「やかん日本製」 の検索結果 1,163件

kaico/カイコ ドリップケトル 1.3L sucre FUKAURA kaico

ディノス

15,120

kaico/カイコ ドリップケトル 1.3L sucre FUKAURA kaico

初心者でもプロ級の珈琲に!誰でも簡単に湯量をコントロール!デザインも美しい琺瑯製ドリップ用ケトル。ハンドドリップチャンピオンが愛用。美味しい珈琲のために必要な道具。『kaicoドリップケトル』の開発に携わった楡井(にれい)有子さんとハンドドリップの技術を競うJHDC2018のチャンピオンに輝いたバリスタの深浦哲也さん。楡井さんによるとこのドリップケトルは、お湯の出始めから「ストン」と真下に落とせ、細い湯量で注ぎ続けられる上に「傾けてお湯を注いでも、注ぎ切るまでフタ落ちない」とのこと。さらにカタチの美しさは、ものづくりの現場にこだわるデザイナーの小泉誠さんが、良質な琺瑯の道具を作りたいとデザイン。それを日本の職人たちが丁寧な手仕事で、プロが認める機能的な商品に作り上げました。お湯が真下に安定して落ちるために幾度となく試作を重ね、三角形の湯口を採用。内部には大小2つの穴を空け、注ぎはじめから安定した湯量をコントロールできるようにしました。新しくもあり、懐かしくもあるデザインは、長く飽きずに使い続けられます。深浦さんが日々使用している「sucre FUKAURA kaico」はフタが木製の本格派。グリップが握りやすく、熱くなりいくい藤巻きタイプです。●楡井有子さんUn Cafe Sucre (アンカフェシュクレ) 株式会社代表取締役1998年自家焙煎の珈琲店を開業。珈琲セミナーの企画、講演、珈琲関連器具の開発・監修に携わるなど幅広く活躍。●深浦哲也さんCafe Sucre 店長 バリスタ1988年東京生まれ。2016年Un Cafe Sucre株式会社入社。JHDC(Japan Hand Drip Championship)2018優勝。小泉誠さんデザイン箸置きから建築まで、生活に関わる全てのデザインを手掛ける著名なデザイナー...

送料無料
奇跡の水 水素水・EX 3本入り(水素発生原料80%増量)【日本製】

Amazon

7,548

送料無料

奇跡の水 水素水・EX 3本入り(水素発生原料80%増量)【日本製】

水素水を作る原材料の金属マグネシウム粒状を80%増量して水素還元力をさらにグレードアップさせました。 【 使用方法】: ①ご使用前にペットボトルにスティックと水を半分位入れて、上下に10~15回位ゆすり洗いをして下さい。洗った水は捨てて、新しい水を入れて準備完了です。 ②500mlボトルで使用する場合、スティックを1本入れて4~5時間位置いて下さい。還元電位はマイナス150mv以上になります。 2Lで使用する場合、スティックを2~3本入れて5時間位置いて下さい。 還元電位はマイナス150~180mvになります。 長時間置く事でより濃度が上がります。 ③ スティックの表面に泡粒が付いてきたら水素が発生している目安となります。 ボトルに水を入れる場合、満杯まで水を入れるとキャップを開ける際に水が吹き出る場合があるので、口から1cm位開けて水を入れて下さい。 ※酸性水(純水)の水でもpH7.6~8.6の水質改善します。水素水の還元電位値マイナス365mv(10~12時間後)水素濃度0.8~1.35ppm 【使用期間】: 約3ヶ月 【使用上の注意】: ①使用中白い粉末が沈殿する場合がありますが、マグネシウムの粉なので人体には無害です。 ②本品を電気ポット等に入れて沸かさないで下さい。 出来上がった水を沸かしてお茶・コーヒー等に使用してもOKです。 ③使用期間3ヶ月を過ぎたら新しいスティックと交換して下さい。

野田琺瑯のポトル ディノス企画ポトル

ディノス

5,400

野田琺瑯のポトル ディノス企画ポトル

野田琺瑯×ディノスの企画品。人気のポトルがこんなにステキになって新登場!ディノス企画のニュアンスカラーとモダンなつまみ大人気の野田琺瑯のポトルからディノス別注モデルのご紹介!北欧の雰囲気も漂うニュアンスのあるグレーとキリッと清潔感あふれるホワイトに、スタイリッシュなツマミをセットしてもらいました!こちらのグレーは定番のポトルにはない限定カラーです。スタイリッシュで、でもかわいらしくて、モダンなキッチンにもウッディーなキッチンにも似合う・・を目指してつくった、とびきりおしゃれな自信作です!ポトル=ポットとケトルのいいとこどり直火でお湯やお茶が沸かせるケトルと、そのままテーブルにも出せるポットを兼ね備えたルックスで大人気のポトルです。冷蔵庫にも入るコンパクトサイズなのでに出した麦茶や緑茶などそのまま冷蔵庫で冷やす、なんて時も便利です。IH電磁調理器も使用OKです! ■色:(ア)グレー、 (イ)ホワイト■サイズ:幅22.5奥行13高さ16.2cm・重さ900g■容量1.5l(適正容量約1.05l)■素材:本体・蓋…琺瑯用鋼板 ツマミ…フェノール樹脂■日本製※製造上、湯口の先端部などに下薬の黒いスジやムラがある場合がありますが、使用上に支障はありません。■200V IH対応

送料無料
プラズマプラクシス(プラズマ水素水 生成スティック 3ケ月用)1本入り

Amazon

3,000

送料無料

プラズマプラクシス(プラズマ水素水 生成スティック 3ケ月用)1本入り

スティックを抜いて保存したプラズマ水素水は、普通の水と同じように加熱もOK。 お茶やお料理にも利用できます。浸透力・抽出力にすぐれたプラズマ水素水で、 料理の味わいを深めてください。 注)加熱して使う場合は、必ずスティックを抜いてください。 原材料:マグネシウム(純度99.9%)/活性炭 強還元性セラミックボール(特許第4218939号) 本体素材:ポリプロピレン(食品衛生法適合品・日本製)/メッシュ中袋素材:ポリエステル(食品衛生法適合品・日本製) 作り方 ①使用始めは、活性炭の黒い微粉末などが出ます。水が透明になるまで洗って下さい。(注)洗剤は使用しないでください。 ②水道水、飲料水1~2リットルの中にスティック1本を入れて5時間で、マイナス水素イオンが豊富な水素プラズマウォーターが出来あがります。 お手入れについて ・スティックは、使用した水道水をなどを補充しながら3ヶ月間繰り返しご利用頂けます。 ・使用中、1ヶ月に1~2回、市販の食酢と水道水を1対1の割合で希釈した酢水に約60秒ほど漬け、水洗い後にご使用ください。 使用上のご注意 ・使用を開始したスティックは水から出さずに保存してください。 ・スティックを入れたままのペットボトル等の容器に、直接口を付けてお飲みになる場合は、容器 の飲み口を清潔に保って下さい。 保存期間 ・出来上がった水素プラズマウォーターは常温1日、冷蔵庫1週間くらいを目安にしてください。

送料無料
水素水スティック格安作成キット2 1本当り水素セラミック20gで業界最高級 いつでも どこでも  まろやか水素 水素イオンスティック ドクター 水素水 生成器 水素還元水 特許取得の日本製水素発生セラ...

全3商品

1,760

送料無料

水素水スティック格安作成キット2 1本当り水素セラミック20gで業界最高級 いつでも どこでも まろやか水素 水素イオンスティック ドクター 水素水 生成器 水素還元水 特許取得の日本製水素発生セラ...

□■商品特性■□≪セラミックは日本製≫ ●気になる!水道水のカルキ分【塩素濃度】は、水素ボールの還元力により、僅か2~3分で「0」になります!⇒(水素発生ボール『20g』の量が、この力を発揮しています!) ★水素の発生量は、マグネシウム式の2倍以上比較(◆画像参照ください)で、500mlボトルで月に800本可能で、毎日水を入れ換えても約3か月間同様に発生します。 ★金属マグネシウム等の水素発生とは違い、金属特有の嫌味や匂いがないので大人気! この商品は、『水素還元セラミックスボール』という水(水道水でOK!) に入れるだけで、すぐに、今一番注目されている抗酸化対策品の「水素」を発生するセラミック製ボールです。 セラミック粒の大きさは、薬で例えると「正露丸」ぐらいの大きさです。 ■『水素還元セラミックスボール』の特許番号は『5664952』です。 ●この商品は、この特許で出来た水素発生セラミックが20gですから、500mlのペットボトルなら30分程度で「水素水」が完成します。 ★気になる発生量ですが、500mlボトルなら当初の1か月なら800本程度が可能です。2リットルのボトルでも200本分の水素水ができます。水素の発生量は3か月間は同じ程度発生します。 ★水素水は、毎日900?1500mlの飲用で効果がある臨床例が多いので、水素水スティック格安作成キットを2セット購入がお得でお勧めです。 ●現在、ネット通販たテレビ通販で販売されている水素セラミックが原料の水素発生スティックの中身は、殆どがこの水素還元セラミックボールです。 ⇒日本では特許製品なので他社が真似を出来ないのです。但し、能力が低い中国製も出回っていますのが、当店は、水素発生能力が高い!この信頼の日本製水素発生セラミックを推薦します! ≪使い方も、大変簡単です≫...

注意事項

ビカム(運営:ビカム株式会社)は商品の販売を行なっておりません。本サイトは、オンライン上のショップ情報をまとめて検索できる、商品検索・価格比較サイトです。「やかん日本製」の「価格」「在庫状況」等は、ショップのロゴ、または「ショップへ」ボタンをクリックした後、必ず各オンラインショップ上でご確認ください。その他、よくある質問はこちらをご覧ください。→「よくある質問・FAQ

商品カテゴリ