感ですがキメの細かな土で 滑らかに仕上げているので使いやすいですよ。 土もの初心者の方にもとても扱いやすいシリーズです。 ビールもたっぷり500ml入ります。 ビールに限らずあったかいお茶や紅茶、コーヒーなども たっぷり入りお洒落にきまる。 安心安全の日本製。 土の温もりを感じる器たちでぜひ至福の時間を。 「流し掛け」の技法 筆を使わず柄杓(ひしゃく)で金と銀の釉薬を大胆に流し掛ける。...

【備前焼/和食器/窯元/食器】 柴岡陶泉堂 | フリーカップ【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】

備前焼とグルメの店七-nana-

3,754

【備前焼/和食器/窯元/食器】 柴岡陶泉堂 | フリーカップ【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】

商品詳細 窯元名 柴岡陶泉堂 商品名 フリーカップ(桟切) サイズ 高さ約8.5cm×口径約8cm 商品説明 人気の老舗備前焼窯元による素朴な存在感のあるフリーカップ。 焼酎、お茶、コーヒーと何にでもお使いいただけます。 普段使いの食器としてお使い下さい。 備考 紙箱入り 納期:3営業日内に発送 その他の対応 他の作品 この窯元の他の作品を見る 関連キーワード 備前焼、フリーカップ、食器、桟切、柴岡陶泉堂 こちらの商品写真は見本でございます。 ご注文頂いた場合、同型の商品をお送りさせていただきます。 備前焼の特性上、見本写真とは、景色(焼き色)がひとつひとつ異なりますので予めご了承ください。柴岡陶泉堂 1912年 香山の陶号にて備前焼窯元 柴岡陶泉堂創業 (初代 香山) 1983年 通商産業大臣指定の伝統工芸士に認定される (2代目 香山) 1991年 中国通商産業局長表彰 (2代目 香山) 1994年 通商産業大臣表彰 (2代目 香山) 2000年 広島県神石高原町の仙養ヶ原陶芸村に陶芸活動の拠点としてアトリエと登り窯を築く。 2代目の長男 正志が3代目 香山として営業している。 長男 力、次男 久も作家として作陶している。 2008年 02月 柴岡正志が伝統工芸士に認定される。

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
花瓶 花入 一輪挿し 花器 フラワーベース 備前焼 柴岡守作 壷(中)(守-09)

全2商品

54,000

花瓶 花入 一輪挿し 花器 フラワーベース 備前焼 柴岡守作 壷(中)(守-09)

壷 220×195 桐箱 備前焼 柴岡守作 窯変徳利36,750円 備前焼 柴岡守作 窯変酒呑12,600円 備前焼 柴岡守作 酒注15,750円 備前焼 柴岡守作 ビアマグ2客15,750円 備前焼 柴岡守作 横手急須(大)22,050円 > 備前焼 柴岡守作 壷(小)52,500円 備前焼 柴岡守作 壷(中)73,500円 備前焼 柴岡守作 壷(大)105,000円柴岡 守 プロファイル 1951年、備前市伊部生まれ。柴岡一海の次男。 1973年に独立し同年県展に初入選。 伝統工芸展入賞、備前焼、日本工芸会正会員。 壺、花器、酒器、茶器、食器などを手がける。成形はろくろとたたらづくりで、登窯と穴窯を使い分け、焼きに心を配る。 備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようにな...

送料無料
花瓶 一輪挿し 花器 フラワーベース 備前焼 岡部享憲 作 手付花入(岡部-03)

器茶房 彩庵

10,800

花瓶 一輪挿し 花器 フラワーベース 備前焼 岡部享憲 作 手付花入(岡部-03)

花入 90×180 紙箱 備前焼 岡部享憲 作舟形鉢(深)8,400円 備前焼 岡部享憲 作長方皿(大)8,400円 備前焼 岡部享憲 作珈琲碗皿8,400円 備前焼 岡部享憲 作石肌焼酎杯9,450円 備前焼 岡部享憲 作面取焼酎呑7,350円 備前焼 岡部享憲 作後手ティーポット15,750円 備前焼 岡部享憲 作麦酒杯(ロング)8,400円 備前焼 岡部享憲 作ハート型花入,350円 備前焼 岡部享憲 作手付花入10,500円岡部 享憲 プロファイル 物作りに魅力を感じていた21歳の時、備前の土に触れて作家を志す。 1973年以後陶正園と黄薇堂で修行する。 1995年吉永町南方に登り窯を築いて独立する。 花入れをはじめ、茶器、食器などの器全般を作る。表面の胡麻の変化、作品を和らげ る線文が面白い、均整とれたデザインの素晴らしさと、細部に亘る細やかな仕上げは 彼の作品に取り組む姿勢を伺わせる。 備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この...

送料無料
花器 花瓶 一輪挿し フラワーベース 備前焼 舟徳利花入(桟切)

器茶房 彩庵

16,200

花器 花瓶 一輪挿し フラワーベース 備前焼 舟徳利花入(桟切)

花入 125×200 木箱 160×225×160備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

送料無料
花瓶 花入 一輪挿し 花器 フラワーベース 備前焼 柴岡守作 壷(大)(守-10)

器茶房 彩庵

108,000

花瓶 花入 一輪挿し 花器 フラワーベース 備前焼 柴岡守作 壷(大)(守-10)

壷 280×270 桐箱 備前焼 柴岡守作 窯変徳利36,750円 備前焼 柴岡守作 窯変酒呑12,600円 備前焼 柴岡守作 酒注15,750円 備前焼 柴岡守作 ビアマグ2客15,750円 備前焼 柴岡守作 横手急須(大)22,050円 > 備前焼 柴岡守作 壷(小)52,500円 備前焼 柴岡守作 壷(中)73,500円 備前焼 柴岡守作 壷(大)105,000円柴岡 守 プロファイル 1951年、備前市伊部生まれ。柴岡一海の次男。 1973年に独立し同年県展に初入選。 伝統工芸展入賞、備前焼、日本工芸会正会員。 壺、花器、酒器、茶器、食器などを手がける。成形はろくろとたたらづくりで、登窯と穴窯を使い分け、焼きに心を配る。 備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようにな...

送料無料
花瓶 花器 一輪挿し フラワーベース 備前焼 伊勢崎創作 らっきょ花入(創-10)

器茶房 彩庵

19,440

花瓶 花器 一輪挿し フラワーベース 備前焼 伊勢崎創作 らっきょ花入(創-10)

花入 120×220 桐箱 備前焼 伊勢崎創 作徳利12,600円 備前焼 伊勢崎創 作酒呑8,400円 備前焼 伊勢崎創 作麦酒呑2個組8,400円 備前焼 伊勢崎創 作だ円皿(小)二枚組12,600円 備前焼 伊勢崎創 作だ円皿(大)二枚組15,750円 備前焼 伊勢崎創 作小鉢 二個組15,750円 備前焼 伊勢崎創 作瓢掛花入15,750円 備前焼 伊勢崎創 作らっきょ花入18,900円 備前焼 伊勢崎創 作花器63,000円伊勢崎 創 プロファイル 昭和43年 伊勢崎 満(岡山県重要無形文化財保持者)の三男としてうまれる 昭和62年 県立岡山工業デザイン科卒業 山下譲治に師事 ろくろ形成が主体で、稜線を生かした花器、扁壺など造形的な作品のほか、水指、茶入などの茶道具も手掛ける。 備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用され...

花瓶 一輪挿し 花器 フラワーベース 備前焼 岡部享憲 作 ハート型花入(岡部-04)

器茶房 彩庵

7,560

花瓶 一輪挿し 花器 フラワーベース 備前焼 岡部享憲 作 ハート型花入(岡部-04)

花入 70×200 紙箱 備前焼 岡部享憲 作舟形鉢(深)8,400円 備前焼 岡部享憲 作長方皿(大)8,400円 備前焼 岡部享憲 作珈琲碗皿8,400円 備前焼 岡部享憲 作石肌焼酎杯9,450円 備前焼 岡部享憲 作面取焼酎呑7,350円 備前焼 岡部享憲 作後手ティーポット15,750円 備前焼 岡部享憲 作麦酒杯(ロング)8,400円 備前焼 岡部享憲 作ハート型花入,350円 備前焼 岡部享憲 作手付花入10,500円岡部 享憲 プロファイル 物作りに魅力を感じていた21歳の時、備前の土に触れて作家を志す。 1973年以後陶正園と黄薇堂で修行する。 1995年吉永町南方に登り窯を築いて独立する。 花入れをはじめ、茶器、食器などの器全般を作る。表面の胡麻の変化、作品を和らげ る線文が面白い、均整とれたデザインの素晴らしさと、細部に亘る細やかな仕上げは 彼の作品に取り組む姿勢を伺わせる。 備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この...

送料無料
花瓶 花器 一輪挿し フラワーベース 備前焼 伊勢崎創作 瓢掛花入(創-03)

器茶房 彩庵

16,200

花瓶 花器 一輪挿し フラワーベース 備前焼 伊勢崎創作 瓢掛花入(創-03)

花入 80×190 桐箱 備前焼 伊勢崎創 作徳利12,600円 備前焼 伊勢崎創 作酒呑8,400円 備前焼 伊勢崎創 作麦酒呑2個組8,400円 備前焼 伊勢崎創 作だ円皿(小)二枚組12,600円 備前焼 伊勢崎創 作だ円皿(大)二枚組15,750円 備前焼 伊勢崎創 作小鉢 二個組15,750円 備前焼 伊勢崎創 作瓢掛花入15,750円 備前焼 伊勢崎創 作らっきょ花入18,900円 備前焼 伊勢崎創 作花器63,000円伊勢崎 創 プロファイル 昭和43年 伊勢崎 満(岡山県重要無形文化財保持者)の三男としてうまれる 昭和62年 県立岡山工業デザイン科卒業 山下譲治に師事 ろくろ形成が主体で、稜線を生かした花器、扁壺など造形的な作品のほか、水指、茶入などの茶道具も手掛ける。 備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用され...

送料無料
花瓶 一輪挿 しフラワーベース 花生 備前焼 柴岡信義作 鶴首花入(信義-09)

器茶房 彩庵

21,600

花瓶 一輪挿 しフラワーベース 花生 備前焼 柴岡信義作 鶴首花入(信義-09)

花入 100×195 桐箱 備前焼 柴岡信義作窯変徳利31,500円 備前焼 柴岡信義作酒呑(窯変)16,800円 備前焼 柴岡信義作酒杯10,500円 備前焼 柴岡信義作麦酒呑10,500円 備前焼 柴岡信義作湯呑(大)12,600円 備前焼 柴岡信義作飯碗,300円 備前焼 柴岡信義作抹茶碗52,500円 備前焼 柴岡信義作鶴首花入21,000円 備前焼 柴岡信義作窯変面取花入126,000円柴岡 信義 プロファイル 1950年、備前市伊部生まれ。柴岡一海の長男。 1979年 日本工芸会正会員 日本工芸会中国支部展奨励賞 岡山県美術展岡山県県知事賞 日本伝統工芸展入選 酒器、食器、花器などを制作。面取りなどを施し、重量感のある作風を特徴とする。 用の美を大切に、土そのものの性質を自然に表現することを心がける。 備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ...

花瓶 花器 花入 一輪挿し 備前焼 小花入ひさご(桟切)

器茶房 彩庵

8,640

花瓶 花器 花入 一輪挿し 備前焼 小花入ひさご(桟切)

花入 100×130 木箱 110×110×165備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

送料無料
花瓶 一輪挿 し フラワーベース 花生 備前焼 柴岡信義作 窯変面取花入(信義-10)

器茶房 彩庵

129,600

花瓶 一輪挿 し フラワーベース 花生 備前焼 柴岡信義作 窯変面取花入(信義-10)

花入 115×250 桐箱 備前焼 柴岡信義作窯変徳利31,500円 備前焼 柴岡信義作酒呑(窯変)16,800円 備前焼 柴岡信義作酒杯10,500円 備前焼 柴岡信義作麦酒呑10,500円 備前焼 柴岡信義作湯呑(大)12,600円 備前焼 柴岡信義作飯碗,300円 備前焼 柴岡信義作抹茶碗52,500円 備前焼 柴岡信義作鶴首花入21,000円 備前焼 柴岡信義作窯変面取花入126,000円柴岡 信義 プロファイル 1950年、備前市伊部生まれ。柴岡一海の長男。 1979年 日本工芸会正会員 日本工芸会中国支部展奨励賞 岡山県美術展岡山県県知事賞 日本伝統工芸展入選 酒器、食器、花器などを制作。面取りなどを施し、重量感のある作風を特徴とする。 用の美を大切に、土そのものの性質を自然に表現することを心がける。 備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ...

送料無料
花器 花入 花瓶 フラワーベース 備前焼 堀江さつき作 扁壺(さつき-01)

器茶房 彩庵

16,200

花器 花入 花瓶 フラワーベース 備前焼 堀江さつき作 扁壺(さつき-01)

花入 160×178 木箱 備前焼 堀江さつき作扁壺15,750円 備前焼 堀江さつき作一輪10,500円 備前焼 堀江さつき作ティポット15,750円 備前焼 堀江さつき作三足花鉢10,500円 備前焼 堀江さつき作鉄鉢形小鉢6,300円 備前焼 堀江さつき作片口小鉢5,250円 備前焼 堀江さつき作長角皿6,825円 備前焼 堀江さつき作フリーカップ4,200円 備前焼 堀江さつき作マグカップ5,250円備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重...

送料無料
花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 つる付花入(桟切)

器茶房 彩庵

21,600

花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 つる付花入(桟切)

花入 85×290(全長) 木箱 150×150×320備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

送料無料
花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 四方筒花入(桟切)

器茶房 彩庵

10,800

花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 四方筒花入(桟切)

花入 76×215 木箱 120×255×125備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

花器 花瓶 花びん 一輪挿し 備前焼 竹花入(桟切)

器茶房 彩庵

8,640

花器 花瓶 花びん 一輪挿し 備前焼 竹花入(桟切)

花入 80×200 木箱 230×110×110備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 手付中花入(桟切)

器茶房 彩庵

8,640

花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 手付中花入(桟切)

花入 80×160 木箱 200×120×120備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 つる首花入(桟切)

器茶房 彩庵

8,640

花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 つる首花入(桟切)

花入 100×95×210 木箱 120×255×125備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

送料無料
花器 花瓶 花びん 一輪挿し 備前焼 筒花入(桟切)

器茶房 彩庵

10,800

花器 花瓶 花びん 一輪挿し 備前焼 筒花入(桟切)

花入 83×220 木箱 120×255×125備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

一輪挿し 花器 花瓶 備前焼 小花入耳付(桟切)

器茶房 彩庵

8,640

一輪挿し 花器 花瓶 備前焼 小花入耳付(桟切)

花入 100×130 木箱 110×110×165備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 手桶中花入(桟切)

器茶房 彩庵

8,640

花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 手桶中花入(桟切)

花入 95×150 木箱 200×120×120備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 つる付中花入(桟切)

器茶房 彩庵

8,640

花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 つる付中花入(桟切)

花入 80×220 木箱 230×110×110備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 筒中花入(桟切)

器茶房 彩庵

8,640

花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 筒中花入(桟切)

花入 90×170 木箱 200×120×120備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

送料無料
花器 花入 花瓶 フラワーベース 堀江さつき作 蕪一輪(さつき-02)

器茶房 彩庵

10,800

花器 花入 花瓶 フラワーベース 堀江さつき作 蕪一輪(さつき-02)

花入 120×135 木箱 備前焼 堀江さつき作扁壺15,750円 備前焼 堀江さつき作一輪10,500円 備前焼 堀江さつき作ティポット15,750円 備前焼 堀江さつき作三足花鉢10,500円 備前焼 堀江さつき作鉄鉢形小鉢6,300円 備前焼 堀江さつき作片口小鉢5,250円 備前焼 堀江さつき作長角皿6,825円 備前焼 堀江さつき作フリーカップ4,200円 備前焼 堀江さつき作マグカップ5,250円備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重...

送料無料
花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 中花入(耳付)(桟切)

器茶房 彩庵

10,800

花器 花瓶 一輪挿し 備前焼 中花入(耳付)(桟切)

花入 100×180 木箱 200×120×120備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

送料無料
花瓶 花入 フラワーベース 備前焼 伊勢崎創作 花器(創-08)

器茶房 彩庵

64,800

花瓶 花入 フラワーベース 備前焼 伊勢崎創作 花器(創-08)

花器 180×250 桐箱 備前焼 伊勢崎創 作徳利12,600円 備前焼 伊勢崎創 作酒呑8,400円 備前焼 伊勢崎創 作麦酒呑2個組8,400円 備前焼 伊勢崎創 作だ円皿(小)二枚組12,600円 備前焼 伊勢崎創 作だ円皿(大)二枚組15,750円 備前焼 伊勢崎創 作小鉢 二個組15,750円 備前焼 伊勢崎創 作瓢掛花入15,750円 備前焼 伊勢崎創 作らっきょ花入18,900円 備前焼 伊勢崎創 作花器63,000円伊勢崎 創 プロファイル 昭和43年 伊勢崎 満(岡山県重要無形文化財保持者)の三男としてうまれる 昭和62年 県立岡山工業デザイン科卒業 山下譲治に師事 ろくろ形成が主体で、稜線を生かした花器、扁壺など造形的な作品のほか、水指、茶入などの茶道具も手掛ける。 備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用さ...

送料無料
花瓶 花器 花入 備前焼 小橋俊允 作 扁壷(俊允-09)

器茶房 彩庵

108,000

花瓶 花器 花入 備前焼 小橋俊允 作 扁壷(俊允-09)

200×240 桐箱小橋俊允 こばしとしみつ プロファイル 1977年 生まれる 1996年 備前東高等学校卒業 1998年 関西芸術短期大学(現 宝塚大学)で陶芸を学ぶ 1999年 大阪芸術大学付属大阪美術専門学校 研究科で陶芸を学ぶ 2000年 岡山県備前陶芸センターで学ぶ よく作るのは花器、茶器、酒器。紐づくりが主で、一部ろくろで形成。 山土のみを使い、土味を生かした作品づくりを心掛ける。 つくり手の思いを作品に出すことを作陶の基本とし、独創的な作品を目指す。 今後は古備前の風格に追いつき、追い越したいという。 備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護...

送料無料
花器 花瓶 フラワーベース 備前焼 手桶花入(桟切)

器茶房 彩庵

32,400

花器 花瓶 フラワーベース 備前焼 手桶花入(桟切)

花入 130×260 木箱 165×165×295備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

送料無料
花器 花瓶 フラワーベース 備前焼 面取筒花入(桟切)

器茶房 彩庵

14,040

花器 花瓶 フラワーベース 備前焼 面取筒花入(桟切)

花入 75×215 木箱 120×255×125備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

送料無料
花器 花瓶 フラワーベース 備前焼 耳付花入(桟切)

全2商品

27,000

花器 花瓶 フラワーベース 備前焼 耳付花入(桟切)

花入 120×240 木箱 165×165×295備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

送料無料
花器 花瓶 フラワーベース 備前焼 耳付花入(窯変)

器茶房 彩庵

43,200

花器 花瓶 フラワーベース 備前焼 耳付花入(窯変)

花入 130×240 木箱 165×165×295備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

送料無料
花器 花入 花瓶 フラワーベース 備前焼 小壷(胡麻)

器茶房 彩庵

32,400

花器 花入 花瓶 フラワーベース 備前焼 小壷(胡麻)

小壷 200×170 木箱 250×250×250備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

送料無料
花器 花瓶 フラワーベース 備前焼 つる首花入大(桟切)

器茶房 彩庵

12,960

花器 花瓶 フラワーベース 備前焼 つる首花入大(桟切)

花入 125×240 木箱 165×165×295★楽天ランキング上位獲得! 備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護・統制もあり小規模の窯が統合され、南・北・西に本格的 に大規模な共同窯(大窯)が築かれ、窯元六姓(木村・森・頓宮・寺見・大饗・金重)による製造体制 が整いました。 一方製品も、室町時代以降作られた茶陶器や日常雑器の他に置物なども作られるようになり ます。これらの大窯による生産は以後江戸時代末期まで続くのですが、この頃京都・有田・瀬戸などで磁器 の生産が盛んに行われるようになり、備前焼は次第に圧迫されるようになりました。 明治から昭和初期に至る時期は苦しい時代でしたが...

送料無料
花瓶 花器 備前焼 小橋俊允 作 花入(俊允-10)

器茶房 彩庵

54,000

花瓶 花器 備前焼 小橋俊允 作 花入(俊允-10)

120×250 桐箱小橋俊允 こばしとしみつ プロファイル 1977年 生まれる 1996年 備前東高等学校卒業 1998年 関西芸術短期大学(現 宝塚大学)で陶芸を学ぶ 1999年 大阪芸術大学付属大阪美術専門学校 研究科で陶芸を学ぶ 2000年 岡山県備前陶芸センターで学ぶ よく作るのは花器、茶器、酒器。紐づくりが主で、一部ろくろで形成。 山土のみを使い、土味を生かした作品づくりを心掛ける。 つくり手の思いを作品に出すことを作陶の基本とし、独創的な作品を目指す。 今後は古備前の風格に追いつき、追い越したいという。 備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ」と呼ばれる伊部の地から採取した粘土が使用されるよ うになり、成形にもロクロが用いられ量産ができるようになり、また半地下式の大形の穴窯が作られ たのです。 その後江戸時代になると藩の保護...

つぶつぶ 一輪挿し(ブルー)一輪挿し・花器・結婚祝いにぴったりのガラス製の花器・花瓶・フラワーベースの通販・販売

gallery 365

3,780

つぶつぶ 一輪挿し(ブルー)一輪挿し・花器・結婚祝いにぴったりのガラス製の花器・花瓶・フラワーベースの通販・販売

商品説明商品説明 島根県で制作しているガラス作家 かわなべかおり さん。 色ガラスにかわいいつぶつぶガラスがアクセントにな っているつぶつぶシリーズです。 玄関先にお花を活ければ華やかな雰囲気になりま す。 お返しやギフトとしてお使いになれば、大変喜ばれる 作品です。 個性的な器を探されてる方にはお勧めです 個性的な引き出物、お祝いやお返しのグラスを探され ている方にはお勧めです。 サイズ ■サイズ 横 約 7.5cm 縦 約 7.5cm 高さ 約10cm ■容量 ■重さ 約280g お取り扱いの注意点 ガラスは耐熱性はございません。したがって熱湯や熱い料理等は製品を破損しますので、ご注意ください。 1.急激な温度変化に耐えられません。熱湯、熱い料理、沢山の氷を一度に入れる、冷凍庫に入れる等の行為は、作品を破損させます。 2.手洗いと手拭きのすすめ。食器洗浄機は熱湯、熱風による洗浄機能がありますので、お手入れには不向きです。 3.電子レンジの使用禁止。急激に熱くなりますので、使用できません。 4.保管について。ガラスはキズがつくと破損し易い性質があります。重ねたり、ガラス器同士など堅いものにぶつけたりしないように扱ってください。 5.定期的な洗浄のすすめ。ガラス製品は長期間洗わないと、汚れが落ちにくくなったり、曇りがでてきたりします。適宜洗うようにしてください。

GLASS WORKS NARUMI (鳴海製陶)サークル 一輪挿し(S)【 花瓶 花器 フラワーベース 】

硝子工房ヴァレーホース

5,670

GLASS WORKS NARUMI (鳴海製陶)サークル 一輪挿し(S)【 花瓶 花器 フラワーベース 】

商品内容 GLASS WORKS NARUMI (鳴海製陶 ナルミ) サークル 一輪挿し(S) ■花瓶 花器 フラワーベース (オプティカルガラス 光学ガラス) 幅94(mm)×奥行30(mm)×高さ90(mm) 化粧箱120×120×45(mm) 高級感のあるクリスタルガラス製の花瓶 花器 フラワーベース 一輪挿しはギフトに最適。 テーブルのセンターピースとして、またポプリ入れとしてご使用するのもお洒落です。 テーブルはもちろん、浴室や玄関などを飾るインテリアとして、いつまでも変らぬ輝きが品格をもたらします。 ピュアな輝きが素敵な空間を演出します。 こちらの商品にガラスエッチング(彫刻)加工はありません 素敵な贈り物にどうぞ♪人気ご利用おすすめ用途一覧 ☆ お花が好きな方へプレゼントとして・・ ☆ ご家庭用として・・ ☆ レストランやバー(お店)などの業務用に・・ ☆ テーブルのセンターピースとして・・ ☆ ポプリ入れとして・・ ☆ 浴室や玄関を華やかに飾る時に・・ ☆ お花を本格的に楽しむ方へ・・ ☆ 記念日の演出に・・ ☆ ギフトとして・・ ☆ バレンタインデー、クリスマスプレゼントとして・・ ☆ 父の日、母の日のプレゼントとして・・ こちらは関連商品一覧です ■花瓶 花器 一輪挿し フラワーベース各種 花瓶(花器 フラワーベース) は 【こちらをクリック】 一輪挿し(花器 フラワーベース)は 【こちらをクリック】 ランプスタンド(インテリア)は 【こちらをクリック】 クリスタル仏像(インテリア)は 【こちらをクリック】 プリザーブドフラワーは 【こちらをクリック】 クリスタルトロフィーは 【こちらをクリック】 ■お祝い、贈り物に高級ガラス時計【こちらをクリック】 【24H★time29】【daily★1003】【daily...

GLASS WORKS NARUMI (鳴海製陶)サークル 一輪挿し(M)【 花瓶 花器 フラワーベース 】

硝子工房ヴァレーホース

9,072

GLASS WORKS NARUMI (鳴海製陶)サークル 一輪挿し(M)【 花瓶 花器 フラワーベース 】

商品内容 GLASS WORKS NARUMI (鳴海製陶 ナルミ) サークル 一輪挿し(M) ■花瓶 花器 フラワーベース (オプティカルガラス 光学ガラス) 幅110(mm)×奥行35(mm)×高さ105(mm) 化粧箱135×135×50(mm) 高級感のあるクリスタルガラス製の花瓶 花器 フラワーベース 一輪挿しはギフトに最適。 テーブルのセンターピースとして、またポプリ入れとしてご使用するのもお洒落です。 テーブルはもちろん、浴室や玄関などを飾るインテリアとして、いつまでも変らぬ輝きが品格をもたらします。 ピュアな輝きが素敵な空間を演出します。 こちらの商品にガラスエッチング(彫刻)加工はありません 素敵な贈り物にどうぞ♪人気ご利用おすすめ用途一覧 ☆ お花が好きな方へプレゼントとして・・ ☆ ご家庭用として・・ ☆ レストランやバー(お店)などの業務用に・・ ☆ テーブルのセンターピースとして・・ ☆ ポプリ入れとして・・ ☆ 浴室や玄関を華やかに飾る時に・・ ☆ お花を本格的に楽しむ方へ・・ ☆ 記念日の演出に・・ ☆ ギフトとして・・ ☆ バレンタインデー、クリスマスプレゼントとして・・ ☆ 父の日、母の日のプレゼントとして・・ こちらは関連商品一覧です ■花瓶 花器 一輪挿し フラワーベース各種 花瓶(花器 フラワーベース) は 【こちらをクリック】 一輪挿し(花器 フラワーベース)は 【こちらをクリック】 ランプスタンド(インテリア)は 【こちらをクリック】 クリスタル仏像(インテリア)は 【こちらをクリック】 プリザーブドフラワーは 【こちらをクリック】 クリスタルトロフィーは 【こちらをクリック】 ■お祝い、贈り物に高級ガラス時計【こちらをクリック】 【24H★time29】【daily★1003】...

GLASS WORKS NARUMI (鳴海製陶)ダリア 一輪挿し(L)【 花瓶 花器 フラワーベース 】

硝子工房ヴァレーホース

9,072

GLASS WORKS NARUMI (鳴海製陶)ダリア 一輪挿し(L)【 花瓶 花器 フラワーベース 】

商品内容 GLASS WORKS NARUMI (鳴海製陶 ナルミ) ダリア 一輪挿し(L) ■花瓶 花器 フラワーベース (レッドクリスタルガラス) 径100(mm)×高さ255(mm) 化粧箱280×120×115(mm) 高級感のあるクリスタルガラス製の花瓶 花器 フラワーベース 一輪挿しはギフトに最適。 テーブルのセンターピースとして、またポプリ入れとしてご使用するのもお洒落です。 テーブルはもちろん、浴室や玄関などを飾るインテリアとして、いつまでも変らぬ輝きが品格をもたらします。 ピュアな輝きが素敵な空間を演出します。 こちらの商品にガラスエッチング(彫刻)加工はありません 素敵な贈り物にどうぞ♪人気ご利用おすすめ用途一覧 ☆ お花が好きな方へプレゼントとして・・ ☆ ご家庭用として・・ ☆ レストランやバー(お店)などの業務用に・・ ☆ テーブルのセンターピースとして・・ ☆ ポプリ入れとして・・ ☆ 浴室や玄関を華やかに飾る時に・・ ☆ お花を本格的に楽しむ方へ・・ ☆ 記念日の演出に・・ ☆ ギフトとして・・ ☆ バレンタインデー、クリスマスプレゼントとして・・ ☆ 父の日、母の日のプレゼントとして・・ こちらは関連商品一覧です ■花瓶 花器 一輪挿し フラワーベース各種 花瓶(花器 フラワーベース) は 【こちらをクリック】 一輪挿し(花器 フラワーベース)は 【こちらをクリック】 ランプスタンド(インテリア)は 【こちらをクリック】 クリスタル仏像(インテリア)は 【こちらをクリック】 プリザーブドフラワーは 【こちらをクリック】 クリスタルトロフィーは 【こちらをクリック】 ■お祝い、贈り物に高級ガラス時計【こちらをクリック】 【24H★time29】【daily★1003】【daily★1010】...

一輪挿し 花瓶 花入 花器 九谷焼 7号 一輪生 水辺 松浦慎弥 ap4-1015

器茶房 彩庵

5,400

一輪挿し 花瓶 花入 花器 九谷焼 7号 一輪生 水辺 松浦慎弥 ap4-1015

化粧箱入 前幅7.5× 奥行7.5×高さ21cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の一輪挿しは記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き...

一輪挿し 花瓶 花入 花器 九谷焼 6号 一輪生 金箔彩 ap4-1017

器茶房 彩庵

6,480

一輪挿し 花瓶 花入 花器 九谷焼 6号 一輪生 金箔彩 ap4-1017

化粧箱入 径5.7×高さ18.5cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の一輪挿しは記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き...

一輪挿し 花瓶 花入 花器 九谷焼 6号 一輪生 山帰来 ap4-1001

器茶房 彩庵

1,944

一輪挿し 花瓶 花入 花器 九谷焼 6号 一輪生 山帰来 ap4-1001

紙箱入 径6×高さ18.5cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の一輪挿しは記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き...

一輪挿し 花瓶 花入 花器 九谷焼 5号 一輪生 牡丹 ap4-1008

器茶房 彩庵

3,564

一輪挿し 花瓶 花入 花器 九谷焼 5号 一輪生 牡丹 ap4-1008

化粧箱入 前幅15.3×奥行4.7×高さ12.3cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の一輪挿しは記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き...

一輪挿し 花瓶 花器 花入 九谷焼 5号 一輪生 竹雀 ap4-1013

器茶房 彩庵

4,104

一輪挿し 花瓶 花器 花入 九谷焼 5号 一輪生 竹雀 ap4-1013

化粧箱入 前幅15.7×奥行5×高さ12.3cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の一輪挿しは記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き...

一輪挿し 花瓶 花器 花入 九谷焼 5号 一輪生 牡丹 ap4-1011

器茶房 彩庵

3,780

一輪挿し 花瓶 花器 花入 九谷焼 5号 一輪生 牡丹 ap4-1011

化粧箱入 前幅15.3×奥行4.7×高さ12.3cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の一輪挿しは記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き...

花瓶 陶器 フラワーベース フクロウ 瀬戸焼 花器 一輪挿し 雑貨 置物 ふくろう 瀬戸焼 かわいい 花瓶 花器 和風モダン フクロウ インテリア 和室 花瓶 陶器 置物 ベース 瀬戸焼 ふくろう...

ギギliving

6,264

花瓶 陶器 フラワーベース フクロウ 瀬戸焼 花器 一輪挿し 雑貨 置物 ふくろう 瀬戸焼 かわいい 花瓶 花器 和風モダン フクロウ インテリア 和室 花瓶 陶器 置物 ベース 瀬戸焼 ふくろう...

6羽のふくろう 小さなふくろうが6羽 枝に止まった様子の花瓶です 可愛いサイズのふくろうは 手作り感のある表情で 子供っぽくありません にぎやかな花瓶には 枝ものやグリーンなどが似合いそうです このまま飾っても絵になる花瓶 ふくろうグッズが大好きなコレクターさんにお勧めです 商品詳細 商品名 ふくろう家族の花瓶 商品番号 mkn2770 全体のサイズ(cm) 幅11×奥行10×高さ19 中のサイズ 口径4.5×深さ18 材質 陶器 重量 750g 生産国 日本(瀬戸) ※サイズ・重量はおおよその値です 一つずつ手作業での生産につき多少の違いはご了承ください - 備考 - 手作り品の為、色の出方や模様・形・サイズ等に個体差があります 釉薬の細かいヒビや垂れは陶器製品の特性としてご了承ください ディスプレイによる色の違いはご了承下さい 送料 北海道1620円 沖縄・離島は別途お問い合わせ下さい >> 「置物・オブジェ」はこちら >> 「陶器製の花瓶」はこちら >> 「ふくろう雑貨」はこちら >> 「こだわりギギらいふ」はこちら~ SETSUKOのこだわりセレクト ~ 雑貨大好きなつちやせつこです 私のわがままをちょっぴり言わせてもらい こだわりの雑貨を集めてみました 置いてみたい、持ってみたい、着てみたい・・・ 私のセレクト・・ 枝やグリーンが似合います 手作りの小さなふくろう 表情も違います まるで自分の定位置が あるような・・・ 後ろの様子です 置物で飾っても。

花瓶 花器 一輪挿し フラワーベース ガラスベース ガラスの花瓶 アルミ 花入れ 一輪差し おしゃれ かわいい花瓶 インテリア雑貨 アルミ花瓶 卓上花瓶 おしゃれ玄関 (cathay キャセイ)

cathay キャセイ

6,480

花瓶 花器 一輪挿し フラワーベース ガラスベース ガラスの花瓶 アルミ 花入れ 一輪差し おしゃれ かわいい花瓶 インテリア雑貨 アルミ花瓶 卓上花瓶 おしゃれ玄関 (cathay キャセイ)

商品詳細 【全体サイズ】横置き時 横幅 34 奥行 6.5 高さ 18 cm 【素材】:アルミ・無垢材・ガラス 【配送パターン】:B 【お願い】 ※写真と現物の色味や質感が、多少異なる場合がございます。 差が出ないように努めておりますが照明や環境また、お客様がご覧頂いております 画面等によっても影響する場合がございます。ご了承くださいますようお願い申し上げます。 【ご注意ください】 アルミ本体は手染めの為、多少の色の誤差が起こりますので、予めご了承ください。 他 花瓶は → こちら ←花瓶 花器 一輪挿し フラワーベース ガラスベース ガラスの花瓶 アルミ 花入れ 一輪差し おしゃれ かわいい花瓶 小さな花瓶 インテリア雑貨 アルミ花瓶 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥・・ 【FLOWER FOR EVERYWHERE】 アルミのソリッドなラインと無垢材の融和 美しいシルエットに切り取られたカタチ。 素朴な形状ながら、一輪の花の見立てを引き出します。 ・‥…────────────────────────────── 飾る場所を選ばない デザイン! 洋室・和室と幅広くご利用頂けます。 ※こちらの商品には、剣山が1つ付いています お花の種類によって縦置きとしてもご利用頂けます。 ◆ご使用に関するご注意とお願い◆ ●製品外側の突起は処理済みですが、取り扱い時にはご注意ください ●アルミには水気が付いたまま放置しておきますと、 白いブツブツが表面に発生することがありますが、無害です。 ●無垢材に水に濡れたまま放置したり、 湿気の多い場所での保管は カビ等の原因となりますので 水分が付着した場合は、 速やかに乾いた布などでふき取ってください。 ●剣山は、花を立てる以外のご使用はお控え下さい。 ...

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「備前焼コーヒーカップ」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ