「シスレー絵画」 の検索結果 199件

送料無料
ルノワール『ピアノを弾く二人の少女』リトグラフ 人物画 世界の名画 印象派 ルノアール【版画 絵画】【A1903】

Amazon

34,000

ルノワール『ピアノを弾く二人の少女』リトグラフ 人物画 世界の名画 印象派 ルノアール【版画 絵画】【A1903】

-- 商品の詳細 --■作家名:ルノワール■作品名:ピアノを弾く二人の少女■技法:リトグラフ■額寸:ヨコ685xタテ815x奥行25 (mm)■画寸:ヨコ455xタテ570 (mm)■参考価格:75,600円(税込)■補足説明:新品 限定200部 額付き 版上サイン 箱なし-- 作品解説 --■ ピエール・オーギュスト・ルノワール (Pierre-Auguste Renoir) ■1841 2月25日、フランスのリモージュに生まれる。1858 陶器の絵付けや彫金の仕事を行う。1861 シャルル・グレール運営の画塾を受講。 そこで、モネ、シスレーらと知り合うようになる。 翌年、国立美術学校に入学。1864 サロンに二度目の出品で初めて入選。ピサロやセザンヌと知り合う。1866 モネと共にバジールのアトリエで制作などを行う。1872 モネを通じて画商のデュラン=リュエルを紹介され、作品が売れる。 結婚、モネの家族と共にアルジャントゥイエで夏を過す。1877 第三回印象派展に「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏場」などの作品を出品。1879 「シャンパルティエ夫人と子供たち」がサロンで高い評価を得る。1881 アルジェへの旅行の後、イタリア旅行へ。 翌年にかけて「田舎のダンス」「都会のダンス」のを連作。1892 「ピアノに寄る娘たち」を国家がリュクサンブール美術館のために買い上げ。1900 レジオン・ドヌール5等勲章を授与される。1904 サロン・ドートンヌでセザンヌと共に部屋を与えられる。1910 ヴェネツッア国際美術展に37点の作品が展示。1919 12月3日、逝去、享年78歳。※ 16092210145800 : A1903

送料無料
複製画 送料無料 プレミアム 学割 絵画 油彩画 油絵 複製画 アルフレッド・シスレー「ハンプトンコートの橋の下で」 F20(72.7×60.6cm)サイズ プレゼント ギフト 風水 名画 絵画...

全2商品

68,904

複製画 送料無料 プレミアム 学割 絵画 油彩画 油絵 複製画 アルフレッド・シスレー「ハンプトンコートの橋の下で」 F20(72.7×60.6cm)サイズ プレゼント ギフト 風水 名画 絵画...

額装選択をお忘れなくお願いします! ≪↑クリックで全体図を表示↑≫ ↑有料額をご希望の場合はコチラから! ↑アクリル板&マット/オプション仕上げをご希望の場合はコチラから! 有名絵画の油絵複製画は祝い事のプレゼントにも大人気!誕生日プレゼント・母の日プレゼント・新築祝い・結婚祝い・出産祝い・還暦祝い・風水インテリアに、ポスターやシルクスクリーンでは得られない感動を呼び起こす油彩画を!絵画(油絵複製画)制作 F20(72.7×60.6cm) アルフレッド・シスレー 「ハンプトンコートの橋の下で」 ▼画家紹介 ----------------------------------------------------------------------- 1839年~1899年 印象派アルフレッド・シスレー(Alfred Sisley) 1839年フランス生まれのイギリス人である印象派アルフレッド・シスレー。モネやルノアールとともに印象派を形成した一人。生まれは、裕福な商人の息子であるが、のちに父の破産により経済的困窮に陥ることになる。1862年グレールの画塾に入り、ルノアール、モネと知り合い、彼らと共に1860年代はパリとその近郊などで制作活動を行った。彼の作品としては、ルノワールやモネに比べて地味ではあるが、村、河辺、田園などを生涯において描き続け、風景画を描いたものが多い。 ▼作品紹介 ----------------------------------------------------------------------- シスレー【ハンプトンコートの橋の下で】 1839年、フランス生まれのイギリス人である印象派アルフレッド・シスレー。穏やかな作品を好んだ彼は、作品の大部分をパリ周辺の風景を題材にして描いた。この作品は...

スポンサーリンク

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「シスレー絵画」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ