「ジャージ生地」 の検索結果 122件

narifuri(ナリフリ) サイクルジャージ【サイクルジャージスプリット Solid BK】

TOKYOlife

16,200

narifuri(ナリフリ) サイクルジャージ【サイクルジャージスプリット Solid BK】

スプリット型(ハの字)のファスナーが特徴の、他に類を見ない個性的なサイクルジャージ。narifuri(ナリフリ)のお家芸である、ハの字ファスナー。narifuriの人気を不動のものとしたヒットアイテム『プルブレーカー』を起源とするこのフロントファスナーは、これまでも幾つかのトップスに採用されてきました。そしてとうとう、サイクルジャージにも採用されてしまったのです!一見サイクルジャージに見えないデザインと、サイクルジャージとしてはすこしゆとりを持たせたシルエットで「いかにも!」感を避けつつも、サイクルジャージの機能性はしっかり味わえるという、まさにカユイところに手が届くアイテム。また、このハの字ファスナーは脇のラインに沿って配置をアレンジ。前傾姿勢になった際のファスナー部分のたるみを抑えてくれ、より違和感を感じす、汗を効率良く吸収。ファスナー部分が顔に触れるストレスも軽減してくれます。更に、肌へ当たる生地面は凸凹になっており、汗をかいた際の肌への張り付きを抑えます。この【Solid BK】は、そのものズバリ、単色ブラックのモデル。一見地味にも思える黒一色がかえってジャージの個性を引き立て、かつ引き締まった印象を見るものに与えます!

narifuri(ナリフリ) サイクルジャージ【サイクルジャージスプリット scale stripe】

TOKYOlife

16,200

narifuri(ナリフリ) サイクルジャージ【サイクルジャージスプリット scale stripe】

スプリット型(ハの字)のファスナーが特徴の、他に類を見ない個性的なサイクルジャージ。narifuri(ナリフリ)のお家芸である、ハの字ファスナー。narifuriの人気を不動のものとしたヒットアイテム『プルブレーカー』を起源とするこのフロントファスナーは、これまでも幾つかのトップスに採用されてきました。そしてとうとう、サイクルジャージにも採用されてしまったのです!一見サイクルジャージに見えないデザインと、サイクルジャージとしてはすこしゆとりを持たせたシルエットで「いかにも!」感を避けつつも、サイクルジャージの機能性はしっかり味わえるという、まさにカユイところに手が届くアイテム。また、このハの字ファスナーは脇のラインに沿って配置をアレンジ。前傾姿勢になった際のファスナー部分のたるみを抑えてくれ、より違和感を感じす、汗を効率良く吸収。ファスナー部分が顔に触れるストレスも軽減してくれます。更に、肌へ当たる生地面は凸凹になっており、汗をかいた際の肌への張り付きを抑えます。この【scale stripe】は、90'sっぽいモダンレトロなグラフィックパターンが特徴。まさに今が旬のデザインです!

BIOGRAPHY(バイオグラフィー) デニムジャージ CPOシャツ

TOKYOlife

30,240

BIOGRAPHY(バイオグラフィー) デニムジャージ CPOシャツ

大人が着るべきアフターサーフウェアを、肌に優しい天然素材のカットソーで提案するBIOGRAPHY(バイオグラフィー)から、インディゴ染めされたプレーティング天竺のCPOシャツが登場CPOとは Chief Petty Officer の略で、アメリカ海軍における下士官のこと。第二次世界大戦中に彼らが艦上で着ていたシャツを基にしたできたのが、CPOシャツ。BIOGRAPHY(バイオグラフィー)はそれをベースに、表裏で表情を変える二重構造の“プレーティング"で編み立てた天竺素材をオン。さらに、生地ダレを起こしにくいよう最後に生地がしっかりとさせる特殊加工を施しています。また、カットソーの弱点を補うために、背当てや前身のフラップ裏、袖口などには本物のデニム素材で補強。細かなトコロですが、アウターシャツとしてちゃんと仕上げています。CPOシャツらしい両胸のフラップポケットが良い感じのアクセント。フレンチっぽいラウンドした襟が、ブランドらしい抜け感があり、THE CPOシャツって感じじゃなくて着こなし易いんです。右裾のコンチョ×レザーコードもインディゴと相性バツグンで、ラギッドなのにどこか上品に。あと、男として気になるエイジングも、しっかりと経年変化してくれます。最初こそ少しカタさを感じますが、カットソーなので着ればすぐにカラダに馴染んできます。お洗濯すると若干カタさが戻りますが、また着込めば柔らかくなるのでご安心ください。肩ひじ張らず、着心地を追求するブランドコンセプトを体現した、珍しいカットソーのCPOシャツ。インナーにカットソーを合わせて、カーディガン感覚で合わせるのがオススメです。

7mesh(セブンメッシュ) サイクルジャージ【Quantum Jersey SS Men's】

全2商品

17,280

7mesh(セブンメッシュ) サイクルジャージ【Quantum Jersey SS Men's】

ロードジャージの開発を矢継ぎ早に進める7mesh(セブンメッシュ)。この【Quantum Jersey】は、吸いつくような抜群のフィッティング、そのための生地のソフトさとストレッチ、そして汗で体を冷やさないための素材チョイスにこだわった最先端のジャージです。100%ポリエステルで仕立てられたこのジャージは、高いストレッチ性を持ちますが、ストレッチの事だけを考えれば、生地にエラスタン(ライクラ)を使用する事が最適です。しかしエラスタンは水分を多量に吸い上げ含んでしまいます、そのため濡れた生地が肌に触れ、汗冷えやパフォーマンスの低下を招きがち。そこで採用したのがメカニカルストレッチされたポリ100%の特殊繊維からなる生地というわけです。非常にしなやかで、ライダーのストレスを軽減してくれます。この生地の採用は、ストレス軽減だけでなく、横方向の伸縮を最大限に快適性を与えながら、縦方向の伸縮を制限してポケットの内容物を安全に保持することで、ポケットのたるみを防ぐ効果も持ち併せます。また特徴的な人間工学に基づいたパターンニング(立体裁断)でフィット感、通気性、速乾性、軽量化を高めています。進化をやめない7meshの「イマ」を知るなら、最先端のこのモデルのほかないでしょう。

CIRCOLO(チルコロ) ダブルフェイスコットン ストレッチメランジ ジャージパーカー

TOKYOlife

31,320

CIRCOLO(チルコロ) ダブルフェイスコットン ストレッチメランジ ジャージパーカー

頬擦りしたくなるほど気持ちの良いメランジジャージーを採用した至極の一着。Jediaでも人気を博しているCIRCOLO(チルコロ)から着心地最強?!な贅沢過ぎるジャージーパーカーをご紹介いたしましょう。CIRCOLO(チルコロ)といえば伸縮性に富んだストレッチ素材を採用した「ジャージーシリーズ」が人気ですが、こちらのパーカーもご期待通りビヨンビヨンで御座います。まず素材には微起毛フランネルコットンを採用しており、頬擦りしたくなってしまうほど滑らかで優しいタッチが魅力的。また、素材の厚みもそこまで分厚い訳ではなく、中肉で軽やかな生地感なのでコートやブルゾンのインナーに使用して頂いてももたつくことはありません。そしてサイズ感はややタイトフィットな作りで、全体的にコンパクトなバランスとなっています。長すぎない着丈とタイトなフィット感から、少し厚みのあるカットソーを着ているような感覚と言った感じでしょうか。フロントジップはダブルファスナーとなっていて、前を閉めた時のウェスト周りの調整に融通が効くのも嬉しいポイント。休日にサラッと羽織っても品を損なわない大人の為の一着として、この優しすぎるジャージーパーカーは非常にオススメなのです。

STEM DESIGN(ステムデザイン) ボーダーサイクルジャージ

TOKYOlife

18,144

STEM DESIGN(ステムデザイン) ボーダーサイクルジャージ

毎シーズン飛ぶように売れてるSTEM DESIGN(ステムデザイン)の機能系トップスシリーズに、新作サイクルジャージが仲間入り。ジャージと名が付いていますが、決してピチピチとしたシルエットのものではありません。街乗りからロングライドまで対応した、ポロシャツ感覚で楽しめる気持ちゆったりとしたリラックス系ジャージ。ボーダー柄も相俟ってカジュアルパンツとも相性バツグンです。サイドパネルを切り替えたデザインは、フィット感の向上のみならず、体のラインも綺麗に見せてくれる効果があります。また、無地のものを選ぶことによりコントラストが生まれ、ボーダー特有の膨張感も軽減。この一着があれば気兼ねなくボーダーを楽しむことが出来ます。生地は、機能性Coolmax ACTIVEをチョイスしました。アクティブファブリックは、毛管作用を発揮し、肌から水分を吸い上げて逃がします。汗をかいた時に不快に感じる、肌と服がベタベタくっつくあの嫌な感触が皆無。今年の夏は、このサイクルジャージを着て、サラサラ快適にライドを楽しみましょう。もちろん、背中にはバックポケットが3つ付いています。裾裏にはブランドネームが記されたグリップゴムを入れるなど、サイクルジャージとしての細かな作りこみは本格的。しっかり乗りたいけど、本気な格好はしたくない。そんな方にオススメです。

CIRCOLO(チルコロ) ヘリンボーンSPプリントジャージ シングルジレ

TOKYOlife

31,320

CIRCOLO(チルコロ) ヘリンボーンSPプリントジャージ シングルジレ

もはやオールシーズン欠かせない存在となっています。今回ご紹介するのは名作として愛されるCIRCOLO(チルコロ)のシングルジレ。同ブランドの定番として愛されるシアイテムを、シーズナルプリントでアレンジした一着です。ボディにはトロっと柔らかな質感で人気を博す定番のジャージ生地を採用。そこに今回はヘリンボーン調のSPプリントを施したシーズナルデザインとなっています。カジュアルにも使える同ブランドのジレは、シャツやカットソーの上から重ねても暑くなってしまうこともなく、コーディネートのアクセントとして長い期間で重宝していただけるはず。さらに同ブランドが誇る技術力によって生み出される、圧倒的にリアルなヘリンボーンプリントの柄にも注目。リネンを織り交ぜたようなスラブ調に走る横糸の表現をリアルに再現しており、春夏特有の清涼感をデザインとして再現。正直、言われなければ分からないほどの見え方。ジャージ素材で楽してるのに、非常にドレスっぽく見えるこのSPプリント製法はレベルが高すぎます。同素材のジャケットやパンツと組み合わせることで、さらに活躍の場が広がる名作ジレ。春夏のシンプルになりがちなカジュアルコーデに、是非取り入れてみてはいかがでしょうか。

CIRCOLO(チルコロ) 先染めジャージ カシミアタッチジャケット

TOKYOlife

52,920

CIRCOLO(チルコロ) 先染めジャージ カシミアタッチジャケット

業界屈指のジャージー素材にニューモデル登場。CIRCOLO(チルコロ)フリークでなくても思わず手が伸びる完成度の高い究極のベーシックジャケットです。そのシンプルな見た目と洗練されたシルエットは正真正銘CIRCOLO(チルコロ)定番の2Bシングルジャケット。グイーっと伸びるストレッチ具合を加味して仕立てたジャケットは、通常のテーラードよりややタイトなスリムフィット。身体に寄り添いながらビシッと綺麗なラインを魅せるフィッティングパターンは、常にトップセラーであり続けることを証明するかのように、毎シーズン僕らを納得させてくれます。そんな定番のシングルジャケットをベースに、今シーズンは秋冬らしいカシミアタッチの特別なファブリックをピックアップしてのオーダーです。カシミアタッチのジャージー素材は昨年初めて登場し、早々に完売。もちろんリリース直後は業界内でも話題騒然となっており、お問い合わせも非常に多く頂いたのも記憶に新しいところ。さて、そんなカシミアタッチのオリジナル生地ですが、伸縮性抜群のジャージー素材でありながら名前通りカシミアのような、微起毛でふんわりとした優しい肌触りを感じて頂けるはずです。もちろん、普通のカシミア調であればそこまで話題にはならないのですが、これだけは別格なんです。CIRCOLO(チルコロ)が提案するオリジナルテキスタイルは、カシミアのようなリアルなふんわり具合が並外れています。それだけ良く出来た素材ですから、少し触れただけではきっとジャージー素材だとは気づかないでしょう。見た目も微起毛な質感が優しい表情を演出しており、秋冬らしい温かみのあるジャケットに仕上がっています。CIRCOLO(チルコロ)がこの秋冬に提案する最初の一着は、ブランド定番のロングセラーモデルである2Bシングルジャケットの型に...

MYN(マイン) レディースサイクルジャージ MIRA

TOKYOlife

14,893

MYN(マイン) レディースサイクルジャージ MIRA

PISSEI(ピセイ)の女性専用ウェアブランドとして2013年にスタートしたイタリアンブランドMYN(マイン)。今ではメンズラインも誕生する程の高い人気を誇ります。デザイン性の高いファッショナブルなウェアを展開し、自転車は勿論、ジムやランニングなどのスポーツシーンだけでなく、スポーツ後のランチにも着て行けるような、シーンを選ばないアイテムが魅力なブランドです。そんなMYNより、柔らかで通気性に優れる4Wayストレッチ素材を使用した、フルジップタイプのサイクルジャージ【MIRA】が登場しました。定番の高めの襟に、袖口は別布でパイピングを施すなど、細かいディティールに拘った女性らしい繊細な仕上がりとなり、さらに裾には、伸縮性に優れた素材を張り巡らされ、女性の柔らかな身体に優しくフィットしてくれます。バックポケットは収納力の高い比較的大きなモノを2つ装備。見頃よりも丈夫な生地を当てるといった工夫が施され、懸念されがちなへたりの問題も解消されています。デザインは、定番的に採用されているジラフ(キリン)柄を左サイドに配した、斬新ながらもシンプルなもので、自転車の枠を飛び越えて様々なアクティビティでも活躍してくれそう。日常的にも是非取り入れて頂きたいオススメのアイテムです。サイクルジャージ以外にも同デザインの、サイクルショーツ【PURTO】とアームカバー【GIRA】の展開もありますので、揃える事でより統一感あるコーディネートもお楽しみいただけます。

CIRCOLO(チルコロ) ヘリンボーンSPプリントジャージ ストレッチパンツ

TOKYOlife

33,480

CIRCOLO(チルコロ) ヘリンボーンSPプリントジャージ ストレッチパンツ

リネンを混ぜたような絶妙な表現さえ形にします。究極の快適性と上品なスタイリングで人気を博すCIRCOLO(チルコロ)から、シーズナルパンツが登場。今回ご紹介するのはホッソリ美脚のジャージパンツの金字塔ともいえる、CIRCOLOのラグジュアリーパンツ。ノープリーツのスリムシルエットと抜群のストレッチ性能が高い次元で交差する一本は、これまでのカジュアルスタイルをガラリと変える一本となっています。ボディに採用されたSPプリントのジャージ生地は滑らかで優しいタッチが好印象。脚を通した時の非常に柔らかい快適な履き心地は、一日中着用しても不快感を一切与えません。さらに同ブランドが誇る技術力によって生み出される、圧倒的にリアルなヘリンボーンプリントの柄にも注目。リネンを織り交ぜたようなスラブ調に走る横糸の表現をリアルに再現しており、春夏特有の清涼感をデザインとして再現。正直、言われなければ分からないほどの見え方。ジャージ素材で楽してるのに、非常にドレスっぽく見えるこのSPプリント製法はレベルが高すぎます。フィット感は従来の人気モデルであった、ノープリーツのホッソリとした美脚シルエットをセレクト。脚をスラっと長く魅せる秀逸なパターンも特徴で、身体に負担をかけないストレッチ抜群の快適な履き心地は、CIRCOLO(チルコロ)のジャージパンツの最大のストロングポイントと言えるでしょう。同ブランドを代表するジャージパンツは、単品使いからセットアップスタイルまで幅広くお楽しみください。

STEM DESIGN(ステムデザイン) バイカラーサイクルジャージ

TOKYOlife

18,144

STEM DESIGN(ステムデザイン) バイカラーサイクルジャージ

配色が巧みなツートンカラーののサイクルジャージです。淡くあでやかな色合いは、まるでヨーロッパのアンティークかのよう。シンプルデザインで、何年経ってもその魅力が色あせる事はありません。トラディショナルなファッション愛好家にはもちろんの事、主張を抑えたシンプルなデザインのサイクルジャージを着てみたいだなんて方にもおすすめですね。デザインばかりを取り上げましたが、機能の方はどうかと言うと、もちろんそのあたりも抜かりはなし。パターンディテールは脇を切り替え+バックの3連ポケット、裾裏には伸縮性を高めたシリコン系プリントゴムを使用した本格的な作り込み。生地は、機能性Coolmax ACTIVEをチョイス。アクティブファブリックは、毛管作用を発揮し、肌から水分を吸い上げて逃がします。汗をかいた時に不快に感じる、肌と服がベタベタくっつくあの嫌な感触が皆無。暑い夏場でも、サラサラ快適にライドが楽しめます。また、2016年モデルよりも着丈が少し短くなり、体のラインを綺麗に見せてくれる効果がさらに向上。ファスナーが目立たなくもなったので、見た目がよりスマートな印象に仕上がりました。レースにはもちろんの事、休日のゆるいポタリングにでも。一番初めに手に取るサイクルジャージとして、初心者の方にもオススメです。

Pearson(ピアソン) サイクルジャージ【Change Up】

TOKYOlife

18,144

Pearson(ピアソン) サイクルジャージ【Change Up】

Pearson(ピアソン)は1860年にロンドンで創業した超老舗サイクルショップ。今やカフェやアパレルなど多角的に展開する、ロンドン中のサイクリストが集まる一大情報発信地になっています。その5代目であるウィリアム氏が中心となって展開されるアパレルブランドの名もまた「Pearson」です。ブリティッシュトラッドをベースとした美しいデザインと高い製品クオリティは、単なるショップオリジナルブランドの枠を大きく飛び越えています。サイクルジャージ【Change Up】は、ツヤ感のある生地とグレーが絶妙なマッチングを見せるモデル。この色でなければこのデザインは成立しない!とすら思わせるほどにマッチしています。またロゴやネックラインに入るグリーンがこのグレーをうまく引き立て、色の組み合わせは地味であるはずなのに、派手なデザインのサイクルジャージと並べても、全く見劣りをしません。背面にはクラブマンレーサーを彷彿とさせるレーシングストライプが入りますが、何故かクラシカルな雰囲気はなく、最新のカーボンフレームであっても違和感を感じさせない、まさにバイクを一切選ばないデザインとなっています。シルエットは意外と?タイトなレーシングフィット。実際にレースで戦える程のスペックを持ち、生地に至っては「耐久性の高い張りのあるもの」と二種の「透けにくいメッシュ」を、適材適所に組み合わせています。テーラードジャケットやデニムとのコーディネートもピタリとハマるのもこのモデルの特徴のひとつ。また同色のビブショーツも用意されており、組み合わせればきっとすれ違うローディーは皆振り返る決戦ジャージとなることでしょう。

ASSOS(アソス) ベースレイヤー【ASSOS SS.SKINFOIL_SUMMER_EVO7_new】

TOKYOlife

11,880

ASSOS(アソス) ベースレイヤー【ASSOS SS.SKINFOIL_SUMMER_EVO7_new】

真夏に成果を発揮する、オープンメッシュ構造のベースレイヤーです。真夏は多くの人がインナーを着ず、地肌に直接サイクルジャージを着ています。しかしそのレイヤリングには落とし穴があるのです。サイクルジャージが吸った汗が逃げ場を失い、ジャージの生地の中で飽和状態になってしまいます。それにより、ジャージの乾きは遅くなり、肌と触れている部分は常にビチョビチョの状態。これでダウンヒルなどをこなそうものなら、体幹まで冷え切ってしまいます。ASSOS(アソス)は夏でもインナーの着用を推奨しています。それは、このインナーに絶対的な自信を持っているから。ASSOSのSkinfoil(スキンフォイル)シリーズは、素早く汗を吸い上げ、外側に逃がそうとする機能を備えた生地を使用しているので、汗をかいても肌との接地部分の不快指数が断トツで低いのです。特に真夏にその成果を発揮するSkinfoilは、大量の汗を素早く吸い上げ、ジャージに逃がそうとします。そうすることで、インナーはドライを保とうとし、ジャージに逃げた汗は走行風によりどんどん蒸発していく仕組み。インナー有りと無しで夏ライドの快適性が大きく変わります。汗を発散しやすい場所へ移動させる「トランスポートメッシュ構造」により、従来のモデルよりさらに通気性がアップしフィット感も格段に向上しています。襟もとは浅めのVネックに変更されました。成型されたパネルを使用せず、縫い目の無いチューブ状構造を採用。自由度とさらなる快適性を追求しています。スキンフォイルに使用される糸は、驚異的に軽く、水分を保持しようとしないため、水分を素早く効果的に吸収、移動、蒸発させます。同様に、その抗臭繊維は皮膚科学的に試験が行われ、立証されています。 非常に伸縮性が高くボディにしっかりと密着します。こちらはユニセックスモデルです。適応気温...

ASSOS(アソス) ベースレイヤー【ASSOS NS.SKINFOIL_SUMMER_EVO7】

TOKYOlife

10,800

ASSOS(アソス) ベースレイヤー【ASSOS NS.SKINFOIL_SUMMER_EVO7】

真夏に成果を発揮する、オープンメッシュ構造のベースレイヤーです。真夏は多くの人がインナーを着ず、地肌に直接サイクルジャージを着ています。しかしそのレイヤリングには落とし穴があるのです。サイクルジャージが吸った汗が逃げ場を失い、ジャージの生地の中で飽和状態になってしまいます。それにより、ジャージの乾きは遅くなり、肌と触れている部分は常にビチョビチョの状態。これでダウンヒルなどをこなそうものなら、体幹まで冷え切ってしまいます。ASSOS(アソス)は夏でもインナーの着用を推奨しています。それは、このインナーに絶対的な自信を持っているから。ASSOSのSkinfoil(スキンフォイル)シリーズは、素早く汗を吸い上げ、外側に逃がそうとする機能を備えた生地を使用しているので、汗をかいても肌との接地部分の不快指数が断トツで低いのです。特に真夏にその成果を発揮するSkinfoilは、大量の汗を素早く吸い上げ、ジャージに逃がそうとします。そうすることで、インナーはドライを保とうとし、ジャージに逃げた汗は走行風によりどんどん蒸発していく仕組み。インナー有りと無しで夏ライドの快適性が大きく変わります。汗を発散しやすい場所へ移動させる「トランスポートメッシュ構造」により、従来のモデルよりさらに通気性がアップしフィット感も格段に向上しています。襟もとは浅めのVネックに変更されました。成型されたパネルを使用せず、縫い目の無いチューブ状構造を採用。自由度とさらなる快適性を追求しています。スキンフォイルに使用される糸は、驚異的に軽く、水分を保持しようとしないため、水分を素早く効果的に吸収、移動、蒸発させます。同様に、その抗臭繊維は皮膚科学的に試験が行われ、立証されています。 非常に伸縮性が高くボディにしっかりと密着します。こちらはユニセックスモデルです。適応気温...

CIRCOLO(チルコロ) ライトウェイトSPプリントジャージ バラクーダG9ブルゾン

TOKYOlife

42,120

CIRCOLO(チルコロ) ライトウェイトSPプリントジャージ バラクーダG9ブルゾン

スペシャルプリントを施したバラクーダブルゾン。今回ご紹介するのは、ミリタリー要素を取り入れた軽快なサマーシーズン向けのG9ブルゾン。ミリタリーでは定番になっているG9型ブルゾンをCIRCOLO(チルコロ)流にアレンジし、ジャージ×SPプリントを施すことで洗練された佇まいを表現。ボディの生地に採用されたSPプリントのジャージ生地は非常に伸縮性が強く、ストレスフリーの着心地を実現。そして、薄手の生地感は軽量であり通気性も良いので、春夏に向けて気軽に羽織れる一枚として重宝して頂けるはず。そしてCIRCOLO(チルコロ)を語る上で外せないのが、ジャージー特有の抜群に気持ち良いフィッティングです。非常に良く伸びるストレッチ性を活かした着心地は、ホッソリとした綺麗なシルエットを実現しながらも全くストレスを感じさせません。それどころか、むしろ大人の余裕を感じさせる快適なフィット感についつい毎日手が伸びてしまうほど。タフな表情に加えて、非常に美しいフィッティングと優しい着心地を提案するCIRCOLO(チルコロ)のG9ブルゾン。気軽に羽織れる大人の為の一着として、ぜひワードローブに加えてみてはいかがでしょう。

PISSEI(ピセイ) ショートスリーブジャージ【PISSEI テンポ】

TOKYOlife

14,904

PISSEI(ピセイ) ショートスリーブジャージ【PISSEI テンポ】

優れたデザインと機能性で登場以来数々のサイクリストを魅了してきた、イタリアを代表するサイクルジャージブランドPISSEI(ピセイ)から待望の2018S/Sモデルの登場です。このTEMPO(テンポ)は、初夏から秋口までのライドで活躍するレギュラーフィットの半袖ジャージです。初めてサイクルジャージデビューするという方にもオススメなモデルです。メイン素材は、柔らかな肌触りで適度なフィット感を持つ全面ストレッチ生地を採用。全体的に少しゆとりのあるカッティングながら、走行時のバタ付きを抑え、快適な走りを楽しめます。袖口はライディング姿勢に最適な少し長めのグリッパーテープ仕様。トレンドを意識したデザインでもあるので今の気分に合ったオシャレなライドを楽しんでいただけます。背中と脇、袖下にメッシュ素材でありながら吸汗速乾性の高いクローズドメッシュ生地を採用し、たっぷり汗をかいても常に快適な状態をキープしてくれます。バックポケットには、汗の影響を防ぐ防水生地を採用したリフレクトファスナー付きサブポケットも装備。イタリアデザインながら我々日本人にもフィットするサイズ感も人気の秘訣。ぜひこのアイテムでPISSEIのクオリティを体感してみてください。商品仕様:セットインスリーブ、ローカラー、袖口グリッパーテープ仕様、3分割バックポケット、リフレクトファスナー付きサブポケット、裾グリッパー(全周)

ASSOS(アソス) ベースレイヤー【ASSOS LS.skinfoil_Summer_evo7】

TOKYOlife

12,960

ASSOS(アソス) ベースレイヤー【ASSOS LS.skinfoil_Summer_evo7】

真夏に成果を発揮するサマーロングスリーブモデルです。これまで、日本の夏の強い紫外線に悩まされ続けてきた人にはまさに朗報。アームカバーを用いらずとも、これ一着だけジャージの下に着ておけば、肌の日焼けを防ぐことができます。真夏は多くの人がインナーを着ず、地肌に直接サイクルジャージを着ていますが、そのレイヤリングには実は大きな落とし穴が。もし、インナーを使用しなかった場合だと、サイクルジャージが吸った汗は逃げ場を失い、ジャージの生地の中で飽和状態になってしまいます。よって、ジャージの乾きは遅くなり、肌と触れている部分は常にビチョビチョの状態。これでダウンヒルなどをこなそうものなら、真夏であっても体が冷え切ってしまうわけです。ASSOS(アソス)が夏でもインナーの着用を推奨しているのはこの為です。裏を返せば、ASSOSのインナーさえ使用すれば、上にあげた問題点をを即座に解決することができるという、絶対的な自信の表れでもあります。ASSOSのインナーは正確にはSkinfoil(スキンフォイル)と呼ばれています。このSkinfoilは、素早く汗を吸い上げ、外側に逃がそうとする機能を備えた生地を使用しているので、汗をかいても肌との接地部分の不快指数が断トツで低いのです。特に真夏にその成果を発揮するSkinfoilは、大量の汗を素早く吸い上げ、ジャージに逃がそうとします。そうすることで、インナーはドライを保とうとし、ジャージに逃げた汗は走行風によりどんどん蒸発していく仕組み。インナー有りと無しで夏ライドの快適性が大きく変わります。また、汗を発散しやすい場所へ移動させる「トランスポートメッシュ構造」により、従来のモデルよりさらに通気性がアップ。フィット感も格段に向上しています。また、非常に伸縮性が高いので、ボディにしっかりと密着します...

CIRCOLO(チルコロ) インディゴピケジャージ シングルジレ

TOKYOlife

31,320

CIRCOLO(チルコロ) インディゴピケジャージ シングルジレ

CIRCOLO(チルコロ)フリークの皆様、お待たせいたしました!春夏に向けて、通気性もしっかり確保したジャージピケ生地を採用したインディゴジレのご紹介です!今まさに注目の的?!ともいえる紳士のスタイリングに欠かせないジレ。今シーズンも他ブランド含めて大変ご好評いただいておりますが、やはり大人のカジュアルに欠かせないブランドといえばCIRCOLO(チルコロ)で御座います。さて、今回のシングルジレですが、同ブランドの代名詞ともいえるジャージピケをアレンジした定番の一着。前身頃のデザインにも少しばかり手を加えておりまして、コインポケットのアクセントなど、他では見られなかった細かいギミックがプラスされています。また、ボディに採用されたジャージピケの生地には、適度な色落ちとアタリを表現し、白くアタリのでた横糸がこなれた風合いを表現。全体に一度洗いをかけ、随所のアタリを出すことで、ジャージとは思えない深い味わいを感じて頂けるかと。そして、後ろ身頃はワントーン明るいシャンブレー調の生地でオーダーしています。鹿の子ジレなどは後ろ身頃も共地でしたが、CIRCOLO(チルコロ)の顔ともいえるジャージピケのジレにはスペシャルなコンビネーションをプラス。カジュアルな中に、どこか高級な印象を与える技ありのテクニックで、シンプルに一枚でも活躍できるようになっています。また、スリムなフィット感は相変わらず心地良く、ウェストはバックルベルトで調整が出来るので、お好みで微調整が可能。テキスタイルカンパニーが母体なだけあって、CIRCOLO(チルコロ)の生地セレクトや加工などには毎回感心してしまいますね。気軽に着られるのに上品なスタイリングを演出できるシングルジレは、同素材のジャケット、パンツと共に3ピースで上品なジャージスーツを決めて頂きたいところです...

ASSOS(アソス) ロングスリーブジャージ【ASSOS IJ.HABU.5】

TOKYOlife

43,200

ASSOS(アソス) ロングスリーブジャージ【ASSOS IJ.HABU.5】

春秋用の長袖ジャージに限界を感じ始めた方や、「一番寒い1月~2月は乗らないから、そこまでしっかりしたジャケットは不要」なんて方にオススメなのがこちらのジャケット。いわゆる「ウィンタージャケット」と言われる部類のもので、生地感は「IJ.TIBURU」や「Intermadiate」に比べてやや厚めながら、ゴワツキもなく、冬用とは思えないほど軽くて薄いジャケットです。前面には防風素材を使用し、寒い時期の冷たい風から体幹をしっかり守ってくれます。前面裏側にはフリース素材が張られていませんが、背中側は薄手のフリース生地一枚で仕立てられているため、ウェア内にこもった蒸れをすぐに背中側から逃がしてくれる役割を持ちます。そのため、非常に高強度なライディングならば、真冬でも過ごせてしまうレベルのジャケットですので、温暖な地域にお住まいの方や、冬でもノンストップで走り続けるような方にオススメのジャケットです。右袖上腕部分には、メッシュ状のポケットが配され、スマホやすぐに取り出したいアイテムを入れておくのに最適。また、左袖の肩・脇部分には、サングラスの柄がちょうど収まるループが付いているので、外したサングラスを差しておくのに便利なギミックです。非常にシンプルなデザインなので、難しいコーディネートを考えず気軽に羽織ってライドに出られるのもうれしいポイントです。

CIRCOLO(チルコロ) 先染めジャージカシミアタッチ 2プリーツパンツ

TOKYOlife

31,320

CIRCOLO(チルコロ) 先染めジャージカシミアタッチ 2プリーツパンツ

業界屈指のジャージー素材にニューモデル登場。CIRCOLO(チルコロ)フリークでなくても思わず手が伸びる完成度の高い究極のジャージーパンツがコチラ。今作はトレンドの2プリーツデザインとして、今までのホッソリスリムをベースにした全く新しいジャージーパンツとなりました。生地にはグイーっと伸びるストレッチが嬉しいカシミアタッチのジャージを採用。身体に寄り添いながらビシッと綺麗なラインを魅せるフィッティングパターンは、常にトップセラーであり続けることを証明するかのように、毎シーズン僕らを納得させてくれます。そして今シーズンは秋冬らしいカシミアタッチの特別なファブリックをピックアップしてのオーダーです。カシミアタッチのジャージー素材は昨年初めて登場し、非常に人気を博したモデル。さて、そんなカシミアタッチのオリジナル生地ですが、伸縮性抜群のジャージー素材でありながら名前通りカシミアのような、微起毛でふんわりとした優しい肌触りを感じて頂けるはずです。もちろん本カシミアとは似て非なるモノですので、ご自身でケアしていただくのに大変な気苦労をされる必要も御座いません。やはりこのカシミアファブリックにおいて、一番推したいポイントはカシミアのようなリアルなふんわり具合です。本カシミアにも勝るとも劣らない絶妙な肌触りと滑らかな脚通り。それだけ良く出来た素材ですから、少し触れただけではきっとジャージー素材だとは気づかないでしょう。見た目も微起毛な質感が優しい表情を演出しており、秋冬らしい温かみのあるドレスジャージーパンツに仕上がっています。そして肝心のフィット感。トレンドの2プリーツデザインを落とし込んだ定番ジャージーパンツは気持~ち程度に少しだけ腰回りにゆとりを感じます。スリムなフィット感は変わらずに美しいテーパードラインとなっており...

SOLIDO(ソリード) テクノカシミア ドレスジャージスラックス【ERIDANO/エリダノ】

TOKYOlife

35,640

SOLIDO(ソリード) テクノカシミア ドレスジャージスラックス【ERIDANO/エリダノ】

今までの常識を覆す上質すぎるジャージスラックス誕生。超度詰めシリーズやコットンマナードシリーズといったオリジナルテキスタイルで独自路線を突き進むSOLIDO(ソリード)。今シーズン新たに登場したオリジナル素材は、ジャージでありながら驚異のカシミア風タッチを実現させたラグジュアリーな一本です。まず注目はシルエット&フィッティング。ベースとなるモデルは定番の超度詰めジャージスラックスとなっており、脚のラインを長く細く綺麗に見せてくれる秀逸なシルエットとなっています。また、スリム&タイトなホッソリフィッティングも健在で、抜群の伸縮性も持ち合わせた素材は、タイトなフィッティングを感じさせない優しい穿き心地となっています。そしてシーズナルモデルとして大いに期待したいのが「テクノカシミア」素材です。コットンベースの生地に特殊加工を施すことで、微起毛したようなふんわりと優しいタッチを実現したのがSOLIDOオリジナルのテクノカシミア生地。カシミアのような上品な見た目に加えて、コットンならではのイージーケアも嬉しい一本は大人のライフスタイルに寄り添うベストパートナーとなってくれるでしょう。SOLIDO(ソリード)から新たに提案された上質を極めたコットンジャージーは、ファンのみならず体験して欲しい出来栄えとなっています。SOLIDOの世界観を味わって頂ける至極の一本、是非お試しください。

PISSEI(ピセイ) ショートスリーブレインジャージ【PISSEI IZOARD JACKET】

全2商品

27,000

PISSEI(ピセイ) ショートスリーブレインジャージ【PISSEI IZOARD JACKET】

秋冬のサイクルジャージに求められる機能といえば、「保温」「防風」「防水」などが代表的。その全ての機能が備わると、超高機能な素材故にお値段も跳ね上がってしまうのが痛いところ。多くの場合、「保温」か「防風」のどちらかの機能を備えており、足りない機能は他のアイテムと組み合わせることで快適なライドが実現します。しかしながら、この【IZOARD】はその3つの機能すべてを兼ね備えたアイテム。まず、メインとなる生地には eVent と呼ばれる素材を使用。このeVentは、かの有名なGORE-TEXを超えるとも言われる素材で、非常に高い次元で【防水】【防風】【透湿】を兼ね備えた素材。生地全体が肉厚で裏起毛の素材を採用していることもあり、特に寒さの厳しい環境でのハイテンポトレーニングに向いたアイテムです。半袖ですので、アームウォーマーなどで気温に応じて調整ができるのも嬉しいポイントです。後の裾はリアホイールからの水の巻き上げからお尻を守るためにわざと長めに取られています。雨の日に走っていると、いつの間にかビブ内部に砂利が入り込んでる、なんてこともこれなら防げますね。また、ハイテンポに走って熱が籠っても、脇腹にはベンチレーションが備えられているので効率的に熱を排出、ひんやりとした空気を取り込むことが出来ます。まさに、走・攻・守が揃った最強のサイクルジャージです。

ASSOS(アソス) レディースサイクルジャージ【ASSOS Laalalai Evo8】

TOKYOlife

25,920

ASSOS(アソス) レディースサイクルジャージ【ASSOS Laalalai Evo8】

女性ライダーの厳しい要求に応えるべく開発された、レディースジャージの最高峰【ASSOS Laalalai Evo8】です。 ASSOSオリジナルのファブリック『type.002』を使用することで、強い日差しの中でも"より快適に"、高速走行でもエアロダイナミクスで"より省エネに"を実現したASSOSレディースジャージの新基準です。超軽量でいながら丈夫。高い伸縮性と柔軟性を持つ『type.002』がフロントパネルと袖(色の付いた部分)に使われています。この素材、非常に薄いもので、着用して直ぐに感じ取れるのは、その肌触りの柔らかさと、ひんやり感。夏のライドにも確かな涼しさを提供してくれる事が、走る前から分かります。また、そのひんやり柔らかい袖口が、切りっぱなしとなっていますので、縫い目は最小限に抑えられ、生地の重なりはありません。合わせて、襟元から前身頃は縫い目のない1枚仕立になっていたり、腕の動きの自由度が高いラグランスリーブの採用と、動きやすさとフィット感に対する拘りは正に最高峰。男性用のフラッグシップモデルも同様の生地を使用していますが、当然【ASSOS Laalalai Evo8】は、女性の体型に最適化した特有のカットパターンを採用する女性専用品。ASSOSが「第二の肌」と言ってのけるノンストレスなフィット感が得られます。そして、背中には、また違った生地『type.220』が使かわれています。給水速乾性に優れたこのメッシュ生地は、とめどなく流れる汗を吸い上げ蒸発させます。この時、奪われる気化熱によって、体はクールダウンされオーバーヒートを防ぎます。同時にUPF30のUVプロテクションも備えていますので、日焼け防止、体力温存にもつながる優れた生地なのです。さらにこの『type.220』が凄いところは、『モノストレッチ構造...

WARSAW Cycling(ワルシャワサイクリング) ロングスリーブジャージ【WARSAW Retrofutur Long Sleeve】

TOKYOlife

19,440

WARSAW Cycling(ワルシャワサイクリング) ロングスリーブジャージ【WARSAW Retrofutur Long Sleeve】

日本初上陸のフレンチブランドWARSAW CYCLING(ワルシャワ サイクリング)。日本ではTOKYO Wheelsでしかご覧になれない大注目ブランドです!フランスらしい洗練されたデザインとヨーロッパの生地にこだわり、生産もイタリアで行うこだわったモノづくりはさすがの一言です。この【Retrofutur Long Sleeve】は「過去から見た未来観」をテーマに、前衛的なアート作品を感じさせるデザインとなっています。濃淡のコントラストがとてもきれいに表現されており、また、直線と曲線の融和がまさに美術品のよう。プリントだけでなく、各部の縫製も非常に綺麗な仕上がりはさすがヨーロピアンメイド。裾部分にはずり上がりを防ぐシリコンのテープが薄く貼られ、走行中に段々とジャージが上がってきてしまうのを防いでくれます。薄手でわずかに起毛している伸縮素材を採用したこのロングスリーブジャージは春や秋の朝晩に大活躍。ちょっと冷えるような陽気では最適です。生地の裏側の肌触りも非常に良く、大袈裟かもしれませんがシルクのような肌触りです。ファスナーは安心のYKK製。すべりが良く、ムシも細かいので上品な見栄え。ファスナー裏側にはファスナーガード装備。3バックポケットの真ん中下部には、視認性を高めてくれるリフレクターも備わっています。シンプルなつくりですが、プリント・縫製などにきめ細やかさがみられ、ブランドのモノづくりに対する姿勢が伺えます。フレンチブランドならではの、隠しようがないお洒落感が休日のライドに華を添えてくれることでしょう。

Peloton de Paris(プロトン ド パリ) エピックジャージ【Kit for Epic】

TOKYOlife

15,120

Peloton de Paris(プロトン ド パリ) エピックジャージ【Kit for Epic】

ベルギーの自転車カフェ「Peloton de Paris(プロトン ド パリ)」より、オシャレで美しいサイクルウェアがTOKYO Wheelsに上陸。美しい配色のポップな幾何学デザインが特徴的なPeloton de Parisの中核をなすサイクルジャージです。バックポケットにもプリントするなど遊び心溢れたオシャレなデザインですね。フィッティングは、4方向ストレッチのよく伸びる素材で、どんな体型にも馴染むエアロフィットです。体のラインにぴったり沿う、気持ちの良いシルエットです。肩は腕を動かしやすいラグランスリーブで、空気抵抗を生まない滑らかな生地を採用。それ以外は通気性の良いメッシュ調の生地を使用しています。また、袖口は切りっぱなしタイプで、腕のラインに優しくフィットします。素材がしっかりしており、裁断もレーザーカットによる美しい仕上がりです。また、夏場に嬉しいUV加工も。自転車王国ベルギーで生まれた、美しいサイクルウェア「Peloton de Paris(プロトン ド パリ)」。シンプルなデザインが溢れるサイクルウェアのプロトン(集団)に、巧妙なデザイン戦略で集団破壊を引き起こすかもしれない、要注目ブランドです。

CIRCOLO(チルコロ) ヘリンボーンSPプリントジャージ シングル2Bジャケット

TOKYOlife

69,120

CIRCOLO(チルコロ) ヘリンボーンSPプリントジャージ シングル2Bジャケット

リアルすぎるSPプリントでドレスシックへと仕上げた一着。洗練されたジャージアイテムで確固たる地位を築いたCIRCOLO(チルコロ)。今回ご紹介するのは、清涼感を感じさせるヘリンボーン調のSPプリントで仕立てたテーラードジャケット。各ブランドからの提案も増えてきた【ジャージー】というカテゴリーではありますが「シルエット/フィット感/着心地」、どれをとってもCIRCOLO(チルコロ)の才能は頭一つ抜けているといった印象。ボディの生地に採用されたSPプリントのジャージ生地は滑らかで優しいタッチとなっており、袖を通した時の軽さが持ち味の一つ。伸縮性も抜群でスリムなフィッティングながらも窮屈な感覚は一切ありません。タイトなフィッティングが苦手な方でもこの一着なら快適に過ごして頂けるはずです。そしてCIRCOLO(チルコロ)を語る上で外せないのが、ジャージー特有の抜群に気持ち良いフィッティングです。非常に良く伸びるストレッチ性を活かした着心地は、ホッソリとした綺麗なシルエットを実現しながらも全くストレスを感じさせません。それどころか、むしろ大人の余裕を感じさせる快適なフィット感についつい毎日手が伸びてしまうほど。非常にレベルの高いテーラードジャケットでありながらも快適性を追求した最高の一着をぜひお試しください。

TATRAS(タトラス) スタンドカラー ジャージバイカージャケット【Varese/ヴァレーゼ】

TOKYOlife

42,120

TATRAS(タトラス) スタンドカラー ジャージバイカージャケット【Varese/ヴァレーゼ】

大人のラグスポスタイルには是非オススメしたいバイカージャケットです。今回ご紹介するのは大人の為のラグスポスタイルを提案するTATRASの名作ジャージジャケット。バイカースタイルにアレンジされたジャージジャケットは、襟や袖、前身頃など、随所に配置されたリブ使いで絶妙なデザインバランスを実現しています。モードな雰囲気も漂うクールなブラックカラーで統一された一着は、大人のスポーツスタイルに艶を与えてくれる存在です。シルエット&フィットは細身となっており、ジャストサイズで着用して頂くことをオススメさせて頂きます。素材には伸縮性の高いコットンを採用しており、中肉のしっかりとしたコシのある生地感なのでオールシーズンで活躍が期待できます。また、同デザインのジャージパンツとセットアップで着て頂くのも非常にオススメとなっています。今回ご紹介のバイカージャケットがデザインソースになっているだけあって、随所のリブ切り替えしによって存在感に厚みが増しているジャージジャケット。大人の休日は、どんなスタイルでも決まってしまうTATRASのジャージジャケットをどうぞ。

CIRCOLO(チルコロ) 鹿の子ジャージー シングルジレ

TOKYOlife

29,160

CIRCOLO(チルコロ) 鹿の子ジャージー シングルジレ

Jediaでも人気を博すCIRCOLO(チルコロ)から定番素材を採用したジレが登場!注目が集まる中での待望のジレ!今シーズンもCIRCOLO(チルコロ)から目が離せません!!今回ご紹介するのは定番鹿の子ジャージ素材を採用したシングルジレ。秋冬に大変ご好評いただいたCIRCOLO(チルコロ)のシングルジレですが、今シーズンもしっかりと2色展開でスタンバイしております。まず、ボディに採用された生地には、ストレッチが非常に効いた鹿の子ジャージ素材を採用。全体に一度洗いをかけ、随所のアタリを出すことで、ジャージとは思えない味わいのある風合いが特徴の一つ。そして、後ろ身頃も共地のジャージ素材で仕立てる事で、シンプルに一枚でも活躍できるようになっています。スリムなフィット感は相変わらず心地良く、ウェストはバックルベルトで調整が出来るので、お好みで微調整が可能。テキスタイルカンパニーが母体なだけあって、CIRCOLO(チルコロ)の生地セレクトや加工などには毎回感心してしまいますね。気軽に着られるのに上品なスタイリングを演出できるシングルジレは、同素材のジャケット、パンツと共に3ピースで上品なジャージスーツを決めて頂きたいところです。もちろんカットソーやシャツとのコンビで栄える単品使いや、ジャケットとの2ピースなども非常にオススメ。カジュアルなスタイリングをさらっと上品に、そして洒落たアクセントを加えてくれるCIRCOLO(チルコロ)のジャージジレは、この春夏のメインアイテムになること間違いありません!春夏の淡泊なコーディネートに華を添えてくれるジレを是非お試し下さいませ!!

ASSOS(アソス) インシュレータージレ【ASSOS tiburuGilet MILLE GT】

TOKYOlife

17,928

ASSOS(アソス) インシュレータージレ【ASSOS tiburuGilet MILLE GT】

2018春夏シーズンより展開される「MILLE GT」シリーズ。これまでASSOSを着たくてもプライスで折り合いがつかなかった方に朗報となる、エントリー~ミドルグレードのライン。高い質感はそのままで、お求め安い価格でASSOSのクオリティを体感できるようになったのです。春と秋、また朝晩の変化する気温に対応する為に保温力を持たせた、これまでのASSOSでは珍しいジレです。お持ちのロングスリーブジャージに足し引きすることで、ライド中に遭遇する細かな気候の変化にも、安定した快適な暖かさを保つことが出来ます。前面には『RXファブリック』と言う、水分管理と通気性を促進する構造を備えた起毛生地を採用(防風生地ではありませんが若干の防風力は持っています)。薄くシャカシャカとしたウィンドブレーカーとは違う柔らかなタッチは、優しく身体を包みこみ、伸縮する生地はメインジャージと隙間なく馴染みます。ここがウィンブレ生地にはない特徴です。背面には、夏ジャージにも使われる通気性、速乾性に富んだ『Type.157 Stripe』テキスタイルを採用することで、不要な熱気は放出され、UPF35の日焼け止め効果もプラスされます。フィッティングは、Mille GTシリーズに共通する『レギュラーフィット』ですので、直立しても胸の辺りが前に引っ張られる事の無い、ややゆとりのあるタイト感で、ビギナーからシリアスライダーのトレーニング用途まで、全ての層のユーザーに対応します。作りを無駄なくシンプルなものにする為に、バックポケットや収納時のポケットはついていませんが、メインのジャージのバッグポケットへのアクセス性を考慮して『ポケットスロット』が装備されています。フリース生地ですが、薄く軽い素材ですので、折りたためば掌に収まるほどコンパクトに...

CIRCOLO(チルコロ) 鹿の子ジャージー シングルジレ

TOKYOlife

29,160

CIRCOLO(チルコロ) 鹿の子ジャージー シングルジレ

ファッションアイテムとして欠かせないジレ、なかでも抜群の汎用性を誇るCIRCOLO(チルコロ)ジレはいかがでしょう。着心地抜群のCIRCOLO(チルコロ)定番の鹿の子ジャージーを使用したシングルジレが登場です。ボディに採用された生地には、ストレッチが非常に効いた鹿の子ジャージ素材を採用。全体に一度洗いをかけ、随所のアタリを出すことで、ジャージとは思えない味わいのある風合いが特徴の一つ。裏地には清涼感あるストライプ地を使用しています。テキスタイルカンパニーが母体とあって、CIRCOLO(チルコロ)の生地セレクトや加工は業界筋でも評価の高いポイントです。気軽に着られるのに上品なスタイリングを演出できるシングルジレは、同素材のジャケット、パンツと共に3ピースで上品なジャージスーツを決めて頂けます。もちろんカットソーやシャツとのコンビで栄える単品使いや、ジャケットとの2ピースなども非常にオススメ。カジュアルなスタイリングをさらっと上品に、そして洒落たアクセントを加えてくれるCIRCOLO(チルコロ)のジャージジレは、この春夏のメインアイテムになること間違いありません!春夏の淡泊なコーディネートに華を添えてくれるジレを是非お試し下さい。

TOKYO WHEELS(トウキョウウィールズ) バックポケット付き ライディングTシャツ【Covelo】

TOKYOlife

10,800

TOKYO WHEELS(トウキョウウィールズ) バックポケット付き ライディングTシャツ【Covelo】

サイクルジャージのようなTシャツ【Covelo(コヴェロ)】はいかがでしょうか?TOKYO WHEELSより新しい自転車スタイルのご提案。デザインは正面から見るとTシャツに見えますが、背中にはサイクルジャージに匹敵する3つのバッグポケットを搭載。後ろ着丈の裾にも、少し丸みを帯びたサイクルジャージに多い「ラウンドカット」を施しました。シルエットはコンフォートフィットで、Tシャツらしい適度なラフさを残しています。そして、ライディング姿勢を考慮し、Tシャツには珍しいラグランスリーブ式を採用。素材が持つストレッチ性だけでなく、腕を動かしやすいパーツ構成に仕上げました。ファブリック(生地)は、吸水速乾性が高く、肌触りも滑らかな東レの「プライムフレックス」を使用。繰り返しの使用に強いだけでなく、シワになりにくい特性も持っています。また、万が一、身体がオーバーヒートしそうになっても、背中側の大型ベンチレーショで優れた熱交換が可能となっています。サイクルジャージ並みの機能性を持ったライディングTシャツ【Covelo(コヴェロ)】。正面の生地にもあえて切替をすることで、大人カッコイイWHEELS(ウィールズ)流「Tジャージ」の完成です。

ASSOS(アソス) レディースロングスリーブジャージ【ASSOS habuJacketLaalalai】

TOKYOlife

41,040

ASSOS(アソス) レディースロングスリーブジャージ【ASSOS habuJacketLaalalai】

ASSOS(アソス)初となる女性向けの初冬用ジャケットです。作りは男性用『iJ.haBu』をもとにしていて、シルエットを女性向けに改良。生地も軽量化しています。風を受けるボディと袖の正面にはストラタゴンといわれる防風透湿素材を採用し、冷たい風から体幹部分をしっかり保護してくれます。前面の裏地はフリース素材は配されていないのでオーバーヒートを防いでくれます。一方背中部分と袖の裏側は薄手のフリース素材で暖かい空気をしっかりキャッチ。暑すぎず、寒すぎないアーリーウィンター向けの体温調節を考えた作りとなっています。袖口と襟元は縫い目をなくし、擦れによる不快感はありません。また袖口の独特の狭い形状は、防風性の向上とグローブを装着した際のダボ付きを軽減してくれます。バックポケット中央にはリフレクターで視認性の向上を図り、ポケットの入り口も大きさや高さを改良しよりアクセスしやすくなりました。シンプルなブラックカラーに、アーリーウィンター用である事を示すオレンジのアクセント。オシャレでかつ使いやすいカラーリングに仕上がりました。高強度でライディングされる女性の皆さんにぜひ一度試していただきたいジャケットです。適応気温:6℃~14℃

Pearson(ピアソン) サイクルジャージ【Third Time Lucky】

TOKYOlife

18,144

Pearson(ピアソン) サイクルジャージ【Third Time Lucky】

Pearson(ピアソン)は1860年にロンドンで創業した超老舗サイクルショップ。今やカフェやアパレルなど多角的に展開する、ロンドン中のサイクリストが集まる一大情報発信地になっています。その5代目であるウィリアム氏が中心となって展開されるアパレルブランドの名もまた「Pearson」です。ブリティッシュトラッドをベースとした美しいデザインと高い製品クオリティは、単なるショップオリジナルブランドの枠を大きく飛び越えています。サイクルジャージ【Third Time Lucky】は、ネイビー×レッド×ホワイトのトリコロール1カラーのみで展開するモデル。このカラーにはよほど自信があるのか?確かに、ありがちな三色を合わせているのにとても目を惹きます。一見クラシカルに振られたデザインで、シルエットもゆったり目かと思いきや、実はタイトなレーシングフィット。実際にレースで戦える程のスペックを持ち、生地に至っては「耐久性の高い張りのあるもの」と二種の「透けにくいメッシュ」を、適材適所に組み合わせています。「レーシングジャージはどれもこれも戦闘力高めなデザインで、いまいち・・・」という貴方にはきっと朗報となるモデルです。

Pearson(ピアソン) サイクルジャージ【Harder Better Faster Stronger】

TOKYOlife

18,144

Pearson(ピアソン) サイクルジャージ【Harder Better Faster Stronger】

Pearson(ピアソン)は1860年にロンドンで創業した超老舗サイクルショップ。今やカフェやアパレルなど多角的に展開する、ロンドン中のサイクリストが集まる一大情報発信地になっています。その5代目であるウィリアム氏が中心となって展開されるアパレルブランドの名もまた「Pearson」です。ブリティッシュトラッドをベースとした美しいデザインと高い製品クオリティは、単なるショップオリジナルブランドの枠を大きく飛び越えています。サイクルジャージ【Harder Better Faster Stronger】は、ハイビズ系イエローとクラシカルなロゴという、水と油とも言える両者を見事融合して見せた意欲的なデザインが特徴。カーボンやアルミのレースバイクはもちろんの事、クロモリフレームとだって違和感を感じさせず、そればかりか上級者に見せてしまうハイセンスなジャージです。デザイン優先で、シルエットはゆったり目かと思いきや、実はタイトなレーシングフィット。実際にレースで戦える程のスペックを持ち、生地に至っては「耐久性の高い張りのあるもの」と二種の「透けにくいメッシュ」を、適材適所に組み合わせています。またバックポケットにはユニオンジャックとPearsonの頭文字「P」を大きくあしらい、ハイビズカラー以上のアイキャッチになっています。昨今のバイクシーンの最新トレンドである「安全を着る」をうまく体現。他ではなかなかお目に掛かれない個性派と言えるでしょう。

Altea(アルテア) サマーツイードジャージ ダブルジャケット【LUDOVICO/Altea COPPER】

TOKYOlife

52,920

Altea(アルテア) サマーツイードジャージ ダブルジャケット【LUDOVICO/Altea COPPER】

新生Alteaが提案するモダニズムジャケット。満を持してJediaに登場したAlteaの新コレクション【Altea COPPER/アルテアコッパー】。COPPER(コッパー)コレクションはこれまで培ってきたサルトリアの技術を惜しみなく注ぎ込み、アンコン仕立ての軽やかな着心地とカジュアルでモダンなスタイリングを提案します。そして、彼ららしいユニークな素材とテイストで新たな境地を切り開く、今までにはない新コレクションです。今回ご紹介するのは美しいシルエットを構築したサマーツイードのダブルジャケット。素材には伸縮性の強いサマーツイードのジャージ生地を採用し、柔らかで軽やかな着心地を実現。通気性もしっかりと確保してあるので、サマーシーズンにも気兼ねなく羽織れる一着となっています。また、上品なスタイルを表現するボディにはホワイトの糸を織り交ぜることで軽快で爽やかな、夏らしい雰囲気を演出しています。ボタンの裏面は銅色(コッパー)を採用することでコレクション全体の統一感を演出しています。フィット感はスリムフィットとなっており、適度にフィットする心地良いフィッティングと美しいシルエットはCOPPER(コッパー)コレクションの特徴の一つです。革新的なサルトリア技術と軽快で優しいタッチの上質な素材が織りなす一着は、オンオフ問わずに活躍が期待できるでしょう。ドレスシックでエレガンスな風格を漂わせた大人の為のCOPPER(コッパー)は、Alteaの新たな時代を築く素晴らしいコレクションとなっています。

7mesh(セブンメッシュ) ロングスリーブジャージ【Synergy Jersey LS】

TOKYOlife

25,920

7mesh(セブンメッシュ) ロングスリーブジャージ【Synergy Jersey LS】

春夏で大人気だったロード向けジャージのロングスリーブVer.が、“WINDSTOPPER"ファブリックを身にまとって堂々デビュー。長袖になっても、ライディングポジションで最もフィットするパターンニングと人間工学に基づいた立体裁断を継承し、その着心地は言わずもがな。風を真っ向から受ける前身頃や袖の前面に、防風層と透湿層で構成された“WINDSTOPPER"を採用。後ろ見頃には、より効率的に余分なムレを逃し高い伸縮性を持ったファブリックを選びました。向かい風をシャットアウトしながら、背中はムレを排除してくれる・・・そういう構造になっている、ということですね。背面にはバックポケットを3つ装備。両サイドにはジップ付のポケットと計5つのスペースを確保。ボトルやグローブの他に、落としたくない鍵や小銭などを入れておくのに最適です。厚すぎず薄すぎない生地感は、厳冬期にはアウターの下に着るミッドレイヤーとしても大活躍してくれます。袖口とやバックポケットのジップ、フロントジップの引き手など、ワンポイントにだけオレンジをあしらったミニマルなデザインは、合せるウェアを選びません。秋から冬までの季節に着るモノを迷われていた方は、この“Synergy Jersey"一択で間違いないでしょう。◎対応シーズン秋~冬~早春。関東/関西の場合10月頃からが出番となります。◎対応温度気温17℃くらいから使い始め、気温10℃以下の場合はウインドジャケットと併用して活躍。一般的なジャージにくらべ防風性が高いため、真冬にも大いに活躍が期待できます。◎オススメシチュエーションヒルクライムロングライド練習ライドマウンテンバイク真冬のレース真冬のシクロクロス/グラベル

SOLIDO(ソリード) 3者混ウール ジャージスラックスパンツ

TOKYOlife

30,240

SOLIDO(ソリード) 3者混ウール ジャージスラックスパンツ

SOLIDOから秋冬に相応しいニュージャージーパンツ誕生!Jediaでもトップセールスを叩き出す超度詰めジャージパンツシリーズのアップデート版として、登場した新たな一本。今作は今までのスポーティな雰囲気を踏襲しつつ、上品なウール素材で仕立てたドレスライクなジャージーパンツとなっています。スタイリングはSOLIDOでも非常に人気のあるホッソリテーパードのシルエットとなっています。腰回りはドローコートを付ける事で融通の利くサイジングとなっており、ストレスを感じさせないヒップ周りから裾に向かって一気にググっとテーパードを効かせたスタイリング。特に膝下からのテーパードラインは秀逸で、非常に細く仕上げた裾幅によって綺麗な美脚ラインを演出してくれます。また、素材にはウール×ナイロン×コットンの3者混ストレッチ生地を採用しています。SOLIDOの十八番ともいえる伸縮性抜群のストレッチウールは、肌触りの良い上質なタッチが魅力的。一度脚を通すと病みつきになってしまう優しい穿き心地はぜひとも味わって頂きたいところ。SOLIDOの名作シリーズを踏襲した新たなシーズンモデルは、素材やシルエット全てに妥協を許さない素晴らしい仕上がりとなっています。楽してお洒落を楽しめる最高の一本として、SOLIDOファンの諸兄ならリピート購入確定ではないでしょうか?

PISSEI(ピセイ) ショートスリーブジャージ【PISSEI サンレモ スクエア】

TOKYOlife

18,576

PISSEI(ピセイ) ショートスリーブジャージ【PISSEI サンレモ スクエア】

ハートマークとポップなデザインがお洒落なサイクリストの心をつかみ、日本でも瞬く間に人気となったイタリアン・サイクルウェアブランド「PISSEI(ピセイ)」から2018 S/S 新作のサイクルジャージが入荷しました。“サンレモ"と名の付いたこのアイテムはまさにイタリアの海風を感じるような爽やかな逸品です。メイン素材は通気性、吸汗速乾性に優れたオープンメッシュ素材を採用。真夏の暑い時期でもしっかりと風を通してくれるのでムレや暑さは全くありません。背中にはクローズドメッシュ素材を採用しているので肌触りもよく汗の放出性もばっちりです。全面ストレッチ素材に加え、低めの襟と裾についたグリップテープがボディをしっかりととらえるので、エアロフィットと呼ばれる完璧なフィット感を実現しました。このフィット感はパフォーマンスを求める方に自信を持ってお勧めできます。またバックポケットには、汗の影響を防ぐ防水生地を採用したリフレクトファスナー付きサブポケットも装備しています。グラデーションになった美しいデザインが目を引くこのモデル。イタリアンなセンスはPISSEIならではのものですね。サイズ感も我々日本人にしっかりとあってくれるので安心してご使用ください。日差し厳しい盛夏に必ず活躍してくれるハイクオリティーなジャージをぜひ一度お試しください。

Isadore(イザドア) ロングスリーブシールドジャージ【Isadore Long Sleeve Shield Jersey】

TOKYOlife

20,520

Isadore(イザドア) ロングスリーブシールドジャージ【Isadore Long Sleeve Shield Jersey】

プロライダーMartin Velitsと彼のチームによって設立されたスロバキア発のサイクルアパレルブランドIsadore。サイクリングをライフスタイルとして重要視するライダーのため、最高級のサイクリングアパレルを制作提供しています。Isadoreのサイクルジャージは、主に最高品質のメリノウールが使用され、あらゆる状況下において最高のパフォーマンスを発揮してくれます。そんなラインナップの中でも、今回ご紹介する【Shield Jersey】は、少し異質な存在かもしれません。ポリエステル53%、メリノウール44%、ライクラ3%をベースとした素材をメインに使用。そして、最も露出する胸部は軽くて丈夫な防風性の素材で補強されています。秋にはトップレイヤーとして使用し、冬にはミドルレイヤーとして使用するのに非常に最適な速乾・防風性に優れたサイクルジャージです。デザインはシンプルですが、胸部の切り替えしであったり、肘に配されたパッチ。バックポケットの一部にも肘のパッチと同素材の生地が当てられ、どこか漂うクラシカルな雰囲気は唯一無二の存在です。ブランド独自の世界観を十分に堪能できる、オススメの一枚である事は間違いありません。知る人ぞ知るIsadoreは、新しいものを探されていた方、他の人と被るのが嫌という方には、正に打って付けのブランドです。

SOLIDO(ソリード) 3者混ウールジャージ ジャケット

TOKYOlife

59,400

SOLIDO(ソリード) 3者混ウールジャージ ジャケット

今までの常識を覆すドレス&スポーティな一着です。超度詰めシリーズやコットンマナードシリーズといったオリジナルテキスタイルで独自路線を突き進むSOLIDO(ソリード)。今シーズン新たに登場したオリジナル素材は、ジャージでありながら非常に上品で上質なタッチを実現したウールジャケットです。まず注目はシルエット&フィッティング。ベースとなるモデルは定番の超度詰めジャージジャケットとなっており、スリム&タイトに設定された細身のシルエットとなっています。ウェストはしっかりと絞って着丈はやや短めに設定したシルエットで、カジュアルなスタイリングからドレスシックなスタイリングまで幅広くこなせる汎用性の高さが魅力的。また、素材にはウール×ナイロン×コットンの3者混ストレッチ生地を採用しています。SOLIDOの十八番ともいえる伸縮性抜群のストレッチウールは、肌触りの良い上質なタッチが魅力的。SOLIDO(ソリード)から新たに提案された上品な表情のウールジャージは、今までなかった「シーズン性」を取り入れた一着となっています。SOLIDOの世界観を味わって頂ける至極のジャージジャケットを是非お試しください。

MYN(マイン) MYN シームレスジャージ【スノビー】-BEIGE-

TOKYOlife

12,852

MYN(マイン) MYN シームレスジャージ【スノビー】-BEIGE-

この【スノビー】の主な特徴は、【サークル】と同様フロント全体にニット構造になっていますが、大きな違いは両袖が長めになっていて、二の腕全体を肘からカバーしてくれます。またロールアップ使用になっている為、暑い時は短くでき、温度調節が可能です。また、ロールアップする事で、それまで隠れいていたMYNのトレンドマークであるひげネコちゃんがボタンとしてお顔を出します。恥ずかしがり屋さなので、たまには顔を出してあげてください(笑)触り心地の良い生地のストラップは、ボタンが袖をキャッチしやすく工夫されていてスムーズに取外しが可能です。襟は高めのデザインとなっていて、可愛い過ぎないアシメトリーなピンクのデザインがアクセントとなり、洗練された大人の女性を演出します。また、ピンクやネコがお好きな男性でもサイズさえ合えば勿論着ていただけます。便利な2つのバックポケット付きで、丈がかなり長めのデザインなので、乗車姿勢で背中が見える心配もなく、ヒップラインもカバー出来ます。自転車に限らずスポーツや日常でもとても快適な着心地いなので、日常の色々なシーンで幅広くご使用いただけます。ぜひMYN独自の抜群のフィット感を実感してみてください。※ポリプロピレン素材独特の香りがしますが、洗濯を重ねると香りは徐々に消えてゆきます。素材の特性のため、香りが完全に消えることはありません。予めご了承ください。

PISSEI(ピセイ) ショートスリーブジャージ【PISSEI サンレモ ストライプ】

TOKYOlife

18,576

PISSEI(ピセイ) ショートスリーブジャージ【PISSEI サンレモ ストライプ】

ハートマークとポップなデザインがお洒落なサイクリストの心をつかみ、日本でも瞬く間に人気となったイタリアン・サイクルウェアブランド「PISSEI(ピセイ)」から2018 S/S 新作のサイクルジャージが入荷しました。“サンレモ"と名の付いたこのアイテムはまさにイタリアの海風を感じるような爽やかな逸品です。メイン素材は通気性、吸汗速乾性に優れたオープンメッシュ素材を採用。真夏の暑い時期でもしっかりと風を通してくれるのでムレや暑さは全くありません。背中にはクローズドメッシュ素材を採用しているので肌触りもよく汗の放出性もばっちりです。全面ストレッチ素材に加え、低めの襟と裾についたグリップテープがボディをしっかりととらえるので、エアロフィットと呼ばれる完璧なフィット感を実現しました。このフィット感はパフォーマンスを求める方に自信を持ってお勧めできます。またバックポケットには、汗の影響を防ぐ防水生地を採用したリフレクトファスナー付きサブポケットも装備しています。こちらは胸元の2本のストライプ模様が特徴のモデル。シックなカラーやカラフルなモノまでカラーバリエーションも豊富なのでお好みに合わせてお選びください。サイズ感も我々日本人にしっかりとあってくれるので安心してご使用いただけます。日差し厳しい盛夏に必ず活躍してくれるハイクオリティーなジャージをぜひ一度お試しください。

PAS NORMAL STUDIOS(パスノーマルスタジオズ) ショートスリーブジャージ【Mechanism Jersey】

TOKYOlife

23,760

PAS NORMAL STUDIOS(パスノーマルスタジオズ) ショートスリーブジャージ【Mechanism Jersey】

PAS NORMAL STUDIOS(パスノーマルスタジオズ)は、デンマーク発の新鋭サイクルウエアブランドです。 機能性と美的現代デザインの融合をコンセプトとし、そのルックスと生地や製法などすべてにこだわったアイテムは、プロライダーからホビーライダーまで幅広いファン層を獲得しています。そんな“PNS"から仲間入りしたのはブランドを代表するアイテム【Mechanism Jersey】です。メインには、軽量で速乾性の高いポリエステル混紡素材を使用。脇下と背中には通気性の高い素材を採用しているので、夏場の高い気温帯でも快適にライドしていただけます。フィッティングはタイトなレーシングフィット。高い伸縮性と空気抵抗を抑えたデザインでパフォーマンスを求めるあなたに最適です。また実際のライドシーンでの製品テストとデザインの微調整を行うことで、より耐久性の高いアイテムとなっています。ポリエステル100%のバックポケットはあえて伸縮性を落とすことで、重い荷物を入れても型崩れしにくくなっています。サイドジップ付きのサブポケットもありますので小物の収納も出来ます。製造は信頼性の高いイタリア製。シンプルなデザインですが、背中に表す“P N S"の文字がブランドならではの存在感を演出しています。世界中を旅して得たインスピレーションを落とし込み、自転車にまつわる歴史やアート性を表現したボーダレスな雰囲気は唯一無二のものです。ぜひ一度体験してみてください。

PAS NORMAL STUDIOS(パスノーマルスタジオズ) ショートスリーブジャージ【Solitude Jersey】

TOKYOlife

23,760

PAS NORMAL STUDIOS(パスノーマルスタジオズ) ショートスリーブジャージ【Solitude Jersey】

デンマーク発の新鋭サイクルウエアブランドPAS NORMAL STUDIOS(パスノーマルスタジオズ)。 機能性と現代的なミニマルデザインが融合した、洗練されたルックス、生地や製法に至るまで拘りぬかれたアイテムは、感度の高いサイクリストの間で話題沸騰中です。そんな“PNS"から仲間入りしたのはブランドを代表するアイテム【Solitude Jersey】です。メイン素材には、軽量で速乾性に優れたポリエステル混紡素材を使用し、脇下と背中には通気性の高い素材を採用。日本の夏場のような酷な状況下でも快適にライドを楽しんでいただけます。フィッティングはタイトなレーシングフィット。高い伸縮性を活かした空気抵抗を抑えたフィッティングは最高のパフォーマンスを発揮します。また、実際のライドシーンで製品テストとフィッティングの微調整を行うことで、耐久性もより向上させました。バックポケットは、3つのメインポケットに加え、小物収納に便利なサイドジップ付きのサブポケットも追加し収納力は抜群です。あえて、メイン素材とは異なるポリエステル100%を使用し伸縮性を低減。重い荷物を入れても型崩れしにくい仕様にしています。製造は信頼性の高いイタリア製。デザインはシンプルながら、フロントからバッグにかけてぐるっと一周配したボーダーがアクセントにもなり、ブランド独自の世界観感を演出しています。世界中を周り、その中で得たインスピレーションがふんだんにデザインへと落とし込まれており、自転車に関連するヒストリーであったり、アート性であったりとボーダレスに表現された、唯一無二の世界観は圧巻です。是非ブランド独自の世界観を是非体感してみて下さい。

SOLIDO(ソリード) 超度詰め 鹿の子ジャージスラックスパンツ 【ATTINIO】

TOKYOlife

27,000

SOLIDO(ソリード) 超度詰め 鹿の子ジャージスラックスパンツ 【ATTINIO】

進化を止めないSOLIDOの最新作ジャージー【超度詰め 鹿の子ジャージ】。先シーズンの登場で瞬く間にスターダムに駆け上がったジャージースラックスが登場です。表面はシルケット加工を施し、上品な光沢と霜降り感を持たせることでラグジュアリーな高級感を演出してくれる超度詰め鹿の子ジャージーを使用したジャージースラックス。スラックスの名の通り仕様はスラックススタイルでビジネスにも応用可能。これまでも度詰め天竺ジャージー、コットンマナードといったオリジナルファブリックで人気を博すSOLIDOの最新素材だけに間違いなく“ラク"であり“格好良い"。素材に用いられた鹿の子。ポロシャツなどでよく耳にする生地の名前ですが、ドライタッチがシーズンにも心地良く決まるのです。同素材のジャケット、ウエストリブパンツ、ジレとともに4ピースアイテムとして揃えてもきっと出番は多いハズ。クールビズなアイテムとしてオンシーンでも活躍、その履き心地とシルエットでお休みの日にもつい履いてしまう、そんなアイテムなかなかお目にかかれません。↓↓同素材のジャケットとジレを組み合わせる事で、3ピースセットアップスーツをお楽しみいただけます↓↓

CIRCOLO(チルコロ) インディゴデニム ジャージ シングル2Bジャケット

TOKYOlife

63,720

CIRCOLO(チルコロ) インディゴデニム ジャージ シングル2Bジャケット

究極のデニムジャケットをお探しなら、まずはこのジャケットがオススメです。同ブランドを語るうえでは欠かせないジャージデニムの究極系がココにあります。今回ご紹介するのはCIRCOLO(チルコロ)の代名詞ともいえるデニムジャージーを採用した一着。日本で不動の人気を築くにあたって、まず大ヒットを飛ばしたのがこのモデルなのです。各ブランドからの提案も増えてきた【ジャージー】というカテゴリーではありますが、こういったデニム調の巧みなテクニックなど、生地への拘りは頭一つ抜けている、といった印象ですね。さて、このデニムジャージジャケットですが、スタイリングは非常に綺麗なテーラードがベースとなっています。サイドベンツで仕立てたカジュアルな一着は、随所に細かく拘った加工感が魅力の一つ。近くから見ても普通のデニムと見間違えるほど良く出来たストレッチデニムは、適度な色落ちとアタリ加工が非常に素晴らしいのです。そして何よりも、そのフィッティングによるシルエットが本当に秀逸な出来栄え。抜群に伸びるストレッチ性を活かした着心地は、身体に吸い付くように滑らか。細身のフィッティングにも関わらず、全くのノンストレス。これだけ優秀なフィッティングとデザインですから、イタリアらしいスリムなシルエットを表現しつつも、大人の余裕を感じさせるスタイリングが完成するわけです。一度着てしまうと非常に中毒性の高いCIRCOLO(チルコロ)のジャージジャケット。カジュアルなスタイルにドレスの要素を取り入れた、大人の為の一着を是非お試し下さい。

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「ジャージ生地」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ