「アルストロメリアの苗」 の検索結果 62件

【ラッキーシール対応】草花の苗/ガーデンアルストロメリア:ニコラス3号ポット

園芸ネット プラス

660

【ラッキーシール対応】草花の苗/ガーデンアルストロメリア:ニコラス3号ポット

初夏から晩秋まで切花を楽しめる草花の苗/ガーデンアルストロメリア:ニコラス3号ポット華やかな花模様とその花数の多さで人気のアルストロメリア。南アメリカ原産で「インカのユリ」とも呼ばれています。花壇や庭植えの後方にまとめて植えるととても華やか。開花期間が長い上に、花持ち・水あげもよく高さもあるので切花としても利用できます。また、環境が合えば植え放しでも毎年花を咲かせ続ける丈夫な品種です。フラワーアレンジにぴったりです。タイプ:アルストロメリア科半耐寒性宿根草草丈:60〜80cm開花期:初夏〜晩秋日照:日向〜半日陰向き栽培方法:半日以上日が当り水はけの良い場所に25〜30cm間隔で植えつけます。鉢植えの場合には5〜6号鉢に1株くらい、プランターは2〜3株が目安です。水遣りは表土が乾き始めたら与えますが、多湿は嫌いますのでやや乾燥気味にし、特に夏場の高温多湿は苦手ですので風通しよく管理してください。地植えの場合には、植え付け時しばらくは乾き具合を見ながら与え、根が活着したら不要です。茎や葉が茂りすぎる場合には間引きして光と風がよく通るようにします。また、草丈が高くなりますので、花茎が伸び始める4月頃より支柱を立ていただくと良いです。肥料は植え付け時、元肥として緩効性肥料を施し、蕾がつき始めたら2週間に1度くらいで追肥してください。ある程度耐寒性がありますので、関東以西の太平洋側では庭植えで冬越しできます。3号(直径9cm)ポット入りです。ガーデンアルストロメリア:ニコラス3号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

【ラッキーシール対応】草花の苗/アルストロメリア:プティバニラ3.5号ポット

園芸ネット プラス

761

【ラッキーシール対応】草花の苗/アルストロメリア:プティバニラ3.5号ポット

低性種30cm前後 花壇・鉢植えに向く草花の苗/アルストロメリア:プティバニラ3.5号ポットプティバニラは、アルストロメリアには珍しい小輪系の品種。ホワイトをベースにグリーンのラインが入る花色です。華やかな花模様とその花数の多さで人気のアルストロメリア。南アメリカ原産で「インカのユリ」とも呼ばれています。リグツ系のスポットを取り除いた高級アルストロメリアです。花壇や庭植えの後方にまとめて植えるととても華やか。開花期間が長い上に、花持ち・水あげもよく高さもあるので切花としても利用できます。フラワーアレンジにどうぞ。タイプ:アルストロメリア科半耐寒性宿根草草丈:80〜120cm開花期:5〜6月日照:日なた栽培方法:日当たりがよく、水はけの良い場所に25〜30cm間隔で植えつけます。鉢植えの場合には5号鉢に1株くらいが目安です。水遣りは表土が乾き始めたら与えますが、多湿は嫌いますのでやや乾燥気味にし、特に夏場の高温多湿は苦手ですので風通しよく管理してください。また、草丈が高くなりますので、花茎が伸び始める4月頃より支柱を立ていただくと良いです。3.5号(直径10.5cm)ポット入りです。写真は開花時のイメージです。お届けの際は苗の状態です。アルストロメリア:プティバニラ3.5号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

アルストロメリア サマースノー苗 3.5号(c11)

千草園芸

1,944

アルストロメリア サマースノー苗 3.5号(c11)

18年10月5日に入荷しました。季節により状態は変化いたします。 1810aアルストロメリア 分類: ユリ科アルストロメリア属の耐寒性多年草(球根) 学名: Alstroemeria 原産: チリを中心にブラジル、ペルー、アルゼンチン 開花期: 5〜11月(自然開花)品種、系統により異なる 草丈: 約20〜100cm(系統により異なる) 用途: 鉢植え・コンテナ、庭植え、切花 増やし方: 株分け 砂漠や砂丘に自生するものもあれば、森林に育つものもあり種によって生育地はまちまちで性質もそれぞれ異なります。 開花期や背丈、耐寒性にも違いがあり、それぞれの性質に合わせて育てることが必要です。 大きく分けると夏と冬に休眠する一季咲きと、冬のみ休眠する四季咲きの2つがあります。 それぞれに多くの品種があり、改良種も多く花色も豊富です。 アルストロメリアの育て方 日当たり〜明るい日陰で管理します。基本的に暑さと多湿に弱いので鉢植えは水はけの良い用土で栽培し、真夏は風通しの良い日陰に置きます。 肥沃な土壌をこのみますので、生育期間中に肥料を与えます。 開花した軸は枯れて行くので、新しい芽を育てる気持ちで枯れていく軸は取り去ります。 路地植えではあまり世話は必要ありませんが、鉢植えで開花期が過ぎて枯れたら新しい用土で植え替えてやることが必要です。 グロテスクな形の球根が鉢の底にぎっしりと詰まっていることが多いので、株分け等をして鉢の上下のの真ん中になる位置に植えなおしてやります。 寒さには比較的強く、凍らせなければ冬を越します。鉢植えでは土が凍結しないように防寒します。 下は我が家で5号鉢のものを植えて2年目の状態です。7月5日 ★他のアルストロメリアはこちらから♪★

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「アルストロメリアの苗」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ